タグ:ブロッケン ( 2 ) タグの人気記事

 

ブロッケン

7/9
長瀞で関東大会が開催された前日に、関東「裏」大会が開催されていたことを、あなたは御存知だろうか。場所は東日本最大のブロッケンウェーブ。「裏」東日本大会と呼んでもいいかもしれない。東京、埼玉、群馬、福島、千葉から5人が集まった。いづれ劣らぬ猛者たちだ。
現場に向かう車中で恐ろしい話を聞かされる。バックウオッシュに捕まると沈脱しても出て来れないとか・・・。

東日本王者はいったい誰だ!?
ブロッケンの動画

えーと・・・。残念ながら、水量が多すぎて乗れませんでした・・・。3年前に来た時は、水が増えきらず本来の姿を拝むことはできなかったけど、乗れただけマシだったのかも。というわけで、ブロッケンには今のところ0勝2敗です。

2キロくらいのプチダウンリバーして終了。短距離とはいえ初めての区間を漕ぐのは嬉しいです。川霧が濃くて、これがブロッケンの名前の由来かと納得しました。

・モッキーさん(sannakiブログ)の草刈り機の威力がすごかった。回送もありがとうございます。そのうえ、熱中症になったアホの看病までも。

・私が熱中症になった。汗が出るな~暑いな~と思ってたら、脱力、目の前が白くなり、フラフラになりダウン。一時、騒然となる。クーラーのきいた車内で休んだらすぐに治りました。お騒がせしました~。

by ya-ri-sa | 2011-08-18 09:19 | 川部 | Comments(0)  

ブロッケン→長瀞  小滝エントリー成功記念日

14日
行ってみなければ出るか否か分からない博打なウェーブへ、Dさんに誘われる。
朝、道の駅はなぞのに、Dさん、Nさん、わたしの3人が集合。福島県の只見の現地に11時着。他にも2人が着いていた。

さあ、きょうは当たりかな?はずれかな?
少しずつ放水されているようだが、水が足りない様子。しばらく待ってみたが、あと50cm~1m以上は増えないとダメだという。そこまでは、増えなさそうだな・・・。きょうははずれでした。

はるばるここまで来たのだから、とりあえずやるか~ということで、5人で乗ることに。
バックウオッシュが無いので、トップへ上がるとすぐ出されてしまう。最も長乗りできた人で30秒くらいで、フロントサーフィンとブラント。
わたしは5秒くらい。高さはかなりあって、掘れてる。本来の姿になると、それがもっと大きくなって、横幅も広がるらしい。
ダムから出て間もない水なので冷たい。6月で頭キーンです。

帰りに新潟県小出市の「ごはんや」という定食屋で夕飯。わたしはアジフライと刺身定食。ほくほくのアジフライが2枚に鮮度の良い刺身6種に魚沼産コシヒカリごはんで800円だった!安~。

はなぞので解散。わたしとNさんは長瀞駐車場泊。Dさんは千葉~新潟を日帰りなので、帰っていた。きょう、彼は10時間運転して、ウェーブに乗ってた時間は合計でも10分弱。ようやるわ・・・。


写真:ベストな状態の時は、中州が全部隠れるくらいの水量らしい。
f0164003_21492957.jpg


(Dc,Nkm,Isg,Hur)


15日
玉淀ダム 朝46トン→午後43トン
鉄橋下~クツナシ
鉄橋下に2時間近くいた。スピンができない。1回転できても2回転目ができない。パドルで無理やり回そうとしてるみたい。
鉄橋下でうっちーとトロ5さんと合流。トロ5さんは漕いでる間にH2Oのパドルの角度がずれて0度になってしまい、テンションが下がり、ブルーになっていた・・・。

ステミ、スピンホールはいまいち。さくらウェーブは姿なし。
おやおや、小滝に乗ってる人たちがいる。どうやら遊べるみたい。朝より水量が変わったのかな。
クツナシに車があるので、そそくさと小滝を失礼してダウンリバー。
洗濯機ホールもいまいちで人がいない。クツナシでゴール。

休憩後、小滝で2時間ほど過ごす。午後3時には玉淀ダム43トン。
先月の小滝デビューは全てエントリーミスという悲しい思い出だったが、今日はエントリー率が上がったー!エントリーのコツがつかめたみたい。
エントリーして、サーフィンで4切り返しくらいできたのが4回くらいあったかな。それで充分うれしいっすー。

スピンが偶然できたけど、できたというよりも、回された。自分で無理やり回すより、水に回していただく謙虚な気持ちがいいのか。
トップから滑る時にオーリーしてみたけど、跳ねなかった。荷重が足りないんだろう。

きょうは満足。エントリーミスが続いたら、すぐ帰っちゃおうかな・・・、なんて弱気だったけど、入ってみて良かった。苦手意識が薄れました。
「初めて手をつないだ日」みたいな感じで、なんでも記念日にしちゃおう。きょうは「小滝エントリー成功記念日」だ。


きょうは一度も頭を打たなかった。ホッ。

by ya-ri-sa | 2008-06-15 22:41 | 川部 | Comments(2)