タグ:宝川 ( 2 ) タグの人気記事

 

水上・宝川スカウティング

・湯原 2.9 3人で

4月上旬には紅葉峡の出口に大きななログがありましたが、ラフティング会社さまが撤去してくださったそうです。ありがたいことです。

みなかみでは4月下旬で桜が咲いてます
f0164003_14215885.jpg

少ない~
f0164003_14220412.jpg

少ない水上よりも、水量のありそうな宝川へ行きたいと私が主張(ワガママともいう)。ほかの2人は宝川は未経験なので気がすすまないと。うむ。たしかに、下見もしてないし、準備不足だ。やめておこう。水上ダウンリバー後に下見へ行くことにした。

紅葉峡で上陸スカウティング
f0164003_14221799.jpg

湯桧曽川からの流れ込みが無いのか水はきれい
f0164003_14221080.jpg

マダム下の滝
f0164003_14210347.jpg

打たせ湯
f0164003_14210816.jpg

悪魔の階段は毎度同じルートでマンネリ感あったので、いつもと違うルートをエディを取りながら下ってみた。とくに感慨ナシ。
f0164003_14205814.jpg

カヤックは Antix、パドルは seven2
f0164003_14204949.jpg

セブンツー持ってる人はさすがに減ってきましたね。seven2を好きな人たちは今でも探していますからね。所有してるけど使ってなくて倉庫に眠ってる人いましたら、私に連絡ください。欲しがってる人へ紹介します。仲介料をいただきます。

ゴール後に、3人で宝川を見にいった。


・宝川下見
崩落による土砂が山盛りで通れなくなっていた場所は、重機が入って歩きやすくなっていました。しかし、そこから上流の林道は、まだ雪に覆われていました。
カヤックを引きずりながら歩くためには、あと1週間~10日ほど経って、雪があらかた溶けてからでないと難しいでしょう。というのも、雪で道幅が狭くなり、かつ、谷に向かって傾斜しているので、カヤックの重さでバランスを崩したら川へ転落する恐れがあるからです。

2012年2013年に下っていますが、2回とも私は土砂崩れを通り過ぎた地点で上がっています。あの地点から下流は川相が変わり、良いイメージが描けないので。
スタートから土砂崩れまでの約5つの瀬については、それぞれの瀬の注意点やレスキュー配置など、ありありと思い出されました。意外と覚えてるもんだな。
f0164003_14222136.jpg


雪道を小一時間ほど歩いてスタート地点あたりまで行って引き返してきました。私はスノーブーツを履いていたので余裕で歩けましたが、他の2人は普通の靴だったので水が染みてきて足先が冷たくなってしまったそうです。「君だけ丈夫な靴を履いていてズルイぞ」と怒られました。Hさんにいたっては、「今日だけで一年ぶん歩いた。これ以上歩かされたらキレるところだった(もうキレてる)」とへばっていました。ゴツイ見た目のわりには軟弱ね。

by ya-ri-sa | 2017-04-25 14:14 | 川部 | Comments(0)  

四万川・水上・宝川

・四万川  四万川ダム 3.4トン
滝は迫力ありましたが、全体としては癒し系。全員が安全に完漕。
前半は頭上が木々に覆われて、新緑からの木漏れ日が心地よかった。堰堤をポーテージした後、後半の温泉街は空が開けて、瀬が快調に続く。のこぎりが大活躍。


・水上  湯原4.1 水明荘~銚子橋
四万川は昼にゴールしたので、水上へ移動。
ずっとやりたかった湯原4m。私の水上デビューは4年前の湯原4.1。とても楽しかった思い出があって、特に悪魔の階段のスタンディングウェーブの連続は刺激的でした。あのデビューで水上を一気に好きになった。それ以降なかなか4mにお目にかかれず。
しかし、今年は水位計の見方が変わったとの噂です。昨年までの水位計にプラス40-50センチとのウワサ。実際、やや多い感じがしました。四万川を漕いだ後ということ、スタートが15時ということ、紅葉峡で沈脱者が出るとレスキューに時間がかかることから、紅葉峡はパスして、水明荘からのスタートにしました。
プットインしてすぐのスリーウェーズの瀬では、いつも正面突破していくウェーブが巨大ウェーブホールとなって口を開けていました。こわー。あわてて避ける。その後は、水量多めのおかげでスピードあるダウンリバーが楽しい。ビックウォーター好きの私はヒャッハー。
最後のボイルエリアでは沈しまくり。体重増加で舟に水が乗ってくる。ショッキ。


・宝川
宝の川でした!
宝川の動画
動画の最初の一分半はハイクアップの様子。林道が崩落しているため、車が入れる所まで行ったら、その先はハイクアップ。それほど辛くなかったけど、ボートをズルズル引きずって、ボトムが擦り傷だらけになった。
核心部は四か所ほど。面白かった!

同日にツアーしていたclass5御一行様は車が入れる所からスタートしてますが、この下流区間(宝川温泉前後区間)のほうがレベル高いです。動画だと7分以降で、川相が変わるのが分かると思います。通れるラインは狭くなるし、落差もあります。私はスタート前の下見でこの区間は難しそうに見えていたし、ここまで来た時には疲れ始めていて、集中力を持続できない気がして、先に上がりました。class5のスタートの瀬が私のゴール地点。他のメンバーも、数十メートルほど先でゴールしており、滝には行っていません。あの滝は降りた後が難しそうで、エキスパートオンリーかと。前半だけで満足♪
クラス5ブログ と 柿の種仙人ブログ(動画あり) もご参照ください。

ゴール時の集合写真。みんなイイ顔。
f0164003_20251970.jpg

(Bb,Mur,Doc,Hur,Fjn)

by ya-ri-sa | 2012-05-20 23:46 | 川部 | Comments(0)