タグ:吉野川 ( 12 ) タグの人気記事

 

吉野川 14回目のBOKE

年に2回が目標の吉野川。毎年目標達成していたが、2015年はこの一回だけとなりました。
現地で御一緒してくれた皆様、ありがとうございました!
写真はK石隊長、いわささん、いとーさんからもらいました。

11月の三連休に、関東から5人組で行って参りました。
金曜夜に集合。ハイエースに5艇を積む。みんなの力を合わせる。私は見てるだけ。
f0164003_21414215.jpg

遠征最強のハイエースのおかげで、体がラクでした。車を出してくれたいとーさんに感謝です。


11/21 豊永0.36 下名1.56 池田ダム40t
K石隊長、まっちょさんと小歩危。
この日の K石隊長ブログ  

水が綺麗で嬉しい。吉野川の水・グリーンウォーターが大好きです。この水に触れたくれて、遠路はるばる来ちゃう。
f0164003_20411692.jpg


少なめの鉄橋ホールというと、つかまりがちで遊べないイメージだったが、この日は鉄橋ホールが意外と遊べて、かなり長居してしまった。このあとにも、遊べるスポットがいくつもあった。
われわれ関東組はスポット貧乏性なので、常日頃から、「このスポットが、この川で唯一の遊べる場所かも・・・」という強迫観念に駆られてるいる。そのため、最初の鉄橋ホールで体力を使ってしまい、ゴール近くの川口上ウェーブに到着した時には、遊ぶ元気は残っていなかった。体力の配分ミス。

鉄橋のまっちょさん
f0164003_20342234.jpg


5人のうち、私とセトッチはbokeリピーター、あやさんは昨年7月に大bokeのみ、いとーさんと大塚さんは初bokeです。初めての人が一緒だと、緊張感が伝わってくるのが良い。

いとーさんは、瀬の入口に来るたびに、緊張で顔が青ざめていた。
f0164003_2048418.jpg

スカウティングも念入りに。私もスカウティングはなるべくします。見てから下ったほうが面白いと思うから。
f0164003_20492580.jpg

全員が無難に下りました。ゴールして間もなく、薄暗くなりました。

恒例の「とんちゃん」 
このメンツですからネチネチダウンリバーになるよね。
f0164003_21203563.jpg

とんちゃんの次は「bar g(グラム)」へ
f0164003_2055548.jpg

ウイスキーグラスを傾ける渋い中年・いとーさん。明日こそ小歩危に勝つ。
f0164003_20564140.jpg

とんちゃん→グラムのコンボムーブをやりたいがために、T旅館が常宿です。


11/22 豊永0.31 下名1.53 池田ダム35t
まっちょさん、いわささん、やまもとさんと小歩危。
この日の なるへそブログ
昨日はビビリまくって顔が青ざめていたいとーさんが、二日目ともなると余裕なのか、瀬の入口でバウステとかしていました。昨日との態度の変化が笑えた。

大滝を行くまっちょさん
f0164003_21112137.jpg


昨日よりも少し減ったら、各スポットが遊びやすくなっていました。
ゴール近くの川口上ウェーブは楽しかった。ここで、体重60kg弱のやまもとさんに私の16Rockstarを試乗してもらったら、普段乗ってるJITSUよりも合っているようで動きが良さそうでした。後日に購入されたようです。
今回、16ロックに乗っていた全員が感じたのが、やっぱりボートがヤワいこと。ダウンリバーで岩に乗り上げたりすると、足に岩の形が伝わってくる。フリースタイルプレイで岩に当たると、あっさり削れる。あくまでフリースタイルに特化して造られたボートであり、水深の浅い川を下るのは用途として誤りってことですかねー。

まっちょさんが積むのを手伝ってくれてるというのに、いとーさんはヒゲ剃りしてるし、あやさんはヘラヘラしてる。私は見てるだけ。
f0164003_21394124.jpg


伊予三島の鳥料理屋
f0164003_21201251.jpg

宿に戻って、K石隊長の動画を見て盛り上がる。


11/23 豊永0.32
この日の K石隊長ブログ  なるへそブログ

A-honさん、隊長、いわささんと大歩危ショート(豊永~岩原)。
水位からしてあまり期待していなかった三段の瀬でしたが、意外と遊べて、長居してしまった。

三段ホールは盛況
f0164003_21344280.jpg

A-honさん
f0164003_21285033.jpg

大塚さん
f0164003_21292690.jpg

あやさん
f0164003_21304035.jpg

セトッチ
f0164003_21295270.jpg

↑セトッチはマックナスティの瞬間。写真だけで何をやろうとしてるか分かるのって、出来てる証拠だよね~。
↓いっぽう、私は何がしたいんでしょうね・・・
f0164003_21321510.jpg

かいもとさんの頭の向こうにブザマな私
f0164003_21363191.jpg

カートは2エンドまで。3エンド目指して来年からガンバリます。(今から頑張れよ・・・)
f0164003_21334084.jpg

野球場のうどん食べて帰りました。
f0164003_21372638.jpg

やっぱりbokeは良い。(←shadowブログ風)

by ya-ri-sa | 2015-11-23 20:01 | 川部 | Comments(0)  

吉野川 13回目のBOKE

年に2回、が目標の吉野川。7月に続いて2回目に行くことができました。
11月の三連休に、貝本さんの特別講習が開催されるとのことで、くにともさんが誘ってくれました。ありがとうございます。

11/22
リバーランプラスから見た大歩危スタート。ベースから直接、川へ下りられます。ベストポジション。
f0164003_1537886.jpg
 
座学の後は、ダウンリバーしながら講習。
f0164003_1528309.jpg

夕飯は貝本さんが作ってくれました。グルメな貝本さんはお料理も上手でした。おいしかった~。
大歩危にkayaks.jpがあった頃に宿泊させてもらった時に、豊永駅近くにあるこんどうストアの鯖寿司を食べたな~と思い出話をしたら、買ってきてくださいました。
f0164003_15441646.jpg

複数人で吉野川遠征に行く時は、貝本さんにグループレッスンを申し込んでみることをオススメします。今回も参考になるアドバイス・知識をたくさんいただけました。すぐに実践できるものもあれば、初めて聞いた事ですぐには会得できないものもあります。また新しい視点で漕げそうで楽しみです。

11/23
ボケファンとダウンリバーできました。
この日の なるへそブログ  K石隊長ブログ

三段の瀬には縦横無尽のみなさまも。私はサイドサーフィンで捕まった。
f0164003_1532292.jpg

冬の渇水期にアツイ場所はベンヘルプ
f0164003_15322843.jpg

隊長ドライエントリー
f0164003_15424517.jpg

私はヘルメットをたくさん持っていますが、また増えました。
f0164003_15594858.jpg

カートホイールができるようになりたいなあ。もうちょっとで3エンド目~
f0164003_15592452.jpg


11/24 貝本さんとくにともさんと小歩危へ。夏の大増水のためリニューアルしています。これから冬になると、増水で新しくできた岩の亀裂が凍って岩が割れるため、川相はさらに変わるかもしれないとのことです。

渇水でクリーク気味の小歩危をBURNで下りました。
f0164003_16323131.jpg

ナイスライン!
f0164003_16334176.jpg


リバーフェイスの報告会へお邪魔しました。2014年10月の世界大会で総合2位という快挙を成し遂げました。すごいすごい~。
f0164003_1535466.jpg

この前週にはNHK-BSアスリートの魂で特集されました。メンバーは各自、仕事をしながらも、早朝に週6日も練習してるそうです。努力が結果に繋がっているのですね。少しでも寄付になればと、ステッカー購入しました。
早食い競争のイベントもあったり。
f0164003_15363259.jpg


11/25 雨が降って増水したので大歩危ダウンリバー。貝本さんとてるちゃんと。
ゴールに私の車を置いたんだけど、鍵を忘れるというミスをやってしまった。このミスはよく聞くけど、自分がやったのは初めて。ひえーん。親切なモンベル様が回送を助けてくれました。

てるちゃんと大田口カフェでランチ。
f0164003_15435324.jpg

ケーキも。夏に来た時はキャロットケーキ食べたから、今回はチーズケーキにしてみた。
f0164003_15452057.jpg


BOKEは飽きない。

by ya-ri-sa | 2014-11-25 15:18 | 川部 | Comments(0)  

吉野川 12回目のBOKE&JFKA四国大会

(写真をくださった人、ありがとうございます。)

アドウェーブでの四国大会に参加して、大歩危ダウンリバーも2回できました。bokeのダウンリバーは毎回楽しくて飽きません。

・7/13  正確な水位は忘れたけど、豊永1m~1.5mのあいだ。
shadow隊長と二人で大歩危。スタート~まんなか
この日のshadowブログ このブログのそっけない文章が好き。
増水してるので小歩危ラフティングは中止らしくて、ラフトボートが大歩危に集結。スタートの河原は大にぎわい。
f0164003_814667.jpg

増水時ならではのスポットを拾いながら下りました。一発ものが多かったけど、入ることができれば、かなり良いホールやウェーブがありました。
f0164003_8144418.jpg

f0164003_815654.jpg

国境の瀬は去年の9月(豊永2.16)ほどじゃないけど、やはり迫力があり、むしろ少し難しかった。
f0164003_8153157.jpg


・7/21 豊永0.80くらい。スタート~まんなか  この日のなるへそブログshadowブログ 
今年は1月に鳥沢ホールが出ていたので、恒例の新春BOKEツアーはやりませんでした。ボケファンクラブと一緒に漕ぎたいなあと思っていたので、四国大会に合わせて交流会ができて良かったです。この日はボケファンとセトッチグループと一緒に、合計9人で大歩危ダウンリバーしました。
f0164003_8172925.jpg

あやさんのブラントはキレがある。
f0164003_816236.jpg

みほさんは姿勢がいつも良い。グラビティ出身者は姿勢が良いですね。
f0164003_8162471.jpg

ワシのバックサーフィン。姿勢わる~。
f0164003_81643100.jpg

連続カートホイールはカッコイイ。私もこういう写真を撮られるようになりたいな。
f0164003_817873.jpg

ボケファンクラブの皆さんは、ビジターの私達をいつも暖かく迎えてくださって、本当にありがたい。

今回は一週間ほど吉野川に滞在したが、女性カヤッカーに会わなかったし、近年にカヤックを始めたという人もほとんどいなかった。吉野川という素晴らしい川があって、とても良い環境なのに、カヤッカーの数は増えてないみたい。新しい人が参入しづらい理由でもあるのでしょうか?


・7/20 JFKA四国大会  この日のshadowブログ 

大会運営してくださるJFKAスタッフ、および、ローカルの皆様に大感謝です。
f0164003_828183.jpg


以下は大会の感想を箇条書きで。

・参加人数はあまり多くなかった。関西、中国、九州からもっと参加があるかと思っていたが。半数近くは関東勢。関東人は全員ジャクソンカヤック。

・たけむらさんのBEAST/vajda スマイルマークはJKじゃなくてアンパンマンの胸のマークだよ。
f0164003_1261282.jpg

やなせたかし先生の出身地の高知県では乗り物(電車、路面電車、カヤック)にアンパンマンが描かれています。
f0164003_8415885.jpg

たけむらさんが直角ムーブをすると、ボトムのアンパンチが観客に見える仕様。バーチカルムーブのできる人がボトムに絵を描くのは良いですね。
f0164003_819017.jpg

低角度のワシなぞはボトムを見せるのはこれで精一杯。塗り分けた意味が無かった・・・。
f0164003_121185.jpg

たけむらさんは心もアンパンマンで、河原で車をスタックさせて困ってる人がいたらビューンと飛んで行って、助けてあげていました。

・関東大会でヴァーチカルクラスで優勝したセトッチが、四国大会ではエアリアルクラスで決勝進出。今までセトッチと一緒に吉野川でBOKEてきた私としては、決勝エディに浮かぶ彼の姿を見て感慨深かった。
f0164003_827073.jpg


・ワシの謎な水しぶき。どんなヘンテコなプレイをしたら、こんなスプラッシュになるんだよ・・・。
f0164003_8272922.jpg


・カキモトスポーツ様の存在の大きさを知りました。吉野川のカヤック・カヌーのために尽力くださり、ありがたいことです。
カキスポ壁画前ののらくろさん
f0164003_12202740.jpg


・前夜祭ではK石さん作成の吉野川ヤラレ動画集が大ウケでした。他人がヤラレてる姿がみんな好きなんですね。他人の沈脱は蜜の味。
世界大会参加者からの参戦報告もありました。
f0164003_8404797.jpg


・今大会のヤリサ賞(勝手にMVP)は、北村父さんです。Riotのボートでカートホイールからスプリットなど、連続して途切れないプレイに感動しました。ウェーブでカートホイールってすごいな。ご自分ではオールドスクールだと謙遜されていましたが、自分のスタイルを貫いてるのが良いと思いました。また、子供たちにカヌーを教える時の優しさ、大会を盛り上げようとする心意気、私のようなビジターに「楽しんでいますか?」と、ローカルとして気遣ってくださり地元情報を色々と教えてくれました。

・私はというと、エントリーミスを本番でもやってしまい情けなかった。エントリーミスをするなんて2008年頃から進歩がみられないわね。
エアリアルクラスは予選落ち。ヴァーティカルクラスでは予選は下位のほうでしたが、ぎりぎり決勝戦に出ることができた。決勝の前に、自分のプレイをビデオで見たら、すっごくダサかった。技の完成度が低いのはもともとだが、体が縮こまっていて動きが小さい。ウェーブから出ないようにしてるみたい。普段からビックムーブができる上級者の人が、試合時には確実に残るために技を小さめにやるのはアリだと思うが、普段からヘタクソなヤツがさらに小さくまとまろうとしてるのは意味不明。
そして最も良くないのが、ぜんぜんフリースタイルしていないこと!だっさーい!こういうダサいのが一番やりたくなかったこと。「ヘタクソでもいいからテメエのスタイル見せてみろよ!!」と、自分に言い聞かせて決勝にのぞみました。
それから、ラウンドハウスが低角度で中途半端だったので、ひとみちゃんにアドバイスをもらいに行くと、私に足りないところを指摘してくれた。どうせ下位だし、残らなくてもいいから決勝では思い切りやろうと決心した。
本番では、思いきりブラントを打ってみたら、あら?残ってる。もう一発、思いきり打ってみたら、まだ残ってる。逆サイドも思いきりやったら残る。思いきり打つほうが残るみたいでした・・・。
予選では下から数えたほうが早かったのに、決勝では男子の中でも3位でした。おめでとう自分。
f0164003_840480.jpg

f0164003_1219272.jpg

ライバルいとーさんには、予選では二倍の点数で負けたが、決勝では四倍の点数で勝った。倍返しだ!ガハハハ!
冗談はさておき、このメンツでは実力でいったら私は下位が順当です。しかし、試合では実力と順位が一致しないというのが、勝負ごとの面白さでしょうか。
来年はJFKAもJCFも参加しませんので、残りの東北大会と井田川大会を楽しみたいと思います。

・大会終了後のカズヤ君のライド動画。スマホで撮影したので遠くてスンマセン。この動画のポイントは、私のボートに乗っているということです。私が乗るとちっとも動かないボートも、カズヤ君が乗ればこのとおりの高角度プレイ&多種バラエティ!
「あたしの14Rockは角度が15度しか出ねーぞ。バラエティがスピンとラウンドハウスしか出ねーぞ。不良品やぞ、ゴラァ!」と、EJ宛てにクレームのメールを送ろうと思っていたところですが、ボートは悪くなかったようです。動画が開けない人はこちらのURL


・ひろめ市場でセトッチガールズで打ち上げ。
f0164003_1859199.jpg



以下はカヤック関係なし。ヒマ人の私は吉野川源流部へ行ってみました。どこを源流とするかは諸説あるようですが、源流の碑がある白猪谷へ行ってみました。源流だけあってとても水がきれいでした。でも、ここまで来なくても、アドからここへ向かう途中の道路から見える支流でも十分に綺麗でした。
f0164003_8464334.jpg

f0164003_848293.jpg

登山口。これを登った先に源流碑があります。へタレだから登らなかった。
f0164003_8484464.jpg

白猪谷は遠いのでお勧めしづらいですが、早明浦ダムに注ぐ支流の瀬戸川渓谷も雰囲気よかったですよ。アドから約1時間ですので時間の余った時にどうぞ。
f0164003_8504260.jpg

滝の横まで歩いていけます。
f0164003_8492421.jpg

by ya-ri-sa | 2014-07-22 11:45 | 川部 | Comments(2)  

吉野川 11回目のBOKE

年2回が目標の吉野川。一月に続いて2回目を行くことできました。今回は大所帯で、なんと10名。
吉野川が初めての人も何人かいた。初めての人が一緒だと、緊張感が伝わってきてイイな。
BOKEの水の色が好きだが、今回は写真のごとくやや濁ってた。
f0164003_18285539.jpg


9/14 小歩危 池田ダム60トン 下名1.57
まめにスカウティングしながらダウンリバー。森囲いは絶対に沈したくないので毎回ビビる。

鮎戸の瀬を行く私。鮎戸デザートの正解がいまだに分からん。いつも沈しちゃう。
f0164003_18342259.jpg

初対面のモッキー。会津の元木さんとは別人です。初めての吉野川を楽しんでくれました。スノーボードのすごい人らしい。
f0164003_1834844.jpg

初日はとんちゃんでカンパーイ。
f0164003_18312552.jpg

やりさツアーでは、とんちゃん→Bar g(グラム)がお約束のコンボムーブだが、今回はグラムは行かず。次回は行きたい。酒が旨いので、飲める人にはオススメです。

宿泊は常宿のたかおか旅館。今回は大人数だったので貸切りにしてくれて、ビックリ価格でした。
ここに初めて泊まる場合は、一見だと断られる可能性あるので、ヤリサの知人と言ってください。

9/15 小歩危(大滝までのショート) 水位は昨日と同じ
先週、長良川で一緒に漕いだ岐阜のなおこちゃんもファミリーでやってきて合流。なおこファミリーは大豊町に今年の夏にオープンした古民家を改装した「お山の宿 みちつじ」に宿泊したそうです。宿のセンスが良いと絶賛していました。

台風が近づいており、午後から雨の予報だったので、早めに漕ぎ出して大滝で上がることに。大滝ではみんなそれぞれにヘッポコな下り方をして、みんなで大笑い。
スーパーで食料を買って宿で食べた。まったり過ごせて、たまにはこんなのもいいね。外は大雨。
f0164003_1828212.jpg

この写真に、全員が写ってる。左回りに、ふっちー、やりさ、ハルキ2歳、二号さん、ダダーン、なおこ、しょこたん、さちこ、ヒロキ、トロ5、ほりほり、セトッチ、モッキー。
おめーら、最高だぜっ!(ニッコーニッキー風)

9/16 大歩危(豊永~まんなか) 豊永2.16 下名3.80  (池田ダムは忘れた。減った同日19時は500トン)
夜間に台風は去り、朝は晴れていた。朝のテレビニュースで嵐山の桂川にかかる渡月橋が冠水してる映像を見て、京都が大変なことになってるのを知る。また、後日に知りましたが、この台風18号は保津川や由良川流域にも大きな被害をもたらしました。自分が訪れたことある場所が被害を受けたと思うと心が痛みます。亀岡駅周辺が浸水してる映像もショックでした。

水位を見ると、昨夜から大幅に増水してる。朝がピークでその後は減り傾向。広島の松本さんと岡山のだいぶつさんと、うちら5名の計7名で増水大歩危。

豊永のスタートの瀬は私の好きな瀬で、増えても楽しい。ここでなおこちゃんが沈脱したけど、すばやくセルフレスキュー。3年ぶりに漕いで沈脱してるのにセルフレスキューとは。すげー。 上陸した後も、冷静に川を観察して、上流に担ぎ上がって無難に下ってきた。母は強し!
私はなおこちゃんが沈脱したのに見とれて後ろ向きに下ってたら、最後の右岸側の岩のポアオーバーを横向きに落ちてしまって焦った。まったく捕まらなかったけど、横向きの角度によってはガッチリ捕まったかも。自分の身の安全を確保してから他人の心配をしないといけないな。

国境の瀬は迫力あった。見た目は迫力あるが、入り口は中央で、抜けてるグリーンフェイスに乗っていけば問題ない。(水量によります。) 動くエスカレーターのごとくグリーンフェイスに乗り続けてるのに、落差あるため、途中で一瞬だけ水から離れて、ボコン!とボトム着水したのには驚いた。海の波ではこういうのあるけど、川では初めての感覚。

岩原の駅を過ぎた所にある(場所ちがうかも)、大きなスタンディングウェーブに入る。リエントリー可。トップから見た落差は早岐ウェーブ以上ブロッケン以下か。周期があるため、良い位置に入っても周期によっては出されてしまう。

そして大久保ウェーブ。ここは人気ある理由が分かります。幅・大きさ・掘れ具合がちょうどよく、リエントリー可能。初級者から上級者まで楽しめそう。

初めての増水大歩危はかなり刺激的でした。やっぱりBOKEはスゴイ。
だいぶつさんと松本さん、ありがとうございます。
f0164003_18302828.jpg


名神高速と京滋バイパスが通行止めや渋滞だったので、西名阪道と名阪国道を通って帰った。このルートは初めて通ったけど意外に早かった。

この動画は今年の1月と2月にふっちーが行った2回ぶんの小歩危をまとめたもの。瀬が順番に出てくるので、久しぶりに小歩危を漕ぐ時の予習になる動画だと思います。(動画を開けない場合のURL→ http://vimeo.com/59407764

1:25 隊長の連続カート!!
1:55 レトロなライジャケを着てBigEZに乗る馬場さん。この人がボケもん。
2:35 二段の瀬の下流のホールに3人(馬場・セトッチ・ふっちー)同時に捕まり、セトッチが最後まで長乗り!
4:30 瀬の途中で、道を聞くセトッチ。
4:48 曲がり戸のニコライのライン、かっこいい。真似したいけど現場に行くと、トライできないんだよな~。
5:02 アドの瀬。笑える。4人連続で、カッコ悪い♪
5:19 「アドなんか余裕だぜ~。チェイスして後ろから撮ってよ!」とナメた態度でスタートしたアホヤリサ。一段目の最後で120°向きを変えられて、アドの小部屋に入りました・・・。水位が低かったからすぐ出てこれたけど、水位によってはエディフェンスで出られないという噂。

by ya-ri-sa | 2013-09-16 14:22 | 川部 | Comments(0)  

吉野川 10回目のBOKE

豊永 30cm、 池田ダム 35トン

1/19 大歩危ショート(豊永~岩原)
恒例の新春ボケツアー。今回は車2台、5人で行った。地元カヤッカーのK石さんとニコライも。
形が良くなったと評判の三段の瀬ホールは、この日はベスト水位より少なめのようでした。
I嶋さんループ。
f0164003_1912691.jpg


夜は阿波池田ナイト。とんちゃん→バーg(グラム)→たかおか旅館、のいつものパターン。たかおか旅館は、掃除がいきとどいてて、朝食付きで安価で、とんちゃん徒歩圏内です。
f0164003_18512416.jpg

バーg (グラム)を訪れるのは4回目。年に1回くらいしか行けませんが、マスターがカヤッカーとして覚えてくれています。気取らない雰囲気の中、マスターの丁寧な仕事を眺めながら、美味しいお酒が飲めます。私はこの店ではフルーツカクテルを頼みます。写真は柘榴カクテル。

1/20 小歩危
昨日と同じメンバーで。小歩危はスポットがたくさんあった。名も無いウェーブが、スポット枯渇の関東からみると、極上ウェーブに見えました。
森囲いはスタンダードコースに行こうと思ったけど、直前でビビッて、左ベタに変更した。小歩危を漕ぐたびに、森囲いへの恐怖感が増していく。

堂床スタート。
f0164003_198623.jpg

スタートしてすぐのウェーブ。私のヘルメットがまた増えました。
f0164003_19135818.jpg

曲がり戸の上ホール。ゆーし君のループ。彼は前週の長良川でループをする時に親指をボートにぶつけて剥離骨折したが、痛みをおしてツアー参加してくれた。
f0164003_19104013.jpg

アドデザート下ウェーブ。この日は二段目に入ったけど、翌日は一段目が入りやすかった。
f0164003_1919658.jpg

写真はK石さんにもらいました。 K石さんのブログ→ (1/19)(1/20)

また漕ごうね!
f0164003_2011821.jpg


夜は伊予三島(四国中央市)に移動して、ババさん別荘に宿泊。
夕飯は「やきとり阿波おどり」。ババさんの名前を出したら通じた。さすがだ。
足、手羽、ずりポン、皮ポン、とり刺し、ずり刺し、肝刺し、山芋焼き。ああ、旨い。
伊予三島の鳥料理は本当に美味しいです。焼き鳥店も複数軒あるそうです。焼き鳥というのは、串に刺さった炭焼きではなく、揚げた鳥のことを指します。油のベタつきが無く、衣はサクっと、肉はジューシー。阿波おどりは2回目だが、昨年8月に行った別の店(店名わすれた)も旨かった。吉野川に来ると、以前は高知市まで高速道路で1時間以上かけて行ってましたが、小歩危から下道40分で着く伊予三島の鳥を知ってしまってからはダンゼンこちらです。
f0164003_19472154.jpg


1/21 小歩危ショート(大滝~川口)。ふっちーと2人で。他の3人は讃岐うどんハシゴへ行った。
大滝と曲がり戸は昨日よりも上手く下れた。鮎戸では左岸の小部屋に入ってしまった。返し波にバウの向きを90度以上変えられて。低水位だから出るのも簡単だったが、増えたら危なさそう。初めて入ったよ。とほほ。
f0164003_2033097.jpg


今回は往路と復路でもグルメ。往路では鳴門駅近くの朝からやってるうどん屋さんに、復路では藍住インター近くの徳島ラーメンに。今までコンビニやサービスエリアで食べたけど、下道を少し走るだけで名物を食べれた。

by ya-ri-sa | 2013-01-21 18:29 | 川部 | Comments(2)  

吉野川 9回目のBOKE

池田ダム流入量 70トン、 下名 2.0
多すぎず少なすぎず適量。近年は冬の低水位で漕いでいたので、夏の水位でうれしいな。
いつもは私が言い出っぺですが、今回はババpresentsツアーでした。人様の企画に乗ってくのもイイものです。
今回は大歩危ナシで小歩危三連発。関東から7人で遊びに行きました。

土曜日
うちら6人とニコライとダッキー乗りのMさん。
森囲いの瀬は、毎度ながら緊張する。あそこに行くとゾーッとする。通り過ぎると、気分が晴れます。ノリーさんが森囲いの瀬で負傷して途中リタイア。ニコライが機転を利かせてくれて、TAOアドベンチャーさんのラフトボートに助けていただく。ありがとうこざいます。
その後はフカフカの夏水位で楽しかった。ババさんと二人運転で徹夜してきた甲斐あり。
沈ゼロが目標だったけど、大滝で沈した後は、グダグダに。

夜は伊予三島市へ移動して、鳥料理(店名わすれた)。ババさん旧友が集まって約20人の宴会。
前回も伊予三島で鳥を食べましたが、ほんと旨い。以前は高速道路で一時間以上かけて高知市街まで飲みに行ってましたが、三島がずっと近くてメシウマなので、もう高知まで行かなくてもいい気すらしてきた。
その名も「足」。めっちゃジューシー。
f0164003_22464184.jpg


日曜日
うちら6人(ショコタンが来て、ノリーさん陸サポ)とボケファン四名様とダッキーMさん。
昨日は見逃していた遊べるスポットをボケファンの皆さまが教えてくれました。さすが知り尽くしてますね。森下ホールにロープエントリーしたり、名無しウェーブ(御岳なら行列できるレベル)を拾ったりして、たのすいい。
この日も沈ゼロを目指したけど、二段の次の瀬でホールに捕まり沈&アドデザートで沈。アドデザートの正解が分かりません。
f0164003_2248363.jpg

f0164003_22492318.jpg

f0164003_22495672.jpg

夜は伊予三島でガーデンパーティ。
f0164003_23374059.jpg


月曜日
神奈川組の4人が帰ったので、3人で大滝までの小歩危ショートコース。
f0164003_23124164.jpg

二段の瀬がホールではなくウェーブホールになってて乗れました。暴れてて何もできないけど、流速が早くてドキドキ。
f0164003_238073.jpg

ひよりちゃん。
f0164003_2335237.jpg

私は池田から電車で帰りました。
また漕ぎましょう!

森下ホールのボトムに入るとバックウオッシュは頭まである。
f0164003_23443241.jpg

アドの瀬をクリアーするほりほり。
f0164003_23421424.jpg

豊富な水量。
f0164003_2343489.jpg


ババ作成動画・予告編。 本編(16分)はこちら。

by ya-ri-sa | 2012-08-06 22:05 | 川部 | Comments(0)  

吉野川  8回目のBOKE

豊永 20-26cm 池田ダム 32t

金曜の夜、集合場所に向かう道中で覆面パトカーに捕まる。テンションかなりダウン。
11月にオービスに撮られた気がしたのは通知が来てません。


土曜日 大歩危(岩原~まんなか)
ニコライ、K石さんと。6人で。長い距離を漕ぎました。後半は初めての区間で、瀞場も長いけど、瀬もたくさんありました。水の冷たさは、御岳ほどではなかったです。
夕飯は「とんちゃん」。
f0164003_10592536.jpg

ゲームセンターで休憩。銃で人を殺しまくるI嶋さんと、ほのぼのと太鼓を打つかわしまさん。
f0164003_1104537.jpg

バー「g(グラム)」で酔う。セトッチは台湾の歌手俳優のジェイ・チョウに似てる。
f0164003_1112838.jpg

宿泊は阿波池田のたかおか旅館。もう常連です。徳島県のお雑煮を食べさせくれたり、半田そうめんをお土産にくれました。

日曜日 小歩危
ボケファン3名様とニコライと。8人で。太陽が出て、風も無く、寒くなかった。
f0164003_115498.jpg

鉄橋ホールで捕まる。森囲いは増水で形がけっこう変わった。左ベタのチキンコースにしたけど、腰が引けていた。森囲いって、なんか不気味。曲り戸の上のホールで今年も遊ぶ。鮎戸の瀬はスピードが出るから好き。
渇水といえども、小歩危はやはり迫力ありました。ホワイトウォーターに飢えてる私たちにはパラダイス。
C1侍の動きはキレてました。
f0164003_11522398.jpg

カート回す回す。
f0164003_11531181.jpg

夕飯は四国中央市の伊予三島の鳥肉料理「阿波おどり」。taibabaさんに教えてもらった店で、とてもおいしかった。しかも安い。
f0164003_11123036.jpg


月曜日 大歩危(豊永~岩原)
ボケファン2名様と。6人で。スポットを拾いつつ下りました。
三段の瀬は、落差・水量・深さあり、そして捕まる心配も無いという、素晴らしいホールでした。こんなホールが関東にもあったら、フリースタイルを楽しむ人も増えるだろうな。関東はどこに刺しても岩に当たるよ・・・。
f0164003_11153927.jpg

タイタンカヤックを初めて見ました。独特の形。誰にも似てない。
f0164003_1127043.jpg

f0164003_1151553.jpg


今回は8回目のボケでした。(わたしのボケ歴) 渇水期といえども、関東から来た私たちにとっては十分な水量の大河でした。あちこちにスポットもあるし、うらやましい~。
ボケファンクラブのみなさまに大変にお世話になりました!おかげで二日半で大歩危小歩危の全区間を満喫できました。また漕ぎましょう~!

年に二回ペースで行きたいけど、やっぱり遠い。今回は四人だったので、運転はかなり楽でした。付き合ってくれた、I嶋さん、セトッチ、かわしまさんの三人に感謝。
f0164003_11345241.jpg


以下の写真はK石さんが撮ってくれました。
カヤック変態・ニコライ!
f0164003_11372440.jpg

まんなかウェーブ。後方にある岩壁に流れがぶつかってできてる。
f0164003_11375576.jpg

小歩危。水が白いってだけで嬉しいです。
f0164003_11401080.jpg

白い!
f0164003_11403799.jpg

白い!
f0164003_11413099.jpg

驚きの白さ!
f0164003_11415281.jpg

日本フリースタイルカヤック協会の非公認ゆるキャラ・わらぼうし。
f0164003_15235530.jpg

by ya-ri-sa | 2012-01-09 23:19 | 川部 | Comments(2)  

わたしのボケ歴

吉野川、好きです。毎週でも通いたいくらいだが、なんせ遠い。年二回!を目指してますが、なかなかそうもいかない。
計7回訪れていて、初回はにゃがえさんに誘われてですが、二回目以降は全て自分が言いだしっぺです。初回が楽しい思い出だったことが、また来たいと思わせたのでしょう。ロールもあやしく、サーフィンもできず、バタバタ漕いでは沈脱してましたが、すっかりグリーンウォーターに魅せられてしまいました。
一緒に漕いでくれる人々に感謝です。吉野川で、いろんなカヤッカーと漕げて、本当に楽しいです。にゃがえさんと川嶋(わらぼうし)さんは私の吉野川ツアーではお馴染みメンバーです。
1~3回目までは、貝本さんにガイドしていただき、カヤックはレンタルでした。
水量が多い時に当たったことが少ないので、増水したボケを下ってみたいものです。ボケは私にとっては難易度が高く、いつも緊張します。最近になって、やっとこさ、瀬の順番や地形を覚えたくらい。まだまだの私ですが、これからもボケを舐めつくしたいと思っておりまっする!

【わたしのボケ歴】 (メンバー/宿泊地/交通手段)

1ボケ.2007年8月末 (きEZさん、おまつちゃん、にゃがえさん/Kayak Sの今は無き合宿所/往・電車 復・直島に寄った後に、飛行機)
ダウンリバーは大歩危のみ。沈脱しまくり。小歩危はラフティングで。ラフティングも初体験だった。水量が多く、迫力満点でした。アドウェーブはエントリー率1~3割。
女4人で、4日以上も泊まりこんだ。女子合宿って感じで楽しかった。
帰りに、きEZさんと香川県の直島に寄って、ベネッセハウスに一泊して美術館巡り。これも良い思い出。 1ボケ日記直島の思い出 


2ボケ. 2007年11月 (サノッチ、にゃがえさん/Kayak Sの今は無き合宿所/私は往復バス・他二人は飛行機)
大歩危ロング+小歩危+小歩危ショート+アド30分。初めての小歩危は刺激的だった。にゃがえさんが森囲いの瀬で捕まる。何十秒間かは分からないが、とても長く感じた。これまた、ガールズ合宿。 2ボケ日記


3ボケ. 2008年5月 (harahoroさん、すーさん、川嶋さん、にゃがえさん/空き家になったKayakS二階/往復バス)
小歩危+大歩危ショート。夜行バスで一泊二日の強行軍。体力的に辛かったが充実。スピリットのニュージーランドツアーでご一緒したharahoro夫妻をお誘いして。 3ボケ日記


4ボケ. 2009年7月 (一人/空き家になったKayak S二階/自車・往路は徳島までフェリー)
大歩危ショート二本+アドウェーブ。二週間のカヤックトリップの最初にボケへ。一人だったので小歩危は行けず。でんちゅうさんが大歩危を一緒に漕いでくれた。平日でもアドウェーブに人がいた。 4ボケ日記


5ボケ. 2009年9月 (川嶋さん、にゃがえさん/たかおか旅館/自車)
小歩危二本+大歩危ショート。シルバーウィークに長良川から移動。連休で宿はどこも予約いっぱいだった中で、たかおか旅館を発掘。大人数で下るのも楽しかった。 5ボケ日記


6ボケ. 2010年9月 (宮井さん、おまつちゃん、はつかちゃん(2歳)、川嶋さん、にゃがえさん/Murataペンション、たかおか旅館/宮井車)
小歩危+アド&小歩危+アド。宮井ファミリーと来たいという願いが叶った。高知で酔鯨亭。とんちゃんは貝本さんも。初日は関西のアラキさんと漕ぐ。にゃがえさんは腰痛で漕がないものの、回送と飲みのために駆けつけてくれました。二段の瀬で沈脱。日記なし。


7ボケ. 2011年1月 (セトッチ、川嶋さん/たかおか旅館/セトッチ車)
大歩危ショート+小歩危+小歩危ショート。ボケファンクラブの皆様に邂逅。冬ならではのスポットや、オフシーズンの空いた川に、冬の吉野川いいな~と思う。 7ボケ日記

by ya-ri-sa | 2011-03-06 20:42 | 川部 | Comments(6)  

吉野川  7回目のBOKE

豊永 25cm 池田ダム 30t

土曜日 大歩危ショート(岩原~下名)
豊永~岩原のショートコースは何度かやったことあるが、岩原からのショートコースだった。スポットが3つもあった。ねっちりとフリースタイルしたのは久しぶりだ。
最初のホールではエントリー率1割という惨敗ぶり。他の人は普通にエントリーしてます。エントリーミスは、パドリング・リーニング・流れを読むという、カヤックの基礎が出来ていない証拠。傷心。

ボケファンクラブの3名様がご一緒してくださいました。ありがとうございます。
f0164003_1741121.jpg

セトッチはループをきちんと残してた。
f0164003_1742015.jpg

わたしもがんばった。
f0164003_17422241.jpg

わらぼうしさんは休憩が多かった。
f0164003_17445522.jpg

川からあがると、ボケガールの奥さまが温かいおしるこを準備してくれてあった。おいしかったー。
(以上の写真は、shadowstoneさんにいただきました。)

夕飯はとんちゃんで満腹。
f0164003_17573790.jpg

二次会は、一昨年も訪れたショットバー Bar g (グラム)。マスターはバーテンダー技能競技大会に出場するなど腕を磨いており、おいしいカクテル作ってくれます。
二次会は、わらぼうし氏による全額おごりでした。大人じゃーん。氏はみんなが思ってるより大人です。
宿泊は「たかおか旅館」。
良い子の私は宿に帰りましたが、わらぼうし氏とセトッチ氏は夜の歓楽街へ消えていきました。
f0164003_17561271.jpg

おっと、この写真は・・・。わらぼうしさんは大人です。
f0164003_183347.jpg



日曜日 小歩危
ボケファンクラブ7名様と私たち3人の10人で。
f0164003_1881293.jpg

前半は向かい風が強かった。他の季節では次々とやって来るラフトボートや釣り師を気にしながら漕がないといけないが、冬の川は貸し切り状態だ。今日もねっちりフリースタイル。曲戸の瀬の上のホールが遊べた。
小歩危ダウンリバーは、毎度ながら緊張する。あと10本ほど下っても慣れるということは無い気がする。やーっとこさ、瀬の形を覚えた程度です。

ボケファンクラブのみなさんは平均レベルが高い。吉野川がホームリバーってすごいことだよなあ。
この御方は切れ目の無いカートホイールを6エンド。
f0164003_18104768.jpg

ゴールすると、ボケガールズのみなさんがコーヒーとお菓子を御馳走してくれました。手作りのシュークリームなど美味!

夕飯は高知のひろめ市場。三連休で混雑してましたが、わらぼうし氏が普段みせない瞬発力を発揮して、席をゲットしてくれました。


月曜日 小歩危ショート(大滝~川口)
ニコライちゃんが一緒に漕いでくれました。曲戸の上のホールと、鮎戸デザート下のウェーブの二か所で遊ぶ。このウェーブはこの水量ならではなのかな? 私の好物のつるつるグリーンウェーブ。気持ち良かったー。
小歩危ダウンリバーに加えて、ホールもウェーブも楽しめるなんて、なんと贅沢なのでしょう。
大好きな吉野川をたっぷり堪能できた三日間でした。

ボケファンクラブのみなさん、本当にありがとうございました。

吉野川のグリーンウォーターに魅せられて、BOKEも7回目となりました。これまでを振り返って、「私のボケ歴」を今月末に記します。

by ya-ri-sa | 2011-01-10 23:59 | 川部 | Comments(6)  

吉野川

9/20
午前7時半、陽がほらの朝食。おいしい~。米がおいしくて、私は1回おかわり。
(わらメシ)陽がほらの朝食とプリンケーキ。ごはん2回おかわり。

ダンヒル→台湾ラーメン→陽がほら朝食&ケーキ。というナガラコンボ完成。

当初の予定では、今日は長良川または木曽川ダウンリバーしてから夕方に移動というものだった。しかし、先に吉野川へ移動して、夕方から大歩危ショートコースやるということに変更。大歩危ショートやりたいなら、ナガラを早朝に出発しなければならなかったのだけど、深く考えない「チーム・ノープラン」は、ゆっくり朝ごはんを食べてから、午前10時前に出発したのであった。

淡路島経由ではなく、山陽道~瀬戸大橋経由。吹田で渋滞。渋滞に貢献しちまった。
兵庫県あたりで午後3時。「もう3時になっちゃったねー」「ねー」「もう今日は漕げないねー」「ねー」・・・さすがチームノープラン。
瀬戸大橋の途中の与島SAで休憩。
あっちは四国だ~
f0164003_184406.jpg

(わらメシ)あちこちのサービスエリアで売られている、さつま揚げみたいな油ギトギトのやつ。それの「アスパラベーコン巻き」というのを見つけて、「俺、これ買う~♪」
こんなの食べたら、氏の中性脂肪が上昇してしまう。そう心配した私とにゃがえさんで、3分の1ずつ食べてあげた。

なんかしらんけど、瀬戸大橋まで7時間もかかって疲れたー。ぐったり。
大橋から三好市の宿までは1時間で着いた。
午後6時半、阿波池田駅近くの宿に到着。私が動物的嗅覚で見つけてきた「たかおか旅館」。イイ雰囲気です。
f0164003_187965.jpg

このまま終わるんじゃ、パッとしない1日だ。よっしゃ、「とんちゃん」で景気づけしようぜ。
まったく運動してないのに摂取カロリーだけは高いチームまんぷく。
(わらメシ)とんちゃん。ハラミ。センマイ。ビール3杯。「野菜いらない。」とのこと。積極的には野菜を食べないらしい。今まで気づきませんでした・・・。うむー。重症・・・。
f0164003_1874046.jpg

千鳥足で駅前散策。アーケード街は8時には真っ暗。そのかわり、駅から5分ほどの場所に、女性がお酒を作ってくれる店が並ぶ歓楽街を発見。「フレンド」「ジャピーナ」などの店の中からわらぼうし氏が選んだのは「ASIA 2」(おそらく、アジアアジアと読むのでは)。呼び込みのアジア系美女をつかまえて写真を撮っていた。その後、氏はお忍びで姿を消した。氏はみなさんが思っているよりもオトナです。
(わら夜メシ)お忍び中の飲食は把握できません。
f0164003_1881632.jpg

以上3枚の写真はわらぼうし氏からいただきました。


9/21
7時半、朝食。(わらメシ)宿の朝食。そのあと二度寝。

池田ダム 30トン

小歩危を下るグループに混ぜてもらう。10人で。(Eih,Tnk,Sit×2,Nkm,Knt,Ikg,Kws,Tcd)
初対面の方、再会の方、お目にかかれて嬉しいです。
腐っても鯛。渇水でも小歩危。ご覧ください、この白さ!し、し、し、白い!
このホワイトウォーターを求めて、オラたちは関東からやってきたんだべさ。
f0164003_1891235.jpg

小歩危は一年以上ぶりなので、ちょっと、いや、かなり、緊張~。腰が引けてたみたいで、情けない下り沈を3回。鉄橋の瀬の最後のエディラインで。大滝で。曲り戸で着水したあとに。
今回の水量で物足りない人もいるみたいだけど、私はこのくらいでよかった。今日の目標はケガしないことだったので、それは達成なり。次はもっと水量の多い時に来るぞー。

森囲いの瀬はかなり浅くなっていました。左ベタ過ぎると、沈した場合に体を打つので危険です。流れが少し変わったらしく、一番右に安全ルートが出来ていた。私はやや左を選択。わら氏が途中の小ホールにハマっていた。以前、あたしもそこでコケたことあるよ。沈したままホールに落ちて、沈脱したっけ。

ラフトが沢山いる瀞場でロールしたら、拍手されて大ウケ。静水ループや静水カートホイールした人よりも、ロールのほうがウケた。
今から4年前に、四万十川で初めてエスキモーロール見た時は私もビックリしたものです。やはり一般的にウケるのはロールですね。
でも・・・このうえない羞恥プレイでしたわ・・・。

にゃがえさんは大歩危ロングコースのグループに参加した。小歩危グループよりも2時間もあとにゴール。いままで私が大歩危ロングのゴールだと思っていた所よりも、ほんとのロングはもっと長いらしい。ひょえ~。

「あわの抄」(元かんぽの宿)で風呂500円。ここで、カエルアドベンチャー&くまのエクスペリエンス合同ツアーの皆様に出会う。みなさん、充実感のある顔をしていて、満喫されているようです。毎日漕いでるみたいで、その体力もすごいなあ。

「太陽がいっぱい」で夕飯。ここのハンバーグは久しぶり。
(わらメシ)ハンバーグ定食。宿に帰ってからビールとチューハイ。


9/22
(わらメシ)宿の朝食。

カエル&くまペリのみなさんも小歩危。
f0164003_181041.jpg


池田ダム 32トン
今日も小歩危。5人で。(Kws,Cb,Ikg,Nkm)
昨日よりも水がちょっとだけ多くなっており、下りやすくなっていた。今日は腰が引けていないので、下り沈なし。イエーイ。
ボケの魅力はこの落差!
f0164003_1811201.jpg

昨日、ここで沈した私は、右ベタの滑り台コース=チキンルートを選択。ふーんだ。次回は発射台にするもんね。
(注・水量によって安全ルートは変わります。)
f0164003_1812085.jpg

ウェーブホイールが出来なくなっていた。好きなのに。
ワインドアップからのバウステも出来なくなっていた。静水はやらないと出来なくなりますな。

夜は中村プロも含めて4人で、とんちゃん。また行っちゃいました。
4人で食いまくり。満腹になった所でインターバルを取り、また注文。わら氏の健康を守るのが今回のツアーの主眼なのに、むしろ、害する方向に・・・。数多く存在するというチームKメンバーのみなさん、私とにゃがえさんの力不足です・・・。

歓楽街に一軒だけオシャレなバー「g」あり。貧乏くさい、かつ、焼肉くさい4人が勇気を出して入店する。かなりまともな酒が飲めました。フレッシュフルーツを使ったカクテルが美味でした。カクテルは甘いし、店によってはマズイので普段はあまり飲みませんが、久しぶりに良いカクテルを飲みました。
これまで、歩危に来た時は大豊のほうに泊まっていたので夜に出歩かなかったけど、町中に宿泊するのも新鮮です。

(わらメシ)とんちゃん。ハラミ。ビール3杯。「今日は野菜を食べる。」と、自ら野菜を摂取。進歩です。
「g」では、生ハム、リンゴ。カクテルとウイスキーを計3~4杯? 私も酩酊していたので覚えていません。


9/23
(わらメシ)宿の朝食。おかわり2回。お茶碗が小さいので。

大歩危のスタートの瀞場では、かいもとさんが子どもたちにカヌー教室。すばらしい活動です。カヌーする子が増えたらいいな!
f0164003_18123995.jpg


豊永 0.25
大歩危ショート。5人で。(チームぐだぐだ,Nkm,Cb)
昨年、でんちゅうさんと夕方に漕いだのを思いだすなあ。
ゴールまで100個エディキャッチしたると思ったけど、35個くらいでした。そんなにエディ無いっす。
三段の瀬のホールは私には難しい。

チームだるそう、現地解散。
宝塚で渋滞あり。その後は渋滞はどこも解消。5連休の最終日の夜はもう空いちゃうんですね。
吹田で岡本太郎作の「太陽の塔」を見てビックリ。初めて見たんです。デカイ。すごいインパクト。
高速道路から見えるんですね。一人だったら高速おりて見に行ってたな。いつかちゃんと見たい。
(わらメシ)淡路島SAでラーメンと明石焼き。日本平PAでアジフライ豚汁定食。眠気覚ましに缶コーヒー。

大歩危は去年の7月にひとりで来たけど、小歩危は去年の5月以来でした。年に2回は吉野川に来たい。
昨年5月も、にゃがえさんとわらぼうしさんと来ました。また一緒に来れました。
とくに、にゃがえさんは、一昨年の夏に、私にとって初めての吉野川に誘ってくれた人です。
初めての川に連れていってくれる人というのは、新しい世界を見せてくれるようで、とてもありがたい存在ですね。

by ya-ri-sa | 2009-09-23 23:56 | 川部 | Comments(3)