<   2017年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

南勢渓・玉峰渓・磺渓 class5台湾ツアー2017

class5台湾ツアーに、4回目の参加をしました。 4回?? アンタも好きねえ~~

一回目 2013年2月 、 二回目 2014年2月 、 三回目 2015年3月

class5では台湾ツアーは8回くらい?開催されてるし、ニュージーランドツアーも3回ほど開催されてる。定期的に海外カヤッキングのツアーを行っているのは、現在はclass5くらいではないでしょうか。新たに韓国ツアーも企画中だそう。柳本さん、がんばってます。
台湾ツアーの参加者の中にはリピーターが毎回います。リピーターがいるということが、ツアーの満足度の高さを語っています。私も自信を持って台湾ツアーをおすすめします。
興味のある人は「参加を検討してる。何月頃なら参加できる。」という連絡を柳本さんに早めにしておけば、予定が合わせやすいですよ。→ class5ホームページ

もう4回目ですから、それほど語ることもありませんので、他人のブログと他人の動画と他人の写真でサラっと報告します。
充実した三日間でした。お気に入りの南勢渓、初めての玉峰渓。今までで一番、満足度が高いツアーになったかな。


3/19 南勢渓
私は3回目。2回目も3回目も水量は少ない。少ないと言ってるのは台湾カヤッカーたちで、もっと渇水の川で漕いでる私たちにとっては十分に楽しめる水量です。
ここは飽きることが無く、また来たくなる川。今回は沈ゼロ回を目指したが、前半の瀬の最後に右カーブする場所で、左岸側にある岩壁に寄せられてしまい沈。後半の瀬ではドロップで、柳本さんを除く日本人4人全員がスターンを喰われて沈した。

この日のclass5ブログ

この日の動画(宋さん編集)




9人(杜醫師、James、立德、英彦+日本チーム)

f0164003_15034978.jpg


3/20 玉峰渓
初めての川でした。柳本さんも、この上流区間は経験あるそうですが、今回は初めての区間でした。
距離も長いし、難易度も高め。久しぶりに疲れるダウンリバーをした。川相も面白いうえに、水面から眺める景色も素晴らしかった。
台湾カヤッカーたちは「超少ない!」と言ってる水量で、実際に少なめでした。少ないからこそ出てる岩があったり、通れるラインが限られていたりしました。

この日は盛り沢山でしたので、class5ブログも前編と後編の2本立て。



柳本さんの完璧なブーフ。力を使わずに、スパッと飛び出して、ポフっと良い音をさせて着水。すんごいー。
f0164003_17052729.jpg

わたし。キレが無い。
f0164003_15083486.jpg

絶景かな。写真じゃ伝わらない。中国の水墨画のような世界。
f0164003_15082188.jpg

好きなだけブーフできます
f0164003_15082553.jpg

今回はKarmaを借りました。NZで会ったJKチームのAnnaは体重50kg前半くらいでKarmaのSサイズに乗っていたので、私も気になっていました。軽量パドラーにはちょうど良いボリュームです。
f0164003_15080859.jpg

巨大堰堤はポーテージ
f0164003_15120416.jpg

7人(英彦、Teng、日本チーム)
f0164003_15090775.jpg

腰に手を当てて、風呂上がりの一杯ならぬ、川上がりの一杯の牛乳
f0164003_15131721.jpg
この日の写真スライドショー(石井さん編集)





3/21 磺渓
私は3回目。水量は少ない。(林夫妻、王、日本チーム3人)
ゲスト2人は帰国、残った私とチャ王さんが参加。(チャ王=「おれはチャペル王になる!!」の略語)

この日はピラニア Burn3のSサイズを借りました。私が個人所有してる Burn2のSサイズは小柄な男性向きサイズで、国内でも所有してる人は多いと思います。しかし、3が発売した時にSサイズは日本には入ってきませんでした。MとLだけ。3のMサイズは私には大きい。なぜSは入ってこないんだろう、ラインナップに無いのかしら、と思っていました。今回、3のSに乗ってみたところ、ボリュームが小さく、幅も狭いことが分かりました。3のSが日本に入ってきても、きっと需要は少なかったでしょう。

この日のclass5ブログ

ツアーに参加する良い点は、アフターも充実してることです。柳本さんが昼だけでなく、夜の町もナビゲーションしてくれます。

龍山寺
f0164003_14283023.jpg

中正記念堂
f0164003_14284435.jpg


f0164003_14283842.jpg

台湾カヤッカーたちと食事へ行くと、ローカルなお店へ連れて行ってくれて、ローカルな食事が出てきます。日本人だけの観光旅行では味わえないものばかり。
f0164003_14310675.jpg

おいしい! 好吃!!
f0164003_14275061.jpg

再見。我一定會再来。

by ya-ri-sa | 2017-03-21 14:18 | 川部 | Comments(0)  

土曜 御岳 ・ 日曜 丹波川 class5ブーフクリニック

・土曜 御岳 調布橋 -2.43 放水口~軍畑

この冬は水量が少ないとウワサの御岳へ。そのウワサを聞いた時は、御岳の水が少ないのはいつものことなのに今さら何を言ってるんだと思ったけど、マジで少なかった。2-3年前の水位感覚からすると、-2.43じゃなくて、さらに10cm以上少ない感じ。軍畑の橋の手前では、座礁して舟を降りて引きずるほど。

この冬はダウンリバーをあまりしていませんでした。ザカイで静水やシーカヤックなど。
1月の土日に桂川で、久しぶりにプレイボートに乗ったら、土曜はボートに乗る感覚を忘れてて、日曜にやっとボートに乗りこむ感覚が出てくるという始末だった。この反省から、この日曜はブーフクリニックに参加予定だが、その前日に流水で漕いでおいたほうが良いだろうと思って、土曜日は御岳でチョイ漕ぎ。

ベンさんと
f0164003_15214156.jpg

「この冬一番アツいのは放水口スタート直後のエディライン」というウワサも聞いていましたが、たしかに数人がそこでエディラインカートホイールをしていました。6エンドくらい回してる猛者もいました。
スポット欠乏の関東の人が上手い理由は、こういう地味な場所で練習するからなのでしょう。このエディラインで数時間やるとのこと。
私は2エンドすら入れられず、数分で退散しました。私が上達しないのはこういう地味連をしないからなのでしょう。

小橋の小さな岩にもボルダーの姿。ボルダリングは相変わらず人気ありますなあ。
f0164003_15215572.jpg

私は御岳に来たら、定点調査で忍者返しの岩の写真を撮ります。にぎわってます。
f0164003_15220733.jpg

その隣の岩は初級者向きなのかな。
f0164003_15222055.jpg

夜は寿司屋でベンさんとO貫ちゃんと三人で飲む。カヤックの話は一切しない。
f0164003_15242521.jpg


・丹波川 丹波山-0.59 (いつ見ても-0.60で、以前からアテにならない水位計ですが、最近ますますアテにならないらしい) 

昨年3月にブーフクリニックを初めて受講。その後のダウンリバーに良い影響があり、講習の効果を感じたので、今年もシーズン始まりに受講しました。翌週の台湾ツアーのためにも。

この日のclass5ブログ↓

昨年習って覚えていることもあれば、忘れていたことも、新規に教えてもらうこともありました。
ブーフについてモヤモヤしてる人は、受講してみるのをオススメします。

ブーフポイントでの私。なかなかイイんでないの~。
f0164003_15205602.jpg

習ったことをふまえて、ロウアー核心部へ。

コウさん、イイね! バウが下がってない!
f0164003_15474759.jpg

わたし。うーん・・・。姿勢は悪くないけど、バウが下がりぎみ。ブーフは一日にしてならずじゃ!
f0164003_15473058.jpg

ジャクソンカヤックのAntixを試乗させてもらいました。欲しい~。

f0164003_15223378.jpg

柳本さんのAntixインプレッション。興味ある人は、class5柳本さんに問い合わせてください。

丹波川でのAntix

御岳でのAntix 

柳本さんはスターンスクォートしまくってますけど、これほどスターンを入れられる技術のある人は多くないと思います。ですので、この動画を見て、「ダウンリバー中にスターンが食われて、沈ばかりするのでは!?」という心配は不要です。スターンは薄っぺらなわけではなく、それなりにボリュームあるので、普通に川下りしていれば、ストリームイン・アウトする時に不意にスターンが食われるようなことは無いです。既にAntixを所有してる体重70kgの知人もそう言ってます。体重50kgの私ではスターンをムリヤリ沈めようとしても、浮力でぜんぜん沈められないです。

近年、こういう形状のボートが流行なのでしょうか。レースで勝つためのボートではなく、楽しく下るコンセプト。
liquidlogicからもBraaap69やParty Braaapが出てますね。BraaapはGo insaneで注文できます。

by ya-ri-sa | 2017-03-12 15:15 | 川部 | Comments(0)