<   2014年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

動画 タンの瀬 JCF決勝

2014年4月20に行われた平成26年度日本カヌーフリースタイル選手権大会の男子K-1決勝の動画です。
前の記事で、大会観戦をして「上手い」と「強い」は違うと感じたと書きましたが、決勝戦に進んだ5人は世界大会に出場にふさわしい「強い」5人でした。
私はフリースタイル動画を編集する時は、トップの位置に来たところを開始点にして、繋ぎの部分はカットします。しかし、今回はトップを取る前の場面もカットしないことにしました。理由は以下のとおり。タンの瀬はトップを取るのにとても苦労します。レベルの低い例ですみませんが、私なぞはエントリー以外でトップを取ることはほぼ不可能でした。トップさえ取れればビックムーブを出したりバラエティを多く出せる上手い人は他にもいると思います。しかし、本番のプレッシャーがかかった状態で、45秒間という短時間の中で、素早くトップを取るのは上級者であっても難しいものです。決勝にすすんだ5人は、この点に秀でています。いわゆる繋ぎと云われるような場面にもトップカヤッカーならではの技術があり、それは多くの人の参考になるのではないかと考えて、カットしないことにしました。その結果、8分という長尺になりました。

出走順は、八木さん(赤)、たまじ(オレンジ)、中村さん(黄)、小森くん(緑)、カズヤくん(緑・オレンジヘルメット)です。3本1採用。八木さんの1本目は撮り忘れたので、動画はたまじから。
動画が開けない人はこちらからYoutubeへ


以下はアホヤリサの感想。

八木さんは、「強い」の代表格ではないでしょうか。2本目はなんと0点だったのですが、3本目では動画5:18からたったの20秒間にエアスクリュー、左右ブラント、左右バックスタブを出しています。最後にクリーンブラントにトライ。予選では7位、準決勝では5位、決勝では3位と順位を上げてくるのにも、数々の試合を経験してきたベテランの凄味を感じます。

たまじは、満場一致で今大会の主役でしょう。決勝戦に進んだ彼を後押しするように、彼がライドする時には観客からも応援の歓声が上がりました。ここ数年は30歳台が上位を占めてきましたが、20歳台半ばの彼が今大会でくさびを打ち込みました。勝負は時の運と云いますが、彼が運でもまぐれでも無く、実力で勝ち残ったことは決勝のこの3本で証明されました。3本とも40秒近くライドして、ほぼ切れ目なくバラエティを出していたのでノーカットです。残り続けるのも技術の表れ。強い選手です。

中村さんはブラント日本一と呼ばれていますが、エアスクリューの高さや浮遊感も一番ではないでしょうか。動画0:51では連続で左右ですからね。中村さんのエアスクリューの写真はあちこちでよく見かけますが、滞空時間が長いのでカメラマンも写真が撮りやすいのかな。

小森さんは、リザルトを見ると分かるように3本とも点数にムラが無いし、3本目まで点数は高くなっていきます。カヌースラロームでは、初級者のうちはタイムがバラバラ、上級者になってくると1本目と2本目でタイムがほぼ変わらなくなり、さらに1本目の改善点を見つけて2本目ではタイムを縮めるようになる、と聞いたことがあります。ムラなくプレイできる安定性も強さですね。ちなみに、貝本さんも予選と準決勝のリザルトを見ると1本目と2本目で点数がほぼ同じです。それから、多くの人が大回りの右スピンをしてトップを取るのですが、小森さんは前を向いたままトップに登っていきます。絶妙なリーンをかけてると思われますが、これがマネできないのよ~。

カズヤくんは圧巻でした。自分の個性を表現する、これぞフリースタイルというプレイを見せてくれました。他の人が手堅く攻める中で、彼はバックパンナム、へリックス、クリーンブラント、マックナスティと積極的なトリック。観客として見ていてワクワクして楽しいです。まるで絵画アーティストが人前でドローイング・パフォーマンスをするように、ウェーブに彼の絵を描いて見せてくれたような気がしました。動画8:00の3本目のウィニングライドでは笑顔でグラブ(ボートを掴む)も。彼のような最も高い技術を持つ人が、最もフリースタイルらしい華のあるプレイをしてくれるというのは、喜ばしいことです。

まさに天下一武漕会。JCF大会には出場しないという人も観戦に来てはいかがでしょうか。

みんな大好き川嶋さん。
以下は、川嶋さんの超どうでもいい近況報告なので、全国の川嶋ファンだけがお読みください。
f0164003_15465567.jpg

川嶋さんは1週間以上カヌーランドに滞在していたのですが、「疲れた」「人が増えた」と言って、大会の数日前に去っていきました。彼の車のシートはフラットにならない構造で車中泊できないのですが、助手席に座ったまま寝ていたそうです。しかも、そのシートもレカロのバケットシートなので30度くらいしか傾きません。日に日に、体が硬くなっていったそうです。エコノミー症候群にならないのでしょうか・・・。テントも持参していたそうなのですが、「めんどくさい」から張らなかったそうです。一週間座ったまま寝るよりも、テント張ったほうがラクだと思うのだが・・・。
私も、「疲れた」「めんどくさい」の人種なので親近感を感じずにいられません。
彼は2012年秋にプロ移籍しています。当時のブログを読み返すと、彼のプロ生活は雪どけが終わるまでの半年間くらいではないかと私は予想していますが、現在まで一年半以上が経過しています。彼の今後の動向が注目されますし、私もプロ移籍したばかりなので他人事ではありません。
それから、あいかわらず主食はおせんべいでした。ハッピーターンの話題になった時だけ、目が輝いていました。

by ya-ri-sa | 2014-04-22 23:44 | 川部 | Comments(0)  

タンの瀬(最上川)・JCF観戦・摺上川・寒河江川・根子川

山形→北海道→山形→長瀞という6週間の旅をしました。こんなに外泊したのはもちろん初めてです。以下は日記形式。

4/9 節約のために高速道路を使わずに下道で行くことにしました。首都高を川口JCTで下りて、そこからは一般道でタンへ向かいます。
朝、自宅を出発。栃木県小山市でつかはら(つ・あ)さんとランチ。facebookでいつも美味しそうなランチを召し上がっているのを見ていて、ご一緒したいな~と思っていました。
f0164003_14214959.jpg

夜は福島市で飲んで野宿。元やん、ペーさんと。ペーさんは初対面。今度は水の上で会いましょ。
f0164003_14213463.jpg

長距離の下道でしたが、昼と夜に会食してくださる人々がいたので、辛くなかったです。時間を割いて会ってくれる人はありがたいなあ。

4/10  長崎9.70 1時間だけタンを味見。例年、タン一発目はそのパワーに圧倒されるだけです。
4/11  長崎9.77 私はやる気まんまんだが、カヌーランドの住人たち(平日なのに6人位いる・・・。)は、「この水量じゃヤラレるばかりで楽しくないよ。」と漕ぐ気が無さそう。でも、私ひとりで漕ぐと沈脱の恐れがあるし。私が漕ぎたそうにしてると、ダウンリバーを提案してくれました。かずや君、てるちゃん、セトッチ、私で雪谷からダウンリバー。3-4箇所のスポットもあり楽しかった。
別日の最上川ダウンリバー動画。ごっちゃん作成。


4/12-18 長崎9.5x-9.6x 連日ヤラレ水位。それでも、9.7に比べれば9.6が、9.6に比べれば9.5がマシに思えてきます。毎日2-3時間ずつならば一週間連続で漕ぐことができました。
私に出来ることは、エントリー直後の左走りブラントのみ。その後は、やりたくもない右スピンをやらされて、モミモミされるだけ。エントリー以外でトップを取ることはほぼ不可能。
2年ほど前までは左岸側リップがしっかりあったのでフロントサーフィンのままトップを取ることもできたのですが、去年あたりから右スピン地獄。でも、上級者はわざと大回りの右スピンをしてトップを取ります。おそらく、前後のリーンとパドルを置く位置で調節してるのでははないかと思われますが、私にはマネできません。
周期によっては、右も左も出口ナシ!となる時もあり、その時の絶望感といったら・・・。宮さん(ミスター)が「右岸側のリップの立ち上がりの有無を確認してからエントリーするように」と教えてくれました。
もちろん上級者はきちんとボートコントロールしてトップを取り、バシバシ決めていました。いっぽう、一発ブラントしたら早くアウトしたい気持ちでいっぱいの凡人の私。タンの瀬は、上級者と凡人の差が大きく出るスポットです。

4/19 JCF前日は、ちょいと福島県の摺上川へ。詳しくは元やんブログ。元やんは子供の頃はこの川で遊んでいたそうです。
この日は、元やんが今まで下ったなかでは水量が多めとのことでしたが、初めての私にとっては適量に思えました。これより少ないと岩が出て難易度が上がりそうだし、ボトムを擦りそうです。落差が適度にある良い川でした。短いプレイボートでもクリークボートでも、どちらでもよいでしょう。
元やん、山下さん(府中人)、私の3人で。私は愛艇ピラニアBurn。
f0164003_1428182.jpg

時々、こんな落差もあります。
f0164003_14285411.jpg

この堰堤はポーテージ。
f0164003_14295618.jpg

ポーテージはそんなに苦労しません。
f0164003_14301330.jpg


4/20 JCFの大会を観戦。公式戦を観戦するのは5年ぶりくらいです。JFKAとは違って、上位入賞すれば世界大会の出場権が得られますので、選手たちはこの一年間に鍛錬してきたものを45秒間にかけます。まさに天下一武漕会。上級者たちのマジ漕ぎが見れると思うと、オラ、ワクワクしてきただ~♪
大会の前週は、たくさん人たちが入れ替わり立ち替わり練習に来ました。私は約一週間タンにいたので定点観察していたような立場ですから、みんなが真剣に練習してる姿を見ていたので、本番で実力を出してほしい!そんな気持ちで応援にも熱が入りました。

韓国の選手がオープン参加してくれました。男性がJung Yeop Yeo(愛称JY)、女性がJeong Mikyung。私が山形空港まで迎えに行ったら、お礼に韓国海苔をくれました。
f0164003_1414475.jpg

スクォートはカッコイイ。
f0164003_1415696.jpg

久しぶりに大会参加の貝本さん。
f0164003_14154535.jpg

私がカヤック始めた頃には、もう大会参加はしておらず、その以前に数年にわたり日本のトップだったレジェンドとして聞いていました。吉野川で一緒に漕いだことあるけど、その時はマジ漕ぎしてないし。貝本さんはベテランカヤッカーたちに大会に再び出てきて欲しいと考えていて、まずは自分が率先して出場したそうです。

大きなレンズを構えたカメラマン多数。ここに写ってるだけで11人いる。
f0164003_1416928.jpg

女子K-1表彰。カメラマンT田さんの後ろ姿を、あえてフレームインして撮ってみました。
f0164003_14163286.jpg


タンで定点観察していた私からみると、選手たちが全体にレベルアップしてる印象があり、今年は順位に大波乱が起こるのでは!?と思っていました。勝負は時の運。盤石と思われていた人がミスすることだってあるわけですから。まあ、大波乱までいかなくても、上位15人の点数は僅差になるだろうと予想していました。ところが、大会が終わってみれば、上位は以前とそう変わらぬ顔ぶれだし、点差は大きく開いていました。(JCFリザルト)
予選では、左右ブラント&左右バックスタブ、これが確実に出せていた人が予選通過していました。準決勝では、さらにもう一手(カートホイール、エアスクリューなど)が出せる人が通過。
左右ブラント&左右バックスタブ、文字にするとあっさりしていますが、本番のプレッシャーの中で、トップの取りにくいコンディションで、これを確実に出すというのは非常に困難です。これを出せるのが「強さ」なのです。「上手い」と「強い」は違うのだと感じさせられた大会でした。

出場者は全員上級者なわけですが、その人々でも、大会当日は特にトップが取りづらいコンディションに見えました。しかし、いつものやり方でトップを取れなくて苦戦する人が多い中で、上位入賞者はトップを取るための「引き出し」が多いのでトップを取るのが早いです。よってバラエティも多く出せます。
スポットのコンディションだけで言えば、タンの瀬よりもバラエティの出しやすい場所はあると思います。しかし、世界に通用する「強い」人を選考する場所としてはリーズナブルなのでしょう。

熱い戦いを観戦してると「オラも漕ぎてえ~」とウズウズしてきて、大会終了後に漕ぎましたが・・・、惨敗。上級者たちのプレイを見て「私も出来るんじゃないか」と勘違いしましたが、まったくダメで、モミモミのグチャグチャ。威勢が良いのはエントリーした時だけで、いざエントリーすると早くアウトしたくてたまりません。45秒間、あそこにいるだけで、選手の皆さんはスゴイっす。
さらに、スプレースカートがゆるかったため、モミモミされてウェーブの中で起き上がると、スプレーが外れているじゃありませんか! 「終わった・・・」 絶望した私はエディに向かって、「スプレーが外れたァァ~~」と断末魔を残して、沈脱していったのでした・・・。台湾に続いて沈脱2回目。

4/21 寒河江川 西根9.6 ロボ子、ニコライ、私。
にぎやかだったカヌーランドも大会翌日に残ったのは女3人だけ。無職ガールズ3人で寒河江川を漕ぎに行きました。2009年以来、3回目です。久しぶりに漕げてよかった。水位計の数字よりも実際の水量が以前よりも少なく感じました。後半にあるホールもかなり小さくなっていたし。

漕ぎ足りない原子力ロボットはタンの瀬へ。
f0164003_14165466.jpg

ひとみちゃんはカヌーランドに長期滞在していましたが体調不良のために大会前はほとんど練習できていませんでした。当日も本調子じゃなかったし。スポットを目の前にしてロボ子が漕がないなんて珍事です。結果は一位でしたが、もし彼女が大会前にもっと練習できていれば、バラエティが増えてさらに高得点だったでしょう。
フィギュアスケートの浅田真央さんが世界のトップスケーターから一目置かれている理由は、試合に勝つことはもちろん、自分自身と戦い、誰も到達したことの無い高みへと挑戦してるからだそうです。(メディアの読みかじりです・・・。) ひとみちゃんにも、そんな姿勢を感じてしまい応援したくなります。

ローカルパドラーのとがしさんが牛タンのお店へ連れて行ってくれました。
左から、とがしさん、休職したので髪をブリーチしたアホヤリサ、無職ニコライ、実写版Dr.スランプ アラレちゃん、アラレちゃんを発明したノリマキ博士。
f0164003_14171626.jpg

4/22 山形県の代表的観光地の山寺を訪れた後は、仙台港からフェリーに乗って北海道へ。
f0164003_14175681.jpg

3週間ほど北海道滞在して、再びカヌーランドへ戻ってきました。北海道では車中泊が多く、女ひとりで車中泊するのは肩身の狭いものでした。寝てる時はいいけど、起きてからの居場所が無くて、肩身が狭いのです・・・。それと比べると、カヌーランドでは堂々としていられます。だってカヌーイストのためのカヌーランドですから、カヌーイストほどふさわしい利用者はいないわけです。水道、トイレ、避難小屋、静けさ、安全。マジでありがたい!!3週間も北海道でホームレスしてくると、カヌーランドの素晴らしさをしみじみ感じました。朝日町に感謝です。居場所があるだけで、ありがてえ。(完全にホームレスの発想。)

5/17 長崎9.4 1時間だけ。右スピンしかできず。
4月にカヌーランドで車中泊した時は、とても寒くて震えていましたが、3週間経つとすっかり季節は変わり、暖かい春になっていました。水もぬるくなり、木々も葉っぱをワサワサと出して、景色も全く変わっていました。

5/18 根子川 寒河江川の上流です。参考になる水位計なし。
元やん、ソラさん、ほりほり、トロ5、多摩川ランナー、私の6人で。私は初めてだけど、他のメンバーは複数回下っている川だそうです。 詳細は元やんブログ、およびソラさんブログ

スタート地点へ車を回送しようとしたら、林道が崩れて通行止め。
ここから60分間のハイクアップをしました。私以外は健脚で元気な人たちなので、クリークボートを担いでさっさと歩いて行きます。私は重いのが嫌で14Rockstarにしたけど、それでも辛かった。ゼエゼエ・・・。
f0164003_22152165.jpg

男まさりのほりほり。
f0164003_22385351.jpg

ネコのポーズ。ニャー!
f0164003_22171568.jpg

大きな堰堤下からスタート
f0164003_223745.jpg

最初の1kmは落差あって面白かったニャ。この日は水量が多くて快適だったニャ。
f0164003_22402743.jpg

ニャンコドロップ。写真の奥がドロップです。手前は浅いチキンルート。
ドロップは落ちた後に、漕ぎ抜けないと、引き戻されて捕まります。私はチキンルートを選択したのだけど、沈して肘を打ったニャ。
f0164003_2240021.jpg

Dagger/Nomad8.1。体重60kg台後半のトロ5さんにピッタリな感じでした。
f0164003_22424299.jpg

漕いだ後は、きのこ汁蕎麦。大量のきのこ。
f0164003_15452725.jpg

大量の山菜の天ぷら。
f0164003_1546226.jpg

2本目で寒河江川をやろうかと言ってたけど、根子川1本やったら、みんな満足しました。
f0164003_15474879.jpg

宿から不倫カップルが出てきたぞ! パパラッチされました。私がソラさんの家庭を壊さないこと祈ります。
f0164003_161016100.jpg


5/19 長崎9.2 パワーは弱くなり捕まる心配は無くなったが、ブラントは1回も仕掛けられなくなった。
月曜日なので私一人だろうと思いきや、中村アッキーラ。
f0164003_22455743.jpg


5/20 長崎 8.9x 9m以下になるとタン3段目が出てくる。昨日の9.2だと周期によって完全にバックウォッシュが無くなっていたが、8.9xだとバックウォッシュが消えることはない。しかし、実際に入ってみると、かなり大きな周期があり、激ムズで何もできず。できる人ならループが残るかも。3段目の水位レンジは広く、8.5xくらいまで乗れるらしいので(間違っていたらごめんなさい)、今日の8.9xではまだまだ多いのかも。もっと減れば周期による変化も気にならなくなるのだろうか?それならいいけどさ。
8月のJFKA大会はここでやるらしいけど、減ってもこの周期の大きさが残るなら、ほとんどの人が厳しいのでは。
昨年8.6で乗ったミスターさんの動画が参考になると思います。Youtubeで開くと、ミスターさんの解説も読めます。


タンから車で30分ほどの某所でMTBを1時間ほど。
f0164003_2252964.jpg

よーし、今日こそ帰るぞ。帰りも一般道で。往路は4号線で福島市経由でしたが、復路は会津経由にして気分を変えてみました。宇都宮郊外で野宿して、目覚めると大雨。長瀞へ向かうのでした。

by ya-ri-sa | 2014-04-22 16:12 | 川部 | Comments(6)  

安全ウェーブ(長瀞)・御岳

4月から休職するので、2月と3月は残務整理に追われて疲れてしまい、週末は家でぐったりしていた。休日出勤もあったし。3月末日に仕事納めして、6年ぶり2度目のプロカヤッカーとなりました。
(プロカヤッカーの定義。それは、カヤックで稼いでメシを食ってる人、ではなく、カヤックでおなかを空かせてメシを食ってる人。カヤックがおかずみたいな。)
1月下旬の鳥沢ホール以来、2ヶ月も14Rockに乗ってない。来週からタンの瀬に行くのにイカンだろと思って、安全ウェーブへ。

・安全ウェーブ(親鼻 1.50  玉淀ダム16トン)

4月初旬の平日、長瀞に行くと、群馬のさかもとさんにお会いした。さかもとさんは土日が仕事で平日が休みだそうだ。平日に漕がなければ会わないままだった。こんなふうに、曜日が合わずに、出会わないままのカヤッカーって結構いるんだろうな。

長瀞常連さんの漕ぎはとても参考になりました。
翌日は一人で漕ぎました。前日のさかもとさんを真似てラウンドハウスしてみたけど、一回くらいしかできなかった。スピンホールも味見したけど、浅くて不可。
f0164003_16162538.jpg

f0164003_16193485.jpg


安全ウェーブ、別名・さくらウェーブですが、名前の由来はなんでしょう。桜が見えるから?
f0164003_16203793.jpg

f0164003_16211212.jpg


養浩亭の隣の駐車場は無人になり、料金所ができました。正式名称は、月の石もみじ公園有料駐車場だそうです。カヌー大学受験生の皆さんは、そんな名前は覚えなくて結構です。
1日1回500円の横に、「午前1時で翌日となります。」と小さく書いてあります。ハイ、ここ重要、テストに出ます。
f0164003_1625135.jpg


寄居の人気ラーメン店「うさぎや」へ。以前から行きたかったけど時間が合わず、今回が初めて。おいしかった。次回はつけめんにしよう。
ただし、最近、前ほどラーメンを渇望しなくなった。年のせいで味覚が変わったのか。まだ26歳なのにね。
え?計算が合わない?
f0164003_16215286.jpg



・御岳(万年橋 54cm  調布橋 欠測だが、おそらく-2.5x以下)
放水口~寒山寺。スギちゃん、多摩川ランナーさん、Mickyさん、平山さん、計6人くらいで。

長瀞から御岳に来ると、水の綺麗さには感動するが、水量は少ない。
カップスターも少ない。関東は、どこに刺しても岩に当たるね・・・。
SD SPORTS御一行様がカートぐるぐるだったスタートの瀬の上の落ち込みで刺してみるが、やはり私は2エンドどまり。SDの皆さまは何故あんなにカートホイールが上手いのか!?

忍者返しの岩は大勢のボルダラーが集まっていた。ボルダリングはもはや流行ではなく、定番のスポーツとして定着した感がありますね。カヤックと違って、デブが一人もいない。私が岩登りするなら痩せないと、自分が重くてムリ・・・。

私は午後から用事があったので、御岳小橋で他メンバーと別れて、寒山寺までサクッと下る。
寒山寺で上がるの嫌いです。なぜなら、川から寒山寺駐車場までの坂道に、私の足腰は耐えられないから。弱い~。だから太る~。

来週からタンの瀬&北海道へ行くぞー。

by ya-ri-sa | 2014-04-05 13:14 | 川部 | Comments(0)