<   2016年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

チャリンコ季報 3~5月

・ロードバイク
冬の季報に書きましたが2月の走行距離235kmでした。3月は300km以上乗るかも~と予想してたけど、春は仕事が増えて多忙になり、雪どけでカヤックに行ってたりして、チャリ時間は減ってしまいました。

*走行距離
3月 110kmくらい
4月 150kmくらい
5月 150kmくらい

げ、激減! しかも、「くらい」でちゃんと測ってないし。

距離が減った理由としては、多忙だったのもありますが、長距離こぐと腰痛になるという問題が出てきたからです。
30km以上こぐと、ものすごーく腰が痛くなり、動けなくなってしまうのです。しばらく休むと痛みは軽減して、また漕げる。
痛くなるのは、姿勢が悪いからでしょうか? 腹筋と背筋が弱くて体幹を支えられず、腰に負担がきてるのかな。
途中で腰が痛くなっちゃうかもと思うと、同行者に迷惑をかけてしまいそうで、他人を誘いづらくなってしまいました。
「人と一緒に長距離」をやりたかったけど、とうぶんは「ひとりで短距離」をやってますわ・・・。ざんねん。
夏のロードバイクは暑そうで、今からヤル気がおきません。


3月初旬には、一日三種目
で、房総の早い春。
f0164003_0221495.jpg

f0164003_022448.jpg


4月初旬には、N村師匠と、木更津駅~鹿能山~上総湊~木更津駅、約80km弱をやりました。初めての長距離でしたが、N村さんが私に合わせてゆっくり走ってくれて、途中で腰が痛くなりながらも、ゴールできました。

桜咲く坂道を登って山頂を目指す。
f0164003_0183854.jpg

山頂
f0164003_0191990.jpg

登頂して息絶えた私。
f0164003_04449100.jpg

マザー牧場の前を通過
f0164003_034763.jpg



・マウンテンバイク
3月と4月に長瀞へ。昨年の夏に初めて長瀞の山を走った時は、とても不安定に感じたが、冬のDAIKIさんのレッスンのおかげで、今回はわりと安定して走れた。ボトムブラケット(BB)に乗る感じが、すこーし分かってきた。カヤックで丹田とかコアを意識するのとかなり似てる。常に感じられるのがベストだけど、カヤック同様に意識が抜けがち。そういう時はフラつくんだよなー。

4月初旬は長瀞の桜並木はちょうど満開でした。
f0164003_0324453.jpg

blssツアー
f0164003_033186.jpg

ひとさまの自転車。KONAというカナダのブランド。
f0164003_042159.jpg

長瀞はカタクリの群生地なんですって
f0164003_0435640.jpg

メリハリを感じない姿勢
f0164003_0431212.jpg

夏は涼しい長野方面へ行こうと思ってる。楽しみ。

by ya-ri-sa | 2016-05-30 23:43 | 自転車部 | Comments(0)  

北 ’16春 DR編 沙流川、豊平川、尻別川、鵡川、シーソラプチ川、忠別川、渚滑川

FS編に続いて、DR編です。
北海道で漕がない人には関係ない情報ですので読まなくてもいいですよ。

初めての川は忠別川と渚滑川。その他は2~4回目。ソロは沙流川だけ。


・沙流川(千栄区間とキャンプ場下区間) 岩知志36 幌毛志57.22 二風谷69.93

千栄区間(堰堤下~ラフトゴール)

自転車回送して、堰堤下からスタート。気温が低くて雪どけせず。
昨年と比べて左岸に石が溜まり、堰堤に水がかぶっていない。
f0164003_2345037.jpg

橋からの眺め
f0164003_253858.jpg

最初の瀬。今までは、右岸側の水の厚い部分をまっすぐ降りてた。バウが潜って、どぼーんとポテ落ちする感じで格好は良くないが、無難だと思ってた。(黄色線)
今回もそうするかと思いながら、毎度のごとく右岸からスカウティングしてみると、ブーフで岩の後ろのエディに入れることに気付く。3月のブーフクリニックのおかげで気付けました。「あっ、これ進研ゼミでやったやつだ」状態です。
f0164003_2522034.jpg

岩ギリギリに寄るつもり(赤線)だったが、予想よりも流されてしまい、流されてる~と思いつつも柳本さんに教わったブーフの体勢をとり続けていたら、エディの静水にスパッと着水できました。(黒線)
f0164003_374537.jpg

自分で「スパッ!」とか書いてて、ちと恥ずかしいが。

ブーフクリニックを受けてなかったら、ブーフできる場所だとも気付かずに、どぼーんとワンパターンな下り方をしていただろう。この一発だけでもブーフクリニックを受講した甲斐があったというものだ。川下りのバリエーションが増えて嬉しい。
自分自身のバリエーションが増えると、同じ川を複数回漕いでも飽きない。カヤックがますます楽しい今日この頃です。

ゴールしたらさっさと回送して、下流の区間へ向かう。

再び自転車回送して、キャンプ場下の区間。
めちゃ寒いので、さっさと下る。4月末なのに気温5度。手がかじかんだ。

スタートの左岸には石が溜まってる。カヌーポートの土台が見えてしまってる。
f0164003_2354471.jpg

三岡の瀬は今回は落差があった。少ないせいかな。落ちる感覚があって、ちょっと驚いた。
f0164003_2355737.jpg



・豊平川 20数トン 8人で(コシ、ハラ、キム、皆、ヒデ、N山×2)

この時期だから40トンあるかと思ってたけど、20数トン。少ないからつまらないかと思ってたけど、意外と楽しめて、他所も水が無い時なら、ここを下るのはアリだと思った。

f0164003_2363399.jpg

f0164003_2365069.jpg


避けるべきアルファベータも今回は迫力ナシ。迫力なくて避けるの忘れて通過しちゃった。
f0164003_2551747.jpg

f0164003_2545676.jpg

川から見える範囲に山菜は無いように見えたが、女性陣の山菜への執念のおかげで見つけられた。


・尻別川  倶知安167.76 5人で(コシ、N山、キム、Mい)
昨年に初めて漕いで、次は多めの水位で来たいと願ってたけど、昨年より少ない水位。

昨春、この川でfunを割ったNさん。その後すぐにnewFUNを購入。newも良いみたい。
f0164003_2411549.jpg

人工物崩れの場所はスカウティング。難しい場所ではないけど、上流からは見えないので。
f0164003_2412863.jpg

前夜はドッグパドルに泊まらせていただいた。
f0164003_23334559.jpg

f0164003_23342921.jpg



・鵡川 福山168.8 キムねえと。

赤岩橋下流からは別グループがスタートしていた。
f0164003_2421367.jpg

私とキムねえは担ぎ上がって、橋の直前からスタート。
f0164003_242295.jpg

f0164003_2424277.jpg

赤岩青巌峡の名前のとおり、岩が赤い。
f0164003_2432052.jpg

f0164003_259468.jpg

第2第3トンネル横の瀬
f0164003_2434587.jpg

岩の右側を通った。沈はしなかったけど、ちょっとグラついた。
f0164003_244839.jpg

ソロだと黙々とストイックに下るが、連れがいると明るい気分で下れた。アイヌネギも収穫した。ゴールした後はニニウへ。


・シーソラプチ川  幾寅354.38 布部181.92  8人で(ホシ・くに・山・ハラ・キム・皆・ナガノ)
やや多めで流速あるので、距離を長くした。水深もあり、遊ぶところもありそうなので、全員がフリースタイルボートで。
多めのせいか、落合の瀬は逆に落差を感じられず。
一発ウェーブが数多くあった。後半に出てきたウェーブはけっこう大きくてリエントリーもできたので6回くらい入った。

沈脱者が一人でて、人間は早めに上陸できた。ボートを追いかけた私は、追いかけてる時に、上から垂れさがった枝に顔をぶつけた。レスキュー時にはまず自分の安全を確保すべきなのに、慌ててしまって注意不足になるのだなと反省。
f0164003_2444158.jpg


途中で休憩。「生まれ変わるなら上野動物園のパンダ。笹を食べてゴロゴロ寝てるだけでチヤホヤされる」など、しょーもない会話をした。平和な時間。
f0164003_245589.jpg


ゴール
f0164003_2452845.jpg



・忠別川 23トン? 8人で(H本、Sいとう、H-J、macopy、onode、Iのうえ、Mい)
この時期にしては少ないとのこと。初めての私にとっては気にならない。
いつもはこの倍のトン数で下るらしい。この倍あれば、前半はスタンディングウェーブが多くて面白そうだ。

静水の経験はあるが、流水は初めてという人にダッキーを用意してあげるACC
f0164003_2461560.jpg

ドライスーツを初めて着た人に空気の抜き方も教えてあげるACC。初心者に手厚い。
f0164003_2463224.jpg

f0164003_2464935.jpg

堰堤が見えたら右岸に上陸して、下流から再プットイン。
f0164003_2471933.jpg

f0164003_247348.jpg

昼休憩
f0164003_2474681.jpg

ソニーのアクションカメラ。腕時計型の操作バンドが使いやすそう。
f0164003_248077.jpg

桜。北海道の桜は控えめな感じが良いな。
f0164003_2482619.jpg

ロールを初めて教わったのに15分でロールあがっちゃいました。教え方が上手なのかな。
f0164003_2483925.jpg



・渚滑川 滝ノ上124.69 7人で(やど、H本、onode、H-J、Mかわ、Mい)

水量は適量でした。また来たい川。
エディが狭いので、1~2艇ぶんのエディに入れない人には不向きだろう。

スタートの橋
f0164003_249717.jpg

スタートする前に、Mいリーダーから、沈脱者がでた場合の対応について説明あり。漕ぎ出す前に意思の統一を図っておくのは、とても有効だと思う。リーダー、ナイス判断。

私は1回沈した。スタートの橋から見える冒頭のホールで。
f0164003_2495363.jpg

ホール横のエディにスパッと入り、「さすが私。決まったぜ。」などと悦に入ってたら、ホールに吸い込まれた。アホ。

倒木が多いので注意です。
f0164003_2563653.jpg

スタートしてまもなく沈脱者が出たので、早めに休憩を入れる。休憩することでチームの気分転換を図る。リーダーのナイス判断だ。
f0164003_2565855.jpg


核心部。最初の落ち混みは、左右の流れが合流しているので、合流部に乗ってしまうとボートがグラっとしそう。全員がクリア。
f0164003_252319.jpg


核心部の後から、川幅が狭くなりゴルジュっぽくなる。エディは少なくて狭い。ここで沈脱者が出たので、上陸しづらかった。
人間は上陸したけど、ボートが流れたので追いかける。ボートを入れられるような広いエディは無くて、追いかけてもボートとの距離がだんだん離れていく。
そこで、Mいリーダーから、「この先も瀬が続いてるので、これ以上は追いかけないように」と、停止するよう指示あり。二次災害を防ぐためのナイス判断だ。

上陸した沈脱者を対岸に渡すために、ロープを投げ渡してから、牽引。沈脱者は崖上に登り、ゴールに向かって歩くことに。
f0164003_39409.jpg

少し下流に行くと、ボートはアンダーカットの岩に引っ掛かっていた。アンダーカットだけど、水流が弱く、膝下の水位なので、安全に近づいて剥がすことができました。
もし水位が高かったり、水が反対側に抜けてるシーブだったら、カヤックを剥がそうと近づいた人間が吸い込まれる恐れがあり、近づくこともできないだろう。
f0164003_2501762.jpg

対岸に牽引
f0164003_325168.jpg


Mいリーダーのおかげで安全に下ることできました。
f0164003_333662.jpg



道南や道北や道東も巡ってみたいと思っていても、けっきょく今春もほとんど道央で過ごしてしまった。
だって広いんだもん。
f0164003_2333445.jpg

by ya-ri-sa | 2016-05-28 23:25 | 川部 | Comments(0)  

北 ’16春 FS編 ニニウホール、Sウェーブ、二段ウェーブ、三笠ホール

2016春の北海道はフリースタイル編とダウンリバー編に分けます。今回はFS編、次回はDR編。
今春は新しいスポットには行ってないし、あまりフリースタイルしなかったので、FS編はサクッと書きます。
2014年と2015年は働いてなかったので北海道に数週間も滞在していましたが、今年は仕事してますので、同じスポットに張り付いて何日も漕ぐことはできません。


・ニニウホール 福山168.8
キムねえと鵡川ダウンリバーした後にニニウに行くと、関東6人組も来ていました。
f0164003_22533350.jpg

セトッチ
f0164003_22535376.jpg

昨年と形は変わらず、楽しめました。ほんの2~3時間を漕いだだけ。


・Sウェーブ 然別24.1
今年は本州と同様に雪が少なかったようですし、ゴールデンウィークは気温が上がらなくて雪どけが進まず、なかなかSウェーブが出てきませんでした。GW後半にようやく雨が少し降って、ほんの一日だけ乗れました。
f0164003_22543149.jpg

ゆうし君が写真を撮ってくれました。自分の写真はあまり持ってないので、撮ってもらえるとありがたいです。
f0164003_22564270.jpg

ぜんぜんバウが上がってないよー。春タンにも書いたけど、この時点でバウが上がってなきゃ、スターンも立たないよー。
f0164003_22565917.jpg

↑バウが5度くらいだと・・・
↓スターンも5度だよ・・・。だせえよー。死にてえよー。
f0164003_22571551.jpg

いえいえ、死なずに腐らずに90度を目指しましょう。
f0164003_22573929.jpg


センスの良いゆーし君の動画はこの記事の一番下に貼ってあります。(HTMLの関係で最下部にしか貼れない)


・二段ウェーブ 72トン 白川143.8 石山105.8
一日だけ乗れました。ウェーブが出るのを待っていた道民たちが集まりました。

斉藤ママ
f0164003_1251167.jpg

斉藤パパ
f0164003_1252477.jpg

この写真を撮り、パパのクリーンすごいね!とfacebookにアップしたら、パパから「この写真の時は飛べてない。普段は完全にエアなんだから、そういう時に撮ってよ~」とクレームを受けた。
パパは普段は完全にエアだそうです。もう一度言います。パパは普段は完全にエアです。(イヤミ)

去年の自分の動画を見ると、去年のほうが角度を出せてた。ヘコむ。


・三笠ホール 20トン→16トン
三笠カヌークラブ様によって維持されている人工ホールです。三笠CCさまさまです。

大学カヌー部の新入生たちがレスキュー講習を受けていた。泳いでフェリーしたり、ロープ投げたり。最初の段階で、これらを教えるとはちゃんとしてるなあと感心しました。本来は社会人カヤックも最初に習ったほうが良いんでしょうね。
f0164003_22555865.jpg

まついさんの横ループ。狙ってできるワザではありません。
f0164003_2375067.jpg

薄暗くなるまで漕いじゃいます。
f0164003_2384898.jpg


GUIGUIやVAJDAなどのカーボン製カヤックを見ると、ポリ艇とは別物の動きをしていて、欲しくなっちゃいます。三笠に通える場所に住んでれば買いたいけど、関東では乗る場所が無いよ~。

10月の南米でのワールドカップは人工ホールが会場だそうです。人工ホールで練習すべく、日本代表のタマジやミキティが長期合宿していました。
ミキティは成長曲線がヤバイ。どんどん上達しており、1~2年前とは別人です。マックやフォニは当たり前で、バックループtoマックナスティなどコンボムーブもやってました。
f0164003_041301.jpg

タマジはどこからでもマックを打ってきます。良いポジションが取れた時はもちろん綺麗に決めるし、体勢が崩れかけてもそこから粘ってメイクします。大会に出ない人なら時間をかけてトップを取ってからムーブを仕掛けてもいいでしょうが、大会では45秒のあいだにバラエティを数多く出さなければ負けてしまいます。ミスりかけても粘って立て直してメイクできる、体とメンタルのタフさがタマジの強さ。
f0164003_0414113.jpg



私だけのショボイ動画なので見なくていいよ。

以下、メモとしての独り言。
0:26のマックが唯一バウが入ったやつ。こんな潰れた失敗作が唯一マシなやつということは、今のやり方を一万回やっても出来るようにはならないから、やりかた変えなきゃね。
0:31~40はカートしようとしてミスってるだけだが、このミスった時の感じが、カート入りマックに繋がるのかな。
フォニはできるわけないと、冗談でクロスパドル入れてみたら回転してビックリ。やってみるもんだな。今は回転しただけで驚いてる状態だが、慣れたらイケるかも。マックより先にこっちが出来たりして。

ホールをヤル気が湧いてきたけど、関東にはスポットが無いんだよおおお。無慈悲!!
おお、神よ!関東にホールを与えたまえ!
刺しても当たらず、カミチンしても頭を打たない、そんなホールを与えたまえ!

独り言、ここまで。


今回の北海道レポートはカヤックのことしか書きません。誰とメシ食ったとか、何が旨かったとか、余談はナシ。
私が北海道で幸せを感じるのは、道民たちと他愛のない会話をしてる時やキャンプしてる時です。今年も良い時間をありがとう。

ひとつだけ余談。美唄体育センターで、ならさんにビレイしてもらいながら、アイスクライミングのアックスを使って登るタマジの動画。



ゆーし君の動画。三笠→ニニウ→Sウェーブ。(動画が開けない場合はこちらをクリック

ニニウでの私のループも入れてくれました。じ、実は16ロックスターに変えてから半年間、ループがスパッと決まらないままでした。できなくなっちゃったのかな~と思ってましたが、ニニウでコツを思い出すことができました。
16より14ロックスターのほうがバウに浮力があって、ポーンと高く飛べたなー。(個人の感想です)

by ya-ri-sa | 2016-05-28 23:09 | 川部 | Comments(0)