<   2017年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

三笠ホール 海の日連休

7月の海の日連休を利用して、三笠ホールへ行きました。

5月末に北海道シリーズを終了してカーフェリーで関東へ帰りましたが、またすぐに北海道へ行きたくなってしまいました。そこで私はカヌーランドのゆかいな仲間たち・町民とオオバ氏を誘って、恥ずかしながら三笠へ戻って参りました。

初日は晴れで、2-3日目は雨でした。スラロームの大会と日程がかぶってると知らずに来てしまいましたが、お邪魔にならないようにホールで漕がせてもらいました。
f0164003_16190689.jpg

秋の世界大会へ出場するスダマリちゃんがホール特訓に来ていました。私はマリちゃんのカートホイールが好き。ホール得意な彼女にアルゼンチンのホールで活躍してほしい。
f0164003_16190961.jpg

おそらくカートしようとしてる私。この写真だけで、絶対に回転するわけないってのが伝わる・・・
f0164003_16260589.jpg

春の三笠はロックスターSサイズでしたが、今回はXSサイズにしました。XSだとループで、浮力でフワッと飛ぶ感覚がまったく無い。飛ぶためには自分で引き抜かないといけないので、気持ち良さゼロ。

動画は春のSサイズでのループ。バウを刺せば、あとはボートの浮力で飛んでくれる。


一日目の夜は三笠でキャンプ。二日目は沙流川キャンプ場まで移動して地元パドラーさんのキャンプにまぜてもらいました。楽しいおしゃべりにハラをかかえて笑いました。
f0164003_16193634.jpg

いつもは北海道往復するフェリー船内で、一人ぼっちの私は18時間を誰とも口をきかずに、「無」になって過ごしています。しかし、今回は連れがいる。うれしい。船内宴会サイコー。
フェリー予約するのが遅くて寝台は満席でしたので、やむなく特等室に泊まり、ラグジュアリーに過ごしました。アカン、こんな贅沢を知ってしまったら、寝台に戻れなくなってしまう。この特等室のことは記憶から消します。
f0164003_16190041.jpg
三笠ホールツアーの写真は少ないけど、以上です。ほんとうに楽しい時って写真を撮り忘れる。
写真が少ないので、別の話題を。

・北海道の大学カヌー部からカヌーを始めてハマってしまい、卒業してもフリースタイルを続けたい~と強く願ったあまり、通年漕げるタンの瀬のある山形県内へ就職した福士くんについて。

この写真は本人がfacebookにアップしたものです。
f0164003_16374648.jpg
このシュールな写真を見た時、私はちょっと引きました。カヌーランドの入り口に雪が積もっていることから低気温がうかがわれますが、なぜ裸・・・? あちこちに飾られた多数の風船。カヌーランドにもパーティ風の飾り付け。地面には、テレビ・布団・フライパン・・・。なぜ?なぜ?なぜ?
タンの瀬の先輩たちからイジメにあってるのかなー?イジメでムリヤリ撮らされた写真なのかなー?と不安になりました。あとで聞いたところ、これはカーボンカヤックが届いたことを祝うべく、福士くんが自ら演出した写真なのだそうです。不条理すぎてよく分からん・・・

カヌーランドのゆかいな仲間たちへ仲間入りした当初は、「可愛い不思議ちゃん」みたいな存在でしたが、彼の内面が明らかになるにつれて、いまやすっかり「ゲスキャラ」扱いです。
f0164003_16362280.jpg

そんな福士くんは秋のワールドチャンピオンシップに出場です。世界大会は一昨年のカナダ・ガーベレータに続いて二度目です。
タンの瀬での練習の成果が発揮できますように。彼のマックナスティやオービッドなどがサンファンのホールで見られるといいな。
f0164003_16362906.jpg
(写真は各人にアップの許可をもらいました)

今年のフリースタイルカヤックのワールドチャンピオンシップスは 11/27~12/2にアルゼンチンのサンファンSan Juanで開催されます。昨年のワールドカップと同会場です。日本チームをぜひ応援しましょう~!


・もうひとつ、北海道にまつわる話題を。
道内にいくつかある大学カヌー部のひとつ「雪艇倶楽部」のプロモーションビデオがとても良いです。これは一年生の入学後のオリエンテーションで勧誘のために上映するものだそうです。
見るとおもわず入部したくなっちゃいますよ。学生の頃から漕げるなんてうらやましいな~
雪艇倶楽部は雑誌「playboating@jp vol.57」の「リサ助手のクラブ探訪」で紹介しましたので、こちらも読んでみてください。





by ya-ri-sa | 2017-07-17 16:06 | 川部 | Comments(2)  

タン3 6月と7月

タンの瀬へ6月と7月に行きました。
一昨年あたりから、春の一段目ウェーブよりも夏秋の三段目ホールのほうに魅力を感じるようになってしまったので、グリーンシーズン到来を待っていました。梅さんレッスンも目的です。

春の一段目ウェーブの頃は雪が残って寒々しい景色ですが、夏タンは緑がワサワサと生い茂っています。
f0164003_19572572.jpg

6月のこの日は長崎8.2-8.3  宮宿10.8。 少なくても漕げるタン3ですが、低水位だとホールが小さくなり残れる場所も狭くなり、正直むずかしい。私なんぞサイドサーフィンも不安定ですぐ出ちゃいます。ローカルさんでも長乗りはできずワンムーブすると出ちゃう。2段目がサーフィン&ブラントできて意外と楽しかった。
f0164003_19573259.jpg

まるきんで乾杯
f0164003_20111597.jpg
シダくんが有名人の誰かに似てる気がするんだけど思い出せない。

昨年のブログ「カヤッカー的ふるさと納税」でも紹介した朝日町。今年も寄付してサクランボをいただきました。

f0164003_19573792.jpg

7月は雨でチョイ増えて、長崎8.7-8.8。これくらい水位あると、ホールも広くなり、バックウオッシュもフカフカで楽しい。なにもメイクできなかったけど、乗ってるだけで楽しかった。
f0164003_19582249.jpg

最上川周辺はロードバイクの姿が多いですね。ヤマザワ横のローソンには駐輪ラックが用意してあります。鉄管を組んだだけの物ですが、こういうのを置いておくとライダー歓迎してる感じが出ます。
f0164003_19582875.jpg

昨年はロードバイクで自転車部の活動をしたナベさんと私は、今年はマウンテンバイクで県民の森へ漕ぎにいきました。写真ナシ。


・MILLET ドライナミック その後

昨年10月のブログで、 MILLET「ドライナミック」がイイよ~と紹介しました。その時は8ヶ月ほど使用した時点で書いたのですが、使用一年を過ぎた頃からブラカップの型崩れとワキ布のダメージが出てきたのでお知らせします。洗う時は洗濯ネットに入れて洗濯機。

ブラカップが型崩れして、ボコボコに変形。徐々に凹凸が深くなり、服の上からも分かるほどに。
f0164003_14255204.jpg
カップ横のワキに当たる布からはゴム糸が出てきた。伸縮を繰り返すとこうなるのは仕方ないかな。
f0164003_14255936.jpg

肝心のメッシュには機能低下ありません。男性用なら大部分がメッシュですので、きっと長く使えるのでしょう。

去年のブログに良くない点として挙げましたが、女性用の胸部分は蒸れます。蒸れと型崩れ、女性用の欠点です。
ブラカップの型崩れが服の上からでも分かるほどになってしまったので、新しいメッシュインナーを買うことにしました。
なにを買ったかというと・・・、結局またドライナミックを購入してしまいました。欠点を承知の上で、他の商品が思いつかなかったので・・・

女性はスポーツ用のインナーを選ぶ時に、このオッパイ問題(≓ チクビ問題)がいつも悩みですね。
なにか良いアイテムあったら教えてくださいね~

ランニング用に最近購入して良かったのが、CW-X「走る人のブラ」 サポート力が強いので、揺れの激しいスポーツにオススメです。胸をしっかり押さえられるので少し苦しく、スポーツ時のみの着用がよいかと。「動く人のブラ」も持ってますが、こちらは他社と似たようなもの。

カヤック用には、強いサポート力は不要だし、ジャケット着るから胸の形をキレイにみせる必要もない。求めるのは、汗冷え・蒸れ予防と、チクビ隠し。

by ya-ri-sa | 2017-07-09 20:27 | 川部 | Comments(0)