<   2017年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

Kepler Track @NZ南島

年末年始にニュージーランドの南島でTrecking & Kayaking をしました。
トレッキングの様子を写真多め・文章少なめでリポートします。カヤッキングについては次回に書きます。

私はNZを訪れるのは4回目になります。初回は12年くらい前に南島エイベルタスマンでシーカヤック、2回目は2008年にスピリットのツアーで北島リバーカヤック(カイツナ川、その他)、3回目は2年前 に町民とオオバ氏とカイツナ川。

初めて訪れた時に、NZのトレイルが世界的に有名で、山歩きを楽しむ人々が世界中から集まると知りました。
エイベルタスマンにもトレイルがあり、シーカヤック&キャンプをした際に短時間だけトレイルを歩きました。その時に、歩きやすくきれいに整備された道に感心するとともに、道が整備されてる理由は、それ以外の場所には踏み入らないようにして自然保護するためということも知りました。国家公務員であるレンジャーがキャンプ場や小屋を巡回しており、国を挙げて国立公園が守られているエコツーリズム先進国であることも知りました。
いつかNZの山歩きをしてみたいなあと、あこがれていました。

今回、オオバ氏が「NZのトレイルを歩きたい!一人でも行きます!」と発案されたので、ご一緒させてもらいました。期待を裏切らない素晴らしいトレイルでした。

f0164003_13243010.jpg

二泊三日の行程。ケプラートラックは三泊四日が推奨されてるのですが、三泊目の山小屋が予約できなかったので。自然保護のために山に入る人数を制限するべく、山小屋は要予約となっています。


DAY1
f0164003_13235236.jpg

スタート地点
f0164003_13251719.jpg

澄んだ青い空。紫外線が強いです。
オーストラリアなどオセアニアは世界でも最も紫外線量が多い地域です。
f0164003_13535739.jpg

最初は森の中を抜けていく
f0164003_13244276.jpg

ほとんど平坦で、徐々になだらかな坂道へ
f0164003_13541553.jpg

まだまだ元気
f0164003_13255508.jpg

葉の形が珍しい
f0164003_13543274.jpg

NZは動植物に固有種が多く、森の雰囲気も日本とは異なります
f0164003_13545145.jpg

大きな崖の下に人がいるよ
f0164003_13552764.jpg

森が終わり、木が低くなってきた。それでも坂道はなだらかで歩きやすい
f0164003_13550852.jpg

花は少ししか咲いていません。ときどき現れて、和ませてくれます
f0164003_13594761.jpg

一日目の山小屋の Luxmore Hut が見えてきた
f0164003_13302535.jpg

水とコンロの設備があり料理できます。夕飯が終わると、常駐レンジャーから明日の天気や道程などのインストラクションがあります。2日目の行程で、高所に住む鳥「KEA」を見ることができるだろうと。

山小屋は簡素ですが、最低限の清潔は保たれ、設備が管理されています。日本で山小屋というと、カビ臭くホコリが多くて汚いイメージ。

一階の食堂は暖房がきいてるけど、二階の寝室は暖房は無くて、軽量化のために薄手の寝袋を持参した私は寒かった
f0164003_13523129.jpg

f0164003_13523833.jpg



DAY2
朝の出発時、レンジャーのピーターが私たちが日本人だと知ると、特技の尺八を吹いてくれました。美しい音色に送り出されて、二日目が始まります。

背景はTe Anau湖。この湖の反対側にテアナウの町があり、そこから登ってきた
f0164003_14040422.jpg


ケプラートラックのハイライトは2日目とのこと。楽しみだ!
f0164003_14001770.jpg

ゴキュッ!ゴキュッ! 
ノドを鳴らして水分補給するオオバ
f0164003_14035054.jpg

高山植物、めんこい。
花をめんこいと思うようになったら中年の入り口だそうです
f0164003_14044603.jpg


ザックを置いて、ガレ場を上ってラクスモア山頂
f0164003_14053154.jpg


f0164003_14062346.jpg


奥にひときわ高い山
f0164003_14063254.jpg

山頂パノラマ
f0164003_14083537.jpg

花がめんこい
f0164003_14010481.jpg


このあとは、ひたすら絶景が続きました
f0164003_14104708.jpg

景色が美しすぎて現実じゃないみたい。
オオバちゃんが「パソコンの壁紙の画像みたい」と表現して、まさにそんな感じ
f0164003_14110591.jpg

ハイライトの二日目は天気最高。風もほとんど無し。幸運な私たち
f0164003_14112285.jpg

神に祝福されている
f0164003_14113376.jpg

きみの~ゆく道は~はてしなく遠い~
f0164003_14022648.jpg


仲良し家族の中国人ファミリー。アウトドア慣れしてるようでした
f0164003_14122886.jpg

いま年末なんだよなあ。NZは夏なので、年末感ゼロ
f0164003_14021126.jpg

KEAが至近距離に 
f0164003_14131254.jpg


ひたすら絶景
f0164003_14144596.jpg

絶景を堪能した後は、なんと一気に1500mも下る。これが辛かった。
足が痛くなりました。つらかった区間は写真を撮る気力も無かった。

ヘトヘトになって二日目の山小屋へ。Iris Burn Hut
f0164003_14152936.jpg



DAY3
三日目は高低差は少ないけど、森の中を22km歩く
f0164003_14155788.jpg


振り返ると、昨日歩いた稜線が見えます
f0164003_14161690.jpg


f0164003_14165252.jpg


谷を歩いて行くので、小さな沢が流れてます
f0164003_14201101.jpg

登ったり下ったりを繰り返して、けっこう疲れた
f0164003_14230731.jpg

朝日を浴びたクモの巣
f0164003_14232130.jpg

この小さな鳥が可愛かった。NZの鳥らしく逃げ足が遅い。
f0164003_14205032.jpg


森を抜けると、きれいな湖。
時間があれば泳ぎたかった。
予約が取れなかった三泊目の小屋はこのほとりに建つ。
f0164003_14210370.jpg


ケプラーとは別の山脈。南島の南西部のフィヨルド地方は山岳地帯です
f0164003_14213420.jpg

f0164003_14214970.jpg

ゴールが近くなってきた。山もいいけど、川も気になりだした頃
f0164003_14233311.jpg

この吊り橋でゴール。三日間おつかれさま
f0164003_14234708.jpg

ほかの登山者はほとんど英語圏の人々でした。アジア系は私たちともう一組だけ。その一組もNZオークランド在住の中国人ファミリーでした。ルートバーン・トラックやミルフォード・トラックなど有名どころなら日本人の団体ツアーもいるのかもしれません。ケプラートラックがとても良かったので、ほかのトラックもいつか訪れてみたいです。

カヤッキング編へ続く。

by ya-ri-sa | 2017-12-28 13:16 | 川部 | Comments(2)  

コンノ・木曽川DR

2017年の1月に、行動を制限すると誓いを立てた。あっちの川へフラフラ、こっちの海へフラフラ、もうそんなのは卒業だ。いままで十分に漕いだでしょ。これからは地に足をつけて生きていこう。そう思った。
具体的な目標として、「自動車の走行距離を年間2万km以内におさめる」と定めた。ちなみに例年2.0~2.3万kmなので、無理ない目標だ。んで、どうなったかというと・・・
10月の時点で2万4千kmを超えていた。例年より大幅に増えてる!アホー! 
マウンテンバイクなどで小刻みに増えたみたい。
そもそも目標を持たない人生だったし、まれに目標をたててもそれが達成されることはほぼ無い。「目標に向かって頑張る」という概念が私には無いのです・・・

2018年は、仕事や私用で忙しくなる見込みなので、大幅に減るはず。


12月の土日にナガラ方面へ。飯嶋さんと内山さんと3人で。

新美並 0.25 
水、少ない~。少ないけど来ちゃったよ~。
少ないなりに、スピンやカートに励みました。
f0164003_14063547.jpg
すぐ下流でフロントサーフィンも
f0164003_14071956.jpg

ポリ製のOC。軽量で丈夫そうです。
f0164003_14072445.jpg
f0164003_14184128.jpg

「まーた、穴が開いちゃったよう~」と嘆きながら、ヒートガンで修理する内山さんの背中が寂しい。毎回、応急処置を要するそうです。
f0164003_14185523.jpg

Nさんおすすめシューズ。サーフィン用のブーツですね。裸足で履くのではなく、ソックス付きドライパンツ着用時に履くそうです。ぴったり密着するので、シューズとソックスの間に冷水が溜まらず足が冷たくならないそうです。つま先が大きくならないのでフリースタイルボートでも足先が窮屈になりません。
f0164003_14131182.jpg


夜はとんちゃん
f0164003_14131754.jpg



泊まりは陽がほら。
その姿を見るとホッとする母屋
f0164003_14133441.jpg
隣にできたカフェスペースの建物がおしゃれ
f0164003_14133140.jpg
トイレも改装してきれいに
f0164003_14180486.jpg
朝食が楽しみ
f0164003_14132717.jpg


翌日は木曽川ダウンリバー。 たぶん今渡 1m弱

かなもりさん、やまねさん、中村さん、も加わり6人で。
f0164003_14065091.jpg
ダイトウウェーブは乗れず。
3点セットはサーフィン、スピン、できる人はブラント。
05番も形はそんなに良くなかったかな。粘れば得るものあるかも。でも、長居しませんでした。風が冷たくて退散。
f0164003_14065569.jpg
f0164003_14065903.jpg
写真は撮ってませんが、05番の20mくらい下流の本流に、形の良いウェーブがあり、やまねさんがサーフィン長乗りしてました。もしリエントリーできたら良いんだけどな~。
冬のせいか水のニオイはそんなに気になりませんでした。

by ya-ri-sa | 2017-12-10 13:56 | 川部 | Comments(0)  

長瀞 忘年会

玉淀ダム14トン 親鼻1.34

長瀞といえばひらさわさん。長瀞で99%の確率で会いに行けるアイドル。
f0164003_11383116.jpg

紅葉してます
f0164003_11384010.jpg

黄色いじゅうたん
f0164003_11370672.jpg

赤いじゅうたん
f0164003_11365663.jpg

土曜の夜はCPCの忘年会におじゃましました。20数人集まって夜中まで盛り上がりました。早朝まで飲んだ人もいるそうな。
ヒロさん力作の、今年の活動を振り返るDVDが上映された。定例ダウンリバーの映像を見ながら「初級者の○○さん、上達したよね~」とか、JFKA関東大会の動画を見ながら「アイツだけには負けたくなかった」とか、キャッキャッしながら鑑賞されてました。
f0164003_11384964.jpg

あゆちゃんVSやりさの場外乱闘が始まる
f0164003_11385330.jpg
この殿方とは初対面でしたが、会った瞬間にデキる男だと見抜いた私は、すかさずローキック連打からのコブラツイストで勝利をおさめました。次回の対決までに卍固めを練習しておきます。


日曜日はCPC運動会に飛び入りさせてもらいました。
CPC代表のウスカタ氏が言うには、大会のタイトルは「CPC杯争奪! おまえら嫁を抱いてるのか!?大会」だそうです。あいからわずブスカタ氏が言うことは意味不明です。ちなみにブスカタさんは週1で抱いてるそうです。

種目はFTR。親鼻橋下流からスタートして、フォワードストロークでスピードを競ったら、次にエディキャッチ、スターンスクォート、安全ウェーブではサーフィン、などのお題をこなしてゴールします。
f0164003_11510258.jpg

フォワードストロークをマジ漕ぎすると疲れますよね。みなさん予選は頑張って漕いでいたけれど、一本目が終わると、ほとんどの人が「もう疲れた。もう勝ち上がりたくない。早く負けたい。」と言いだす始末。二本目、三本目ともなるとパドリング回転数が著しく低下して、レース中に「どうぞどうぞ」と譲りあう場面も!
争って奪いあうはずの争奪杯は、譲りあいの精神に満ちていました。リバーラン、フリースタイル、さらに体力も求められるレースでした。
f0164003_11505636.jpg
f0164003_11511378.jpg

「まーた、穴が開いちゃったよう~」と嘆きながら、ヒートガンで修理する内山さんの背中が寂しい。
f0164003_13362352.jpg

入賞した私は、メンバーの方が彫金したカヤックのチャームをいただきました。よそ者なのに頂戴して恐縮です。
コクピット内にヘルメット、PFD、スプレースカートも入ってます。形は10スターか07スターかな。うれしいな~
f0164003_11370117.jpg
今年の秋は都合が合わずSD SPORTSの運動会に行けなくて残念に思っていましたが、このたびCPC争奪杯に参加させてもらえて和気あいあいとした時間を過ごすことができました。


ロックスターXSサイズでFTRに参加しましたが、フォワード漕いだ時の遅さに愕然としました。艇長が短いためにワンパドルで進む距離も短いうえに、前後バランスを留意し続けないとバウやスターンが潜って失速してしまう。Sサイズと比べると、水の上を滑る感覚がありません。走らせられないので、小さなドロップをブーフ気味に降りることもできません。
昨年の秋に静水専用としてXSサイズを購入して、冬に減量したら春以降は流水でも乗れるようになり、タン3段目やイクシュンなどのパーク&プレイや、御岳や長瀞など水量の少ない川の短距離ダウンリバーならXSでいいかなと思うようになりました。
「How much do ROCKSTAR XS riders weigh ?」 この記事を書いた後さらに1-2kg減らしたし、二度とデブれないように退路を絶つべくSサイズを手放すことにしました。この秋には他人に譲ることが既に決まっています。
だかしかし、今回のレースでXSの足の遅さや不安定さを感じて、あくまでフリースタイル用であってダウンリバーには適さないと思い知りました。自身の安全はもちろん、沈脱して泳いでる人をXSでは引っ張れないです。それじゃあダメだ。
クリーク用にはピラニアのBURN2を持っている。XSとBURNの中間にあたるボリュームのリバーランニングボートが欲しい。ビッグウォーターを軽快に走れるボートが欲しい。

by ya-ri-sa | 2017-12-03 11:35 | 川部 | Comments(0)