TOKYO NO.1 SOUL SET @SHIBUYA-AX

トーキョー ナンバーワン ソウルセットのライブへ。

原宿駅で降りて、SHIBUYA-AXに向かう途中、代々木第一体育館の前に人だかりができている。どうやら、「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」のプレミア試写会が行われている様子。そういや、昨日、ジョージ・ルーカスとハリソン・フォードが来日したってテレビで言ってたな。
体育館前には映画の遺跡をイメージしたセットが組まれ、レッドカーペットが敷かれており、そこに向かってカメラのフラッシュが光り、歓声があがっている。
どうやらレッドカーペット上に二人がいるらしいが、私は50mくらい離れた所にいるため、姿を見ることはできない。
半径50m以内にハリソン・フォードがいるということは…。半径50m以内にスターウォーズの「ハン・ソロ船長」がいるということ!!ハン・ソロがすぐそばにいると思うと、たまらない気分になったが、関係者以外は近づけないので、あきらめる。
ハリソン・フォードを間近に見ればおじいさんだろう。でも、私にとってはいつまでもハン・ソロ。
ハン・ソロと同じ空気(井の頭通りの排気ガスまじりの空気。)が吸えただけでよかです。
f0164003_22423587.jpg



さて、ライブの内容は素敵に裏切るものだった。

ソウルセットはレコ屋ではヒップホップの棚に置かれている。いわゆるヒップホップとは違うんだよな。文章では説明しづらい。万人におすすめでないことは確か。
わたしは高校生の時から聴いていて、大学生の時に一度、新宿リキッドルームでのライブに行った。それ以来、10年ぶりのライブだ。99年から7年間活動休止してて、自然消滅かと思いきや、昨年8年ぶりにアルバムを出して、今回はそれをひっさげてのライブツアー。

10年前のライブではボーカルのBIKKE(ビッケ)はずっと椅子に座ったまま、ぼそぼそと念仏ラップ(私と友人は、陰気なビッケのラップをこう呼んでいた。)していた。歌詞も陰気だが、本人も陰気な感じだなーと思った。スポーツとかしなさそうなイメージ。
ところが!今日は別人!!最初から最後まで走りまわってジャンプして、「盛りがって行きましょうー!」とか「イエー!」とか叫んでて、客席とコール&レスポンスしたり、MCもペラペラと雄弁に喋っている。10年経って、ライブアクトが激しくなっているって、どーゆーこと?
えーと・・・・。こんな人でしたっけ・・・・?

サウンドも以前よりもアグレッシブな感じ。
トラックメイカーのDJ川辺ヒロシは活動休止期間にすっかりハウス・テクノ寄りDJになった。以前はターンテーブルでレコードをスクラッチするいわゆるヒップホップスタイルだったが、今回はリズムマシンとエフェクターだけで、どうやらDJブースにターンテーブルを置いてすらいない様子。

ビッケの(昔に比べれば)激しいアクションと、渡辺俊美のロック寄りになったギター、川辺ヒロシの刻むダンサブルなビートで、オーディエンスはタテノリ。えええー?ソウルセットでタテノリですか?。。。10年前はゆるゆると首を振るぐらいだったのに。
今日のライブはMUSIC ON TVに生放送されるらしいので、そのために、いつもよりもテンションあげていたんだろうけど、それにしても昔と違いすぎ!!

初めはとまどったが、新しくなったサウンドも私の好み。
ソウルセットは今後もチェックだな。前よりもかっこよくなっているよ、このお兄さんたち。



ライブにゲストは無し。
アンコールの最後の曲にスチャダラパーのボーズとアニが出てきて旗振り役をしていたけど、声は発さず。

# by ya-ri-sa | 2008-06-05 23:49 | ライ部 ・ クラ部 | Comments(0)  

水上→長瀞→御岳  関東ダウンリバーフルコース

5月31日
湯原 3.5
前日から雨で関東各地プチ増水。でも、ダムで調節してるので、雨が降っても水量が増えるとは限らないのが水上の悲しいところ。今日も、水上は思ったほど増えず。湯原3.5~3.6。うーん、4m超えしなかったか・・・。

午前9時、月夜野親水公園に集合。Dさん、Nさん、わたしの3人。
紅葉峡~銚子橋×2本。
エディラインやボイルでコケまくり。いつもだけど・・・。
下ったというより流されているだけなんだなー。
今年は水上は3回。4.1m、3.0m、3.5mと50cmずつ違う水量でいい経験になりました。来年は沈が減りますように・・・。
霧雨の降る中を、青々とした木々を眺めながらダウンリバー。途中、荒れ気味のフワフワのウェーブあり。1回だけスピンできた。

昼食は喫茶店・焼きカレーの店「亜詩麻」で焼きカレー。欲張ってピザも頼んで、腹いっぱい。
f0164003_14233192.jpg


今日の水上は「リバベン」の開催日。由緒あるラフティングの大会「リバーベンチャー」だそうです。学生・社会人のラフトチームや2人乗りダッキーなど、たくさん。
夜はスキー場「ノルン」でリバベンのイベント・キャンプがあるので、そこにまぎれこむ。
イベントは学生ノリ。大学名を叫んだ後に、酒・焼酎の紙パックを一気飲みが主流。
ステージ上の司会も何か話し終えたら、一気飲み。学生によるショートコントもネタをひとつ終えるたびに一気飲み。とにかく一気飲み。
今日の予選の順位発表。我らが(?)チームGの「ALL BACKS(オールバックス)」は最初から最後まで後ろ漕ぎという暴挙にもかかわらず、なかなかの順位。
「全て後ろ漕ぎ」なので「ALL BACKS」。40組以上出場した中で、そんなやつらは彼らだけ。本気でふざける。そんな姿勢がグー。

続きを読む

# by ya-ri-sa | 2008-06-02 21:21 | 川部 | Comments(0)  

中里海岸  朝焼けライド


f0164003_21381822.jpg
午前4時、中里海岸に集合。清水アニキ、ドクさん、もばこんさん、わたし。
今朝はくもり・小雨。朝焼けは見えず。

今朝はわたしはサーフカヤックに乗ってみる。フリーウェーブメンバーの方のウォーターフィールド・アポロSを試乗させてもらう。
横に走る感じは少し分かったけど、アウトの高さのある波では転びまくり。あんまり転ぶので、後半はインサイドのスープの波で長乗りをこころがける。
エッジに乗り込む感じは分からないまま。

1時間ちょっとで終了~。

# by ya-ri-sa | 2008-05-29 09:13 | 海部 ・ フリーウェー部 | Comments(1)  

長良川  雨で増水

24日 美濃 -0.61
午前はヨシさん講習。 ?~LA。
午後はコンノ。今日は良い水量らしい。地元パドラーもたくさん。
右スピンはできたけど、左スピンのほうがやりにくい。ループは刺し方がわからん。地元の人が左ブラントをしていたので、真似して左ラウンドハウスみたいな動きをしてみた。出来ていたかは不明。

午後からいっぱい雨が降ってきた。どこまで増えるかな?明日はスケボー出るかな?そしたら、この週末でコンノとスケボーの両方遊べることになるんだけどな。

夕飯はキッチン杉でミックスフライ定食。
夜はスピリット泊。みんなで「スパイダーマン3」を鑑賞。ラストのクライマックスの戦闘シーンで、私がリモコンの巻き戻しボタンを押してしまい、冒頭シーンに戻ってしまった。みんなでズッコケたあと、大ブーイングを受けた・・・。

f0164003_21334570.jpg


続きを読む

# by ya-ri-sa | 2008-05-26 22:03 | 川部 | Comments(0)  

白子海岸  朝焼けライド

午前4時 白子海岸に集合。清水アニキ、ドクさん、もばこんさん、わたし。
西の空に月が、東の空は明るくなり始めている。
漕ぎ出すと、朝日が昇り始めた。月と太陽に挟まれて4人で戯れる。

ラウンドハウスっぽい動きをしてみると、出来てたとアニキが言ってくれた。自分では出来てるのかどうか分からないので、他人に言ってもらえるといいな。

1時間半ほどで終了。朝の海はさわやか。みんな、すっきりした顔して解散~。

もばこんさんんが撮った動画→YouTube

# by ya-ri-sa | 2008-05-22 08:03 | 海部 ・ フリーウェー部 | Comments(0)  

吉野川  関東から土日吉野はアリ。





私にとって3回目の吉野川。
1回目は去年の8月。リバーランがラフティングで大忙しの時にお邪魔して5泊くらいした。やけに長くいたな・・・。帰りにきEZさんと直島に寄ったのは良い思い出。
2回目は去年の11月。2泊3日で小歩危にも初挑戦。アドウェーブはエントリーがやっとでしたわ。
今回は土日二日間の強行軍。金曜の夜、私は東京駅から、にゃがえさんとわらぼうしさんは新宿駅から夜行バスで出発進行~。

土曜の朝、南国の道の駅に到着。かいもとさんが迎えに来てくれた。
和歌山のTje夫婦も現地集合。この夫妻とは今年1月のスピリットのニュージーランドツアーで知り合った。これで今回のパーティーがそろった。

さっそく小歩危へ。水量は豊永58。去年の秋は19でショボかったので、今回は夏期の通常水位で下れる。
今日はコケてばっかり。どの瀬もイメージしたラインを通れない。うーん。
わらぼうしさんは良いコースをきれいに通ってくる。
曲戸の瀬の後半で沈した時、浅い場所があって、岩で右手を負傷。小指は深く切れて、夜まで血が止まらなかった。
鮎戸の瀬は上陸してスカウティングするとルートがよくわかった。波がでかくて楽しい。

あがったところで、残念なお知らせ。この土日はアドウェーブは出ないそうです。ガーン。。。。

夕飯はかいもとさんも一緒に三好市のホルモン焼き「とんちゃん」へ。あまりホルモンは食べないけど、ここのはおいしい~。生レバーも胡麻油と塩でいただく。
f0164003_14502071.jpg



日曜も小歩危。豊永48。昨日より少ない。今日はいいライン通るぞ!昨日よりは落ち着いてダウンリバーできたけど、なーんかイマイチ。漕ぎが弱々しいんだよな。
にゃがえさんはトラウマ克服すべく、森囲いの瀬を突破。おめでとう。
曲戸でTjeさんが負傷。昨日、私がケガした岩とたぶん同じ所かな・・・。あとで写真を見るとTjeさんが一番かっこよく写っていた。

Tje夫妻とはリバーランでお別れ。二人とも初めての小歩危を堪能してくれたみたいでよかった。
f0164003_14513887.jpg


高知駅へ移動し、夜行バスの時間までひろめ市場で呑む。カツオのたたき、餃子、手羽先の唐揚げ、川エビ、たこ焼き、カツオのお茶漬け、やきそば、ビールと日本酒。あ~、満腹。
f0164003_14504962.jpg

小歩危→とんちゃん→小歩危→ひろめ市場、と二日間のわりには優秀コース。これでアドウェーブがあればパーフェクトだったのになー。

高知駅でかいもとさんとお別れして、東京へ。
月曜の朝、東京駅から職場へ直行。何食わぬ顔で出勤。

「土日で吉野」。行けるってことがわかったぞ~~。
(Nge,Kws,Tje夫婦)

# by ya-ri-sa | 2008-05-19 20:49 | 川部 | Comments(0)  

白子海岸  初「日の出」

日の出サーフィンしようということになった。今回が初「日の出」だ。

午前4時、中里海岸にもばこんさん、ドクさん、わたしのローカルパドラー3人が集合。
台風が去ったばかりで、まだ荒れている。乗れないこともないけどちょっとつらいかな。

おとなりの白子海岸の河口へ移動。
はじめはコケてばっかりでイマイチ。
左右から波が押し寄せて波が消えるところがアウトに出やすいことに気づく。
それからはサーフィンを楽しむ。スピンはうまくできず、サーフィンだけだけど、楽しい。
1時間ちょっと漕いで、みんなすっきりした顔をして終了。

終了間際、わたしがパドルを手放してしまう。なぜか、つるっと放してしまったー!
たまたま近くにいたドクさんに拾ってもらえたけど、ひとりだったらパドルはもちろん失くしてしまい、自分の安全も危なかった。あせった~。ひとりで漕ぐ時は気をつけよ・・・。

ギアを洗いにフリーウェーブへ。早朝から物音がしたので、清水さんが驚いて出てきた。おはようございます。「俺も誘ってよ。」


早朝に漕ぐことなんて呼ぼうかな?日の出サーフィン。Dawn Surfin。朝焼けライド。などなど。
夕方に漕ぐことを黄昏ライドと呼ぶならその反語は朝焼けライドなんだよな。

# by ya-ri-sa | 2008-05-15 09:28 | 海部 ・ フリーウェー部 | Comments(0)  

水上→小滝ウェーブ

湯原 3.01
先週より1mも低い。やはり先週はラッキーだったんだ。
先週と全然違う川。ショボくて、どこが核心部だったか気付かないほど。途中のウェーブで遊ぶ。1回だけなんちゃってループ。やはり「返し」がわからん。
みんなブラントしまくり。見てるだけで楽しい。

午後、長瀞・小滝ウェーブへ移動。玉淀ダム39t。
昼は大盛況だったらしいけど、もうみんな帰ったみたい。
ほとんど長瀞に来たことのないわたしは小滝はお初。エントリーミスばかりで、なーんと1回しかエントリーできなかった。悲しい。悲しい。
(Stm.Yng.Isg.Utd.Nkm.Tj.Doc.)

給料日まであと11日。なんとか持ちこたえねば。

f0164003_2130327.jpg

# by ya-ri-sa | 2008-05-11 23:03 | 川部 | Comments(0)  

カーキ・キング@ブルーノート東京

きのうのこと。
学生時代の友人MJ君と。
カーキちゃん(27歳)はこんな方です。→YouTube

バンド無しでギター一本だけでは間が持たないのではと思ってたけど、そんなことはなく、彼女のギターをずっと聞いていたいような気分になりました。

共演したホーン奏者のトランペットによる効果音で始まる曲は面白かった。トランペットの風の吹くような音・波のような音に始まり、どこかの荒野の景色が思い浮かぶ。そこにカーキちゃんのギターが絡まり、次第に曲調が変わり、いつの間にか宇宙空間へ誘われた。
MJ君と私で、そのホーン奏者が手にする正体不明の縦笛に興味津々。MJ君いわく、シンセサイザーにつないであって、笛の部分で音階や音量を調整しているのではとのこと。

彼女独特の奏法も鑑賞できて、新しい音楽体験をした。ギネス黒ビールの苦みが似合う夕べでした。


ライブ後、新宿2丁目の蕎麦屋「きんかん亭」で、そば呑みしたいというわたしのわがままで新宿へ移動。ところが、きんかん亭がなくなっている!隣のアダルトグッズ店の店員さんに聞くと閉店したとのこと。移転じゃなくて閉店。がーん!!ここの蕎麦が好きだったのにににに。
近くの「へぎそば 昆(こん)」へ。こちらのへぎそばもおいしかったです。芋焼酎の似合う夕べでした。

# by ya-ri-sa | 2008-05-09 10:09 | ライ部 ・ クラ部 | Comments(0)  

FWポイント

今日は干潮12時半で、満潮18時半。夕方に向けて潮があがってくる。
16時にFWに着くと、入れ違いで茂原の近藤さんが海からあがってきた。14時からひとりで乗ってたみたい。
16時半からひとりで黄昏ライド。
途中までサーファーもいなかったので堤防横で乗る。
ウェーブホイールした後、バウが刺さって、一瞬バウステになるがすぐコケちゃう。バウステをキープできるようになったら、次に来た波でマッチョムーブやループができるようになるかなー。

# by ya-ri-sa | 2008-05-07 20:37 | 海部 ・ フリーウェー部 | Comments(0)  

水上 → FWポイント 黄昏ライド

水位:湯原4.13 前日の雨で良い水量になった。ラッキー。
1本目 水明荘~銚子橋
2本目 紅葉峡~銚子橋
5人で。
水上を下る日がいつか来るとは思っていたが、思ってたよりその日は早かったな。
さんざん怖い噂を聞いてたけど、楽しかった~。
波がデカイことデカイこと!
あちこち三角波が立って、みんなマッチョムーブしまくり。わたしも負けじとウェーブホイール。
流速早いのであっという間に終わってしまう。何本も下ってみたいな。いや、でもそりゃきついか。時間は短いけど濃度が密だもんな。
解散したのが昼12時半。早い。
(Kws.Stm.Yng.Isg.)

千葉に帰る。GW最終日はとくに渋滞なし。
フリーウェーブに着くと、みんな帰っちゃったみたい。
4時半からひとりで黄昏ライド。
井田川でもまれまくった私に、海が「おかえり」と言っている。
ような気がする。
満潮に向けてだんだんサイズがあがってきた。高い波を滑り降りる。いえーい。やっぱ海はこの落差でしょー!タンの瀬が無くなってもバウンスできるぜ。
夕日が美しい。ひとりでニンマリ。
夕飯は清水さんと通院好きさんと定食屋でまったりして、ゴールデンウィークおしまい。

# by ya-ri-sa | 2008-05-06 22:49 | 川部 | Comments(0)  

井田川

3日 
昼、トップ選手によるフリースタイルクリニック。10人くらいの参加者がいました。
自己申告によるレベル別で3クラスに分かれる。真ん中クラスにしたらマツオカさんが先生。
ダウンリバーしながら途中でサーフィンしていく。サーフィンはダメダメ。ほんとヘタクソ。
マツオカさんがエッジを切り返すお手本を見せてくれたけど、真似できませんでした。フロントサーフィン5秒くらいしかできない。あ~。もう情けない。
あと、パドリングが弱々しいことも指摘される。うう。それはいろんな人に言われ続けていることなんですぅぅぅぅ。パドルを立てて、ボートの真横をしっかり漕ぐようにとのこと。基本パドリングもできてなくて恥ずかしい。
誰かが言ってたけど、『フォワードストロークは永遠の課題』ですな。

井田ホールに突入。激しくもまれるけど、出れないわけじゃない。耐えていれば吐き出される。一度だけ、エンダー飛べたかな。

夕飯は富山市街で焼肉。野宿だからメシくらいうまいもの喰わにゃー。

夜は神通川の駐車場でテント泊。スラローマーとおしゃべりしておやすみ。4日
昼、クリニック。この日は20人くらいの参加者。大会に出ない人や、ビギナーの人もいる。トップ選手に教えてもらえることなんてめったにない機会だものね。
きょうは5クラスに分かれた。上から2番目のクラスにしたら上級者ばかり。クラスを間違えました・・・。
先生はカズヤ君。ダウンリバーしながら、瀬でサーフィンやスピン。どれもまともに出来ません。カズヤ先生からはリーニングが出来ていないことを指摘された。うう。それはいろんな人に言われ続けていることなんですぅぅぅぅ。やっぱり誰が見ても私の出来ていないところは一目瞭然なのね。

午後、井田ホールに突入。ホールから出たいときは左岸の流れを捕まえるようにと、コモリさんが教えてくれるが、その流れまでたどり着かない~。あと50cmが遠い・・・。

もまれまくった後に吐き出されると、ギャラリー席から拍手。これはいったいなんの大会なんだろうか・・・。もしかしてガマン大会??それならわたしともうひとりの女の子が優勝かな。

夕飯は昨日と同じ店で焼肉。

夜は関西カヤッカーとおしゃべりしておやすみ。


6日
大会当日。
男子は18人参加なので、先日の最上川大会と同人数。
女子は少なくて5人参加。3人が決勝へ。
予選1本目は大きめエンダーで2点。2本目は何もしないうちにもまれまくって0点。
合計2点。もうひとり合計2点の人がいたが、そちらは1点が2回だったので、一回の得点が大きい私のほうが決勝へ。
決勝では3本。2本目でビックエンダー4点もらえる。あとの2本は0点。というわけで3位。

カヤッククロスは選手以外の女子も参加してくれたので、人数が増えた。私は首が痛くなって(プレイ中ではなく、ストレッチで痛くなった・・・。)あまりがんばれなかった。

夕飯は人気回転すし「番屋」。5時に入店して約1時間待ちでした。
そして、水上へ向かうのであった。



まとめ:クリニックは参加してよかった。いろいろ痛感しましたよ。
沈脱必至と思われていた井田ホールだったけど、一度も沈脱なし。もまれるけど出れるしね。もまれた時のパワーはあるけど、海でもこれくらいのパワーでもみくちゃにされることあるから、免疫ができていたのかな。ただし、昨年11月の大会と比べると、つかまりっぷりは弱いと言っている人もいました。
ループ狙い(カートもスピンもできない私はそれしか狙えない。)だったけど、「返し」が分かっていないのでスターンが返ってこない。動きを覚えるなら、やはり静水ですかね??
ループが返らなくても、なるべく高く飛びたいという目標があったけど、決勝ヒートでビックエンダーできたので、これについては目標達成じゃー。
あと、何十秒ももまれることによって、ギャラリーを盛り上げることもできたようなので、楽しんでもらえればそれでよかです。

4日の朝、モーニングを求めて富山港まで行った。私は日本海を見たのは去年が初めてで、今回2回目。
f0164003_1124575.jpg


モーニングを食べた喫茶店の看板。「お~い。幸福かい・・・・」
わたしに聞かないでください。
f0164003_11251937.jpg

# by ya-ri-sa | 2008-05-06 22:03 | 川部 | Comments(0)