タグ:長瀞 ( 22 ) タグの人気記事

 

長瀞・瞳ちゃん壮行会

親鼻1.76 玉淀ダム38トン 皆中〜クツナシ

平日の仕事で疲れて、土曜の朝は起き上がれないこともしばしばあります。そして出かけるのが億劫になり、日曜も自宅に引きこもってしまうことも。身体は休められたが精神的にはリフレッシュできず、日曜の夜になってから「ああ。どこかに出かければ良かった…。明日からまた仕事か。」と後悔することもあります。

この週末も土曜の朝に起きれず、そのままダメな週末になってしまいそうだったので、日曜は長瀞へ。
CPCのおにいさまたちとダウンリバーしました。

ピンクな私と黄色なマラ男
f0164003_7494397.jpg


先週の長瀞よりは減ったものの、まだ多めの水位で、ダウンリバーは快適。ただし、スポットはどこも中途半端。それでも、チョコチョコと拾いながら、ゆっくり下りました。ウォーターパーク長瀞の前の右岸側のホール(名前あるのかな)、鉄橋下、ステミなど。どれもベストではないけど数回ずつエントリー。
2年前だったら、この水位ならキャンプ場横ウェーブが良かったのにな〜。

安全ウェーブの近くで休憩。この水位ではウェーブは出ていません。
f0164003_7455983.jpg

長瀞ローカルさんたちが、「安全ウェーブの上流の流れや瀬の形が変わってる。もしかしたらベスト水位になっても、安全ウェーブが出てこないかも…。」と心配顔。

ストライディングかな
f0164003_7463536.jpg

私はリバーSUPにはソソられませんが、ストライディングはやってみたい。2013年にアメリカ東部でJeff Snyderを見て、憧れました。Jeffの華麗なリバーランニングをすぐ後ろから追いかけるという貴重な体験をしました。
Jeffがストライディングやるようになったのは、カヤックで腰を痛めてしまい座り姿勢ができなくなったから。
ビッグウォーターもクリークも滝落ちも、ぜんぶストライダーでやっちゃう。Jeffは生ける伝説。





洗濯機ホール
 
f0164003_747013.jpg


ベスト水位ではなく激シブ水位ですが、他に遊べる所も無いので、みんな集まってました。私は何もメイクできず。
f0164003_7472713.jpg


おやっSUN!
f0164003_7474483.jpg


上のウェーブでサーフィン
f0164003_7481474.jpg


ブスカタ番長が上達していて驚きました。静水カートホイールも4エンド以上回してたし、洗濯機ではループも決めてました。

わたし 「番長、うまくなってる!」
番長 「ふっふっふ。お嬢さん、オレが上達した理由を教えてあげよう。その理由とは…」
わたし 「理由とは!?」
番長 「ロールが安定してできるようになったから。以前は沈脱が心配で、フリースタイルが積極的にできなかった。ロールスランプを克服してからは、沈が怖くないぜ!!」
わたし 「ふーん・・・。(参考にならない…(-_-) )」

番長によるロール指導。
f0164003_7483992.jpg

「オレもロールで苦労したから、できない人の気持ちがよく分かる」と語っていました。CPCに入会すれば番長が熱血指導してくれますよ。


9月上旬、ワールドカップに向かう瞳ちゃんの壮行会が都心で開かれました。
f0164003_10463942.jpg

瞳ちゃんから、今回の抱負や、釣り具メーカーのスポンサーが決まったことなど、お話あり。
第1戦はブラジル・リオ、第2戦はアルゼンチン・サンフアンで開催されるとのこと。(その後に、リオ会場は中止になり、第1戦、2戦ともにサンフアンの同会場で連続開催されました。)

このブログを書いてる現在は既にワールドカップは終了しています。瞳ちゃんの成績は、第1戦・2戦ともに、K-1・スクォートの両方で優勝!金メダルが2×2=4個!という最高の成績でした。すごい! 800点超えライドもあり、内容的にも申し分ナシ。

男子K-1優勝のポーランドのTomaszがJKブログに大会リポートを書いており、女子のレベルが上がってることと、数年以内に女子も1000点超えするのではという見解を述べています。そう思わせるほどのライドだったということでしょう。

さて、壮行会に話を戻します。「壮行会があったなんて聞いてない。知っていれば自分も参加したかった」と思う人はいませんか?
そもそも、この会はカヤッカーの平日飲み会としてmixi時代に「カヤッカー同士、飲もう!」というコミュニティで始まりました。会の管理人はいばさく氏、副管理人はミスター氏です。この会は誰でも入れますので、facebookのグループまたはmixiのコミュニティからお入りください。遠方の方もどうぞ。
私は久しぶりに参加しました。今回は約20人が集まりましたが、参加メンバーを見ると、御岳な人ばかり。長瀞な人がいない。
長瀞系の人のなかにも「瞳ちゃんに直接会って激励したい。でも、誘われてないから行きにくい…」と思ってる人もいるのでは。遠慮せずにご参加ください〜。
長瀞な人たちが来てないのは、誘わないいばさくが悪いからだ。
コラァ、いばさく!長瀞方面にも顔は広いじゃろうが。誘ってないのは、おまえの怠慢やぞ!
と説教しようと思ったが、一次会には来てなかった。

くにちゃんと私は暴走。
f0164003_10493579.jpg


綺麗どころもいますのでご安心ください~。
f0164003_1047485.jpg



二次会にいばさく登場。あいかわらず、「首から下はイケメン」だった。
ヤンエグのいばさく氏はオシャレさん。トップスは黒ポロシャツで無難なカジュアルビジネスで、ボトムをエンジ色のパンツにして、同系色のカバンに合わせるという、オシャレ上級者コーディネートだった。
f0164003_1174962.jpg


くにちゃんはカヤック初心者の頃、いばさくに問い合わせメールを出したが、冷たい返事が返ってきたという。数年越しのクレームを、初対面で伝える。
頭を丸めて反省しなさい! あ、もう丸いか。
f0164003_1172041.jpg



全会一致で、「なにもかもいばさくが悪い」という結論に達した。全員からボコられるいばさく。
f0164003_10563296.jpg

by ya-ri-sa | 2016-09-11 16:42 | 川部 | Comments(0)  

横瀬川・丹波川

写真はコウさんとヤギリンさんにもらいました。

・横瀬川  原谷橋 172.50  親鼻 2.26
増水時しか下れない横瀬川へ。私は初めてでした。
集合写真で毎度、アニーが変顔をするので、私も負けじと変顔するが、なかなか勝てない。
f0164003_10271491.jpg

10人で。男6人、女4人。関東は女性が多くて良いな~。
最初の区間は川幅が狭くてエディも狭いので、前半チームと後半チームに分けて、時間差で出発しました。
出発前に、この川を複数回下った経験のあるメンバーから概要の説明あり。今回の水量は少なめとのこと。ポーテージを2回するとのこと。

1回目のポーテージはマーライオンの滝。ここはマーライオンみたいに水が飛び出して、岩に当たってるので、物理的に下れない。
f0164003_10431833.jpg


2回目は堰堤。数分歩いた先で再プットインします。
堰堤の上から見た眺めでは、すぐ下流が良い感じだけど、そこには降りる道は無いので漕げません。
f0164003_10424410.jpg


川幅広がってからは、チームを分けずに下る。
f0164003_10314377.jpg


旧ZENに乗るどうこさん。ヘルメットもカヤックも歴戦の傷だらけです。
f0164003_10325221.jpg


岩盤でできた瀬
f0164003_10333662.jpg


ラナパパと舟を交換して、ダッキーに乗せてもらった。ダッキーの目線の高さに驚きました。遠くまで見えるので判断が早いです。そのかわり、カヤックみたいにすぐに曲がれないので、早めにターンしないといけないそうです。
ラナパパがK-1に乗った姿は、かなりレア。
f0164003_1034037.jpg


増水して濁った荒川に合流した後は、大味にドンブラコッコ。
f0164003_10342414.jpg


クツナシでゴール。
f0164003_10345123.jpg

ラナパパのGPS計測では、漕行距離27km、5時間のロングダウンリバーでした。車での回送距離も22kmくらい。
同じ日にCPCの人たちは荒川本流ロングをやっていたみたいです。


・丹波川  丹波山-0.59
毎度のごとく、水位計の数値は参考程度。「けっこう多め」を期待してたけど「ちょっと多め」くらいでした。
f0164003_10372198.jpg

きのう横瀬川を漕いだメンバーのうち4人で。男1人、女3人のハーレムダウンリバー。女性パドラーが多い関東や北海道では、女性が過半数のダウンリバーが時々あります。
f0164003_10552691.jpg


核心部では秋山さんがレスキュー役で心強かったです。
f0164003_1039481.jpg


写真はありませんが、この日の核心部は、水量がちょっと多めのため、いつも左岸へ向かってブーフする所は、右岸にも行けました。
スカウティングした時は、「いつもどおり左岸へブーフしよう。もし右岸にバウが向いちゃったらそのまま右へ。」という方針に。
1番は私、2番はヤギリン、3番はどうこさん、4番は秋山さんの順番に。
1人目の私は、入り口の段階で右岸寄りになってしまい、降りたのは真ん中で、正面の岩が作る返し波にバウを右岸に向けられて、右コースへ。
2人目のヤギリンさんは、入り口で右から左へ向かうアングルを作れててOK。ただしブーフが弱かったのか、あまり遠くへ飛べず、左岸寄りのドロップの真下に降りる。ホールに捕まるかと思いきや、体勢を整えて、左コースへ。
下流で会った私とヤギリンさんで会議。今日は右コースへ行った方が素直なのでは、という意見にまとまり、3番目のどうこさんに右岸コースで来るように指示する。
3番目のどうこさんは、入り口の段階で、左から右へ向かうアングルを作って進入し、ブーフもカンペキで、どこにもぶつからずに、素直に降りてきました。4番目の秋山さんも同様。
何度も漕いでる川だと、ついつい同じラインを漕いでしまうけど、水位に応じてコースを選択すべきだなと、改めて実感しました。

休憩時間はヤギリンさんネタで盛り上がりました。
f0164003_1036266.jpg


本日の黒一点・ヤギリン。女性3人のトークに圧倒されて、無口になっていました。
f0164003_10365324.jpg


ブーフポイントでは3回ほど担ぎ上がって練習。
わたしのブーフ
f0164003_1048995.jpg

だーめだ、こりゃ。
f0164003_1049334.jpg



いつもブログを読んでくれてる人へ。更新が遅くてスミマセン。仕事が忙しくて、ヒマが無くて、書く時間が無いんですよぉ。
というのはウソで、海外ドラマ「ハウス・オブ・カード」を見てばかりいるからです。

次回のブログは数日後にアップします。
さぁ~て、次回のブログは「長瀞・瞳ちゃん壮行会」です。おたのしみに。んがぐぐ。(昔のサザエさん)

by ya-ri-sa | 2016-09-04 17:26 | 川部 | Comments(0)  

長瀞

このブログの読者数が徐々に増えてます。読んでくれてる人、ありがとう。
初対面でも「ブログ読んでるよ」と言ってくださる人にたまに会いますので、きっとまだ会ったことの無い人もこれを読んでくれてるのでしょうね。

以前にも述べましたが、このブログは自分の思い出日記のつもりはなくて、読んだ人が漕ぎに行きたくなる気分になってくれたらいいなと思って書いてます。または、漕げない時のヒマつぶしの読み物になったらいいなと思ってます。ですので、読んだ人の参考になればと思って、カヤックに関連する情報をなるべく書くように心がけています。私はへたっぴだから技術的なことは書けないけど、こんな形で皆様のカヤックライフの一助になれたら嬉しいです。


・長瀞  親鼻1.35 中学校~クツナシ

16ロックの進水式に水量チョロチョロの長チョロへ行きました。
一人だったので歩き回送しようかなと思っていたら、田中マラ男さんが回送を手伝ってくれました。

作業用ズボン、安全靴、腰ベルトには巻き尺。働く男って感じでイイね。
f0164003_1861642.jpg

マラ男はこのブログ読んでるらしいから、この場でお礼を言っとこう。
おーい、マラ男~!回送ありがとうね~! 平日に仕事を抜け出して長瀞に来てたことは、みんなには秘密にしておくよ~。

いばさくに「あの人はマラ男って呼ばれてるんだよ」と、初めて教えてもらった時に、私は「えっ!? ま、ま、ま、ま、マラ男!? すごいニックネームだね!ヤバくない!?」と反応したら、いばさくに「顔がマラドーナに似てるからだよ。オマエ、変なこと想像しただろ~?変態だな~」とからかわれたことがあります。

16Rockstar進水。川岸に来ると水がくさい。処女航海は、もうちょっと清流が良かったな・・・。クサイなんて言われたら、長瀞ファンの人はいい気はしませんね。すみません。
f0164003_1812596.jpg


スピンホールで左スピン。この水位でもスピンはできます。

安全ウェーブで左右スピン。カートホイールできる人なら、この水位でも角度を抑えれば回せるかも。
私はフラットスピンだけを30回転くらいしました。岩に当てたつもりはそんなに無かったけど、スピンしただけでスターンのエッジがジャキジャキに削れてる・・・。14Rockも削れやすかったけど、16もヤワいみたい。軽さ優先で作ってるからでしょうか。

安全ウェーブではブループラネットカヤックスが講習をしていた。この日は平日ということもあって、生徒さんは一名。平日休みの人にとっては、一名から開催してくれるレッスンというのは助かりますよね。
最近、私は一人でマウンテンバイクのレッスンやツアーに参加しようとしましたが、平日には企画が無かったり、最小催行人数に達しないと開催されなかったりでした。一方で、カヤックは「平日に、一名様から」レッスンしてくれるスクールが多いので、スクール面では恵まれてるのかもと思いました。
ブループラネットカヤックスのスクール日誌を読んだら、初中級者のためになることが書いてありましたので、さかのぼって読んでみようかなと思います。


大増水で小滝の流れが変わってしまい、小滝ウェーブは絶望的という噂を聞いたが・・・。さて、どうかな。
写真中央あたりがウェーブが立つところ。ベスト水位より50cmも少ないのでこの写真では判定しがたい。
f0164003_18122680.jpg

しかし、下流側を見ると、変わってるような。岩の位置が違うような・・・?以前は流れが岩壁に当たっていたのに、今は本流側に寄っているし。
f0164003_18124036.jpg

f0164003_18211744.jpg

キャンプ場横ウェーブも潰れたという噂あり。小滝とキャンプ場横、この2つのウェーブが乗れなくなったのは、ウェーブ好き、いや、ウェーブ狂の私にとっては痛すぎる。復活してほしい・・・。

f0164003_18194534.jpg

16Rockはスライシーになってカートホイールがやりやすいという評判だったので、静水カートにトライしようかと思ったけど、水のくささにげんなりして、スピンホールと安全ウェーブ以外は何もせずにゴールしてしまった。スタート地点は浅いせいで苔や水草が匂ってるのかと思ったけど、水深のあるところでもニオイが気になり、ゴールまでずっとくさかった。
長瀞好きの人には申し訳ないですが、ほんとうにクサイです。私だって長瀞は好きなんですよぉぉ~。
増水時にスポットでフリースタイルしてる時は、そちらに意識がいってるので気にならないが、今回は川下りしてたらニオイで気持ち悪くなった。
ブログ冒頭で「読んだ人が漕ぎに行きたくなる気分になってくれたら」なんて述べてるくせに、クサイなんて言われたら気分が損なわれちゃいますね。ごめんなさい。一応、清流派なものでして・・・
タンの瀬も、水量が少ない時ほど、浅い場所ほど、くさい。
長瀞、タンの瀬、山梨桂川、この3か所の水質が、長良川や御岳と同レベルだったら、天国なんだけどな~。


先日、古い映画を見ていたら、長瀞が出てきて驚きました。以前から好評は聞いていたので見たいと思っていた「新幹線大爆破」という1975年の作品です。新幹線に爆弾が仕掛けられて、一定の速度以下になると爆破する仕掛けになっているので、止まることができずに走り続けます。この設定はキアヌ・リーブス主演の「スピード」の元ネタになったとか。

高倉健が主演。健さんもかっこいいが、脇役の役者陣も良い。
f0164003_1813095.jpg

40年前の映画とは思えない現代的なテンポの良さで、飽きずに鑑賞できました。
犯人グループが要求した現金の受け渡しをするために、現金の入ったトランクを持った警察側が、犯人の指示通りに移動させられるのですが、その過程でなんと「舟に乗って荒川を下れ」という指示が!!
長瀞ライン下りで現金輸送。なんじゃこりゃ~
f0164003_18131299.jpg

小滝の瀬かな。激流な感じを出そうとするなら、小滝が撮影地に適してそう。
f0164003_18133220.jpg

f0164003_18134457.jpg

ほかにも、昔の映画ならではのトンデモ展開があったりするのですが、そこはご愛嬌。エンタテイメントとして楽しめる映画でした。


週末は売り切れで早じまいしてることもある「うさぎや」の閉店時間が、19時から17時半に変更。つけ麺へのハードルがさらに上がった。
f0164003_1814015.jpg

by ya-ri-sa | 2015-10-20 17:45 | 川部 | Comments(4)  

長瀞

・7月下旬 親鼻1.85
キャンプ場横ウェーブの水位になるのを今年も楽しみに待っていました。
去年は1.85でも楽しかったけど、今回は同じ水位でも多く感じ、ウェーブが掘れていないような。もう少し減ったほうが良いのか。でも、じゅうぶん楽しいウェーブ。
午後から漕いだら、一人で貸し切り。私が着く前にはケンケンがいたようだ。
もはや、週末の行列には並べない贅沢な体になってしまった。わがままボディ。(ただのデブ)

今年の夏は暑かったですねえ。とくに7月中旬からの一か月間は酷かった。酷い暑さと書いて酷暑。沿岸部に住む私ですらそう思ったのだから、内陸の長瀞は近づくのも恐ろしかったですが、キャンプ場横ウェーブの魅力に引き寄せられて近づいてしまいました。
一人の時は、準備運動がてら歩き回送していますが、気温36度の中を歩いたら熱中症になってしまいます。というわけで、上長瀞~野上を電車回送してみた。駅までの数百メートルで汗びっしょり。

電車だと旅情がある。
f0164003_2223616.jpg

水がぬるい長瀞。時々、沈して涼を取り、水も飲んで、気をつけていたつもりですが、それでもこの日は軽い熱中症になり、夜まで頭痛と熱感が続きました。


・7月下旬 親鼻1.81
翌週もまた平日に一人貸し切り。先週よりも少し減って1.81なのに、やっぱり去年よりも掘れてない。去年とベスト水位が変わったのかな、それとも形が変わったのか。それでも、家から3時間かけて来る価値あるけどね。
小滝ウェーブも、先週・今週ともに、去年のほうがイイ感じ。去年は、「1.85前後だと小滝もキャンプ場横もどちらも良い。あ~ん。両方とも漕いで疲れちゃう~」みたいな嬉しい悲鳴をあげていたっけ。

この日も蒸し暑かったが、自転車回送してみた。チャリは漕いでるときは風が涼しく、歩きよりも短時間で到着できるので、意外と体が熱くなることはなかった。

**噂によると、後日の大雨でキャンプ場横ウェーブの形は崩れてしまったとのことです。自分では未確認です。

ユウシくん編集の、今年6月頃のキャンプ場横ウェーブ動画。ユウシくんは編集が上手ですね~



・8月上旬 親鼻1.73
日曜日の長瀞は盛況。久しぶりに会った人々が声をかけてくれて嬉しい。平日はスポット貸し切りできるメリットあるけれど、週末にこうやって人と会えると嬉しいものだなあ。
f0164003_1081472.jpg

スピンホールに数回入ってみたが、ほぼ毎回落とされる。以前はエディに向かう流れがあったが、今はほとんど下流に向かって流れてるようでエディに戻りづらい。へたっぴの私が落とされるのは以前からそうだけど、今日は上級者でもすぐに落とされてしまう。

安全(さくら)ウェーブはけっこう楽しい。といっても、私はなかなか走らせることができず、ラウンドハウスにもっていけない。スピンも昨年はコツをつかむと連続スピンできたが、今回は一回転がやっと。

この日の中村アッキーラと私。アッキーラ、ごいすー。小さいウェーブで、なぜビッグブラントできるのでしょう。カートホイールもクルクル。

中村さんのサーフィンはトップを取る意思のあるサーフィン。私のサーフィンは、ウェーブの低い位置でこねくり回してるだけで、トップに上がれてない。低い位置から打とうとするから走れない。疲れてくるとエッジがいいかげんになり、バウかスターンを喰われてサヨウナラ〜


・8月上旬 親鼻1,70
翌週もスポットのみ。まずはスピンホール。エディに戻る流れが無いのは先週と同様だが、パワーが弱まったぶん、いくらかエディに戻れるように。でも、「下流に落ちたくない。担ぎ上がるのメンドイ」という気持ちのせいで、なるべく沈しないようなプレイしかしないのであった。情けない。

安全ウェーブは先週のほうが高さがあって楽しかった。みんな大好き安全ウェーブですが、私は苦手意識ある。安全なんだから、もっと積極的にならなきゃな。


さて。
カヌビレに看板が設置されていました。読んでみると・・・
f0164003_2239760.jpg

がーん。これはショック。みなさん払っていると思うけど・・・。しかし、到着時に管理者に会えなくて、支払いにタイムラグが生じることは、しばしばあります。
ご安心ください。そんな時は、勝手口の前に置いてある小さな入れ物にお金を入れておけば良いとのことです。
f0164003_22434875.jpg

by ya-ri-sa | 2015-07-30 22:02 | 川部 | Comments(0)  

長瀞→御岳  SD SPORTS来たる 2014

SD SPORTS 御一行様が関東ツアーにやってきました。2011年2012年2013年に続いて、今年もお供させてもらいました。

例年、SDツアーのブログを書くのにコピペを多用してる。毎年、彼らに対する印象が変わらないからだ。けして手抜きではない。
今年は昨年までとは異なる点がある。それは、私が梅さんの生徒になったことだ。去年まではSDメンバーたちが長瀞や御岳の名も無い小スポットでキャッキャッと嬉しそうに遊ぶのが理解できなかったが、今なら分かる気がする。彼らはスポットの大小ではなくて、フリースタイルな要素があるかどうかを見てる気がする。点数を貰えるようなワザができるかどうかより、フリースタイルな瞬間そのものを楽しんでいるのではなかろうか。


・土曜日 長瀞(鉄橋~クツナシ) 親鼻1.3m 玉淀ダム13t

集合場所に着くと飯嶋さんが車をいじってた。DIY精神にあふれた御方です。
f0164003_9264181.jpg


6人と6艇を中積みでいらっしゃいました。
f0164003_9275097.jpg


長瀞といえば、あの人・・・。あの人は今日もいるのだろうか。おそるおそる、安全(さくら)ウェーブにカメラを向けてシャッターをきった。写真を現像してみると・・・・
ヒイィィィ!!やっぱり写ってるゥゥゥ
f0164003_933863.jpg

安全ウェーブの精霊・ひらさわさんは、当然のごとく今日も安全ウェーブにいた。

SDが来る11月上旬はいつも水が少ない。この日も少なかった。一番長居したのはステミ。浅いウェーブでしたが楽しめました。

ここはキャンプ場横ウェーブの一段上。この水量だと刺すと当たるホールですが、梅さんは当てずに回すのが上手い。
f0164003_9283734.jpg


(以下コピペ)
SDのみなさんは例年のごとく、どんな小さなスポットでも拾い、巧妙に刺す・回す。その技術。
瀞場に来れば、休むこと無く、すかさず静水フリースタイル。その体力。
漕ぎ続けながらも、その間に、笑いあふれるトークも欠かさない。誰かが笑いを取ると、誰かが取り返す。そのトークの応酬。
「心・技・体」の三位一体がスポーツの要素だと思いますが、SD SPORTSメンバーの「技術・体力・トーク」には毎年ながら脱帽です。
(コピペここまで)

夕飯は皆野インター近くの中華。この店は2012年に訪れて停電騒動で爆笑させられた店なので、また行きたいという要望があった。SDメンバーの店選びは旨いかどうかではない。笑えるかどうかだ。
f0164003_9334918.jpg



・日曜 御岳 放水口~軍畑 調布橋-2.46
水位計は-2.46だけど、実際は-2.5xくらいに少ない。むむさんといとーさんも合流。

今年の紅葉は良い感じ
f0164003_9342920.jpg

御岳カップが開催されていて、ラフトがたくさん。活気があります。
f0164003_9345854.jpg

忍者返しの岩。いつも数十人いますが、この日は7人くらい。
f0164003_9354535.jpg

最近知ったのですが、忍者返しの岩はボルダリングでは全国的に有名な岩なんだそうです。というのも、むかーしむかし、難易度を表す指標の基準としてこの岩をが1級と定められたそうで。へえー。

名も無いところで遊ぶ
f0164003_9352247.jpg

(以下コピペ)
御岳でもSD SPORTSの皆さんの貪欲ぶりがすごかった。あらゆる極小スポットを拾いまくる。残さずに召し上がられました。皿まで舐めてました。
私も御岳カヤッカーのはしくれとして、小スポットでも小エディでも拾ってしまうのが、悲しい自負だったが、完敗。御岳カヤッカーのネチネチぶりは名物ですが、SD御一行様のネチネチにはかないません。タンの瀬のような大スポットで漕いでいて、かつ、小スポットも上手いんだなあ。私ももっとネチネチしよう。

これは去年も思ったことなんだけど、SDメンバーの特徴として、御岳・長瀞の有名スポットにはあまり興味を示しません。ベスト水位じゃないというのもあるけど、スピンホール、さくらウェーブ、洗濯機ホール、カップスター、寒山寺、ミソギ、どれもそれほど食いつかず。
私もそうだけど、関東の人は「ここが有名スポットだから。」という固定観念にとらわれて、ベスト水位じゃなくてもそこにかじりついてる。用意された場所でしか遊べないというか。
それよりも、関東カヤッカーが見向きもしない(見落としている)、ドロップ・ピローウェーブ・エディラインなどを見つけて、遊ぶのがすごく上手。考えが柔軟というか。自然の中で遊び慣れてるのかなあと思いました。
(コピペここまで)

梅さんレッスンを受けて意識が変わった私なら、SDのネチネチについていけるかもと思いながらスタートしましたが、今年も御岳小橋あたりでとてもついていけないと挫折しました。
今秋はカヌーランドに連泊して、SDの皆さんに懇意にさせてもらい、一員になったように錯覚してましたが、やはりこの人たちのことは理解できません。グッバイ・・・・。私はそうつぶやいて、先に川下りして去るのであった。

おそろいのニット帽姿で写真を撮ろうよ~と、私が女子っぽい提案をしたのに、なぜか人文字を作ることに・・・。
SD女子たちは、普通の女子のように可愛く写ろうという気持ちはありません。笑いが取れるかどうかだ。
f0164003_9361115.jpg

SDって読めるかな。
f0164003_9362923.jpg



余談1:土曜夜にカヌビレで開催されていたCPC忘年会へ1時間だけおじゃました。ひろさん編集の動画で笑う。CPCメンバーにご挨拶できて良かった。メンバー数が多いので、今までお名前が分からない人が多かったですが、だんだん顔と名前が一致してきました。

2001年に井田川で開催されたモンベルカップの映像も見せてもらう。ホールの右岸側にランプを建てて、滑り落ちるとホールインするようになってる。インした瞬間から、長いボートでカートホイールを回しまくり。かっこいい~。しかも夜開催で照明つけてやってる。すごく盛り上がってる。スポンサーが出店してたり。現在とは資金力の差を感じる。昔は良かったという言葉は嫌いですが、この映像を見ると、うらやましい限り。
f0164003_9382761.jpg


余談2:日曜日に北海道のくにちゃんがグラビティ講習を受けに御岳に来てた。すれ違いで会えなかったのが残念。すぐそばにいたのに~。
くにちゃんは「小さなホールに沢山の人が並んでいるのを見てビックリ」したそうです。その小さなホールというのは、御岳の代表的スポット・寒山寺ホールです。
関東名物「小スポットに行列」を見てもらえたようです。
f0164003_9365119.jpg

この待ち人数を見ると、この先にどんなビックウェーブ・ビッグホールがあるのだろうと想像しちゃうね。

by ya-ri-sa | 2014-11-08 13:22 | 川部 | Comments(3)  

キャンプ場横ウェーブ(長瀞)

今年は雨が多くて、珍しく関東に水があります。夏だけかと思いきや、9月と10月にも増水して長瀞を楽しめました。
6月の記事で、親鼻1.5以上あれば長瀞はスポットが複数あるホワイトウォーターパークだと言いましたが、さらにエース級のスポットが追加されました。その名はキャンプ場横ウェーブ。
ローカルパドラー曰く「新登場したわけじゃなくて、昔からあるけど・・・」だそうですが、最近は増水時の形状が良くなったのかな。

夕方になると仕事を終えたラフトガイドたちもやってくる。三十路の青春。 おっと、まだ26歳でした。
f0164003_16384154.jpg


小滝ウェーブが消えるくらい(1.80以下)で出現するというのが最初に聞いた噂でしたが、小滝ウェーブが出てる1.85でも乗れました。同じ水位でエース級のウェーブが2つもあるなんて贅沢すぎる~。スポット貧乏の関東人はこんな贅沢に慣れていないので、ビフテキとフォアグラを同時に食べるようなもので胃もたれしそうです。(ビフテキって死語ですか?)
ブラント練習中という人にはどちらが良いんだろうか。私の意見は小滝かな。小滝のほうがサーフィンしやすくトップに来やすい気がするし、ボートが滑り落ちる感覚を掴みやすい。ブラント未完成で数を打ちたい人には小滝かな。キャンプ場横は、自分で走らせたり、位置取りの練習、などに良いかも。小滝の下流の岩が怖いという人にも。(個人の感想です。)
高角度ムーブの場合は岩に当たります。低角度の私は一度も当たりませんでした。

私が乗った水位は親鼻水位(玉淀ダム)、1.85(46t)、1.78(42t)、1.4(18t)。
以下は個人の感想です。
・1.85(46t) 楽しい~。トップに上がった時の高さは小滝より上。ブラント決まれば飛びます。
・1.78(42t) 楽しい~。エアスクリューできる人によると1.85よりもやりやすいとか。ウェーブマックナスティも。
・1.6x 私は乗っていない水位ですが、噂によるとウェーブとホールの両方の技ができるらしい。
・1.40(18t) ここまで減るとホール。岩が透けて見えるのでカミ沈するのが怖い。カートホイールやラウンドハウスで角度が出てくると高率に岩に当たる。この水位ではスピンしかできない私には関係ないことですが。

1.85 大きさ分かるかな
f0164003_16395661.jpg

白色が好きなホシノさんは高角度を連発ですが、白色のため目立ちません。
f0164003_16272293.jpg


1.78 見た目は1.85とほぼ同じ
f0164003_1632445.jpg

ウェーブだけどループやマックする人も
f0164003_16323429.jpg


1.40 ホール。小さい。私の苦手なホールスピンの練習になる。
f0164003_16255621.jpg


おまけで1.30(13t) 存在に気付かず通り過ぎそうな小ウェーブ。かろうじてサーフィン。
f0164003_1443490.jpg

一段上のウェーブがホールになり、右スピンができる。できる人は右カートも。左岸リエントリー可。
f0164003_145325.jpg



・10月の上旬に、CPCとダウンリバーしました。CPCでは定例会も兼ねて、初級者のためのステップアップ講習を行っています。カヤッカーを増やすための素晴らしい活動ですね。

最初に、この日のリーダーからセーフティトーク。
f0164003_16135570.jpg

初級者に丁寧に教えていました。ロールが上手なことで有名なウスカタさんが指導したおかげで、初級者の人がこの日のうちにロール成功。私もウスカタさんに教えてほしいな~。
f0164003_16144434.jpg

30人近いメンバーが集まった。すごいや。さすが関東を代表するカヤックサークルですね。同じく関東の代表的なサークル「ベビートラウト」からゲスト参加したコウさんも、この集まりの良さには驚いていました。
f0164003_161738100.jpg

CPCはCreative Power Club の略。
f0164003_16194973.jpg


・小滝の瀬が終わった後の、流れが緩やかになった場所にログが入っています。既に怪我人を出していますので注意してください。いばさくさんのブログでも注意喚起しています。増水(親鼻3.4m、玉淀ダム600t超)の後も残っていましたので、とうぶん存在しそうです。
f0164003_16455991.jpg


・おやっSUNハウス改め「スーさんハウス」に安価で宿泊させていただいております。
f0164003_16504350.jpg

梅雨時期は長瀞では車中泊していましたが、蒸し暑いわ、蚊は入ってくるわで、苦痛でした。周辺のキャンプ場はオートサイトのみで数千円と高価だし。スーさんハウスは快適で助かっています。
スーさんは日本スクォートカヤック協会(facebookページ)の代表を務めていらっしゃいます。

スーさん、ありがとう。     (国道140号沿いの看板)
f0164003_16555473.jpg


・寄居の「うさぎや」のつけ麺にハマッています。今年4月に初入店した時はラーメンを食べて、優しい味だけどまた食べたいと思うほどでもないかな~と思ったのですが、ブループラネットカヤックスの小倉さんにラーメンよりつけ麺のほうがオススメと聞いて、食べてみたらハマってしまい長瀞に行く楽しみになっています。(食べログなど評価サイトを見るとラーメンを食べてる人のほうが多いです。好みによるのでしょう。)
うさぎやの評判は何年も前から聞いていたのですが、土日の夕方になると売り切れのため早く閉店しており、なかなか入れませんでした。今年は私がヒマ人なので早い時間で確実に食べれています。
f0164003_17144516.jpg

by ya-ri-sa | 2014-10-17 14:32 | 川部 | Comments(0)  

長瀞・JFKA関東大会

今年の梅雨は長雨で、雨量も多くて、珍しく関東に水がありました。おかげで、遠方まで出かける必要が無くて、関東の中で漕ぐことができました。地元の川が良いと遠征しなくなると聞きますが、その感覚を関東で体験することができました。ほんとに珍しいこと。
とくに、長瀞は5月下旬から7月下旬まで常に一定以上の水位が保たれており、水位に応じて4つのスポット(スピンホール、安全ウェーブ、小滝ウェーブ、洗濯機ホール。ウェーブとホールが2つずつというバランスの良さ!)でフリースタイルを楽しめました。かつての長良川が、良水位が保たれやすく、スポットも複数あるので水位によってスポットを選ぶことができて、長良カヤッカーは遠征する必要が無かったそうですが、今回の長瀞がそんな感じでした。常に親鼻1.5~1.9くらいで保たれていれば、長瀞は全国に誇れるホワイトウォーターパークですね。現実には保たれてないわけだけど。


以下はスポット紹介。ここ数ヶ月間での、私の少ない経験の中での水位情報ですので正確じゃないかも。長瀞のスポット水位は変わりやすいのでローカルさんに確認してね。
玉淀ダムの数値は目安です。スポットの形や親鼻水位が全く変わってないのに、玉淀の数字が増減することあるので。親鼻水位よりも玉淀ダムで言われたほうがピンと来るという人も結構いますね。
私がもっと上手だったら、この水位なら右ブラントができるとか左振り返りマックがやりやすいなどのスポット情報をお知らせできるのですが、へたっぴなのでショボイ情報ですみません。しかし、この世の中、上手い人と上手くない人では、圧倒的に上手くない人のほうが多いのです。なので、私のような上手くない人の目線での情報も無駄では無いかなと。

・スピンホール 親鼻1.5x~1.84  玉淀ダム23-45t
1.8くらいになると、上級者でも下流に落とされることが多くなる。私は多かろうが少なかろうが、しょっちゅう落とされる。
今年の関東大会では1.88→1.94というほとんどの人が未体験ゾーン。あの水位でも乗れないこともない、ということが分かったのは収穫か。でも、その水位なら小滝か洗濯機に行くけどね。
親鼻1.77くらいで多めで水が濁ってる時。
f0164003_19463439.jpg


・安全(さくら)ウェーブ 親鼻1.4x~1.80 玉淀ダム19t~
1.3x-1.4xでも漕げるけど、長瀞まで片道3時間半かかる私にとっては魅力的ではない。安全ウェーブの精霊のひらさわさんは1.2xでも漕いでます。
下流に危険な岩が無いから安全と言われるのかな。でも1.5前半で沈すると、岩に当たる感じがあるので、しっかり受身をとったほうが良さそう。
スピンやラウンドハウスの練習には1.5xが良いかもしれない。大きなウェーブが好きな私は、1.7~1.8あたりが迫力あって好き。フロントサーフィンするだけになっちゃうけど楽しい。上級者はエアブラントも。
6月の話ですが、1.66という水位が、なぜか激ムズでした。10エントリーしたけど、1回もスピンできず。私が下手だからかと思ったけど、私より上級者のS山さんもスピンできてなかった。謎水位。

・小滝ウェーブ 親鼻1.80~1.92 玉淀ダム46-55t
この前後2cmくらいでも乗れたという噂を聞きました。ただし、増えるとのっぺりして落差が無くなってくるし、減るとスピードが無くなりやや退屈かも。上級者は1.90以上のほうが走る距離が長くなってムーブも大きくなって良いらしいが、私の場合だと1.90以上になるとサーフィンだけで忙しくなり、スピンはできなくなり、アウトしやすくなる。
水量が少ない時のほうが下流の岩も露出してくる。私も肩を打ちました。ケガ注意。
スピード感あるし、走れるし、左右できるし、楽しくて練習になるウェーブ。私の大好きなスポットです。
f0164003_10461993.jpg

いとーさん、直角!
f0164003_10465559.jpg

長瀞といえば伊藤のおやっさん。おやっさんがあと20歳、いや10歳若かったら、完全に抱かれていたわ~。
f0164003_19444851.jpg


・洗濯機ホール 親鼻?~1.94 (下限は不明。浅いけど1.2xとかでも乗れる。) 親鼻1.90だと玉淀ダム50t前後
私は洗濯機は少ない時しか行ったことなかったので、浅いホールでスピンしかできないつまらない場所と思っていましたが、1.90で漕いだら、なんと楽しいホールなんだと認識を新たにしました。場所を選べばぶっ刺しても当たりません。1.90なら小滝を選ぶ人が多いかもしれませんが、小滝の岩が心配とかホール練習したいという人にはかなりオススメです。

ケンケンさんループ
f0164003_2014303.jpg


上記4スポット以外にも、カナディアンホールなど複数スポットあり。
長瀞の水質がアレなので、清流派の私が長瀞に行くのは今までは年に数回でした。小滝ウェーブが出た時orダウンリバーの約束がある時くらい。しかし、水量が良ければ遊べる良スポットが複数箇所あることが分かり、少し好きになりました。中トロと大トロの間に長トロと序列しても良いくらい。(深い意味ナシ)

7月のある日曜日は長瀞は大盛況でした。カヤック、ラフティング、OC、パックラフト、ダッキー、遊船。初心者もベテランも、老いも若きも、男も女も。良いことだ~。
f0164003_19454675.jpg



*以下は関東大会の感想を箇条書きで。約5年ぶりにフリースタイルの公式戦に参加しました。新生JFKAになってからは初参戦。久しぶりに出た理由はヒマだから・・・。

・臼方さんが沈脱して、場を和ませてくれた。さすがローカル。演出してくれました。

・今大会はスクォートクラスも開催されました。なんと13名ものエントリーがありました。大会を盛り上げようという気持ちが伝わってきます。よしこちゃんが今年のワールドカップで3連勝という快挙を成し遂げたし、ますます盛り上がりそう。
MCが技の解説をしてくれるので、トリックを知らない私でも鑑賞できました。スクォーターがマジ漕ぎする場面はなかなか見れないので、みんなカッコイイなあと思いました。
左からローリーさん、金森さん、スーさん。
f0164003_11123580.jpg


・フラットクラス決勝は、こびとホールで開催されました。このホールの存在は知りませんでしたが、サイドサーフィンやスピンの練習には適してますね。毎回担ぎ上がりなのが難点ですが。
隊長さん。予選のFTRでは1位通過でした。
f0164003_20102642.jpg

OCは2名の参加。
f0164003_20105011.jpg


・ヴァーティカルクラスでは、セトッチが完全優勝。あれだけのバラエティとテクニカルを出せるのはスゴイな。

・エアリアルクラスでは、いつもとコンディションの異なるスピンホールで臨機応変に対応できる上級者の技術に感心した。普段は漕がない水位なので、地元勢が有利ということも無かった。ほとんどの人が初見のスポットで大会を行うのは珍しいことなので、これはこれで面白いと思った。
水位が増えてくると、世界大会に出場するクラスの人でもスピンでアウトしてしまったりと残りにくいコンディションだったのだけど、そこで平澤さんはカートホイールを残しており、自分らしい技で勝負してる所が良いと思った。

・今大会のヤリサ賞(勝手にMVP)は小林さんです。「動きにメリハリがあって、技が大きく、でも残る」というプレイに感心しました。こういうプレイができる人って、そんなに多くないと思います。
それから、フラットクラス決勝の時、こびとホールは毎回が担ぎ上がりで、上陸する砂浜にエディが無いのでフラットクラス参加者がボートを砂浜に寄せられずに流され気味だったのですが、小林さんは川に入ってボートを引っ張ってあげて、上陸しやすいように介助してあげていまいた。自分で仕事を見つけて、大会が円滑に進むようにさりげなくサポートしてる姿にも感心しました。

・私はというと、ヴァーティカル予選では、記憶があいまいですがスピン2回転半とループをやったような気がする。ループはダメもとでやったけど、もう少しで残りそうだったので、もっとしっかり回転していれば残っていたと思う。
ヴァーティカル予選は4位で通過。男女混合で順位がでるのが面白い!
f0164003_2071611.jpg

ヴァーティカル決勝も4位。決勝の時には増水してスピンホールがウェーブになってきたので、ラウンドハウスやったつもりだが採られていないかな。スピン1回転と残りそうもないループをやったような気がする。何をしたか記憶が無いってのが、もうダメな感じ~。
f0164003_2074635.jpg

エアリアルでは恐怖の0点回避。スピンで10点もらえた。0点じゃなければ、自分的には及第点。自分に甘い。
f0164003_2081498.jpg

調子に乗ってるアホ。点数が低くて恥ずかしいですが、エアリアルとヴァーチカルのダブル優勝でした。
f0164003_1954138.jpg


・前夜祭のキーンナイトも楽しかった。太っ腹のKEENジャパン様のおかげでプレゼント多数。
f0164003_1173135.jpg

今大会はきちんとしたスポーツイベントという印象を受けた。旧JFKA大会は内輪だけのイベントという感じだったが、今大会は第三者から見ても良いイベントだったと思う。後日にJFKA会長の八木さんに伺ったところ、キーンカップの準備には大変に尽力されたとのこと。
久しぶりに大会に参加して、JFKAの役員はもちろん、大会の現場でたくさんの人たちが協力してくれて開催されているのだということを、しみじみと感じた。ありがたいことです。
f0164003_20133883.jpg


いばさくさんのブログにも大会の様子が紹介されています。

by ya-ri-sa | 2014-07-06 10:14 | 川部 | Comments(0)  

安全ウェーブ(長瀞)・御岳

4月から休職するので、2月と3月は残務整理に追われて疲れてしまい、週末は家でぐったりしていた。休日出勤もあったし。3月末日に仕事納めして、6年ぶり2度目のプロカヤッカーとなりました。
(プロカヤッカーの定義。それは、カヤックで稼いでメシを食ってる人、ではなく、カヤックでおなかを空かせてメシを食ってる人。カヤックがおかずみたいな。)
1月下旬の鳥沢ホール以来、2ヶ月も14Rockに乗ってない。来週からタンの瀬に行くのにイカンだろと思って、安全ウェーブへ。

・安全ウェーブ(親鼻 1.50  玉淀ダム16トン)

4月初旬の平日、長瀞に行くと、群馬のさかもとさんにお会いした。さかもとさんは土日が仕事で平日が休みだそうだ。平日に漕がなければ会わないままだった。こんなふうに、曜日が合わずに、出会わないままのカヤッカーって結構いるんだろうな。

長瀞常連さんの漕ぎはとても参考になりました。
翌日は一人で漕ぎました。前日のさかもとさんを真似てラウンドハウスしてみたけど、一回くらいしかできなかった。スピンホールも味見したけど、浅くて不可。
f0164003_16162538.jpg

f0164003_16193485.jpg


安全ウェーブ、別名・さくらウェーブですが、名前の由来はなんでしょう。桜が見えるから?
f0164003_16203793.jpg

f0164003_16211212.jpg


養浩亭の隣の駐車場は無人になり、料金所ができました。正式名称は、月の石もみじ公園有料駐車場だそうです。カヌー大学受験生の皆さんは、そんな名前は覚えなくて結構です。
1日1回500円の横に、「午前1時で翌日となります。」と小さく書いてあります。ハイ、ここ重要、テストに出ます。
f0164003_1625135.jpg


寄居の人気ラーメン店「うさぎや」へ。以前から行きたかったけど時間が合わず、今回が初めて。おいしかった。次回はつけめんにしよう。
ただし、最近、前ほどラーメンを渇望しなくなった。年のせいで味覚が変わったのか。まだ26歳なのにね。
え?計算が合わない?
f0164003_16215286.jpg



・御岳(万年橋 54cm  調布橋 欠測だが、おそらく-2.5x以下)
放水口~寒山寺。スギちゃん、多摩川ランナーさん、Mickyさん、平山さん、計6人くらいで。

長瀞から御岳に来ると、水の綺麗さには感動するが、水量は少ない。
カップスターも少ない。関東は、どこに刺しても岩に当たるね・・・。
SD SPORTS御一行様がカートぐるぐるだったスタートの瀬の上の落ち込みで刺してみるが、やはり私は2エンドどまり。SDの皆さまは何故あんなにカートホイールが上手いのか!?

忍者返しの岩は大勢のボルダラーが集まっていた。ボルダリングはもはや流行ではなく、定番のスポーツとして定着した感がありますね。カヤックと違って、デブが一人もいない。私が岩登りするなら痩せないと、自分が重くてムリ・・・。

私は午後から用事があったので、御岳小橋で他メンバーと別れて、寒山寺までサクッと下る。
寒山寺で上がるの嫌いです。なぜなら、川から寒山寺駐車場までの坂道に、私の足腰は耐えられないから。弱い~。だから太る~。

来週からタンの瀬&北海道へ行くぞー。

by ya-ri-sa | 2014-04-05 13:14 | 川部 | Comments(0)  

長瀞→御岳  SD SPORTS来たる 2013

SD SPORTS 御一行様が関東ツアーにやってきました。2011年2012年に続いて、今年もご一緒させてもらいました。

11/16
親鼻 1.40  親鼻~クツナシ
SD8名様に、むむさん、飯嶋さん、カズヤ君、私。
私は3週連続で長瀞に来てる。こんなことは初めてだ。水位は先週より20cm以上減った。先週はスピンホールも安全ウェーブもまだ遊べたが、今週は浅くなっていた。それでもカヤッカーが数人の列を作っていた。

当然のごとく、安全(さくら)ウェーブにはひらさわさんがいた。彼は安全ウェーブの精なのだから、いるのは当然である。安全ウェーブにカメラを向ければ、自然と写りこむのである。
f0164003_15521429.jpg


SDのみなさんは例年のごとく、どんな小さなスポットでも拾い、巧妙に刺す・回す。その技術。
瀞場に来れば、休むこと無く、すかさず静水フリースタイル。その体力。
漕ぎ続けながらも、その間に、笑いあふれるトークも欠かさない。誰かが笑いを取ると、誰かが取り返す。そのトークの応酬。
「心・技・体」の三位一体がスポーツの要素だと思いますが、SD SPORTSメンバーの「技術・体力・トーク」には毎年ながら脱帽です。
f0164003_15523287.jpg

紅葉の時期なので遊船もたくさん出ていました。今年は紅葉の色はイマイチ。
f0164003_15525063.jpg

夕飯は皆野の「くいもんや えるか」。初めて行きましたが美味しかったです。定食メニューも豊富な居酒屋さん。今度は飲みに行きたい。140号沿いにあり、イエローハットの向かいです。宿泊はモンベル横のフォレストサンズのコテージ。


11/17
調布橋 -2.50  放水口~テニスコート
SD8名様に、いとーさん、飯嶋さん、私。
以下、昨年のブログのコピペ。(けっして手抜きではない。一年経っても、同じように感動できたのだ。)
御岳でもSD SPORTSの皆さんの貪欲ぶりがすごかった。あらゆる極小スポットを拾いまくる。残さずに召し上がられました。皿まで舐めてました。
私も御岳カヤッカーのはしくれとして、小スポットでも小エディでも拾ってしまうのが、悲しい自負だったが、完敗。御岳カヤッカーのネチネチぶりは名物ですが、SD御一行様のネチネチにはかないません。タンの瀬のような大スポットで漕いでいて、かつ、小スポットも上手いんだなあ。私ももっとネチネチしよう。

これは去年も思ったことなんだけど、SDメンバーの特徴として、御岳・長瀞の有名スポットにはあまり興味を示しません。ベスト水位じゃないというのもあるけど、スピンホール、さくらウェーブ、洗濯機ホール、カップスター、寒山寺、ミソギ、どれもそれほど食いつかず。
私もそうだけど、関東の人は「ここが有名スポットだから。」という固定観念にとらわれて、ベスト水位じゃなくてもそこにかじりついてる。用意された場所でしか遊べないというか。
それよりも、関東カヤッカーが見向きもしない(見落としている)、ドロップ・ピローウェーブ・エディラインなどを見つけて、遊ぶのがすごく上手。考えが柔軟というか。自然の中で遊び慣れてるのかなあと思いました。

御岳も紅葉の色はイマイチ。きれいなのは御岳小橋の大イチョウだけでした。
f0164003_15531189.jpg


御岳は水がきれいで感動。水が少ないというのもあるけど。
f0164003_15533048.jpg


さあスタート!
f0164003_15534664.jpg


スタート地点から5mくらいの岩横で、早くも刺し始めた!ここで刺すの!?先が思いやられる・・・。
f0164003_1554448.jpg


ここは左カートぐるぐるポイントです。御岳一番の大人気スポットです。(注:SDだけに人気)
ハァ?スポットに乏しい御岳で、そんなスポットがどこにあるって?カップスターを過ぎて、スタートの瀬の直前の右岸側ですよ。えっ!?あんな所?そうです、あそこです。
f0164003_1555484.jpg

関東カヤッカーでここに長時間いる人は見たことありませんが、SDメンバーにはここが大人気。狭いエディに最大6艇が並びます。ここに行列ができるのは一年に一度、この日だけではないでしょうか・・・。
SDメンバーの中には7~8エンド回す猛者もいました。「ここ楽しい~!刺しても全然当たらない~。」と大喜び。私は2エンドがやっとこさでした。
ちなみに、ここの数m上流の左岸側の、薄いエディラインにも食いついてる人もいました・・・。

次の人気スポットは(注:SDだけに人気)、玉堂美術館前の右岸側の、狭い岩の間の落ち込み。岩と岩の間が120cmくらいしかありません。刺すとパドルやスターンがぶつかりそうです。直角に刺せばぶつからないみたいですが。私は全く回せないし、岩が近すぎて、嫌な感じで2回くらしかトライしませんでした。ところがSDメンバーは大喜び。「ここが楽しみで御岳に来る。左右どちらに刺してもバウが当たらない。」とのこと。ここにもしばらく滞在・・・。

御岳小橋に着く頃には、関東メンバーは疲れ始めていましたが、SDメンバーはニコニコ元気。小橋で昼休憩。まだ全行程の4分の1しか来てないよ・・・。
以下省略・・・。

by ya-ri-sa | 2013-11-17 15:54 | 川部 | Comments(0)  

スピンホール  スピンしばり

11/4、10、11、スピンホールで3時間くらいずつ。

11/4 親鼻1.72 玉淀ダム28トン

当然のごとく、安全(さくら)ウェーブにはひらさわさんがいた。私が長瀞へ行くと100%の確率でお会いする。彼は安全ウェーブの精なのだから、いるのは当然である。
f0164003_10423121.jpg


陸から見てもウェーブのコンディションはかなり良さそうだったが、グッとこらえてスピンホールへ向かう。近年はウェーブばかりにウツツを抜かしていたから、ホールが上達しないままだったのだ。
前回10月に続き、ひたすらスピン。私はホールでのスピンが苦手。フリースタイルの基本はスピンと聞いた。スピンができないのに他の技をやろうとしていたのが恥ずかしい。ひたすらスピン、スピン、スピン・・・。
前回よりも安定して回れるようになってきた。上半身だけで回すと失敗が多いが、坐骨を意識して腰をねじるとボートが安定する。ワキが開いちゃうのも直ってきた。バックサーフィンになった時に前傾になってしまうのがまだ直らない。これがスターン沈の原因だし、見た目にもカッコ悪いので直したい。
一度だけループをしたら上手くいったみたいで、上級者にも出来ていたよと言われた。もっとループしたいという色気がムラムラ沸いてきたが、そんなムラッ気を抑えて、その後もひたすらスピン。
下流のエディに落とされて担ぎ上がりをする回数も減ってきた。それでも何度も落とされたが。担ぎ上がりが無ければ、体力も奪われないのにな~。これまでスピンホールを敬遠していた理由です。上級者を見てると、ほとんど落ちない!

今日の水量はかなり良かった。バックウオッシュもふかふかしてる。私はスピンホールに詳しくないが、1.6x~1.7xがベストか。(違ったらごめんなさい。) 刺しても当たらない。上級者たちはバラエティを豊富に出してる。以前は1.5xも良かったそうですが、翌週の1.56では少ないし、岩に当たりました。
帰る前に安全ウェーブに入る。ウワーオ!ウェーブもイイ感じ!幅も高さもある。スピンしばりで疲れていたし、日が傾いていたので数回しか入りませんでしたが、もっと乗っていたかった。
優良ホールと優良ウェーブがわずか数十メートルの間にあるなんて、天国のようだ。スピンホールと安全ウェーブが常在していたら、関東のフリースタイルのレベルは全体的にアップするのだろうなと夢想する。現実には常在してないわけだが・・・。

文化の日三連休だったが土日仕事だったので月曜日しか漕げなかったのが残念だ。家から長瀞まで3時間、帰りは渋滞してるから3時間半以上かかる。スポットで集中力が持つのは3時間程度。たった3時間漕ぐのに、運転が6時間半か・・・。あまり考えないようにしてるが、遠いなあ。

この土日は井田川大会だったそうで、大会帰りの人もスピンホールに来ていた。
渡くんは若さある動きでキレキレ。動きが早くて写真のピントも合いません。
f0164003_10425410.jpg


Blue planet kayaksのベース。
f0164003_10431696.jpg

カヤックは盗まれないのだろうか・・・。性悪な私はすぐに、盗る・盗られる、と発想してしまう。私の心は汚れているのでしょうか。
おぐらさんに、盗られないんスかと聞いたところ、「長瀞には良い人しかいない。」とのこと。性善説。

PNB1253でガレット。季節の気まぐれガレットがおすすめです。
f0164003_11142641.jpg



11/10、11 親鼻1.56 玉淀ダム19トン
二週連続で長瀞へ。今回は一泊二日の予定。家が遠いから旅行みたいなもんですわ。川に到着した時点で、既にちょいと疲れてますよ。川に来てるだけでも褒めて欲しい気分です。そんな気分なのに、長瀞に到着して、ドライウェアを忘れたことに気づいて、膝から崩れ落ちる。アホー!
もう帰ろうかな・・・。そんな考えもよぎったが、3時間も運転してきて、泊まりの予定で来て、帰るのもなあ・・・と思いながらトボトボと川へ歩いて行き、スピンホールで練習中のファンテックりさちゃんにお願いしてウェアを貸していただきました。りさちゃん、ありがとううう。私と同じ名前だけど、あなたは善人ですわ!
そして翌日はアツコさんがウェアを貸してくれました。感謝感謝。もしかして本当に、長瀞には良い人しかいないのか!?

当然のごとく、今週もひらさわさんはいた。
f0164003_10452273.jpg

ひょっとしてひらさわさんは長瀞に住んでいるのか?と疑ったこともあったが、彼は精霊なのだから、精霊は棲んでいて当然なのだ。間違いない。

安全ウェーブもスピンホールも良かった先週よりも15cm減ってしまった。先週の好評を聞きつけたカヤッカーが多く集まっていたが、残念ながら浅くなってしまい、ホールは刺せば当たるし、ウェーブもブラントすると当たってしまうらしい。私はスピンしばりだから関係ないが。

先週はスピンが安定してできたのでスピン卒業かしらんと慢心していたら、水位が減った今週はまた失敗が多くなった。先週はバックウオッシュがあったから回れる面積も広かったが、今週はバックウオッシュが少ないので狭い範囲で点で回さないといけないらしい。点で回すというのが出来ないんだよなあー。あーあ。なかなか成長しないわね。
一泊二日したが、実りは少なかった。先週の良いコンディションの時にスピンしばりしていたのが、もったいないことをしたと後悔。ホールで刺せばよかったし、安全ウェーブにもいっぱい乗ればよかった。
長瀞は良い水位が長持ちしないですね。来週はもうキビシイかな。東北からSD SPORTS御一行様が来る予定なのにな。

by ya-ri-sa | 2013-11-10 10:44 | 川部 | Comments(0)