北勢溪

台湾のリバーカヤッククラブ「CLUB 222」を、playboating@jp vol.63「リサ助手のカヤッククラブ探訪」で紹介させていただきましたのでご覧ください。


特別なイベントでもない普通の休日でしたが、なぜか大集合。
北勢溪_f0164003_20331433.jpg

誕生日のメンバーがいて、サプライズでケーキが用意されてた。ほのぼの。
北勢溪_f0164003_20404101.jpg

私は北勢渓はたぶん3回目。水量は今回が一番多い。水量が多いと、川の表情が変わり、だいぶ楽しかったです。さらに増えてビッグウォーターになった時にも下ってみたい。

台湾カヤッカーたちは元気。
北勢溪_f0164003_18401600.jpg

躊躇なく下っていきます。
北勢溪_f0164003_18401929.jpg

ビビってる奴は一人もいません。
北勢溪_f0164003_20231248.jpg

漕ぎ終わったらみんなでメシ。漕いだ後に一緒に食事するのは日本でもやりますね。
北勢溪_f0164003_18530334.jpg

円卓を囲んで、大皿料理をシェアしてモリモリ食べます。
北勢溪_f0164003_20293308.jpg

笑いの絶えない食卓。中国語は分からないけど、彼らが常にジョークを飛ばし合ってるのは分かります。
北勢溪_f0164003_20314076.jpg

コミュ障って台湾にも存在するのだろうか。日本人と比べたら台湾人全員がコミュニケーション強者では。
北勢溪_f0164003_20374782.jpg

你好我好!
北勢溪_f0164003_21580948.jpg


台湾はメシウマなんですわ。
北勢溪_f0164003_18521906.jpg

私のこれまでの台湾ブログは「海外」のタグ からご覧ください。


台湾でのカヤッキングに興味がある人は、class5 台湾ツアーに参加してみてください。漕いでる時はもちろん、アフターも楽しいです。
class5ではこれまで複数回の海外ツアーが開催されていますが、参加者の中にはリピーターが毎回います。リピーターがいるということが、ツアーの満足度の高さを語っています。私も自信を持っておすすめします。
興味のある人は「参加を検討してる。何月頃なら参加できる。」という連絡を柳本さんに早めにしておけば、予定が合わせやすいですよ。

タグ:

by ya-ri-sa | 2018-10-14 18:38 | 川部 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

長良川 >>