春タン 2016

2016年の春タンは、3回の週末に行きました。
3月第1週、4月第2週、4月第3週、自分のこと、の順に記載。
JCF大会の感想は次回のブログ書きます。

・3月第1週  長崎8.80
イイジマニアさんと同乗してタンへ向かう。高速道路から見える山々の雪の少なさを見て、今年の雪の少なさを実感する。2~3月に気温の高い日があったにも関わらず、タンの水位の上昇が鈍いので変だなと思っていましたが、本当に雪が少ないみたい。

日陰は雪は残ってます。
f0164003_14443471.jpg

カヌーランドに長期滞在してる選手たちがホットドッグをふるまってくれました。
f0164003_14392936.jpg

なごやかな雰囲気
f0164003_14394356.jpg

山形市で宴会
f0164003_1444862.jpg


長崎9.0m以下の少ない水量でも、一応ウェーブの形してます。カートホイールする人も。浅いのでバックスタブなどで角度を出すと、岩に当たるようです。
f0164003_14432224.jpg

ダントツにレベルが高いのは、やはり小森さん。直角です。水面とカヤックが直角だし、人間とカヤックも直角。これぐらいスターンを立ててみたいものです。
f0164003_14402395.jpg

上の写真は連写で撮りましたが、この前の瞬間が下の写真。バウが高く上がってる。スターンが立つためには、その前にバウを上がってないといけないのね。
f0164003_14404092.jpg

私はこんなにバウを上げられないよう・・・。直角ブラントは夢のまた夢か・・・

半ちゃん連写。半ちゃんも直角ですが、やっぱりその前にちゃんとバウが上がってる。腹筋と背筋でしっかり耐えてる。
f0164003_1441051.jpg

小森さんも半ちゃんも、フィニッシュで上半身が起きてる。

わたし。なにこれ。なんかの虫か。角度5度。上半身が寝ちゃってる。ダサい。死にたい。
f0164003_1445266.jpg

1月のカイツナで2時間くらいボトムホールに乗ったのを除けば、フリースタイルするのは11月の吉野川から3ヶ月ぶり。久しぶりなので「ケガをしない」を目標に、土曜日はおそるおそるタンに入ってみれば、心配してたよりは乗れていたので、「サボってても、私ってばボートに乗れてるわ。さすが私。ウフ。」とか思ってた。欲が出てきた日曜日は、ブラントやバックスタブやろうとしたけど、ぜーんぜんダメ。できない。

日曜のタン動画。(いとーさん編集)
少なめの水量でも上級者たちは高角度・バラエティ多数です。



・4月第2週  長崎9.8→9.6 宮宿12.1→11.9
5週間ぶりにタンへ。この5週間はフリースタイルをしてなくて、ダウンリバーやシーカヤックや自転車や旅行などしてました。水量が増えてビッグウェーブになるなら、5週間も間を空けずに行こうと思ってたけど、けっきょく3月は増えないままだった。溶ける雪がもう無いみたい。こんな年もあるのね。

2013年~2014年は、このくらいの水位だと、一直線の巻き巻きホールで、上級者でも楽しめないコンディションでした。ところが今年は、一応ウェーブの形してますので、少し良い方向へ変わり始めてるようです。今後が期待できそう。
2013年のタンブログを読み返すと、「噂では、今年のタンの瀬は形状がイマイチ、水位によっては巻き巻きでfunではないとのことでしたが、たしかに以前のほうが良いなあという感じ。」と、オブラートに包んだ書き方をしていますが、内心は「クソだな」と思ってました。サーセン。

5週間前よりも約1m多いので、上級者たちの技も大きくなってきて、見てるほうも楽しいです。この週末の動画は後半に貼り付けてあります。
ウェーブはうっすらと三角形になってる。
f0164003_14452665.jpg


ウェーブの形は悪くないのに、みなさんはバシバシ決めてるのに、私のプレイはぜんぜんイケてない。去年はいろんな人に「上手くなったね」と褒められたが、今年は「苦戦してるね」と言われてしまう。
16ロックスターに慣れてないから、とか、3ヶ月サボってさらに5週間サボってたから、とか、ダサい言い訳を口にしてしまう。情けないやっちゃ。自分の漕ぎについての考察は後半に書きます。

ウサヒのようにヒザを抱えてションボリな私の後ろ姿。
f0164003_14462266.jpg

気持ちがクサりかけていたので、気分転換すべくダウンリバーへ。
ウェーブを拾いながらのダウンリバーは楽しく、気分がリフレッシュされたし、ボートの真ん中に乗る感覚が呼び戻された。
町民が一緒に下ってくれました。町民、ありがとう!
f0164003_14454225.jpg



・4月第3週。 長崎9.1 宮宿11.64
大会当日の水位は、多くはないものの、バラエティが出やすい、まずまずの水位になりました。もっと減ってしまうのではと危惧されていたので、ホッとしました。

前日には全国からSQTやOC-1などの選手たちも集まってきて賑やかです。
f0164003_14471472.jpg

大会日が近づくと、選手たちは緊張してきますが、なぜか私までドキドキしてきます。
みんなが実力を出せますように!と、いつも不純な私も、この時ばかりは純粋に願うようになります。

女子を撮るT田さんを撮ることに今年も成功しました。
f0164003_14482923.jpg


男子K-1決勝動画

JCFの大会の観戦記は、後日アップする記事に書きます。

大会が終わった後に、夕方に漕いでみたけど、やっぱり何もできなかった。仕掛けることすらできずヘコむ。
タンは難しい。簡単にはヤラせてくれないけど、その代わりいろんなことを教えてくれる。
今年は低水位だから魅力を感じない、水位の良い時だけ行けばいいや、なーんて思って3回しか行かなかったけど、もう少し通えばよかったかなと反省。


・自分のこと
昨年の調子こいてた頃の私。ほんとコイツ、ムカつくわ~。(いとーさん編集)

バックスタブそのものはイマイチですが、その前の動きで、後ろ向きでトップ取れてるし、ボートを走らせることもできてる。今年はこういう動きが出来ませんでした。

昨年と今年の自分の動画を見比べると、ヘンテコなブラントや角度が出てないのは同じだけど、昨年のほうが「ボートに乗れてる感」や「人間とボートの一体感」があるんだよね。
昨年は後傾になることはほとんど無いけど、今年は後傾になってて、体とボートが離れちゃってる。トップに来た時にニュートラル姿勢なら、走り出してブラントを打ちに行けるけど、後傾なので打てずじまい。

今年 前半は4/9(宮宿12.1 長崎9.8)、1:28以降は4/10(宮宿11.9 長崎9.5)


昨年


去年はブラントたくさん打てたのになあ~、今年はどうして出来ないんだろう~?、と思って、自分がブラント仕掛けてる瞬間の動画ばかり見返していましたが、大会が終わり数日してからやっとダメな点に気づきました。それは、サーフィンが去年よりも出来ていないし、雑!!
昨年の春は、その前の年に梅さんレッスンで教わったサーフィンを忠実にやっていました。でも、今年はそれを忘れてしまい、サーフィンの姿勢も間違っていたし、ウェーブ内の移動も雑。よって、トップも取れない。トップ取れてないのにムリヤリ打とうとしても失敗。
今後は、あらためてサーフィンを丁寧にやろう。ホールでもウェーブでも。

去年のタンブログの自分編には、去年も冬期の3ヶ月はサボっていたけど、ボートに乗れてるしみんなに褒められたと書いてあるではありませんか。だから今回だって冬期に漕いでなかったのは言い訳にならない。
昨年はサボっていても前年に漕ぎまくった貯金があったというのも、たしかに条件の違いではあります。でも、「無職なら上達できて、仕事に就くと退化する」なんてのはイヤだ。

自分はもうトシだからこれ以上は上達しないのかも・・・下手になっていくだけかも・・・なんて思って、気分が腐ることもあります。そんな時に、自分よりも年上の人が、毎年少しずつでも上達してる姿を見ると、自分もまだ頑張ろうかなと思えます。
カヤックも人生もクサらずにいこう。そう思うのでした。

「フリースタイルは若い人じゃないと上達できないから」「下手くそだと恥ずかしいから」と言って、フリースタイルから遠ざかってしまう人がたまにいますが、もったいない気がします。クサらずに自分のスタイルでやっていきましょう~♪

# by ya-ri-sa | 2016-04-16 14:18 | 川部 | Comments(0)  

水上

9R /Pyranha 、なまらカッコイイ。
f0164003_1494973.jpg


湯原2.97 スキー場~銚子橋  5人で。( テ、ホ、ネ、坂、私 )

今年一発目の水上へ行きました。川相はそんなに変化なし。何カ所かユンボが入ってました。
マダムキラーが落差が増したように思えたけど、水量が少なめだったからそう感じたのかも。
あしま園の前に形の良いウェーブホールがありました。burnでもスピンできたので、フリースタイル艇ならもっと長乗りできそう。深さは不明、そんなに深くないかも。砂利で形が変わりやすい場所なので、そのうち無くなっちゃうかも。

ダイナマイトのスカウティング
f0164003_1410838.jpg

確固たる信念も無く、なんとなく真ん中を通った
f0164003_14103879.jpg


4月中旬で桜が見ごろでした
f0164003_1411596.jpg

f0164003_14192167.jpg


ナメきった態度でゴール
f0164003_14112277.jpg


育風堂のカツ丼を食べて解散。ソーセージをみやげに買った。
f0164003_14182657.jpg


川の話はあっさりおしまい。

モノの話を3つ。9R、アストラルPFD、ピラニアのネジ、について。

ピラニア9R が日本にも入ってきました。まず、見た目がカッコイイですね。「見た目がカッコイイ」というのはカヤックにおいて超重要な要素です。
性能はもちろん良さそうですが、271cm・295L は私には大き過ぎます。
並んでるのはHero /Jackson
f0164003_1411433.jpg

バウ。ブーフ着水してすぐに走り出してくれそう。
f0164003_14115887.jpg

スターン。スパっと切り落としたようなスターンは近年の流行なのかな。
f0164003_14122164.jpg

流行といえば、Aniol & Gerd Serrasolses兄弟がブーフの時にやる、頭が水面に付くほどの極端なリーニングも流行りなのかな。「俺はここまで傾けちゃうぜっ!」みたいな。例:動画の1:46



Astral のPFDを購入しまして、良く出来ていて感心したので紹介します。
買ったのはフリースタイル向きの「YTV」と女性用「LAYLA」
f0164003_1413288.jpg


YTVは人気商品ですね。着てる人たちの好評を聞いていたら私も欲しくなり、昨年の夏頃に探したけれど希望の色やサイズは売り切れでした。今年は確実に入手したかったので、冬からオーダーを入れてました。
着心地が良く、締め付け感がありません。フリースタイルでは体を大胆に動かしたいですが、それをさまたげません。
(黄色線)圧迫感を感じない理由がフォーム形状です。腹部はフォームのボリュームありますが、胸の部分で薄くなっているおかげで上半身・肩回りが大きく動かせます。
(ピンク矢印)肩に反射テープが付いてますが、線が細くて悪目立ちしません。でも暗所ではしっかり光ります。
(青矢印)裏地に柄があってオシャレ。ヤンキーの学ラン的なオシャレ感・・・
(緑矢印)下部は直線的なラインになっててスプレースカートと干渉しにくい。メッシュと穴で水切れも良いように工夫されてる。
f0164003_14131962.jpg


実物を着てみるまではスッキリしたデザインなのでフォームが薄いのかと思っていましたが、実物はボリュームは意外とあるので流水で泳ぐことになっても心強いです。肩ベルトもしっかりしてるので、強く引っ張るようなレスキュー場面でも安心です。他社商品にも見た目がシンプルなPFDがありますが、フォームが薄かったり肩紐が細かったりと、競技会での使用ならいいけど、川下りではやや頼りなく思えます。
ポケットは中央ではなく、サイドに2つあり、小さいです。耳栓やホイッスルくらいで、カメラは入らないです。
f0164003_141774.jpg


下の写真は8年ほど前に購入した、YTVまたはSEAWOLFの前身モデルのようなシンプルなPFD。こちらも肩回りが大きく動かしやすいという長所はありました。しかし、肩紐は長さ調整が不可のため小柄な私だと紐がフィットしません。肩紐は使用につれて伸びてヨレヨレになってしまいました。
腹部のフォームが横方向と縦方向の2枚に分かれており、動きやすさには貢献していましたが、見た目にスマートと言えず、縦方向のフォームが垂れ下がってスプレーと摩擦して表地がボロボロに剥けてしまいました。
背面のフォーム形状ものっぺりとしていますが、現在のYTVは立体的なカットで後姿もスマートです。ウエストベルトを締める時に引っかかるような感じがありましたが、現在のYTVはスムーズに締まります。
このように商品を進化させているところに企業努力が感じられて誠に好感。何年間も同じデザインのままのメーカーだってあるのに。
f0164003_12133734.jpg



YTVについてだいぶ語りましたが、女性用LAYLAはもっとスゴかった!
私はアウトドア用品を買う際は女性用の商品があればそれを買うようにしています。女性でも体格の良い人なら男性用でも合うでしょうが、私は体が小さいのでやはり女性向けに工夫されてる商品のほうが合います。

女体に合わせたフィッティグが優秀です。LAYLAは腹側は3面、背側は2面、計5面のフォームから成っています。(背側の内部パネルも含めたら7面)
黄色の線で示したようにヒンジになってて、女性の丸みのある体に沿うように出来ています。
f0164003_14142480.jpg

他社の男性向けのPFDにみられる直線的にカットされた一面のフォームだと、女性が着るとウエストや肩からフォームが離れてしまいます。LAYLAなら肩やワキから離れずにピッタリと沿い、見た目だけでなく安全性がアップします。
ウエストベルトは3本(黄色矢印)
f0164003_14173324.jpg

着た時は自然すぎて気づきませんでしたが、おっぱいに当たる部分のフォームを触ってみると、柔らかく、さりげなくカップ形状になっています。おかげで圧迫感がありません。おっぱいフォームにカポック繊維という天然素材を採用してるようです。カポックは柔らかく軽く、水を吸わずに浮く繊維だそうです。
アストラルにはPFDのラインナップが10種以上あり、女性向け商品が少ないカヤック業界で、ここまで女性に特化して開発してるのが好感。
f0164003_14163588.jpg

目立ちませんが実はレスキューベルト用のスリットがちゃんと入ってます。下部はYTV同様に直線的でスプレースカートと干渉しづらく、メッシュと穴で水切れ良さそう。肩に反射テープあり。センターポケットはカメラが入る大きさで、ポケット内に小物用の仕切りあり。サイドエントリーなので巨乳でも着やすいです。
f0164003_1414103.jpg



・ピラニアのポジネジについて。
子持区間の記事でネジの増し締めについて書いたところ、何件かお声をいただいたので紹介します。(私自身は未確認の内容を含みます)

f0164003_14223190.jpg

#声1 ピラニアのネジはポジネジなので、専用ドライバーで締めたほうがよい。
上の写真をご覧ください。「+」ではなく「米」の字になってるのが分かると思います。これはポジネジという規格です。→ 参考になるサイト
プラスドライバーで締めるとネジ頭をナメることになってしまいます。トルクをかけずに弱い力で締めればプラスドライバーでもやれないことはないですけど、他人に推奨しづらいですな。

#声2 ゆるみやすいシートのネジを通常のプラスネジに変更する。その際にネジの長さを長いものにする。ゆるみ防止に座金をスプリングワッシャーに変更する。

#声3 Oリングが劣化する。劣化してたらホームセンターの水道コーナーで新品を購入して交換。

だそうです~。

# by ya-ri-sa | 2016-04-12 13:55 | 川部 | Comments(0)  

丹波川 class5ブーフクリニック

f0164003_943182.jpg


本題に入る前に・・・この週末はいろいろ充実していました。カヤック以外のことは書かないようにしていますが、たまには。

金曜夜は野田MAPの舞台「逆鱗」を鑑賞。松たかこ、阿部サダヲ、井上真央、瑛太、と豪華な俳優陣の共演が観れました。
席が前のほうだったので役者たちの表情もよく見えました。満島真之介さんは映画「風俗行ったら人生変わったwww」ではキモくてオタクっぽい冴えない男でしたが(そういう役だった)、実物は美青年で驚きました。
ストーリーの前情報なしで行ったら、後半の展開が意外でした。見終わったあとに、人間魚雷・回天のこと調べちゃいました。
f0164003_96157.jpg


土曜日は長瀞でマウンテンバイク。
ひとさまの自転車。高そう。MONDRAKERモンドレーカーいうスペインのブランド。初めて見た。
f0164003_856966.jpg

長瀞の大沢屋の黒豆は美味しい。
f0164003_8534821.jpg


土曜の夜は青梅のOさん宅で、シェフ今井ちゃんによる出張イタリアン料理のフルコース。
f0164003_8563116.jpg

f0164003_8565144.jpg

f0164003_8582724.jpg

御岳カヤッカーでもある今井さんが、お宅の台所で料理を作ってくれます。後片付けも。
東京西部にお住まいのかたはホームパーティの際にお願いしてみてはいかがでしょうか。幼児やお年寄りがいて外食に出かけられない家族などにもとても良いと思いました。カフェ&ピッツア アクアヴィータ


日曜・丹波川ロアー区間へ。3月に入って暖かい日々が続いていましたが、この週末はとても寒かったです。奥多摩は夜には氷点下だったようで、山の上は白くなっていました。すごく寒いのに、花粉は大量散布という状況でした。奥多摩の花粉は凶暴ですね。

この日の class5ブログ     柿の種仙人ブログ

以前から参加してみたかったブーフクリニック。とても良かったです。もっと早く受講すれば良かった~。
教わったからすぐ出来るわけではないけど、柳本さんが言ってることは理解できました。普段のダウンリバーから意識していこうと思いました。

参加者はなんと8人も!人気のレッスンです。class5を始めてから6年、柳本さんの地道な努力が実を結んできたのでしょう。
8人のうち4人が女性。やる気のある女性が多いですな。
f0164003_952770.jpg

丹波山-0.60といつもの水位から水位計は変化ないものの、前日の雪でちょい増え。
前回くだった時の記憶は「ロアー区間は単調だなあ」でしたが、久しぶりに漕いでみると距離はあるし変化に富んでいて、良い区間だなあと記憶を上書き保存しました。
f0164003_95537.jpg


柳本さん。この静止画だけで、「ちゃんと漕げてる人」ってのが分かりますね~
f0164003_912827.jpg

わたし。漕げてない人・・・
f0164003_914125.jpg


すやまさん&ひらさんコンビに会えたのが嬉しかった
f0164003_8573619.jpg


ひらさんの RECON / WAVESPORTS. 持ってる人は珍しいのでは。丈夫そう。
f0164003_94015.jpg

リーコンと発音するのかな。「りこん」なんて縁起悪いと言ってる既婚者がいて、考えすぎじゃないかと独身の私は思いました。しかし、もし「ぼっち」という名前のカヤックがあったら私は乗りたくないので、気持ちが分からないでもないなと思い直しました。

後半のドロップでの私。ロアーも面白い。
f0164003_941698.jpg

写真はすやまさんからもらいました。

久しぶりに小作の骨豚亭でラーメン。別添えのジュレを途中で入れると味が変わるのが面白い。
f0164003_855413.jpg

数年前はハマってよく食べていたが、今たべると以前ほどウマイと思えない。私の味覚が衰えてきたのだろう。前ほどラーメン好きじゃなくなってきた。

# by ya-ri-sa | 2016-03-14 16:31 | 川部 | Comments(0)  

一日三種目 @内房

パドルクエストで野川さんのスライドショーがありました。アイルランドや日豊海岸などの写真見ると、旅へ出たくなりました。昨年のギリシャには私も参加してるのだけど、あらためて写真を見ると、エーゲ海はこんなに美しかったかと思い出したり。

それから2月のパドルクエストのセールに買い物に行きましたが、季節商品だけでなく定番商品も値引きされていて驚きました。買いたい物が決まってる場合は確実におトクです。今年行かなかった人も来年の春のセールは要チェックですよ。


落ち武者のさらし首
f0164003_18461830.jpg

3月初旬、千葉の内房で一日三種目という遊びをしました。自転車、登山、シーカヤックです。
言いだしっぺは私。「冬のうちにもう一回くらいシーカヤック漕ぎたい」&「最近ハマってる自転車も漕ぎたい」&「冬が房総の登山シーズンなので寒いうちに登っておきたい」というワガママな願望を叶えるために考え出したムリヤリ企画を野川さんに伝えると、やりましょうと話に乗ってくれました。オーダーメイドな要望に答えてくれるレインドッグならではです。

当初の計画では、岩井海岸→(シーカヤック)→香海岸→(自転車)→伊予ヶ岳(登山)→(自転車)→岩井海岸と、三種目で一筆書きする予定だったが、天候が前日から全国的に大荒れになってしまった。

前夜の天気図。前夜は強風でした。北海道では吹雪だったようです。
f0164003_18471478.png

翌朝になり、風はおさまったものの、まだ海上はザワついていたので、シーカヤックから始めることはやめました。ひと筆書きにはこだわらずに、三種目を実施することに。

まずは一種目めのロードバイク。三芳の道の駅からスタート
f0164003_18264940.jpg

快晴。河津桜みたいのが咲いてます
f0164003_18395065.jpg

伊予ヶ岳が見えてきた
f0164003_18401080.jpg

これからあの山に登るぞー
f0164003_18403367.jpg

登山口の神社に到着
f0164003_18484937.jpg

おまいり。私は今年はまだ初詣してなかったので、3月に初詣するのであった。
f0164003_18411885.jpg

二種目めの登山
f0164003_1981377.jpg


f0164003_18414348.jpg

頂上に来ました。奥に見えるおっぱいみたいに二峰並んでるのは富山。
f0164003_18415828.jpg

東京湾の向こうに富士山も
f0164003_1985295.jpg

館山の奥に見えるのは大島。こんなに近いの?大きさに、びっくりー。
f0164003_199814.jpg

水仙と梅。春ですね
f0164003_18422018.jpg

下山して自転車で三芳へ戻る。菜の花いっぱい。千葉県の県花です。
f0164003_18425362.jpg

野川さんはレトロなMTBで、私と陽子ちゃんのロードバイクに付いてきた。
f0164003_185183.jpg

でっかいハンバーガー
f0164003_18432060.jpg

当日15時の天気図。午後になると、海面も朝よりも落ち着いてきました。
f0164003_18475182.png

風は微風。これなら漕げる。三種目めのシーカヤック
f0164003_1844494.jpg

浮島。この島は陸側から見るより、沖側から見たほうがカッコイイ
f0164003_18442092.jpg

風に削られた岩肌や地層がイイ感じ
f0164003_18445366.jpg

嵐が去って澄んだ空気。西日がまぶしく島を照らす。
f0164003_18451713.jpg

f0164003_1850837.jpg

上陸すると夕暮れ。濃い一日だった。
f0164003_18455169.jpg


アホな企画につきあってくれた野川さんと陽子ちゃん、ありがとう。また他の場所でもやってみたいな。

同じ三種目をやるシートゥサミットなる大会もあるようです。私はタイムを競う競技には興味は無いかなあ。

青い線が今回移動した場所。黄色の線が当初の予定。青い線を実行してみてから考えると、かなり早起きして早く漕がないと実施不可能な計画だったな・・・。
f0164003_15484021.jpg

# by ya-ri-sa | 2016-03-01 18:03 | 海部 ・ フリーウェー部 | Comments(2)  

チャリンコ季報 12~2月

・ロードバイク
2015年に自転車フォースの覚醒して、12月中旬にはロードバイク購入し、急に走り出したワタクシ。

一般的にはロードバイクは冬はオフシーズンだそうです。しかし、房総半島は冬はそれほど寒くなく、雪も降らないし、地面も凍結しません。漕ぎ始めは寒くても、走れば体はポカポカして、暑いくらい。冬で空気は乾燥してるので、汗をかいてもベタつかず爽やかです。というわけで、わたし的にはロードバイクのベストシーズンは冬!に決まりました。
夏は暑苦しそうで、想像しただけで萎えます。

最初はフラットペダルでしたが、2月からビンディングペダルにしました。
f0164003_17402350.jpg

シューズカバーすれば寒い日でも足は冷たくなりません
f0164003_17404272.jpg


*走行距離
12月 144km
1月 192km
2月 235km

12月は実質2週間ですから、けっこう走りましたね。
1回あたり20~30kmを、3日に1回のペースで乗ってます。2日あいだが空くと、ああ~乗りてえ~ってなってきます。
長距離はまだ走ったことがありません。最長で35km。
冬は頻回に乗れましたが、春からは仕事量が増えるので乗る回数も減りそうな心配。短距離でいいから、マメに乗ろうっと。

年末年始にNZに行った時も、オークランドでレンタルサイクルして乗りました。
f0164003_1734810.jpg

自転車専用レーンあると安心
f0164003_17343787.jpg


N村さんを師匠と呼びつつ、まだ一度も一緒に走っていない。
女子中学生に囲まれてアンケート回答を求められるN村師匠。良い人そうに見えたのかな・・・
f0164003_17372623.jpg



・マウンテンバイク
冬は栃木県茂木町の「DAIKIFREERIDE MTB PARK」に初級者講習を受けに行きました。
家からは遠いのですが、行って良かったー!!やっぱりプロライダーに基礎を教わるのは大事ですね。疑問に思ってたことが解消しました。
カヤックと共通することも多くて、ますます楽しくなりそう。

まずは姿勢から。正面から見ると悪くないように見えるけど・・・
f0164003_17522956.jpg

しかし、横から見ると、腰が反ってしまっています。
f0164003_17524935.jpg

腹筋と背筋が無いゆえに体幹が支えられずに、腰は反り、おなかはポコっと出てしまうのです。
日常の姿勢でも、筋力の弱い女性は反り腰になりがち。

この写真を見て思ったのが、もしかして私はカヤックの時も反り腰になっているのでは!?ということです。
カヤックでは骨盤を立てて、ニュートラルな位置で座るのが基本姿勢。骨盤が前傾しても後傾しても、反り腰や猫背になってしまう。
今まで私は、カヤックでは男性は猫背になる人が多いような気がしてて、概して女性のほうが背中がピーンと伸びてて姿勢が良いよな~と思っていました。しかし、カヤックではおなかから下はスプレースカートに隠れてて見えてませんよね。ピーンと伸びてるように見えて、スカートの中では反り腰になっているのでは!?
カヤックを漕ぐ時に「姿勢を良く、背中をピンと伸ばして」と自分に言い聞かせてきたし、自分の漕いでる写真を見ても姿勢は悪くないほうだと思っていたけど、実は反り腰だったかも!
ニュートラルなら上半身を大きくねじることができるけれど、反り腰のままねじっていたら、そりゃあ腰を痛めるわな・・・。
今度からカヤックでも自転車でもニュートラルを心がけようと思うのでした。


ゴリラかよ。
f0164003_1855368.jpg

# by ya-ri-sa | 2016-02-29 17:01 | 自転車部 | Comments(0)  

房総一周 最終戦 & 一回戦のコピペ

2010年4月から始まった房総一周大作戦がついにゴールしました。そもそもは、レインドッグとパドリングウルフの共催ツアーで4回の土日(計8日間)で、内房の富津岬から外房の太東岬まで漕ごうという企画でした。私は第一回と第二回までは参加しましたが、その後は参加できなかったので、個人的に継続していました。

全行程でレインドッグ野川さんにお世話になりました。野川さんからは続きをやれとは言われたことは一度も無くて、やりたければどうぞって感じでした。
なぜかモデル立ちの野川さん。長年、お世話になっています。
f0164003_16303437.jpg


誰からも頼まれたわけでもなく、飽きっぽい私がなぜ続けたのかは我ながら不思議ですが、シーカヤックを漕ぐ口実にしていたというところでしょうか。
自分が住んでる半島を海から見てみたいという気持ちもありました。結果的には、やはり外房のほうが好みですね。太平洋のうねりがあるほうが好き。内房は少し退屈。気に入った区間は第五回かな。

6年もかかったと言うと壮大な計画のようですが、実際はノロノロしてただけ。私は15kmも漕いだら疲れてしまうヘタレですし、夏期はリバーカヤックにうつつを抜かし、秋冬になると思い出したように、続きを漕いでいました。
約160kmを8日間で漕ぐなら、一日あたり20kmですので中級シーカヤッカーなら無理のない計画です。一日30-40km漕げる人なら一週間弱でゴールしてしまうでしょう。6年もかかるなんてアホ・・・。

私は漕ぐのが遅くて、第一回と第二回の時は常に最後尾。みんなの足を引っ張っちゃいました。野川さんとマンツーマンで漕ぐようになってからも「もっと早く漕いで!」と叱咤されていましたが、最近は「以前よりは早い」と言ってもらえるようになりました。それでもまだ、ほかの人と比べたら遅くてパワーも弱いと思います。リバーカヤッカーの人は、たまには海で漕いでみると、自分が漕げてないことに気づくかもしれませんよ。


・最終回(第七回) 和田~乙浜 約19km
前回ゴールの和田が今回のスタート地点
f0164003_16414950.jpg

当初、北西の風の予報だったけど、東風に変化。春の天気は読みにくいです。追い風で行けるかなと期待してたけど、斜め後ろから吹く風にバウを振られます。
f0164003_16422143.jpg

写真で海面のザワザワが伝わるかな。シーカヤックしない人だと、この写真を見てもザワつきは分からないかもね
f0164003_1643734.jpg

ザワザワ。横を漕いでる人のカヤックが波で時々隠れちゃう。
f0164003_1644066.jpg

千倉の道の駅を通過
f0164003_16442892.jpg

ゴールの乙浜まであと少し
f0164003_16451176.jpg


ゴール写真に備えて、顔の日焼け防止マスクを取る。こんなの撮るなっちゅーの。
野川さんは、私がポーズを決めてもシャッターは押してくれず、こちらがよそ見したり気を抜いてる時にいつの間にか撮る。
f0164003_1656511.jpg

6年かけてゴーーーール!
f0164003_1640230.jpg


刺身定食で完走を祝う。房総名物・アジのなめろうも付けてもらった。
f0164003_17102493.jpg

2月末だけど、房総は早くもフキノトウ
f0164003_1639135.jpg



海と川でぐるりと水に囲まれた千葉県。一周したといっても、私が漕いだのは実際には半周です。この半周にプラスすれば、本当に房総半島をカヤックで一周することも可能のようです。何をプラスするかというと → 『東葛飾から銚子まで利根川を下って太平洋に出る』+『東葛飾から市川まで江戸川を下って東京湾に出る』+『銚子~太東岬の九十九里浜』+『市川~富津岬の東京湾』私は絶対にやりませんが、酔狂な人は実践してみてください


第2回以降のブログは、タグ「#房総一周」にあります。

長くブログを読んでる人は知ってるかもですが、2009年12月から2010年9月までの10ヶ月間はブログ休止していました。漕いではいたけどブログは書いていません。
第1回はmixi日記に書いていたので以下にコピペします。
(ブログ休止期間にmixi日記に書いた他のカヤック記録を、ブログのほうに徐々にコピペしていこうかなあ・・・。需要ないだろうけど自分の記録の補完として。。。)

------------以下コピペ----------
「房総一周大作戦~1回戦」 2010年4月

先週末は千葉の内房でシーカヤックでした。
全4回で房総半島を一周しようという企画の第一回でした。
東京湾側の富津から太平洋側の太東までですので、正確には半周です。
千葉県を海から眺めてみたい、そんな思いで参加しました。

一日目は、富津~多々良浜までの33km!!長い!長かった!
11時に漕ぎだして、19時まで、8時間上陸ナシです!!
休憩は海上で、20分の昼食と10分×2回の休憩のみ。それ以外は、手を止めることなく、漕ぎ続けました。まじでノンストップ。
川は漕がなくても流れるけど、海は漕がなきゃ進まねえぜよ!
私のカヤック史上、こんなに長時間を漕ぐのは、これが最初で最後であってほしい・・・・
というか、8時間座りっぱなしというのは人生で初めてでは。8時間ぶりに立った時には、おばあちゃんのようなヨロヨロした歩き方でした。
なぜかトイレはガマンできました。もちろん、途中でトイレ上陸してもよいのだけど、誰も希望しなかった。
ガイド2名の他の参加者は女性4名、男性1名。
私が一番パドリングが弱く遅いもので、後半はずっと最後尾。皆さんの足を引っ張ってしまいました・・・

前日の金曜は電車が運休して交通機関に影響が出たほどの強風でしたが、土曜はやみました。微風→無風→弱風くらいだったかな。晴れてて、気温が高く、シーカヤック日和でした。
まん丸な夕日が水平線に沈むのはキレイだった。その頃は、疲労困憊だったけど。太陽って円じゃなくて球なんだなって分かる感じ。
到着した時には、完全に日没。すると、夜光虫がキラキラぴかぴかパドルで漕ぐたびに、強く光りました。


二日目は、多々良浜~館山の10km。これは2時間ほどで、昨日に比べたら、ラクでした。うねりの中を漕いだけど、うねり好きの私は楽しい。

今回のツアーはレインドッグ野川さんとパドリングウルフ名倉さんの共催でした。
ただ他人(ガイド)についていけばよい。ということではなく、自分でナビゲーションできる自立したカヤッカーになってほしいという二人ですので、海図とコンパスを使って針路を参加者に考えさせます。そして、参加者を先に行かせて、自分たちは後から付いてきます。ときどき、「今、自分たちが、地図上のどこにいるか分かってますか?東京湾観音が○○°の方向、横須賀の鉄塔が○○°の方向に見えるということは、現在地はどこでしょう?」と言って、考えさせます。
ボケとツッコミのお二人のじゃれ合いは、面白かったー

「漕ぐ時に足を使ってね」との指摘をされました。わたし、最初はぜんぜん使ってませんでした。んで、足で踏みこむようにしたんだけど、下半身の力がちっとも上半身に伝わらず、出来ないまま終了。
ちゃんと下半身が使えるようになれば、疲れにくいし、スピードも出るんだろうなあ。リバーカヤックでも必要。
上半身と下半身を連動させるのって、もろにピラティスなんだよなー。

ダメダメなパチャパチャ漕ぎだったので、腕や肩が痛くなるかと思いきや痛くならずに、背筋の下のほうがピキピキした。足は使えなかったけど、背筋は使えてたみたい。
すごい筋肉痛が3日後くらいにやってくるだろうと予想して、筋肉痛が来たら日記を書こうとしてましたが、今日まで筋肉痛ナシのままです。意外。

ゴールは秋なり~
興味ある人は参加されたし。


お世話になったアウトフィッター
レインドッグ
パドリングウルフ
----------コピペここまで----------

# by ya-ri-sa | 2016-02-28 16:19 | 海部 ・ フリーウェー部 | Comments(0)  

利根川 子持区間

Pyranhaユーザーのみなさん~! 増し締めしてますか~? ゆるみのないようにお締めください。
f0164003_18325288.jpg

コーミングの裏など目立たない場所もお忘れなく。とくに大事なのがフットブレイスのネジ!
f0164003_18331480.jpg

フットブレイスのネジが緩んでいると、喫水にかかる場所ですからザブザブ水が入ってきますよ(経験アリ・・・)。足が当たって緩みやすい箇所なので、ココは毎回チェックです。

ところでピラニアのニューボートの9R、見た目がカッコイイすね。スペックみると、私には大きいんだなあ。日本にも今シーズン入ってくるのかな。
9Rに乗るGerd Serrasolses の動画


・利根川 子持区間 大正橋 約1.0m 約9km 
ずっと前から子持の名前は聞いていましたが、なかなか機会が無くて、やっと漕ぐことができました。

7人で。5人は子持リピーター、私と秋さんは初めて。3人が女性。関東は女性が多くてイイね。
f0164003_19545778.jpg


回送しながら、3つの瀬を道路からスカウティングしました。せっかく道路からスカウティングできるんだから毎回見たほうが良さそうです。
f0164003_1837372.jpg


ひとつめ・綾戸の瀬
左カーブしてる。三つ股に分かれており、本流は右岸側。
f0164003_20124382.jpg

この写真は瀬の下流側から見てるから全貌が見えてるけど、実際に瀬の入り口に行ってみると、カヤックの目線からは瀬が見えづらかったので、私は中州に上陸してスカウティングしました。

上の写真の下流側
f0164003_18432698.jpg


ふたつめ・キャンプ場の瀬
岩がたくさん出ていてエディを繋ぎながら下るのが面白そう。
私はエディを取りながら、瀬の最後にある赤丸で囲んだ岩裏のエディを取りました。ここは増えたら捕まるホールになるかも。
f0164003_18441194.jpg

f0164003_1844327.jpg

今日は流速が遅いからフェリーしながらエディを取る余裕があった。しかし、水量が増えたら小ホールが多数できるだろうし、流速が早い場合は無理にフェリーにすると沈して岩に体をぶつけそう。
左岸側はコンクリートブロックが入ってるので近づかないように。

みっつめ・水管橋の瀬
やや長い瀬。半分くらい来た所で広いエディがあるから、そこで一時停止しても可。
以前は流れが左岸のテトラポットへ向かっていたようだが、この日はそちらへの流れはなかった。
f0164003_18535884.jpg

f0164003_18541651.jpg


プットインするどうこさん。2年前の台湾でご一緒して以来でしたが、2年前よりずっと上達されていて驚きました。class5柳本さんの指導のおかげでしょうか。個人的にも積極的に漕いでるようですから経験を重ねたのもあるのでしょう。私もがんばろっと。
f0164003_185864.jpg


下ってる最中の写真ナシ。防水カメラを持たないと、水の上で写真を撮らなくなってしまった。

今回は水量少なめとのことでしたが、十分に楽しかったです。ダウンリバーの練習になる良い川でした。
やっぱりダウンリバーは良いなあ~。シーズン幕開けを感じさせる暖かい日でした。


解散した後、私は前橋市へ移動して、桃ノ木川沿いのサイクリングロードを20kmほどロードバイクで走りました。一日二種目だ。
赤城山を眺めながら。
f0164003_19112077.jpg

# by ya-ri-sa | 2016-02-27 18:29 | 川部 | Comments(0)  

プールでカヌー運動会@仙台市

みなさん、お気に入りのブログを読むためのRSSリーダーはお使いですか? まだ使ってないならFeedlyをオススメします。
RSSリーダーを使ってないと、更新されたかどうかも分からないのにブックマークからいちいち見に行くことになり手間がかかります。
Feedlyは英語サイトですが、使い方はとても簡単です。[Add content] に、ブログ題名またはURLを入力するだけ。例えば、このブログの場合は extragirl.exblog.jp をコピペしてください。
[Collection]でフォルダ分けもできますので、Kayak、仕事関係、料理、etc...と名前を付けて分類できます。モバイル向けアプリもあるので、PCとスマホの両方で読めます。
↓このバナーをクリック!
follow us in feedly


仙台市カヌー協会さまのイベントに参加しました。真冬に温水プールで漕げるという魅力的なイベントでした。

前夜に仙台入りして、田中ペーさん紹介の店・国分町「くいもんや森」で地元カヤッカーと語らいました。

翌朝、仙台の某コンビニで待ち合わせ。ヌマちゃんが迎えに来てくれた。
「カヤッカーに好意的すぎるコンビニ」と噂には聞いていたが、本当に好意的だった。
f0164003_2122067.jpg

店内には地域の情報案内とともにカヌー体験の案内も掲示されてる。地域密着なコンビニだ。
f0164003_2151431.jpg


宮城県の運動公園、グランディ21。立派な施設。公園や運動施設は首都圏より地方のほうが恵まれてるよねー。
f0164003_2124186.jpg



カヤックを洗浄
f0164003_213296.jpg


競泳プールの隣にある、飛び込み用プールを使わせていただきます。
f0164003_2152544.jpg


女子中学生に優しい元やん。私には冷たいくせに。
f0164003_2134367.jpg


水の上で、カヤック乗り換え。バランス崩すとボチャーンと落水。
f0164003_214789.jpg


白熱するカヤックポロ。
f0164003_2142477.jpg


スーさんが持ってきてくれたスクォートにみなさん興味津々。
f0164003_2143578.jpg

すぐにカートホイールに挑戦する元やん、センスあるなあ。スクォートやればいいいのに。
f0164003_20594944.jpg


仙台市カヌー協会さま、お世話になりました!
f0164003_2114344.jpg

# by ya-ri-sa | 2016-02-07 14:46 | 川部 | Comments(4)  

房総一周 六回戦

じみ~~に、房総一周(正確には半周)を続けています。前回は1年前だったかな、と思ってブログを振り返ってみたら、五回戦は2014年1月でした。去年もシーカヤックは漕いでますが、房総一周の続きはやっていなかったので、2年ぶりです。2年前の3月に仕事を辞めてから、糸の切れた凧のように遊び回っていましたからね。あっという間の2年でした。

残った区間は鴨川~乙浜までの約30km。漕力のある人なら一日で漕げる距離ですが、私はヘタレなので2回に分けます。15kmずつならやれるなと思っていましたが、途中はサーフゾーンなので上陸しにくいので、約10kmと約20kmに分けることに。


鴨川~和田 約10km・(往復で20km弱・4時間)

前回ゴールの鴨川からスタート
f0164003_203666.jpg


わたしは鴨川が好き。
f0164003_2037770.jpg


鴨川松島と呼ばれる、小島が点在する場所もありました
f0164003_2037326.jpg


チョコレートマフィンの粉砂糖がけ。
f0164003_20362264.jpg

たくさんのウミウが島に止まってる。海鵜がチョコチップに見える。
粉砂糖のように白いのはウミウのフンでした。どん引き~
f0164003_20364244.jpg


仁右衛門島。私有地の島。いちおう観光地です。昔、遠足で来たような来てないような。
f0164003_20375249.jpg


和田に到着。1月だけど暖かい日でした。
f0164003_2038964.jpg


あばら骨みたいな雲
f0164003_2039653.jpg


鯨カツ
f0164003_2041490.jpg


和田は小型捕鯨の基地です。遠洋の調査捕鯨とは異なり、近海で小型のツチクジラが主だそうです。
和歌山県の捕鯨は和田氏という豪族から始まったそうで、現在も和歌山市に和田という地名があります。勝浦という地名も和歌山県と千葉県の両方にありますね。その昔、黒潮の流れに乗って紀州から房総へ流れ着いた漁師も多く、共通の文化や言葉などがあるそうです。
黒潮に乗ってやって来る伊勢エビの漁獲高は、千葉県と三重県で首位争いを続けています。
わたしの祖先も伊勢エビと一緒に紀伊半島から流れてきたのかもしれません。わたしが黒潮に惹かれるのは血が騒ぐからかしら。

電車で和田から鴨川へ戻ってもよかったんだけど、まだ元気だったので往復することにしました。

折り返し出発
f0164003_2039328.jpg


海の水、きれい
f0164003_20343686.jpg


だんだん雲が厚くなってきた
f0164003_20351590.jpg

厚い雲がだんだん下に降りてきて・・・Sky Fall !!
雲と海に挟まれちゃった!
f0164003_2039501.jpg


日没までにゴールすると決めてスピードアップする。太陽と競争して私が勝ちました。
f0164003_2040934.jpg


あと一回で房総一周も終わりだ。この冬のあいだに終わらせるぞ。
レインドッグにお世話になりました。

# by ya-ri-sa | 2016-01-11 16:29 | 海部 ・ フリーウェー部 | Comments(0)  

Kaituna river & Tarawera river

前記事で 「今後は、家の近所で遊ぶ、遠出せずに楽しむという方向へシフトしていこうと思っています」 と書きましたが、その舌の根も乾かぬうちに南半球で漕いできました。

カイツナ川を訪れるのは2008年1月のスピリットのツアー以来でしたので、丸8年ぶりでした。NZに再び行きたいと願っていましたが、なかなかタイミングが訪れませんでした。今回、町民とオオバちゃんからお誘いをいただいて、喜び勇んで参加しました。
f0164003_142845.jpg


川には3泊4日。私はその前後にはオークランド観光しました。

12/31 朝・オークランド空港で集合、ロトルア湖の宿へ。
1/1  カイツナ1本+ボトムホール少し
1/2  カイツナ2本+ボトムホール少し
1/3  カイツナ2本+タラウエラ1本   夜・オークランド空港で解散

Okere falls. 二段の滝です。
一段目・町民
f0164003_0484699.jpg

わたし
f0164003_049123.jpg

二段目・町民
f0164003_0492051.jpg

わたし
f0164003_0495142.jpg


Tutea falls. 約7m (私はこちらの名前がオケレフォールだと勘違いしてた)
オオバちゃんは初日はトポデュオで。
f0164003_0501466.jpg

わたし。初回は、着水したらすぐに艇が走り出して、その速さに体がついて行けずムチウチみたいになって首を痛めた。
f0164003_19939.jpg

OkereもTuteaも展望台から望めます
f0164003_0595099.jpg


後半の瀬。16Rockstarのボトムが見えていますが、これもTutea fallsと同様に、シュートを降りたらすぐに艇が走り出し、上半身が置いてかれて、のけ反ってしまっています。私が艇をホールドできていない証拠ですね。。。
f0164003_0512714.jpg


ボトムホールは短時間だけ。もう少し多い方が良いみたい。次々とラフトボートが下ってくるので、あまり入れませんでした。
f0164003_0515826.jpg


町民が借りた Tutea/ WAKA kayaks
f0164003_0522285.jpg

あれれ?サットン兄弟がadidas SICKLINEで乗ってた Tuna/ Bliss-stick にそっくりだぞ。と思ったら、Tuna は両社ともラインナップしていて、Tuteaは小さめサイズのようです。
Tutea は動きが素直で、サイズも日本人男性に合ってて、かなり良さげ。日本に入ってこないかなあ。

私はカヤックは持参せずに、手ブラ(手でブラジャー)でNZへ行きました。ダウンリバーが主目的で短期間ならレンタルで十分かと思います。16Rockstarは今回はたまたま借りられましたが、常にあるわけではないようです。
私が3日目に借りた JAVA/perception 。とても乗りやすかった。サイズも合ってる。川下りはフリースタイル艇よりもこちらのほうがやっぱり楽しいです。
f0164003_0523859.jpg


水量はゲートが3つとも200。少なめ。2008年もこのくらいでした。
f0164003_0525854.jpg


SICKLINEで2010年から三連覇という王者Sam Suttonもラフトガイドとして働いています。
f0164003_0532050.jpg


3日目は午前にカイツナ川を下り、午後から車で1時間ほどのタラウエラ川へ。
雨や曇りがちの3日間でしたが、最終日の午後になって晴れてくれました。
f0164003_0541947.jpg

私たち3人の他にBradley、Anna、カヤック初心者の2名の計7人で。
f0164003_055738.jpg

誰も撮ってなかったので、川の写真なし。川幅は狭く、落差は無くて、ほとんど1級の瀬。ゴール直前だけが落差あり、2~3級のやや長い瀬でした。
とっても雰囲気の良い川ですっかり癒やされました。森の中を川散歩できました。

Samの弟のJamie。シックラインでの最高位は2014年の3位。「今年こそチャンピオンになるよ」と意気込んでいました。日本から Sutton兄弟を応援しましょう~。
f0164003_046915.jpg

ジャクソンカヤック Regional teamに所属してるUSAの Anna Brunoは毎冬NZ滞在だそうです。フレンドリーで優しい。昨年の世界大会で女子スクォートで6位入賞しています。モトコやヒトミと一緒に漕いだよ~と話していました。
f0164003_0462640.jpg

そして3日間カヤックガイドをしてくれたBradley!! Nice guy!! カヤックのテクニックはもちろんスゴ腕。それだけでなく、私たちがなるべく多く漕げるように考えてくれたり、カイツナ以外の川も連れて行ってあげたいと言ってくれたり、カヤック以外の時間の過ごし方も提案してくれました。
f0164003_0474479.jpg

ブラッドリーが代表を務めるKaituna Kayaksは私が2008年に訪れた頃はケニー・マットンがオーナーでしたが、数年前にブラッドリーに譲ったようです。

さて、このブログの右上にある滝の画像はNZのHuka fallsです。2008年に私が撮影したものです。写真のような水色で、水量たっぷりの迫力の滝です。ブログは2008年の春から始めましたが、直前に訪れたNZで印象の強かったフカフォールをプロフィール画像に選びました。

ブラッドリーがサットン兄弟と一緒にフカを滝落ちした時の写真を見せてくれました。3人ともTuna/ WAKAに乗ってます。

f0164003_0554227.jpg

左岸から見た滝。大きさが伝わります。
f0164003_0561260.jpg


カイツナカヤックスは、サットン兄弟が働くロトルアラフティングとベースを共有しています。
f0164003_134199.jpg


出発する前はたった3日間のために飛行機代など大金を払ってNZまで行くのはもったいないような気がしていました。しかし、たった3日でもたくさん漕げたし、やはり来なければ、見れない物・得られない感覚、これらを経験することができました。
ほとんどの社会人が長期の休みは取れないと思いますが、今回のプランなら通常の年末年始休暇でも実行可能です。思い切って海外カヤックキングに出かけてみてはいかがでしょうか。
class5では、今冬は企画されませんでしたが、次の冬はNZツアーの企画をしてるようです。海外旅行や英語が心配という場合は、そのツアーに参加されては。今のうちにclass5柳本さんに参加検討してる旨をメールしておくと予定が合わせやすいでしょう。


以下はカヤックあんまり関係ないから読まなくてもいいよ。

プットインの場所のすぐ近くにあるオケレフォールズストア(OFS)はカフェ&オーガニック食材店で、ラフトガイドやカヤッカーに人気の店ですが、一般的にも有名な店だそうです。
f0164003_058547.jpg

OFSのチリドッグ、うんまー。
f0164003_145995.jpg

OFSの看板でお約束
f0164003_152162.jpg


宿泊はオオバちゃんが予約してくれました。小さなコテージ貸し切りです。粗末なバックパッカーズを覚悟していたのに、湖畔の素敵な宿で過ごすことができて、うれしい驚きでした。
f0164003_0582420.jpg

外食もしたけど、部屋のキッチンでの自炊が美味しかった!
f0164003_16074.jpg

盛り付けにもこだわりました
f0164003_154236.jpg

8年間、ずーっと食べたかった Green Mussel !! ガーリックバターと白ワイン蒸しで激ウマ。
f0164003_114273.jpg

三晩三人で、よく飲みました。
f0164003_103290.jpg

「ブログに変顔で載りたい!」と本人が希望したので・・・
f0164003_104950.jpg

朝食もちゃんと作って、湖畔でいただきます。セレブかよ。
f0164003_161865.jpg

楽しい三日三晩でした。友に感謝。
f0164003_111529.jpg

# by ya-ri-sa | 2016-01-03 19:14 | 川部 | Comments(2)  

自転車フォースの覚醒

フォースの覚醒、6回見ましたが何か?


カヤッカーには、自転車・オートバイなど二輪の経験者がとても多いですよね。両方やってる人に言わせると、体の使い方など共通点も多いとか。
自転車こぐの漢字は「漕ぐ」でいいのかな。

私は旅先などで自転車に乗り、「歩くよりも広範囲に移動できる&車だと通り過ぎちゃう所にも気づける」という点で、良いアイテムだなあと思っていました。

2013年にMTBを購入しましたが、ちょこっと乗るくらいでした。

林道に入ってみたり。
f0164003_1835729.jpg

川下りの回送に使ったり。
f0164003_18352016.jpg

2014年と2015年には車にカヤックと自転車を積んで、長期の旅もしました。
f0164003_18363962.jpg

ろくに手入れもせず、油もささず、チェーンは真っ黒でした。
しかし、2015年の中盤から、自転車楽しい~という思いがジワジワ強くなり、手入れもするようになり、シングルトラックにも行くようになりました。

長野・トレイルカッターさんのツアーに参加したり。
f0164003_18381152.jpg

f0164003_1837148.jpg

長瀞・blssさんのツアーに参加したり。長瀞はカヤックも自転車も両方できる。カヤックで長瀞に来ても川だけ見てて、周辺のことは知らないままでした。blssさんの案内で長瀞再発見できました。
長瀞は豆が有名って知らなかった。
f0164003_18391156.jpg


2016年は、山梨・ふじてん、長野・富士見パノラマにも行ってみたいな~。


そして、2015年12月にロードバイクも購入しちゃいました。
f0164003_18394479.jpg

シーカヤックもたしなむN村師匠、ご指導お願いします。
f0164003_18421374.jpg

N村さんにタイヤチューブ交換と輪行袋の入れ方も教えてもらった。これで自転車ひとり旅も行けるぞ~。カヤックもソロ、自転車もソロ、人生もソロ・・・(号泣)
f0164003_18402075.jpg

f0164003_18404724.jpg

しまなみ海道に行ってみたいな~
f0164003_18411114.jpg

ランニングすると体重のせいで膝を痛めそうですが、自転車なら膝への負担も軽いので、ダイエット効果もあるのではと期待しています。
最近の私↓ 自転車の漕ぎすぎで、すっかりスレンダーになりました。
f0164003_18361086.jpg

ウソです。拾い画像の台湾美女です。
実際の私。ちんちくりん。2013年 台湾の湖・日月潭でクロスバイクで一周30km。
f0164003_1554250.jpg


私がカヤックを始めたきっかけは、沖縄・北海道・四万十川・アラスカなど旅先のアクティビティとしてカヌー・カヤックに乗り、自然の中に分け入っていくのに良いアイテムだと感じて、ジワジワと面白いな~もっとやりたいな~と思ったからです。グラビティに通うようになってからも、すぐに熱狂したわけではなく、徐々にハマっていったという感じでした。道具を揃えるのも遅かったし。
ほかの人にカヤックを始めたきっかけを聞いてみると、すぐにハマッた・すぐに道具も揃えたという話も聞きますが。私は熱しにくいタイプなのかな。
自転車も、旅先でチョコチョコ乗るうちに、移動手段として有効かつ楽しいと感じて、徐々にハマってきました。
カヤックも自転車も、旅先でその魅力を知り、ゆっくりハマっていき、普段もやるようになっていったわけです。

私はリバーカヤックとシーカヤックのあいだに壁を感じておらず、どちらも楽しんでいますが、同様に、自転車もMTBとロードバイクの両方とも楽しめそうです。

私は「旅」と「人力移動」が好き。カヤックと自転車にその要素があるので、私の好みなのでしょう。

それから、「自転車は家の近所でも楽しめる」というのも長所です。カヤックでホワイトウォーターを求めると、私の家からは遠いです。御岳や長瀞も高速道路で2-3時間。タンの瀬は7時間。家を出発してから漕ぎ出すまでの時間が長く、車の運転がツライです。時間もお金も体力も奪われます。その点、自転車は家を出た瞬間から楽しく、小さな旅が始まります。
今後は、家の近所で遊ぶ、遠出せずに楽しむという方向へシフトしていこうと思っています。アホみたいに全国あちこちへ行ってる私がそう言っても信じてもらえないかもしれないけど・・・。

カヤックブログなので、自転車のことはたま~に書きますね。

# by ya-ri-sa | 2015-12-31 18:27 | 自転車部 | Comments(0)  

PQスライドショー & FWクリパ

・12月初旬 PADDLE QUEST の店内イベントで「Playboating@JPスライドショー&天下一武漕会@Tokyo」が催されたので参加しました。
パドルクエストでは今後もいろいろイベントを企画してるようですから、お店にまだ行ったことの無い人も、こういったイベントをきっかけに訪れてみては。スカイツリーのすぐ近くです。
f0164003_16301946.jpg

前半はプレイボーティング誌の編集長によるスライドショー。連載「日本の川と路線」から写真。旅の要素があって良いです。
f0164003_16142033.jpg

後半は天下一武漕会の作品紹介。松永カズヤさんと飯嶋さんがMCで、長良川で開催されてる同イベントで表彰された写真や動画を見せてくれました。マッチョさんの滝落ち動画には歓声があがりました。
f0164003_16144740.jpg

私がパドルクエストに来た目的はスライドショー以外にもうひとつありました。それはアストラルのPFDの来期モデルを予約することです。人気モデルのYVTは、昨年は夏の段階で私の希望するサイズと色は売り切れでした。フリースタイル用に今年は確実に入手したいので予約しました。
PFD購入を検討されてる人は予約されたほうがイイですよ。Astralのホームページは、どうやら最新情報じゃなさそう。パドルクエストには来期カタログと少数ながら見本もありました。
f0164003_1633461.jpg



・12月下旬  フリーウェーブでクリパ・忘年会

集まりが良いね~
f0164003_16343866.jpg

御岳の料理人スギちゃんがごちそうを作ってくれます。
チキン
f0164003_16222632.jpg

皮から作った肉まん
f0164003_16224297.jpg

ピザ釜もある
f0164003_1623063.jpg

清水アニキがケーキ入刀。アニキはいまだにダジャレで「ケーキ乳頭」と言います。さぶっ!
f0164003_1624438.jpg

ウェイブスキーのツリーに下にはたくさんのプレゼント
f0164003_1636574.jpg

翌朝は大掃除
f0164003_16252465.jpg


今年はサーフカヤックはサボって、ウェイブスキーに乗ってます。サーフカヤックよりも反応がクイックなのが面白いです。スピードも出るらしいですが、私に技術が無いため、まだスピードは感じられません。
f0164003_1626969.jpg

前週の南総サーフで岩に当ててしまったようで、傷付けてしまいました。普段、FWポイントなどの岩が無い場所で乗っているので、岩への注意が欠落していました。
f0164003_16292329.jpg

ウェイブスキー部の佐々木部長が修理してくれました。
f0164003_16303961.jpg

ウォーターフィールドカヤック宮崎支部さまが、FWに試乗用のウェイブスキーを置いてくれてますので、興味ある人はトライしてみてください。
f0164003_16364515.jpg

# by ya-ri-sa | 2015-12-26 16:26 | 海部 ・ フリーウェー部 | Comments(0)