<   2018年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

Doubtful Sound ・ NZ写真おまけ

前回までのブログで、山と川を満喫したことをお伝えしました。今回はシーカヤックと、その他のオマケの写真です。
「海外リバーカヤッキングに持参する物」というテーマも書く予定でしたが、後日に別記事で書くことにします。

Trecking 


Kayaking



・旅程
12/25  北島の国際空港 Auckland で入国した後、国内線に乗り換えて南島へトレッキングのベースとなる町 TeAnau へ。  
12/26-28 Kepler Track 二泊三日
12/29  休養日
12/30-31 シーカヤック一泊二日。Queenstownへ移動 
1/1   空路で Nelson へ。レンタカーで Muchison へ。
1/2-1/5 Murchison滞在。四日間リバーカヤッキング。
1/6   北島へ戻り帰国

2人とも長い休みがとれたので、欲張りな旅になりました。
そもそも主目的はトレッキング(トランピング)だったんだけど、どうせNZ行くならリバーカヤックもやりたいよねって話になり、それからシーカヤックのキャンプツアーにも参加しちゃおうってことになり。結局、「山・川・海」を制覇してしまったのです。欲望は果てることがないのです。なにもかも手に入れたいのです。


・Doubtful Sound

一泊二日のコマーシャルツアーに参加しました。場所は南島の南西部のフィヨルド地方のダウトフルサウンド。太古に氷河によって切り刻まれた深い海岸線が続くエリアです。
担当ガイドはJeff。若いけれどプロ意識があり、ゲストへのサービス精神と適度な距離感を持つ、良ガイドでした。リバーカヤックもやるので、後日に私たちが行く予定の川の情報も教えてくれました。サブちゃんぽい感じ。
f0164003_15241743.jpg

登山ベースとなるTeAnauの町からは、湖をボートで横断してから、さらにバスで山道を越えて、やっと海岸線へ到着できるので、昔ならば秘境でしょう。

フィヨルドの深い海岸線
f0164003_15255090.jpg

レンタルで用意されてる物はキャンプ道具だけでなく、パドリングジャケット・ウエットスーツ・ドライバッグなどのカヤックギアも、さらに陸上での防寒シャツや帽子まで貸してくれます。ギアは清潔で破損などはありません。
カヤッカーは私物のギアを持っているかもしれませんが、こういう時に自前のギアを着て他の客と差をつけるのは野暮ってもんです。恥ずかしがらずに観光客気分にどっぷり浸かり、貸与された物をすべて着用しましょう。
f0164003_15272173.jpg

残念ながら天気は曇りおよび小雨。地形的に晴れることは少ない場所らしいです。
さあ、漕ぎ出します。雨と霧で神秘的な雰囲気です。
f0164003_15260482.jpg

湾奥なので波もウネリもありません。カヤック初心者でも参加できます。
Jeffが担当した我々のグループの参加者は4組8人。アメリカ人の夫婦、イタリア人の夫婦、インド人の従兄弟、日本人の女ともだち。各組がダブル艇に乗り、Jeffはシングル艇。幅広の艇なので、初心者でも沈することはないです。カヤック未経験者もいましたが問題なく漕いでいました。
f0164003_15261333.jpg

一日目の漕いだ距離はかなり短い。たぶん4kmくらい。雨が強くなってきたので、早めの上陸でした。
f0164003_15272681.jpg

漕いでる姿の写真はありません。私たちは防水カメラを持参しなかったので。
日本の有料ツアーだと写真を撮って画像をプレゼントしてくれるサービスありがちですよね。そんなサービスをうっすら期待してましたが、そういうのナシ。

ダウトフルサウンドの湾内には、ツアー会社によって常設されたテントエリアが複数箇所あります。干満差はほとんど無いようで、テント浸水の心配はないらしく、海岸からすぐ近くの低い場所に、タープ・共用テント・エコトイレが設置されてました。
f0164003_15304152.jpg

カヤックはタープの下へ運び入れた
f0164003_15302461.jpg

各組にテントが配られて、各自で張ります。
午後は大雨になったので、やることもなくて、ずっと昼寝してました。
f0164003_15305839.jpg

夕飯の時間になると共用テントに集まります。夕飯といっても、食事の提供はありません。ツアー中の3食(昼・夕・朝)は全て持参しないといけません。
日本のキャンプツアーだと食事は用意されてるのが通常ですので、意外でした。しかし、考えてみれば、世界中から客が集まるような場所ですので、宗教や食生活が異なるし、食品アレルギーもあるわけで、すべての人に合う食事を提供することは不可能ですな。「みんなで同じ行動する・同じものを食べる」という日本人の感覚はちっとも世界標準ではないのですね。

食事の時間に他の参加者の話を聞くのが面白かったです。参加者それぞれに個性があり、お国柄も出ていました。
f0164003_15305322.jpg

翌日は雨はやみました。昨日と違うコースを漕いで、スタート地点へ戻りました。前日の雨のおかげで、あちこちの崖に滝が流れ出しており、漕ぎながら滝シャワーを浴びるのが楽しかったです。
f0164003_15312525.jpg

穏やかな海況でしたが、ほんの一部分だけ(100~200mの距離)、強風の中を漕ぎ抜けなければならない場所がありました。Jeffの完璧なインストラクションで、4組とも無事でした。
Jeffは専業の正社員ガイドではなく、おそらくヘルパー的アルバイト。しかし、彼一人で1グループを任せられており、彼の裁量で判断してる場面もあることから、一定水準を満たしたガイドとして社内で認定されてるのでしょう。定まったガイド育成システムがありそうです。

利用した会社は「Go Orange」。クルーズ船、ラフティング、シーカヤックのツアーを開催する、南島では大手のカンパニーです。
食事や写真撮影という日本的なサービスは無いけれど、それって必須じゃないですよね。それよりも、「送迎から解散までの正確なオペレーション・一定水準の質のガイド・十分なギア類のレンタル」を提供することによって、「アウトドア初心者でも秘境の大自然を満喫できる」ように完成されたツアーに感心しました。
f0164003_15312087.jpg

普段からシーカヤックやキャンプをしてる人にとっては、短距離では物足りないし、常設テントでは味気なく感じるでしょうから、このツアーはおすすめしません。しかし、アウトドア経験の少ない家族や友人と一緒に旅行した時には、大自然に一緒に感動することができる良いアクティビティとしておすすめします。

旅の前半の登山と後半のリバーカヤッキングは自分たちでマネジメントしたので、それは自由である一方でプレッシャーでもありました。コマーシャルツアーは全部お任せできるので、自分で考えなくていいのが気分的にラクでした。山と川の自力ツアー合間に、海の他力ツアーを入れたのは、オオバちゃんのナイスアイディアでした。



・NZ写真おまけ

登山の前後はドミトリー泊
f0164003_15362607.jpg

キッチン・ダイニングでは、各国からの旅行者たちが料理・食事をしています。簡単な調理をしてる人々が多いなか、中国人男性6人組が、大量の食材を用いて、1時間以上かけて複数品の美味しそうな料理を山盛りに作り、楽しそうにモリモリ食べてました。旅先でも手抜きせずに食事にこだわる姿勢・中国人パワーに、私たちは感銘を受けました。その男性たちと勝手に記念撮影。
f0164003_15534041.jpg

私たちも負けじと小さなコッヘルで調理。
NZに来たら Green Mussel。これで白ワイン飲むとサイコー。オオバ氏の火加減が上手。
f0164003_15534510.jpg

下山後には休養日を設けました。私は電動モーター付きマウンテンバイク(E-BIKE)レンタルして、のんびりサイクリングしました。ダブルトラックの砂利道が大半だけど、一部にはシングルトラックの林道もありました。
f0164003_15384250.jpg

半袖で登山してたオオバ氏の日焼けがヤヴァイ。
f0164003_15514080.jpg

大みそかはクイーンズタウンで。町の中心部には人々が集まり、年越しの瞬間はカウントダウンして、日付が変わると花火が上がった。
あふれるほど大勢の人が歩いているなかで、シーカヤックで一緒だったインド人の従兄弟と偶然再会してビックリ。
パーリーピーポーたちが深夜まで騒いでいました。
f0164003_15384725.jpg
うちらも負けじとパリピ。
f0164003_15532867.jpg

ほとんど自炊していましたが、帰国する前夜はNZ最大の都市オークランドで、奮発してレストランで最後の晩餐。イケてる店・ホットな店で食事をしたいという私のイナカッペな希望に応えて、オオバちゃんがオシャレなレストランを予約してくれました。内装もウェイターも客も、みんなイケてる。料理の盛り付けも綺麗で、おいしーい!
f0164003_15385597.jpg
写真の右上の釜揚げシラスみたいのが、初めて知った魚で white bait。オムレツがベスト調理法。日本人好みの味。またNZへ行って、食べなきゃ。

芋が好きなオオバちゃんは、イケてるレストランに来てまでフレンチフライを注文していた。いいんだよ、好きな物をお食べ・・・・
幸せで、目がイっちゃってる。
f0164003_15405137.jpg

Trecking では、美しい眺めを堪能した。
f0164003_15564853.jpg

Kayaking では人に恵まれた。
f0164003_15565806.jpg

良い経験ができたのは友のおかげ。友よ、ありがとう。
f0164003_15350654.jpg

by ya-ri-sa | 2018-01-06 11:54 | 川部 | Comments(0)  

Buller river, Matakitaki river

年末は Kepler Track でトレッキングした後は、シーカヤックでの一泊キャンプツアーに参加しました。その様子は次回に書きます。

それから大みそかは Queenstownで年越し。元日に飛行機でNelson空港へ移動し、レンタカーでリバーカヤックのメッカ Murchison の町へやってきました。

山→海→川です。なんと欲張りな旅なのでしょう。

マーチソンでのカヤック情報は事前にセイコちゃんが教えてくれました。川のこと、現地のこと、いろいろ教えてくれて助かりました。
残念ながら、この夏(日本は冬)は雨が降らなくて渇水が続いてるという前情報あり。
でも、「私たち二人だけ・ガイド無し」「初めての川」「海外」という条件を考えると、渇水でちょうど良いかもねと話していました。


DAY 0
宿泊したのは Riverside Holiday Park というキャンプ場で、テントサイトとオートキャンプサイト、それからキャビン(小屋)があります。
私たちは小屋に泊まりました。小屋は狭くて簡素でベットのみ。シャワー棟と、キッチン&ダイニング棟があり、そちらは清潔が保たれています。
到着したらカヤッカーがたくさんいました。さすがメッカ。
f0164003_17335166.jpg

カヤックを借りに、「 The New Zealand Kayak School 」

f0164003_18523209.jpg
f0164003_17030438.jpg

レンタルカヤックはほとんどクリークボート。標準体型の日本人男性なら選択肢は多いです。ただし、小柄な人向けのものは少ない。これはどこへ行ってもそうですね。フィッティングのためのウレタン破片が用意してあるので、それで調整しました。
今回はすべてレンタル。ヘルメット、ライジャケ、スプレースカート、パドル。ひととおり揃います。

The New Zealand Kayak School、名前が直球ですよね。スタッフが複数いるし、きちんと管理されており、しっかりした老舗の印象でした。敷地内に宿泊施設もあるので、ここに滞在してスクール受講するのも良さそう。

ショップも併設されており、川のガイドブックを購入できました。このガイドブックが優秀で、プットインとテイクアウトの場所、瀬の説明、水位、クラスが記載されています。(チリにも同様のガイドブックがあります。チリ版を探してます。所有されてる方いれば連絡ください)
Whitewater NZ というサイトもあり、ここでも情報を入手できます。こういったガイドブックやサイトがあるのはカヤック先進国ならでは。
f0164003_18172264.jpg

この日はガイドブックを参考にして、私たちでも下れそうなclassⅡの区間を下見に行き、明日と明後日に漕ぐ場所は決まりました。



DAY 1  名無し区間@Buller river 約2km
ブラー川には初級者向けの Doctors creek run という区間があるのだけど、そのゴール地点を今回のスタート地点としてプットインして、宿泊してるRiverside Holiday Park でテイクアウト。
スタート地点に一級の瀬があるだけで、その後は瀬はありませんでした。初心者でも下れる区間です。
レンタルしたカヤックのフィッティング確認目的で漕ぎました。

オオバ氏は FUN1.5を選んだ。
f0164003_17024358.jpg

私は Bllis-stick の RAD。NZといえばブリスティックでしょ。
f0164003_17025644.jpg

唯一の瀬
f0164003_18275054.jpg

ケチって小さい車を借りた。ケチらずに大きな車を借りればロングボートも入れられたかも。
f0164003_18432114.jpg

ゴールしたらキャンプ場で自転車を借りて、車を取りにいきました。
f0164003_18562978.jpg


DAY 2   Middele run @Matakitaki river 約5km
ブラー川の支流のマタキタキ川の classⅡの区間。水量が少ないので実際はclassⅠくらいでしたが、初めての川なので緊張しながら下りました。
私は年に数回、ソロダウンリバーすることを自らに課していますが、その経験がおおいに役立ってると実感しました。
ソロは、「初めての川を安全に下る」ための良いトレーニングになります。

マタキタキ川は水が綺麗との評判どおり
f0164003_18435608.jpg

f0164003_18563501.jpg

たいした瀬じゃないけど、一応スカウティング
f0164003_18564103.jpg

途中、手頃な大きさのホールがあったので遊ぶ。スカートのサイズがコーミングに合っておらず、水が入ってくる。下流は瀞場なことを確認した上で、思いきりバウを刺してみたら、やはりスカートが外れて沈した。2017年に続いて2018年も沈脱ゼロを目標としてる私は、根性でロールして起き上がり、大量に水が入ってスターンが水没した状態だったが、根性で岸まで漕ぎつけた。よし、脱いではいないのでセーフだ。まちがいない。

次回の記事に書きますが、「ぼくの考える海外リバーカヤッキングに持参すべき物」第一位はスプレースカートだ。それを自認していながらも、今回は登山もするので荷物を減らしたくてスカートを持参しなかった。その結果、適切なサイズのスカートが借りられず、スカートが外れる不安を感じながら漕ぐことになった。やはりスプレースカートは要持参。

ゴールしたら5kmを歩いて回送。強い日差し。暑い。日本が冬だということはもう忘れた。
f0164003_18564518.jpg

さて、明日以降はどこで漕ごうか。「二人だけでも安全で」、「車一台でも回送できる」、そういう区間を探さないと。
そんな会話をダイニングでしていたら、「ぼくたちと一緒に漕ぐ?」と声をかけてくれたグループがいました。オーストラリアから来た、男子2人、女子1人の、20歳代半ばの3人組でした。

サラ・ルーク・パッティの3人はカヤックを始めて2年目くらい。今まさにドハマリしてるところらしく、もっと上手くなりたい・あちこちへ漕ぎに行きたいといった様子でした。職業は教員で、夏休み期間なので長めの休暇が取れたとのこと。

同じオセアニアでも、水資源が豊富なNZに比べて、AUS本土は降水量が非常に少なくて、川に水が無いそうです。
リバーカヤッカーの数も多くはなくて、安定したスポットが無いのでフリースタイルはあまり盛んではないそうです。
そう言われてみるとフリースタイルの世界大会でもAUSの選手は少ないし、大会が開催されたこともあるけどシドニーオリンピックで使用された人工コースでしたな。
南の離島・タスマニアは降水が比較的多いそうな。

AUS本土に水が無くても、NZが近いのはうらやましい。まだカイツナ川は行ったことがないと言うので、オオバちゃんが Kaituna Kayaks のガイドのブラッドリー氏を紹介してあげてました。
次のシーズンにはチリへ行く計画だそうで、オーストラリアからでも遠いだろうけど、日本から南米に行くのに比べたら半分くらいの時間で着くだろうな。

翌日からの三日間は、彼らと私たちの計5人でダウンリバーしました。おかげさまで充実したカヤッキングができました。



DAY 3   O'sullivan's to Ariki @Buller river

3人組はレンタカー2台で行動してるので、私たちの車を出さなくても回送もできちゃう。ありがたや・・・
f0164003_19261456.jpg

オーサリバン区間は、ブラー川の代表的な定番区間。ガイドブックではclassⅢ~Ⅳとなってるが、水量が少なかったのでⅡ+~Ⅲくらい。
ほどよいテンポで瀬が現れて、今回の水量なら難しい瀬は無い。通常水位で下ってみたい。川幅が急に狭くなる箇所があるので、水量の多い時は今回とはだいぶ異なりそうだ。
f0164003_19274044.jpg
途中でウェーブがあり、30分ほど滞在。私がクリーンサーフィン・スピン・ラウンドハウスをしてみせたら、オージーたちから「コヤツ、やるな・・・」という反応。先述のとおりフリースタイルする人をあまり目にしないからのようです。

パドルを回して、ニンジャサーフィン(?)する私
f0164003_19263240.jpg

ゴールには Ariki falls という小滝があります。落差3mくらい。滝は下らずに手前で上陸した。もう少し水があったほうが良さそう。
f0164003_19262693.jpg
この小滝を一生懸命にさかのぼろうとするウナギの稚魚がたくさんいました。見た目がニョロニョロ系なので気持ち悪いですが、水しぶきがかかる岸壁の岩をつたって、ミミズくらいの稚魚が登っていくことに驚きました。

昼休憩して、午後も同じ区間を下りました。

動画。 ウェーブでのサラ→ルーク(私のRADを貸した)→Ariki falls




DAY 4   Earthquake run @Buller river

昨日のオーサリバンよりも下流の区間。ブラー川は上流だから難しいとか下流だから容易ということもないです。

動画。 メインの瀬の全景→パッティ(お上手! 0:13で水がかぶった岩に当ててる。)→ルーク(パッティと同じラインを狙ってたけどボテッと落ちてしまい、ヤル気を失って首をかしげてる。)→別の瀬でのルーク




ブラー川の支流の Maruia river の、 Maruia falls を見物しに行きました。
f0164003_19444226.jpg

ラッシュ・スタージェスなど有名カヤッカーももちろん、日本人でここで滝落ちしてる人も結構いるようです。滝落ち動画を見ると迫力あるのですが、やったことある人に聞くと、見た目の迫力ほどは難しくないのだそうです。
f0164003_19443735.jpg

渇水でカッツカツ。水量が少なすぎて、入り口が限られてます。
f0164003_19444905.jpg

滝落ちするカヤッカーがプットインするための小道に、こんな看板がありました。「この先、立ち入りはカヤッカーのみ。この先へ行っても滝は見えません。」って。公的な看板に Kayakers only と書かれるとは~。ゼロリスクの日本だと、「川は危険です!川に近づかないで!立ち入り禁止!」って看板ばっかりだ。
f0164003_19445551.jpg


DAY 5  Granitiy creek run @Buller river
オーサリバンと同様に、定番の区間だそうな。約7km。ゆるい流れで、長い瀬は2カ所くらい。
f0164003_22202789.jpg

メインの瀬を左岸からスカウティング。ポーテージするなら右岸から。
f0164003_21542312.jpg
サラとオオバちゃんはポーテージ。無難なコースは、動画のパッティが下ってるように、中央の本流をまっすぐ。


無難なコースは退屈だと思った私は、ポアオーバーの岩を通り過ぎたらすぐ左折して左岸エディに入ってからまた本流へ戻るコースを思いついた。余裕でできる自信があって実行したのだけど、男子2人には私が誤ってあらぬ方向へ向かっていると心配させてしまったらしい。心配させないように、漕ぎ出す前に意思を伝えるべきだった。

午後はオーサリバン区間を下った。

ほかの川(たぶん Mangles river)も下見にいったけど、少なくて浅くて漕げず。渇水の御岳や長瀞のような写真。
f0164003_22202120.jpg

お別れディナーでオオバちゃんが巻き寿司を作ってくれました。
f0164003_21545334.jpg

おいしかった。オージーたちもとても喜んでくれました。
f0164003_21552370.jpg

ナイスガイの彼らのおかげでマーチソンで充実の日々を過ごせました。感謝!
f0164003_22191709.jpg
オーストラリアに行ったことないけど、オーストラリア人にとても良い印象を持ちました。海外旅行時は、自分もそう思ってもらえるように行動しようっと。

ワイングラスが無かったので、アイスクリームカップを古代ローマ時代の聖杯に見立てて飲んでいたら、「えーと、君たち・・・それはワイングラスじゃないけど大丈夫かな・・・?」ってオージーたちが遠慮がちに指摘してくれた。優しい。
f0164003_18591014.jpg

マーチソンでのリバーカヤッキングは以上です。
次回は、Doutful soundsでのシーカヤッキングと、"ぼくの考える海外リバーカヤッキングに持参すべき物" 、について書きます。


ニュージーランドで漕いでみたい人は、今年の年末に class5のニュージーランドツアーが企画されてますので、問い合わせてみてはいかがでしょうか~


by ya-ri-sa | 2018-01-05 16:44 | 川部 | Comments(0)