タグ:桧枝岐川 ( 4 ) タグの人気記事

 

鬼怒川・桧枝岐川

写真はほとんどコウさんにもらいました。コウさん、誘ってくれてありがとう。

11/15 鬼怒川 温泉峡区間

鬼怒川を訪れるのは2006年11月以来だから8年ぶり。2006年の時はグラビティのツアーで来て、栃木カヤックセンター(TKC)にガイドしてもらいました。その2週間ほど前に西伊豆ロール合宿に参加して、初めて静水ロールできたばかりだったので、鬼怒川ではなるべく沈しないように下ったものです。鬼怒川は私が初めて流水ロールできた川かも。

グラビティ鬼怒川ツアー参加者のなかに、前夜のうちに移動してきて車中泊した、と言う人がいました。お嬢様育ちの私は、その時に初めて「車中泊」という単語を知りました。「車の中で寝る・・・??なんで??ホテルに泊まればいいのに」と、パンが無いならケーキを食べればいいじゃない的に思いました。そんな私も今では車内に連泊の日々。思えば遠くへ来たものです。

当時、TKCの人々が「上流でクリークや滝落ちもできるんですよ~」と話していて、あんな岩場を下る人がいるんだと驚いた記憶があります。今回はそこからスタートです。思えば遠くへ来たものです。

スタートの一段目の滝は3人がトライ。私ともう一人は二段目からスタート。
f0164003_9584141.jpg

今回の水量も悪くないけど、もう少しあっても良いかな。
f0164003_1032759.jpg

放水口を通過後の核心部。見た目は地味なんだけど難しい。レスキュー体制を要します。
f0164003_9595385.jpg

この写真の下流側の写っていない場所に小岩があり、それがピンします。見た目はすごく地味な岩。初見で、あの岩がピンすると見抜けるかどうか。
3人がトライ。私ともう一人は左岸のチキンコース。トライした3人ともスマートには下れなかった。「ここは正解が無い」という後ろ向きな結論を出して、立ち去る私達だった・・・。

前半のクリーク区間を終えたら、後半の遊船区間は奇岩と紅葉を眺めながらゆったりダウンリバーしてゴール。
f0164003_9571853.jpg

鬼怒太(きぬた)、かわいくない。山ちゃんのほうがかわいいよ。
f0164003_9581847.jpg

ゴールした後は、男鹿川をチラ見しつつ南会津へ向かいました。途中には湯西川もあるのですが、ダム工事のため、現在はダウンリバーできなくなりました。良い川と聞いていたので、いつかは漕ぎたいと思っていましたが、それはもう叶いません。八ツ場ダムの吾妻峡もそうですが、いつまでも川が漕げるとは限らないのですね。
個人的には車窓から見えた鬼怒川秘宝殿が気になりました。次回来た時には入ってみよう。と思ったら、残念なことに2014年末に閉館だそうです。関連記事

いつまでもあると思うな、川と秘宝館!!

南会津の温泉で乾杯&道の駅で車中泊。
f0164003_959051.jpg

最近気付いたけど、あさひさんは写真を撮る時にいつも変顔してる。私はこういうこと(=イロモノ)には、強い嫉妬心を覚えるタイプだ。今度から私も負けずに変顔するぞ。


11/16 桧枝岐川 アッパー~ミドル 昨日の5人プラス4人の9人で。桧枝岐が初めての人と複数回下ってる人が半々。初めての人がいるとこちらも新鮮な気持ち。
この日の柿の種仙人ブログ  仙人動画

11月中旬だというのに桧枝岐村はもう雪景色です。カヤックをソリにして滑り降ります。
f0164003_1023075.jpg

ヘルメットに雪をつめるというイジメ
f0164003_1015557.jpg

屏風岩
f0164003_1001962.jpg

S字ねじりに4人がトライ。右岸寄り・中央・左岸寄りと、各自が自分の考えたラインを狙いました
f0164003_9592890.jpg

人数が多ければ必ずしも安全とは思いませんが、レスキューが手厚くなるのは間違いありません。滝落ちする1人に対して、プットイン介助に1人・滝横に2人・滝下に2人・下流に2人(うち1人は乗艇)が配置につくことができました。

カエル飛びの瀬
f0164003_1012899.jpg

平成23年7月の只見および会津地域の集中豪雨により、土砂が入り、落差が無くなってしまった桧枝岐川ですが、土砂が徐々に流れ出したようで、カエル飛びの瀬もイナズマドロップも少しづつ落差が出てきました。

ゴールした後は、桧枝岐村へ名物の「裁ち蕎麦」と温泉を味わいに行きました。ここからはカヤック界の東北温泉担当の元やんがガイドです。
旅館と蕎麦屋の「まる家」を伺いましたがシーズンオフでした。そこから歩いて「そば処 開山」へ。蕎麦、旨し。
f0164003_106183.jpg

きなこは「そば団子」。黒胡麻は「はっとう(そば餅)」です。桧枝岐村は尾瀬の入り口でもあるので、お皿は水芭蕉がモチーフです。

「燧(ヒウチ)の湯」に入浴。ここと1kmしか離れていない「駒の湯」では泉質が異なりますので、どちらが好みか入り比べるのも楽しいかも。
f0164003_107327.jpg


良い土日をありがとうございました。私はサンデー毎日ですが。
f0164003_9575485.jpg

ハッ!私以外の8人は家庭持ちだ。帰る家があってうらやましいです・・・。帰る家の無い私は南会津をあとにして、またもやタンの瀬へ向かうのでした。下道で桧枝岐から山形まで5時間かかりました。ちっとも近くない。(タンのブログは書きません。いつもどおり平和でした。)

ところで、近年のコウさんのお達者ぶりがすごいです。初めての川にも挑戦して、マイファーストディセントを増やし続けています。還暦をとうに過ぎても守りに入ることなく、生き急いでるようにも見えます。こりゃあもしかすると、そろそろ・・・。
みなさん、コウさんの笑顔の写真・カッコイイ写真を今のうちに集めておいたほうがいいかもしれません。(超失礼)

by ya-ri-sa | 2014-11-16 16:40 | 川部 | Comments(2)  

那珂川・桧枝岐川

大人の夏休みシリーズ、三年目。一年目は、男鹿川・桧枝岐川(actonさんブログ)、二年目は、今回と同じ那珂川・桧枝岐川

土曜日 那珂川(板室那須区間)
晩翠橋 +35cm
渇水期はマイナス水位になるのに、なぜかプラス35もありました。昨夏に訪れた時は渇水水位でボトムを擦りながらのダウンリバーでしたが、今日はほどよい水位で、快調に進行。
天気よかった。
f0164003_23321810.jpg

f0164003_2333269.jpg

(Hys×2,Smmr,Kwsk)

夜は、桧枝岐温泉の檜扇さんに、9人が集合して宿泊。おいしい夕飯をいただいて満腹。
良い宿を手配してくれたさちこさん、ありがとう。
コイツ、大丈夫か・・・。
f0164003_23124973.jpg



日曜日 桧枝岐川ミドル区間
前日に道路から見て、少なく見えたけど、漕ぎ出してみると、前回、前々回と同様。
私は多めの水位に当たったのって、初回だけなんだよなー。渇水期でも漕げるのが桧枝岐の魅力だけど、やはり多いのは雪どけ期なんだな。

S字の滝下からプットイン。
f0164003_2347958.jpg

カエル飛びの瀬では、元やんと林さんがチェイス。後ろ向きチェイスという新技を披露してくれました。
f0164003_2348568.jpg

桧枝岐はほんと雰囲気が良い所だな~。
f0164003_0283472.jpg

昨年の記録的豪雨で、道路が寸断され、桧枝岐村は一時的に孤立集落となりました。
あちこちでがけ崩れ。
f0164003_2352469.jpg

ミドル区間で一番スリルのあったイナヅマドロップは落差が無くなり、平らになってしまったとの噂でしたが、水底の砂利が流れたようで、面影を取り戻していました。もっと落差が出たらいいな。
f0164003_0235239.jpg

楽しい~。
f0164003_23111789.jpg

また漕ぎましょう。
f0164003_0432491.jpg

(Hys×2,Smmr,Kwsk,Tcd,Kbt,Hrbys,Td,Mtyn,Ymst)

車に同乗させてくれた林さん、ありがとう。

by ya-ri-sa | 2012-07-01 23:05 | 川部 | Comments(2)  

那珂川・桧枝岐川

6/18
黒羽 68cm (参考値)

クリークガールズ参上!
f0164003_23305691.jpg

f0164003_23311090.jpg

f0164003_23312759.jpg

那珂川といっても一般的な烏山エリアではなく、上流の那須高原の板室のあたりです。
2009年10月黒羽~烏山~御前山と約50kmツーリングした時は(十番勝負最終回)、町中をなだらかに流れる川の印象だったけど、上流は雰囲気が違いました。
水位はかなり少なかったけど、下れないことはなかったです。翌日の桧枝岐川の前哨戦として良かったのではないでしょうか。夜は桧枝岐村の丸屋新館で宿泊・宴会・満腹。
WRSI のヘルメット率が高い二日間でした。軽くて、かぶり心地よく、リーズナブル。


6/19
桧枝岐川を下るのは四回目。
一回目 2010年4月 class5ガイド Class5ブログ 
二回目 2010年8月 Actonさんブログ 柿の種仙人ブログ
三回目 2010年10月 class5ガイド ミドル区間  アッパー区間
class5など経験のあるガイドと下ることをおすすめします。

毎回、桧枝岐川は、激・劇・撃・楽しい。環境がすばらしー。
過去に御一緒くださった皆様、本当にありがとうございます。良い思い出になってます。
今回は12人でやっつけたぜ。みんな笑顔。
f0164003_2259214.jpg

f0164003_2315361.jpg

f0164003_232583.jpg


スモもさん作成の動画。スポットプレイは自分撮りできるけど、ダウンリバーしてる姿は自分では撮れないので、撮って見せていただけると、とても嬉しいです。
非力なので力強く漕ぐことはできないけど、流れを利用して軽やかには漕ぎたい。私は漕ぎが弱くて女の子漕ぎなんだよねえ。軽やかと弱いは違うからなあ。

稲妻ドロップは閃光のように早い瀬です。一瞬のコントロールが難しい。南極さんが完璧なルートでした。私は一本目は沈して、グローブしてたけど指を少し切りました。二本目は動画のごとく左サイドを返し波に弾かれてしまいました。
(写真を送ってくださった方々、サンキューです。)

by ya-ri-sa | 2011-08-12 08:32 | 川部 | Comments(2)  

桧枝岐川  class5ツアー

水位 浜野 0.67
桧枝岐川には直接の水位計は無く、下流の浜野を参考水位としましたが、だいぶ離れており、支流の流れ込みもあるため、あくまで参考程度です。

三回目の桧枝岐川です。一回目は今年6月のclass5ツアー。二回目は8月のclass5常連さん達と。今回は三回目でclass5ツアーです。
桧枝岐川については、class5の柳本さんが、pb@jpの29号のP50~53に寄稿されていますので、読んだ人も多いことでしょう。
P50の見出しの写真は、柳本さんがS字ねじりの滝を攻めている場面ですが、この写真を撮ったのは、なんとワタクシなんです。今まさに飛び出さんとしてる一瞬を完璧におさえました。天才的タイミング!ワタクシ、カヤックの才能だけでなく、写真の才能もあるかもしれません。自分の才能が怖い。

土曜日 ミドルコース
千葉の南のほうに住んでいると、葉っぱは緑色のままで、一枚とて紅葉していない。昼間は半袖でも歩ける。紅葉ツアーといわれてもピンとこないのだが、ほんとうに紅葉してるのかしら。などと考えながら、のんきに当日出発したら事故渋滞で遅刻確定…。さらに東北は紅葉時期ため行楽渋滞もあり、到着は昼ごろ…。うぐぅ…。前夜出発すればよかった…。柳本さんに電話を入れると、後から合流するSgさんのことを教えてくれてた。あきらめていたけど、下れることになった。ありがたや~。機転を利かせてくれた柳本さんと、ご一緒させてくれたSgさんに感謝です。
西那須野ICから塩原温泉あたりはまだ紅葉していない。ところが、さすが平家の落ち里、奥地にある桧枝岐村は紅葉が始まっていました。
f0164003_2038690.jpg

今回は水位が低くて浅くて、岩が多くて、よけるのに忙しい。自分の技術よりもフネに助けてもらう。やっぱり、この川はフリースタイル艇はナシだな。
f0164003_20553944.jpg


カエル飛びの瀬の次の瀬くらいで、ツアーに合流。
ゲストは男性4名、女性4名、計8名。(Nwn,Nnb,Is,Hys×2,Sg,Kwsk)
Hys夫妻は、夫婦そろってダウンリバーがお上手。お二人ともPyranhaで、ご主人のBurn、奥さまのAmmo、それぞれイイ感じ。Ammoは直進性もありそうだし、サイズ的にも欲しくなる感じ。
それから、SgさんのDaggerのMamba7.5も良さげだったなー。
こちらはBurn。
f0164003_20382580.jpg


カエル飛びの瀬はポテ落ちしちゃう。かっこよくブーフができない。三回目になるが、いまだに正解が分からない。
稲妻ドロップに初挑戦。後半に左岸に向かうのが足りずに、ほぼ中央のラインで落ちてしまい、ボスっと水没。周りから見ると全身が隠れてパドルだけ見えたらしい。でも、なんとなく分かった。次回はなんかイケそうな気がする~。

11艇積みの、9人乗り。良い子はマネしないでね。
f0164003_2039194.jpg

夜は民宿泊まり。昼間は天気が良かったが、夜は気温が下がり、寒い。
夜の上映会で、Hysさんのソニーのサイバーショットの画像の色鮮やかさに、みんなで驚愕。しかも、既に型落ちで2万円台とのこと。サイバーショットいいね~ということで満場一致。Hysさんが「僕の写真の腕が良いからだと思うんですけど…」とつぶやくが、「否。カメラの性能が良いからだ。」ということで満場一致。あの鮮明な写真を見た後では、にぶい色の紅葉写真をアップするのが恥ずかし。
盛り上がっていたら、隣室から苦情。


日曜日 アッパーコース
一人が帰られて、Ymstさんが今日のみ参加。
曇りで気温が上がらない。先週のオーシャンフリースタイルと同じウエアリングで来てしまった私は寒かった。なめてました。東北なめんなよ。
一夜あけたら、紅葉がぐっと進んでる!と、皆が口を揃える。
f0164003_20395450.jpg

この落差! うほほーい。
f0164003_20401965.jpg

紅葉がキレイだな。こちらは初対面のKwskさん。女性大歓迎。
座右の銘は 「滝は落ちるものではなく、飛ぶもの。」という、滝ガール。
f0164003_20404590.jpg

遠いけど、ほんとに雰囲気が良い川です。
f0164003_2041831.jpg

核心部その2は皆さんはクリアしましたが、私は成功のイメージが浮かばずポーテージしました。

名物・裁ち蕎麦の「開山」でそばを食べて解散。帰りも渋滞してたので、途中のパーキングで数時間ほど寝てからスイスイ帰る。

険悪な場所の少ない川ですが、ライン取りが難しい場所もあり、ケガの恐れもあります。安全に下りたいならば、この川の経験の多い人やclass5などのアウトフィッターにガイドしてもらうことが推奨されます。


以下の写真は柳本さんからいただきました。

稲妻ドロップを行く。バウがまっすぐ下を向いてるが、これでは中央部に落ちてしまう。水位によってはホールに捕まってしまうだろう。これより手前でリーンを作ってバウを左岸を向けるべき。
f0164003_22324117.jpg

飛べ!
f0164003_22323048.jpg

楽しくて、笑顔になっちゃうねー。
f0164003_22325123.jpg

by ya-ri-sa | 2010-10-24 23:16 | 川部 | Comments(8)