高遠でMTBデビュー! カヤッカーMTB部、発足!?

ブログは基本的にカヤックのことのみですが、たまには番外編。

カヤッカーにはオートバイや自転車など二輪経験者がとても多いですね。特にマウンテンバイク乗ってる人が。共通点が多いのかな?
趣味はカヤックだけという私ですが、新しいことに挑戦すべくマウンテンバイクをかじってみることにしました。
近所の空き地で慣らしたあとに、長野県の高遠のトレイルカッターさんのガイドでシングルトラックにデビューしました。この日のトレイルカッターのブログ

一緒に参加してくれる人を探してみると、カヤッカーのMTB経験者の多いことに驚きました。予定の合った5人をお誘いして、私を含めた計6人で参加しました。男性陣のうち3人はオフロードバイク出身者。

MTB乗りの人がいましたら、今度は一緒に参加しましょう。ぜひ名乗りを上げてください。

林家の新型エスティマにMTBを3台載せて、高遠へ。
f0164003_013221.jpg

「おはようございます ヤリサ様」と幹事である私を熱烈歓迎。ちなみにワシの服装は、海パンにfinetrackのシャツ。カヤックの時と同じ。
f0164003_2135614.jpg

カヤックのヘルメットからGoProを取り外し、ハンドルに付け替えるヒロキ。
f0164003_23591576.jpg

つっちー&うっちーカップルも来てくれた。
f0164003_23392069.jpg

ガイド名取さんのお手本。姿勢が良くてカッコイイ。
f0164003_001230.jpg

へっぴり腰のワシ。
f0164003_002176.jpg

昼休憩では、台湾帰りのにごっさんがタピオカミルクティーを作ってくれました。
f0164003_005150.jpg

午後は別コース。立派な松の下で。
f0164003_019559.jpg

f0164003_01184.jpg

6人+名取さんと、GoProで集合写真。
f0164003_23403562.jpg

誕生日でケーキごちそうになりました。
f0164003_212987.jpg


今回は3回ほどコケたけど怪我するほどではなかった。私はカヤックよりも自転車のほうが怪我が怖いんです・・・。慣れてないだけかな。

あ~。楽しかった。自転車って素敵なスポーツだなあ。
・・・と、以上は、「MTBデビュー・天国編」。実は、「地獄編」もあるのです。この一ヶ月前に地獄のシングルトラックデビューをしていたのです・・・。

以下の地獄編は読まなくてもいいよ。

場所は、岐阜県のボルダリング有名スポットK知渓谷を有する山。K知の集落に住むDさんにとっては裏山である。Dさんがもうすぐ岐阜市に引っ越しするので、以前からやってみたかった企画 「家の裏山をMTBで降りてくる」を実行するというのだ。そのコースを「円空、逆落としコース」と名づけたそうな。
山を尾根沿いに縦走した後に、円空の岩屋を拝み、裏山の急斜面を滑降してくるという。
えっと、私、初心者なんですけど・・・。「大丈夫。カヤックと違って、下れないと思ったら、自転車を降りて歩けばいいから。」とのこと。

Dさんの奥様が登山口まで車で送ってくれた。トレーラーにMTBを積載。
f0164003_2142199.jpg

いってきまーす。この頃は笑顔だった。
f0164003_215693.jpg

F岳に登頂。ここまでは御丁寧なことに階段が整備され、自転車で漕ぎ登ることもできず、押して登るのみ・・・。
f0164003_2154671.jpg

そして、この後から写真は無くなる。地獄コースが始まり、写真を撮る気分では無かった。
縦走する登山道は、登山者が来なくなったためにトラックが無くなっており、背よりも高い笹が生い茂ってる。無論、自転車には乗れない。
Dさんも裏山に出るまでは、道が分からないという。GPSを頼りに、道なき道を笹をかき分けて自転車を引きずりながら登る。尾根沿いに到達するもう一つの山頂の前後には大岩があり、それを避けるのが体ひとつでもシンドイのに、なぜか自転車を引きずっている・・・。
やっと、Dさんが知ってる道に出たときには、日没。ヘッドランプを付けて、暗闇の急斜面を下山しましたとさ。上級者の2人は急斜面にトライしてましたが、初心者の私は、逆落としにならないよう足を踏ん張りながら自転車を引きずるのが精一杯。
自転車に乗ってたのは全行程の1割未満。自転車という10kg超の荷物を持った登山でした。下山してくる頃には、私は不機嫌に。初心者だと言ったのに、下調べもしてない道に連れて来るなんてヒドイ。カヤックの川くだりに例えたら、初心者なのに渇水のクリークに連れて行かれて、「難所はポーテージしてカヤックを担いでいけばいいよ。」と言われて、本当に川岸をずっと担いで歩いて、ボートを持ったまま岩を登ったり降りたりしたようなものです。んで、水が流れてないから、上級者もずっと担いでいたと。
マウンテンバイク、ちっとも楽しくない~。嫌いになりそう。カヤックも初心者の人を体験させる時は、いきなり激しい場所に連れて行かずに、ゆるい場所で、まずは楽しいと思ってもらうことが大切だな~と思うのでした。
私が不機嫌な顔をしてプンプン怒っていたら、オフロードバイク経験者でもある同行の2人が、「これまで数々のオフロードへ行ってきたが、今回が最悪のコース。今回のことを思い出せば、どこに行っても楽しいと思えること間違いなし!」と、妙な慰めをしてくれました。
でも、たしかに、これ以降はどこへ行っても、「ここは良いコースだなあ♪」と思えるようになっている!ありがとう!

にごっさんに写真をもらったので追加。
わたし。この写真だとかっこよく見えるわ!
f0164003_17592196.jpg

一本橋を行く名取さん。
f0164003_1801738.jpg

ヒロキも挑戦
f0164003_181116.jpg

不思議な集合写真
f0164003_1814249.jpg

by ya-ri-sa | 2013-06-08 21:01 | 自転車部 | Comments(4)  

Commented by ソラ at 2013-07-23 00:09 x
正に苦行でしたね。
私ならバイクを放り投げて下山したでしょうか。

MTBライフに幸あれ!
Commented by ya-ri-sa at 2013-07-24 18:06
ソラさん
もしかしてMTBライダーですか? どこかで一緒にやりましょうよ~。
私もバイクを置いて帰りたかったですうううう。
Commented by にごっ at 2013-07-24 19:38 x
初シングルトラックが、D氏の案内だったのね(*_*)
もっとステキに楽しいトコありますって。

でも、登り比率少ないルートね・・・・・・・・

検討してみます。
Commented by ya-ri-sa at 2013-07-24 19:46
にごっさん
D氏とふっちーには、ついていかないことに決めました。
にごっさんの裾野プラン、楽しみにしてます!!
名前
URL
削除用パスワード

<< 早岐2013  佐世保くいだおれ 天草 >>