下町運河

レインドッグとアルガフォレスト共催のツアーでした。

マップ

運河名や小川や橋の名前は、グーグルマップよりもMapFanのほうが記載されてる。
Androidのアプリで「今昔散歩」というのがあります。時代小説や落語が好きな人には興味深いでしょう。
江戸は水路が計画的に整備された都市で、水上交通が発達していました。今回漕いだ小さな川も時代劇の舞台になるような所で、古地図と比べても現在と同じ場所です。江戸の人も、こんな風に手漕ぎの小舟で移動したのかなと想像すると、なんだか楽しいです。

のべ18キロくらい。私はタンデム艇だからついて行けたけど、シングル艇だったら、絶対に無理~。他の参加者のみなさんはベテランのようで、休みなく漕ぎ続けてるし、疲れる様子も無く、すごいなあ。
葛西の新左近川親水公園からスタート。計16人の大所帯。
f0164003_21251442.jpg

最初に荒川をフェリー。風あるし、けっこう流れてるし、大変。私がシングル艇だったら、フェリーできずに脱落でしょう・・・。
左に葛西臨海公園の観覧車。
f0164003_21273912.jpg

水門をくぐるのワクワクするね。水門フェチとかいそうだな。
f0164003_21293349.jpg

小名木川の扇橋閘門。ここは面白いよ!二つの水門を挟んで水位差があり、一方の門が閉まった後に、他方の門が開くと、水位が2mも下がります。どんどん水位が下がってくのは面白かった~。
仕組みはこちらに説明されてます。→ 扇橋閘門の仕組み
扉が開く前。
f0164003_21415526.jpg

開いた後。壁の水位を比較してください。
f0164003_21441592.jpg

横十間川と北十間川の交差点は、スカイツリーの絶好のビューポイントです。
f0164003_1544169.jpg


旧中川の水門から荒川に戻る予定だったのですが、水門の前まで行くと、「今日は水門の機器が不調のため、開けられません」とアナウンスされました。来た道も戻らなくては帰れなくなり、やむなくその付近で上陸してゴールとなりました。

この日の朝から、プチぎっくり腰の予感。翌日も京浜運河のビジネス街の水路を漕ぐ予定だったのですが、キャンセルして、ずっと寝てましたとさ・・・。とほほ。


この1月下旬に、ちゅらねしあの八幡さんがグレートシーマンプロジェクトでインドネシアを漕いでいます。艇はウォーターフィールドの分割式カヤックみたい。2月5日には新宿で報告会があるようです。聞きたいな。

by ya-ri-sa | 2012-01-14 22:06 | 海部 ・ フリーウェー部 | Comments(5)  

Commented by fck_mototyan at 2012-01-21 20:34
鳥居フェチです。つい酔った勢いでカミングアウト(^_^)つーか記事とあんまり関係ないね。
Commented by ミスター at 2012-01-23 18:02 x
いい旅してますね~♪
江戸の水路って聞くと「夢金」とか「船徳」を思い出しちゃいますね~
ブログ読んでたら落語を聴きたくなってきちゃいました。
Commented by ya-ri-sa at 2012-01-23 18:23
元やん
鳥居フェチ!水門じゃなくて?
くぐるのが好きなのかな。
この変態め!


ミスターさん
ミスターさんも水門など構造物がお好きなのでは?
昨年の御岳での落語会では「船徳」を一緒に聴きましたね。
手漕ぎ舟(カヤック)に乗れば、お江戸気分ですな!
来週は長良川へ落語を聴きに行ってきまーす。
Commented by コウ at 2012-01-24 15:10 x
面白いことしてますね~(笑)
小名木川の扇橋閘門に興味あり。
関宿水閘門も同じ仕組み、関宿CCメンバーはそこで遊ぶんですよ!!
扇橋は門が上下するんだね、関宿は開き扉タイプ。。
Commented by ya-ri-sa at 2012-01-24 19:12
コウさん
へー。関宿も同じ仕組みなんだ!知りませんでした。
閘門の興味ありとは、さては閘門フェチだな。
この変態め!
名前
URL
削除用パスワード

<< コンノ  ループはじめました。 吉野川  8回目のBOKE >>