<   2016年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

十勝川・歴舟川(坂下・キャンプ場下流)・ヌビナイ川・ふるさと納税

写真多め、内容薄め。
文末に「カヤッカー的ふるさと納税」について書きました。


9月上旬の台風で十勝管内は大きな被害を受けました。9月下旬の連休に十勝へ行くことはその前から決めていましたが、こんな状況の時に遊びに行くのは不謹慎かな遠慮したほうがいいかなと思いました。しかし、北海道の人から「北海道にとって観光業は大きな収入源。観光客が被災地を敬遠したり自粛して来なくなっちゃうことは悪影響。遊びに来て、お金を使うことのほうが北海道のためになるよ」と言ってくださり、行くことにしました。


・十勝川  屈足ダム流入67t 十勝ダム放流70t (Kuni,Ats,Yama)

新T大橋からスタート。水は濁ってるけど、水量は少なめで、浅い。
f0164003_17533232.jpg


増水後に最初のダウンリバーなので、マメに上陸してスカウティング
f0164003_1754496.jpg


イヤな感じだったのはこの瀬かな。ポアオーバーの向こう側がキーパー気味
f0164003_17593920.jpg

以前からこんな感じだったらしい。もっと多いと、それほど気にしなくてよさそう。今回のように少ない時のほうが問題かな。
f0164003_1821761.jpg


その後もマメに上陸スカウティング
f0164003_1824433.jpg


遊べそうなホールに見えても、実は浅くて、沈したら頭を打ちそう。
f0164003_1834749.jpg


funを借りました。乗った感想は・・・、普通! 万人向け。私にはボリュームが大きく、安定していましたが、刺したりはできない。私だったら小さめのTwo funのほうが合ってそう。
f0164003_187237.jpg


倒木
f0164003_1755493.jpg


橋脚にログ。遠目に見ても気づきますが、増水したら気づきにくいかも。
f0164003_17565433.jpg


この区間の川相は、大増水の後でも、それほど大きな変化は無いようでした。

漕いだ川は新得町に在り、蕎麦の産地ですので、帰りに蕎麦をいただきました。
f0164003_1815228.jpg

後日に、新得町にふるさと納税をしました。(ふるさと納税については後述)


・歴舟川(坂下区間) 水位不明・かなり少なめ
前日に同区間を下った人のブログ→ 北海道キャンプ場見聞録

堰堤下からスタート
f0164003_18191540.jpg


岸には今回の台風で流れてきた木が山盛りです
f0164003_18202949.jpg


前半の川相は大きな変化は無かった。後半の相川橋の近くで変化していました。急な落差ができていました。
手前の中州で上陸してスカウティング。落差があるのは、赤い線の最後。
f0164003_182597.jpg

私は先に黄色のチキンコースを下って、他の2人が赤い線のコースを降りてくるのを待ちました。
赤い線のコースの最後の落差を下流から撮った写真。
f0164003_18273937.jpg

この日の水量だと落差1mくらいで、どう降りてこようと問題ないのですが、この落差があることを知らずにボーっと下ってきたら直前で焦るだろう。

最後にキャンプ場直前の瀬が、落差が出ていて、捕まりそうなホールもあって楽しかった。


・歴舟川(キャンプ場下流)
前日に同区間を下った人のブログ→ 北海道キャンプ場見聞録

昨日のゴールからスタート。スタート地点で昨日下ったというI山さんに会う。ホールで沈して、頭を打って出血したから、気を付けてね~とのこと。

I山さんの助言を聞いたおかげで我々は無事でした。
スタートして間もなく現れる横一直線ホール。けっこう大きい。
f0164003_1838613.jpg

左右どちらかに避ければ問題なし。もしボーッとしてて気づいた時には避けられそうもなかったら、力強く直進すべし。もう避けられない距離なのに慌てて左右に逃げようとして、艇を横向きにしたままホールに入っちゃうと捕まるだろう。
もしかして遊べるのかな? 誰かフリースタイルカヤックでホールインしてくれないかな・・・

ゴールの橋脚に、鉄筋コンクリートが塊でベットリ張り付いてる。水の力って強力だな。
f0164003_18465991.jpg


夜は板さんとSceさんのキャンプに混ぜてもらう。
f0164003_19333956.jpg

秋田犬ハチ。板さんとハチはいつも一緒。我が子のように溺愛しています。
f0164003_19513490.jpg

尻尾はぐるっと二重巻きでSweet Protectionのマークみたい
f0164003_19531739.jpg

ハチと板さんが夏にシーソラプチでホールに捕まった時の動画。いつもはキリっとした顔立ちのハチも、ラフトに取り残されて不安そうな顔をしているのがまたカワイイ。


シーソラプチ・空知川が流れる南富良野町も、床上浸水など大きな被害をうけました。こちらにも少額ながらふるさと納税しました。


・ヌビナイ川
4人で(板・Sce・くに) 男1人に女3人のハーレムダウンリバー。
今月の丹波川でもハーレムやったな。

ヌビナイのわりには透明度は不十分ですが、それでもやはり綺麗
f0164003_18452685.jpg

f0164003_1845573.jpg


スタート
f0164003_18473657.jpg


少ない。下れる下限か。舟底を擦るのが嫌いな人はやめたほうがいい水位。
f0164003_1850640.jpg


舟底に傷を付けてもかまわないボート(夫のボート)に乗ってきたくにちゃんは、あちこちで刺してました。
f0164003_1852036.jpg


本日の黒一点・板さん。ピラニアJEDで。
f0164003_18532366.jpg

JEDはスラスターが付属してくるのかな。
f0164003_20112970.jpg


SceさんはFLUID KAYAK
f0164003_18541283.jpg


前半の川相は大きな変化ありません。遠目にこの絶壁が見えてきたら注意すべき区間の始まりです。
f0164003_2093666.jpg


おなじみの捕まりやすいホールも変わらずあった
f0164003_18553693.jpg

f0164003_185873.jpg


さて、このホール直後から始まる瀬が大きく変わっていました。緩く蛇行した二段の瀬。細かく見れば三段の瀬になっています。ここ2年間とは全然ちがう。(何年も前に下ったことある人の話を参考にすると、もしかして昔の流れに戻ったのかも。)

瀬の中盤から上流を見る
f0164003_18573316.jpg

瀬の中盤から下流を見る
f0164003_191381.jpg

一段目
f0164003_1915456.jpg

三段目
f0164003_1925790.jpg

下った
f0164003_1934047.jpg

この日は水量が少ないのでパワーが無いので、どう下っても問題ありませんでしたが、水量が増えたら、難易度が上がり、コース選びが面白くなるでしょう。悪く変化したのではなく、やりがいのある方向へ変化しました。

最終日にやっと晴れました
f0164003_1953534.jpg


この川は台風の時に仕事で来た方が亡くなっています。橋が流されてしまったためです。水の力は本当に恐ろしいです。
橋は急ピッチで修繕されたそうです。この橋を通る時には黙祷を捧げました。
f0164003_1973739.jpg



北海道でお世話になった皆様、ありがとうございました!!


・カヤッカー的ふるさと納税

好きな自治体に寄付できるふるさと納税。今回の台風被害を受け、そして私が遊ばせてもらった地域に寄付ました。たとえば、南富良野町に寄付したいとすると、豊富町が受付代行しています。災害直後の被災地の役所の仕事を増やさないようにしようと豊富町が事務手続きをしくれてるわけです。
f0164003_19243370.jpg

f0164003_192533.png


ふるさと納税って何だべ??という人は、何卒、テメエで調べやがれでございますので、説明は割愛させていただきます。

「遊ばせてもらった町にお金を落としたい。」これは多くのカヤッカーが思うところでしょう。なるべく、その町内で買い物したり食事したりするよう、心がけてる人も多いでしょう。
その行動の選択肢としてふるさと納税も良いかと思います。
担当者が読むかは分かりませんが、フリーコメント欄があれば、そこに「カヤック目的で訪れて、応援したくなりました」など記入するのも悪いことではないでしょう。

ここからは私の例。
猫も杓子もふるさと納税の昨今、私もやってみるかと、返礼率の高い物などを最初は調べていましたが、欲しいと思う返礼品がそんなに無いことが分かりました。たいして欲しくもない返礼品のために、名前も聞いたことない自治体に寄付するぐらいなら、居住地に普通に納税するほうが良いではないかと思うように。
そこで、「好きな自治体・自分のお金を役立ててほしい自治体に寄付する」という本来の目的に立ち返って考えると、思いつく町がありました。
(たぶん)カヤックに好感を持ってくれてる希少な町・山形県朝日町です。

というわけで寄付したら、6月に返礼品のさくらんぼが届きました。
見よ!この輝き!赤い宝石箱や~!!
f0164003_1929037.jpg

個人的な趣味で、ウサヒのぬいぐるみも選んだ。
返礼率を考えていたら、これを選ぶことはできませんぜ。返礼率は度外視です。愛です。
f0164003_19302351.jpg

礼品が入ってる箱もカワイイ。こういうとこ、朝日町さんは分かってるな~。
箱には朝日町の特色となる物が描かれています。スキー、ダチョウ、カモシカなど。
なんとカヤックの絵も!!最上川でのカヌーが特色のひとつだと、町は考えてるのですね。
f0164003_17285523.jpg

りんごとワインは理解できるけど、空気神社で推すのは難しいと思うよ・・・
f0164003_19295271.jpg


私はまだ寄付していませんが、来年度に寄付しようかなと思っているのが、四万温泉がある群馬県中之条町。ここの返礼品は、四万温泉で使える寄付金半額相当の金券です。チケットのカテゴリランキングで一位になったこともあるくらいですから、一般的にも人気の返礼品です。中之条町にカヤックに行く人におすすめです。

参考までに~。

by ya-ri-sa | 2016-09-20 17:45 | 川部 | Comments(0)  

長瀞・瞳ちゃん壮行会

親鼻1.76 玉淀ダム38トン 皆中〜クツナシ

平日の仕事で疲れて、土曜の朝は起き上がれないこともしばしばあります。そして出かけるのが億劫になり、日曜も自宅に引きこもってしまうことも。身体は休められたが精神的にはリフレッシュできず、日曜の夜になってから「ああ。どこかに出かければ良かった…。明日からまた仕事か。」と後悔することもあります。

この週末も土曜の朝に起きれず、そのままダメな週末になってしまいそうだったので、日曜は長瀞へ。
CPCのおにいさまたちとダウンリバーしました。

ピンクな私と黄色なマラ男
f0164003_7494397.jpg


先週の長瀞よりは減ったものの、まだ多めの水位で、ダウンリバーは快適。ただし、スポットはどこも中途半端。それでも、チョコチョコと拾いながら、ゆっくり下りました。ウォーターパーク長瀞の前の右岸側のホール(名前あるのかな)、鉄橋下、ステミなど。どれもベストではないけど数回ずつエントリー。
2年前だったら、この水位ならキャンプ場横ウェーブが良かったのにな〜。

安全ウェーブの近くで休憩。この水位ではウェーブは出ていません。
f0164003_7455983.jpg

長瀞ローカルさんたちが、「安全ウェーブの上流の流れや瀬の形が変わってる。もしかしたらベスト水位になっても、安全ウェーブが出てこないかも…。」と心配顔。

ストライディングかな
f0164003_7463536.jpg

私はリバーSUPにはソソられませんが、ストライディングはやってみたい。2013年にアメリカ東部でJeff Snyderを見て、憧れました。Jeffの華麗なリバーランニングをすぐ後ろから追いかけるという貴重な体験をしました。
Jeffがストライディングやるようになったのは、カヤックで腰を痛めてしまい座り姿勢ができなくなったから。
ビッグウォーターもクリークも滝落ちも、ぜんぶストライダーでやっちゃう。Jeffは生ける伝説。





洗濯機ホール
 
f0164003_747013.jpg


ベスト水位ではなく激シブ水位ですが、他に遊べる所も無いので、みんな集まってました。私は何もメイクできず。
f0164003_7472713.jpg


おやっSUN!
f0164003_7474483.jpg


上のウェーブでサーフィン
f0164003_7481474.jpg


ブスカタ番長が上達していて驚きました。静水カートホイールも4エンド以上回してたし、洗濯機ではループも決めてました。

わたし 「番長、うまくなってる!」
番長 「ふっふっふ。お嬢さん、オレが上達した理由を教えてあげよう。その理由とは…」
わたし 「理由とは!?」
番長 「ロールが安定してできるようになったから。以前は沈脱が心配で、フリースタイルが積極的にできなかった。ロールスランプを克服してからは、沈が怖くないぜ!!」
わたし 「ふーん・・・。(参考にならない…(-_-) )」

番長によるロール指導。
f0164003_7483992.jpg

「オレもロールで苦労したから、できない人の気持ちがよく分かる」と語っていました。CPCに入会すれば番長が熱血指導してくれますよ。


9月上旬、ワールドカップに向かう瞳ちゃんの壮行会が都心で開かれました。
f0164003_10463942.jpg

瞳ちゃんから、今回の抱負や、釣り具メーカーのスポンサーが決まったことなど、お話あり。
第1戦はブラジル・リオ、第2戦はアルゼンチン・サンフアンで開催されるとのこと。(その後に、リオ会場は中止になり、第1戦、2戦ともにサンフアンの同会場で連続開催されました。)

このブログを書いてる現在は既にワールドカップは終了しています。瞳ちゃんの成績は、第1戦・2戦ともに、K-1・スクォートの両方で優勝!金メダルが2×2=4個!という最高の成績でした。すごい! 800点超えライドもあり、内容的にも申し分ナシ。

男子K-1優勝のポーランドのTomaszがJKブログに大会リポートを書いており、女子のレベルが上がってることと、数年以内に女子も1000点超えするのではという見解を述べています。そう思わせるほどのライドだったということでしょう。

さて、壮行会に話を戻します。「壮行会があったなんて聞いてない。知っていれば自分も参加したかった」と思う人はいませんか?
そもそも、この会はカヤッカーの平日飲み会としてmixi時代に「カヤッカー同士、飲もう!」というコミュニティで始まりました。会の管理人はいばさく氏、副管理人はミスター氏です。この会は誰でも入れますので、facebookのグループまたはmixiのコミュニティからお入りください。遠方の方もどうぞ。
私は久しぶりに参加しました。今回は約20人が集まりましたが、参加メンバーを見ると、御岳な人ばかり。長瀞な人がいない。
長瀞系の人のなかにも「瞳ちゃんに直接会って激励したい。でも、誘われてないから行きにくい…」と思ってる人もいるのでは。遠慮せずにご参加ください〜。
長瀞な人たちが来てないのは、誘わないいばさくが悪いからだ。
コラァ、いばさく!長瀞方面にも顔は広いじゃろうが。誘ってないのは、おまえの怠慢やぞ!
と説教しようと思ったが、一次会には来てなかった。

くにちゃんと私は暴走。
f0164003_10493579.jpg


綺麗どころもいますのでご安心ください~。
f0164003_1047485.jpg



二次会にいばさく登場。あいかわらず、「首から下はイケメン」だった。
ヤンエグのいばさく氏はオシャレさん。トップスは黒ポロシャツで無難なカジュアルビジネスで、ボトムをエンジ色のパンツにして、同系色のカバンに合わせるという、オシャレ上級者コーディネートだった。
f0164003_1174962.jpg


くにちゃんはカヤック初心者の頃、いばさくに問い合わせメールを出したが、冷たい返事が返ってきたという。数年越しのクレームを、初対面で伝える。
頭を丸めて反省しなさい! あ、もう丸いか。
f0164003_1172041.jpg



全会一致で、「なにもかもいばさくが悪い」という結論に達した。全員からボコられるいばさく。
f0164003_10563296.jpg

by ya-ri-sa | 2016-09-11 16:42 | 川部 | Comments(0)  

横瀬川・丹波川

写真はコウさんとヤギリンさんにもらいました。

・横瀬川  原谷橋 172.50  親鼻 2.26
増水時しか下れない横瀬川へ。私は初めてでした。
集合写真で毎度、アニーが変顔をするので、私も負けじと変顔するが、なかなか勝てない。
f0164003_10271491.jpg

10人で。男6人、女4人。関東は女性が多くて良いな~。
最初の区間は川幅が狭くてエディも狭いので、前半チームと後半チームに分けて、時間差で出発しました。
出発前に、この川を複数回下った経験のあるメンバーから概要の説明あり。今回の水量は少なめとのこと。ポーテージを2回するとのこと。

1回目のポーテージはマーライオンの滝。ここはマーライオンみたいに水が飛び出して、岩に当たってるので、物理的に下れない。
f0164003_10431833.jpg


2回目は堰堤。数分歩いた先で再プットインします。
堰堤の上から見た眺めでは、すぐ下流が良い感じだけど、そこには降りる道は無いので漕げません。
f0164003_10424410.jpg


川幅広がってからは、チームを分けずに下る。
f0164003_10314377.jpg


旧ZENに乗るどうこさん。ヘルメットもカヤックも歴戦の傷だらけです。
f0164003_10325221.jpg


岩盤でできた瀬
f0164003_10333662.jpg


ラナパパと舟を交換して、ダッキーに乗せてもらった。ダッキーの目線の高さに驚きました。遠くまで見えるので判断が早いです。そのかわり、カヤックみたいにすぐに曲がれないので、早めにターンしないといけないそうです。
ラナパパがK-1に乗った姿は、かなりレア。
f0164003_1034037.jpg


増水して濁った荒川に合流した後は、大味にドンブラコッコ。
f0164003_10342414.jpg


クツナシでゴール。
f0164003_10345123.jpg

ラナパパのGPS計測では、漕行距離27km、5時間のロングダウンリバーでした。車での回送距離も22kmくらい。
同じ日にCPCの人たちは荒川本流ロングをやっていたみたいです。


・丹波川  丹波山-0.59
毎度のごとく、水位計の数値は参考程度。「けっこう多め」を期待してたけど「ちょっと多め」くらいでした。
f0164003_10372198.jpg

きのう横瀬川を漕いだメンバーのうち4人で。男1人、女3人のハーレムダウンリバー。女性パドラーが多い関東や北海道では、女性が過半数のダウンリバーが時々あります。
f0164003_10552691.jpg


核心部では秋山さんがレスキュー役で心強かったです。
f0164003_1039481.jpg


写真はありませんが、この日の核心部は、水量がちょっと多めのため、いつも左岸へ向かってブーフする所は、右岸にも行けました。
スカウティングした時は、「いつもどおり左岸へブーフしよう。もし右岸にバウが向いちゃったらそのまま右へ。」という方針に。
1番は私、2番はヤギリン、3番はどうこさん、4番は秋山さんの順番に。
1人目の私は、入り口の段階で右岸寄りになってしまい、降りたのは真ん中で、正面の岩が作る返し波にバウを右岸に向けられて、右コースへ。
2人目のヤギリンさんは、入り口で右から左へ向かうアングルを作れててOK。ただしブーフが弱かったのか、あまり遠くへ飛べず、左岸寄りのドロップの真下に降りる。ホールに捕まるかと思いきや、体勢を整えて、左コースへ。
下流で会った私とヤギリンさんで会議。今日は右コースへ行った方が素直なのでは、という意見にまとまり、3番目のどうこさんに右岸コースで来るように指示する。
3番目のどうこさんは、入り口の段階で、左から右へ向かうアングルを作って進入し、ブーフもカンペキで、どこにもぶつからずに、素直に降りてきました。4番目の秋山さんも同様。
何度も漕いでる川だと、ついつい同じラインを漕いでしまうけど、水位に応じてコースを選択すべきだなと、改めて実感しました。

休憩時間はヤギリンさんネタで盛り上がりました。
f0164003_1036266.jpg


本日の黒一点・ヤギリン。女性3人のトークに圧倒されて、無口になっていました。
f0164003_10365324.jpg


ブーフポイントでは3回ほど担ぎ上がって練習。
わたしのブーフ
f0164003_1048995.jpg

だーめだ、こりゃ。
f0164003_1049334.jpg



いつもブログを読んでくれてる人へ。更新が遅くてスミマセン。仕事が忙しくて、ヒマが無くて、書く時間が無いんですよぉ。
というのはウソで、海外ドラマ「ハウス・オブ・カード」を見てばかりいるからです。

次回のブログは数日後にアップします。
さぁ~て、次回のブログは「長瀞・瞳ちゃん壮行会」です。おたのしみに。んがぐぐ。(昔のサザエさん)

by ya-ri-sa | 2016-09-04 17:26 | 川部 | Comments(0)