<   2013年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

スピンホール  スピン100本ノック

親鼻1.64 玉淀ダム28t

秋分の日三連休は所用で新宿のホテルに2泊3日していた。3日とも用事は午前中で終わるので、午後から漕ぐことにした。2時間くらい漕げるはず。翌週からアメリカへ漕ぎに行くので、短時間でもよいので今週もボートに乗る感覚をつけておきたい。
初日は関越道も中央道も大渋滞のため、到着が遅くなってしまいそうだったのであきらめた。残りの二日を長瀞で漕いだ。新宿から下道で練馬インターへ、そこから関越道に入り、のべ1時間半程度で到着。千葉の自宅からだと長瀞は3時間以上かかるので、だいぶ楽に感じた。

9/22
当然のごとく、安全(さくら)ウェーブにはひらさわさんがいた。私が長瀞へ行くと100%の確率でお会いする。水量が良い時はもちろんのこと、他の長瀞ローカルカヤッカーさんが他所へ漕ぎに行くような渇水時でもひらさわさんは長瀞で漕いでいる。 
f0164003_18102454.jpg

以前、かなりの渇水時に安全ウェーブに乗るひらさわさんを見たことがある。長瀞にはカヤッカーの姿はほとんど無く、カヌーイストがごく少数。安全ウェーブには彼だけだった。私もためしにウェーブに入ってみたが、水深20センチ程度で浅過ぎて、パドルも入らずサーフィンすら不可能だった。しかしなんと、ひらさわさんは極浅ウェーブで、極浅カートホイールした上に、へリックスをしてみせたのだ。誰も並ばないウェーブ、水深20cmの極浅ウェーブでへリックスする姿に、私は神の存在を感じたのです。神という表現が適切でなければ、精霊と呼ぶのはどうだろうか。アニミズムの考えでは、動植物だけでなく、水・石・風などの無生物も含めて森羅万象に精霊が宿るという。ひらさわさんは安全ウェーブの精なのだ。そう考えれば、常に長瀞にいる説明もつく。間違いない。

昼間は20~30人のカヤッカーが集まり、盛況だったらしい。前週の台風で安全ウェーブの形が良くなったとの評判だが、私はウェーブを味見せずに、スピンホールへと向かった。
今回の目的はスピン練習である。カートホイールに憧れているが、その前にスピンができてないと痛感している。フェイスが広いウェーブではスピンできてるが、それは大回りしてるだけである。点で回るスピンはできてないのだ。とくに、掘れたホールでのスピンが出来ない。カートホイール、ブラント、ループ、全ての技はスピンが基本にあると聞く。スピンやるぞ!

ひたすらスピン。しょっちゅう下流に落とされては、ボートを降りて、引きずり上がって再乗艇。ひたすら、これを繰り返す。これが嫌だったのが、いままでスピンホールに来なかった理由の一つ。
スピンホールでスピンができない、というのがコンプレックスだったが、今日は数回できた。漕ぎ始めが15時なので2時間で日が暮れてきた。明日また来よう。

9/23
当然のごとく、今日も安全ウェーブの精はいた。精霊はスピンホールでもくるくるだった。
f0164003_18104370.jpg


今日も安全ウェーブは味見せずにスピンホールへ。ここ数年、ウェーブばかり漕いでいたからホールが上達しなかったのだ。今日はスピン100回転したら、ウェーブへ入ってもよいと、自らに課した。スピン100本ノックだ。
スピン100回など上級者だったら10分くらいで終わりそうな課題だが、私は最初の一時間でやっと15回くらい。エディに戻れず下流に流されては再乗艇を繰り返してるので、時間が過ぎて、体力が落ちていくわりには、回れていない。
目線を上げる、エッジ切り替え、先行動作など意識すると、回るようになってきた。脇が開くのと、後傾になるのが治らない。40回以上を数えたところで、100回という数字にこだわらなくてもいいかという気持ちになったので、その後は数えるのやめた。というわけで100回転してません。テヘヘ。執着心が強くないところが私の長所である。エヘン。

今日も15時から漕ぎ出して2時間ほどで夕暮れ。三連休の夕方にはホールにもウェーブにも誰もいなくなった。ヘロヘロになってから安全ウェーブに入ってみたら、ウェーブは良いコンディションだった。なるほどこれは行列ができるはずだ。疲れてたし、暗くなり始めていたので2回だけエントリーして終了。スピン2時間でヘロヘロとは情けない。
スピンホールでスピンができないというコンプレックスが払拭できたたけでも、実りのある二日間だった。

彼岸花がいっぱい。
f0164003_18114384.jpg


「中華料理 儀作」に初入店。長瀞方面からだと曲がりにくい道にあります。私はいったんベイシア方面まで行ってUターンして入りました。
肉野菜炒め500円、餃子250円、野菜スープ350円。値段が安いので少量ずつなのかと思って三品注文したら、ボリュームあり満腹になった。肉野菜炒めは野菜が8種類くらい入ってる。スープも具沢山。小食の女性なら野菜スープだけで満足かも。小奇麗ではないが懐かしい気持ちになる店内。
f0164003_1812059.jpg

そして例のごとく、関越道の上り渋滞に突入して、帰宅するのだった。長瀞は遠いだけでなく、渋滞必須なのも辛い・・・。

by ya-ri-sa | 2013-09-23 18:29 | 川部 | Comments(0)  

吉野川 11回目のBOKE

年2回が目標の吉野川。一月に続いて2回目を行くことできました。今回は大所帯で、なんと10名。
吉野川が初めての人も何人かいた。初めての人が一緒だと、緊張感が伝わってきてイイな。
BOKEの水の色が好きだが、今回は写真のごとくやや濁ってた。
f0164003_18285539.jpg


9/14 小歩危 池田ダム60トン 下名1.57
まめにスカウティングしながらダウンリバー。森囲いは絶対に沈したくないので毎回ビビる。

鮎戸の瀬を行く私。鮎戸デザートの正解がいまだに分からん。いつも沈しちゃう。
f0164003_18342259.jpg

初対面のモッキー。会津の元木さんとは別人です。初めての吉野川を楽しんでくれました。スノーボードのすごい人らしい。
f0164003_1834844.jpg

初日はとんちゃんでカンパーイ。
f0164003_18312552.jpg

やりさツアーでは、とんちゃん→Bar g(グラム)がお約束のコンボムーブだが、今回はグラムは行かず。次回は行きたい。酒が旨いので、飲める人にはオススメです。

宿泊は常宿のたかおか旅館。今回は大人数だったので貸切りにしてくれて、ビックリ価格でした。
ここに初めて泊まる場合は、一見だと断られる可能性あるので、ヤリサの知人と言ってください。

9/15 小歩危(大滝までのショート) 水位は昨日と同じ
先週、長良川で一緒に漕いだ岐阜のなおこちゃんもファミリーでやってきて合流。なおこファミリーは大豊町に今年の夏にオープンした古民家を改装した「お山の宿 みちつじ」に宿泊したそうです。宿のセンスが良いと絶賛していました。

台風が近づいており、午後から雨の予報だったので、早めに漕ぎ出して大滝で上がることに。大滝ではみんなそれぞれにヘッポコな下り方をして、みんなで大笑い。
スーパーで食料を買って宿で食べた。まったり過ごせて、たまにはこんなのもいいね。外は大雨。
f0164003_1828212.jpg

この写真に、全員が写ってる。左回りに、ふっちー、やりさ、ハルキ2歳、二号さん、ダダーン、なおこ、しょこたん、さちこ、ヒロキ、トロ5、ほりほり、セトッチ、モッキー。
おめーら、最高だぜっ!(ニッコーニッキー風)

9/16 大歩危(豊永~まんなか) 豊永2.16 下名3.80  (池田ダムは忘れた。減った同日19時は500トン)
夜間に台風は去り、朝は晴れていた。朝のテレビニュースで嵐山の桂川にかかる渡月橋が冠水してる映像を見て、京都が大変なことになってるのを知る。また、後日に知りましたが、この台風18号は保津川や由良川流域にも大きな被害をもたらしました。自分が訪れたことある場所が被害を受けたと思うと心が痛みます。亀岡駅周辺が浸水してる映像もショックでした。

水位を見ると、昨夜から大幅に増水してる。朝がピークでその後は減り傾向。広島の松本さんと岡山のだいぶつさんと、うちら5名の計7名で増水大歩危。

豊永のスタートの瀬は私の好きな瀬で、増えても楽しい。ここでなおこちゃんが沈脱したけど、すばやくセルフレスキュー。3年ぶりに漕いで沈脱してるのにセルフレスキューとは。すげー。 上陸した後も、冷静に川を観察して、上流に担ぎ上がって無難に下ってきた。母は強し!
私はなおこちゃんが沈脱したのに見とれて後ろ向きに下ってたら、最後の右岸側の岩のポアオーバーを横向きに落ちてしまって焦った。まったく捕まらなかったけど、横向きの角度によってはガッチリ捕まったかも。自分の身の安全を確保してから他人の心配をしないといけないな。

国境の瀬は迫力あった。見た目は迫力あるが、入り口は中央で、抜けてるグリーンフェイスに乗っていけば問題ない。(水量によります。) 動くエスカレーターのごとくグリーンフェイスに乗り続けてるのに、落差あるため、途中で一瞬だけ水から離れて、ボコン!とボトム着水したのには驚いた。海の波ではこういうのあるけど、川では初めての感覚。

岩原の駅を過ぎた所にある(場所ちがうかも)、大きなスタンディングウェーブに入る。リエントリー可。トップから見た落差は早岐ウェーブ以上ブロッケン以下か。周期があるため、良い位置に入っても周期によっては出されてしまう。

そして大久保ウェーブ。ここは人気ある理由が分かります。幅・大きさ・掘れ具合がちょうどよく、リエントリー可能。初級者から上級者まで楽しめそう。

初めての増水大歩危はかなり刺激的でした。やっぱりBOKEはスゴイ。
だいぶつさんと松本さん、ありがとうございます。
f0164003_18302828.jpg


名神高速と京滋バイパスが通行止めや渋滞だったので、西名阪道と名阪国道を通って帰った。このルートは初めて通ったけど意外に早かった。

この動画は今年の1月と2月にふっちーが行った2回ぶんの小歩危をまとめたもの。瀬が順番に出てくるので、久しぶりに小歩危を漕ぐ時の予習になる動画だと思います。(動画を開けない場合のURL→ http://vimeo.com/59407764

1:25 隊長の連続カート!!
1:55 レトロなライジャケを着てBigEZに乗る馬場さん。この人がボケもん。
2:35 二段の瀬の下流のホールに3人(馬場・セトッチ・ふっちー)同時に捕まり、セトッチが最後まで長乗り!
4:30 瀬の途中で、道を聞くセトッチ。
4:48 曲がり戸のニコライのライン、かっこいい。真似したいけど現場に行くと、トライできないんだよな~。
5:02 アドの瀬。笑える。4人連続で、カッコ悪い♪
5:19 「アドなんか余裕だぜ~。チェイスして後ろから撮ってよ!」とナメた態度でスタートしたアホヤリサ。一段目の最後で120°向きを変えられて、アドの小部屋に入りました・・・。水位が低かったからすぐ出てこれたけど、水位によってはエディフェンスで出られないという噂。

by ya-ri-sa | 2013-09-16 14:22 | 川部 | Comments(0)  

増水長良川・ダンスホール

9/8 吉田川・旭1.05  長良川・新美並 1.0 美濃 0.43
ウン年ぶりに増水長良川を当てました。私が長良川へ行くと渇水の時が多いので嬉しい。
ダンスホールもなんと初めて。やっと来れた。着いた時には減り傾向だったけど、評判通りの良いホールでした。
ダンスホールの後に長良川ダウンリバーする約束があったため、あまり長居できず、スピンやっとこさだったけど、次回はじっくり乗りたいなあ。
郡上は古い町並みを生かした商店が並び、観光客も多く、にぎわっていた。うだつのあがる町並へ入ったのも今年が初めてだし、昼間の郡上を歩いたこと無いし、これまで長良川に漕ぎに来ていても見所を逃していたと思う。今度は郡上観光したいな。

クラッチのループ!
f0164003_18164749.jpg


ホールをあとにして、長良川ダウンリバーへ向かう。約3年ぶりにカヤックを漕ぐという女性カヤッカーなおこちゃんもやってきた。
ふれあい~子宝。3人で。漕ぎ出しは15時過ぎ。雨は降ってるし、水は濁ってるし、不気味な雰囲気の増水ダウンリバー。
なおこちゃんは子育てのため3年のブランクあるのに、いきなり増水で大丈夫だろうかと私は心配したけど、本人はビビッてないし、ストロークは力強いし、ロールも上がるし、笑顔で漕いでた。すげー。女は弱し、されど、母は強し!
久しぶりに漕いだら、カヤック楽しい~と思ったらしく、翌週の吉野川にも来てくれました。
夜は岐阜市内のなおこ&ダダーン宅に泊めていただく。山田珈琲で豆を買う。ここの珈琲は美味しくておすすめです。

9/9 新美並 0.71 美濃-0.02  出合~新美並橋
くまちゃんとふっちーと。昨日は雨だったけど、今日は気持ちの良い晴天。真夏ほど暑過ぎず、ほどよく水量があって、素晴らしいダウンリバーだった。
出合のスタート地点に掘れたウェーブあり、20エントリーくらいする。私はサーフィンしかできなかったけど、上級者なら何かできると思います。(何かって何だよ・・・)

水量のあるオーナーばりの瀬が好きです。全体に落差があって、大きくカーブしながら下っていくのが楽しい。

途中、左岸側のウェーブ(ネルトン)で遊ぶ。 ここは以前の増水時に来た時は、左岸ベタのホールで遊んだが、今日はもしかしたら捕まりそうなホール形状。今回は左岸エディからフェリーしながら漕ぎ上がって、本流寄りのウェーブへエントリーする。私はエントリーにてこずったが、入ってみると幅がありスピードもある楽しいウェーブ。くまちゃんはブラントや連続カートを決めてた。かっこいいー。

カメラ忘れたので写真は無いけど、タプタプの長良川をダウンリバーできて満足な二日間でした。

by ya-ri-sa | 2013-09-09 18:23 | 川部 | Comments(0)