<   2015年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

キクラデス諸島 エーゲ海

ギリシャのエーゲ海にあるキクラデス諸島で、アイランドホッピングしながらキャンプツーリングしました。
レインドッグの海外企画で、現地ガイドはエージアンパドラーズです。

エーゲ海でのパドリングに興味あるなら、このエージアンパドラーズはとてもオススメです。
おそらく、このブログを読んでいる人は、商業的な、至れり尽くせりの、なに不自由ないキャンプには興味が無いでしょう。それよりも、自然環境にローインパクトで、自立した、シンプルなキャンプを好むと思います。ガイドのGeorgeのツアーはとてもシンプルありながら、豊かな時間をもたらしてくれます。
前後泊を合わせても約一週間の休みがあれば行けますので、休暇の短い日本人でも頑張って休みを取れば実現可能そうですね。
また、ジョージの奥様は日本人ですので、日本語での問い合わせも可能です。
海外でのキャンプツーリングを希望される人は、ぜひ、エーゲ海を候補に入れてみてください。
レインドッグでも再度のツアーを計画中のようなので、そちらに問い合わせてもいいかもしれません。


さて、私自身のキクラデス諸島での思い出はブログには詳細には書きません。なぜなら、現在発売中のkayak誌49号に記事となっているからです。そちらをお読みくださいね。けしてブログの手抜きではない。
kayak誌やplayboating誌が近所に売っていないという人もご安心ください。Fujisan定期購読サービスを利用すれば自宅に届きます。「ちら見」というボタンをクリックすれば、少しですが立ち読みもできますよ。


以下は私がスマホで撮った写真。

美しいビーチでキャンプ。地中海は干満の差が少ないので、波打ち際のすぐ近くにテント張っても大丈夫なのには驚きました。
f0164003_1221247.jpg

時々、町に寄って、買い出しやカフェでお茶をしました。
f0164003_123289.jpg


雨の少ない地中海では土壌は乾燥しており、草や低木が生えていますが、山の色は基本的に土色です。私が「グリーンが無いのは寂しい」と言ったら、Georgeが「グリーンは日本にいっぱいあるでしょ」って。
f0164003_1234350.jpg

夏は風が強く、シーカヤックのベストシーズンではないとのこと。次は別の季節に行ってみたいな。強風・高波の中を漕いだのは、日本ではなかなか経験できないことでした。

青い空、白い壁、乾いた風。期待を裏切りません。
f0164003_1294068.jpg

ギリシャはメシウマ。
f0164003_124145.jpg

ギリシャでは高校時代の友人に会いに行くという目的もありました。アテネ育ちの御主人とお子さんと暮らしています。
3歳の娘さん、日本語も話せて、かわゆい~。私の寝袋を着て、「芋虫!」と喜んでいました。いま一番好きな動物は芋虫なんだって。
f0164003_1243072.jpg

アテネで音楽鑑賞。古代遺跡の劇場でコンサートとは、粋だなあ。
f0164003_1244395.jpg


ギリシャのあと、お隣のトルコにも行きました。
世界遺産カッパドキア
f0164003_1285622.jpg

気球に乗ったり
f0164003_1261962.jpg

世界遺産パムッカレ。世界遺産もピンキリですな。
f0164003_126312.jpg

現地に馴染むためにコスプレする私
f0164003_1271198.jpg

イスラム圏を女性ひとり旅するのはイマイチでした・・・
f0164003_1282438.jpg


ほかにも野川さんが撮った良い写真がたくさんあるので、後日に貼り付けるかも。

by ya-ri-sa | 2015-06-27 11:11 | 海部 ・ フリーウェー部 | Comments(0)  

北海道'15春 おまけ編

f0164003_21164434.jpg


みんなでDR編ソロDR編FS編→ 今回はおまけ編です。
カヤッキング以外のことはブログにはあまり書かないようにしていますが、北海道ではたくさんの人にお世話になりましたので、お礼の意味を含めて、その一部を紹介します。(写真はいろんな人からいただきました。)

写真は撮ってなくても、ここに名前を出していない人でも、みなさまとの思い出は忘れません。ひとり旅でしたので声をかけてもらうだけでも嬉しかったです。一緒にキャンプしたり、しょーもないことダベったりしてる時が、リラックスして楽しい時間でした。


・釧路川100kmマラソン 大会ホームページ
ボランティアスタッフを募集していたので、どんなイベントかもよく知らずにお手伝いに参上しました。土地勘の無い私が手伝いに行っても足を引っ張るだけではと心配していましたが、釧路川ローカルパドラーのみなさんのおかげで大会の雰囲気を楽しみながら、お手伝いすることができました。

たくさんのチーム
f0164003_18461838.jpg

地元カヌークラブ・釧路ラピッヅやOCパドラーたちの運営はおみごとでした。
f0164003_18463986.jpg

北大OBチームにはゆっこちゃんや大西君も参加。社会人になって関東で暮らしていても、こういうイベントを機に北海道へ戻ってくるというのがイイね。
f0164003_18482578.jpg

カナディアンカヌーはのんびりイメージでしたが、意外と激しかったです。
f0164003_18491683.jpg

クランクの瀬で待つ我らレスキュー隊
f0164003_18495435.jpg

私の役割は、クランクの瀬でのレスキュー係と、細岡でのタイム計測の二つでした。
f0164003_18501280.jpg

福士くん率いる酪大チームが転覆しましたが、ほぼセルフレスキューして素早く再乗艇していました。
f0164003_22283868.jpg

帯畜もガンバレ~
f0164003_18534138.jpg



・余市川温泉さまが高久瞳さんの余市川合宿を歓迎してくれました。
そのバナーには「歓迎!高久瞳選手チーム」と記載あり。チームとな?私もチームの一員ってことでいいスか?
f0164003_1856871.jpg

一員のつもりで歓待に便乗させていただきました。
f0164003_1924521.jpg

アイヌネギ、うまし。
f0164003_1945321.jpg

余市川温泉さまの郷土を愛する気持ちやサービス精神に感銘を受けました。

余市の海では、高久さんが釣りの才能も発揮する。
f0164003_20212060.jpg


余市町のスポーツ振興のイベントとして高久さんによるカヤック体験会が、この春に二回開催されました。
f0164003_1965711.jpg

道民パドラー有志がサポートに来てくれました。
f0164003_19929.jpg

余市町民の大人も子供もカヤック体験に、初めはドキドキ、慣れたら笑顔でした。
f0164003_1995917.jpg



・帯畜のノセちゃんが研究室を見せてくれました。
f0164003_19141810.jpg

ノセちゃん作成標本。専門はオサムシです。
f0164003_1936877.jpg



・旭川でACC総会におじゃましました。社会人カヌークラブと旭医学生さんが同席する会でした。年齢が離れていてもカヌーという共通項で繋がれるというのは素晴らしいことだと思いました。

押忍!ついていきます!
f0164003_19383446.jpg



・ヨッシーと低山登山しました。
二段ウェーブ漕いだ後に、八剣山。
f0164003_19392315.jpg

頂上は剣みたいに尖ってるよ。
f0164003_19221816.jpg


札幌市街を一望できる円山にも登りました。
f0164003_213041.jpg


低山で足慣らしをしてから、後日に一人で雌阿寒岳を登ろうとしましたが、雪が残っていて、途中で登山道が分からなくなり、逃げ帰りました。
f0164003_21193495.jpg

青色が美しいオンネトーから見る雌阿寒岳。登りたかった。
f0164003_211316100.jpg



・ならさんが美唄でクライミング道場に連れて行ってくれました。
ならさんの登る姿は、なまらカッコイイ! 私はクライミングのことは全く分かりませんが、なにも分かっていない私が見ても、ならさんがカッコイイことは分かりました!さすがアイスクライミング日本代表。
あっという間に、スルスルと天井のオーバーハングへと登っていきました。
f0164003_19422973.jpg

クライミング流行の昨今、ジムは多数あれど、アイス用ピッケルを使わせてくれるところはほぼ皆無らしいですが、美唄ではそれができます。
カマキリっぽい。
f0164003_19424190.jpg

へっぴり腰の私。虫・・・?
f0164003_19435470.jpg

美唄やきとり、うまし。
f0164003_19475529.jpg


・宴
湯の元温泉で宴。初めて来た7年前から気になっていた鴨鍋。
f0164003_20312921.jpg

ミスターのキャンカーで宴。三笠ワインで。
f0164003_20353086.jpg

美幌の秘密基地。いみさん・じゅんやさん・TAKAHIROの美幌メンズと宴。
f0164003_2036881.jpg

ブーさんと札幌で宴。北海道のタケノコというと姫竹。
f0164003_21183065.jpg

写真ないけど、札幌でコッシー・ひかるちゃん・グッチ・アンディ・ヨッシーで街飲みしました。私は飲みすぎて、沙流川に続いて北海道2度目の泥酔。ありがとうございます。

某所でシングルトラックを見つけてMTB
f0164003_20205981.jpg

小樽の赤岩。絶景。クライマーたちが登ってました。
f0164003_2021858.jpg

函館の夕焼け
f0164003_2113347.jpg

支笏湖の日没
f0164003_21135277.jpg

午後の羊蹄山
f0164003_2115272.jpg

阿寒湖の日暮れ
f0164003_2116787.jpg


自宅に帰ってきても、またすぐに北海道に行きたくなるのでした。

by ya-ri-sa | 2015-06-02 21:00 | 川部 | Comments(0)  

北海道 '15春 FS編 Sウェーブ・ナリウェーブ・二段ウェーブ・三笠ホール・永山ウェーブ・STSホール

みんなでDR編ソロDR編、に続いてFS編です。北海道で漕がない人には関係ない話ですので読まなくてもいいですよ。

・Sウェーブ
今年は雪どけが早く、4月下旬には水位マックスとなりました。4月末に北海道出発する私はすぐにSウェーブへ行くつもりでしたが、出発当日にギックリ腰となったため、とうぶんの間のフリースタイルはできないこと確定・・・。Sウェーブには一回も乗れないかもとあきらめていましたが、遊べる下限水位になってきた頃に腰痛が軽減してきたので、短時間ながら乗ることができました。

手前にあるウェーブも、スポット欠乏の関東人が見たら、鼻の下を伸ばして「ウホッ!優良ウェーブだ!」と、行列ができるでしょう。スポット貧乏症の私も、手前のウェーブをスルーという贅沢行為をすると、もったいないオバケが出そうな気分になります。
f0164003_17454168.jpg


ドッグパドルの西田さんの華麗なライド

西田さんはこともなげにやっていますが、暴れてるウェーブですから、凡人はこんなにできませんよ~

この動画はマックスに近い水位の時かな。ホイッスルが聞こえた後にデカい流木が流れてきてます。


ぎっくり腰のせいでベスト水位を逃した私は、上の動画(然別24.4)よりも1m低い下限水位(23.45)で乗りました。
下の動画は私がサーフィンしてるだけのつまらない動画ですが、上の動画と比べると、マックス水位とミニマム水位では、トップからボトムへの距離が違うのが比較できると思います。



・ナリウェーブ
戸蔦橋187.50→45
戸蔦別川の増水時のみのウェーブ。けっこうな雨量が降らないと出ないし、レンジが狭くて、水量の減り方によっては短時間で消えてしまうので、遠方から狙って来るのはかなり難しい。地元の人向けのウェーブです。187.60くらいから乗れるのかな。
昨年は数時間だけ乗れましたが、今年もたまたま近くにいて乗ることができました。去年よりも状態は良かったです。

タンの瀬 自分編で書きましたが、角度を出そうとして頭と胸が下がってしまうのが「土下座ブラント」。完璧な土下座ブラントがビデオに写っていたので、披露いたしましょう。2本のブラントのうち、1本目は土下座しないように耐えてるけど顔は下を向いちゃってます。
そして2本目…。よっ、日本一の土下座!あ~あ、ブザマだ~、土下座の呪いにかかっている~


頭を上げて、胸も上げて、と思っていたら、それっぽいことがJacksonkayakのウェブサイトに書いてありました。→ BREAKING THE CURSE OF THE ROUNDHOUSE ラウンドハウスの呪いを解く!というタイトル。とくに、最後の写真に書いてある、
Eye look upstream. Chest is open. Body standing up.
こ、これだー!


・二段ウェーブ
昨年はダウンリバーのついでに少しだけ乗りました。その時は砥山ダム40tでしたが、十分に大きなウェーブだなあと思いました。
今年は、多い時で80~90tという日もあったようで、地元カヤッカーたちの「多いほど良い」という評判が聞こえてきました。水量が多いからか、それとも、形が良くなったのか、昨年よりも好評でした。
二段ウェーブも出てる期間が短いのですが、腰痛が軽減したタイミングで増水に当たったので、私も乗ることができました。
ローカルさんはトン数だけではなく、豊平川の水位で見てるらしいです。

動画は、50t→65t→70t→74tと増えていき、ウェーブが大きくなっていくのが分かります。50tでも関東ではお目にかかれないビッグウェーブなのに・・・。
土下座が改善されてきていますね。牛歩ながらも進歩してます。



・三笠ホール
三笠カヌークラブ様によって維持されている人工ホールです。三笠CCさまさまです。
f0164003_17462192.jpg

三笠ホールは初心者から上級者が一緒に楽しく漕ぐことができる希少な場所です。こういう場所ってなかなか無いんですよね。初級者向けのスポットは上級者には退屈だったり、上級者が楽しいスポットはロールが遅い初級者には危険だったり。
三笠はエディの雰囲気も良いです。北海道の人たちは、のびのび漕いでて、自分のスタイルを持ってる感じが、とても良いです。

FS初体験の人をサポートする、ひかるちゃんとならさん。
f0164003_17464750.jpg


三笠の平和な雰囲気が大好きです。
f0164003_17471224.jpg


西田さんの華麗なライド。レベル高くて親近感が湧かないライドですね・・・


下の動画はほぼ私だけ。私だけ見てもつまらないでしょうから、前半に他の人も入れました。1:10以降は私だけなので見なくてもいいよ。
最後のガッツポーズがムカつきますね。コイツ、ほんとムカつくわ〜


今年は10トン台でも岩に当たらずに、むしろマイルドで練習に適していました。私は16t→14,5tで乗りました。


・永山ウェーブ
昨年の秋の渇水期に、救世主のように現れたというウェーブ。道民たちが良いブラント決めてる動画を見て、私も気になっていました。
私が訪れた時はベスト水位よりも多いために、ウェーブは掘れてないし、バックウオッシュが薄く、バウを正面に向けたままのサーフィンしかできませんでした。バウを少しでも横に向けると出されてしまう。1時間だけ乗って、もっさりラウンドハウスが2回。
しかし、水位が多すぎただけでなく、どうやら形が変わってしまったような・・・。

動画は永山122.44ですが、後日に20cm少ない .22で陸上から見ましたが、ほとんど同じ見た目でした。



・STSホール(仮名)
地元カヤッカーのイミさんとジュンヤさんが見つけたが、まだ誰も入っていないというホールに、二人にお世話になった私がお礼に(?)調査しましたので報告します。

結論から言うと、「遠軽まで来れて」「サイドサーフィンのみで満足で」「ループやカートなど刺す動きをしない」そんな人なら行ってもいいかも。となると、該当する人は5人くらいしかいないのでは・・・。
というわけで、1億2700万人のうち5人くらいの人だけが、以下の長文と動画をご覧ください。

幅広に見えますが、サイドサーフィンで居られるのは右岸側のみ。サーフィンも暴れます。浅くて、刺すと当たります。右岸側ではカミ沈しても、体を打つことはなく、すぐに出されます。
中央あたりの水が戻ってる場所は、そちらへボートが持っていかれてもバックウォッシュにスイープを入れれば容易に右岸側へ戻れます。だいぶ浅そうでカミチンは頭を打ちそう。
その場所で、左岸側を向いた状態でスターン沈してロールしたら残っていてもう一度スターン沈というのをやらかしましたが、落ち着いてバックスイープをいれたら右岸側に出れました。
一応、左スピンできますが、大回りのスピンになります。
右岸側の水が抜けてる、そのすぐ横だけが深くて、ループを仕掛けられました。しかし、その位置でボートを正面に向けるのはかなり難しいと思われ、私はエントリー直後の一度だけでした。
つまり、私にできたのは、1・暴れるサイドサーフィン、2・大回りのスピン、3・ループもどきです。
家が近所でチョイ漕ぎしたい人ならいいですが、遠い人やバーチカルな動きをしたい人を呼ぶことはできないと思います。
下流が瀞場なので初級者にロールやストリームインアウトを教えるには最適だと思います。
地元の釣り師がいました。

by ya-ri-sa | 2015-06-02 17:29 | 川部 | Comments(2)