<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

吉野川 10回目のBOKE

豊永 30cm、 池田ダム 35トン

1/19 大歩危ショート(豊永~岩原)
恒例の新春ボケツアー。今回は車2台、5人で行った。地元カヤッカーのK石さんとニコライも。
形が良くなったと評判の三段の瀬ホールは、この日はベスト水位より少なめのようでした。
I嶋さんループ。
f0164003_1912691.jpg


夜は阿波池田ナイト。とんちゃん→バーg(グラム)→たかおか旅館、のいつものパターン。たかおか旅館は、掃除がいきとどいてて、朝食付きで安価で、とんちゃん徒歩圏内です。
f0164003_18512416.jpg

バーg (グラム)を訪れるのは4回目。年に1回くらいしか行けませんが、マスターがカヤッカーとして覚えてくれています。気取らない雰囲気の中、マスターの丁寧な仕事を眺めながら、美味しいお酒が飲めます。私はこの店ではフルーツカクテルを頼みます。写真は柘榴カクテル。

1/20 小歩危
昨日と同じメンバーで。小歩危はスポットがたくさんあった。名も無いウェーブが、スポット枯渇の関東からみると、極上ウェーブに見えました。
森囲いはスタンダードコースに行こうと思ったけど、直前でビビッて、左ベタに変更した。小歩危を漕ぐたびに、森囲いへの恐怖感が増していく。

堂床スタート。
f0164003_198623.jpg

スタートしてすぐのウェーブ。私のヘルメットがまた増えました。
f0164003_19135818.jpg

曲がり戸の上ホール。ゆーし君のループ。彼は前週の長良川でループをする時に親指をボートにぶつけて剥離骨折したが、痛みをおしてツアー参加してくれた。
f0164003_19104013.jpg

アドデザート下ウェーブ。この日は二段目に入ったけど、翌日は一段目が入りやすかった。
f0164003_1919658.jpg

写真はK石さんにもらいました。 K石さんのブログ→ (1/19)(1/20)

また漕ごうね!
f0164003_2011821.jpg


夜は伊予三島(四国中央市)に移動して、ババさん別荘に宿泊。
夕飯は「やきとり阿波おどり」。ババさんの名前を出したら通じた。さすがだ。
足、手羽、ずりポン、皮ポン、とり刺し、ずり刺し、肝刺し、山芋焼き。ああ、旨い。
伊予三島の鳥料理は本当に美味しいです。焼き鳥店も複数軒あるそうです。焼き鳥というのは、串に刺さった炭焼きではなく、揚げた鳥のことを指します。油のベタつきが無く、衣はサクっと、肉はジューシー。阿波おどりは2回目だが、昨年8月に行った別の店(店名わすれた)も旨かった。吉野川に来ると、以前は高知市まで高速道路で1時間以上かけて行ってましたが、小歩危から下道40分で着く伊予三島の鳥を知ってしまってからはダンゼンこちらです。
f0164003_19472154.jpg


1/21 小歩危ショート(大滝~川口)。ふっちーと2人で。他の3人は讃岐うどんハシゴへ行った。
大滝と曲がり戸は昨日よりも上手く下れた。鮎戸では左岸の小部屋に入ってしまった。返し波にバウの向きを90度以上変えられて。低水位だから出るのも簡単だったが、増えたら危なさそう。初めて入ったよ。とほほ。
f0164003_2033097.jpg


今回は往路と復路でもグルメ。往路では鳴門駅近くの朝からやってるうどん屋さんに、復路では藍住インター近くの徳島ラーメンに。今までコンビニやサービスエリアで食べたけど、下道を少し走るだけで名物を食べれた。

by ya-ri-sa | 2013-01-21 18:29 | 川部 | Comments(2)  

中里海岸・FWポイント

1/5 この日は午前と午後の2ラウンドやりました。

1R 中里海岸 
ヤギサワ氏とGenpos氏とプチ新年会予定で集合。ふっちーとナベさんもやってきた。
モモ~腰。風は弱い。ただしダンパー。スモールサイズなので沖出しが簡単で、海が初めてのナベさんのデビューには適したコンディション。

わたし。今年もやるぞー。
f0164003_1743388.jpg

逃げ場ナシのダンパー。
f0164003_17453163.jpg

久しぶりに会ったDJ Genpoは、今年もおしゃべり上手で舌好調。
f0164003_17442084.jpg

毎年恒例のプチ新年会。通院好きさんもやってきた。ノンアルコールビールで乾杯。
ヤギサワ氏の味噌煮込みうどんと、通院好きさんのシナモン薩摩芋、おいしかった。
f0164003_17464795.jpg

わたしは柚子入り甘酒を持参。
f0164003_174619100.jpg

歴代のランクルを乗り継いできたヤギサワ氏が、ジーパーナベさんの車にかなり喰いついてた。
この車を「セクシー!」と賞賛。
f0164003_18355158.jpg

以上の写真はヤギサワ氏にもらいました

フリーウェーブに行くと、フリーウェーブメンバーが集まっていました。
シャワーを浴びて、暖かい部屋で休憩すると、またでかけるのが億劫になっちゃうけど、ナベさんが日帰りで来たし、せっかくだから2ラウンド目も行くぞー。

2R FWポイント
朝よりサイズアップ。胸腹。ショルダー張らないものの、横に走れる。パワーもある。みんなで乗りまくり。2Rやって良かった!
清水アニキのサーフィンは流れるようなライン。目の肥やしになります。

夕飯はアニキ特製のゴマ坦々鍋。うまかった。カジヤン、I嶋さん、まえだまえだまえだも加わり、FW泊。


1/6 FWポイント
みんなで7時起床、8時に海へ。干しておいたギア類が凍ってたので、ぬるま湯で解凍。冬は二組ずつ持参したほうが快適だな。
ポイントに行くと、見慣れぬサーフカヤッカーの姿があった。近づいてみると、伊藤のおやっさんでした。元サーファーでウェーブスキーの乗り手でもある、おやっさんは波のパワーゾーンをキープし続けるのが上手く、力強いライド。おやっさんは川でのフリースタイルもダウンリバーも海サーフィンも、どれも達者で、憧れます。
昨日で日帰り予定だったナベさんは、帰る帰ると言いながらも、けっきょく泊まって翌朝も漕いで帰りましたとさ。海デビューを満喫してました。
この日の様子は、しみとし日記に詳しいです。しみとし日記はURLが変更してます。

今年も安全にサーフィンできるように心がけます。
海で遊ぶ皆様、今年もどうぞよろしくお願いします。

by ya-ri-sa | 2013-01-06 17:25 | 海部 ・ フリーウェー部 | Comments(0)  

丹波川アッパーの動画

年末の丹波川アッパーの ZURAFILM。
1:05でふっちーがエディキャッチ成功したおかげで、全員が再上陸して、瀬の最後までスカウティングできた。
7分以降のゴール直前のジクザグの瀬は、次々に方向転換するのが楽しく、担ぎ上がりが容易で練習になる。
今回は、けんちゃんファミリーの会長けんちゃんが、ついにZURA FILMに初登場。車の中ではモノマネショーで爆笑させてくれました。
緑迷彩ヘルメットが私。青迷彩がナベさん。黒がけんちゃん。トゥルーパーがふっちー監督。



ごく一部で人気のZURA FILMですが、人気の所以は、あくまで思い出ビデオであって、自慢ビデオの感じが無いところでしょうか。ストーリー性があって、上級者ばかりではないカヤッカーが力を合わせて川を下ってるのが良いのかなあと。POP GUN へのオマージュも感じる。

by ya-ri-sa | 2013-01-01 23:58 | 川部 | Comments(2)  

丹波川アッパー×2 + 御岳×2 = 2013

12/30 丹波川アッパー
小雨の降る中、4人で。道の駅から見る水量はいつものように少なめ。
牛金淵の一部は河原に降りてからではスカウティングしづらい場所なので、道路から急峻な斜面をロープ下降して下見することにした。ハーネス、エイト環、環付きカラビナ、ロープの準備をして懸垂下降に備えた。ところが道路から眺めると、真冬で葉が落ちたおかげで、心配していた箇所は見えたので下降はやめにした。

河原からスカウティングすると最後のドロップが遠くて見えない。道路から見てログが入っていないことは分かってるが、瀬の形状をもっと近くで見たい。そこで、瀬の途中の右岸エディに入って再上陸を試みる。先頭のふっちーがエディキャッチに成功したので、後続の3人もエディに入れて、ドロップを直視することができた。間近で見るとけっこうな落差があった。落ち込んだ後の右岸側はバックウオッシュが強そう。
全員が無事に下降。ただし、私は最後のドロップを落ちたら、スプレースカートに水が乗ってスカートが外れてしまい、大量の水が入った。直後にエディがあるので水抜きできたけど、仮にもう一段ドロップがあったらバランスを崩して沈脱していただろう。装着が容易なバンジーコードのスカートを使用してたが、変えないといけないな。

牛金淵は緊張したが、その後もけっこうな落差のある瀬がテンポよく続いて楽しい。
アッパー核心の瀬(仮名:コウホール)は、うまくブーフできなかった。ざんねん。
沈しないつもりだったが、名も無いショボ瀬で沈1回。

丹波山村のタバスキーと記念撮影。丹波川が好き。タバスキー!
f0164003_043937.jpg

「道の駅たばやま」で蕎麦を食べて、併設の「のめこい湯」に入浴。ささやかな金額ですが、なるべく漕いだ川の近くでお金を使います。
f0164003_03980.jpg

(Ken,Wtnb,Fjn)

別日に下った柿の種仙人の動画
04:15のコウホールでの柳本さんの華麗なブーフ。さすがです。
丹波川は、class5 など、川をよく知ったガイドと同行することをおすすめします。



12/31 丹波川アッパー・ショートコース
大晦日はゆっくり過ごすはずだったが、昨日の夕方から強い雨が降ったので、漕がなければもったいない気がして再び丹波川へ。普段は丹波山の水位は-0.60から動かない(つまり、実際の水位はもっと少ないということ。)。しかし、昨夜は-0.50まで増えていたので、数十センチ単位で増えたのだろう。今朝には-0.60に戻っていたが、実際の川を見ると、いつもより若干多め。
昨日下った牛金淵を道路から見てみたが、昨日よりも水が多く、中盤の右岸エディに入るのはかなり難しいだろう。今日が初めてだったらリスキーだったかも。昨日は初回としては、ちょうど良い水量だったんだなあ。
今日はアッパーショートコース。車の回送距離は、たったの600m。車一台で来て、歩き回送でもいいくらいだ。

ロープワークの確認
f0164003_0172396.jpg

今日もコウホールはうまくブーフできなかった。ざんねん。
ゴール直前(ミドルコーススタート直前)のジクザクの瀬は楽しいし、練習になる。担ぎ上がり可能。

別日のアッパー~ミドルのZURA FILM。2:35にコウホールの仮名の由来が・・・。
クリークに行く時はスペアパドルが必要だなあと、しみじみ思う。



1/1 御岳(放水口~テニスコート 2本)  調布橋 -2.63
Miller夫妻が赤ちゃんの子守をしながら交互に漕ぐというので、2本下った。日本ではお子さんが生まれると女性が漕がなくなることが多いですが、外国のかたはフェアですね。ニュージーランドに行った時も、幼児がいる夫婦が交代で子守をするためワイロア川を2本下ったことがありました。

スターで遊びながら下ろうかと思ったけど、丹波川でスピードがついた状態だとボートコントロールが大ざっぱになってしまうことに気づいたので、今日もBURNに乗った。

さすがに元日から漕ぐのは少数派のようで、私たちの他には、スラローム1名と、変態2人だけでした。変態はミスター&ロボで、例年のように元日から漕いでおり、極寒のTESHITAホールで特訓してました。
御岳の水は冷たく、手がかじかみます。沈の多いフリースタイルは気合が要るな。

カヤッカーは少なかったけど、ボルダーはかなり多い。のべ50人以上はいたんじゃないでしょうか。近年のボルダリングの流行はすごいな。忍者岩だけでも25人くらい。一人もデブがいない・・・。
f0164003_0475749.jpg

カップスターでは、クリークボートが3列でサーフィン。
f0164003_0391275.jpg

今年もよろしく!
f0164003_0374030.jpg

(Hskw,Miller×2,Ken,Wtnb,Fjn)

by ya-ri-sa | 2013-01-01 23:35 | 川部 | Comments(4)