<   2015年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

秋のタン3

10月に3回、タンの瀬三段目へ行きました。タン3の形状は特に変化なし。
f0164003_1720496.jpg

春のタン1以外の季節はいつでも漕げる。毎日漕げる、これってスゴイこと。関東に毎日漕げるスポットなんてあるだろうか。今日は出てても、明日は消えてるとか、そんな感じが関東では普通だもんね。

日が暮れるまで漕ぎます。みんな元気だな~。
f0164003_17212344.jpg

約一年ぶりに三段目で漕いでみたら、自分がまっっったく成長してないことが分かって、落ち込む。この一年、漕いでたつもりだったけど、成長が無かったわ。久しぶりに同じ場所で漕いでみると分かるね。弱気・・・

梅さんレッスンを4コマほど受けました。
昨年の秋に、梅さんレッスンを受けて、カートホイールの導入部くらいのところでシーズン終了してしまいました。その続きを習おうと今年は夏季も行こうと思ってたのに、ズルズルと日にちが経って秋になってしまった。んで、今回レッスンを受けてみたら、やっぱり良いことをたくさん教えてくれました。梅さんレッスンの素晴らしさはブログに既に書いた通りでして、追加することはありません。
あーあ、今年はもっと早くから通えばよかった。昨年の復習をしてみたら忘れたことが多くて、復習をやってたら、今年もカートホイールの入り口でシーズン終了。とほほ。来年は夏季から通います。14Rockよりも16Rockのほうが静水カートをやらせてくれそうな気配です。来年からガンバリマス~~!(←今から頑張れよ・・・)


体育の日三連休にはSD SPORTSの運動会がありました。この大会は芋煮を食べるためにお腹を空かせるのが主目的の大会です。玉追いやらFTRやらレースやら。
f0164003_1721532.jpg

芋煮うまー。
f0164003_17233459.jpg

スーパー・ヤマザワで芋煮の食材セットを注文すると寸胴やカマドが無料貸し出しされるんですよ。芋煮会は山形では重要なイベントです。
f0164003_1713107.jpg

SD運動会の賞品は豪華。私は下から数えたほうが早い順位だったけど、高価な賞品がいただけました。最下位の人はヘルメットもらってました。安い参加費なのに、参加賞と賞品と芋煮が付いてきて、完全に黒字ですわ。みなさまにも参加をおすすめします。
f0164003_1723561.jpg

右のウエアが賞品、白いニットキャップが参加賞。他の物は、SD SPORTSのベースでのお買い物。IRのフリース、DAKINEのキャップとポーチ。タンに行ったら、SDベースに寄って、梅さんセレクトのグッズをお買い物するのも楽しいですよ。


10月に道の駅あさひまちがオープンしました。カヌーランドからは車で4分、歩きでも旧明鏡橋を渡っていけば1kmちょっとです。女性カヤッカー的に重要なのは綺麗なトイレがあるということです。雪解けの3月頃はカヌーランドはまだ開いていませんので、近くにトイレができたのは助かります。
建物をりんごの形にしたそうですが、上空から見れば分かりますが、地面の高さから見るとリンゴとはまっったく分かりません。
歩いて行って、りんご果肉入りのソフトクリームを食べました。
f0164003_1724351.jpg

旧明鏡橋
f0164003_1714457.jpg



左沢の「まるきん」で飲み。メシウマ。また行きたい。
f0164003_1725334.jpg

地酒の大江錦
f0164003_17163757.jpg

シダ君の眼鏡で遊ぶ。プロフィール写真にしようかな。
f0164003_17181028.jpg

壁の写真は、大江にある旧最上橋です。テルメ柏稜の有機EL照明のモチーフにもなってますね。
f0164003_17173069.jpg



「もってのほか」という食品をご存知ですか? 知らない人が多いのではないでしょうか。私は初耳でした。これは食用菊の名前なんです。山形県の秋の味覚だそうです。
桃ジイが、もってのほかと胡桃をくれたので、渡辺さんがカヌーランドで「もってのほかの胡桃和え」を作ってくれました。
f0164003_1785382.jpg

1.もってのほかの花弁をバラしたら、2.酢を入れたお湯でサッと茹でて、3.クルミを練って砂糖と水で餡を作り、4.和えます。
菊なんて、そんなに旨いもんじゃないよな~と思いつつ食べてみたら、意外な美味しさ!
山形ではマニアック食べ物ではないようで、旬のものとして一般的に食べられてるそうです。ヤマザワでも売っていました。
f0164003_17104353.jpg

山形には独自の食文化や美味しいものがありますね。最上川に来なければ、一生知らないままだったかもしれません。


SD登山部の活動報告。昨年10月も、渡辺さんとにいぬまさんと3人で雁戸山を登りましたが、今回はユウイチさんとオオバちゃんの二人も増員して、月山へ登りに行きました。
男性陣3人は実は山岳部出身。月山にはスキー目的で何度も来てるけど、無雪期に来たのは初めてor久しぶりとのことで、新鮮だったようです。
山頂に近づくと急勾配になり辛かったです。頂上の月山神社は風が冷たくて寒かった。
f0164003_17274074.jpg

頂上を降りた後は、比較的なだらかな尾根歩き
f0164003_17133682.jpg

楽しかった。登山部は毎年恒例になるか?
f0164003_17161156.jpg

登山部の構成ですが、部長はユウイチ(部長とは名ばかりで、貢献度が低い。膝の靭帯が無い)、副部長は渡辺(頼りがいある、実質の部長)、にいぬま(書記)、オオバ(ヒラ部員)、ヤリサ(ヒラ部員)、となっております。来たれ、新入部員。

にいぬまさん。ドローンという名の長い棒を掲げて、撮影係&しんがりを務めてくれました。
f0164003_1795368.jpg

にいぬまさん編集の動画を見るとわかりますが、この棒からの目線が高くて、けっこう良い構図。

by ya-ri-sa | 2015-10-30 16:55 | 川部 | Comments(4)  

長瀞

このブログの読者数が徐々に増えてます。読んでくれてる人、ありがとう。
初対面でも「ブログ読んでるよ」と言ってくださる人にたまに会いますので、きっとまだ会ったことの無い人もこれを読んでくれてるのでしょうね。

以前にも述べましたが、このブログは自分の思い出日記のつもりはなくて、読んだ人が漕ぎに行きたくなる気分になってくれたらいいなと思って書いてます。または、漕げない時のヒマつぶしの読み物になったらいいなと思ってます。ですので、読んだ人の参考になればと思って、カヤックに関連する情報をなるべく書くように心がけています。私はへたっぴだから技術的なことは書けないけど、こんな形で皆様のカヤックライフの一助になれたら嬉しいです。


・長瀞  親鼻1.35 中学校~クツナシ

16ロックの進水式に水量チョロチョロの長チョロへ行きました。
一人だったので歩き回送しようかなと思っていたら、田中マラ男さんが回送を手伝ってくれました。

作業用ズボン、安全靴、腰ベルトには巻き尺。働く男って感じでイイね。
f0164003_1861642.jpg

マラ男はこのブログ読んでるらしいから、この場でお礼を言っとこう。
おーい、マラ男~!回送ありがとうね~! 平日に仕事を抜け出して長瀞に来てたことは、みんなには秘密にしておくよ~。

いばさくに「あの人はマラ男って呼ばれてるんだよ」と、初めて教えてもらった時に、私は「えっ!? ま、ま、ま、ま、マラ男!? すごいニックネームだね!ヤバくない!?」と反応したら、いばさくに「顔がマラドーナに似てるからだよ。オマエ、変なこと想像しただろ~?変態だな~」とからかわれたことがあります。

16Rockstar進水。川岸に来ると水がくさい。処女航海は、もうちょっと清流が良かったな・・・。クサイなんて言われたら、長瀞ファンの人はいい気はしませんね。すみません。
f0164003_1812596.jpg


スピンホールで左スピン。この水位でもスピンはできます。

安全ウェーブで左右スピン。カートホイールできる人なら、この水位でも角度を抑えれば回せるかも。
私はフラットスピンだけを30回転くらいしました。岩に当てたつもりはそんなに無かったけど、スピンしただけでスターンのエッジがジャキジャキに削れてる・・・。14Rockも削れやすかったけど、16もヤワいみたい。軽さ優先で作ってるからでしょうか。

安全ウェーブではブループラネットカヤックスが講習をしていた。この日は平日ということもあって、生徒さんは一名。平日休みの人にとっては、一名から開催してくれるレッスンというのは助かりますよね。
最近、私は一人でマウンテンバイクのレッスンやツアーに参加しようとしましたが、平日には企画が無かったり、最小催行人数に達しないと開催されなかったりでした。一方で、カヤックは「平日に、一名様から」レッスンしてくれるスクールが多いので、スクール面では恵まれてるのかもと思いました。
ブループラネットカヤックスのスクール日誌を読んだら、初中級者のためになることが書いてありましたので、さかのぼって読んでみようかなと思います。


大増水で小滝の流れが変わってしまい、小滝ウェーブは絶望的という噂を聞いたが・・・。さて、どうかな。
写真中央あたりがウェーブが立つところ。ベスト水位より50cmも少ないのでこの写真では判定しがたい。
f0164003_18122680.jpg

しかし、下流側を見ると、変わってるような。岩の位置が違うような・・・?以前は流れが岩壁に当たっていたのに、今は本流側に寄っているし。
f0164003_18124036.jpg

f0164003_18211744.jpg

キャンプ場横ウェーブも潰れたという噂あり。小滝とキャンプ場横、この2つのウェーブが乗れなくなったのは、ウェーブ好き、いや、ウェーブ狂の私にとっては痛すぎる。復活してほしい・・・。

f0164003_18194534.jpg

16Rockはスライシーになってカートホイールがやりやすいという評判だったので、静水カートにトライしようかと思ったけど、水のくささにげんなりして、スピンホールと安全ウェーブ以外は何もせずにゴールしてしまった。スタート地点は浅いせいで苔や水草が匂ってるのかと思ったけど、水深のあるところでもニオイが気になり、ゴールまでずっとくさかった。
長瀞好きの人には申し訳ないですが、ほんとうにクサイです。私だって長瀞は好きなんですよぉぉ~。
増水時にスポットでフリースタイルしてる時は、そちらに意識がいってるので気にならないが、今回は川下りしてたらニオイで気持ち悪くなった。
ブログ冒頭で「読んだ人が漕ぎに行きたくなる気分になってくれたら」なんて述べてるくせに、クサイなんて言われたら気分が損なわれちゃいますね。ごめんなさい。一応、清流派なものでして・・・
タンの瀬も、水量が少ない時ほど、浅い場所ほど、くさい。
長瀞、タンの瀬、山梨桂川、この3か所の水質が、長良川や御岳と同レベルだったら、天国なんだけどな~。


先日、古い映画を見ていたら、長瀞が出てきて驚きました。以前から好評は聞いていたので見たいと思っていた「新幹線大爆破」という1975年の作品です。新幹線に爆弾が仕掛けられて、一定の速度以下になると爆破する仕掛けになっているので、止まることができずに走り続けます。この設定はキアヌ・リーブス主演の「スピード」の元ネタになったとか。

高倉健が主演。健さんもかっこいいが、脇役の役者陣も良い。
f0164003_1813095.jpg

40年前の映画とは思えない現代的なテンポの良さで、飽きずに鑑賞できました。
犯人グループが要求した現金の受け渡しをするために、現金の入ったトランクを持った警察側が、犯人の指示通りに移動させられるのですが、その過程でなんと「舟に乗って荒川を下れ」という指示が!!
長瀞ライン下りで現金輸送。なんじゃこりゃ~
f0164003_18131299.jpg

小滝の瀬かな。激流な感じを出そうとするなら、小滝が撮影地に適してそう。
f0164003_18133220.jpg

f0164003_18134457.jpg

ほかにも、昔の映画ならではのトンデモ展開があったりするのですが、そこはご愛嬌。エンタテイメントとして楽しめる映画でした。


週末は売り切れで早じまいしてることもある「うさぎや」の閉店時間が、19時から17時半に変更。つけ麺へのハードルがさらに上がった。
f0164003_1814015.jpg

by ya-ri-sa | 2015-10-20 17:45 | 川部 | Comments(4)