鳥沢ホール  カートホイール最初の一歩

f0164003_2462397.jpg

大月 1.90

火曜日のこと。
鳥沢に来たけど、目的はシューティングスターを借りて静水すること。
シューティングならバウステ、よゆ~っす。スターでは出来ないけど・・・・。
ダブルポンプは初めはうまく出来なかったけど、上半身と下半身をしっかり一体化させて、頭を動かさないようにしたら、スパスパと抵抗なく刺さるようになった。これがダブルポンプの感じかあ。きょうの収穫だ~!後日、スターでやったら出来なかったけど・・・・。
リーンクリーンは上体のひねり・先行動作が足りない。だからといって、腕を振り回しておおぶりにするのとは違うらしい。重心移動がスムーズじゃないので、すぐ疲れて回転が止まってしまう。
シューティングなら静水やる気おきるんだよなー。スターは重くてやる気がおきないよう。気づいたら2時間くらいやってた。

さきほどの静水をふまえて、ホールへ。
カートのバウ刺しの時、刺そうと思うあまり、頭と上体が前のめりなってしまう。おすぎに「欲深い女」と言われる。ダブルポンプを思い出して、姿勢を直したらサクっと入った。
バウが刺さったのはいいが、直後にリーンが崩れて、ボートがフラットになってしまい、回転しない。下半身に力を入れてリーンを保ち続けなければいけないらしい。おすぎに「下半身のだらしない女」と言われる。

鉄人から視線が低いことを指摘される。食われるのが嫌で、バウとスターンばかり見てしまっている。視野を広くもって、数m先を見るくらいの気持ちで、との教え。
思い切って10mくらい上流の岩を見て動くと沈が減った。

今日はバウ刺しだけで、回転につながらなかったけど、カートホイールへ一歩踏み出せた気がする。
鉄人、ご指導ありがとう!
あ、おすぎもいたっけ・・・・。

きょうは神社にお賽銭を入れるのを忘れなかった。いつも忘れちゃう。お世話になってます。
(Mzo,Sgy,Yd,Kby)

# by ya-ri-sa | 2008-07-01 21:44 | 川部 | Comments(4)  

夏休み

7,8月と遊びます。
金があれば海外旅行に行きたいところ。
無いので、国内野宿の旅。
遊んでばっかでいいようにみえるけど、そんなによくはない。
9月から週5で働きます。
サボリ癖がついちゃってて社会復帰できるだろうか。


# by ya-ri-sa | 2008-07-01 05:41 | 総務部 | Comments(2)  

御岳→鳥沢ホール  プチ増水オモロー!

調布橋 -2.24
放水口~軍畑。3時間かけて。3人で。
その名のとおり放水口からたくさん放水されていた。
エディキャッチしまくってDR。いつもフェリーできる瀬ができなかったり。エディラインでこけたり。
スターンスクオートができない。後傾しちゃってるんだな。
増水するとラクダ岩はキーパーホールになると噂には聞いていましたが、今回、自ら体を張って突入して調査したところ、たしかにキーパーでつかまりました。お気をつけあれ。

通院好きさんが顔色が良くないので聞くと、「体調が悪い」とのこと。
それを聞いて安心した。「体調が悪い」、それは通院好きさんのニュートラルな状態である。
それ以外は「すごく体調が悪い」または「すこしだけ体調が悪い」しかない。
いつもどおりってことね。安心しました。
来月、一緒に京都に行くまでに「すこしだけ体調が悪い」に調整しておいてね。

水位が上がると、別の川に来たようなお得感あり。
もう10cm多い水位も下ってみたい。
プチ増水御岳、オモロー!
(Oc,Nkm)


ゴールして、大月の水位をチェックするととぐんぐん上がってるじゃないの。GO。
f0164003_22243257.jpg

大月 2.24  指標となる右岸側の岩が周期的に水をかぶる。
2.0前後しか経験したことがないので、多めの状態をみてみたいなーと、以前から思っていた。
いつもとかなり違う。幅狭になって掘れてるウェーブホールのような感じ。

「サーフィンの切り返し」と「走らせる感じ」をテーマにしたが、切り返しはちょびっと分かりかけたが、走らせる感じはつかめないまま。

この水位はマックナスティがやりやすいそうです。
わたしはスピンしかできないけど、乗ってるだけで楽しい~。
上沈しても頭を打つことがなく、へたっぴにも安全な水位でした。この水位、また来たいなあ。ダウンリバーもしたいな。
プチ増水鳥沢、オモロー!

雨の一日だった。秋山温泉で温まって帰る。

# by ya-ri-sa | 2008-06-29 23:46 | 川部 | Comments(2)  

鳥沢ホール   先生、パンツ忘れました。


f0164003_2251658.jpg
大月1.97

060.gifあ~めあ~め、ふーれふーれ、リサちゃんが~、桂川へおでかけ、うれしいな~ 060.gif

おひとりさまの鳥沢。昨日は鉄人氏など5,6人いたらしい。
ホール内での移動をテーマにやってみる。
サイドーサーフィン時、ばちゃばちゃ漕がなくても、水をおさえるブレードの向きやリーニングで、前後上下に移動できると聞いた。
いろいろ試したけど、全然動かないよ。ひとりじゃ何がいけないかも分からないよ。

1回だけ頭を打つ。右岸側は浅いのね。GATHのヘルメットにガリっと傷が付いた。今まで海でしかかぶってなかったので無傷だったのにぃぃ~~。
スターンも今日だけでガリガリっ。やってくれるじゃねえか・・・。

小雨がしとしと降り、気温が低いので、上陸して休憩してると寒い。風呂に入って帰ろう。
午前中3時間漕いで終了~。


着替えようとしたらパンツを忘れたことに気づく。家からカヌーの格好してきたので。
家から水着を着てきて、パンツ忘れた小学生と同じである。
ジーパンonノーパンで帰ろう。

鳥沢で冷えた体は秋山温泉で温める。ここは午後5時までは800円(バスタオル付き)でちょっと割高。午後5時以降は500円で割安感あります。平日の昼間は地元のバアさんだらけ。

知人の家に寄る。ノーパンで。
8月に北海道に行くので、北海道の地図などを借りる。

地元のシネコンで映画「ザ・マジックアワー」を観る。ノーパンで。
売れない俳優を演じる佐藤浩市がうまい。深っちゃんがかわいい。三谷幸喜の笑いが好きな人にはいいでしょう。けっこう笑った。
マジックアワーというのは、夕日が沈んで、でもまだ空は明るさがある、映画を撮るのに最も美しい時間のことだそうです。
黄昏の空は美しいよね。その時間に海に浮かんでいると幸せです。

# by ya-ri-sa | 2008-06-26 21:58 | 川部 | Comments(2)  

長良川大会

土曜日 

金曜の夜中にHrmさんと出発。朝8時にコンノ到着。
美濃 -0.60
スピンができたりできなかったり。ということは1点だったり0点だったり、ってこと。0点はいやじゃ~。

昼過ぎからクリニック。女性グループはヤギ先生による女性のためのフリースタイルクリニック。フェリーする時は、たくさん漕がなくても流れに押してもらえば力を入れなくも渡れること(パドルワークは要る)。瀬を下る時は、スピードに乗った瞬間に波の向こう側にパドルを入れること。そういった基本的なパドリング練習はどこでもできること。などなどを習った。たぶん。
漫然と漕いでいると気付かないことを、いろいろ指摘してくれました。

長良川は木曜日まで水が無かったけど、金曜からの雨のおかげで遊べるようになった。
今日のコンノの水量は、先月と同じくらい。先月も今月もちょうど雨が降ってくれて、ラッキー。
夕方にはどしゃ降り。

続きを読む

# by ya-ri-sa | 2008-06-22 23:44 | 川部 | Comments(2)  

ブログ公開します

ブログ公開します。主にカヤックについて。その他のことも少し。
不特定多数の人が読むことを思うと、うまく書けるか自信がありません。
人に読まれることで少しずつ良くなっていけばと思います。
どうぞよろしく。コメントはおてやわらかに~。

みなさんのカヤックライフが豊かなものになるよう願っています。



本文とは関係ありませんが、ガチャピンはスポーツ万能。→YouTube

# by ya-ri-sa | 2008-06-18 23:02 | 総務部 | Comments(2)  

ブロッケン→長瀞  小滝エントリー成功記念日

14日
行ってみなければ出るか否か分からない博打なウェーブへ、Dさんに誘われる。
朝、道の駅はなぞのに、Dさん、Nさん、わたしの3人が集合。福島県の只見の現地に11時着。他にも2人が着いていた。

さあ、きょうは当たりかな?はずれかな?
少しずつ放水されているようだが、水が足りない様子。しばらく待ってみたが、あと50cm~1m以上は増えないとダメだという。そこまでは、増えなさそうだな・・・。きょうははずれでした。

はるばるここまで来たのだから、とりあえずやるか~ということで、5人で乗ることに。
バックウオッシュが無いので、トップへ上がるとすぐ出されてしまう。最も長乗りできた人で30秒くらいで、フロントサーフィンとブラント。
わたしは5秒くらい。高さはかなりあって、掘れてる。本来の姿になると、それがもっと大きくなって、横幅も広がるらしい。
ダムから出て間もない水なので冷たい。6月で頭キーンです。

帰りに新潟県小出市の「ごはんや」という定食屋で夕飯。わたしはアジフライと刺身定食。ほくほくのアジフライが2枚に鮮度の良い刺身6種に魚沼産コシヒカリごはんで800円だった!安~。

はなぞので解散。わたしとNさんは長瀞駐車場泊。Dさんは千葉~新潟を日帰りなので、帰っていた。きょう、彼は10時間運転して、ウェーブに乗ってた時間は合計でも10分弱。ようやるわ・・・。


写真:ベストな状態の時は、中州が全部隠れるくらいの水量らしい。
f0164003_21492957.jpg


(Dc,Nkm,Isg,Hur)


15日
玉淀ダム 朝46トン→午後43トン
鉄橋下~クツナシ
鉄橋下に2時間近くいた。スピンができない。1回転できても2回転目ができない。パドルで無理やり回そうとしてるみたい。
鉄橋下でうっちーとトロ5さんと合流。トロ5さんは漕いでる間にH2Oのパドルの角度がずれて0度になってしまい、テンションが下がり、ブルーになっていた・・・。

ステミ、スピンホールはいまいち。さくらウェーブは姿なし。
おやおや、小滝に乗ってる人たちがいる。どうやら遊べるみたい。朝より水量が変わったのかな。
クツナシに車があるので、そそくさと小滝を失礼してダウンリバー。
洗濯機ホールもいまいちで人がいない。クツナシでゴール。

休憩後、小滝で2時間ほど過ごす。午後3時には玉淀ダム43トン。
先月の小滝デビューは全てエントリーミスという悲しい思い出だったが、今日はエントリー率が上がったー!エントリーのコツがつかめたみたい。
エントリーして、サーフィンで4切り返しくらいできたのが4回くらいあったかな。それで充分うれしいっすー。

スピンが偶然できたけど、できたというよりも、回された。自分で無理やり回すより、水に回していただく謙虚な気持ちがいいのか。
トップから滑る時にオーリーしてみたけど、跳ねなかった。荷重が足りないんだろう。

きょうは満足。エントリーミスが続いたら、すぐ帰っちゃおうかな・・・、なんて弱気だったけど、入ってみて良かった。苦手意識が薄れました。
「初めて手をつないだ日」みたいな感じで、なんでも記念日にしちゃおう。きょうは「小滝エントリー成功記念日」だ。


きょうは一度も頭を打たなかった。ホッ。

# by ya-ri-sa | 2008-06-15 22:41 | 川部 | Comments(2)  

東京スカパラダイスオーケストラ@ZEEP TOKYO

所用で都内へ。
用事が済んだら、スカパラのライブへ向かうつもり。チケットは取っていない。当日券も出るか未定らしいけど、ダメもとで行ってみよう……

と思いながら、ボーっと金券ショップを眺めていたら、ありました!!
「本日」の棚に、スカパラが一枚!
定価5250円が、「本日」なので2000円!ラッキー
金券ショップでこんなに得した気分になれたことはないな。のぞいてみるもんだなー。

7:30に着くと、ちょうど始まったところ。まあまあ前方のブロックに突入~。
客層は20代後半がメイン。男が多いのもスカパラの特徴。みんなノリノリ。私も負けないぞー。
人気曲ではみんな暴れるのでもみくちゃにされて汗まみれ。
でもZEEPTOKYOはこまかくブロックが区切られているせいか将棋倒しみたいのは無し。

スカパラはメンバーが多い。前列にいるホーン4人以外のメンバーも目立てるように、曲ごとにドラムやキーボードやパーカッションのソロパートがある。
アンコール前にステージから去る時に、全員一斉に去るのではなく、ベース、キーボード、ドラムが残って、音を鳴らして、そのあと一人ずつ去っていくのがクール。

オバサンの私はいったん外に出てビールを一杯。アンコールは最後列で見る。最後列は広々していていいけど、音が良くないな。あと30代が多い。

演奏するのが楽しくてたまらないという感じ。観ているファンを楽しませようという気持ちが伝わってくる熱いライブだった。
来年で結成20周年だそうで、幅広い年齢層にウケ続けるのは、ホントすごいな~。

ルパンⅢ世のテーマは大盛り上がりでした。→YouTube

# by ya-ri-sa | 2008-06-12 23:43 | ライ部 ・ クラ部 | Comments(0)  

一松海岸

きょうはサーフカヤック。Mega社のマーベリックを借りて乗る。
これはポリ艇なので担ぐには重いが、乗ってみると、アウトに出るのがラクで、足が速いのでスイスイ進む。
波乗りした時も、重さがあるせいか、とても安定。重量のあるボートにはそれなりの良さがあるのだな。
波はたま~に良いのが入ってくる。O西さんと二人で一度も上陸せずに4時間近く乗っていた。波を吟味して乗っていたので、実際はそんなに漕いではいない。
さすがに、ひとりではこんなに長時間は乗ってられないな。やはり連れがいたほうがいいものです。
(Oon,Oc)

f0164003_11125060.jpg

# by ya-ri-sa | 2008-06-08 21:53 | 海部 ・ フリーウェー部 | Comments(0)  

長瀞

玉淀ダム48トン
ステミ~樋口駅

ステミに1時間半くらいいた。左スピン2回転がやっとこさ。
洗濯機も多め。
あとは特に何もなし~。
中途半端な水量のせいか、カヤッカーもほんの数人しか会わなかった。

浅いところで転んで頭を打つ。最近、一日一回は頭を打ってる。危険な傾向だわ。

3時ころあがった後、荒川上流部にリサーチへ行く。渓谷の雰囲気がかなり良い。水もきれいそう。プレイボートでもいけるだろうが、クリークボートのほうがいいだろう。中古でいいので、クリークボート欲しいなあ。
f0164003_2237522.jpg


f0164003_22391126.jpg



「本当のインド料理とカレーの店」でガーリックナンとほうれん草のカレーとバターチキンカレーとタンドリーチキン。
ガーリックナンはニンニクチップをふりかけただけのものを想像してたら、なにかのスパイスで味付けしたおろしニンニクが、表面だけでなくナンの中にも大量に入っていて、参りました。
f0164003_22393066.jpg


オレンジ色のが、スパイスで味付け&色付けされたニンニク。たくさん入ってる。
f0164003_22394418.jpg

# by ya-ri-sa | 2008-06-07 22:57 | 川部 | Comments(0)  

TOKYO NO.1 SOUL SET @SHIBUYA-AX

トーキョー ナンバーワン ソウルセットのライブへ。

原宿駅で降りて、SHIBUYA-AXに向かう途中、代々木第一体育館の前に人だかりができている。どうやら、「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」のプレミア試写会が行われている様子。そういや、昨日、ジョージ・ルーカスとハリソン・フォードが来日したってテレビで言ってたな。
体育館前には映画の遺跡をイメージしたセットが組まれ、レッドカーペットが敷かれており、そこに向かってカメラのフラッシュが光り、歓声があがっている。
どうやらレッドカーペット上に二人がいるらしいが、私は50mくらい離れた所にいるため、姿を見ることはできない。
半径50m以内にハリソン・フォードがいるということは…。半径50m以内にスターウォーズの「ハン・ソロ船長」がいるということ!!ハン・ソロがすぐそばにいると思うと、たまらない気分になったが、関係者以外は近づけないので、あきらめる。
ハリソン・フォードを間近に見ればおじいさんだろう。でも、私にとってはいつまでもハン・ソロ。
ハン・ソロと同じ空気(井の頭通りの排気ガスまじりの空気。)が吸えただけでよかです。
f0164003_22423587.jpg



さて、ライブの内容は素敵に裏切るものだった。

ソウルセットはレコ屋ではヒップホップの棚に置かれている。いわゆるヒップホップとは違うんだよな。文章では説明しづらい。万人におすすめでないことは確か。
わたしは高校生の時から聴いていて、大学生の時に一度、新宿リキッドルームでのライブに行った。それ以来、10年ぶりのライブだ。99年から7年間活動休止してて、自然消滅かと思いきや、昨年8年ぶりにアルバムを出して、今回はそれをひっさげてのライブツアー。

10年前のライブではボーカルのBIKKE(ビッケ)はずっと椅子に座ったまま、ぼそぼそと念仏ラップ(私と友人は、陰気なビッケのラップをこう呼んでいた。)していた。歌詞も陰気だが、本人も陰気な感じだなーと思った。スポーツとかしなさそうなイメージ。
ところが!今日は別人!!最初から最後まで走りまわってジャンプして、「盛りがって行きましょうー!」とか「イエー!」とか叫んでて、客席とコール&レスポンスしたり、MCもペラペラと雄弁に喋っている。10年経って、ライブアクトが激しくなっているって、どーゆーこと?
えーと・・・・。こんな人でしたっけ・・・・?

サウンドも以前よりもアグレッシブな感じ。
トラックメイカーのDJ川辺ヒロシは活動休止期間にすっかりハウス・テクノ寄りDJになった。以前はターンテーブルでレコードをスクラッチするいわゆるヒップホップスタイルだったが、今回はリズムマシンとエフェクターだけで、どうやらDJブースにターンテーブルを置いてすらいない様子。

ビッケの(昔に比べれば)激しいアクションと、渡辺俊美のロック寄りになったギター、川辺ヒロシの刻むダンサブルなビートで、オーディエンスはタテノリ。えええー?ソウルセットでタテノリですか?。。。10年前はゆるゆると首を振るぐらいだったのに。
今日のライブはMUSIC ON TVに生放送されるらしいので、そのために、いつもよりもテンションあげていたんだろうけど、それにしても昔と違いすぎ!!

初めはとまどったが、新しくなったサウンドも私の好み。
ソウルセットは今後もチェックだな。前よりもかっこよくなっているよ、このお兄さんたち。



ライブにゲストは無し。
アンコールの最後の曲にスチャダラパーのボーズとアニが出てきて旗振り役をしていたけど、声は発さず。

# by ya-ri-sa | 2008-06-05 23:49 | ライ部 ・ クラ部 | Comments(0)  

水上→長瀞→御岳  関東ダウンリバーフルコース

5月31日
湯原 3.5
前日から雨で関東各地プチ増水。でも、ダムで調節してるので、雨が降っても水量が増えるとは限らないのが水上の悲しいところ。今日も、水上は思ったほど増えず。湯原3.5~3.6。うーん、4m超えしなかったか・・・。

午前9時、月夜野親水公園に集合。Dさん、Nさん、わたしの3人。
紅葉峡~銚子橋×2本。
エディラインやボイルでコケまくり。いつもだけど・・・。
下ったというより流されているだけなんだなー。
今年は水上は3回。4.1m、3.0m、3.5mと50cmずつ違う水量でいい経験になりました。来年は沈が減りますように・・・。
霧雨の降る中を、青々とした木々を眺めながらダウンリバー。途中、荒れ気味のフワフワのウェーブあり。1回だけスピンできた。

昼食は喫茶店・焼きカレーの店「亜詩麻」で焼きカレー。欲張ってピザも頼んで、腹いっぱい。
f0164003_14233192.jpg


今日の水上は「リバベン」の開催日。由緒あるラフティングの大会「リバーベンチャー」だそうです。学生・社会人のラフトチームや2人乗りダッキーなど、たくさん。
夜はスキー場「ノルン」でリバベンのイベント・キャンプがあるので、そこにまぎれこむ。
イベントは学生ノリ。大学名を叫んだ後に、酒・焼酎の紙パックを一気飲みが主流。
ステージ上の司会も何か話し終えたら、一気飲み。学生によるショートコントもネタをひとつ終えるたびに一気飲み。とにかく一気飲み。
今日の予選の順位発表。我らが(?)チームGの「ALL BACKS(オールバックス)」は最初から最後まで後ろ漕ぎという暴挙にもかかわらず、なかなかの順位。
「全て後ろ漕ぎ」なので「ALL BACKS」。40組以上出場した中で、そんなやつらは彼らだけ。本気でふざける。そんな姿勢がグー。

続きを読む

# by ya-ri-sa | 2008-06-02 21:21 | 川部 | Comments(0)