<   2014年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

第16回オーシャンフリースタイル

フリーウェーブ主催で第16回オーシャンフリースタイル(以下OFS)が開催されました。
今年は他イベントと重なったため参加者が少なめでしたが、来年はたくさんの人の参加をお待ちしています。大会と名前が付いていますが、和気あいあいとした雰囲気のイベントですので、お気軽に参加ください。
私なぞは、今年は川ばかりにウツツを抜かしており、海でのサーフカヤックは数えるほどしか漕いでいない練習不足の状態でしたが、あまり気にせずに出場しています。それどころか、サーフカヤックを始めてからは、海でプレイボートに乗るのは年一回のOFSだけですが、毎年まったく気にせずにプレイボート部門にも出場しています。
OFSのゆる~い雰囲気が好きで、第9回(2007年)から毎年参加しております。 オーシャンフリースタイルのタグが付いた記事

この日のヤギサワ氏ブログ   いばさくブログ

10月下旬でもポカポカ陽気の小春日和でした。風も弱かった。昼間はみんな半袖姿で、上半身裸の人もいました。
f0164003_17133584.jpg


ゆる~い雰囲気の大会ですが、ジャッジの皆さんは真剣に見てくれています。普通のフリースタイルの大会なら一人ずつ45秒間だけど、OFSの場合は5-7分間と長いし、二人同時に仕掛けたりするので、ジャッジは集中力を要して大変な仕事だと思います。
f0164003_171445.jpg


今年から新設されたウェーブスキー部門の優勝者・松本さん。WATER FIELD KAYAKSのビルダーです。ウェーブスキーもサーフカヤックも自作です。去年も宮崎から来てくれたのだけど大会中止になっていたので、今回が初出場です。松本さんのライドを見るのが私の楽しみ。本当にカッコイイです。
f0164003_1637129.jpg


サーフカヤック部門の優勝者・大西さん。手前には決勝戦の対戦相手の佐々木さん。サーフカヤックの決勝戦は毎年、手に汗を握る名勝負です。閉会式の発表まで、どっちが勝ったか予想がつかない接戦です。
f0164003_16375046.jpg


佐々木さんはウェーブスキー部門とサーフカヤック部門のダブル準優勝。この日は、合計8ヒートを漕いで、最後はヘトヘトだったそうです。一回戦で大西さんVS佐々木さんの優勝候補同士が対戦して、佐々木さんは負けたので敗者復活戦へ行き、そこから勝ち上がって再び決勝で対戦したわけです。
f0164003_16415588.jpg

トーナメント形式のOFSは全員が最低2回は漕げるようになっています。一回戦で負けても敗者復活戦があります。佐々木さんのように敗者復活戦を経て決勝戦まで勝ち上がっていくとヒート数がさらに多くなり、体力も求められます。

OFSの朝は早くて、朝8時に競技開始でプレイボート部門から始まります。必ず2回漕げるOFSといえども、プレイボート部門で一回戦敗退&敗者復活戦敗退だと、午前9時前には出番が終了です。
例年、「午前9時には出番が終わってる男」といえば川嶋さんでしたが、今年はいばさくさんでした。
気持ち良さそうに昼寝していました。
f0164003_1833478.jpg

ベビトラ代表のいばさくさんは、OFSには何度も出場してくれており、軽快なMCでも活躍してくれています。ベビトラのみなさんも是非OFSに参加してくださいね。

わたし
f0164003_17484392.jpg

かっちょわるい。
f0164003_1749245.jpg

私はサーフカヤック部門では一回戦負け。毎年、初戦突破を目標にしていますが、なかなか勝たせてもらえません~。
大西さんが、「今日の波だと、『本当の俺はこんなもんじゃない』とみんな思ってるさ」と言っていました。すみません、私もそう思っていました・・・。

プレイボート部門では、最初に仕掛けたブラントがいきなり決まった!そのまま同じ波で逆サイドを仕掛けたら、それも決まった! 海でブラントができたのは、実は初めて。嬉しい~。2008年頃から苦節6年、やっとブラントができるようになってきた。
今年は女子の参加が私だけだったので男女混合となったのですが、なんと私が優勝。
f0164003_16242311.jpg

伊藤のおやっさんに一回戦で負けましたが、敗者復活戦を経て準決勝で再戦して勝てたのは嬉しかった。
おやっさんは3位決定戦で勝ったので3位です。
f0164003_16253396.jpg

大会終了後に、私なんかが優勝でいいのだろうか・・・と、マジで気にして不安になっていましたが、ふさわしいライドだったと言ってくれる(慰めてくれる?)人がいて、少し落ち着く。来年はバラエティを増やしたいと思います。

OFSの賞品は全員もらえます。成績に無関係にクジ引きですので、ヘルメットやジャケットなど高額商品が当たるチャンスは全員にありますよ~。
f0164003_16265629.jpg


フリーウェーブから歩いていける「大幸」はなにげにウマイです。場所柄のため空いていますが、街中あったらもっと流行ってると思う。
f0164003_16274995.jpg


以下はフリーウェーブメンバーのオチさん(通院好きさん)編集の動画。

サーフカヤック部門予選 (準々決勝はこちら  準決勝・決勝はこちら


プレイボート部門予選 (準決勝・決勝はこちら



ウェーブスキー部門予選 (決勝はこちら


シットオンカヤック部門

by ya-ri-sa | 2014-10-26 18:03 | 海部 ・ フリーウェー部 | Comments(2)  

タン3の思い出

JFKA東北大会でタン3が気になったので、この秋はタン3に通っていました。カヌーランド駐車場にテントを張って、4-5日連泊しては帰宅してまた来タンというのを繰り返していました。今年のカヌーランド泊数は私がトップか?それともタマジかな。
梅原さんレッスンも受講しました。梅さんレッスンの素晴らしさは後日に書きますので、今回は単なる思い出日記です。このブログでは参考になる情報をなるべく入れるように心がけていますが、今回は特に情報はありません。
参考になりそうな情報として挙げるならば、「タン3は初夏から秋(たぶん冬も)まで常在する。毎日漕げる」かな。これって、なにげにすごいこと。日本に毎日漕げるスポットがいったい何ヶ所あるでしょうか。タン3は、タン1が消える5月中旬から11月までほぼ毎日乗れます。長崎水位8.4x~8.8x。8.9超えたらタン1に乗ればいいし。私が通ったこの秋においては8.4以下になることはなかったと思います。「行ったけど乗れなかった」ということがありません。ローカルパドラーは毎週末カヌーランドです。スポット難民の関東人のように、「この週末どこにも水が無い!どこへ行けばいいのか?」なんて悩まなくていいのです。
町民は真冬でもタン3へカンジキ履いて通ってるらしいです。カヌー変態ですね。


以下は、つれづれなるままに思い出アルバム。

SD SPORTS主催のローカル大会に参加しました。毎年10月中旬に開催してるそうです。
f0164003_23424417.jpg

大会といっても最新ムーブを競うものではありません。芋煮を美味しく食べるためにおなかを空かせるのが主目的。
f0164003_23375738.jpg

玉追い競争
f0164003_2337124.jpg

ビッグガンショー。なんでもいいからスゴイことしたヤツの勝ち。
チカちゃんは男まさりのカートホイール。SDメンバーはカートが上手い。
f0164003_23405027.jpg

↓これはすごいよ。2人同時にループ。幅の狭いタン3に2人で入るだけでもすごいのに、タイミング合わせて飛ぶなんて、ローカルならではの技。
f0164003_2342083.jpg

芋煮、うんまー。
f0164003_2365376.jpg

三十路のジャンプ。あ、私はまだ26歳です。
f0164003_23354016.jpg

ローカル大会は参加費は安いのに、賞品が豪華。OAKLEY、PeakPerformance、DAKINEなど。私は大幅に黒字でした。来年はみんなも参加しよう! ・・・・大人数が参加したらSDは赤字かな。

9月上旬には第2回福島ナイト。福島と仙台の雄が集結。元やん、ペーさん、ヌマちゃん、ごっちゃん。ペーさんとは陸上でしか会ったことがない飲み仲間でしたが、この秋にタン3で一緒に漕いで、やっと漕ぎ仲間になれました。
f0164003_23444555.jpg


10月中旬に、笹谷峠から雁戸山へ登りました。登山歴40年の渡辺さんと、学生時代は登山部だったにいぬまさんと。登り3時間・下り2時間半と、へタレの私でも楽しく登れました。
f0164003_23303983.jpg

ユウイチさんの村男ステッカーいいな~。
f0164003_2325476.jpg

シダくんのディフェンダー。強そう。でもエアコンは弱い。
f0164003_2335554.jpg

カヌーランド隣の農家さん・桃爺(ももじい)の飼い犬の名前はリサ。「リサ、おいで~」の声に反応してしまう私。
リサのルックスは純和風。体躯は短く、丸っこい肉付き、初めはシャイだけど慣れると愛嬌ある。誰かさんにそっくりね。
f0164003_2345589.jpg

新艇、うれしそう。
f0164003_2354617.jpg

新板、うれしそう。
f0164003_2364100.jpg

SD SPORTSの前身は、仙台にあったアウトドアショップ・SOIL-W-PLAY。ダブルプレイは、雪も川も両方やるよ、ってことかな。

雨のあと、長崎10.2まで増水した日がありました。写真のとおりのビッグウェーブ。
f0164003_2331458.jpg

今年の春にも10.2の日があり、上級者はウハウハだったという噂を聞いていたので、私もその水位で乗ってみたいと思っていました。しかし、実際に目の前で見ると、まっ茶色で流速が早くて、なかなかの迫力。平日で私一人だったので乗りませんでした。
サーフィンしてる時は良いだろうけど、沈した時のモミモミ感や、ウェーブを出た後の重そうなロールなどを想像すると気分が乗らず。もしパドルを離してしまい沈脱した場合、体ひとつでも上陸できる自信がありませんでした。


以下は私のカメラを他の人に渡して自由に撮ってもらった写真。他人が撮った写真は自分と目線が違うから面白いな。

カヌーランドの妖精? いいえ、マキさんです
f0164003_23555590.jpg

シボレーのピックアップトラックを見学する私
f0164003_23503997.jpg

かまど
f0164003_23571317.jpg

天然パーマ
f0164003_23513810.jpg

バランスボールが得意なカズさん。モーグルスキーのすごい人なんだって。
f0164003_23575351.jpg

とんぼの向こうに葡萄棚
f0164003_2350965.jpg

下からのアングル
f0164003_23522416.jpg

下から
f0164003_23551794.jpg

by ya-ri-sa | 2014-10-18 12:46 | 川部 | Comments(0)  

キャンプ場横ウェーブ(長瀞)

今年は雨が多くて、珍しく関東に水があります。夏だけかと思いきや、9月と10月にも増水して長瀞を楽しめました。
6月の記事で、親鼻1.5以上あれば長瀞はスポットが複数あるホワイトウォーターパークだと言いましたが、さらにエース級のスポットが追加されました。その名はキャンプ場横ウェーブ。
ローカルパドラー曰く「新登場したわけじゃなくて、昔からあるけど・・・」だそうですが、最近は増水時の形状が良くなったのかな。

夕方になると仕事を終えたラフトガイドたちもやってくる。三十路の青春。 おっと、まだ26歳でした。
f0164003_16384154.jpg


小滝ウェーブが消えるくらい(1.80以下)で出現するというのが最初に聞いた噂でしたが、小滝ウェーブが出てる1.85でも乗れました。同じ水位でエース級のウェーブが2つもあるなんて贅沢すぎる~。スポット貧乏の関東人はこんな贅沢に慣れていないので、ビフテキとフォアグラを同時に食べるようなもので胃もたれしそうです。(ビフテキって死語ですか?)
ブラント練習中という人にはどちらが良いんだろうか。私の意見は小滝かな。小滝のほうがサーフィンしやすくトップに来やすい気がするし、ボートが滑り落ちる感覚を掴みやすい。ブラント未完成で数を打ちたい人には小滝かな。キャンプ場横は、自分で走らせたり、位置取りの練習、などに良いかも。小滝の下流の岩が怖いという人にも。(個人の感想です。)
高角度ムーブの場合は岩に当たります。低角度の私は一度も当たりませんでした。

私が乗った水位は親鼻水位(玉淀ダム)、1.85(46t)、1.78(42t)、1.4(18t)。
以下は個人の感想です。
・1.85(46t) 楽しい~。トップに上がった時の高さは小滝より上。ブラント決まれば飛びます。
・1.78(42t) 楽しい~。エアスクリューできる人によると1.85よりもやりやすいとか。ウェーブマックナスティも。
・1.6x 私は乗っていない水位ですが、噂によるとウェーブとホールの両方の技ができるらしい。
・1.40(18t) ここまで減るとホール。岩が透けて見えるのでカミ沈するのが怖い。カートホイールやラウンドハウスで角度が出てくると高率に岩に当たる。この水位ではスピンしかできない私には関係ないことですが。

1.85 大きさ分かるかな
f0164003_16395661.jpg

白色が好きなホシノさんは高角度を連発ですが、白色のため目立ちません。
f0164003_16272293.jpg


1.78 見た目は1.85とほぼ同じ
f0164003_1632445.jpg

ウェーブだけどループやマックする人も
f0164003_16323429.jpg


1.40 ホール。小さい。私の苦手なホールスピンの練習になる。
f0164003_16255621.jpg


おまけで1.30(13t) 存在に気付かず通り過ぎそうな小ウェーブ。かろうじてサーフィン。
f0164003_1443490.jpg

一段上のウェーブがホールになり、右スピンができる。できる人は右カートも。左岸リエントリー可。
f0164003_145325.jpg



・10月の上旬に、CPCとダウンリバーしました。CPCでは定例会も兼ねて、初級者のためのステップアップ講習を行っています。カヤッカーを増やすための素晴らしい活動ですね。

最初に、この日のリーダーからセーフティトーク。
f0164003_16135570.jpg

初級者に丁寧に教えていました。ロールが上手なことで有名なウスカタさんが指導したおかげで、初級者の人がこの日のうちにロール成功。私もウスカタさんに教えてほしいな~。
f0164003_16144434.jpg

30人近いメンバーが集まった。すごいや。さすが関東を代表するカヤックサークルですね。同じく関東の代表的なサークル「ベビートラウト」からゲスト参加したコウさんも、この集まりの良さには驚いていました。
f0164003_161738100.jpg

CPCはCreative Power Club の略。
f0164003_16194973.jpg


・小滝の瀬が終わった後の、流れが緩やかになった場所にログが入っています。既に怪我人を出していますので注意してください。いばさくさんのブログでも注意喚起しています。増水(親鼻3.4m、玉淀ダム600t超)の後も残っていましたので、とうぶん存在しそうです。
f0164003_16455991.jpg


・おやっSUNハウス改め「スーさんハウス」に安価で宿泊させていただいております。
f0164003_16504350.jpg

梅雨時期は長瀞では車中泊していましたが、蒸し暑いわ、蚊は入ってくるわで、苦痛でした。周辺のキャンプ場はオートサイトのみで数千円と高価だし。スーさんハウスは快適で助かっています。
スーさんは日本スクォートカヤック協会(facebookページ)の代表を務めていらっしゃいます。

スーさん、ありがとう。     (国道140号沿いの看板)
f0164003_16555473.jpg


・寄居の「うさぎや」のつけ麺にハマッています。今年4月に初入店した時はラーメンを食べて、優しい味だけどまた食べたいと思うほどでもないかな~と思ったのですが、ブループラネットカヤックスの小倉さんにラーメンよりつけ麺のほうがオススメと聞いて、食べてみたらハマってしまい長瀞に行く楽しみになっています。(食べログなど評価サイトを見るとラーメンを食べてる人のほうが多いです。好みによるのでしょう。)
うさぎやの評判は何年も前から聞いていたのですが、土日の夕方になると売り切れのため早く閉店しており、なかなか入れませんでした。今年は私がヒマ人なので早い時間で確実に食べれています。
f0164003_17144516.jpg

by ya-ri-sa | 2014-10-17 14:32 | 川部 | Comments(0)  

御岳・丹波川・白砂川

ブログネタがどんどん溜まっていく。宿題が溜まっていくみたいだ。「ブログを楽しみにしてるのに、最近は更新が遅いぞ」とのありがたい指摘もいただいています。早く書かなきゃ。

現時点で溜まっているネタは以下のとおり。この順番で書いていくつもり。更新速度を上げていきますので、まめにチェックしてください。
・キャンプ場横ウェーブ(長瀞)
・タン3の思い出
・オーシャンフリースタイル大会
・JFKA井田川大会
・梅原さんレッスンの素晴らしさ

9月は長瀞とタン3で過ごしていましたが、後日にまとめて書くので、9月をとばして10月です。

・10/3 御岳(放水口~軍畑)  調布橋 -2.50→46 いくさん、みほさん、ミスターさんと。
平日でも漕ぐ人がいる、電車で来る女性パドラーがいる、御岳の長所ですね。
御岳は都内からのアクセスが良いので、自家用車を持たずに艇庫を借りて電車で通う人がけっこういます。とくに都内在住の女性だと車を所有していない人は多いです。私も新宿に住んでいた頃は車が必要と思ったことはありませんでしたし、グラビティでカヤックを始めたのも新宿から電車一本(ホリデー快速で新宿-御岳80分)で行けたからです。御岳に女性パドラーが多い理由のひとつです。
f0164003_1084664.jpg

f0164003_1092618.jpg

瀞場でバックデッキロールが失敗する理由をミスターさんに教わる。なぜできないのか分かったのは収穫だが、それを直すことはできなかった。バックデッキロールができないまま今年も夏が終わった・・・。
寒山寺ホールは左スピンと左カートホイールの練習に良さそうだった。

夜は天野屋でミスターさんと宴会。天野屋はやっぱり旨いわ。
御岳に来たら地元のお酒「澤乃井」
f0164003_11422917.jpg

心が素直な私は、ミスターさんに注がれるままに飲んでいたらフラフラになるほど飲み過ぎました。
♪飲めと言われて素直に飲んだ~ 肩を抱かれてその気になった~♪ いいえ!その気になってませんから!
お約束のポスターのお姉さんのマネ (元ネタ
f0164003_11261332.jpg



・10/4 丹波川 (アッパー~ミドル) 参考水位 丹波山-0.60
水位計は下は0.60以下を示さないので、現地へ行ってみないと分かりません。今回はかなり少なめでした。下れるけど、ゴツゴツとボトムを擦りました。
コウさん、あさひさん、さきむらさん、やまぐちさん、Qさんと。
f0164003_10255256.jpg

スタート前にセーフティトーク。
f0164003_103258.jpg

装備の確認、瀬の順番、上陸orボートスカウティングする場所など、意思の疎通を図る。チームリーダーはコウさん、先導役はあさひさん、というように役割を明確にするのも良いね。
何度も下っている区間でも油断しないという安全意識の高い人たちと漕ぐと、楽しさも倍増でした。

コウさんは三段の瀬の一段目は怪我が心配と言ってポーテージして二段目からスタートしていた。良いイメージが描けないなら無理をしないという大人の判断。さすが年のコウ。私がコウさんと同じ年になる頃には、こんなに活動できないと思う。
f0164003_10325515.jpg


私は途中まで沈ナシだったので、髪が乾いたままゴールできるかもと思っていたが、ミドル区間のスタートで沈した。ちくしょー。
f0164003_10365711.jpg

Qさんの動画。 動画が見れない人はこちら


丹波川は、class5 など、川をよく知ったガイドと同行することをおすすめします。

丹波川から御岳に戻ってくると、某駐車場で御岳パドラーによるゲリラ宴会が始まっていた。困った人たちだ。
f0164003_1042311.jpg

スカートの下はすっぽんぽんというフリースタイルな人も。困ったものです。
f0164003_10442642.jpg



・10月中旬 白砂川 S本さんとホシノさんと。
今年5月川に初めて行って気に入りましたので再訪しました。雰囲気の良い土地です。
S本さんは地元の川を自分を探して、複数の川をファーストディセントされています。最初は川沿いに全て歩いてみて、陸上からスカウティングして、危険箇所はポーテージできるかなど確認するそうです。それからさまざまな水量で何度も漕いでみるそうです。地元の人々に話を聞いて、川の事情、地域の事情、駐車場の場所などを尋ねて、ダウンリバーすることに問題がないか訊いているそうです。
S本さんは郷土愛があり、「群馬は自然が豊かな良い所。この素晴らしさを知ってほしい。魅力を発信したい。」という考えのもと、自分がソロで漕いで安全を確認した川へと、私のようなビジターを招いてくれます。
「俺が見つけた俺の川だ。よそ者は来るな。荒らしてくれるな。」という狭量な発想はありません。
S本さんは平日休みなので、私が無職にならなければ出会うことのなかった人です。川や自然に対して深く考えてらっしゃるカヤッカーで、出会えて良かったです。

紅葉が始まっていました。
f0164003_1140030.jpg

このホールは水位によっては捕まりそう。
f0164003_11402525.jpg

動画は5月のもの。今回は雨の後だったので、この動画より20cmほど多い。水位計は無い。
動画が見れない人はこちら


六合村に来たら「野のや」さんの蕎麦は必ず食べましょう。美味しい。
f0164003_11414549.jpg

すぐ近くの草津温泉へ。超有名な温泉地ですが初めて来ました。
f0164003_11404868.jpg

湯畑
f0164003_1141891.jpg

群馬県はぐんまちゃんに頼りすぎ。
f0164003_11515595.jpg

ぐんまちゃんは2014年ゆるキャラグランプリ一位になりました。ぐんまちゃん推しがさらに強くなりそう。

写真は、Qさん、コウさん、ミスターさんからいただきました。

by ya-ri-sa | 2014-10-15 11:32 | 川部 | Comments(0)