<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

天草シーカヤック & SURFTRIP to 南九州

早岐ウェーブや宮崎カップなどで、カヤックと共に九州を訪ねるたびに、その気候、土地、食べ物、人に、魅かれていき、九州が気になっています。今回は熊本・天草・薩摩半島とこれまで訪れたことのない地域へ行きました。宮崎は三回目。
マイカーにサーフカヤックを乗せて、千葉から大阪まで走り、大阪からフェリーに乗って九州上陸して、一週間ほど周遊しました。そのうちの数日はカヤッキングしましたので報告します。

・天草シーカヤッキング ナダカヤック 末光さんにお世話になりました。
末光さんはシーカヤック、サーフカヤック、川でプレイボートも乗ります。私の目指すところだわん。

マップ

砂月海岸からスタート。いきなり海きれい。
f0164003_2394986.jpg

テーブルサンゴがいっぱい。水温が上がる季節にはお魚たくさんでシュノーケリング楽しいってさ!
f0164003_2311178.jpg

しあわせ。
f0164003_2314346.jpg


南から流れてくる東シナ海の海流が、長崎や五島列島にぶつかり反転したりして、天草近海は複雑な海流があり、そのため豊かな漁場となっているそうです。天草には複数の漁港があり、素潜り漁専門の漁師さんもいるようです。魚介類はとてもおいしかったです。

「kayak ~海を旅する本~」などを読んで、天草や鹿児島の海の写真を見ては、本当にこんなに綺麗なのかなあ、漕いでみたいなあ思っていました。私のその憧れは裏切られることなく、想像以上の美しい海がありました。天草の他にも、五島列島、甑島、野間岬、坊津、このあたりも是非とも漕いでみたいです。

天草には苓北や高浜などのサーフスポットがあり、そこでのサーフィンも楽しみにしていたのですが、残念ながら波ナシ。それから数日間は東シナ海に波ナシ。
天草・牛深港からフェリーで長島経由で鹿児島県に入って、脇本海岸や江口浜などの鹿児島西部のサーフポイントも見て回りましたが、波ナシ。旅行のタイミングと合いませんでした。映画エンドレスサマーよろしくロードムービーの主役気分でしたが、海に入ることなく観光してました・・・。あー。残念。


・南薩サーフ
開聞岳を望む頴娃のOポイントにて。ついにGet Wet !
胸~肩で、時々ショルダーが張って長乗り可能、水温はプールのように温かい。
九十九里の波みたいに怖くない。九十九里の波が「オヤジのげんこつ」なら、こちらの波は優しい母のよう。ゲティングアウトも九十九里では「ぶつかり稽古」または「ルームランナー」状態ですが、こちらではあっさり。
f0164003_23265113.jpg

私が乗り出す頃には、開聞岳の頂上にかかっていた雲も取れました。
f0164003_23274149.jpg

どや!
f0164003_232818100.jpg



・宮崎サーフ
宮崎は三回目。一回目は2008年の宮崎カップ、二回目は2010年のサーフトリップ
一日目は、腹~胸のマイルドな波で、バンバン入ってくるし、おいおいここは波の立つ人工プールかい?と思うほどfunでした。二日目はサイズは大きく前日よりもパワーも強いが、割れづらかった。
週末でそこそこ遊べる波なのにサーファーさんはそれほど多くなく、千葉で同じコンディションなら三倍の人が集まりそう。やっぱり関東は人口が多すぎる。

ウォーターフィールド宮崎支部の松本さんはウェーブスキーまで作っちゃいました。あんたすげーよ。
注文できるそうです。
f0164003_23321294.jpg

ありたさんは最近はウェーブスキー。サーフカヤックと同じ点・違う点を楽しんでるようす。あいかわらずの軽やかなライディング。
f0164003_23323183.jpg

水野さんの般若Sロング。ボリュームはSなんだけど、長さがあって細身。速いらしい。
f0164003_23325292.jpg

水野社長ォォォ。宮崎カップ以来3年ぶりに会えて嬉しいです。water(水)field( 野)!
先日放送の情熱大陸で八幡さんが遠征に使ったカヤックも水野さんが考案した分割式カヤック。分割して、入れ子式にひとまとめにしてカバンに入れて背負えて、飛行機にも預けられて、耐久性もあるという、世界で唯一無二のシーカヤックです。分割した写真はこちら

夜はローカルサーファーさんちでバーベキュー。ウォーターフィールド誕生秘話を聞けたり、結婚1ヶ月記念のカップルもいたり、楽しい時間でした。
宮崎では「青島ゲストハウス 古民家」に宿泊。素泊まり・布団付き・キッチンありで2000円。若い人がたくさん泊りに来てました。陽がほらのサーファー版といった感じ。

松本さんが撮ってくれた私。許可を得てWFKブログより転載。
松本さん、今回もお世話になりました。感謝。
f0164003_23362410.jpg


行きあたりばったりの珍道中でしたが、全部書くときりが無いのでこのへんで。
旅のアルバム facebook
旅行中のツイートまとめ togetter

by ya-ri-sa | 2012-02-27 23:40 | 海部 ・ フリーウェー部 | Comments(4)  

情熱大陸を見よ

必見。
2月26日(日曜日)23:00ー23:30 「情熱大陸」 ちゅらねしあの八幡暁さんです。
カヤッカーがテレビに出ることも珍しいのに、人気番組で30分間も主役なんて初めてでは。

私は昨年の石垣島西表島でお世話になってます。
おそらくテレビではかっこいい感じに映ると思いますが、実際はのんびりした御方です。
番組サイトでは肩書きが冒険家になってますが、ご本人は冒険してるつもりはないのでは。シーカヤッカー&素潜りうまい人という感じです。冒険家としたほうがテレビ的にキャッチーなのでしょう。

みなさんもちゅらねしあのツアーに参加してみてください。
ちゅらねしあ
グレートシーマンプロジェクト

by ya-ri-sa | 2012-02-24 00:01 | 海部 ・ フリーウェー部 | Comments(3)  

長良川コンノ→木曽川→コンノ&JB




土曜日 新美並橋 0.25
天気が良くて、水位も良くて、昼のコンノは大盛況!・・・だったらしい。寝坊したので、ナガラに着いたの昼過ぎ。
ふれあい広場~子宝温泉をダウンリバー。三人で。ドカンの瀬が乗れると高速サーフィン。なべさんは瀞場で静水練習しまくってた。あれくらいやるから短期間で上達するんだろうな。
その後はコンノを約一時間。私たちが着く頃には、他の人はあがっていったので待たずに漕げた。
夕飯は辻屋でうなぎ丼。あたしの顔肉がアンパンマンみたい。痩せたい。
f0164003_2292546.jpg

陽がほらにはたくさんのカヤッカーが集まって宴会。ドMの私は、ドSのおてもやんに縛られました。かっちゃんはMとSどちらでもいけるらしい。
縛られる私。もっときつく縛って!
f0164003_2318186.jpg

陽がほら。このアングル新鮮だな。
f0164003_23235310.jpg



日曜日 今渡 1.10
木曽川ダウンリバーは三年ぶり。ダイトウ~桃太郎港。5人で。
水のトロミとにおいが気になった。瀞場が長め。
ダイトウウェーブは入ると、かなり掘れてて迫力ある。こういうウェーブはなかなかお目にかかれないのでガンガン乗りたかったが、私はエントリー率30%・・・。かなもりさんは100%だし長乗りできてる。今日はピラニア molanじゃなくて、varunにお乗りです。
ウェーブに入ると、背中は見えず、ヘルメットがのぞくくらい。
f0164003_22281544.jpg

三点セットや05で、ボトムをガリガリ削りながらエントリーして遊びました。
f0164003_22304727.jpg

GoPro兄弟
f0164003_23542759.jpg

05は、以前は右岸側リップを使ってトップに戻っていたが、今年はリップが弱く、また、途中の段差に弾かれてしまう。サイドサーフィンしながらトップに上がろうとするが、その微調整できず難しかった。それでも渇水期には貴重な大きなウェーブです。
2008-9年の05番の動画はこちら。くまちゃんイイネ!

みんなで桃太郎神社に参拝。ショウゴくん、えんちゃん、かなもりさん、ふっちー、ありがとう~。

岐阜市の有名パン店「ラスティコ」へ。パン旨い。コーヒーは山田珈琲。
f0164003_2244164.jpg

ダダーンんち泊。ハヤシライスをいただく。テレマークスキーの動画を見たりして。ほのぼの。


月曜日 新美並橋 0.23
0.25ならコンノ楽しい。0.20ならJB楽しい。じゃあ、0.23なら、どうなのさ? それを調査すべくダブルヘッダー。
0.23のコンノは、心配してたほど浅くない。0.25よりバックウオッシュの高さは減るが、動きはほとんど同じ。楽しく遊べます!3-4年前と比べて、コンノは形が良くなったなあ。
0.23のJBは、エディが狭くなり、漕ぎ上がりでコケそう。ホールは落差が無くなり、バックウオッシュが薄くなり、残るのは厳しい。ループを一発やるくらいで、カートは残れないでしょう。ちなみに、乙姫の二段目がフロントサーフィンだけだが高速でおもろかった。
というわけで、0.23ならコンノです。

二週間前にループを掴みかけた気になっていたが、今回はまっすぐ返せたのが一本も無かったかも。ループは遠くになりにけり。

美並インター近くのパンが自慢の喫茶店「はたち」でコーヒー。薪ストーブで落ち着きます。
これだけ付いてきてコーヒー400円。東海の喫茶店文化すげええ。
f0164003_236275.jpg


昨年はいろいろあって、長良川には一度も行ってません。ところが今年はもう三回目というハイペース。まだまだ行きたい。水量のある時にダウンリバーしたい。吉田川も行ってみたいなあ。

by ya-ri-sa | 2012-02-13 21:51 | 川部 | Comments(4)