SURFTRIP to BALI

バリでサーフカヤックしてきました。
そんなに漕いでません。1ラウンドあたり1時間くらいだし。漕いできたっていうよりも見てきたって感じです。
海外までサーフカヤックしに行くなんて、けっこううまいのかしら?と思う方もいるかもしれませんが、私はロールもあやしいし、横走りするだけでターンはできません。なぜ、そんなレベルでも行ったかというと、もともとバリ島への憧れが10代の頃からあり、好きなカヤックもついでにできたらイイなぁと思いまして。
国内でも海外でも、カヤックとともに旅ができたら素敵ですね。
f0164003_20161049.jpg


DAY 1
1ラウンド CANGUU チャングー
衝撃のデビュー。バリでのファーストライドでいきなりやらかした。走るべき方向と逆の方向に走ってしまい、大岩へと押し流された。スピードの速いスープに捕まり、岩をよけきれない。こりゃ、岩に激突するな。もはや、ここまで。大怪我を覚悟し、受け身を取って、目を閉じた。・・・・。ハッと気づくと、なんと、大岩の上に乗り上げて、座っているではないか。波面から2m位の高さだ。波に持ち上げられて、載せられたらしい。次の波が来たら、波に捕らえられて引きずりおろされて、今度こそ岩に叩きつけられるだろう。ここは危険だ、波の届かない場所へ逃げなければ。スプレーを外して艇から降りた、その瞬間に、次の波が来てしまった。大岩の上で転倒。幸い、波にさらわれることなく、大岩の上に残れた。水の入ったカヤックを引きずって、あわてて逃げた。カヤックはフィンが折れて、レールに傷が付いた。あーあ。初日なのに、これからどうすんだ・・・・。ガッカリ。私自身は腕にかすり傷だけで、どこも痛くない。サーフガイドのヌアダが真っ青になって駆けてきた。「どこも痛くないの!?信じられない!骨が折れたって、死んだって、おかしくない。ミラクルだ。神様が助けてくれた。」
12月のカヤックロストも私的カヤック史に残る出来事だったが、チャングーでのファーストライドも忘れられないものになりそうです・・・。おそらく、本人よりも、見ていた人のほうが恐ろしくなる衝撃映像だったと思います。文字どおり、衝撃のデビュー。衝突のデビューにならなくてよかった・・・。
十番勝負。リサVS岩。リサの勝ち!!  ん?ちがう?
「場所を変えよう・・・。」ヌアダは、私のカミカゼ特攻隊ぶりの玉砕精神にドン引きしてた。チャングー滞在わずか15分。カヤックも心もヘコんだ。海の神様に「調子に乗るなよ」と、しょっぱなに釘を刺された感じ。

2ラウンド SERANGAN スランガン 
f0164003_2085854.jpg

ウエストサイドのチャングーから、反対のイーストサイドのスランガンへ移動。ここは遠浅のリーフで100m沖でマイルドに割れる。人の少ない右側で波乗り。楽しくて、ヘコんだ心がちょい復活。水温が高いのでラッシュガード1枚でOK。薄着なのでウエストから水が入ってくる。でも、だいぶ入ってくるなあ・・・。どうやら、右前レール部が割れて、浸水してるらしい。あーあ・・・。やる気が無くなり1時間ちょっと漕いで終了~。
干潮になったら波が無くなっちゃった。サーファーもリーフの上を歩いてゲッティングアウトしてる。物売りのおばちゃんたちがしつこく、いらないの一点張りでいたら、罵声を浴びせられた。安いんだから買ってあげるべきだったのかな。わからんー。
沖に見える白波がブレイクポイント
f0164003_2011919.jpg


DAY 2
1ラウンド NUSADUA ヌサドゥア アウトサイド リーフ
ヌサドゥアは高級リゾート地なので、ビーチも全体にこぎれい。サーファーは日本人・オージー・アメリカン・ハワイアンが混在。
f0164003_2025272.jpg

f0164003_20264390.jpg

波がブレイクするのが300m沖なので、モーターボートに乗って行く。海外サーフトリップって感じするぜえ。写真のかなり沖のほうの白波まで行くのだ。帰りは漕いで帰ってきた。
f0164003_20261055.jpg

DVDで見るようなウェーブがバンバン立ってます。この波の形は、千葉じゃお目にかかれないなー。今日はそんなに大きい方じゃないみたいだけど、私には怖いくらい。サーファーも多い。3つあるブレイクポイントで計80人位。風とカレントが強くてサーファーさんは常時パドリングしてないと流される。「君はラクそうでいいねー。」と言われる。
沈脱することや、人とぶつかることを考えると、積極的になれなかった。1回沈したが、意外にも巻かれるパワーはそれほど強くない。九十九里の波のほうが、見た目は大きくなくとも、巻き込む力の強くて、よっぽどギュルギュルにやられる。
カヤックの割れ目には梱包用テープを貼ったけど、やがて浸水してきた。数本乗って終了~。

2ラウンド PADANG-PADANG パダンパダン
ワールドチャンピオンも開催され、エキスパードだけが入れる巨大チューブが形成されるという、世界中のサーファー憧れのパダンパダン。だけど、今日は波は無し~。30分位、ちょい乗りしたら、波は消えてしまった。普通に海水浴して終了~。

初日にフィンを折ってしまった。ヌアダがサーフショップを何件も回って探してくれたけど、同じものが見つからず、あきらめていた。ところが、裏通りのサーフショップに入ったら、バリニーズのオッチャンが「半日で同じもの作っちゃる。」と言って、全く同じサイズに作ってくれた!素材はレジンとプラスチック? ウオーターフィールド製と重さも変わらず、むしろ丈夫かも。このオッチャンに大量発注して日本で売れば・・・。ビジネスチャンス!? よこしまな考えはやめましょう。自分への良いおみやげができた。

DAY 3
BALIAN バリアン
バリアンはクタから2時間以上かかるので、朝6時にホテルにヌアダが迎えに来た。今日はサーファーのアベさんも一緒。アベさんは仲間6人で来てるけど、全員リピーターだから昼間は各自が自由行動らしい。アベさんは私のカヤックのヒビ割れを見て、キッチンテープで応急処置してくれた。会ったばかりなのに、親切にしてくださって感謝感激。キッチンテープは必須アイテムですな。
f0164003_20291530.jpg

写真の左側の陸が途切れている所が河口。川からの水で海はまっ茶色。最もアウトの白波がサーフする所。
f0164003_20284388.jpg

ほんとは3ピークできるらしいが、今日は1ピークのみ。計30人くらいいたけど、ほとんど日本人だった。1ピークしかないので、1ラウンド目は遠慮して、はじのほうで乗っていた。
小休憩して2ラウンド目に行くと、波の数が減っちゃったし、他のサーファーは昼食タイムらしく上がっていった。10人弱でボケーっと浮かんでいてたら、だんだんサイズが大きくなってきた!ショートもロングもボディボードも、約1名サーフカヤックも、一緒に楽しんだ。アベさん曰く「バリアンで、この人数で貸し切りなんて、ありえねー。」
f0164003_2030558.jpg

最後に、最高の一本があった。人数が少ないのでピークへ行こうかなあと思って見てたら、ピークにいたバリニーズが「COME ON!」と手招きしてくれた。「デカイのが来たぞ~。オラが先に行く。」バリニーズが第一波に乗っていった。私は第二波に乗った。デカイ!高さ・角度ばっちりのグッドウェーブ。オーバーヘッドのリップからボトムへ向かって、左走りで駆け下りた。フェイスがすぐ真横にある。Fuuuuu!奇声をあげて走った。
ほとんどのサーファーが目撃してて、口ぐちに声をかけてくれた。「いい波をつかまえたね」「エッジがフェイスに垂直になって走ってたよ」「いまの撮れてたら、かっこいい写真になると思う」
う、う、うれじい~。サーフカヤックを始めて、苦節6ヶ月。(短い!) 一番良い一本が出ました。
最悪な一本で始まったバリは、最良の一本で終わりましたとさ。

夕飯はアベさんが誘ってくれて、鹿島ローカルサーファーのみなさんとヌアダと一緒にレストランで食べた。これまで、一人で夕飯を食べていたので、誘っていただいて嬉しかった。とても気さくな方たちでした。鹿島ローカルなんていうと怖いイメージがあったので、そのことを言ったら、「ビーチを守るために、よそ者がマナー違反をした時は、厳しく言って、出ていってもらう。俺たちは結束力が強い。それが怖く見えるのかもしれない。」とのこと。フムー。
教えてもらったのがコレ。
f0164003_2322466.jpg

サーファーの間で流行りの(?)『パワーパランス』。これを持っていると、バランス感覚が良くなるという、科学的根拠ゼロ!のおまじない・おまもりのようなもの。カードの他に、シール、ブレスレットのタイプもある。世界でバリとアメリカでしか売ってないらしい。個人バイヤーがバリで大量購入してるらしいのでこれから日本でも出回るかも。日本人はこういうのはシャレでも買わないかなぁ。あっしは買っちゃいました。大量購入して、「これでバウステできるようになるよ」と言って売ろうかな。ビジネスチャンス!?
f0164003_2033237.jpg

バリへ行ったことは良かった。でも、波乗りについては、スキルが無いがために、やはり十分には楽しめませんでした。波を見る目が無かったためにチャングーの大岩とケンカしてカヤックに穴が開いたように。ヌサドゥアでいい波があっても、コントロールに自信が無いためにピークへ行けなかったように。

サーフガイドのヌアダは日本に住んでいたこともあり、日本語が上手。千葉や茨城でサーフィンしてたらしい。バリでのガイドは彼にお任せあれ。「日本の友達がくれた本で日本語の勉強するの。」と言って取り出したのは、『天津木村の エロ詩吟、吟じます。』 内容は全編くだらねえ下ネタ。
f0164003_20575790.jpg

この写真のページには『こんにゃくか カップラーメン 試してみる』って書いてあります。
「試」に「TAME」とふりがなをふり、「test って意味でしょ?」と、本当に勉強してました。
「これ、なんて読むのー?」と聞かれて、エロい詩を声に出して読まさせられたりした。セクハラか?

by ya-ri-sa | 2009-03-04 20:32 | 海部 ・ フリーウェー部 | Comments(7)  

Commented by jogo at 2009-03-07 18:14 x
 いいですね。ビジネス、やってみたらいいじゃないですか(笑)。儲かったら、またバリにいけるよ。
Commented by ya-ri-sa at 2009-03-09 17:55
地形が違えば、波の形が違いますね。
jogoさんは遠征を多く経験されてると思いますが、海外サーフトリップもいずれいかがでしょう?
私はサーフトリップ先としては種子島が気になってます!
Commented by 天狼☆ at 2009-03-10 07:04 x
バリにサーフカヤックを持ち込むとは流石です。
青い空と海が印象的ですね。
Commented by もばこん at 2009-03-10 21:51 x
ヌサドゥアビーチでダッキーで波乗りした事あるよ。
初めてパドルで波乗りしたのがバリだった。
その後は清水さんと会うまでは波乗りにはあんまり縁が無かったっす。

フィンは大量生産可能なら欲しかったね。
先ほどはアドヴァイスありがとうございました。
Commented by jogo at 2009-03-11 08:01 x
 そうですね、僕はハワイに興味あります。冬にノースショアに行きたいです。4月以降、航空券がだいぶ安くなるので、トリップしやすくなりますよ。ちなみに成田まではどうやってカヤックを持って行ったのですか?
 種子島、いいですよ。僕は今年サーフィンでない形で7月の下旬に1or2日間滞在する予定です。
Commented by ya-ri-sa at 2009-03-11 13:32
天狼さん
暑かったですよ。良い避寒になりました。光線が強いので写真もくっきりです。

もばこんさん
おー。バリは経験済みですか。ヌサドゥア行ったのね。

jogoさん
ハワイいいっすね。ノースショアなんてサーファーの聖地ではないですかー。
7月下旬に種子島とは、さてはアレですね。

カヤックは自宅~成田空港をABC空港宅配(福山通運)http://www.narita-airport.jp/jp/guide/service/list/svc_05.htmlで片道5千円・往復1万円でした。他社はサーフボードは扱ってないと断られました。自車に積んでいって空港周辺の民間駐車場に停めておくのと値段の比較をしてませんが、2人以上なら車のほうが安いかも。私は車が無かったので宅配便を利用しました。
JALデンパサール線はサーフボード無料キャンペーン中で、私の艇はそのサイズ内だったのでタダでした。
Commented by jogo at 2009-03-11 21:10 x
 ABC宅配がH通運系とはしりませんでした。なるほど、これはすごい情報です。

 7月下旬はお日様を見ながら南の島々をクルージングする計画をしています。天気がよいといいのですが。。
名前
URL
削除用パスワード

<< 土曜・御岳 スラ3  日曜・大... インシデントレポート  海での... >>