<   2013年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

早岐2013  佐世保くいだおれ

熊本の太郎さんはバラエティが多いので、見てて楽しい。へリックスも!
f0164003_21292029.jpg

早岐スペシャルの製作者・なわたさん、高角度!
f0164003_2129418.jpg

角度ゼロの私。せっかくの早岐スペシャルを生かせてない・・・。ブラントに変なクセが付いてきて、以前よりも悪くなってきた。いろいろ見直したい・・・。まずは痩せることか・・・。
f0164003_21295512.jpg

潮音荘さんはカヤッカーに対して、さまざまな配慮をしてくれます。宿泊しないカヤッカーでも低料金で利用できる駐車&風呂サービスを開始してくれたおかげで、以前に比べてみんなが快適に過ごせるようになっています。ありがたいことです。
ついには、「カヤック様」とまで呼んでくださるようになりました。
f0164003_21443774.jpg


今年は5月と6月に早岐ウェーブへ行きました。二回とも潮音荘に宿泊して、夜は電車に乗って佐世保へ飲みに行きました。佐世保へ行くのに電車利用したのは初めてでしたが、意外に良い交通手段でした。車で行くと、運転手が飲めなかったり、駐車場を探したり、佐世保周辺が渋滞してたり、という問題があります。電車で行くとこれらの問題ナシだし、旅情もあり、早くて安いし(13分・220円)、けっこう本数もあるし、潮音荘宿泊する人にはオススメです。

早岐ウェーブに来ると、毎度いろいろとグルメをしています。早岐のブログでは、これまでグルメのことはあまり書いてきませんでした。他人から見たら、呆れられるほど食べてるので・・・。今回はその一部をお伝えします。参考になれば幸いです。以下は食べ物の写真ばかり。

5月に訪れたときは早岐茶市が開かれてたので、ウェーブが出る前に市を見に行きました。茶市の開催時は周辺の道路が混み合いますので注意。茶市のホームページ
休憩所で大村寿司とお茶をいただく。茶市だけあって、休憩所の無料のお茶もおいしい。
f0164003_21362019.jpg

早岐は平戸街道の途中の歴史ある町です。
f0164003_22181424.jpg

「大村寿司」
早岐に来るようになってから知り、毎回食べる好物です。寿司めしの間に甘く味付けされた具が挟まれていて、錦糸玉子がちらされています。
f0164003_21404989.jpg

おすすめなのが、このパッケージ。久保優子という人名の記載がある物。私は「道の駅・彼杵の荘」または「スーパーまるたか早岐店」で購入してます。まるたかでは惣菜売り場ではなく野菜売り場に置いてあります。
f0164003_2141146.jpg

昨年のスプラッシュロデオでは大村寿司を知ってる人が少なくて寂しかった~。
f0164003_2142710.jpg


「鳥じゅん」
ここは2010年9月に訪れて、また来たいと思ってた店。美味しいです。
店の入り口は地味ですが、中に入るとほぼ満席というのが人気店ならでは。予約したほうがいいです。
今回は高木さんとふっちーと3人で。高木さん、大人の男の渋さがあります。
f0164003_21475144.jpg

まず、お通し(つきだし)が旨い。
f0164003_21494233.jpg

鳥刺しも旨い。私は生肉がそれほど好きなわけではありませんが、この店のはいいな。
f0164003_21525740.jpg

シメはモツ鍋をおすすめします。料理や飲み物が出てくるのも早いし、値段もリーズナブル。

「いーぜる」
佐世保はジャズの街。以前から佐世保のジャズバーなどを下調べしていましたが、行く機会がありませんでした。すると高木さんも早岐に来るたびに同じことを考えてたと言うではないですか。こりゃあ行くしかないでしょ。
いーぜるは老舗のジャズスポット。突撃してみると、ライブの1stステージの最中でした。狭い店内で、立ち見でもよければと入れてくれました。途中休憩の間に、立ち見で見てた私達を気づかって席を譲ってくださる人がいて、2ndステージは最前列で鑑賞。「あの子、日本一の子だから、近くで見ていってよ!」と、粋な計らい。
f0164003_22151519.jpg

この日はアマチュアバンドの「Takt project 」 ドラム・ピアノ・ベースの3ピース。ドラムの山近タクト君はなんと中学3年生。日本一の中学生ドラマーだそうです。ライブ後、どこの中学なの?と聞いたら、カワイイ笑顔で「北中です!」と答えてくれました。き、北・・・?「あ、佐世保北中です!」とのこと。地元なんですね。
ワンドリンクで素晴らしい演奏を聴けて大満足でした。(*プロの場合はチャージ有り。)
佐世保には他にもジャズスポットがありますので、ライブ日程が合えば足を運んでみるのも面白いかと思います。
f0164003_22142998.jpg

いーぜるで出会った人が、私達が早岐ウェーブ目的で来たことを知ると、「近くに住んでるので、明日、見に行くよ」と言って、翌日はウェーブに見物に来てくれました。カヤックに興味を持ってくれたようです。

「香蘭」
佐世保駅前にあり、場所が分かりやすい。長居せずにサッと食べて出る感じ。バーなどへ飲みに行く前の腹ごしらえにも良いかも。2008年頃に毒さんと中村さんと一緒に食べに来ておいしかった記憶があったので久しぶりに訪れました。早岐町でちゃんぽんを食べるのは四海楼が多いです。
f0164003_2154130.jpg


「ささいずみ」
有名店。早期からの予約が必須。予約時には看板メニューのイカ刺しも予約したほうが確実。今年は建替え中のため仮店舗か別棟で営業。
私はもう何度も訪れていて、お気に入りの店。ところが今回はイカの透明度や味に感動しなかった。他のメニューもそんなに感動ナシ・・・。感動というのは徐々に薄れていくものなのか。アジ刺しと生サバ刺しは旨かった!
コスパが良いのも長所のひとつのはずだが、腹八分くらいの料理を注文して、お酒は1-2杯しか頼んでないが、料金も今までになく高かった。大きめのイカやアジを頼んだからかな。今回は4人と頭数が少なかったからかな。今後は誘われたら行くくらいでいいな。
アジ
f0164003_225043.jpg

サバ
f0164003_2252270.jpg


「スーパーまるたか」
関東とは売ってる物が違って、見てるだけでも楽しい。たびたび九州を訪れるようになってから、刺身は甘口醤油で食べるほうが好きになりましたが、関東のスーパーでは売ってないので自分のおみやげとして買ってます。
ごどうふも早岐に来てから知った食品。これは関東にも欲しい。別売りの専用のゴマ醤油をかけます。
刺身も新鮮なものが揃ってる。外食に行かなくても、まるたかで惣菜や刺身を買って、のんびりと内輪で一杯やるのも楽しいと思われます。
f0164003_22165433.jpg


「佐世保バーガー」
たくさんのお店があって、それぞれに個性あります。「kaya」は美味しいし、場所が早岐と佐世保の中間にあるので、混雑する繁華街へ行かなくて済むのもカヤッカーにはいいですね。
新規開拓で「肉のあいかわ」へ行ってみました。肉屋さんだけあってパティはジューシーで美味しい。コロッケも良し。全体のバランスがいいのはkayaのほうかな。隣にあったレストラン「焼き肉あいかわ」が気になりました。
f0164003_22222496.jpg

佐世保バーガー、旨し!
f0164003_22231740.jpg


早岐駅近のガラスレンガに行けなかったのが今回の心残り。女性比率が高い人気店ですが、さらに人気が出たようで早めに予約しないといけないようです。どのメニューも美味でおすすめです。

5月は一人で行動してたので、佐世保駅周辺をかなり探索して、他にも気になる店を数軒見つけました。そのうち突撃してみようっと!
もちろん色々行ってればハズレの店も経験してます。他の人が良かったと言うのを聞いて行ってみれば、自分はそう思えなかったり。まあ、好みがありますからね。そういう店についてはノーコメント。

以上、小デブがお届けしたグルメリポートでした。
私、食べてる量の割には痩せてるんだから!(開き直り)

by ya-ri-sa | 2013-06-24 21:22 | 海部 ・ フリーウェー部 | Comments(0)  

高遠でMTBデビュー! カヤッカーMTB部、発足!?

ブログは基本的にカヤックのことのみですが、たまには番外編。

カヤッカーにはオートバイや自転車など二輪経験者がとても多いですね。特にマウンテンバイク乗ってる人が。共通点が多いのかな?
趣味はカヤックだけという私ですが、新しいことに挑戦すべくマウンテンバイクをかじってみることにしました。
近所の空き地で慣らしたあとに、長野県の高遠のトレイルカッターさんのガイドでシングルトラックにデビューしました。この日のトレイルカッターのブログ

一緒に参加してくれる人を探してみると、カヤッカーのMTB経験者の多いことに驚きました。予定の合った5人をお誘いして、私を含めた計6人で参加しました。男性陣のうち3人はオフロードバイク出身者。

MTB乗りの人がいましたら、今度は一緒に参加しましょう。ぜひ名乗りを上げてください。

林家の新型エスティマにMTBを3台載せて、高遠へ。
f0164003_013221.jpg

「おはようございます ヤリサ様」と幹事である私を熱烈歓迎。ちなみにワシの服装は、海パンにfinetrackのシャツ。カヤックの時と同じ。
f0164003_2135614.jpg

カヤックのヘルメットからGoProを取り外し、ハンドルに付け替えるヒロキ。
f0164003_23591576.jpg

つっちー&うっちーカップルも来てくれた。
f0164003_23392069.jpg

ガイド名取さんのお手本。姿勢が良くてカッコイイ。
f0164003_001230.jpg

へっぴり腰のワシ。
f0164003_002176.jpg

昼休憩では、台湾帰りのにごっさんがタピオカミルクティーを作ってくれました。
f0164003_005150.jpg

午後は別コース。立派な松の下で。
f0164003_019559.jpg

f0164003_01184.jpg

6人+名取さんと、GoProで集合写真。
f0164003_23403562.jpg

誕生日でケーキごちそうになりました。
f0164003_212987.jpg


今回は3回ほどコケたけど怪我するほどではなかった。私はカヤックよりも自転車のほうが怪我が怖いんです・・・。慣れてないだけかな。

あ~。楽しかった。自転車って素敵なスポーツだなあ。
・・・と、以上は、「MTBデビュー・天国編」。実は、「地獄編」もあるのです。この一ヶ月前に地獄のシングルトラックデビューをしていたのです・・・。

以下の地獄編は読まなくてもいいよ。

場所は、岐阜県のボルダリング有名スポットK知渓谷を有する山。K知の集落に住むDさんにとっては裏山である。Dさんがもうすぐ岐阜市に引っ越しするので、以前からやってみたかった企画 「家の裏山をMTBで降りてくる」を実行するというのだ。そのコースを「円空、逆落としコース」と名づけたそうな。
山を尾根沿いに縦走した後に、円空の岩屋を拝み、裏山の急斜面を滑降してくるという。
えっと、私、初心者なんですけど・・・。「大丈夫。カヤックと違って、下れないと思ったら、自転車を降りて歩けばいいから。」とのこと。

Dさんの奥様が登山口まで車で送ってくれた。トレーラーにMTBを積載。
f0164003_2142199.jpg

いってきまーす。この頃は笑顔だった。
f0164003_215693.jpg

F岳に登頂。ここまでは御丁寧なことに階段が整備され、自転車で漕ぎ登ることもできず、押して登るのみ・・・。
f0164003_2154671.jpg

そして、この後から写真は無くなる。地獄コースが始まり、写真を撮る気分では無かった。
縦走する登山道は、登山者が来なくなったためにトラックが無くなっており、背よりも高い笹が生い茂ってる。無論、自転車には乗れない。
Dさんも裏山に出るまでは、道が分からないという。GPSを頼りに、道なき道を笹をかき分けて自転車を引きずりながら登る。尾根沿いに到達するもう一つの山頂の前後には大岩があり、それを避けるのが体ひとつでもシンドイのに、なぜか自転車を引きずっている・・・。
やっと、Dさんが知ってる道に出たときには、日没。ヘッドランプを付けて、暗闇の急斜面を下山しましたとさ。上級者の2人は急斜面にトライしてましたが、初心者の私は、逆落としにならないよう足を踏ん張りながら自転車を引きずるのが精一杯。
自転車に乗ってたのは全行程の1割未満。自転車という10kg超の荷物を持った登山でした。下山してくる頃には、私は不機嫌に。初心者だと言ったのに、下調べもしてない道に連れて来るなんてヒドイ。カヤックの川くだりに例えたら、初心者なのに渇水のクリークに連れて行かれて、「難所はポーテージしてカヤックを担いでいけばいいよ。」と言われて、本当に川岸をずっと担いで歩いて、ボートを持ったまま岩を登ったり降りたりしたようなものです。んで、水が流れてないから、上級者もずっと担いでいたと。
マウンテンバイク、ちっとも楽しくない~。嫌いになりそう。カヤックも初心者の人を体験させる時は、いきなり激しい場所に連れて行かずに、ゆるい場所で、まずは楽しいと思ってもらうことが大切だな~と思うのでした。
私が不機嫌な顔をしてプンプン怒っていたら、オフロードバイク経験者でもある同行の2人が、「これまで数々のオフロードへ行ってきたが、今回が最悪のコース。今回のことを思い出せば、どこに行っても楽しいと思えること間違いなし!」と、妙な慰めをしてくれました。
でも、たしかに、これ以降はどこへ行っても、「ここは良いコースだなあ♪」と思えるようになっている!ありがとう!

にごっさんに写真をもらったので追加。
わたし。この写真だとかっこよく見えるわ!
f0164003_17592196.jpg

一本橋を行く名取さん。
f0164003_1801738.jpg

ヒロキも挑戦
f0164003_181116.jpg

不思議な集合写真
f0164003_1814249.jpg

by ya-ri-sa | 2013-06-08 21:01 | 自転車部 | Comments(4)  

天草

ナダカヤックス 末光さんにお世話になりまた。昨年2月、天草の綺麗な海に感動して、また来たいと思っていて、さっそく再訪。

羊角湾の出口から出発して南下、ロックガーデンを通り、青の洞窟へ。湾に戻ってきて昼食。湾口を渡って北上、また湾に戻ってゴールでした。約16km。(ナダカヤックスブログ

夏季だから西海岸がおだやかなのであって、冬季は荒れてて難しいし、ましてや洞窟に入っていくのは無理だそうです。
曇りの日が続いてたけど、この日はだけは晴天。ラッキー。泳ぐ準備していけばよかったなあ。

ロックガーデンに入る前にヘルメット着用。
f0164003_101843.jpg

狭い道を行く。
f0164003_10195616.jpg

洞窟の中へ。
f0164003_10213162.jpg

青の洞窟、きれいだな~。
f0164003_1022429.jpg

海亀の骨が落ちてた海岸。
f0164003_10234826.jpg


マダニが媒介する感染症が問題となっています。私が自分の荷物を草むらに置こうとしたら末光さんが注意してくれました。皆さまもご留意ください。→ナダカヤックスブログ
ダニ媒介の感染症というと、従来から日本紅斑熱、リケッチア、ライム病などがありますが、新しいウイルス(SFTSウイルス)による重症熱性血小板減少症候群による死亡者が増えています。
国立感染症研究所のSFTS関連ページ


今回は熊本市に用事があって訪れました。天草へ行く前夜は、熊本カヤッカーの太郎さんとうっちーが一緒に夕飯を食べました。楽しかった。
f0164003_10323174.jpg

by ya-ri-sa | 2013-06-03 17:54 | 海部 ・ フリーウェー部 | Comments(0)