タグ:丹波川 ( 6 ) タグの人気記事

 

横瀬川・丹波川

写真はコウさんとヤギリンさんにもらいました。

・横瀬川  原谷橋 172.50  親鼻 2.26
増水時しか下れない横瀬川へ。私は初めてでした。
集合写真で毎度、アニーが変顔をするので、私も負けじと変顔するが、なかなか勝てない。
f0164003_10271491.jpg

10人で。男6人、女4人。関東は女性が多くて良いな~。
最初の区間は川幅が狭くてエディも狭いので、前半チームと後半チームに分けて、時間差で出発しました。
出発前に、この川を複数回下った経験のあるメンバーから概要の説明あり。今回の水量は少なめとのこと。ポーテージを2回するとのこと。

1回目のポーテージはマーライオンの滝。ここはマーライオンみたいに水が飛び出して、岩に当たってるので、物理的に下れない。
f0164003_10431833.jpg


2回目は堰堤。数分歩いた先で再プットインします。
堰堤の上から見た眺めでは、すぐ下流が良い感じだけど、そこには降りる道は無いので漕げません。
f0164003_10424410.jpg


川幅広がってからは、チームを分けずに下る。
f0164003_10314377.jpg


旧ZENに乗るどうこさん。ヘルメットもカヤックも歴戦の傷だらけです。
f0164003_10325221.jpg


岩盤でできた瀬
f0164003_10333662.jpg


ラナパパと舟を交換して、ダッキーに乗せてもらった。ダッキーの目線の高さに驚きました。遠くまで見えるので判断が早いです。そのかわり、カヤックみたいにすぐに曲がれないので、早めにターンしないといけないそうです。
ラナパパがK-1に乗った姿は、かなりレア。
f0164003_1034037.jpg


増水して濁った荒川に合流した後は、大味にドンブラコッコ。
f0164003_10342414.jpg


クツナシでゴール。
f0164003_10345123.jpg

ラナパパのGPS計測では、漕行距離27km、5時間のロングダウンリバーでした。車での回送距離も22kmくらい。
同じ日にCPCの人たちは荒川本流ロングをやっていたみたいです。


・丹波川  丹波山-0.59
毎度のごとく、水位計の数値は参考程度。「けっこう多め」を期待してたけど「ちょっと多め」くらいでした。
f0164003_10372198.jpg

きのう横瀬川を漕いだメンバーのうち4人で。男1人、女3人のハーレムダウンリバー。女性パドラーが多い関東や北海道では、女性が過半数のダウンリバーが時々あります。
f0164003_10552691.jpg


核心部では秋山さんがレスキュー役で心強かったです。
f0164003_1039481.jpg


写真はありませんが、この日の核心部は、水量がちょっと多めのため、いつも左岸へ向かってブーフする所は、右岸にも行けました。
スカウティングした時は、「いつもどおり左岸へブーフしよう。もし右岸にバウが向いちゃったらそのまま右へ。」という方針に。
1番は私、2番はヤギリン、3番はどうこさん、4番は秋山さんの順番に。
1人目の私は、入り口の段階で右岸寄りになってしまい、降りたのは真ん中で、正面の岩が作る返し波にバウを右岸に向けられて、右コースへ。
2人目のヤギリンさんは、入り口で右から左へ向かうアングルを作れててOK。ただしブーフが弱かったのか、あまり遠くへ飛べず、左岸寄りのドロップの真下に降りる。ホールに捕まるかと思いきや、体勢を整えて、左コースへ。
下流で会った私とヤギリンさんで会議。今日は右コースへ行った方が素直なのでは、という意見にまとまり、3番目のどうこさんに右岸コースで来るように指示する。
3番目のどうこさんは、入り口の段階で、左から右へ向かうアングルを作って進入し、ブーフもカンペキで、どこにもぶつからずに、素直に降りてきました。4番目の秋山さんも同様。
何度も漕いでる川だと、ついつい同じラインを漕いでしまうけど、水位に応じてコースを選択すべきだなと、改めて実感しました。

休憩時間はヤギリンさんネタで盛り上がりました。
f0164003_1036266.jpg


本日の黒一点・ヤギリン。女性3人のトークに圧倒されて、無口になっていました。
f0164003_10365324.jpg


ブーフポイントでは3回ほど担ぎ上がって練習。
わたしのブーフ
f0164003_1048995.jpg

だーめだ、こりゃ。
f0164003_1049334.jpg



いつもブログを読んでくれてる人へ。更新が遅くてスミマセン。仕事が忙しくて、ヒマが無くて、書く時間が無いんですよぉ。
というのはウソで、海外ドラマ「ハウス・オブ・カード」を見てばかりいるからです。

次回のブログは数日後にアップします。
さぁ~て、次回のブログは「長瀞・瞳ちゃん壮行会」です。おたのしみに。んがぐぐ。(昔のサザエさん)

by ya-ri-sa | 2016-09-04 17:26 | 川部 | Comments(0)  

丹波川 class5ブーフクリニック

f0164003_943182.jpg


本題に入る前に・・・この週末はいろいろ充実していました。カヤック以外のことは書かないようにしていますが、たまには。

金曜夜は野田MAPの舞台「逆鱗」を鑑賞。松たかこ、阿部サダヲ、井上真央、瑛太、と豪華な俳優陣の共演が観れました。
席が前のほうだったので役者たちの表情もよく見えました。満島真之介さんは映画「風俗行ったら人生変わったwww」ではキモくてオタクっぽい冴えない男でしたが(そういう役だった)、実物は美青年で驚きました。
ストーリーの前情報なしで行ったら、後半の展開が意外でした。見終わったあとに、人間魚雷・回天のこと調べちゃいました。
f0164003_96157.jpg


土曜日は長瀞でマウンテンバイク。
ひとさまの自転車。高そう。MONDRAKERモンドレーカーいうスペインのブランド。初めて見た。
f0164003_856966.jpg

長瀞の大沢屋の黒豆は美味しい。
f0164003_8534821.jpg


土曜の夜は青梅のOさん宅で、シェフ今井ちゃんによる出張イタリアン料理のフルコース。
f0164003_8563116.jpg

f0164003_8565144.jpg

f0164003_8582724.jpg

御岳カヤッカーでもある今井さんが、お宅の台所で料理を作ってくれます。後片付けも。
東京西部にお住まいのかたはホームパーティの際にお願いしてみてはいかがでしょうか。幼児やお年寄りがいて外食に出かけられない家族などにもとても良いと思いました。カフェ&ピッツア アクアヴィータ


日曜・丹波川ロアー区間へ。3月に入って暖かい日々が続いていましたが、この週末はとても寒かったです。奥多摩は夜には氷点下だったようで、山の上は白くなっていました。すごく寒いのに、花粉は大量散布という状況でした。奥多摩の花粉は凶暴ですね。

この日の class5ブログ     柿の種仙人ブログ

以前から参加してみたかったブーフクリニック。とても良かったです。もっと早く受講すれば良かった~。
教わったからすぐ出来るわけではないけど、柳本さんが言ってることは理解できました。普段のダウンリバーから意識していこうと思いました。

参加者はなんと8人も!人気のレッスンです。class5を始めてから6年、柳本さんの地道な努力が実を結んできたのでしょう。
8人のうち4人が女性。やる気のある女性が多いですな。
f0164003_952770.jpg

丹波山-0.60といつもの水位から水位計は変化ないものの、前日の雪でちょい増え。
前回くだった時の記憶は「ロアー区間は単調だなあ」でしたが、久しぶりに漕いでみると距離はあるし変化に富んでいて、良い区間だなあと記憶を上書き保存しました。
f0164003_95537.jpg


柳本さん。この静止画だけで、「ちゃんと漕げてる人」ってのが分かりますね~
f0164003_912827.jpg

わたし。漕げてない人・・・
f0164003_914125.jpg


すやまさん&ひらさんコンビに会えたのが嬉しかった
f0164003_8573619.jpg


ひらさんの RECON / WAVESPORTS. 持ってる人は珍しいのでは。丈夫そう。
f0164003_94015.jpg

リーコンと発音するのかな。「りこん」なんて縁起悪いと言ってる既婚者がいて、考えすぎじゃないかと独身の私は思いました。しかし、もし「ぼっち」という名前のカヤックがあったら私は乗りたくないので、気持ちが分からないでもないなと思い直しました。

後半のドロップでの私。ロアーも面白い。
f0164003_941698.jpg

写真はすやまさんからもらいました。

久しぶりに小作の骨豚亭でラーメン。別添えのジュレを途中で入れると味が変わるのが面白い。
f0164003_855413.jpg

数年前はハマってよく食べていたが、今たべると以前ほどウマイと思えない。私の味覚が衰えてきたのだろう。前ほどラーメン好きじゃなくなってきた。

by ya-ri-sa | 2016-03-14 16:31 | 川部 | Comments(0)  

御岳・丹波川・白砂川

ブログネタがどんどん溜まっていく。宿題が溜まっていくみたいだ。「ブログを楽しみにしてるのに、最近は更新が遅いぞ」とのありがたい指摘もいただいています。早く書かなきゃ。

現時点で溜まっているネタは以下のとおり。この順番で書いていくつもり。更新速度を上げていきますので、まめにチェックしてください。
・キャンプ場横ウェーブ(長瀞)
・タン3の思い出
・オーシャンフリースタイル大会
・JFKA井田川大会
・梅原さんレッスンの素晴らしさ

9月は長瀞とタン3で過ごしていましたが、後日にまとめて書くので、9月をとばして10月です。

・10/3 御岳(放水口~軍畑)  調布橋 -2.50→46 いくさん、みほさん、ミスターさんと。
平日でも漕ぐ人がいる、電車で来る女性パドラーがいる、御岳の長所ですね。
御岳は都内からのアクセスが良いので、自家用車を持たずに艇庫を借りて電車で通う人がけっこういます。とくに都内在住の女性だと車を所有していない人は多いです。私も新宿に住んでいた頃は車が必要と思ったことはありませんでしたし、グラビティでカヤックを始めたのも新宿から電車一本(ホリデー快速で新宿-御岳80分)で行けたからです。御岳に女性パドラーが多い理由のひとつです。
f0164003_1084664.jpg

f0164003_1092618.jpg

瀞場でバックデッキロールが失敗する理由をミスターさんに教わる。なぜできないのか分かったのは収穫だが、それを直すことはできなかった。バックデッキロールができないまま今年も夏が終わった・・・。
寒山寺ホールは左スピンと左カートホイールの練習に良さそうだった。

夜は天野屋でミスターさんと宴会。天野屋はやっぱり旨いわ。
御岳に来たら地元のお酒「澤乃井」
f0164003_11422917.jpg

心が素直な私は、ミスターさんに注がれるままに飲んでいたらフラフラになるほど飲み過ぎました。
♪飲めと言われて素直に飲んだ~ 肩を抱かれてその気になった~♪ いいえ!その気になってませんから!
お約束のポスターのお姉さんのマネ (元ネタ
f0164003_11261332.jpg



・10/4 丹波川 (アッパー~ミドル) 参考水位 丹波山-0.60
水位計は下は0.60以下を示さないので、現地へ行ってみないと分かりません。今回はかなり少なめでした。下れるけど、ゴツゴツとボトムを擦りました。
コウさん、あさひさん、さきむらさん、やまぐちさん、Qさんと。
f0164003_10255256.jpg

スタート前にセーフティトーク。
f0164003_103258.jpg

装備の確認、瀬の順番、上陸orボートスカウティングする場所など、意思の疎通を図る。チームリーダーはコウさん、先導役はあさひさん、というように役割を明確にするのも良いね。
何度も下っている区間でも油断しないという安全意識の高い人たちと漕ぐと、楽しさも倍増でした。

コウさんは三段の瀬の一段目は怪我が心配と言ってポーテージして二段目からスタートしていた。良いイメージが描けないなら無理をしないという大人の判断。さすが年のコウ。私がコウさんと同じ年になる頃には、こんなに活動できないと思う。
f0164003_10325515.jpg


私は途中まで沈ナシだったので、髪が乾いたままゴールできるかもと思っていたが、ミドル区間のスタートで沈した。ちくしょー。
f0164003_10365711.jpg

Qさんの動画。 動画が見れない人はこちら


丹波川は、class5 など、川をよく知ったガイドと同行することをおすすめします。

丹波川から御岳に戻ってくると、某駐車場で御岳パドラーによるゲリラ宴会が始まっていた。困った人たちだ。
f0164003_1042311.jpg

スカートの下はすっぽんぽんというフリースタイルな人も。困ったものです。
f0164003_10442642.jpg



・10月中旬 白砂川 S本さんとホシノさんと。
今年5月川に初めて行って気に入りましたので再訪しました。雰囲気の良い土地です。
S本さんは地元の川を自分を探して、複数の川をファーストディセントされています。最初は川沿いに全て歩いてみて、陸上からスカウティングして、危険箇所はポーテージできるかなど確認するそうです。それからさまざまな水量で何度も漕いでみるそうです。地元の人々に話を聞いて、川の事情、地域の事情、駐車場の場所などを尋ねて、ダウンリバーすることに問題がないか訊いているそうです。
S本さんは郷土愛があり、「群馬は自然が豊かな良い所。この素晴らしさを知ってほしい。魅力を発信したい。」という考えのもと、自分がソロで漕いで安全を確認した川へと、私のようなビジターを招いてくれます。
「俺が見つけた俺の川だ。よそ者は来るな。荒らしてくれるな。」という狭量な発想はありません。
S本さんは平日休みなので、私が無職にならなければ出会うことのなかった人です。川や自然に対して深く考えてらっしゃるカヤッカーで、出会えて良かったです。

紅葉が始まっていました。
f0164003_1140030.jpg

このホールは水位によっては捕まりそう。
f0164003_11402525.jpg

動画は5月のもの。今回は雨の後だったので、この動画より20cmほど多い。水位計は無い。
動画が見れない人はこちら


六合村に来たら「野のや」さんの蕎麦は必ず食べましょう。美味しい。
f0164003_11414549.jpg

すぐ近くの草津温泉へ。超有名な温泉地ですが初めて来ました。
f0164003_11404868.jpg

湯畑
f0164003_1141891.jpg

群馬県はぐんまちゃんに頼りすぎ。
f0164003_11515595.jpg

ぐんまちゃんは2014年ゆるキャラグランプリ一位になりました。ぐんまちゃん推しがさらに強くなりそう。

写真は、Qさん、コウさん、ミスターさんからいただきました。

by ya-ri-sa | 2014-10-15 11:32 | 川部 | Comments(0)  

丹波川アッパーの動画

年末の丹波川アッパーの ZURAFILM。
1:05でふっちーがエディキャッチ成功したおかげで、全員が再上陸して、瀬の最後までスカウティングできた。
7分以降のゴール直前のジクザグの瀬は、次々に方向転換するのが楽しく、担ぎ上がりが容易で練習になる。
今回は、けんちゃんファミリーの会長けんちゃんが、ついにZURA FILMに初登場。車の中ではモノマネショーで爆笑させてくれました。
緑迷彩ヘルメットが私。青迷彩がナベさん。黒がけんちゃん。トゥルーパーがふっちー監督。



ごく一部で人気のZURA FILMですが、人気の所以は、あくまで思い出ビデオであって、自慢ビデオの感じが無いところでしょうか。ストーリー性があって、上級者ばかりではないカヤッカーが力を合わせて川を下ってるのが良いのかなあと。POP GUN へのオマージュも感じる。

by ya-ri-sa | 2013-01-01 23:58 | 川部 | Comments(2)  

丹波川アッパー×2 + 御岳×2 = 2013

12/30 丹波川アッパー
小雨の降る中、4人で。道の駅から見る水量はいつものように少なめ。
牛金淵の一部は河原に降りてからではスカウティングしづらい場所なので、道路から急峻な斜面をロープ下降して下見することにした。ハーネス、エイト環、環付きカラビナ、ロープの準備をして懸垂下降に備えた。ところが道路から眺めると、真冬で葉が落ちたおかげで、心配していた箇所は見えたので下降はやめにした。

河原からスカウティングすると最後のドロップが遠くて見えない。道路から見てログが入っていないことは分かってるが、瀬の形状をもっと近くで見たい。そこで、瀬の途中の右岸エディに入って再上陸を試みる。先頭のふっちーがエディキャッチに成功したので、後続の3人もエディに入れて、ドロップを直視することができた。間近で見るとけっこうな落差があった。落ち込んだ後の右岸側はバックウオッシュが強そう。
全員が無事に下降。ただし、私は最後のドロップを落ちたら、スプレースカートに水が乗ってスカートが外れてしまい、大量の水が入った。直後にエディがあるので水抜きできたけど、仮にもう一段ドロップがあったらバランスを崩して沈脱していただろう。装着が容易なバンジーコードのスカートを使用してたが、変えないといけないな。

牛金淵は緊張したが、その後もけっこうな落差のある瀬がテンポよく続いて楽しい。
アッパー核心の瀬(仮名:コウホール)は、うまくブーフできなかった。ざんねん。
沈しないつもりだったが、名も無いショボ瀬で沈1回。

丹波山村のタバスキーと記念撮影。丹波川が好き。タバスキー!
f0164003_043937.jpg

「道の駅たばやま」で蕎麦を食べて、併設の「のめこい湯」に入浴。ささやかな金額ですが、なるべく漕いだ川の近くでお金を使います。
f0164003_03980.jpg

(Ken,Wtnb,Fjn)

別日に下った柿の種仙人の動画
04:15のコウホールでの柳本さんの華麗なブーフ。さすがです。
丹波川は、class5 など、川をよく知ったガイドと同行することをおすすめします。



12/31 丹波川アッパー・ショートコース
大晦日はゆっくり過ごすはずだったが、昨日の夕方から強い雨が降ったので、漕がなければもったいない気がして再び丹波川へ。普段は丹波山の水位は-0.60から動かない(つまり、実際の水位はもっと少ないということ。)。しかし、昨夜は-0.50まで増えていたので、数十センチ単位で増えたのだろう。今朝には-0.60に戻っていたが、実際の川を見ると、いつもより若干多め。
昨日下った牛金淵を道路から見てみたが、昨日よりも水が多く、中盤の右岸エディに入るのはかなり難しいだろう。今日が初めてだったらリスキーだったかも。昨日は初回としては、ちょうど良い水量だったんだなあ。
今日はアッパーショートコース。車の回送距離は、たったの600m。車一台で来て、歩き回送でもいいくらいだ。

ロープワークの確認
f0164003_0172396.jpg

今日もコウホールはうまくブーフできなかった。ざんねん。
ゴール直前(ミドルコーススタート直前)のジクザクの瀬は楽しいし、練習になる。担ぎ上がり可能。

別日のアッパー~ミドルのZURA FILM。2:35にコウホールの仮名の由来が・・・。
クリークに行く時はスペアパドルが必要だなあと、しみじみ思う。



1/1 御岳(放水口~テニスコート 2本)  調布橋 -2.63
Miller夫妻が赤ちゃんの子守をしながら交互に漕ぐというので、2本下った。日本ではお子さんが生まれると女性が漕がなくなることが多いですが、外国のかたはフェアですね。ニュージーランドに行った時も、幼児がいる夫婦が交代で子守をするためワイロア川を2本下ったことがありました。

スターで遊びながら下ろうかと思ったけど、丹波川でスピードがついた状態だとボートコントロールが大ざっぱになってしまうことに気づいたので、今日もBURNに乗った。

さすがに元日から漕ぐのは少数派のようで、私たちの他には、スラローム1名と、変態2人だけでした。変態はミスター&ロボで、例年のように元日から漕いでおり、極寒のTESHITAホールで特訓してました。
御岳の水は冷たく、手がかじかみます。沈の多いフリースタイルは気合が要るな。

カヤッカーは少なかったけど、ボルダーはかなり多い。のべ50人以上はいたんじゃないでしょうか。近年のボルダリングの流行はすごいな。忍者岩だけでも25人くらい。一人もデブがいない・・・。
f0164003_0475749.jpg

カップスターでは、クリークボートが3列でサーフィン。
f0164003_0391275.jpg

今年もよろしく!
f0164003_0374030.jpg

(Hskw,Miller×2,Ken,Wtnb,Fjn)

by ya-ri-sa | 2013-01-01 23:35 | 川部 | Comments(4)  

丹波川  土曜ロウアー 日曜ミドル

雨が降ったので増水を期待して、丹波川クリーキングへ。副題はクリークボート試乗会です。
御岳から近いこともあって、多くの人が漕いでる川だそうですが、私は今回が初めてでした。
ここの水位計は陸上に出てしまってるらしく、いつ見ても、丹波山0.60だそうです。というわけで、行ってみないとわかりません。

土曜日 ロウアーセクション 道の駅たばやまスタート 
コウさん、ふっちーと。この区間を何度も下っている二人に言わせると、今日は水たっぷりとのこと。
f0164003_2094093.jpg

前半はコウさんのウェーブスポーツ・ディーゼル70を試乗させてもらいました。
f0164003_20101213.jpg

核心部。
f0164003_2011584.jpg

写真中央右が入口で、真横から見ると分かりやすいのですが、いざ漕いで向かうと、入口がとても狭く見えて、ほんとにここでいいの?と不安になってしまします。
落ちると目の前に岩があり、普段はこれを左岸側へ行くそうですが、今日は水が多めなので、右岸側へ向かうほうが素直です。

核心部の私。後半はジャクソン・ビランSサイズに乗り換えました。
f0164003_2010347.jpg

ヘフェチコを駆るふっちー。
f0164003_20105094.jpg

ここは核心部よりも下流にあるブーフポイント。右岸側から容易にかつぎ上がれるので、何度でもブーフ練習できます。
かつぎ上がって、ブラウンクロウbrown clawを試みる私。やりなれてないので手のひらが開いてしまって、失敗。
f0164003_2011785.jpg

以上の写真はコウさんにいただきました。

f0164003_20263192.jpg

f0164003_20264456.jpg

ディーゼル70はクリークボートというよりリバーランニング艇なのかな。サイズは70でも大きく感じず、ちょうどいい。プレイボートから乗り変えしやすいという評判通りで、なんの違和感もありません。とても操作しやすく、ランニングが楽しい。ドロップを落ちると、少し潜ってしまう。
ビランはまさに大船に乗った気分。すごい安定感。試乗したコウさんは「戦艦のようだ」と。ドロップでの着水も軽い感触で、ボートが自動的にやってくれた感じすらしました。強気な気分になれます。ただし、私にはオーバースペックかな。


日曜日 ミドルセクション
林夫妻、なべさん、ふっちーと。
プットインするためには、急勾配の坂をロープを使ってボートを降ろします。
f0164003_20215936.jpg

スタートから三段の瀬があり、緊張しました。ロウアーと似た雰囲気ではありますが、落差があります。

下れない核心部。落差はあるし、ストレートな流れだし、これは楽しそうとスカウティングしながらワクワクしましたが、瀬の最後に岩が入ってしまってピンニングしそうです。岩はど真ん中にあって、どうやっても避けれそうもありません。全員がポーテージ。
f0164003_2015214.jpg

ポーテージは簡単にできます。の、はずだったが、ここで事件が発生。
まず、私が歩いてたらボートを手放してしまい、ボートはスルスルとドライエントリー。無人のボートが流れて行きます。核心部が終わった所で岩にひっかかっていました。ふっちーと林さんがロープワークでボートを引き上げてくれました。幸い、水がボートに少量しか入ってなかったのですが、これで大量の水が入ってたら、岩から外せなかったかもしれません。痛恨の凡ミス。私のバカ、アホ!
ふー、事件解決、と思っていたら第二の事件。陸上でスプレーをはめようとしたナベさんが、スプレーが装着されない状態で、パドルを持たずに、スルスルとドライエントリーして脱。核心部の次の瀬を、生身で下ってきました。下流には先に下ってたメンバーがいたので、すぐレスキュー。
ふー、事件解決、と思っていたら第三の事件。最後にドライエントリーしようとした幸子さんのスプレーがはまりません。いつも使ってるスプレーなのに、なぜかはまらない。他のメンバーはすでに下流に下ってるので、手伝えません。しばらくがんばって、やっとはめられました。
丹波川、こえー。

「積めるか積めないかではない。積むか積まないかだ。」という名言が生まれました。
f0164003_20195275.jpg

以上の写真は林さんにいただきました。

前半はピラニア・バーンSサイズ、後半はリキッドロジック・ヘフェチコに試乗しました。バーンはボトム形状が独特で、はっきりとしたエッジがついてる。バウはクイックに反応し、ボリュームあるスターンが押し出してくれる。ヘフェチコはラウンドボトムの割には操作しやすくスピードもある。岩だらけの純粋なクリークに持っていきたい。

土日で計4艇を試乗しました。どれも乗り味が違って、面白かったです。フリースタイルボートよりも個性がはっきりしてた。さて、どれにしよう?

by ya-ri-sa | 2012-03-22 23:58 | 川部 | Comments(7)