<   2015年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

自転車フォースの覚醒

フォースの覚醒、6回見ましたが何か?


カヤッカーには、自転車・オートバイなど二輪の経験者がとても多いですよね。両方やってる人に言わせると、体の使い方など共通点も多いとか。
自転車こぐの漢字は「漕ぐ」でいいのかな。

私は旅先などで自転車に乗り、「歩くよりも広範囲に移動できる&車だと通り過ぎちゃう所にも気づける」という点で、良いアイテムだなあと思っていました。

2013年にMTBを購入しましたが、ちょこっと乗るくらいでした。

林道に入ってみたり。
f0164003_1835729.jpg

川下りの回送に使ったり。
f0164003_18352016.jpg

2014年と2015年には車にカヤックと自転車を積んで、長期の旅もしました。
f0164003_18363962.jpg

ろくに手入れもせず、油もささず、チェーンは真っ黒でした。
しかし、2015年の中盤から、自転車楽しい~という思いがジワジワ強くなり、手入れもするようになり、シングルトラックにも行くようになりました。

長野・トレイルカッターさんのツアーに参加したり。
f0164003_18381152.jpg

f0164003_1837148.jpg

長瀞・blssさんのツアーに参加したり。長瀞はカヤックも自転車も両方できる。カヤックで長瀞に来ても川だけ見てて、周辺のことは知らないままでした。blssさんの案内で長瀞再発見できました。
長瀞は豆が有名って知らなかった。
f0164003_18391156.jpg


2016年は、山梨・ふじてん、長野・富士見パノラマにも行ってみたいな~。


そして、2015年12月にロードバイクも購入しちゃいました。
f0164003_18394479.jpg

シーカヤックもたしなむN村師匠、ご指導お願いします。
f0164003_18421374.jpg

N村さんにタイヤチューブ交換と輪行袋の入れ方も教えてもらった。これで自転車ひとり旅も行けるぞ~。カヤックもソロ、自転車もソロ、人生もソロ・・・(号泣)
f0164003_18402075.jpg

f0164003_18404724.jpg

しまなみ海道に行ってみたいな~
f0164003_18411114.jpg

ランニングすると体重のせいで膝を痛めそうですが、自転車なら膝への負担も軽いので、ダイエット効果もあるのではと期待しています。
最近の私↓ 自転車の漕ぎすぎで、すっかりスレンダーになりました。
f0164003_18361086.jpg

ウソです。拾い画像の台湾美女です。
実際の私。ちんちくりん。2013年 台湾の湖・日月潭でクロスバイクで一周30km。
f0164003_1554250.jpg


私がカヤックを始めたきっかけは、沖縄・北海道・四万十川・アラスカなど旅先のアクティビティとしてカヌー・カヤックに乗り、自然の中に分け入っていくのに良いアイテムだと感じて、ジワジワと面白いな~もっとやりたいな~と思ったからです。グラビティに通うようになってからも、すぐに熱狂したわけではなく、徐々にハマっていったという感じでした。道具を揃えるのも遅かったし。
ほかの人にカヤックを始めたきっかけを聞いてみると、すぐにハマッた・すぐに道具も揃えたという話も聞きますが。私は熱しにくいタイプなのかな。
自転車も、旅先でチョコチョコ乗るうちに、移動手段として有効かつ楽しいと感じて、徐々にハマってきました。
カヤックも自転車も、旅先でその魅力を知り、ゆっくりハマっていき、普段もやるようになっていったわけです。

私はリバーカヤックとシーカヤックのあいだに壁を感じておらず、どちらも楽しんでいますが、同様に、自転車もMTBとロードバイクの両方とも楽しめそうです。

私は「旅」と「人力移動」が好き。カヤックと自転車にその要素があるので、私の好みなのでしょう。

それから、「自転車は家の近所でも楽しめる」というのも長所です。カヤックでホワイトウォーターを求めると、私の家からは遠いです。御岳や長瀞も高速道路で2-3時間。タンの瀬は7時間。家を出発してから漕ぎ出すまでの時間が長く、車の運転がツライです。時間もお金も体力も奪われます。その点、自転車は家を出た瞬間から楽しく、小さな旅が始まります。
今後は、家の近所で遊ぶ、遠出せずに楽しむという方向へシフトしていこうと思っています。アホみたいに全国あちこちへ行ってる私がそう言っても信じてもらえないかもしれないけど・・・。

カヤックブログなので、自転車のことはたま~に書きますね。

by ya-ri-sa | 2015-12-31 18:27 | 自転車部 | Comments(0)  

PQスライドショー & FWクリパ

・12月初旬 PADDLE QUEST の店内イベントで「Playboating@JPスライドショー&天下一武漕会@Tokyo」が催されたので参加しました。
パドルクエストでは今後もいろいろイベントを企画してるようですから、お店にまだ行ったことの無い人も、こういったイベントをきっかけに訪れてみては。スカイツリーのすぐ近くです。
f0164003_16301946.jpg

前半はプレイボーティング誌の編集長によるスライドショー。連載「日本の川と路線」から写真。旅の要素があって良いです。
f0164003_16142033.jpg

後半は天下一武漕会の作品紹介。松永カズヤさんと飯嶋さんがMCで、長良川で開催されてる同イベントで表彰された写真や動画を見せてくれました。マッチョさんの滝落ち動画には歓声があがりました。
f0164003_16144740.jpg

私がパドルクエストに来た目的はスライドショー以外にもうひとつありました。それはアストラルのPFDの来期モデルを予約することです。人気モデルのYVTは、昨年は夏の段階で私の希望するサイズと色は売り切れでした。フリースタイル用に今年は確実に入手したいので予約しました。
PFD購入を検討されてる人は予約されたほうがイイですよ。Astralのホームページは、どうやら最新情報じゃなさそう。パドルクエストには来期カタログと少数ながら見本もありました。
f0164003_1633461.jpg



・12月下旬  フリーウェーブでクリパ・忘年会

集まりが良いね~
f0164003_16343866.jpg

御岳の料理人スギちゃんがごちそうを作ってくれます。
チキン
f0164003_16222632.jpg

皮から作った肉まん
f0164003_16224297.jpg

ピザ釜もある
f0164003_1623063.jpg

清水アニキがケーキ入刀。アニキはいまだにダジャレで「ケーキ乳頭」と言います。さぶっ!
f0164003_1624438.jpg

ウェイブスキーのツリーに下にはたくさんのプレゼント
f0164003_1636574.jpg

翌朝は大掃除
f0164003_16252465.jpg


今年はサーフカヤックはサボって、ウェイブスキーに乗ってます。サーフカヤックよりも反応がクイックなのが面白いです。スピードも出るらしいですが、私に技術が無いため、まだスピードは感じられません。
f0164003_1626969.jpg

前週の南総サーフで岩に当ててしまったようで、傷付けてしまいました。普段、FWポイントなどの岩が無い場所で乗っているので、岩への注意が欠落していました。
f0164003_16292329.jpg

ウェイブスキー部の佐々木部長が修理してくれました。
f0164003_16303961.jpg

ウォーターフィールドカヤック宮崎支部さまが、FWに試乗用のウェイブスキーを置いてくれてますので、興味ある人はトライしてみてください。
f0164003_16364515.jpg

by ya-ri-sa | 2015-12-26 16:26 | 海部 ・ フリーウェー部 | Comments(0)  

南総サーフ

ぐっさんのサーフカヤックデビューをアンディとグッチがサポートするとのことで、私もお供しました。
f0164003_16533422.jpg

館山のTポイントに入りました。波数が適度にあり、モモ~腰ハラあり、楽しめました。
ピークはひとつですが、私たちしかいなくて最後にサーファーさんが一人来ただけなので、リラックスしてやれました。
アンディはサーフボード、グッチはサーフカヤック・ロング・フィン無し、ぐっさんはサーフカヤック・ショート・フィン有り、私はウェイブスキー。乗り物バラバラなのがイイね。

アンディ、サーフィンお上手~
f0164003_16552865.jpg

グッチ、波をキャッチするのが早い~
f0164003_16554080.jpg

ぐっさん、フィッティング中~  乗ってる写真じゃなくてゴメン
f0164003_16555713.jpg

初めてサーフカヤックに乗ったぐっさんは、最初は不安定な乗り心地にとまどっていましたが、後半は積極的に波乗りしていました。かくして、サーフカヤッカーが一人誕生したのであった。

海に入る前は、私は1-2時間やれば満足ですわと思ってたけど、うねりが長続きしてくれたので、みんなで4時間近く入っていました。
f0164003_16581444.jpg

乾杯
f0164003_16561441.jpg

ソルティーズに寄らせてもらいました
f0164003_16562547.jpg


翌朝、波チェック開始。昨日のTポイントは波ナシ。

H浦は一応うねりは来てるもののスモールだし、割れてるピークには既にサーファーが入っています。
f0164003_16563960.jpg

T倉はサイズはあるけどサーファー多い。
f0164003_16565562.jpg


というわけで、誰も入っていなかったSmtポイントに決めた。割れづらく、スモールで、岩が近くて、難しかった。そんなコンディションでもグッチは波を捕まえるのが上手いし、アンディは普段はグーフィだけどレギュラー側の波にも乗れていた。私は岩が怖くて、ぜんぜん乗れなかった・・・。
あとから、ローカルサーファーのお兄さんたちが来たけど、乗り慣れてるのもあってとてもお上手でした。
f0164003_16571122.jpg

f0164003_16592728.jpg

f0164003_16575042.jpg

楽しい2日間でした。

by ya-ri-sa | 2015-12-20 16:49 | 海部 ・ フリーウェー部 | Comments(0)  

海の動画供養

*すべての動画は既出です。新しい話はありませんので、読まなくてもいいよ*

PeeVee.TVという亡霊のような動画サイトがありまして、そこにはゾンビのような動画がウヨウヨしています。いつ消えてもおかしくなさそうなサイトなので、動画に成仏してもらうべく供養と思ってyoutubeにアップしなおしました。
PeeVee.TVはブログに動画の貼り付けができなかったので、過去ブログではリンク先のURLを示していただけでした。リンク先をクリックせずに見てない人も多いと思います。

私の動画以外にも、他の人が編集した海動画も、ついでに紹介。


・2009年のOFS 私だけ
説明 (過去ブログからコピペ)
私のへっぽこ動画を見て、なんだこんなレベルの低い大会かと思わないでくださいね~。もっとお上手な人もいますから~。
できてないのに、「ブラント~♪」、後ろを振り返れば、「バックスタブ~♪」、とMCが言ってくれるのが面白いし優しいじゃありませんか。(*ジャッジとは別です。)
「リサさ~ん♪」ってノー天気な声はsugiちゃん?



・2010年のOFS 私だけ
説明 (過去ブログからコピペ)
わたしだけのショボイ動画ですみません。
さて、この動画の0:40~0:47ですが、私がスネーキングのような動きをしていますので、あえてアップしてみました。この後、陸上でKmさんに謝りました。他人と接近して漕ぐ機会が普段に無いこと、試合で焦って視野が狭くなっていたこと、そういったことから、こういう動きをしてしまったのだと思います。
これとは逆に、普段から遠慮する癖がついてるのか、同じ波に並んだだけでテイクオフしかける前から譲ってしまう消極的なこともしちゃったり、試合に慣れていない証拠ですな。
スネーキングを知らない人へ。スネーキングとは…サーフィンでやってはいけない行為です。大事なことなので、自分で調べましょう。



・2009年 清水さんのエアブラント
これは大会ではありません。このくらい大きなブラントできるようになりたいっすね~



・2008年 私だけ
私がフリーウェーブに通い始めた頃です。当時、平日の早朝に集まって朝練してたんです。もばこんさん撮影。 過去ブログ



・2010年 OFS前夜祭 サトルさん撮影
説明(過去ブログからコピペ)
クロスゾーンのサトルさんも動画アップしてくれました。出禁というのはフリーウェーブ出入り禁止になってるおすぎのことです。ナイスプレイの間に挿入される出禁のキモ映像。来年はオーシャンに参加してみようかなと思っている人を、こういう内輪ウケにはついていけない・・・と、遠ざけてしまいそうで心配です・・・



・2009年 OFS前夜祭 オチも無い、しょーもない動画なんで、見なくていいです・・・



・2009年 第11回 オーシャンフリースタイル 
10分近くあって長いですが、大会の雰囲気が伝わると思います。動画が開けない場合はこちらをクリック

説明(過去ブログからコピペ)
1:12  キャーキャー黄色い声援はチームKの女性陣です。わらぼうしさんが人生で一番キャーキャー言われた瞬間です。
1:30 昨年準優勝のタナカさんは動きがキレキレで華があります。バックスタブじゃなくてバックパンナム? おやっさんのロングサーフィンの横でキックフリップしてます。FLUIDエレメントでプレイボートとサーフカヤック両部門参加されました。エレメントならではですね。
2:18 いとうのおやっさんが魅せてくれます。冒頭のロングサーフィンはサーフカヤックじゃないんですよ!プレイボートのエッジでこれだけ走れる人はなかなかいません。途中でスピンいれてるし。
ブラントも波の中腹でやるから派手さがあります。コウヨウ君がドンキーしたら、おやっさんもドンキー。もう年だから・・・・とおっしゃっていましたが、長瀞パドラーによると、年々うまくなっているとの噂もあり。恐ろしや。おやっさん、まじでスゲー!
3:02 イトウカオルさんはブラントがデカイ。誰よりも角度が出ていました。動画よりもビッグなやつを、いくつか決めてらっしゃったのですが、そういう時に限って撮れていない…。完全にエアなのもありました。ええもん見してもろたわー。連続スピンやサイドキックかシャビットのようなのも入れてる。

海でのプレイボートの魅力のひとつは「川ではありえない落差」です。型が出来てる人ならエアも可能。しかし、今年はダンパー気味でフェイスが利用しにくく、仕掛けるタイミングがとりづらい波でした。いつもはパンナム決めてるナリ君でもやりにくそう。ほとんどの人がスープになってからブラントしていたなかで、高所から落下する力を利用できていたのは二人のイトウのおじさまだけだったと思います。二人とも元サーファーだそうです。海と波を知ってるんだな~。
私はサーフカヤックにハマっていたので、海でプレイボートに乗るのは、去年のオーシャン以来1年ぶりでした。二人のおじさまのプレイを見たら、プレイボートにも乗りたくなりました。

サーフカヤックは自分も出場していたため、あまり撮れなかったので少なめです。
7:04 ジョウゴさんのライドは憧れます。ブレイクの早い波でもクリティカルゾーンを維持してます。逗子カヌークラブの三名様には男の友情みたいなものを感じます。

5:11 白エレメントに乗ったC-1・I嶋さんは大会には参加しておらず、通りすがりのお侍さんです。波間に浮き沈みしてる姿を見てたら、ほんとに武士みたいだったよ・・・。
朝は無風だったのに、I嶋さんが来た頃から強い風が吹き始めました。やはり「風を呼ぶ男」なのでしょうか・・・ (参照動画)


by ya-ri-sa | 2015-12-17 19:46 | 海部 ・ フリーウェー部 | Comments(2)