<   2014年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

鳥沢ホール

**夏季に桂川ダウンリバーする場合は、釣り人の邪魔にならないようにしましょう。特に猿橋公園から曙橋の間は釣り人の数が多いらしいので、鳥沢をスタートにしたほうが無難かもしれません。釣り人の挙動を見て、釣っている最中は近づかない・近づく際は挨拶や合図をする・干渉してしまいそうならポーテージをする、など常識的な行動を心がけてください。** (この情報は、桂川漁協に連絡をとったことのあるコウさんから教えてもらいました。)

今年の梅雨は雨が多くて、いつもカツカツの関東の川に珍しく水があります。梅雨の長雨のおかげで鳥沢ホールが出ました。真冬の寒さの中を震えながら漕ぐイメージのある鳥沢ですが、6月に漕ぐと明るく開放的な雰囲気でした。
5日間のうちに、大月水位2.02~2.39という水位を経験しましたので感想を述べます。私はスポットを見る目が無いので、正確な情報ではないかもしれませんが、少しでも参考になれば幸いです。
ちなみに年末年始は1.97→1.95で、刺すと当たることが多かったですね。バウやスターンがけっこう傷つきました。それでもスポット難民の関東民にとっては希少なホールです。

2.02 と 2.05 年末年始と形状は同じだが、1.97よりも刺しても当たりにくくなる。上級者は「時々、当たる」と言ってた。角度やバラエティによっては当たるようだが、私の低角度プレイでは、ほとんど当たらなかった。
2.13 マイルドで慌てずにプレイできる。深さもある。私にとってはベスト水位。バックブラスティングがしやすい。
2.23 形状はホールだが刺しにくい。かといってウェーブでもない。中途半端。
2.39 ウェーブ。高さも幅もあって楽しい。けっこう迫力。上級者はエアスクリュー、ブラントマックなど。
私が漕いだ数日前に2.45という日があったらしいが、かなり大きなウェーブになり、上級者はウハウハだったそうです。

鳥沢ホールは、大月2m前後だとエディが広くて戻るのも容易だし、沈脱してもセルフレスキュー可能なこともあります。(ただし、一段下に落ちると単独では戻ってこれなくなるので、沈脱した人がいたらセルフレスキューできるだろと思わずにレスキューに向かったほうがいいです)
しかし、水位が高くなるとエディが狭くなりますし、流れも速くなるので、早めにエディに戻らないといけません。沈脱して下の段に落ちた場合はレスキューも時間のかかるものになりそうです。
また、どの水位でも、ホールの右岸側は浅いので近づかないほうがいいです。

このホールが常在してくれていたら、関東のレベルは全体にアップするのでしょうね~。


以下は写真。

大月2.13  サブちゃんのマックナスティ!
f0164003_19293293.jpg


大月2.23  けっこう大きく見えますよね。でもウェーブじゃない。刺しにくいホール。
f0164003_1919893.jpg


大月2.39 目印の岩に水が常時かぶります。
f0164003_19313836.jpg

同日。バックウオッシュがデカイ! エディの後方から見ると、乗っている人の姿は見えなくなります。
f0164003_19303359.jpg



漕いだあとは杉メシ。(つきあっていません)
f0164003_19322399.jpg


上野原のほうとうあずまも美味しいです。ほうとう以外の定食メニューもあります。
f0164003_16254961.jpg


大月駅前の月カフェ。イタリアン銀串焼き鳥がワインに合いました。
f0164003_19334316.jpg

漕いだ後だけでなく、朝8時半からモーニングメニューもやってますので朝から優雅な時間を過ごしたい時にどうぞ。月カフェのHP(音が出ます)
この店で今年1月に年始パーティーを行いました。
f0164003_1614919.jpg


**上野原高校近くの道路にはポリスがいて、携帯電話や速度違反をみていますので要注意です。先日もカヤッカーがスマホに一瞬だけ触れたことで罰金を払うことになりました。あの辺りでは、40km/hをキープして、両手をハンドルに。

by ya-ri-sa | 2014-06-14 15:55 | 川部 | Comments(0)