男鹿川・那珂川

3月中旬、土曜日に男鹿川、日曜日に那珂川へ。
ご一緒くださった皆様、ありがとうございました。


男鹿川  独狐沢0.63

雪どけだ!2018シーズン開幕だ! なおかつ釣り解禁前。
f0164003_11570393.jpg

春を待ち望んでいた鹿10匹が集まった。角を表現した男鹿ポーズです。
f0164003_11571832.jpg

何度か漕いだことある男鹿川ですが、初めてのアッパー区間へ。細かくいえばアッパーの途中からかな。
f0164003_11572355.jpg

仕事・趣味・スポーツ、あらゆるジャンルでいえることですが、女性のいるグループは概して雰囲気が良いですね。女がいると足手まとい・退屈になるという意見も否定はしませんが。
女性がいるからグループの雰囲気が良くなるのではなく、女性を蔑視せず受容できる男性が所属するグループだから雰囲気が良いのでしょう。

この日の雌鹿は3匹
わたくし
f0164003_11565641.jpg
あきやまさん
f0164003_11572996.jpg
はるちゃん
f0164003_11573419.jpg

以上の写真はいただきもの。以下のボヤけた写真は私撮影です。

スタート前に回送しながら、まずは陸上からスカウティング。ミドル区間の経験者はいましたが、アッパー区間は情報が少なかったので。
滝があるという噂でしたが、これのことかな。今回はやってません。
f0164003_12062257.jpg

プットイン地点まで雪の上をソリのようにで滑っていきました。
f0164003_13154473.jpg

パドルサインとホイッスルの確認。シーズンの初めには改めて確認したいものです。
f0164003_12063256.jpg

♪春の小川は~
f0164003_12065918.jpg

♪さらさら行くよ~
f0164003_12071555.jpg

のんびり漕いでたら、こんなドロップも出てきました。私はやらず、5人がやった。
f0164003_12072570.jpg
ポーテージする人たちは左岸の崖からロープを使用して降りました。


動画


夜は宇都宮のスーパー温泉で、宴会と宿泊。飲んですぐ寝れる。



那珂川  フィッシュランド~鳥野目  晩翠橋0.40(参考) 

水量は少なくもないが、そんなに多くもない。
昨日の10人から5人が帰って1人が来て、6人で。
f0164003_14572132.jpg
f0164003_14572744.jpg

f0164003_12381585.jpg

f0164003_12382795.jpg

スタート直後に、右岸の崖から落石がありGさんの肩が強打されるというアクシデント。落石、こわいな。
ボロボロした面の崖には近づかないようにしよう。
f0164003_12382236.jpg

イカの瀬が面白かった。横方向の流れへ進路を乱されて、行きたい場所へ意外と行けない。
動画:一人目は真ん中、二人目は左岸、三人目はイカの剣先を行く。水量があったのでコースにも選択肢があった。


親水公園で休憩。肩が痛いGさんはここで上陸して、我々が迎えに来るのを待つことにした。
ここから先の区間は水量が少ない時は浅くて下れない、私も初めての区間。再スタート。
f0164003_12383334.jpg

水門の横を通る。人工物のそばを通るのは嫌い。
f0164003_12383827.jpg

また人工物。幅広の堰堤。
f0164003_12384330.jpg

水量が無ければ漕げない区間だからこそ、ザブザブとスピーディーに漕ぎ進んだ
f0164003_12384947.jpg
f0164003_12385464.jpg

ゴール
f0164003_14573153.jpg

車高の高い車の屋根に積載する時、タイダウンの留め具を反対側へ放り投げるのって、窓ガラスやボディに傷が付きそうでイヤですよね。それを解決するマジックハンドというナイスアイディア~
f0164003_14573704.jpg


by ya-ri-sa | 2018-03-18 11:48 | 川部 | Comments(2)  

Commented by ソラ at 2018-11-16 01:40 x
3月のログっていつの話やねん!

て冗談はさておき、これからも楽しい話題を楽しみに待ってますぜー
Commented by ya-ri-sa at 2018-11-16 08:28
>ソラさん
私の漕ぐログは遅ログですな。でも、遅いながらも書いていきますよ〜

ソラさんもマイペースでブログを続けてらっしゃいますね。

↓ソラさんのカヤックブログ
https://canoedog.exblog.jp/
名前
URL
削除用パスワード

<< 長瀞 Doubtful Sound ... >>