タグ:御岳 ( 46 ) タグの人気記事

 

御岳

調布橋 -2.45
放水口~沢井。ひとりで。午前8時すぎから。

秋の海は水温が高いのでセミドライでまだいけるが、川ではドライスーツへ衣替えすることにした。
あ、しまった・・・。ひとりでは着れなかったってことを忘れてた。
わたしのPalmのドライスーツ・スティキーンのXSサイズは首まわりが小さくて、脱着は要介助である。誰かに着せてもらわないと。
朝の御岳は、釣り師やボルダリングの人が多い。でも、釣り師やクライマーに頼むのは恥ずかしい。それに、いきなり「着せてください」って意味不明やね。
通りすがりのカヤッカーはいないだろうか。
通りすがりのミウラカヤッカーを放水口駐車場で発見し、着せてもらう。ラテックスにはオイルを塗って手入れするようにとのこと。

調布橋 -2.45だけど、中州や岸の露出具合を見ると、もっと少ない感じ。この日はmin.-2.55まで減ったので、朝の時点で既に数字より少なかったのかも。
これからの季節はこんな感じか。
昨年の冬、アツかった御岳小橋下(ここがアツかったっていうのも、どうかと思うが。)が減ったら、遊べそう。試しに刺してみたが、今日の水量ではいまいち。減ったら、いけるか?それとも去年とは変わってしまっているのか?カート3エンドの世界に行きたいよ~。

体調が良くないので沢井であがる。おなかが苦しい。いや、おなかがきつい・・・。
XSサイズはウエストゴムもきつい。
最近、好きなだけ食べて飲んでたら、下腹部が出てきた。おめでた?
ちなみに、同じPalmでも、新発売の女性用のあずき色のドライスーツを着たことがあるけど、ウエストがベルクロになっててラクでした。

More

by ya-ri-sa | 2008-10-13 22:47 | 川部 | Comments(4)  

御岳

調布橋 -2.34

放水口~ミソギ。ひとりで。
午前8時前から漕ぎだす。日曜日でもこの時間なら人が少なくて平日気分。ここ1~2年は平日組だったから、静かで人のいない御岳が恋しくて、朝から漕ぐことにした。
朝の静謐な感じがたまらないっす。

わーい。御岳だ。
フェリーやエディキャッチが楽しい。
まず、カップスターの下の左カーブの落ち込みで何度もフェリー。


海外のクラス4~5のでかい川を数多く経験している人が「いつも下っている川をボートを降りてスカウティングしてみるといいよ。いつもと違うラインが見えたりする。」って言ってた。
そこで三つ岩をスカウティングしてみて、思いついたラインを行ってみることにした。
f0164003_2233850.jpg

青:いつものコース。止まらずに進み、ゴールは岩の後ろの白く泡立っているエディ。
今日はこれはやらない。

赤:2つめの岩に入ったあと、右岸側の中くらいの岩に入って、いつもの青コースのゴールの右隣の岩へ。
簡単なルートだなと思ってたら、最後のエディラインでコケッ。

黄:左岸側の小エディに寄った後、3つめの岩、ゴールは左岸エディへ。
初めの小エディにスパッと入れず、おっとっと、となった。

黒:1つめの岩の左側からスタート、2つめの岩に入ったら、左岸エディへ。
ゴールの左岸エディへの進入角度を作らなかったためエディキャッチできず下流へ流される。もう一度トライして二度目はできた。

以上のように、数回担ぎ上がって、やってみた。これはとっても面白いです。
他にもいろんな組み合わせができると思う。今日は浅いので行けないが、増水すれば右岸側の小岩も使えるようになるし。
前出の人は「一緒に漕いでる人と、俺ならこう行く、とか言い合いながらやると、もっと面白い。自分では思いつかなかったラインを他の人が描いたりする。」とも言ってました。お友達同士でやってみてもいいかも。


御岳小橋の下も何度もフェリー。水が多めの時は、ウェーブを乗り継いでいくと、スーっと行ける。ウェーブに乗れないと、バタバタ漕いでも落とされる。これも面白い。

一年前に比べて、ずいぶん水がきれいになった。水がきれいで気持ちが良い。
御岳はいつでも楽しいなっ。御岳LOVE。漕いでて、「お前が好きだー!」とか叫びそうになった。

前半やりすぎて、沢井に着く頃には疲れてる。これもいつもどおり・・・。
沢井に着くと、O塚さんがエディラインカートホイールをやっていた。昨日、三菱みなとみらい科学館を訪れた時にO塚さんのことを思い出していたので、私としてはタイムリーな人物。O塚さんは入社時に見学に行ったっきりだという。昨日、仕入れた雑学「しんかい6500の潜水方法」を、O塚さんに説明した。私に教えられなくても知ってたみたいだけど。

ミソギは漕ぎ上がりがつらいので、ほとんど入らず。

それにしても寒かった。寒がりの私には厳しい季節がやってきました。もうフルドライを着たいよ。

寒山寺で着替えていると、ルーフキャリアに積んだ私のサーフカヤックをTjさんがガン見してきた。
YOU、サーフカヤックが気になってるなら、乗っちゃいなよ!


河辺温泉に入って、冷えた体を温める。

ひさびさに「骨豚亭(こっとんてい)」へ。平日しか来たことないけど、日曜でも開店してるのね。
ここの店構えは入る気のおきない外見です。中に入ると、フツーのラーメン屋。ラーメンは店名どおり、とんこつ。おいしいです。店主は研究熱心みたいで、月替わりの限定ラーメンというのも出している。けっこう変わりダネのラーメンみたい。まだ頼んだことないけど。
はじめての方は店名と同じとんこつラーメン「骨豚亭」680円を頼んでください。これには和風ジュレが付いていて、途中でこれを溶かすと味が変わる!
この店はうまいラーメン屋を紹介する本で知りました。小作駅前通り沿いにあります。
f0164003_101823.jpg


風呂はいったり、ラーメン食べてたら、フリーウェーブに着いたのは午後4時過ぎ。
日の出は遅く、日の入りは早くなっちゃったなー。
日暮れまで30分ほど、サーフカヤック。風が強く、波にパワーが無い。まだサーフカヤックに慣れてないので、波は小さくてパワーが無いほうが、私にとってはいい。でかい波はまだ怖い。

夜はアニキと通院好きさんと、フリーウェーブから徒歩3分にできたダーツ&プールバー「Bee Hive」で夕飯。いや~、イイたまり場ができたわ!
世界の大西さんいわく、「サーフタウンにプールバーはつきもの」だそうです。
夜行性の通院好きさんは、昼間はいつもダルそうだが、夜になると元気。
通院好きさんのダーツ姿はカッコイイ。君のこと、初めてカッコイイと思ったよ。
f0164003_10183579.jpg



(御岳の川地図)
yodamanさんが作成。御本人に許可をいただいたので紹介いたします。
説明文がわかりやすい。御岳を下ったことのない人や、全容がつかめてない人にはすごく良いと思う。

放水口~沢井
沢井~軍畑

by ya-ri-sa | 2008-09-28 21:18 | 川部 | Comments(5)  

ミソギ

調布橋 -2.39
おひとりさまのミソギ。
午後3時半から始めたけど、気温が低くて、半袖では寒かった。
上沈をたくさんするし、つかまり気味。1時間半で降参~。
ひとりだと心細いせいか、ミソギが大きく見えて、なんだか怖かった。

カートのバウ刺し時に「ポップアップしてるよ」って、よく指摘されるけど、動画で見るとそのとおり。刺した後に押さえがきがずに、抜けちゃってる。
刺さると、「キャー!刺さっちゃった!」って、びっくりして逃げちゃう。
動画:つまらない動画でごめんなさい・・・。

♫ BEAT CRUSADERS 「Nampla」

1回目はポップアップ。2回目はしっかり押さえたが、2エンドから3エンドへの動きが無いので回転しない。
ループも同様。幾春別川・三笠ホールでみやさんとひとみちゃんに最後までしっかり刺すようにアドバイスもらったけど、動画を見るとまだまだ逃げちゃってます。
続々とルーパーが誕生してるというミソギ一段目だけど、ワシにもできる日が来るんじゃろか・・・。

ひさびさに「池谷精肉店」で、つけ麺600円。
f0164003_2255516.jpg

by ya-ri-sa | 2008-08-22 22:57 | 川部 | Comments(2)  

御岳  グラテラスでキャンドルナイト

調布橋 -2.44→-2.42

わーい。御岳だ。久しぶり。
夏の土曜日の川はカヤッカーの他にも河原で遊ぶ人がたくさん。
寒山寺駐車場でふりっぷさんに出会ったので二人で放水口~ミソギ。
エディキャッチしたりバウ刺ししたりして、遊びながらダウンリバー。
途中、沈脱した人のカヤックが岩にひっかかってしまっていた。男の中の男・ふりっぷさんは、すぐにボートから降りて駆け寄り、岩からカヤックをはがした。また友達が増えました。


今日のダウンリバーはダメダメだった。エッジ食われて、沈しまくり。バタバタ漕いでるわりにはボートが進んでいない。ラインもめちゃくちゃ。エディも入れない。入ったと思ったらボイルで沈。こんなんじゃ大きい川へ行けないぞ。あーあ。


ミソギは10人くらい。
ミソギ一段目で、カートとループに挑戦。ループというよりエンダーばかり。アドバイスをいただいた直後に一回だけループできた。
鳥沢ホールなんかでもそうだが、トップにいることができずにボトムに落ちてしまう。それで、サイドサーフィンのままだったり、バウを食われたり。上沈したくないあまり、エッジのかけすぎのようす。エッジをかける角度を調節すること、加重するのと加重を抜くこと。できるかなあ・・・。今後、いろいろ試してみます。

夕方になって疲れてきたら、「みだれ髪」メイク!(説明:みだれ髪とは・・・ホールなどで女性がヤラレている時に、三回連続で上沈したら成立するムーブ。5月井田川大会のヤギさんのMCで命名された。狙ってできるものではない。)
みだれ髪をメイクしてしまい、危険な予感がしたので終了~。

ダウンリバーもスポットも、御岳は手ごわい! 顔を洗って、出直しだ。


顔を洗いに「河辺温泉 梅の湯」へ。


今夜はグラビティのウッドテラス(通称:グラテラス)でロウソクの灯りのもとで食事会。14人いたうちの8人が女性。女性が集まってくるのがグラの特徴。女性が多いのはいいねー。
御岳の料理人sugi氏がお好み焼きを焼いてくれた。
イカイダ氏によるBarイカイダも開店。さっぱりした口当たりで飲みやすいのにアルコールはしっかりきいているというエロいカクテルをいろいろ作ってくれた。
いろんな話して大笑いしたが、内容はあまり覚えていない。わらぼうしさんの話題がよく出た。その場にいないのに話題の中心になれる彼の愛されっぷりがよくわかる。わらぼうしさんが不在だったため、いばさくさんがイジられるはめに。いばさく氏のあさり蒸しもおいしかったです。

花火
f0164003_21491930.jpg

by ya-ri-sa | 2008-08-02 23:46 | 川部 | Comments(6)  

御岳→鳥沢ホール  プチ増水オモロー!

調布橋 -2.24
放水口~軍畑。3時間かけて。3人で。
その名のとおり放水口からたくさん放水されていた。
エディキャッチしまくってDR。いつもフェリーできる瀬ができなかったり。エディラインでこけたり。
スターンスクオートができない。後傾しちゃってるんだな。
増水するとラクダ岩はキーパーホールになると噂には聞いていましたが、今回、自ら体を張って突入して調査したところ、たしかにキーパーでつかまりました。お気をつけあれ。

通院好きさんが顔色が良くないので聞くと、「体調が悪い」とのこと。
それを聞いて安心した。「体調が悪い」、それは通院好きさんのニュートラルな状態である。
それ以外は「すごく体調が悪い」または「すこしだけ体調が悪い」しかない。
いつもどおりってことね。安心しました。
来月、一緒に京都に行くまでに「すこしだけ体調が悪い」に調整しておいてね。

水位が上がると、別の川に来たようなお得感あり。
もう10cm多い水位も下ってみたい。
プチ増水御岳、オモロー!
(Oc,Nkm)


ゴールして、大月の水位をチェックするととぐんぐん上がってるじゃないの。GO。
f0164003_22243257.jpg

大月 2.24  指標となる右岸側の岩が周期的に水をかぶる。
2.0前後しか経験したことがないので、多めの状態をみてみたいなーと、以前から思っていた。
いつもとかなり違う。幅狭になって掘れてるウェーブホールのような感じ。

「サーフィンの切り返し」と「走らせる感じ」をテーマにしたが、切り返しはちょびっと分かりかけたが、走らせる感じはつかめないまま。

この水位はマックナスティがやりやすいそうです。
わたしはスピンしかできないけど、乗ってるだけで楽しい~。
上沈しても頭を打つことがなく、へたっぴにも安全な水位でした。この水位、また来たいなあ。ダウンリバーもしたいな。
プチ増水鳥沢、オモロー!

雨の一日だった。秋山温泉で温まって帰る。

by ya-ri-sa | 2008-06-29 23:46 | 川部 | Comments(2)  

水上→長瀞→御岳  関東ダウンリバーフルコース

5月31日
湯原 3.5
前日から雨で関東各地プチ増水。でも、ダムで調節してるので、雨が降っても水量が増えるとは限らないのが水上の悲しいところ。今日も、水上は思ったほど増えず。湯原3.5~3.6。うーん、4m超えしなかったか・・・。

午前9時、月夜野親水公園に集合。Dさん、Nさん、わたしの3人。
紅葉峡~銚子橋×2本。
エディラインやボイルでコケまくり。いつもだけど・・・。
下ったというより流されているだけなんだなー。
今年は水上は3回。4.1m、3.0m、3.5mと50cmずつ違う水量でいい経験になりました。来年は沈が減りますように・・・。
霧雨の降る中を、青々とした木々を眺めながらダウンリバー。途中、荒れ気味のフワフワのウェーブあり。1回だけスピンできた。

昼食は喫茶店・焼きカレーの店「亜詩麻」で焼きカレー。欲張ってピザも頼んで、腹いっぱい。
f0164003_14233192.jpg


今日の水上は「リバベン」の開催日。由緒あるラフティングの大会「リバーベンチャー」だそうです。学生・社会人のラフトチームや2人乗りダッキーなど、たくさん。
夜はスキー場「ノルン」でリバベンのイベント・キャンプがあるので、そこにまぎれこむ。
イベントは学生ノリ。大学名を叫んだ後に、酒・焼酎の紙パックを一気飲みが主流。
ステージ上の司会も何か話し終えたら、一気飲み。学生によるショートコントもネタをひとつ終えるたびに一気飲み。とにかく一気飲み。
今日の予選の順位発表。我らが(?)チームGの「ALL BACKS(オールバックス)」は最初から最後まで後ろ漕ぎという暴挙にもかかわらず、なかなかの順位。
「全て後ろ漕ぎ」なので「ALL BACKS」。40組以上出場した中で、そんなやつらは彼らだけ。本気でふざける。そんな姿勢がグー。

続きを読む

by ya-ri-sa | 2008-06-02 21:21 | 川部 | Comments(0)