タグ:長瀞 ( 26 ) タグの人気記事

 

長瀞

長瀞へ行くと100%の確率で会えるひらさわさん。新艇のスクォートボートを購入されました。うれしそうです。
f0164003_19211120.jpg

ボートの内側に、こんな証明書がありました。ボートのモデル名は SLIP。スクォートの神様 Jim Snyder がデザイン。製作は Murky Water。ひらさわさんのために作られましたよ~と記載あり。自分のために作られたっていうのも愛着わきますね。
f0164003_19213355.jpg

ところが、ひらさわさんたら、この日は専用のスプレースカートを自宅から持ってくるのを忘れてしまったと言うではありませんか。
せっかくの休日・せっかくの新艇なのだから一旦帰宅してスカートを取ってきて漕いだほうがよいのではと私から進言しましたが、ひらさわさんは「今日は漕がなくていいや~。他の人が漕いでるのを見物して、お茶して帰るよ~。」とのお答え。
ガッついてない感じがスクォーターらしいですね。ガツガツしない。ピースフル。

スクォートボーターという人種は、自由と平和と自然を愛する人たちで、ラブ&ピースでフリーセックスでハシシな人たちなのです。(偏見)

マジメな優等生の私から「スプレースカート忘れるなんてヤル気あるのか!?ヤル気ない奴は帰れ!!今後は忘れないように、よだれかけみたいにスカートを首からぶらさげて生活しろ!!」と説教しておきました。

近年のスクォートボートは、長さも短くボリュームも小さいのがトレンドなのだそうです。
写真は別日のSLIPに乗ったひらさわさんですが、静止した状態ですでに腰まで沈んでいますね。

ずっぷし。。。
f0164003_19404923.jpg


カヌビレ駐車場の料金の支払い方が変わりました。備え付けのビニール袋に500円を入れて、車ナンバーを書いて、料金箱へ入れる方法になりました。
以前は、料金を手渡しするために管理人さんを探したり、お金だけ置いていくと誰が払ったのか分からなかったりすることがありましたが、そういったことが解消されますな。
f0164003_19273901.jpg

カヌビレ神社の賽銭箱にお賽銭を入れたら、手と手を合わせて祈願しましょう。
カートホイールができるようになりますように・・・。もう何度もお参りしてるのに、御利益がまったくありません。
f0164003_19205212.jpg


この日の水位は忘れた。少ない。

ステミウェーブ。形が変わりやすいウェーブですが、今年は長乗りできる・短距離だけど走れる・ブランドしても当たらないなど、好調だそうです。ただし、右岸側で沈するとすぐ下流の水中の岩に体をぶつけてしまいます。ローカルさんたちは沈しても大丈夫な場所でサーフィンしていますが、私はそれができなくて沈して頭を打ちそうなのが心配であまりトライできなかったです。
f0164003_19425524.jpg

スピンホールは写真撮るの忘れた。水量が少ないので、ボートが当たりやすいが、静水っぽいカートの練習はできそう。

安全ウェーブは盛況。浅いけど。
f0164003_19402820.jpg
f0164003_19403521.jpg

LOKI / Pyranha
f0164003_16585689.jpg

f0164003_17062453.jpg

ワイ、ピラニアが好きやねん。デザインがシュッとしてるから。
ピラニアはデカいし重いし、チビッ子の私には不向きなんだけどさ。
現在の愛艇BURN2(改名 B:Two)のSサイズは、長さ238cm、ボリューム254L。購入してから丸6年になり、とても気に入っている。
BURN2は初中級者でも乗りやすい売れ線商品だったようで、後継のBURN3の発売後も、B:Twoと改名してやや安価なCLUBモデルとして販売されています。ホームページの商品一覧からは消えてるんだけど、B:Two単品のページは残っている。
いま気になってるのは Ripper 。見た目がシュッとしてるから。
ボリュームは 216Lと私でもいけそうだけど、長さが274cm・・・。
サイズS・M・Lどれでも長さは同じ274cm。なんでやねん。




ワイ、Bren Orton が好きやねん。ピラニアの看板BOY。
ピラニアが好きなのかブレンが好きなのか、もう分からなくなってきた。








by ya-ri-sa | 2018-04-08 17:12 | 川部 | Comments(0)  

長瀞 忘年会

玉淀ダム14トン 親鼻1.34

長瀞といえばひらさわさん。長瀞で99%の確率で会いに行けるアイドル。
f0164003_11383116.jpg

紅葉してます
f0164003_11384010.jpg

黄色いじゅうたん
f0164003_11370672.jpg

赤いじゅうたん
f0164003_11365663.jpg

土曜の夜はCPCの忘年会におじゃましました。20数人集まって夜中まで盛り上がりました。早朝まで飲んだ人もいるそうな。
ヒロさん力作の、今年の活動を振り返るDVDが上映された。定例ダウンリバーの映像を見ながら「初級者の○○さん、上達したよね~」とか、JFKA関東大会の動画を見ながら「アイツだけには負けたくなかった」とか、キャッキャッしながら鑑賞されてました。
f0164003_11384964.jpg

あゆちゃんVSやりさの場外乱闘が始まる
f0164003_11385330.jpg
この殿方とは初対面でしたが、会った瞬間にデキる男だと見抜いた私は、すかさずローキック連打からのコブラツイストで勝利をおさめました。次回の対決までに卍固めを練習しておきます。


日曜日はCPC運動会に飛び入りさせてもらいました。
CPC代表のウスカタ氏が言うには、大会のタイトルは「CPC杯争奪! おまえら嫁を抱いてるのか!?大会」だそうです。あいからわずブスカタ氏が言うことは意味不明です。ちなみにブスカタさんは週1で抱いてるそうです。

種目はFTR。親鼻橋下流からスタートして、フォワードストロークでスピードを競ったら、次にエディキャッチ、スターンスクォート、安全ウェーブではサーフィン、などのお題をこなしてゴールします。
f0164003_11510258.jpg

フォワードストロークをマジ漕ぎすると疲れますよね。みなさん予選は頑張って漕いでいたけれど、一本目が終わると、ほとんどの人が「もう疲れた。もう勝ち上がりたくない。早く負けたい。」と言いだす始末。二本目、三本目ともなるとパドリング回転数が著しく低下して、レース中に「どうぞどうぞ」と譲りあう場面も!
争って奪いあうはずの争奪杯は、譲りあいの精神に満ちていました。リバーラン、フリースタイル、さらに体力も求められるレースでした。
f0164003_11505636.jpg
f0164003_11511378.jpg

「まーた、穴が開いちゃったよう~」と嘆きながら、ヒートガンで修理する内山さんの背中が寂しい。
f0164003_13362352.jpg

入賞した私は、メンバーの方が彫金したカヤックのチャームをいただきました。よそ者なのに頂戴して恐縮です。
コクピット内にヘルメット、PFD、スプレースカートも入ってます。形は10スターか07スターかな。うれしいな~
f0164003_11370117.jpg
今年の秋は都合が合わずSD SPORTSの運動会に行けなくて残念に思っていましたが、このたびCPC争奪杯に参加させてもらえて和気あいあいとした時間を過ごすことができました。


ロックスターXSサイズでFTRに参加しましたが、フォワード漕いだ時の遅さに愕然としました。艇長が短いためにワンパドルで進む距離も短いうえに、前後バランスを留意し続けないとバウやスターンが潜って失速してしまう。Sサイズと比べると、水の上を滑る感覚がありません。走らせられないので、小さなドロップをブーフ気味に降りることもできません。
昨年の秋に静水専用としてXSサイズを購入して、冬に減量したら春以降は流水でも乗れるようになり、タン3段目やイクシュンなどのパーク&プレイや、御岳や長瀞など水量の少ない川の短距離ダウンリバーならXSでいいかなと思うようになりました。
「How much do ROCKSTAR XS riders weigh ?」 この記事を書いた後さらに1-2kg減らしたし、二度とデブれないように退路を絶つべくSサイズを手放すことにしました。この秋には他人に譲ることが既に決まっています。
だかしかし、今回のレースでXSの足の遅さや不安定さを感じて、あくまでフリースタイル用であってダウンリバーには適さないと思い知りました。自身の安全はもちろん、沈脱して泳いでる人をXSでは引っ張れないです。それじゃあダメだ。
クリーク用にはピラニアのBURN2を持っている。XSとBURNの中間にあたるボリュームのリバーランニングボートが欲しい。ビッグウォーターを軽快に走れるボートが欲しい。

by ya-ri-sa | 2017-12-03 11:35 | 川部 | Comments(0)  

土曜 O川 ・ 日曜 荒川

写真多め、文章少なめ。

・土曜 O川  G橋 0.1~0.2くらい  5人で

久しぶりにO川へ。ブログを読み返すと2010年12月 以来だ。ずいぶん経っちゃったなあ。
G橋水位はあてにならないようです。過去ブログにはG橋0.65と書いてあるけど、今回よりずっと少なかったのでマイナス0.65の間違いかも。もしくは水位計が大きく変わったか。
今回は雨が降った後で、ほどよく増水していて、ボトムが当たるストレスが少なかった。もうちょい多くてもまだ楽しめそう。

エスキモー。よく見ると「キモい」になってる。
f0164003_17590803.jpg

ここからスタート。増水ぎみなのに透明度は高い。
f0164003_17131110.jpg

おもに三カ所を下見しました。三カ所の下見動画。



下見 一カ所め
f0164003_17135594.jpg
f0164003_17133515.jpg
f0164003_17132333.jpg

下見 二カ所め
f0164003_17140602.jpg
f0164003_17141666.jpg

休憩。ほかのメンバーは水中ゴーグルやシュノーケル持参で、水中観察してました。
f0164003_17142753.jpg

下見 三カ所め
前半
f0164003_17214679.jpg
中盤
f0164003_17221317.jpg
後半
f0164003_17222519.jpg

わたし



この堰堤はポーテージ
f0164003_17223756.jpg

名物のニラ蕎麦を食べたら、埼玉秩父へ移動。
f0164003_17582717.jpg

・日曜 荒川(秩父区間) 参考水位 親鼻2.4→2.3 玉淀ダム130t→110t  9人で
CPCのお兄さまたちと。何年も前から、増水するとCPCの皆さんは荒川本流を秩父からロングダウンリバーすると聞いていましたが、私もやっと行けました。以前は、お楽しみスポットが複数あったそうですが、一昨年~昨年に無くなってしまったとのこと。
今回は水位の減りが早いこともあって、長瀞までは行かずに手前でゴールしたので距離もそれほど長くありませんでした。

堰堤下からスタート
f0164003_17291945.jpg

時々遊ぶ。増水して濁ってるので水深が深いのと思いきや、あちこちでパドルが水底に当たって浅かった。普段は下れないほど浅いのかな。この区間はもう100トン多くてもいいとのこと。
f0164003_17293474.jpg

土曜日にO川の清流に洗われて身も心も清められた気分だったが、翌日の荒川の生活排水+増水の濁った水で帳消しになった。(荒川dis? ディスってないよ!)
f0164003_17295405.jpg

大学一年生のNちゃんも。漕ぐの久しぶりとのことなので、私のBurnに乗ってもらいました。お父さんよりしっかり漕げていました。フリースタイルにも興味あるらしい。
f0164003_17303506.jpg

Yしかぜ君が教えてくれた喫茶店「風の丘」へ初めて行ってみる。トミー2号とテリーと。
樋口と野上の中間にあるので、群馬方面へ下道で帰る人と花園IC方面へ向かう人の両者が一緒に行けます。
f0164003_17592356.jpg

アットホームな雰囲気のお店。古代米カレーとコーヒー。
f0164003_17593769.jpg

自家製黒豆がふっくら。
f0164003_18310744.jpg

トミー2号の南米の思い出話が興味深かった。南米カヤッキングしたい!!

by ya-ri-sa | 2017-08-20 16:55 | 川部 | Comments(0)  

How much do ROCKSTAR XS riders weigh ?

How much do ROCKSTAR XS riders weigh ?

・Average :
 Women 48.1 Kg
 Men  58.7 Kg

・Sample : Japanese women (n=11) & men (n=4)

women (Kg)
A 41.9
B 44.4
C 45.5
D 46.8
E 48.0
F 48.5
G 49.5 ← It's me.
H 50.0
I 50.8
J 51.0
K 52.5

men
A 57.0
B 57.6
C 58.7
D 61.5

-----------------------------------------------------

GBの19歳 Jennifer McGaleyちゃんのレビュー。彼女は38kg/157cmとのこと。


USAの13歳 Kaelin Friedenson くんの動画

Jackson kayak のプロモーションビデオ。キッズたち、かわいい。

--------------------------------------------------------

ロックスターXSサイズ購入者に体重を聞きました。

・なぜ平均体重を調べようとしたか・・・
昨年の秋に日本に入荷した16ロックスターXSサイズ。それまでシューティングスターやFun1.5しか選択肢が無かった40kg台の小柄女子にとっては、ウン年ぶりのニューボートでしたので、予約注文した人も多いです。欧米では FOR KIDS, YOUTH ですが、小柄な日本人なら成人にも適しています。
私は2015年からSサイズに乗っていましたが、静水用にXSサイズを入手しました。昨秋は人生最大の体重を記録するほど太っていました。流水でXSに乗ったら、ゆるい流れでもバウやスターンが喰われて沈ばかり。沈没船のありさまでしたので、静水専用と決めつけていました。
しかし、冬の間に人生で初めてダイエットに成功しました。5kg以上やせてみると、 流水でもXSに乗れそうな予感。スポットだけで乗ってみたところ、ボートが軽いので動かしやすく刺しやすく、できないトリックを練習するには良さそう。けれども、Sサイズのような浮力の助けは感じられない。
はて・・・、XSの適正体重って何Kgだろう? 何Kgの人が購入してるんだろう? と素朴な疑問を持ち、聞き取りを始めました。

・聞いていくうちに・・・
しかし、いろんな人に体重を聞いていくうちに、「この質問は、意味が無いかもな・・・」と思うようになりました。
というのも、人によって使用条件が異なるからです。用途、体格、技術、意欲など。
用途: 静水 or 流水.  フリースタイル専用 or ダウンリバー併用.
体格: 身長(座高・腕長)、筋力。 たとえば、同じ53kgでも、身長152cmの人と身長163cmの人では、ボートから出てる上半身の長さが違うので、重心移動のしやすさも違う。同じ体重でも、男性と女性では筋力が違う。
スキルやモチベーションも人によって違う。

・結果は・・・
平均体重は女性48.1kgでした。11人しか聞いてませんので、もっとサンプル数が増えれば結果も変わるでしょう。
前途したように、人によって使用条件が違うので、この結果から得られる考察はとくに無いです。すみません。
「へ~、このくらいの体重の人が乗っているんだ~」という目安として参考にはなるかなーと。

・結びの言葉・・・
私はXSでダウンリバーする自信は無く、スポット専用にするつもりです。でも、SとXSの2台を乗り分けるってのも、なんだかなぁ・・・と悩ましい状態です。どっちつかずだなぁ。
体重を教えてくださったライダーの皆様、ご協力ありがとうございました。せっかく教えてもらったのに、これといった考察も思いつかなかった愚生をお許しください。
しかし、これだけはハッキリと言えます。平均体重58.7kgの男性4名様・・・、テメエらはXSサイズじゃない!! Sサイズだっつーの!!

by ya-ri-sa | 2017-04-02 16:33 | 川部 | Comments(10)  

長瀞・瞳ちゃん壮行会

親鼻1.76 玉淀ダム38トン 皆中〜クツナシ

平日の仕事で疲れて、土曜の朝は起き上がれないこともしばしばあります。そして出かけるのが億劫になり、日曜も自宅に引きこもってしまうことも。身体は休められたが精神的にはリフレッシュできず、日曜の夜になってから「ああ。どこかに出かければ良かった…。明日からまた仕事か。」と後悔することもあります。

この週末も土曜の朝に起きれず、そのままダメな週末になってしまいそうだったので、日曜は長瀞へ。
CPCのおにいさまたちとダウンリバーしました。

ピンクな私と黄色なマラ男
f0164003_7494397.jpg


先週の長瀞よりは減ったものの、まだ多めの水位で、ダウンリバーは快適。ただし、スポットはどこも中途半端。それでも、チョコチョコと拾いながら、ゆっくり下りました。ウォーターパーク長瀞の前の右岸側のホール(名前あるのかな)、鉄橋下、ステミなど。どれもベストではないけど数回ずつエントリー。
2年前だったら、この水位ならキャンプ場横ウェーブが良かったのにな〜。

安全ウェーブの近くで休憩。この水位ではウェーブは出ていません。
f0164003_7455983.jpg

長瀞ローカルさんたちが、「安全ウェーブの上流の流れや瀬の形が変わってる。もしかしたらベスト水位になっても、安全ウェーブが出てこないかも…。」と心配顔。

ストライディングかな
f0164003_7463536.jpg

私はリバーSUPにはソソられませんが、ストライディングはやってみたい。2013年にアメリカ東部でJeff Snyderを見て、憧れました。Jeffの華麗なリバーランニングをすぐ後ろから追いかけるという貴重な体験をしました。
Jeffがストライディングやるようになったのは、カヤックで腰を痛めてしまい座り姿勢ができなくなったから。
ビッグウォーターもクリークも滝落ちも、ぜんぶストライダーでやっちゃう。Jeffは生ける伝説。





洗濯機ホール
 
f0164003_747013.jpg


ベスト水位ではなく激シブ水位ですが、他に遊べる所も無いので、みんな集まってました。私は何もメイクできず。
f0164003_7472713.jpg


おやっSUN!
f0164003_7474483.jpg


上のウェーブでサーフィン
f0164003_7481474.jpg


ブスカタ番長が上達していて驚きました。静水カートホイールも4エンド以上回してたし、洗濯機ではループも決めてました。

わたし 「番長、うまくなってる!」
番長 「ふっふっふ。お嬢さん、オレが上達した理由を教えてあげよう。その理由とは…」
わたし 「理由とは!?」
番長 「ロールが安定してできるようになったから。以前は沈脱が心配で、フリースタイルが積極的にできなかった。ロールスランプを克服してからは、沈が怖くないぜ!!」
わたし 「ふーん・・・。(参考にならない…(-_-) )」

番長によるロール指導。
f0164003_7483992.jpg

「オレもロールで苦労したから、できない人の気持ちがよく分かる」と語っていました。CPCに入会すれば番長が熱血指導してくれますよ。


9月上旬、ワールドカップに向かう瞳ちゃんの壮行会が都心で開かれました。
f0164003_10463942.jpg

瞳ちゃんから、今回の抱負や、釣り具メーカーのスポンサーが決まったことなど、お話あり。
第1戦はブラジル・リオ、第2戦はアルゼンチン・サンフアンで開催されるとのこと。(その後に、リオ会場は中止になり、第1戦、2戦ともにサンフアンの同会場で連続開催されました。)

このブログを書いてる現在は既にワールドカップは終了しています。瞳ちゃんの成績は、第1戦・2戦ともに、K-1・スクォートの両方で優勝!金メダルが2×2=4個!という最高の成績でした。すごい! 800点超えライドもあり、内容的にも申し分ナシ。

男子K-1優勝のポーランドのTomaszがJKブログに大会リポートを書いており、女子のレベルが上がってることと、数年以内に女子も1000点超えするのではという見解を述べています。そう思わせるほどのライドだったということでしょう。

さて、壮行会に話を戻します。「壮行会があったなんて聞いてない。知っていれば自分も参加したかった」と思う人はいませんか?
そもそも、この会はカヤッカーの平日飲み会としてmixi時代に「カヤッカー同士、飲もう!」というコミュニティで始まりました。会の管理人はいばさく氏、副管理人はミスター氏です。この会は誰でも入れますので、facebookのグループまたはmixiのコミュニティからお入りください。遠方の方もどうぞ。
私は久しぶりに参加しました。今回は約20人が集まりましたが、参加メンバーを見ると、御岳な人ばかり。長瀞な人がいない。
長瀞系の人のなかにも「瞳ちゃんに直接会って激励したい。でも、誘われてないから行きにくい…」と思ってる人もいるのでは。遠慮せずにご参加ください〜。
長瀞な人たちが来てないのは、誘わないいばさくが悪いからだ。
コラァ、いばさく!長瀞方面にも顔は広いじゃろうが。誘ってないのは、おまえの怠慢やぞ!
と説教しようと思ったが、一次会には来てなかった。

くにちゃんと私は暴走。
f0164003_10493579.jpg


綺麗どころもいますのでご安心ください~。
f0164003_1047485.jpg



二次会にいばさく登場。あいかわらず、「首から下はイケメン」だった。
ヤンエグのいばさく氏はオシャレさん。トップスは黒ポロシャツで無難なカジュアルビジネスで、ボトムをエンジ色のパンツにして、同系色のカバンに合わせるという、オシャレ上級者コーディネートだった。
f0164003_1174962.jpg


くにちゃんはカヤック初心者の頃、いばさくに問い合わせメールを出したが、冷たい返事が返ってきたという。数年越しのクレームを、初対面で伝える。
頭を丸めて反省しなさい! あ、もう丸いか。
f0164003_1172041.jpg



全会一致で、「なにもかもいばさくが悪い」という結論に達した。全員からボコられるいばさく。
f0164003_10563296.jpg

by ya-ri-sa | 2016-09-11 16:42 | 川部 | Comments(0)  

横瀬川・丹波川

写真はコウさんとヤギリンさんにもらいました。

・横瀬川  原谷橋 172.50  親鼻 2.26
増水時しか下れない横瀬川へ。私は初めてでした。
集合写真で毎度、アニーが変顔をするので、私も負けじと変顔するが、なかなか勝てない。
f0164003_10271491.jpg

10人で。男6人、女4人。関東は女性が多くて良いな~。
最初の区間は川幅が狭くてエディも狭いので、前半チームと後半チームに分けて、時間差で出発しました。
出発前に、この川を複数回下った経験のあるメンバーから概要の説明あり。今回の水量は少なめとのこと。ポーテージを2回するとのこと。

1回目のポーテージはマーライオンの滝。ここはマーライオンみたいに水が飛び出して、岩に当たってるので、物理的に下れない。
f0164003_10431833.jpg


2回目は堰堤。数分歩いた先で再プットインします。
堰堤の上から見た眺めでは、すぐ下流が良い感じだけど、そこには降りる道は無いので漕げません。
f0164003_10424410.jpg


川幅広がってからは、チームを分けずに下る。
f0164003_10314377.jpg


旧ZENに乗るどうこさん。ヘルメットもカヤックも歴戦の傷だらけです。
f0164003_10325221.jpg


岩盤でできた瀬
f0164003_10333662.jpg


ラナパパと舟を交換して、ダッキーに乗せてもらった。ダッキーの目線の高さに驚きました。遠くまで見えるので判断が早いです。そのかわり、カヤックみたいにすぐに曲がれないので、早めにターンしないといけないそうです。
ラナパパがK-1に乗った姿は、かなりレア。
f0164003_1034037.jpg


増水して濁った荒川に合流した後は、大味にドンブラコッコ。
f0164003_10342414.jpg


クツナシでゴール。
f0164003_10345123.jpg

ラナパパのGPS計測では、漕行距離27km、5時間のロングダウンリバーでした。車での回送距離も22kmくらい。
同じ日にCPCの人たちは荒川本流ロングをやっていたみたいです。


・丹波川  丹波山-0.59
毎度のごとく、水位計の数値は参考程度。「けっこう多め」を期待してたけど「ちょっと多め」くらいでした。
f0164003_10372198.jpg

きのう横瀬川を漕いだメンバーのうち4人で。男1人、女3人のハーレムダウンリバー。女性パドラーが多い関東や北海道では、女性が過半数のダウンリバーが時々あります。
f0164003_10552691.jpg


核心部では秋山さんがレスキュー役で心強かったです。
f0164003_1039481.jpg


写真はありませんが、この日の核心部は、水量がちょっと多めのため、いつも左岸へ向かってブーフする所は、右岸にも行けました。
スカウティングした時は、「いつもどおり左岸へブーフしよう。もし右岸にバウが向いちゃったらそのまま右へ。」という方針に。
1番は私、2番はヤギリン、3番はどうこさん、4番は秋山さんの順番に。
1人目の私は、入り口の段階で右岸寄りになってしまい、降りたのは真ん中で、正面の岩が作る返し波にバウを右岸に向けられて、右コースへ。
2人目のヤギリンさんは、入り口で右から左へ向かうアングルを作れててOK。ただしブーフが弱かったのか、あまり遠くへ飛べず、左岸寄りのドロップの真下に降りる。ホールに捕まるかと思いきや、体勢を整えて、左コースへ。
下流で会った私とヤギリンさんで会議。今日は右コースへ行った方が素直なのでは、という意見にまとまり、3番目のどうこさんに右岸コースで来るように指示する。
3番目のどうこさんは、入り口の段階で、左から右へ向かうアングルを作って進入し、ブーフもカンペキで、どこにもぶつからずに、素直に降りてきました。4番目の秋山さんも同様。
何度も漕いでる川だと、ついつい同じラインを漕いでしまうけど、水位に応じてコースを選択すべきだなと、改めて実感しました。

休憩時間はヤギリンさんネタで盛り上がりました。
f0164003_1036266.jpg


本日の黒一点・ヤギリン。女性3人のトークに圧倒されて、無口になっていました。
f0164003_10365324.jpg


ブーフポイントでは3回ほど担ぎ上がって練習。
わたしのブーフ
f0164003_1048995.jpg

だーめだ、こりゃ。
f0164003_1049334.jpg



いつもブログを読んでくれてる人へ。更新が遅くてスミマセン。仕事が忙しくて、ヒマが無くて、書く時間が無いんですよぉ。
というのはウソで、海外ドラマ「ハウス・オブ・カード」を見てばかりいるからです。

次回のブログは数日後にアップします。
さぁ~て、次回のブログは「長瀞・瞳ちゃん壮行会」です。おたのしみに。んがぐぐ。(昔のサザエさん)

by ya-ri-sa | 2016-09-04 17:26 | 川部 | Comments(0)  

長瀞

このブログの読者数が徐々に増えてます。読んでくれてる人、ありがとう。
初対面でも「ブログ読んでるよ」と言ってくださる人にたまに会いますので、きっとまだ会ったことの無い人もこれを読んでくれてるのでしょうね。

以前にも述べましたが、このブログは自分の思い出日記のつもりはなくて、読んだ人が漕ぎに行きたくなる気分になってくれたらいいなと思って書いてます。または、漕げない時のヒマつぶしの読み物になったらいいなと思ってます。ですので、読んだ人の参考になればと思って、カヤックに関連する情報をなるべく書くように心がけています。私はへたっぴだから技術的なことは書けないけど、こんな形で皆様のカヤックライフの一助になれたら嬉しいです。


・長瀞  親鼻1.35 中学校~クツナシ

16ロックの進水式に水量チョロチョロの長チョロへ行きました。
一人だったので歩き回送しようかなと思っていたら、田中マラ男さんが回送を手伝ってくれました。

作業用ズボン、安全靴、腰ベルトには巻き尺。働く男って感じでイイね。
f0164003_1861642.jpg

マラ男はこのブログ読んでるらしいから、この場でお礼を言っとこう。
おーい、マラ男~!回送ありがとうね~! 平日に仕事を抜け出して長瀞に来てたことは、みんなには秘密にしておくよ~。

いばさくに「あの人はマラ男って呼ばれてるんだよ」と、初めて教えてもらった時に、私は「えっ!? ま、ま、ま、ま、マラ男!? すごいニックネームだね!ヤバくない!?」と反応したら、いばさくに「顔がマラドーナに似てるからだよ。オマエ、変なこと想像しただろ~?変態だな~」とからかわれたことがあります。

16Rockstar進水。川岸に来ると水がくさい。処女航海は、もうちょっと清流が良かったな・・・。クサイなんて言われたら、長瀞ファンの人はいい気はしませんね。すみません。
f0164003_1812596.jpg


スピンホールで左スピン。この水位でもスピンはできます。

安全ウェーブで左右スピン。カートホイールできる人なら、この水位でも角度を抑えれば回せるかも。
私はフラットスピンだけを30回転くらいしました。岩に当てたつもりはそんなに無かったけど、スピンしただけでスターンのエッジがジャキジャキに削れてる・・・。14Rockも削れやすかったけど、16もヤワいみたい。軽さ優先で作ってるからでしょうか。

安全ウェーブではブループラネットカヤックスが講習をしていた。この日は平日ということもあって、生徒さんは一名。平日休みの人にとっては、一名から開催してくれるレッスンというのは助かりますよね。
最近、私は一人でマウンテンバイクのレッスンやツアーに参加しようとしましたが、平日には企画が無かったり、最小催行人数に達しないと開催されなかったりでした。一方で、カヤックは「平日に、一名様から」レッスンしてくれるスクールが多いので、スクール面では恵まれてるのかもと思いました。
ブループラネットカヤックスのスクール日誌を読んだら、初中級者のためになることが書いてありましたので、さかのぼって読んでみようかなと思います。


大増水で小滝の流れが変わってしまい、小滝ウェーブは絶望的という噂を聞いたが・・・。さて、どうかな。
写真中央あたりがウェーブが立つところ。ベスト水位より50cmも少ないのでこの写真では判定しがたい。
f0164003_18122680.jpg

しかし、下流側を見ると、変わってるような。岩の位置が違うような・・・?以前は流れが岩壁に当たっていたのに、今は本流側に寄っているし。
f0164003_18124036.jpg

f0164003_18211744.jpg

キャンプ場横ウェーブも潰れたという噂あり。小滝とキャンプ場横、この2つのウェーブが乗れなくなったのは、ウェーブ好き、いや、ウェーブ狂の私にとっては痛すぎる。復活してほしい・・・。

f0164003_18194534.jpg

16Rockはスライシーになってカートホイールがやりやすいという評判だったので、静水カートにトライしようかと思ったけど、水のくささにげんなりして、スピンホールと安全ウェーブ以外は何もせずにゴールしてしまった。スタート地点は浅いせいで苔や水草が匂ってるのかと思ったけど、水深のあるところでもニオイが気になり、ゴールまでずっとくさかった。
長瀞好きの人には申し訳ないですが、ほんとうにクサイです。私だって長瀞は好きなんですよぉぉ~。
増水時にスポットでフリースタイルしてる時は、そちらに意識がいってるので気にならないが、今回は川下りしてたらニオイで気持ち悪くなった。
ブログ冒頭で「読んだ人が漕ぎに行きたくなる気分になってくれたら」なんて述べてるくせに、クサイなんて言われたら気分が損なわれちゃいますね。ごめんなさい。一応、清流派なものでして・・・
タンの瀬も、水量が少ない時ほど、浅い場所ほど、くさい。
長瀞、タンの瀬、山梨桂川、この3か所の水質が、長良川や御岳と同レベルだったら、天国なんだけどな~。


先日、古い映画を見ていたら、長瀞が出てきて驚きました。以前から好評は聞いていたので見たいと思っていた「新幹線大爆破」という1975年の作品です。新幹線に爆弾が仕掛けられて、一定の速度以下になると爆破する仕掛けになっているので、止まることができずに走り続けます。この設定はキアヌ・リーブス主演の「スピード」の元ネタになったとか。

高倉健が主演。健さんもかっこいいが、脇役の役者陣も良い。
f0164003_1813095.jpg

40年前の映画とは思えない現代的なテンポの良さで、飽きずに鑑賞できました。
犯人グループが要求した現金の受け渡しをするために、現金の入ったトランクを持った警察側が、犯人の指示通りに移動させられるのですが、その過程でなんと「舟に乗って荒川を下れ」という指示が!!
長瀞ライン下りで現金輸送。なんじゃこりゃ~
f0164003_18131299.jpg

小滝の瀬かな。激流な感じを出そうとするなら、小滝が撮影地に適してそう。
f0164003_18133220.jpg

f0164003_18134457.jpg

ほかにも、昔の映画ならではのトンデモ展開があったりするのですが、そこはご愛嬌。エンタテイメントとして楽しめる映画でした。


週末は売り切れで早じまいしてることもある「うさぎや」の閉店時間が、19時から17時半に変更。つけ麺へのハードルがさらに上がった。
f0164003_1814015.jpg

by ya-ri-sa | 2015-10-20 17:45 | 川部 | Comments(4)  

長瀞

・7月下旬 親鼻1.85
キャンプ場横ウェーブの水位になるのを今年も楽しみに待っていました。
去年は1.85でも楽しかったけど、今回は同じ水位でも多く感じ、ウェーブが掘れていないような。もう少し減ったほうが良いのか。でも、じゅうぶん楽しいウェーブ。
午後から漕いだら、一人で貸し切り。私が着く前にはケンケンがいたようだ。
もはや、週末の行列には並べない贅沢な体になってしまった。わがままボディ。(ただのデブ)

今年の夏は暑かったですねえ。とくに7月中旬からの一か月間は酷かった。酷い暑さと書いて酷暑。沿岸部に住む私ですらそう思ったのだから、内陸の長瀞は近づくのも恐ろしかったですが、キャンプ場横ウェーブの魅力に引き寄せられて近づいてしまいました。
一人の時は、準備運動がてら歩き回送していますが、気温36度の中を歩いたら熱中症になってしまいます。というわけで、上長瀞~野上を電車回送してみた。駅までの数百メートルで汗びっしょり。

電車だと旅情がある。
f0164003_2223616.jpg

水がぬるい長瀞。時々、沈して涼を取り、水も飲んで、気をつけていたつもりですが、それでもこの日は軽い熱中症になり、夜まで頭痛と熱感が続きました。


・7月下旬 親鼻1.81
翌週もまた平日に一人貸し切り。先週よりも少し減って1.81なのに、やっぱり去年よりも掘れてない。去年とベスト水位が変わったのかな、それとも形が変わったのか。それでも、家から3時間かけて来る価値あるけどね。
小滝ウェーブも、先週・今週ともに、去年のほうがイイ感じ。去年は、「1.85前後だと小滝もキャンプ場横もどちらも良い。あ~ん。両方とも漕いで疲れちゃう~」みたいな嬉しい悲鳴をあげていたっけ。

この日も蒸し暑かったが、自転車回送してみた。チャリは漕いでるときは風が涼しく、歩きよりも短時間で到着できるので、意外と体が熱くなることはなかった。

**噂によると、後日の大雨でキャンプ場横ウェーブの形は崩れてしまったとのことです。自分では未確認です。

ユウシくん編集の、今年6月頃のキャンプ場横ウェーブ動画。ユウシくんは編集が上手ですね~



・8月上旬 親鼻1.73
日曜日の長瀞は盛況。久しぶりに会った人々が声をかけてくれて嬉しい。平日はスポット貸し切りできるメリットあるけれど、週末にこうやって人と会えると嬉しいものだなあ。
f0164003_1081472.jpg

スピンホールに数回入ってみたが、ほぼ毎回落とされる。以前はエディに向かう流れがあったが、今はほとんど下流に向かって流れてるようでエディに戻りづらい。へたっぴの私が落とされるのは以前からそうだけど、今日は上級者でもすぐに落とされてしまう。

安全(さくら)ウェーブはけっこう楽しい。といっても、私はなかなか走らせることができず、ラウンドハウスにもっていけない。スピンも昨年はコツをつかむと連続スピンできたが、今回は一回転がやっと。

この日の中村アッキーラと私。アッキーラ、ごいすー。小さいウェーブで、なぜビッグブラントできるのでしょう。カートホイールもクルクル。

中村さんのサーフィンはトップを取る意思のあるサーフィン。私のサーフィンは、ウェーブの低い位置でこねくり回してるだけで、トップに上がれてない。低い位置から打とうとするから走れない。疲れてくるとエッジがいいかげんになり、バウかスターンを喰われてサヨウナラ〜


・8月上旬 親鼻1,70
翌週もスポットのみ。まずはスピンホール。エディに戻る流れが無いのは先週と同様だが、パワーが弱まったぶん、いくらかエディに戻れるように。でも、「下流に落ちたくない。担ぎ上がるのメンドイ」という気持ちのせいで、なるべく沈しないようなプレイしかしないのであった。情けない。

安全ウェーブは先週のほうが高さがあって楽しかった。みんな大好き安全ウェーブですが、私は苦手意識ある。安全なんだから、もっと積極的にならなきゃな。


さて。
カヌビレに看板が設置されていました。読んでみると・・・
f0164003_2239760.jpg

がーん。これはショック。みなさん払っていると思うけど・・・。しかし、到着時に管理者に会えなくて、支払いにタイムラグが生じることは、しばしばあります。
ご安心ください。そんな時は、勝手口の前に置いてある小さな入れ物にお金を入れておけば良いとのことです。
f0164003_22434875.jpg

by ya-ri-sa | 2015-07-30 22:02 | 川部 | Comments(0)  

長瀞→御岳  SD SPORTS来たる 2014

SD SPORTS 御一行様が関東ツアーにやってきました。2011年2012年2013年に続いて、今年もお供させてもらいました。

例年、SDツアーのブログを書くのにコピペを多用してる。毎年、彼らに対する印象が変わらないからだ。けして手抜きではない。
今年は昨年までとは異なる点がある。それは、私が梅さんの生徒になったことだ。去年まではSDメンバーたちが長瀞や御岳の名も無い小スポットでキャッキャッと嬉しそうに遊ぶのが理解できなかったが、今なら分かる気がする。彼らはスポットの大小ではなくて、フリースタイルな要素があるかどうかを見てる気がする。点数を貰えるようなワザができるかどうかより、フリースタイルな瞬間そのものを楽しんでいるのではなかろうか。


・土曜日 長瀞(鉄橋~クツナシ) 親鼻1.3m 玉淀ダム13t

集合場所に着くと飯嶋さんが車をいじってた。DIY精神にあふれた御方です。
f0164003_9264181.jpg


6人と6艇を中積みでいらっしゃいました。
f0164003_9275097.jpg


長瀞といえば、あの人・・・。あの人は今日もいるのだろうか。おそるおそる、安全(さくら)ウェーブにカメラを向けてシャッターをきった。写真を現像してみると・・・・
ヒイィィィ!!やっぱり写ってるゥゥゥ
f0164003_933863.jpg

安全ウェーブの精霊・ひらさわさんは、当然のごとく今日も安全ウェーブにいた。

SDが来る11月上旬はいつも水が少ない。この日も少なかった。一番長居したのはステミ。浅いウェーブでしたが楽しめました。

ここはキャンプ場横ウェーブの一段上。この水量だと刺すと当たるホールですが、梅さんは当てずに回すのが上手い。
f0164003_9283734.jpg


(以下コピペ)
SDのみなさんは例年のごとく、どんな小さなスポットでも拾い、巧妙に刺す・回す。その技術。
瀞場に来れば、休むこと無く、すかさず静水フリースタイル。その体力。
漕ぎ続けながらも、その間に、笑いあふれるトークも欠かさない。誰かが笑いを取ると、誰かが取り返す。そのトークの応酬。
「心・技・体」の三位一体がスポーツの要素だと思いますが、SD SPORTSメンバーの「技術・体力・トーク」には毎年ながら脱帽です。
(コピペここまで)

夕飯は皆野インター近くの中華。この店は2012年に訪れて停電騒動で爆笑させられた店なので、また行きたいという要望があった。SDメンバーの店選びは旨いかどうかではない。笑えるかどうかだ。
f0164003_9334918.jpg



・日曜 御岳 放水口~軍畑 調布橋-2.46
水位計は-2.46だけど、実際は-2.5xくらいに少ない。むむさんといとーさんも合流。

今年の紅葉は良い感じ
f0164003_9342920.jpg

御岳カップが開催されていて、ラフトがたくさん。活気があります。
f0164003_9345854.jpg

忍者返しの岩。いつも数十人いますが、この日は7人くらい。
f0164003_9354535.jpg

最近知ったのですが、忍者返しの岩はボルダリングでは全国的に有名な岩なんだそうです。というのも、むかーしむかし、難易度を表す指標の基準としてこの岩をが1級と定められたそうで。へえー。

名も無いところで遊ぶ
f0164003_9352247.jpg

(以下コピペ)
御岳でもSD SPORTSの皆さんの貪欲ぶりがすごかった。あらゆる極小スポットを拾いまくる。残さずに召し上がられました。皿まで舐めてました。
私も御岳カヤッカーのはしくれとして、小スポットでも小エディでも拾ってしまうのが、悲しい自負だったが、完敗。御岳カヤッカーのネチネチぶりは名物ですが、SD御一行様のネチネチにはかないません。タンの瀬のような大スポットで漕いでいて、かつ、小スポットも上手いんだなあ。私ももっとネチネチしよう。

これは去年も思ったことなんだけど、SDメンバーの特徴として、御岳・長瀞の有名スポットにはあまり興味を示しません。ベスト水位じゃないというのもあるけど、スピンホール、さくらウェーブ、洗濯機ホール、カップスター、寒山寺、ミソギ、どれもそれほど食いつかず。
私もそうだけど、関東の人は「ここが有名スポットだから。」という固定観念にとらわれて、ベスト水位じゃなくてもそこにかじりついてる。用意された場所でしか遊べないというか。
それよりも、関東カヤッカーが見向きもしない(見落としている)、ドロップ・ピローウェーブ・エディラインなどを見つけて、遊ぶのがすごく上手。考えが柔軟というか。自然の中で遊び慣れてるのかなあと思いました。
(コピペここまで)

梅さんレッスンを受けて意識が変わった私なら、SDのネチネチについていけるかもと思いながらスタートしましたが、今年も御岳小橋あたりでとてもついていけないと挫折しました。
今秋はカヌーランドに連泊して、SDの皆さんに懇意にさせてもらい、一員になったように錯覚してましたが、やはりこの人たちのことは理解できません。グッバイ・・・・。私はそうつぶやいて、先に川下りして去るのであった。

おそろいのニット帽姿で写真を撮ろうよ~と、私が女子っぽい提案をしたのに、なぜか人文字を作ることに・・・。
SD女子たちは、普通の女子のように可愛く写ろうという気持ちはありません。笑いが取れるかどうかだ。
f0164003_9361115.jpg

SDって読めるかな。
f0164003_9362923.jpg



余談1:土曜夜にカヌビレで開催されていたCPC忘年会へ1時間だけおじゃました。ひろさん編集の動画で笑う。CPCメンバーにご挨拶できて良かった。メンバー数が多いので、今までお名前が分からない人が多かったですが、だんだん顔と名前が一致してきました。

2001年に井田川で開催されたモンベルカップの映像も見せてもらう。ホールの右岸側にランプを建てて、滑り落ちるとホールインするようになってる。インした瞬間から、長いボートでカートホイールを回しまくり。かっこいい~。しかも夜開催で照明つけてやってる。すごく盛り上がってる。スポンサーが出店してたり。現在とは資金力の差を感じる。昔は良かったという言葉は嫌いですが、この映像を見ると、うらやましい限り。
f0164003_9382761.jpg


余談2:日曜日に北海道のくにちゃんがグラビティ講習を受けに御岳に来てた。すれ違いで会えなかったのが残念。すぐそばにいたのに~。
くにちゃんは「小さなホールに沢山の人が並んでいるのを見てビックリ」したそうです。その小さなホールというのは、御岳の代表的スポット・寒山寺ホールです。
関東名物「小スポットに行列」を見てもらえたようです。
f0164003_9365119.jpg

この待ち人数を見ると、この先にどんなビックウェーブ・ビッグホールがあるのだろうと想像しちゃうね。

by ya-ri-sa | 2014-11-08 13:22 | 川部 | Comments(3)  

キャンプ場横ウェーブ(長瀞)

今年は雨が多くて、珍しく関東に水があります。夏だけかと思いきや、9月と10月にも増水して長瀞を楽しめました。
6月の記事で、親鼻1.5以上あれば長瀞はスポットが複数あるホワイトウォーターパークだと言いましたが、さらにエース級のスポットが追加されました。その名はキャンプ場横ウェーブ。
ローカルパドラー曰く「新登場したわけじゃなくて、昔からあるけど・・・」だそうですが、最近は増水時の形状が良くなったのかな。

夕方になると仕事を終えたラフトガイドたちもやってくる。三十路の青春。 おっと、まだ26歳でした。
f0164003_16384154.jpg


小滝ウェーブが消えるくらい(1.80以下)で出現するというのが最初に聞いた噂でしたが、小滝ウェーブが出てる1.85でも乗れました。同じ水位でエース級のウェーブが2つもあるなんて贅沢すぎる~。スポット貧乏の関東人はこんな贅沢に慣れていないので、ビフテキとフォアグラを同時に食べるようなもので胃もたれしそうです。(ビフテキって死語ですか?)
ブラント練習中という人にはどちらが良いんだろうか。私の意見は小滝かな。小滝のほうがサーフィンしやすくトップに来やすい気がするし、ボートが滑り落ちる感覚を掴みやすい。ブラント未完成で数を打ちたい人には小滝かな。キャンプ場横は、自分で走らせたり、位置取りの練習、などに良いかも。小滝の下流の岩が怖いという人にも。(個人の感想です。)
高角度ムーブの場合は岩に当たります。低角度の私は一度も当たりませんでした。

私が乗った水位は親鼻水位(玉淀ダム)、1.85(46t)、1.78(42t)、1.4(18t)。
以下は個人の感想です。
・1.85(46t) 楽しい~。トップに上がった時の高さは小滝より上。ブラント決まれば飛びます。
・1.78(42t) 楽しい~。エアスクリューできる人によると1.85よりもやりやすいとか。ウェーブマックナスティも。
・1.6x 私は乗っていない水位ですが、噂によるとウェーブとホールの両方の技ができるらしい。
・1.40(18t) ここまで減るとホール。岩が透けて見えるのでカミ沈するのが怖い。カートホイールやラウンドハウスで角度が出てくると高率に岩に当たる。この水位ではスピンしかできない私には関係ないことですが。

1.85 大きさ分かるかな
f0164003_16395661.jpg

白色が好きなホシノさんは高角度を連発ですが、白色のため目立ちません。
f0164003_16272293.jpg


1.78 見た目は1.85とほぼ同じ
f0164003_1632445.jpg

ウェーブだけどループやマックする人も
f0164003_16323429.jpg


1.40 ホール。小さい。私の苦手なホールスピンの練習になる。
f0164003_16255621.jpg


おまけで1.30(13t) 存在に気付かず通り過ぎそうな小ウェーブ。かろうじてサーフィン。
f0164003_1443490.jpg

一段上のウェーブがホールになり、右スピンができる。できる人は右カートも。左岸リエントリー可。
f0164003_145325.jpg



・10月の上旬に、CPCとダウンリバーしました。CPCでは定例会も兼ねて、初級者のためのステップアップ講習を行っています。カヤッカーを増やすための素晴らしい活動ですね。

最初に、この日のリーダーからセーフティトーク。
f0164003_16135570.jpg

初級者に丁寧に教えていました。ロールが上手なことで有名なウスカタさんが指導したおかげで、初級者の人がこの日のうちにロール成功。私もウスカタさんに教えてほしいな~。
f0164003_16144434.jpg

30人近いメンバーが集まった。すごいや。さすが関東を代表するカヤックサークルですね。同じく関東の代表的なサークル「ベビートラウト」からゲスト参加したコウさんも、この集まりの良さには驚いていました。
f0164003_161738100.jpg

CPCはCreative Power Club の略。
f0164003_16194973.jpg


・小滝の瀬が終わった後の、流れが緩やかになった場所にログが入っています。既に怪我人を出していますので注意してください。いばさくさんのブログでも注意喚起しています。増水(親鼻3.4m、玉淀ダム600t超)の後も残っていましたので、とうぶん存在しそうです。
f0164003_16455991.jpg


・おやっSUNハウス改め「スーさんハウス」に安価で宿泊させていただいております。
f0164003_16504350.jpg

梅雨時期は長瀞では車中泊していましたが、蒸し暑いわ、蚊は入ってくるわで、苦痛でした。周辺のキャンプ場はオートサイトのみで数千円と高価だし。スーさんハウスは快適で助かっています。
スーさんは日本スクォートカヤック協会(facebookページ)の代表を務めていらっしゃいます。

スーさん、ありがとう。     (国道140号沿いの看板)
f0164003_16555473.jpg


・寄居の「うさぎや」のつけ麺にハマッています。今年4月に初入店した時はラーメンを食べて、優しい味だけどまた食べたいと思うほどでもないかな~と思ったのですが、ブループラネットカヤックスの小倉さんにラーメンよりつけ麺のほうがオススメと聞いて、食べてみたらハマってしまい長瀞に行く楽しみになっています。(食べログなど評価サイトを見るとラーメンを食べてる人のほうが多いです。好みによるのでしょう。)
うさぎやの評判は何年も前から聞いていたのですが、土日の夕方になると売り切れのため早く閉店しており、なかなか入れませんでした。今年は私がヒマ人なので早い時間で確実に食べれています。
f0164003_17144516.jpg

by ya-ri-sa | 2014-10-17 14:32 | 川部 | Comments(0)