タグ:桂川 ( 18 ) タグの人気記事

 

鳥沢ホール・桂川

・7月下旬 大月2.63→2.60
f0164003_1524767.jpg

雨が降って増水。この水位なので、鳥沢はホールではなくウェーブになってると期待して行ってみると、一応ウェーブだけど、昨年の夏とは形が違う。昨年は2.4以上だと楽しい大きなウェーブだったが、この日は左岸側リップが立ち上がりすぎて、右走りしづらい。掘れたタイミングを見計らって右走りブラント。上級者でも角度は出せていない。右スピンしてトップに来れたら、左走りブラントも可能。右岸側が浅くてカミチンしたくないのは、いつもどおり。
2.63だと多いのかな?もう20cm減ったら良いのかなとも思ったけど、減っても形はそのままに高さが低くなるだけな気もする・・・。
乗ってる間にも徐々に減水していき、グリーンが無くなってきて前方に向けなくなり、サイドサーフィンのまま捕まり気味になってきた。私なぞは、ただ捕まって、ホール内で沈を繰り返してるだけ。外に出たくてもリップが壁になって邪魔するので、右岸側へ漕いでいって出たりしました。私より上手な人でも表情が曇ってきて、気分転換にホールの上のウェーブに乗ってみようと上流へ移動。

ホールのすぐ上流の瀬の、右岸側と左岸側それぞれにウェーブが出来ていました。左岸側は毎回担ぎで、右岸側はエディに戻ればリエントリー可能。乗れれば、スピードがあって、バンバン跳ねて楽しい。

動画は左岸側ウェーブの半ちゃん。並んで奥に見えるのが右岸側ウェーブです。
ブラント、ループ、ブラントマック。初見のウェーブで、即座にこれだけのバラエティが出せるなんて、半ちゃんはフリースタイルの才能あるな~。


これ、なーんだ?
f0164003_15235089.jpg

元祖スポンジの天然海綿です。6月にギリシャに行った時に、シーカヤックの現地ガイドがコクピットの水分を吸うのに使っていました。その吸水力に驚き、旅の思い出にもなると思って買いました。エーゲ海の海綿は良質なことで有名だそうで土産物屋でもたくさん売ってました。100円ショップの洗車用スポンジなどより吸水性がずっと良くて、愛用しています。古代ローマ人と同じものを使ってると思うと、なんか嬉しい。


・9月下旬 大月2.1x  猿橋~河合橋 6人で

四方津の公園に集合。着替えて、車をまとめます。ここには車は置いていきません。
f0164003_15233513.jpg


猿橋からスタート
f0164003_15243030.jpg


鳥沢ホールは中途半端な感じ。あまり巻いてなくて、刺しづらい。もっと減ったほうがいいのかな。というよりも、形が変わっちゃったような・・・。数回エントリーして、川下りを再開。

核心部をスカウティングする私。一応下見したけど、瀬に変化なし。
f0164003_15232463.jpg


ボトムを擦ることも無く、ダウンリバーは快適でした。桂川はアッパーじゃなくても下流でも十分にダウンリバーが楽しい。これで水が綺麗だったらカンペキな川だ。

f0164003_15255054.jpg

Qさんの動画
ダッキーに乗ったラナパパは、カヤックとは違うラインを行くのが興味深かった。

まだ夏気分で半袖ジャケットで行ったら、寒かった。

by ya-ri-sa | 2015-09-13 15:20 | 川部 | Comments(0)  

桂川アッパー

10月下旬から11月中旬にあったアッパーの取水停止期間に行くことができました。ブログを読み返すとアッパーは3年ぶり。おやー、そんなに行ってなかったかな。月日が経つのは早いです。

11/11 ロデオボーイ・ゲイシャホール→舟場橋~ハラキリ 2人で。

最初にパーク&プレイで、ロデオボーイ(マウスホール)とゲイシャホールに1時間弱。ロデオボーイは壊れて無くなったと聞いていましたが、2010年ほどではないですがけっこう遊べました。私は何もメイクできなかったけど。大きさがあって、つかまりません。上手い人にとってはキープ力が物足らないかも。ゲイシャホールは私には難しかったです。流速があって、サイドサーフィンもままならず、エディにすぐ戻らないと下流に落ちてしまう。

次にダウンリバーを2本。1本目はフリースタイルボート、2本目はクリークボート。
取水停止からもう2週間以上は経過してるので、水量が減ってるかなと思いきや、良い水量で楽しかったです。
舟場橋からの眺め。紅葉してる。
f0164003_17142171.jpg


サムライとハラキリのあいだの右岸側にあるウェーブが良かった。名前あるのかな。マイルドなので、スピン、ラウンドハウス、バックラウンドハウスの練習に良さそう。浅いので角度出すと当たるでしょうが、低角度の私には関係ない。小森さんはエアスクリューを決めまくってた。岩にバウを当てないように、バウが下がらないようにする練習になるみたいです。
f0164003_17151054.jpg

対岸の紅葉を眺めながら秋だな~と思っていましたが、岸辺に白い物がたくさんあることに気付きました・・・。これ、ぜーんぶゴミ。岸はゴミだらけ。ひでえ・・・。この川に水質や景観は期待してません。

2本目はクリークボート。1本目ではポーテージしたハラキリにトライした。真ん中コースで行って、途中までは狙いどおり。最後の落ち込みも良い進入で、出口も見えて、やったー成功だぜーと思ったら、そこで気が抜けて最後の一打を打たなかったようで、バックウオッシュを抜けれず戻されてしまった。2011年のように右横向きにつかまるかと思いきや、この日はホールというよりもフェイスのあるウェーブのようになっていてフロントサーフィン気味になってから沈して、外に出ました。

小森さんのブーフはメリハリがある。もやもや~としたブーフではなくて、スパッと切れ味がある。水をキャッチしてからタメを作ってるように見えた。タメといっても一秒以下のことだけど。フリースタイルと共通しそう。

フリースタイルボートで遊びながら下るのとクリークボートでサッサと下るという1日2本プランは、長いのも短いのも両方好きで選べな~いという欲張りな私にはピッタリなプランでした。今年5月にも水上でこの2本プランでやりました。


11/14 ロデオボーイ→舟場橋~ハラキリ 6人で。今井ちゃんに数年ぶりに再会できた。
まずロデオボーイで1時間弱。私は何もメイクできなかったけど、他の5人はカートホイール、ループ、マックナスティなど。カートが回る場所があるようですが、私はそこにボートを持っていけない。

ダウンリバーはフリースタイルボートで1本だけ。3日前よりも水位が減ってしまった。たった数日で変わってしまうようです。アッパーは参考になる水位計が無いので、行ってみないと分かりません。

サムライ直後のドロップに入ってみたけど、また井田川に来たかと思うほど横向きのまま何もできず。小森さんはここで高速カートホイールで8エンドほど回してました。すごーい。

3日前に良かったサムライ-ハラキリ間のウェーブは、水位が減ったせいで浅くなりイマイチになってしまった。浅くてドンキーフリップもできないようです。私もラウンドハウスができなくなりスピンだけ。このウェーブを期待して来たので、みんな残念そう。でも、ロデオボーイは3日前よりも残りやすかったので、もしかしたらロデオボーイは少なめのほうが良いのかも。
f0164003_9534012.jpg


余談:前回の記事で、2001年のモンベルカップの映像を見てうらやましく感じたと書きましたが、2001年とはどんな時代だったのでしょうか。私は中学生くらいかな。(ごめんなさいごめんなさいもうしません)
フリーウェーブの壁に貼ってある、wave sportsのボートに乗ったEric Jacksonのポスター。これは2001年にEJが来日した際に、清水アニキがあちこちへ連れ回してあげた時に贈られたポスターです。「アニキへ。カヤックは人生だ。でっかく生きろ。E.J. 2001」とサインしてあります。スマイルマークはこの頃からトレードマークだったようです。
f0164003_12351482.jpg

ポスターの右上に2001 MEN'S WORLD FREESTYLE CHAMPION と記載されています。その年のチャンピオンを招聘する予算が、当時のインポーター・メーカーにはあったということですね。今なら、Dane JacksonやPeter Csonkaを呼ぶようなものでしょうか。90年代初頭にバブル崩壊して2001年は不景気の底と言われてた時代のはずですが、外国人選手を招聘できるような雰囲気がまだあったのですね。

過去には外国人選手が来日してデモンストレーションしてみせてくれたことがあると、ベテランカヤッカーたちからしばしば聞きます。メルヘンチャペルの木曽さんは、Ken Whiting(日本名・白井健。ウソ。←過去のplayboatingネタ)を自腹でアテンド・食事・宿泊の面倒をみてあげたこともあるそうです。
ボケファンのK石さんのブログには90年代の吉野川での大会の様子が書いてあります。Shane Benedict、Clay wright など、私でも知ってるような有名人の名前がズラリ。すげー。
バブル期に青春を過ごしたかったな~。ロストジェネレーションの私には想像もできません。
現在でも、スクォートゥゲザーに Jim snyderや有力選手たちを招待し続けているスクォートの人たちは志が高いと思うのでした。

by ya-ri-sa | 2014-11-14 12:32 | 川部 | Comments(0)  

鳥沢ホール

**夏季に桂川ダウンリバーする場合は、釣り人の邪魔にならないようにしましょう。特に猿橋公園から曙橋の間は釣り人の数が多いらしいので、鳥沢をスタートにしたほうが無難かもしれません。釣り人の挙動を見て、釣っている最中は近づかない・近づく際は挨拶や合図をする・干渉してしまいそうならポーテージをする、など常識的な行動を心がけてください。** (この情報は、桂川漁協に連絡をとったことのあるコウさんから教えてもらいました。)

今年の梅雨は雨が多くて、いつもカツカツの関東の川に珍しく水があります。梅雨の長雨のおかげで鳥沢ホールが出ました。真冬の寒さの中を震えながら漕ぐイメージのある鳥沢ですが、6月に漕ぐと明るく開放的な雰囲気でした。
5日間のうちに、大月水位2.02~2.39という水位を経験しましたので感想を述べます。私はスポットを見る目が無いので、正確な情報ではないかもしれませんが、少しでも参考になれば幸いです。
ちなみに年末年始は1.97→1.95で、刺すと当たることが多かったですね。バウやスターンがけっこう傷つきました。それでもスポット難民の関東民にとっては希少なホールです。

2.02 と 2.05 年末年始と形状は同じだが、1.97よりも刺しても当たりにくくなる。上級者は「時々、当たる」と言ってた。角度やバラエティによっては当たるようだが、私の低角度プレイでは、ほとんど当たらなかった。
2.13 マイルドで慌てずにプレイできる。深さもある。私にとってはベスト水位。バックブラスティングがしやすい。
2.23 形状はホールだが刺しにくい。かといってウェーブでもない。中途半端。
2.39 ウェーブ。高さも幅もあって楽しい。けっこう迫力。上級者はエアスクリュー、ブラントマックなど。
私が漕いだ数日前に2.45という日があったらしいが、かなり大きなウェーブになり、上級者はウハウハだったそうです。

鳥沢ホールは、大月2m前後だとエディが広くて戻るのも容易だし、沈脱してもセルフレスキュー可能なこともあります。(ただし、一段下に落ちると単独では戻ってこれなくなるので、沈脱した人がいたらセルフレスキューできるだろと思わずにレスキューに向かったほうがいいです)
しかし、水位が高くなるとエディが狭くなりますし、流れも速くなるので、早めにエディに戻らないといけません。沈脱して下の段に落ちた場合はレスキューも時間のかかるものになりそうです。
また、どの水位でも、ホールの右岸側は浅いので近づかないほうがいいです。

このホールが常在してくれていたら、関東のレベルは全体にアップするのでしょうね~。


以下は写真。

大月2.13  サブちゃんのマックナスティ!
f0164003_19293293.jpg


大月2.23  けっこう大きく見えますよね。でもウェーブじゃない。刺しにくいホール。
f0164003_1919893.jpg


大月2.39 目印の岩に水が常時かぶります。
f0164003_19313836.jpg

同日。バックウオッシュがデカイ! エディの後方から見ると、乗っている人の姿は見えなくなります。
f0164003_19303359.jpg



漕いだあとは杉メシ。(つきあっていません)
f0164003_19322399.jpg


上野原のほうとうあずまも美味しいです。ほうとう以外の定食メニューもあります。
f0164003_16254961.jpg


大月駅前の月カフェ。イタリアン銀串焼き鳥がワインに合いました。
f0164003_19334316.jpg

漕いだ後だけでなく、朝8時半からモーニングメニューもやってますので朝から優雅な時間を過ごしたい時にどうぞ。月カフェのHP(音が出ます)
この店で今年1月に年始パーティーを行いました。
f0164003_1614919.jpg


**上野原高校近くの道路にはポリスがいて、携帯電話や速度違反をみていますので要注意です。先日もカヤッカーがスマホに一瞬だけ触れたことで罰金を払うことになりました。あの辺りでは、40km/hをキープして、両手をハンドルに。

by ya-ri-sa | 2014-06-14 15:55 | 川部 | Comments(0)  

桂川 年末年始

鳥沢1.97

今回の桂川シーズンはかなりアツかったですね。鳥沢は一日じゅう陽がささず寒かったですけど。
真冬だというのに熱心に通うカヤッカーが多く、関東のフリースタイル熱はこんなにも熱いのかと思わされましたし、情熱はあるのに通年スポットが無いためスポットに飢えてるということも分かりました。

私はのべ9日ほど漕いで、最終日にはカートホイールが初めて4エンド入りました。嬉しかった!アドバイスくれた人、本当にありがとうございます。4エンド入ったのはほんの数回ですが、それでも嬉しい。「一回でも、まぐれでも、できた。」というのは、自信につながり、続けてみようというモチベーションにつながると思います。
「安定したマイルドなスポットで繰り返し練習することで上達する」というのは私だけでなく誰にでもあてはまり、他の人がどんどん上達していく姿を3週間のあいだに見ることができました。おっかなびっくりサイドサーフィンしていた人がスピンくるくるになったり、カートは得意だけどループは苦手という大塚さんがループも飛ばすようになっていたり、綺麗なループするミキティがゴジラもメイクするようになったり、セトッチのマックナスティが高角度になっていたり、ひとみちゃんのオービットの精度が上がっていたり。
安定した通年スポットがあれば、関東のレベルは全体に上昇するし、上達できれば面白いから続けようと思えるのにな~と思いました。

人が多く集まると駐車場トラブルなどつきものですが、みんなが駐車場マナーを守り、乗り合わせて台数を減らすなど工夫してるようでした。

f0164003_2317064.jpg

わたくしごとですが2014Rockstarに変えました。07スターにずーっと乗ってましたよ。鳥沢ホールでは、07に比べてフリースタイルがやりやすくなりました。07にこだわらず、もっと早く10スターやロックスターに変えれば良かったのかもしれません。でも、07で練習していて良かったと思えることも、鳥沢で実感できました。07でループをしようと思ったら、流れに対してまっすぐに刺さなければいけません。流れに対して少しでも斜めに刺すと、ヨレてしまいベシャっと倒れてしまうので。おかげさまで、丁寧にまっすぐ刺す癖がつきました。14Rockではループも飛ばしやすくなったけど、斜めに刺さっても倒れずに無理矢理ループにもっていけます。もちろん綺麗に飛ぶにはまっすぐ刺さないと。ボート形状の進化でループがやりやすくなったと言えるのかもしれないけど、やり方が雑になりそうな気もしました。せっかく07でまっすぐ刺す癖をつけたので、それは今後も意識しようと思いました。

1月4日のQさん動画。


2年前のJBホール動画。画質悪くてすんません。


以下は日記形式。

12/30
スギちゃんとマコトさんとベビトラ(あさひさん、ナベさん、コウさん)と6人でダウンリバー。鳥沢は混雑していたので数回しかエントリーしませんでした。
ピラミッドの上流にある、中央右岸よりのホールが沈脱者あり。このホールは既に数名の沈脱者を生んでいるようなので注意です。
大月1.97という数字のわりには、以前に比べてボトムを擦らない気がしました。快調なダウンリバーを楽しみました。
休憩時間にチョコレートを食べながら「今、ダイエット中なんですよ~。」と言っていたら、ナベさんに「常にダイエット中だね。」と言われた。もう15年くらいダイエット中です。
f0164003_23421080.jpg


12/31
いとーさんの呼びかけで、大晦日だというのに大人数が集まりダウンリバー。みんなヒマ?
回送組が戻ってくるのを私は鳥沢ホールで待っていたのですが、この日最初のループを仕掛けたら、ジャンプした時点でスプレーカバーが外れて沈脱。なんてこった!
まだフィッティング不十分だったので、前転で腰が抜けたようです。今年2月にクレオパトラで二日連続沈脱をして以来、沈脱していなかったのに、大晦日にまたも桂川で脱するとは。これで2013年の沈脱回数は3回です。すべて桂川。とほほ・・・。2013年のミソギを済ませました。

クレオパトラは健在。私は近づかず・・・。
f0164003_23183599.jpg


塩瀬大橋の下のウェーブ。どうにかしたら乗れるモノになりそうだが。ほとんどの人がエントリー失敗してましたが、長乗りできてる人も少数いました。
f0164003_2324254.jpg


1/3,4,5,11,12
連日、鳥沢は大盛況。20人は当たり前。ごっちゃり・・・。
f0164003_23205932.jpg

混雑を避けて、寒い朝に出動してみましたが、それでも行列でした。それなら午後に来れば空いてるかと思いきや、夕方まで行列でした。空いてる時間は無いようです。ただでさえ寒いのに、行列していると待ち時間に体温が奪われて、体が冷えます。エントリー回数は少ないので漕ぎ疲れてはいないけど、寒さで体力と気力が奪われるのでした。それでも多くの人が集まるのだから、いやはや熱いシーズンでしたね。

1/18
大阪からまっちょさんが、家庭の瀬を乗り越えて、日帰りという強行軍で来てくれました。まっちょさんとは2012年10月に立岩で二人きりで漕いでいて、二人で同時に沈脱した仲です。
f0164003_23214090.jpg


2月上旬まで取水停止のようですが、私は都合によりこの週末で桂川シーズンおしまい。最後にみんなで美味しいものを食べたいと思いパーチーを企画しました。大月駅前の月cafeさんでお食事をいただき大満足でした。味よし、ボリュームあり、リーズナブルで、店員の感じがとても良い。文句なし。自信をもっておすすめできます。朝8時からモーニングもやっています。漕ぐ前、漕いだ後、訪れてみてください。

ポークリエット。ワインに合って旨い。
f0164003_23163765.jpg

オーナーと集合写真
f0164003_23152549.jpg


1/19
食事の後は都留市の小高い場所にあるコテージに宿泊したのですが、目覚めるとそこは銀世界。私の車はノーマルタイヤ・・・。岐阜の長谷川さんに運転してもらって、なんとか下山。あわててダウンリバーの集合に向かいました。たくさんの人にご心配をおかけして、朝から変な汗をかきまました。
10人以上でダウンリバー。核心部上のウェーブがサーフィンしてるだけで気持ちよかった。
この日のすやまさん動画。


漕いだあとは杉メシ。その筋肉は料理に必要か?
f0164003_23393748.jpg

ダッヂオーブンで鶏肉
f0164003_2340162.jpg

これはピザ生地。
f0164003_2341083.jpg

うまし。
f0164003_23412069.jpg

by ya-ri-sa | 2014-01-19 11:44 | 川部 | Comments(0)  

桂川  沈脱クレオパトラ

**桂川で漕ぐ際の集合場所について。
2/17に多数のカヤッカーの車が、四方津のコンビニに集中してしまい、店側からクレームが出たそうです。取水停止期間が短いために、多人数が集中しがちですが、地元に迷惑をかけないように以下のことを心がけましょう。

・なるべく乗り合わせて来るようにして、車の台数を減らす。
・コンビニの利用は、「買い物目的&短時間滞在」にとどめる。待ち合わせ時間のずっと前から駐車しない。着替えやボートの積み替えはしない。
・着替えやボートの積み替えは、公園や有料駐車場を利用する。

買い物目的&短時間滞在にとどめれば、コンビニ利用が悪ではないでしょう。また、特定の店に集まらず、分散すればよいと思います。大月・上野原には他にもコンビニはありますので。例えば上野原インター近くの7-11は駐車場も広いです。
上野原の島田中学校前の川原も積み替えはできると思います。
私が利用したことある場所では、コモアしおつの坂を上ってすぐの運動広場で着替えとボート積み替えしたことあります。駐車はしていません。また、中央道で遠征に行くのに藤野駅前駐車場で車をまとめたことがあります。参考になれば幸いです。**


2/16 大月1.76  鳥沢~河合橋
川に近づくと臭いが・・・。前回に「いままで、水質がイマイチとか言っててゴメン。もう贅沢は言いません。」と書いたばかりだが、清流派の私としては、やはり、うーん・・・。
f0164003_198274.jpg

鳥沢の上には3つのウェーブがありました。サーフィンの練習になります。
f0164003_1983644.jpg

鳥沢ホールは、大月1.76ではやはりバックウオッシュが弱く、浅かった。刺すと当たるのは以前からだが、もう少し水量が増えると、巻きとバックウオッシュが強くなるかも。ホール形状も変化してるのかもね・・・。
真冬でも低水位でも、みんな熱い。10人くらい。
f0164003_19193171.jpg

私は10回くらいエントリーしてダウンリバーへ。川下りするぶんには、水量の少なさは気になりませんでした。

かつてピラミッドと呼ばれたスポットは今は消滅。
この水位ではスフィンクスには多く、ウェーブがのっぺりしていて、バックウオッシュが薄かったです。エントリーできた人でも、すぐフラッシュしてました。
私はエントリーすらできず、左岸側のドロップに吸い込まれて、捕まり、沈脱。チームけんちゃんのリーダーであるけんちゃんが速やかにレスキューしてくれました。
「絶世の美女が脱いだ!」ということで、このドロップはクレオパトラと名前がついたとかなんとか。
クレオパトラについては後述します。
翌日に同じ場所で、もう一回沈脱するとは、この時は想像だにしなかったのであった・・・。
(Ken,Fjn)

2/17 大月1.76  鳥沢~河合橋
今日もまずは鳥沢上のウェーブで体を温める。
鳥沢ホールは左岸側のエディが狭くなりましたね。右岸側エディで待つ人も出てきました。
f0164003_19102679.jpg

この日は、たくさんの人が鳥沢ホールに集まりました。最大時で40人くらいいたとか。
ほかの地方に遠征して、名も無いホールやウェーブで遊んだ時に、「スポットに飢えてる関東なら、ここに20人、いや30人くらい並びますよォォ(涙目)」とローカルカヤッカーさんに言うと、「まさか。こんなショボイ所に行列するわけがない」と信じてもらえません。本当なんですゥゥ。(号泣)
f0164003_19105641.jpg

私は3-4回エントリーしてダウンリバーへ。下りながらスポットを拾って遊びます。
今日はベビトラに御一緒させてもらいました。(Kunu,Ash,Wtnb,Fjn)
f0164003_19401943.jpg

コウさん、いぶし銀のスピン。
f0164003_19221616.jpg

ホールに突っ込むナベさん。
f0164003_19235972.jpg

あさひさん、サーフィン上手。
f0164003_19244532.jpg

さて、クレオパトラについて解説しましょう。クレオパトラはスフィンクスのすぐ横にある、見た目には地味な、単なる落ち込みのことです。
下ってくる時は、どこを通っても大丈夫。横向きに落ちなければ。
f0164003_19252749.jpg

スフィンクスにエントリーするためには、下流側からウェーブの肩(青)を横切ります。大月1.76の場合、緑色の矢印の向きの流れがあるためボートが横スライドさせられ、クレオパトラに吸い込まれます。
f0164003_19412591.jpg

バウを右岸側に向け続けて、しっかり漕げばエントリーできますが、漕力が弱かったり、バウを左岸側に向けたら最後、あっという間にクレオパトラへ。
下の写真は、既に横スライドさせられている位置です。しかし、力強く漕ぎ抜けたため、クレオパトラには捕まりませんでした。
f0164003_1927553.jpg

スフィンクスに適した水位の1.6台なら、緑色矢印の流れも弱いのかも。そもそも1.76ではエントリーした所でフロントサーフィンしてフラッシュなのでエントリーする意義も無いかもしれません。
しかし、前日にここで沈脱していた絶世の美女である私は、「苦手意識を払拭したる!」と鼻息荒く、スフィンクスエントリーを再挑戦するも、またもやクレオパトラへ吸い込まれて沈脱。頭まで打ったよ。苦手意識を払拭するどころか、より強固なものへ補強されたのでした。沈脱ってメンタルが影響するからな~。雪どけ前の連続沈脱は、やばいぞ~。

というわけで・・・、大月1.76のクレオパトラに気をつけろ!
ここで捕まった人って、他にもいるのでしょうか? あとにも先にも私だけだったら、こっぱずかしい。報告を待つ。


<近年の沈脱>
2010年 2回 ・二週連続で、流れの緩やかな所で、ロールもかけずに脱。精神的なもの。
2011年 1回 ・桂川アッパーのハラキリで。
2012年 2回 ・早岐で仮装してヘルメットが重くなったため。 ・立岩ホールでレンタル艇にスプレー合わず、外れたため。
近年の沈脱は、回数も少なく、どれも仕方ない系のものと自分勝手に解釈していた。だが、今回の二日連続沈脱は、普通すぎる。普通に沈脱・・・。ショッキ。

by ya-ri-sa | 2013-02-17 19:45 | 川部 | Comments(6)  

桂川

**当面は、曙橋が見える河原からのプットインは控えたほうがよさそうです。地元の方から注意があったようです。私も詳細は分かりません。各自が直近の情報を確認してください。

大月2.4x ? 猿橋~河合橋
日本にやってきたミラー家を迎えて。ケビン、ミシェル、レベッカ。
オープンカヌー乗りの夫妻は、今日が日本での初カヌー。楽しんでくれたかな。赤ちゃんがいるので、夫婦で途中で交代してました。
赤ちゃんもブラウンしてる。かわいい。
f0164003_0345631.jpg


鳥沢上ウェーブ(フェイクトゥーン)は無くなってたけど、上の上ウェーブと、上の上の上ウェーブが出現していたし、もちろん鳥沢ホールもウェーブとして存在。数十メートルの間に三つもスポットがあるという豪華な状態。
今日はダウンリバーがメインだったので、スポットは数エントリーしかしなかった。

上の上ウェーブは横幅が広く、落差ある。右岸側の入り口が暴れてるので、エントリーしたら早めに奥へ。一回でロール上がれば広々エディに入れる。私は何もできなかったけど、上級者ならでかいの決められそうだし、バックウォッシュがあるので落ちないでしょう。
上の上の上ウェーブ(まえだまえだまえだ、みたい。)は、小滝ウェーブと同じくらいの落差で、小滝よりも幅広、左右対称にした感じで、私レベルにはマイルドなウェーブ。ただし、小滝のほうが掘れてるかな。沈すると、上の上ウェーブに落とされるが、上陸したら、担ぐまでもなく、10歩ほど引きずれば再プットインできます。

上の上ウェーブ。厚いバックウオッシュ。
f0164003_0312166.jpg


ダウンリバーして下っていくと、支流からの流れ込みで、大月水位以上に増えていく。今まで漕いだ桂川ロウワーで最も良かったかも。
核心部は4人で団子になってチェイスを試みたが、くっつきすぎたり、離れちゃったりで、うまくいかない。チェイスって難しい。縦横無尽で等間隔でチェイスしてるのは、さすがですねー。

ダウンリバーもスポットも両方楽しめて、桂川ウォーターパークだな。いままで、水質がイマイチとか言っててゴメン。もう贅沢は言いません。

by ya-ri-sa | 2012-06-24 23:00 | 川部 | Comments(0)  

桂川

雨が降って増水したので、桂川に出かけてきました。土曜日は小雨と曇り、日曜日は晴れて気持ち良かった。

土曜日
大月1,91-4 曙橋~河合橋
トロ5、ほりほり、ふっちー、わたし。鳥沢でナベさん合流。
f0164003_22562413.jpg

鳥沢ホール。見た目は幅広だが、中央は浅くて、左岸側だけ使える。
スピンできなくてヘコむ。ここでスピンを覚えたはずなのに。
f0164003_22572165.jpg

行列になるかと思いきや、10人弱で快調なローテーション。
ダウンリバーは水たっぷりで楽しかった。水位は以前に比べて、鳥沢ホールは10cm、ダウンリバーは20cmくらい違う。この日はスフィンクスは多くて乗らず。
この日の情熱大陸は110さんです。みんながダウンリバーで去った後も、ひとりでホールに残り、日没まで漕ぎ続けていました。

日曜日
大月1.84  曙橋~河合橋
トロ5、ほりほり、ふっちー、ふじい、やまぐち、ちば、スモも、わたし。
昨日より10cm少ないが、ダウンリバーも楽しいし、あちこちに小さなスポットもあった。桂川はこれで清流だったら、夢の川だなー。
スフィンクスの主であるトロ5さんに言わせると、今日はウェーブで、乗れる上限とのこと。これから減っていくと、バックウオッシュがしっかりしてウェーブホールになっていくみたい。私は初めて乗ったけど、良いスポットでした。ここだけ来てもいいな。

2012年春便のジャクソンカヤックが入荷しましたね。新素材HDPEで、これまでより軽いという噂です。

当社比
f0164003_2254323.jpg

冗談です。
実際、持ち比べてみたけど、違い分からんす・・・。

この週末は雨による増水で、城山ダム60トン弱。相模川・大島ウェーブも出てたようです。ヤンキーウェーブのすぐ下。見に行ったんだけどそそられず漕ぎませんでしたが、後で漕いだ人に聞くと、なかなか良いウェーブとのこと。次回は乗ってみよう。

by ya-ri-sa | 2012-03-11 22:52 | 川部 | Comments(0)  

桂川アッパーの動画

マブハイ!

ふっちーさん作成の桂川アッパー(アゲヅラ)の動画。力作です。これからアッパーを下ってみたい人におすすめです。
この秋の複数回のダウンリバーをまとめたものだそうです。水たっぷたっぷ。



そして、前回お知らせした、私が参加した桂川アッパーの本編が届きました。
水位が上の動画よりも70-100cm低いため、川相が異なってます。


0:00 ふっちー、舟場橋下ドロップで岩にぶつかる。痛そう。ぶつかった右手側の岩は、先週までなら水がかぶっていて露出していない。つっちー、沈したまま岩にはりつく。縄師カネダ、ズッコケる。波乱の予感。桂川に誕生したアトラクション・ヅラシックパーク。
0:25 舟場橋下のドロップを降りたほりほりさん。無事着地したと思いきや、スターンからホールへと引き戻されています。
1:11 サムライをポーテージするつっちー。やろうと思えば、ここはポーテージできるんですな。
1:27 ゴーンと鐘を突くように、バウが岩に突っ込んだwoodsさん。
1:30 こちらもゴーンと鐘が鳴るほりほり。
1:47-2:23 サムライをチェイスするの楽しそう。
2:30 ハラキリをクリアするtaibaba、ふっちー。お、今日のホールは捕まらないみたいね。
2:46 私ハラキリ初挑戦。映ってないが、瀬の序盤でボートが横を向いてしまい、あわや後ろ向きで落ちそうに。あわてて前を向いたけど、よけようと思っていた岩を乗り越えてしまった。
2:50 捕まった・・・。沈脱。ところが顔が出ない。3:03に沈してから、次に顔が出るのが3:14。ダウンタイム10秒!見ていたほうは焦ったそうです。捕まってたのではなく潜らされたみたい。私が出た後も、しばらくボートは残ってる・・・。ロープ職人(縄師って呼び方のほうがエロい感じ)が、閃光のごとくロープを投げてくれました。
4:01 男女平等!女性にも機会を均等に与えよ!という志の高い人たちばかりだったので、ヤリサ嬢までもブーティビアをいただきました。おえ~。

2010年の関西バージョンのアッパーはこちら

今年の大水でシュガードロップはシュートになっちゃった。マウスホールは遊べない。
それにしてもラウンドボトムが乗りこなせないままだ。もうあきらめようか。ボートが意図しない方向に向いてしまう。ラウンドボトムに挫折して新しい艇に変更するにしても、春の雪どけに備えるには、冬のうちに乗り慣れておかなきゃいけないから、そろそろ決めなきゃだわ。フムー。

それじゃあ、マブハーイ!

by ya-ri-sa | 2011-11-27 23:11 | 川部 | Comments(2)  

土曜・御岳スラ 日曜・桂川アッパー

土曜日 御岳
調布橋 -2.57
みたけカヌー教室でスペシャルレッスンが開催中です。おすすめですよ。私のクラスは橋本夢大先生でした。的確なアドバイスをいただきました。
エディラインに対して、3時または9時で入るのができない。また、その前の一打をどこでどう打つかも分かってない。プレイボートに乗ってるとエディにさえ入れればよいというクセが付いちゃってる。
水流を感じずに、自分だけの力で動かそうとしても上手くいかない。フリースタイルに共通します。
あと、フラットを保つ。これもできない。2008-9年にステップアップコースで悩んだことと変わってない。
午後は、同じくスペシャルレッスンに参加していたセトッチ、さのっち、大塚重工のグラビティ三人組と一緒に、放水口から地味練習。みんな熱心でした。

骨豚亭のこの土日限定の野菜ラーメン。鶏ガラスープに野菜スープをブレンド。うまかった。
f0164003_20495410.jpg

大月の猿橋公園へ移動。前泊組で七輪を囲んで晩酌。


日曜日 桂川アッパー
禾生~岩殿山 (参考値 山中湖3.65m 大月1.67)
前週までは水が豊富にあったようだが、それももう終わりのようで、今週末は水位はかなり低い。去年下った70~100cmは低い。少ないものの、楽しく下れる下限といった程度でした。水位が高い時は見えなかった岩の場所などが分かって、スカウティングにもなりました。
ハラキリ以降は鬼漕ぎしてゴール。
急いで着替えて、ランチのラストオーダーに間にあうように、ピッツエリア"B"へ。昨年のクリスマス以来です。

ふっちー監督のもと、水上カメラマンwoods、ロープ職人カネダ、男優taibaba、女優・ほりほり・つっちー・ヤリサ、陸上カメラマンとMashi、この8人で大河ドラマを撮影しました。撮影クルーの皆さん、ありがとう~。
ダウンリバーの詳細はネタバレになるので、後日に記します。
今回の大河ドラマの予告編です。本編が気になる!

by ya-ri-sa | 2011-11-25 23:19 | 川部 | Comments(0)  

桂川

11/6
大月 1.82  猿橋~河合橋
柿の種仙人、へたっぴカヤッカーさん、ロシア人カヤッカーAntonさん、林夫妻、みずおちさん、私の7人で。

昨年のクリスマス以来の桂川です。今年も何度か増水していたようだけど、ぜんぜん来れなかったなー。今年は、長良川もタンの瀬も行ってない。いろいろあって、思うように漕げない年でした。来年はいろんなゲレンデに行けたらイイなあ。

猿橋からスタート。水は少ないが、ボトムを擦るのがストレスになるほどでは無かった。これ以上減ったら、気がすすまないな。後半のゴルジュは迫力不足。
f0164003_0405990.jpg

鳥沢ホール。以前の大月2.0弱の感じ。浅いけど遊べる。数回のエントリーで、長居せず。
f0164003_0432678.jpg

f0164003_0402265.jpg

あきやまさん、トロ5さん、みぶさんも合流。
核心部はスカウティング。数週間前、ここから無人のボートが流れていって行方不明とのこと。
f0164003_0412682.jpg

くもり時々小雨。一緒に漕いでくれた皆さん、ありがとう。
f0164003_0403821.jpg

夕飯は上野原インター近くのイタリアン「ボンシェ タカ」に、林夫妻と。川帰りでは入りづらい店と思ってたけど、入ってみれば店内は町の洋食屋さんという感じで、ラフな格好で気負わずに入店できます。パスタ800円からで値段も心配なし。


柿の種仙人さん作成動画。1:25で、私のカートが2エンド入ってるではないか。どうせ1エンドしか入らないと思い込んでるから、回すのをやめちゃってる。もったいない。出来なくてもいいから、3エンドにつなげるぞという気持ちが必要だな。

写真は林さんとすやまさんにいただきました。

by ya-ri-sa | 2011-11-14 01:23 | 川部 | Comments(2)