タグ:早岐 ( 12 ) タグの人気記事

 

早岐ウェーブと波佐見

早岐ルール(フラッグ掲示&監視役を立てる)も、だいぶ周知されてきたのではないでしょうか。
早岐ingトゥギャザーという掲示板もありますので、ウェーブに行く前に読んだり書き込みされるのもいいかもしれません。
フラッグについてですが、ローカルさんから聞いたところ、「漕ぎ始める直前に吊り下げて、漕ぎ終わった直後に回収してほしい」とのことでした。つまり、「無人なのにフラッグが掲示されている状態が無いように」とのことです。

安全面としてフラッグと監視が有効なのは分かります。でも、私個人の本音としては、フラッグは良いけど、監視はモヤっとする。というのも、監視する時間がピッタリと等分にはならないし、「見てるから漕いでていいよ~」と言ってくれる人のお言葉に甘えてしまうけど、それじゃ申し訳ないという気持ちになり、不公平感(私のほうが長く漕いでる)が気になっちゃうの・・・。

だが、しかーし!
早岐ウェーブで漕げなくなるかもしれないという危機において、ローカルカヤッカーさんたちが頑張って交渉してくれて獲得したルールですので、遵守していきましょう~!!

橋の上には、フラッグを吊り下げてくれたのらくろさん
f0164003_20582065.jpg


私は早岐に来ると左走りばかりやってしまうが、今回は人数が少なくてエントリーがたくさんできたので、右走りとバックスタブをなるべくやるようにした。

私だけのショボイ動画だから見なくていいよ。ぜんぶラウンドハウスになっちゃう。
私の動画など見てもなんの参考にもならないが、へたっぴの私がジタバタもがいてる姿を見て、励まされる人もいるようなので。


今年の早岐はこの一回だけで、次は来年です。あちこち遊んでばかりで金と時間が無い。金と時間は有限なのです~。

今回、初めて会ったYさんは、以前からこのブログを読んでくれていたそうです。
ブログを読んでくれてるまだ見ぬ人と、いつかどこかの川や海で会えるのかなと想像すると、なんだか愉快な気分です。

カヤックの話はここまで。


早岐に来るとウェーブが出ている以外の時間も楽しみのひとつですね。とくに、ウェーブが出る時間が遅めの日などは、朝から3~4時間はヒマだったりします。(または、家族連れの場合で、自分が漕いでる3〜4時間を、どこかで時間をつぶしていてほしい・・・という人もいますね。)

この時間、さまざまな過ごし方があります。例えば、西海橋や九十九島やハウステンボスなどの景色の良い場所に行くとか、佐世保市街地へ行って散策したり水族館を見たり佐世保バーガーを食べたりとか、または車が無い場合は早岐の町内や潮音荘でゆっくり過ごすのも良いでしょう。
ただし、佐世保市街は駐車する場所が見つけにくかったり、往復の道が混んだりするのが、ちとストレス。なんべんも早岐ウェーブを訪れているうちに、私は道がすいてる方面へと向かうようになりました。

陶磁器を見るのが好きですので、有田町の佐賀県立九州陶磁文化会館(県立だけあって立派で、内容も濃い。なのに無料。9時開館。車で25分)や、三川内焼美術館(簡潔な内容。無料。9時開館。車で10分。すぐ近くの、福岡のソウルフード「牧のうどん」を食べるもよし。)などを訪れています。
少し遠くなりますが(高速利用で30分)、嬉野市へ行って、緑茶を購入したり、佐賀平川屋嬉野店で温泉湯豆腐を食べたこともあります。

今回は「いま、波佐見がキテる。波佐見がオシャレ化してる」という情報をキャッチして、でかけてまいりました。車で約25分です。
波佐見焼をご存知ですか? 伊万里焼や有田焼や唐津焼は全国的な知名度が高いですが、波佐見焼や三川内焼は早岐に来るまでは私は知りませんでした。カヤックのおかげで見聞が広がります。
伊万里焼は色使いが派手で絢爛豪華なイメージですが、波佐見焼はシンプルな柄で値段も手頃で庶民的なイメージです。波佐見焼は最近人気でして、無印良品や大手スーパーの自社ブランド商品などで採用されています。

「皿は欲しくない。おしゃクソも嫌い。」という人は、ここから先は読まなくていいですよ。
(おしゃクソ=おしゃれクソ野郎の略)

まず、手っ取り早くオシャレ気分になりたい場合は、「西の原」と「マルヒロ」、この2カ所をおさえてください。

西の原はエリア名で、複数のショップが同じエリアに立ち並んでいます。波佐見で最もオシャレな場所です。若い人がたくさん来てました。
f0164003_2141830.jpg

雑貨のセレクトショップや輸入食料品店やカフェやアートスペースなどがあります。私はここでコーヒーや調味料を購入して、カフェでお茶しました。
f0164003_2103112.jpg


そして、丸広(マルヒロ)
年寄りくさい陶器店のイメージとは、まったく異なります。

おしゃれな店内
f0164003_211352.jpg

ディスプレイもおしゃれ
f0164003_20585319.jpg

私は陶器や漆器が好きでして、「見ると買ってしまう病」ですので、そういう店には近づかないようにしており、デパートの食器売り場ですら目をそらして歩くようにしています。
でも、こんな店に来たら、買うてまうやろ~。理性を失って爆買いしそうになるのを抑えながら、数点購入しました。

スタッキングできるコーヒーカップ3つ。オレンジやベージュなど、他の色も欲しかった~。おそろいのソーサーも買えばよかった~。
店外のオブジェのモチーフにもなっています。
f0164003_2112090.jpg

白磁に藍色という波佐見焼らしい皿。円錐形の形が気にいりました。
f0164003_2134313.jpg

お料理が映えるでしょ。
f0164003_20593214.jpg


別のメーカー・西海陶器の「くらわんか椀」こちらも藍色が綺麗。くらわんか椀というのは、どんぶり代わりに使う普段使いの椀で、どんな料理もこれに盛れそうです。
f0164003_2114911.jpg

西海陶器は大手でして、自社で複数ブランドを持っています。

購入した陶器を使用してみると、手になじむ感じや、口ざわりも良くて、普段使いのお皿としてすっかり波佐見焼が気に入ってしまいました。マルヒロや西海陶器のような有名どころ以外にも、たくさんの陶工メーカーがあるようですので、今後も少しずつ訪れていきたいです。

波佐見の「やきもの公園」は無料です。
f0164003_2121547.jpg


波佐見町の20~30代の若者たちが、我が町を盛り上げよう・たくさんの人に来てもらおうと、いろいろ工夫や努力してるのが伝わり、好印象の町でした。

by ya-ri-sa | 2016-06-05 20:53 | 海部 ・ フリーウェー部 | Comments(0)  

早岐ウェーブ

毎年2回は行ってる早岐ですが、昨年2014年は0回。早岐遠征は飛行機代などで金額は高くつくけれど、予定を早くに決めることができるので、仕事してる時のほうが行きやすい。昨年は無職で無収入でしたし、気ままに放浪していたので、あえて早岐には行きませんでした。
2年ぶりに乗ってみたら、やっぱり最高に楽しいウェーブでした。


・6月初旬
かいもとさんが合宿しようと呼びかけてくれたので、馳せ参じました。かいもとさんが長崎空港に迎えに来てくれました。ありがたや~。
早岐ルールで陸上に見張り役を立てなければいけませんが、かいもとさんは自分が見張りするからと言って、ほとんど私とよしこちゃんに漕がせてくれました。も~、頭が上がりません。感謝です。

世界大会を控えたよしこちゃんをはかいもとさんの指導を受けて、さらに技が大きくなっていきました。

私の動画なぞ見てもつまらないので、最初によしこちゃんのライドを入れました。高さとキレのあるよしこちゃんのブラントをぜひご覧あれ。0:29からは私だけなので見なくていいよ。

よしこちゃんのような打点の高いブラントができるようになりたいな。食っちゃ寝~、食っちゃ寝~の私の生活では、無理だな~。

居酒屋きしかわで宴会。料理も美味しく、日本酒の品揃えが良い。地元の人で満席です。
f0164003_10445589.jpg

きしかわのマスターの笑顔が素敵
f0164003_10451945.jpg

chunちゃんはSUP。ほのぼの~
f0164003_10464517.jpg

スーパーまるたかで大村寿司を買う
f0164003_11344989.jpg

2012年の私の大村寿司
f0164003_11104711.jpg



・9月下旬
スプラッシュロデオ参加を兼ねてやってまいりました。迎えに来てくれたサトちゃんとさっちん、ありがとう~。

潮音荘さんのおもてなし精神は素晴らしいです。
f0164003_10471736.jpg

世界広しといえども、カヤックに「様」を付けてくれるのは潮音荘だけ。
f0164003_10474797.jpg

ひとみちゃんの16Rockstarを試乗させてもらう。14ロックはSサイズでも大きく感じていたけど、16は私でも大きく感じない。14もよく走るボートだったが、16はさらに前方へと走る。ただし、ブラントは高さが出せずに低空飛行になってしまう。どうやら、14とは乗り方を変えなければいけないようです。
世界2位に輝いたHitomi starに私が乗っても、もっさりブラントしか打てず・・・
f0164003_11455556.jpg

前夜祭の一次会はきしかわ。きしかわは店員さん達の動きが良い。酒が出てくるの早い。
f0164003_1134314.jpg

二次会はロックバー
f0164003_10482241.jpg

せいま君がドラム
f0164003_10545027.jpg

歌本で曲を決めて、バンドに演奏させる恐ろしい女性陣
f0164003_10551299.jpg

原子力ロボットが暴走。ボーカルからマイクを奪う
f0164003_10555323.jpg

目がすわったロボットに説教されて苦笑するなわたさん
f0164003_10563772.jpg

アルコール注入されたロボットが、夜の町を文字通り暴走していました。酔った状態であんなに速くダッシュで走れる人間を、私は今まで見たことありません。やっぱり人間じゃなくて、ヒト型ロボットなんだな。

スプラッシュロデオには'10年、'11年、'12年、'15年と参加させてもらってます。
f0164003_113084.jpg

開会式でさっちんから競技説明
f0164003_10595055.jpg

昨夜から明け方まで暴走していたというロボットは機能がシャットダウン。
f0164003_110840.jpg

ギャラリー多い
f0164003_1103980.jpg

難易度の高い技「ヤスミン」のメイクに成功したタダさん
f0164003_1132935.jpg

私は魔女の宅急便のキキで45秒コンプリート。
年齢的には美魔女・・・。いいえ、27歳です。
f0164003_11162771.jpg

鬼太郎も登場
f0164003_119956.jpg

ビールマン・グッチ
f0164003_11451487.jpg

大会運営してくれた九州フリースタイルカヤッカー様、ありがとうございます。
f0164003_10442598.jpg

やまね夫妻と井出ちゃんぽんを食べて帰る。ちくりんさんの車はオモチャ積みすぎ。
f0164003_1136782.jpg


(写真は小林ヒロさんにもらいました)

早岐のブログのカテゴリは「海部」にしてる。ここは海の一部だろうから。

by ya-ri-sa | 2015-09-27 15:35 | 海部 ・ フリーウェー部 | Comments(4)  

早岐2013  佐世保くいだおれ

熊本の太郎さんはバラエティが多いので、見てて楽しい。へリックスも!
f0164003_21292029.jpg

早岐スペシャルの製作者・なわたさん、高角度!
f0164003_2129418.jpg

角度ゼロの私。せっかくの早岐スペシャルを生かせてない・・・。ブラントに変なクセが付いてきて、以前よりも悪くなってきた。いろいろ見直したい・・・。まずは痩せることか・・・。
f0164003_21295512.jpg

潮音荘さんはカヤッカーに対して、さまざまな配慮をしてくれます。宿泊しないカヤッカーでも低料金で利用できる駐車&風呂サービスを開始してくれたおかげで、以前に比べてみんなが快適に過ごせるようになっています。ありがたいことです。
ついには、「カヤック様」とまで呼んでくださるようになりました。
f0164003_21443774.jpg


今年は5月と6月に早岐ウェーブへ行きました。二回とも潮音荘に宿泊して、夜は電車に乗って佐世保へ飲みに行きました。佐世保へ行くのに電車利用したのは初めてでしたが、意外に良い交通手段でした。車で行くと、運転手が飲めなかったり、駐車場を探したり、佐世保周辺が渋滞してたり、という問題があります。電車で行くとこれらの問題ナシだし、旅情もあり、早くて安いし(13分・220円)、けっこう本数もあるし、潮音荘宿泊する人にはオススメです。

早岐ウェーブに来ると、毎度いろいろとグルメをしています。早岐のブログでは、これまでグルメのことはあまり書いてきませんでした。他人から見たら、呆れられるほど食べてるので・・・。今回はその一部をお伝えします。参考になれば幸いです。以下は食べ物の写真ばかり。

5月に訪れたときは早岐茶市が開かれてたので、ウェーブが出る前に市を見に行きました。茶市の開催時は周辺の道路が混み合いますので注意。茶市のホームページ
休憩所で大村寿司とお茶をいただく。茶市だけあって、休憩所の無料のお茶もおいしい。
f0164003_21362019.jpg

早岐は平戸街道の途中の歴史ある町です。
f0164003_22181424.jpg

「大村寿司」
早岐に来るようになってから知り、毎回食べる好物です。寿司めしの間に甘く味付けされた具が挟まれていて、錦糸玉子がちらされています。
f0164003_21404989.jpg

おすすめなのが、このパッケージ。久保優子という人名の記載がある物。私は「道の駅・彼杵の荘」または「スーパーまるたか早岐店」で購入してます。まるたかでは惣菜売り場ではなく野菜売り場に置いてあります。
f0164003_2141146.jpg

昨年のスプラッシュロデオでは大村寿司を知ってる人が少なくて寂しかった~。
f0164003_2142710.jpg


「鳥じゅん」
ここは2010年9月に訪れて、また来たいと思ってた店。美味しいです。
店の入り口は地味ですが、中に入るとほぼ満席というのが人気店ならでは。予約したほうがいいです。
今回は高木さんとふっちーと3人で。高木さん、大人の男の渋さがあります。
f0164003_21475144.jpg

まず、お通し(つきだし)が旨い。
f0164003_21494233.jpg

鳥刺しも旨い。私は生肉がそれほど好きなわけではありませんが、この店のはいいな。
f0164003_21525740.jpg

シメはモツ鍋をおすすめします。料理や飲み物が出てくるのも早いし、値段もリーズナブル。

「いーぜる」
佐世保はジャズの街。以前から佐世保のジャズバーなどを下調べしていましたが、行く機会がありませんでした。すると高木さんも早岐に来るたびに同じことを考えてたと言うではないですか。こりゃあ行くしかないでしょ。
いーぜるは老舗のジャズスポット。突撃してみると、ライブの1stステージの最中でした。狭い店内で、立ち見でもよければと入れてくれました。途中休憩の間に、立ち見で見てた私達を気づかって席を譲ってくださる人がいて、2ndステージは最前列で鑑賞。「あの子、日本一の子だから、近くで見ていってよ!」と、粋な計らい。
f0164003_22151519.jpg

この日はアマチュアバンドの「Takt project 」 ドラム・ピアノ・ベースの3ピース。ドラムの山近タクト君はなんと中学3年生。日本一の中学生ドラマーだそうです。ライブ後、どこの中学なの?と聞いたら、カワイイ笑顔で「北中です!」と答えてくれました。き、北・・・?「あ、佐世保北中です!」とのこと。地元なんですね。
ワンドリンクで素晴らしい演奏を聴けて大満足でした。(*プロの場合はチャージ有り。)
佐世保には他にもジャズスポットがありますので、ライブ日程が合えば足を運んでみるのも面白いかと思います。
f0164003_22142998.jpg

いーぜるで出会った人が、私達が早岐ウェーブ目的で来たことを知ると、「近くに住んでるので、明日、見に行くよ」と言って、翌日はウェーブに見物に来てくれました。カヤックに興味を持ってくれたようです。

「香蘭」
佐世保駅前にあり、場所が分かりやすい。長居せずにサッと食べて出る感じ。バーなどへ飲みに行く前の腹ごしらえにも良いかも。2008年頃に毒さんと中村さんと一緒に食べに来ておいしかった記憶があったので久しぶりに訪れました。早岐町でちゃんぽんを食べるのは四海楼が多いです。
f0164003_2154130.jpg


「ささいずみ」
有名店。早期からの予約が必須。予約時には看板メニューのイカ刺しも予約したほうが確実。今年は建替え中のため仮店舗か別棟で営業。
私はもう何度も訪れていて、お気に入りの店。ところが今回はイカの透明度や味に感動しなかった。他のメニューもそんなに感動ナシ・・・。感動というのは徐々に薄れていくものなのか。アジ刺しと生サバ刺しは旨かった!
コスパが良いのも長所のひとつのはずだが、腹八分くらいの料理を注文して、お酒は1-2杯しか頼んでないが、料金も今までになく高かった。大きめのイカやアジを頼んだからかな。今回は4人と頭数が少なかったからかな。今後は誘われたら行くくらいでいいな。
アジ
f0164003_225043.jpg

サバ
f0164003_2252270.jpg


「スーパーまるたか」
関東とは売ってる物が違って、見てるだけでも楽しい。たびたび九州を訪れるようになってから、刺身は甘口醤油で食べるほうが好きになりましたが、関東のスーパーでは売ってないので自分のおみやげとして買ってます。
ごどうふも早岐に来てから知った食品。これは関東にも欲しい。別売りの専用のゴマ醤油をかけます。
刺身も新鮮なものが揃ってる。外食に行かなくても、まるたかで惣菜や刺身を買って、のんびりと内輪で一杯やるのも楽しいと思われます。
f0164003_22165433.jpg


「佐世保バーガー」
たくさんのお店があって、それぞれに個性あります。「kaya」は美味しいし、場所が早岐と佐世保の中間にあるので、混雑する繁華街へ行かなくて済むのもカヤッカーにはいいですね。
新規開拓で「肉のあいかわ」へ行ってみました。肉屋さんだけあってパティはジューシーで美味しい。コロッケも良し。全体のバランスがいいのはkayaのほうかな。隣にあったレストラン「焼き肉あいかわ」が気になりました。
f0164003_22222496.jpg

佐世保バーガー、旨し!
f0164003_22231740.jpg


早岐駅近のガラスレンガに行けなかったのが今回の心残り。女性比率が高い人気店ですが、さらに人気が出たようで早めに予約しないといけないようです。どのメニューも美味でおすすめです。

5月は一人で行動してたので、佐世保駅周辺をかなり探索して、他にも気になる店を数軒見つけました。そのうち突撃してみようっと!
もちろん色々行ってればハズレの店も経験してます。他の人が良かったと言うのを聞いて行ってみれば、自分はそう思えなかったり。まあ、好みがありますからね。そういう店についてはノーコメント。

以上、小デブがお届けしたグルメリポートでした。
私、食べてる量の割には痩せてるんだから!(開き直り)

by ya-ri-sa | 2013-06-24 21:22 | 海部 ・ フリーウェー部 | Comments(0)  

早岐ウェーブ

土曜日は中部からの遠征組がいらっしゃいました。
かなもりさんの新艇ジェッド、いい感じ。他にもピラニアの varun と molan も所有されています。
f0164003_0243869.jpg

いままで沈した時にしか見えなかった私の早岐スペシャルのボトムが、ついに見えたー。
f0164003_026685.jpg

ヘルメットも色を揃えました。
f0164003_1153247.jpg

前夜祭は、早岐ウェーブのすぐ下流の右岸側にある喜平寿司にて。いつもこちらの前のエディを漕いでいます。地元の店を利用するのは良いアイディアだなあ。
世界大会直前の世界のサチモト。世界へ羽ばたく。
f0164003_0284552.jpg

夫唱婦随。
f0164003_0274967.jpg


日曜日。ウェーブを見守る、アフロ頭と金髪きゃりーぱみゅぱみゅ。
f0164003_0502427.jpg

祭りだ、祭りだ。
f0164003_0265518.jpg

佐世保バーガー。
f0164003_0292820.jpg

大村寿司。みんな知らなくて悲しかった・・。
f0164003_030222.jpg

三本目は顔出し。
f0164003_0314451.jpg

順位発表。優勝候補の山根さんが祈る。二年前の順位発表でもこの姿を見た気がする。
f0164003_0323045.jpg

優勝は佐世保バーガーでした。優勝カップは川辺川の陶芸家の方が、毎年、大会のために作ってくださってます。素晴らしい作品です。
f0164003_14752.jpg

集合写真。
f0164003_154199.jpg

これが大村寿司。私は早岐に来た際によく食べてます。スーパーまるたかのお惣菜売り場ではなく、野菜売り場の地元野菜コーナーに置いてあるもののほうがおいしいです。
f0164003_0595042.jpg

四年前の宮崎で初めて甘い醤油を知った時は、受け付けられませんでしたが、その後に九州を何度か訪れるうちに、すっかり甘口派になってしまいました。最近は家でも刺身を食べる時は甘口醤油です。近所のスーパーでは売ってないので、自分へのおみやげに買います。ごどうふもおいしい。専用のタレも。
今回もガラスレンガ飲み。おいしい。この店は4人で行くのがベストかも。誰か一緒に行きましょう。

月曜日は、カヤック変態の女子3人で貸切。てるちゃん、ニコライ、ヤリサ。わーい。変態だー。

by ya-ri-sa | 2012-08-20 21:39 | 海部 ・ フリーウェー部 | Comments(2)  

早岐ウェーブ

九州が好きさ~♪ 九州に上陸すると、気分がリラックスするんだよねー。
早岐ローカルのみなさんには、温かく迎えていただいて感謝しています。

今年から、潮音荘さんの御厚意でホテルの第2駐車場に限って、温泉付き300円で停めさせてもらえることになったそうです。ホテルの水道でギアが洗えます。車を停めたらフロントたずねて、車のナンバーを伝えるそうです。これはすごいことです。潮音荘による大サービス。商工会駐車場に駐車できなくなっていたので、助かりますな。長年、良好な関係に努めてきた人々のおかげです。


いろんなメーカーのボートが集まってたので、動画を作りました。順に、なわたさん(OCEAN SPIRIT / 早岐スペシャル)、LEEさん(TITAN / GENESIS)、結城くん(WS / ProjectX)、私(しょぼくてスミマセン・・・)、松本さん(JK / Rockstar)、聖駒くん(VAJDA / BEAST)。
それぞれ個性的だなあ。


次の動画はなわたさんが造ったOCEAN SPIRIT / 早岐スペシャルのライダー。
興味のある人はなわたさんのブログをチェック。カヤック作製過程も紹介されてます。
ブログはこちら mixi はこちら



f0164003_1955516.jpg

私は最終日の終了一時間前になって、やっと少し角度が出てきた。右走りはぜんぜん分からない。バックスタブにもトライしなきゃ。
土曜は11人、日曜は20人弱、月曜は7人。長乗りする人いないので、待ち時間はそれほどストレスじゃなかった。
四海楼、佐世保バーガーkaya、ガラスレンガ、大村寿司など、今回もグルメはおさえたぜ。

by ya-ri-sa | 2012-06-04 18:09 | 海部 ・ フリーウェー部 | Comments(0)  

早岐

7/30,31
四海楼で夕飯。毎度ながら旨い。烏帽子岳の山頂でキャンプ。夏だけど、山の夜は冷えた。
動画で自分を見てガッカリ。角度を出そうとするあまりにダサイことになってた。特に着水する姿がダサすぎる。ヘコむ。角度が無くてもいいから、艇を走らせることに意識を戻そう。

さっちんが乗ってるボートもNwtさんが造った。 カヤック造ってます・・・
f0164003_0274340.jpg


8/27,28
九州ローカルさん大集合。いろんな人とお話できました。飲み会は盛り上がりました。
f0164003_18565980.jpg


ロデオとは?
ロデオ [rodeo] カウボーイの競技会。暴れ馬を鞍なしで乗りこなしたり、投げ縄で牛を捕らえたりする技を競う。興行としても行われる。(大辞林より)
f0164003_18571260.jpg


スプラッシュロデオは他の人の応援をするのに熱が入って、楽しい。普段以上のライドを本番にできた人を見ると、私までヤッターって思う。九州のみなさん、本当にありがとうございました!

早岐駅近くにあるガラスレンガというレストランへつ・あさんが連れて行ってくれました。美味しい。

九州地区のテレビニュースで紹介されました。私の角度の無いブラントも。

by ya-ri-sa | 2011-09-27 00:29 | 海部 ・ フリーウェー部 | Comments(3)  

早岐ウェーブ

5/15-17

大分が生んだカヤックSTAR☆河津聖駒くんのライドを御覧ください!



おは葉子
f0164003_21572128.jpg

葉子ちゃんの Vajda ステルス試乗させてもらったところ、自分史上で最高角度のブラントがでました。直角でバウが刺さって、ビックリしてる間に一回転カートして元の位置に戻るというミラクルが起きました。(証拠映像ナシ。なんとでも言えるぜ。)
カーボン艇、すげー。

*早岐ウェーブへ行かれる場合は、必ず、早岐WAVEに関する注意・禁止事項を確認してください。5-6月の早岐茶市の時は商工振興会駐車場は使えません。地元の人々に迷惑をかけないように注意が必要です。

by ya-ri-sa | 2011-07-18 20:30 | 海部 ・ フリーウェー部 | Comments(2)  

早岐ウェーブ

8/22
福岡空港に着くと雨。蒸し暑い。
空港前のレンタカー店で免許証を忘れたことに気づく。目の前が暗くなる。『こんな大きな荷物持ってこの人どうするんだろ』というレンタカー店員の冷たい視線。カヤックどうやって運ぶんだ・・・。もう観光して帰っちゃおうかな・・・。いやいや、ここまで来て帰るわけにはいかない。なんとしても、ウェーブにたどりつくんだ。レンタカー店の軒先を借りて、蒸し暑い中、大汗&変な汗をかきながら、タクシー会社にかたっぱしから電話する。1時間以上かかって長尺物を載せられるミニバンタクシーが見つかって、早岐へ向かう。
レンタカーが無いことで、全ての計画が狂ってしまった。タクシーに乗ってる間も、ケータイ片手に、宿泊場所を探したり、明日の帰る手段として電車やバスの時間を調べたり、カヤック宅配のことなど、気が休まらない。
余分にかかる金額はバカにならない。この土日は今年最大の干満差なので、おそらく20人以上の行列。30分待ちかも。何回エントリーできるかな。あーあ、なんとコストパフォーマンスの悪いツアーなんだ。
精神的にすっかり消耗。「這う這うの体(ほうほうのてい)」ってこういう状態のことかなと、窓の外の大雨を見ながらぼんやり思う。
這う這うの体で早岐に着くと、関東から来ていた旅芸人の親子が迎えてくれた。見慣れた二つの丸顔を見て、なんだかホッとした。
(国語辞典で調べたところ、「這う這うの体」とは、散々な目にあったり、恥をかいたりして、やっとのことで逃げ出すさま。慌てふためいて逃げ出す様子。だそうです。そんな感じでした。)

漕ぎだす時には、雨はやんで、晴れた。
九州2人、中国1人、関東4人、北海道5人、計12人。長蛇の列を覚悟してきたけど、予想外でした。すこし休憩すると回ってくる。
去年7月(文章書いてません)に会った熊本のUtd君に再会。去年は彼も私もブラントが出来なかった。隠居岳で一緒にキャンプした時に、「ブラントのやり方がさっぱり分からない。できる気がしないよね。」と言い合って、二人でブラントの素振りをしたり、「明日こそはブラント仕掛けよう!」と誓い合ったりしていたんだけど・・・。今年、再会したら・・・、余裕で左右ともできてるやんけ! おいていかないで~~

沈して揉まれてヘルメットが取れたUtd君
f0164003_2171740.jpg


去年の8月にご一緒したドッグパドル門下生の皆さんの一年間の上達にビックリ。
去年はすぐ出されちゃっていた人が、余裕で長乗りしてたり~
去年はサーフィンやっとくらいだった人が、ブラントしまくりだったり~
去年はブラントを時々やってたっけくらいの人が、ドンキーフリップ狙ってたり~
北海道のホワイトウォーターは雪解けの短期間のみで、年に数回の遠征と、あとは静水してるだけって言うけれど・・・。恐るべし西田塾。

ウェーブでサーフィンしてるだけで楽しいよ。這う這うの体でも、来て良かった。
みやさんが、エッジの切り替えしを早くしたほうが良いって教えてくれた。

夕飯は4人で「四海楼」 
Cbさんのカヤック談を聞く。話を聞いて、以前から気になっていた、高知~愛媛あたりの豊後水道の海をシーカヤックでツーリングしたい気持ちが強くなった。
夜は烏帽子岳でYmnさんとキャンプ。

そういえば、初めて来た去年7月の時、「単身、乗り込んじゃる!」と前夜入り。(前夜入りする必要は無かったと翌日知る。) 超濃霧の中をソロソロと運転して烏帽子岳に登ったら、山の上は超強風で、恐怖を覚えながら車のシートでうたた寝しながら朝を待ったなあ。朝になったら、ほうほうのていで下山した。アホ・・・


8/23
午前中は日陰でのんびり。山の上だけあって、日陰で風が吹くと涼しいくらい。
烏帽子岳の頂上に行くと、佐世保湾が一望できます。
f0164003_2175848.jpg

烏帽子岳の中腹にある「森のパン屋 くるりん」でパンを買う。
昼食は佐世保バーガー「kaya」(ぜんぜん関係ないけど、kが付けばkayakだね。)注文から40分待ち。

f0164003_214255.jpg

7人で。真夏でこの人数とは超ラッキー。
昨日よりも右側へ行きにくい。フェイスの真ん中の隆起が、右へ行くのを邪魔する。毎度、この隆起が攻略できないんだよなー。
5月に写真を現像してくれたカメラマンのハラさんとおぼしき方が撮影に来ていたけど、すぐいなくなったのでお礼を言いそびれた。

帰りはYmnさんが送ってくれて、三川内インター入る前に「釜揚げ 牧のうどん」。
f0164003_2184862.jpg

レンタカーが借りられなくて、どうなることやらとヘコんだけど、Ymnさんのおかげで、キャンプできたし、空港にも戻れたし、余分にお金がかかることも無く、救われました。
このご恩をお返しするなら、一度は行ってみたいとつぶやいていたタンの瀬へのご案内かな~

by ya-ri-sa | 2009-08-23 20:57 | 海部 ・ フリーウェー部 | Comments(8)  

早岐ウェーブ

首に故障箇所が見つかり、おもいっきり漕ぐことができなくなりました。これからがシーズンだというのに残念です。
ブルーな気持ちのまま長崎へ。

昨年の7月8月からひさしぶりの3回目の早岐。


5/23
10人で。
最近、接触事故があったそうで、交代で見張りに立つ。面倒な気もしたが、流木など漂流物が流れてくることもあるので、10分交代くらいなら休憩がてらやってもいいかも。

高さは低め。5月の259(干満差)はこんな感じなのね。
今日の形では、みなさんは右ブランドがやりにくそう。
わたしは去年のようなスピン地獄には落ちなかったけど、無駄な沈が多いのは相変わらず。
首のこと思うと気分が晴れなかった。

早岐では近所の通行人が見物したり、写真を撮ったりします。
なかには望遠レンズ付きカメラを持ってきて、写真を撮るおじさんもいます。

フラッシュした時に、ふと、上を見上げたら、ギョッ! 橋の下の鉄筋にまたがった人がいる!
写真の上のほうにカメラを持った人がいるのがおわかりになるでしょう。
f0164003_20345346.jpg

ローカルパドラーさんも、あんな人は初めて見たと言っていて、みんなでビックリ。
後ろ姿しか撮れないはず。バックサーフィンになった時にカメラ目線でピースしたりしてサービス。

夕飯は、関東・中部・関西・中国・九州メンバーが入り混じり、「ささいずみ」で宴会。旨い魚介をたらふく食べて、アハハ、オホホ、と大笑い。

帰りの車中の音楽はブルーハーツで、ルカさんによる替え歌コンサート。
060.gif劣等生で十分だ  ラウンドハウスでかまわない060.gif


5/24
キャンプした公園で童心に帰って遊ぶお兄さんたち。
このすべり台は斜度70~80度はあろうかという急斜面のすべり台。子供は平気かもしれんが、大人のほうが危ない角度。
f0164003_2036931.jpg


ブランコフリースタイル日本代表のユウキ選手は体重をいかしたバーチカルプレイ。
「これ以上は怖い!」だそうです。
f0164003_20372939.jpg


昼食は佐世保バーガー。

今日はのべ12人。
284(干満差)で昨日より高さが出て、右リップもきれいになった。
みなさん昨日よりも角度が出てきてイイ感じ。
私も昨日よりも楽しめたし、ラウンドハウスにもトライした。

びっくらこいたのが、昨日の鉄筋またがりオッチャンが撮った写真。今日も来たらしく、現像した写真を黙って置いていったらしい。
あの場所では、バックウオッシュに隠れてしまいプレイは見えないのでは?見えたとしても背中だけでは?良いアングルじゃないよね、と話していましたが・・・。こんなアングルとは想像しませんでした。
(いただいた写真を携帯カメラで撮ったもので画像悪くてすんません)
f0164003_22591865.jpg

ここはどこの川?と思う写真ですね。フラッシュして出ていく時ですので、上のほうが上流側です。
真上からだと、落差が分からないし、プレイを撮るには不向きだけど、アングルとしては面白い。
オッチャンの名前はハラさんというそうです。かくして、また一人、カヤックカメラマンが誕生したのであった。

夕飯はみんなで「四海楼」でちゃんぽん、皿うどん、餃子、鶏ささみ揚げなどなど満腹。
この席で、カヤックプロという言葉の定義がなされた。プロとは・・・「定職に就かず、カヤックでメシを食べている人」だそうです。
「カヤックでメシを食べている」というのは、カヤックでお金をもらっているという意味ではなく、
「カヤックを漕ぐことによって、腹をすかせて、メシを食べている」という意味。カヤックがおかずみたいな状態か。それなら、一昨年~去年まで私もプロでした。
定職に就かず、カヤックで腹をすかせてメシを食べている人・・・。心当たりが数人います・・・。

アッキーラ改め中村プロが艇を陸送してくれたので、今回は移動がとてもラクでした。感謝します。
ブルーな気持ちで、直前まで行くかどうか迷っていたけど、楽しい2日間で、来て良かった。
一緒に遊んでくださった皆様、ありがとうございました。

空港で曙を目撃。曙は縦も横もデカイけど、現役の頃に比べたら三分の二くらいなのかな。
梨花も目撃。梨花、カワイイ~。足が細くてスタイルいい人がいるなー、と思ったら梨花だった。私服もおしゃれ。ミニスカートに高いヒール靴。私より年上だけど、ちゃんと「女子」でした。
ラクだからって、ジャージにサンダルじゃ、女子力は落ちるいっぽうね・・・ がんばります・・・


6月第二週は川ですが、それ以外しばらくの間は海で漕ぐ予定です。
サーフカヤック愛好家の皆さん、漕ぎましょう~

by ya-ri-sa | 2009-05-24 19:26 | 海部 ・ フリーウェー部 | Comments(8)  

季節はずれの動画を2つ

季節はずれの動画を2つ

・木曽川05番081231&090103
年末年始は木曽川で過ごしました。
05番でお会いしたくまちゃんさん(以下、敬称略)にアップロードの許可をいただきましたので公開します。
くまちゃんは全てが個性的!
漕ぎ方、ブラントのやり方、パドルの持ち方、艇はブリスティック・RAD、ギア類。
誰とも似てない。
Like no other !


私と比較してみると、上級者との違いがよくわかると思います。
まず、くまちゃんはウェーブを広く使っています。いっぽう、私は、奥に行くとフラッシュしがちなので、手前側にとどまっているだけ。移動範囲が狭く、走れていない。
また、くまちゃんはバウやスターンが食われることはないです。私は艇のホールドが弱いので、バウが下がっていて、しょっちゅう水がかぶっていて、バウ沈やスターン沈が多い。
などなど。


それにしても、1/3の日は強風だったなあ・・・
05番強風率100%を誇る、シングルパドルの「風を呼ぶ男」がいたからかなあ・・・

動画はこちら
♫TERIYAKI BOYZ 「I still love H.E.R. feat.KANYE WEST」


・早岐ウェーブ080831
早岐でお会いしたAkmさんにアップロードの許可をいただきましたので公開します。
早岐ウェーブでは九州のお上手な方々が集まっていて、ブラントをばしばし決めてます。
そんな中で、私が好きなのは福岡のブラント貴公子Akmさんのブラントです。
動画だと伝わりにくいけど、ナマで見るとフワっと感があって、スターンが風車のようにぐるーんと回ってくる感じ。
バシーン!ドカーン!という男っぽいパワーとスピードのあるブラントもいいけど、個人的に憧れるのはフワ~ンとした軽くスキップするようなブラントです。
それにしても、ブラントって人によってぜんぜん違って、個性があって面白いですね。みんなが同じじゃつまらん。

私については、これでも乗れていたほうの数少ないライド。これ以外は、秒殺とかスピン地獄とか、そんなのがほとんどでしたから・・・

動画はこちら
♫Sergio Mendes「Waters of March (Les Eaux de Mars) feat. Zap Mama」

by ya-ri-sa | 2009-05-05 22:18 | 川部 | Comments(2)