<   2009年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

粟又の滝   滝落ちは朝メシ前

粟又(あわまた)の滝を知ったのは・・・
昨年、Huckin Hugeの人たちが日本に来て、いくつかの川を下り、その様子が「The Risen Sun」というDVDで発売されてる。見てないけど。スピリットで買えるらしい。
そのコンテンツに「千葉県・粟又の滝」という字を見つけて、千葉県にDVDのロケ地になるようなところがあるのかと驚いた。

千葉県に高い山は無く、最高峰が408mです。これは47都道府県で最低。(ちなみに奥多摩駅の標高343m。)日本地図を見てもわかるとおり、千葉県は緑に塗られてる(標高の低い)面積が多い。九十九里平野で育った私は小学校低学年くらいまで、世界はどこまでも平らだと思っていた。まじで。高い山も無いので、水量も無い。よって、ホワイトウォーターと呼べる川は皆無。私は社会人になるまで、川というのは濁った茶色で臭くてヘドロが沈殿してて、泳ぐなんてとんでもねー場所と思っていた。まじで。それが今ではしょっちゅう泳いでます。


粟又の滝は水がチロチロと流れる、なめ滝だという。それが豹変するのだろうか。雨が降り続いたら、滝をチェックしに行こう。そう決めていた。
水曜の夜から雨は24時間以上降り続いた。大雨ではなかったが連続して降り続いた。木曜の夜、「明朝、滝を見に行こう。」やはり千葉っ子である茂原の近藤(もばこん)さんを誘った。
午前5時過ぎ、現地集合。滝は予想を超える迫力だった。しかし、期待していた距離のあるウォータースライダーではなかった。

滝は入口で二股に分かれたあと合流する。左ルートはヒーロールートで、カーブを曲がって飛び出して来れば、そうとうカッコイイ画になりそうだ。でも、私のスキルでは、カーブでコケてひっくり返ったまま滝壺に落ちるのが目に浮かぶ。
右ルートのほうはまっすぐ落ちるだけ。ただし、右ルートでも中央側は、途中に水が盛り上がってる場所があり、岩がふくらんでる場所だろうか。岩盤の形が分からないので心配になる。
右ルート右ベタは問題なさそう。というわけで右ベタを降りることにした。全体に浅いが、滝壺に深さはあるし、捕まる形ではない。

スタート時刻を打ち合わせて、もばこんさんはゴールで待つ。
スタートしてから滝壺に潜るまで8秒くらい。最後に落ちる所で、左に向けられて、横向きのまま落ちた。(横向きで落ちたのは動画を見て分かったことで、落ちる時は真っ白い中で、向きは分からなかった。)左側頭部のヘルメットを軽く打つ。(動画で見ると、滝壺に着く少し前に、ガクっと揺れてぶつかっている。岩が出てる場所。正面向きで飛び出せればぶつからないだろう。)滝壺に落ちて、浮かび上がってきて、ロールしようとするが上がりづらい。なんで? ロールで起き上がってみると、スプレーが外れとるやんけ!(サイドキックはスプレーがSEALS SHOCKERで細めのバンジーコードなんだよね…。) たっぷり水が入り、腰まで浸水。コントロールが不十分になり、エディをぐるりと回され、また滝壺へ。潜る。浮かび上がった後は、もばこんさんの待つ遊歩道へあわてて向かう。
(訂正:動画冒頭に5・28とありますが29日です。)

平常時の写真
f0164003_273994.jpg

カツカツの右ベタ(右岸側)は、滝壺の直上で岩が突出してる。あそこにぶつかったのか。勇気を出して、水深のある中央ルート行ったほうが安パイだったなー。左ルートから飛び出してきたらカッコよいでしょう。DVDではどんな水量でどのルートなんだろ。

感想としては、別にやらなくてもよかったなあって感じ。でも、実際にやってみないと、その感想も出てこないからな。そのへん、もうすこし大人になりたいです。
滝落ちに私の喜びは無いといういことが分かった。まっすぐ超特急ウォータースライダーみたいのはやってみたいです。どこかにあれば教えてください。


アクアラインを使えば、川崎浮島JCTから1時間ほどで来れるので、都内から近い滝落ちスポットではあります。プレイボートで可。
しかし、県外からお越しいただくほどのものかといえば、うーん、どうなんでしょう・・・。滝落ちらしきことはカイツナ川と照葉峡しかしたことがないし、よその地域にどんな滝があるのか知らないので、比較できない。しょーじき、よくわからないっす。
ひとつだけ言えるのは昼間と晩秋は避けたほうがよいでしょう。養老渓谷は観光地です。粟又の滝は、みどころのひとつです。プットイン・アウトしやすいのだって、遊歩道があるから。養老渓谷は紅葉が12月初旬まで見れる場所として、晩秋の頃はたくさんの観光客が訪れます。渓谷の眺めを楽しみにしてる人たちがいること、そこで商売してる人たちがいることを思うと、人前でやるのは避けたほうがよさそうです。


朝メシ前というのは、容易ということではなく、朝メシを食べる前にやったから。
落ちる姿はヘタレでした~
帰宅してシャワー浴びて少し寝て、何食わぬ顔で出勤。
ロケ地になるような迫力の滝まで、家から30分だった。
南房総、バンザイ!


>もばこんさん
私の遊びにお付き合いくださりありがとうございます。
居酒屋「養老乃瀧」は岐阜県養老町にある滝からとった名称ってご存知でしたか。あたしゃてっきり養老渓谷のことかと・・・

by ya-ri-sa | 2009-05-29 06:06 | 川部 | Comments(9)  

早岐ウェーブ

首に故障箇所が見つかり、おもいっきり漕ぐことができなくなりました。これからがシーズンだというのに残念です。
ブルーな気持ちのまま長崎へ。

昨年の7月8月からひさしぶりの3回目の早岐。


5/23
10人で。
最近、接触事故があったそうで、交代で見張りに立つ。面倒な気もしたが、流木など漂流物が流れてくることもあるので、10分交代くらいなら休憩がてらやってもいいかも。

高さは低め。5月の259(干満差)はこんな感じなのね。
今日の形では、みなさんは右ブランドがやりにくそう。
わたしは去年のようなスピン地獄には落ちなかったけど、無駄な沈が多いのは相変わらず。
首のこと思うと気分が晴れなかった。

早岐では近所の通行人が見物したり、写真を撮ったりします。
なかには望遠レンズ付きカメラを持ってきて、写真を撮るおじさんもいます。

フラッシュした時に、ふと、上を見上げたら、ギョッ! 橋の下の鉄筋にまたがった人がいる!
写真の上のほうにカメラを持った人がいるのがおわかりになるでしょう。
f0164003_20345346.jpg

ローカルパドラーさんも、あんな人は初めて見たと言っていて、みんなでビックリ。
後ろ姿しか撮れないはず。バックサーフィンになった時にカメラ目線でピースしたりしてサービス。

夕飯は、関東・中部・関西・中国・九州メンバーが入り混じり、「ささいずみ」で宴会。旨い魚介をたらふく食べて、アハハ、オホホ、と大笑い。

帰りの車中の音楽はブルーハーツで、ルカさんによる替え歌コンサート。
060.gif劣等生で十分だ  ラウンドハウスでかまわない060.gif


5/24
キャンプした公園で童心に帰って遊ぶお兄さんたち。
このすべり台は斜度70~80度はあろうかという急斜面のすべり台。子供は平気かもしれんが、大人のほうが危ない角度。
f0164003_2036931.jpg


ブランコフリースタイル日本代表のユウキ選手は体重をいかしたバーチカルプレイ。
「これ以上は怖い!」だそうです。
f0164003_20372939.jpg


昼食は佐世保バーガー。

今日はのべ12人。
284(干満差)で昨日より高さが出て、右リップもきれいになった。
みなさん昨日よりも角度が出てきてイイ感じ。
私も昨日よりも楽しめたし、ラウンドハウスにもトライした。

びっくらこいたのが、昨日の鉄筋またがりオッチャンが撮った写真。今日も来たらしく、現像した写真を黙って置いていったらしい。
あの場所では、バックウオッシュに隠れてしまいプレイは見えないのでは?見えたとしても背中だけでは?良いアングルじゃないよね、と話していましたが・・・。こんなアングルとは想像しませんでした。
(いただいた写真を携帯カメラで撮ったもので画像悪くてすんません)
f0164003_22591865.jpg

ここはどこの川?と思う写真ですね。フラッシュして出ていく時ですので、上のほうが上流側です。
真上からだと、落差が分からないし、プレイを撮るには不向きだけど、アングルとしては面白い。
オッチャンの名前はハラさんというそうです。かくして、また一人、カヤックカメラマンが誕生したのであった。

夕飯はみんなで「四海楼」でちゃんぽん、皿うどん、餃子、鶏ささみ揚げなどなど満腹。
この席で、カヤックプロという言葉の定義がなされた。プロとは・・・「定職に就かず、カヤックでメシを食べている人」だそうです。
「カヤックでメシを食べている」というのは、カヤックでお金をもらっているという意味ではなく、
「カヤックを漕ぐことによって、腹をすかせて、メシを食べている」という意味。カヤックがおかずみたいな状態か。それなら、一昨年~去年まで私もプロでした。
定職に就かず、カヤックで腹をすかせてメシを食べている人・・・。心当たりが数人います・・・。

アッキーラ改め中村プロが艇を陸送してくれたので、今回は移動がとてもラクでした。感謝します。
ブルーな気持ちで、直前まで行くかどうか迷っていたけど、楽しい2日間で、来て良かった。
一緒に遊んでくださった皆様、ありがとうございました。

空港で曙を目撃。曙は縦も横もデカイけど、現役の頃に比べたら三分の二くらいなのかな。
梨花も目撃。梨花、カワイイ~。足が細くてスタイルいい人がいるなー、と思ったら梨花だった。私服もおしゃれ。ミニスカートに高いヒール靴。私より年上だけど、ちゃんと「女子」でした。
ラクだからって、ジャージにサンダルじゃ、女子力は落ちるいっぽうね・・・ がんばります・・・


6月第二週は川ですが、それ以外しばらくの間は海で漕ぐ予定です。
サーフカヤック愛好家の皆さん、漕ぎましょう~

by ya-ri-sa | 2009-05-24 19:26 | 海部 ・ フリーウェー部 | Comments(8)  

FWポイント    フリーウェーブ3周年

5/16
フリーウェーブ3周年パーティーに参加。しみとし日記 
3周年おめでとー。かんぱーい。
f0164003_16583819.gif

律儀な鉄人氏はこのパーティーに毎年参加されています。
三重県からスコさん夫婦もお祝いに来てました。
最もFWに来ている男・茂原の近藤(もばこん)さんもモチロンいます。ひょっとしたら、三重の近藤・みえこんになるという噂も。
マサキさんは翌日は元気に漕いでました。復帰おめでとうございます。
通院好きさんはパーティーの最中に足がつって苦しんでいた。体調の悪さには自信があります。

いたずら好きの清水アニキが率先していたずら書き開始。
f0164003_8294530.jpg

油性ペンのほうが、顔の脂や、クレンジング洗顔料で落ちやすいんだって。知ってた?
ですので、油性マッキーで書いてあげるのが優しさ。
(Ot.Msk.Sgy.Smz.y-Sto.p‐Sk)
(mi.Ons.Knd.hrm.mr.Hsk.MZo.Sit)
↑毎度ながら、鉄人氏からコピペ。


5/17
朝食は、御岳の料理人・sugi氏による四色丼(卵そぼろ・肉そぼろ・絹さや・鮭)となめこの味噌汁。ごちそうさまです。
f0164003_2131997.jpg

サーフカヤック4艇・プレイボート4艇でFWポイントへ。
ハマヒルガオが一面に咲いている。
f0164003_19434367.jpg

強い南風で、どんどん北へ流される。でも、清水さんは位置がほとんど動かない。自分の位置を把握して、流されないようにしてる。
皆さんは元気にアウトへ出ていってるけど、海のパワーにへこたれた私はアウトに出れずじまい。海ってすごい・・・。体がなまっちまったか・・・。
チョイ漕ぎで終了。まあ、今日はサーフカヤックでのロールの確認をしたということで・・・

FWでまったりして、解散。

FWから車で15分で、BILLABONG直営店があります。一宮町の東浪見(とらみ)という場所で、ここもメジャーなサーフポイントです。私が子供の頃は、数軒の店があるだけでした。それが今ではたくさんのサーフショップが並び、不況だというのに新築物件もどんどん建ってます。海沿いの通りはちょっとしたサーフストリートです。
ド田舎の東浪見にビラボン・・・。オバサンには隔世の感があるよ~。
入店。見ると欲しくなる。というわけで散財。
スポーツバッグとスエット上下を購入。青と緑の色合わせにひかれて。
帰宅してから気付いたけど、2月にバリで買ったビラボンのサーフパンツも青と緑。似たようなものを買ってしまう・・・
f0164003_2173920.jpg

カヤック業界の発展を願うならサーフブランドではなくカヤックブランドに金を落とすべきでしょうか。
でも、ウイメンズのアパレルは少ないしー。

ちなみに、サーフカヤック世界選手権・日本代表Tシャツは、白と黒を1枚ずつ注文済み。
チームウェアとかイベントTシャツとか好きじゃないけど、これは欲しい!だってカッコイイもん!!
f0164003_23104331.jpg

注文したい方は、フリーウェーブ、またはこちらへ
わたしもポルトガルに金魚のフンで付いていこうかなあ~


守谷海岸をチラ見。
この湾は真南に向いていて、強烈なオンショアが吹いてた。
f0164003_833519.jpg


「誕生寺」をチラ見。
誕生寺は日蓮上人が生まれ育ったあたりに建立された寺。
雨の日曜の夕方。誰もいない。開帳もしてない。
f0164003_834382.jpg

小学校1年生くらいの時、誕生寺を訪れて、「鯛の浦」で遊覧船に乗ったことを思い出した。
鯛の浦というのは、誕生寺のすぐ隣の湾内の浅瀬で、船べりを棒で叩いたり、手を叩いたりすると、鯛の群れが寄って来るのです。通常、真鯛は水深の深い所にいて、群れなす習性は無く、これは珍しいことだそうで、特別天然記念物らしいです。

でもさー、よーするに、自分で捕食しなくても餌が食べられるから、代々、居ついてるだけでしょ。
水槽の中の金魚だって、手を叩けば餌がもらえるのかと寄ってくるぜ。
7歳くらいだったけど、飼い馴らされた鯛に違和感を持ったっけ。
コラー! 鯛! 飼い馴らされてるんじゃねえよ! ハラが減っても、大海へ出ていけよ。

by ya-ri-sa | 2009-05-17 22:00 | 海部 ・ フリーウェー部 | Comments(0)  

水上→鷹ノ巣ウェーブ

裸で何が悪い!
というわけで、この土日は代々木第一体育館でPerfumeのコンサートがあった。チケットが取れてないけど、強引な方法でも観に行くかどうか迷っていた。
ところが、金曜の夜に湯原4m超え。ぱふゅ~むのコンサートはまたの機会があるだろうし、もっと狭い会場で見たい。水上は今の時期だけ。というわけで水上を選んだ。

5/9
湯原3.4m
紅葉峡~銚子橋 1本

夜は4mだったが、どんどん減ってしまった。ざんねん。
明日はスラロームNHK杯なので、それもあってダムを絞ってるみたい。

遅刻してしまい、既に1本終えた方々が銚子橋にいた。合流させていただき6人でスタート。長瀞から移動してきた5人も時々一緒に。

湯原3.4だけど、実際は3.0mくらいの感じ。ショボ・・・
この水位だと、悪魔の階段の下にウェーブが出てくる。私はエントリーミスばかり。スラローマー達もエントリーしてたけど、スラ艇で長乗り。やっぱうまいよなー。
今日も、先週の鷹ノ巣ウェーブでも、たけちゃんさんはマックナスティ狙い。その姿勢や、良し!
見ていて、うおっ!やるのか!?って盛り上がります。

途中、NHK杯のゲートがあった。短い距離の中で、せわしなく左右に振られる感じ。トライしたけど、じぇんじぇん通れませんでした。


メットにカメラを付けて動画撮影。
f0164003_22502776.jpg

ところが、あとで見てみると、私が頭をよく動かすせいで、画面が揺れまくりで、見るに堪えません。ダメダメ~
せっかくカメラ目線してくださった皆様、申し訳ありませぬ~~

亜詩麻で焼きカレー
f0164003_22505633.jpg


月夜野親水公園で6人でキャンプ。いとうのおやっさんの話は、いつも興味深い。


5/10
上関 2.10→2.17
先週に続いて、鷹ノ巣ウェーブへ。水上から2時間半で来れます。
先週よりも水が少なめで、サイズダウン。エントリーはしやすくなるけど。
2時間以上漕いだ後から増水してきて、高さがでてきて面白くなった。エントリーはしづらくなるけど。(*フォワードが普通に漕げる人なら9~10割エントリーできます。私はヘタレな漕ぎ方してるので5割・・・)

アキラ兄さんのブラント劇場 動画はこちら
♫Franz Ferdinand 「Do You Want To」

変わった柄のてんとう虫がいたよ。
f0164003_2252564.jpg

ウェーブ近くの道の駅で玉こんにゃくとおでん。今春はタンの瀬で玉こんにゃくを食べそびれていた。
この道の駅にある風呂は、500円で広くてきれいで熱すぎず、グッドでした。
f0164003_22515430.jpg



掟さんのPerfumeライブレポート。やはり行くべきだったのだろうか。
以前はぱふゅ~むCDの歌詞カードのスペシャルサンクス欄に名前を連ねていた掟が、ファンクラブの自力チケで参戦してるというのが涙を誘う。リスペクト!!
武道館では2階席だったとか・・・
神様・・・、私はチケット取れなくてもいいので、どうか掟を良席へ!


今週土曜日5/16はフリーウェーブ3周年パーティーですよ~

by ya-ri-sa | 2009-05-10 22:45 | 川部 | Comments(4)  

水上→照葉峡→水上→鷹ノ巣ウェーブ

060.gif宝くじは買わない だって僕は お金で買えないものを もらったんだ060.gif

おなかいっぱいの連休でした。
GWで5連休もいただいて遊んだのは社会人になってから初めてだな。

5/2
湯原3.3→3.4
紅葉峡~銚子橋 2本

今年、初みなかみ。
昨年は湯原4m3mを経験。4mの興奮を再び味わいたいと思ってた。
今日は、水位がもの足りないかなと思いきや、3.3でも十分楽しめた。
水がザップザップしてて、楽しかー。
なんと14人でダウンリバー。こんな大人数で下ったことは御岳でもないわ。
f0164003_1059876.jpg

スイミングする人も。ちょっとうらやましい。
f0164003_118938.jpg

アキコウェーブに行列。
f0164003_1103793.jpg


夕飯は中華料理「たむら」でトマヤンクンラーメン。微妙な味だった。
月夜野親水公園でキャンプ。我々以外のグループも集まっててカヤッカー村みたいに大賑わいでした。

5/3
忌野清志郎氏の訃報。車内BGMをRCサクセションにして追悼コンサート。
f0164003_11101992.jpg

照葉峡ダウンリバー。
初めてのクリーク。サイドキックで。
13人くらいで。
f0164003_111139.jpg

f0164003_11152622.jpg

面白すぎ。私的カヤック史上、いちばん面白かったかも。

途中までイケイケだったのに、後半のスカウティングできない瀬でチキンハートになり沈脱。ダメかも…と思った時は、やはりダメですね。あとでビデオ見たら、手が止まっちゃってるし。

クリークってチームワークなんだということも、ちょっと垣間見れたような。
人数が揃わないとできないね。

夕飯は沼田駅前のとんかつ「山彦」で、ぶ厚いとんかつ。
陸メンバーが撮ってくれたビデオでみんなで大爆笑。ハラかかえて大笑い。

同行した方がYouTubeにアップしてくれましたのでご覧あれ。
わたしは0:13、0:56、1:47、に出てくる赤カヤック・白ヘルメットです。



5/4
湯原3.7
紅葉峡~銚子橋 2本

3.7で一昨日よりは波高は高くなったけど、やはり4mオーバーで下りたいなあ。
アキコウェーブは一昨日よりもイイ感じ。男子たちは何度も担ぎ上がってエントリー。私は3日目で疲れてしまい見るだけ。サイトウさんがドンキーフリップをメイク。スゴかった!

2本目はサイドキックで。
悪魔の階段の途中のホールでサイドサーフィンで捕まる。船の浮力とぴったり釣り合って、なにもしなくてもサイドサーフィンで静止。前に漕いでも、後ろに漕いでも動かず。スピンする感じに、スターンを食わせて沈して脱出。浮力がある艇はつかまりやすいってことが分かった。
水上などでスピード感が味わえればと思って入手したサイドキックだが、スピード感は感じられず。

夕飯は上毛高原駅前の蕎麦「天丸」。蕎麦おいしい。また来たい。
夜はチームGの乱入で、なみなみナイト。
関東チームGのビッグウェーブ攻撃と炎上攻撃に、関西チームPSKは苦戦するも、最後にルカさんがエアムーブを決めて勝利。関西と関東の友好の夜。
f0164003_11161294.jpg



5/5
朝食後のキャンプ撤収時に、イツミさんがゴミ拾いをしていた。「キャンプ禁止になったら困るやろ」って。人望が集まる理由はこんなところでしょうか。
3日間、昼も夜も笑わせてくれた関西の皆さんとお別れ。仲間に入れてくれてありがとう。楽しい毎日をありがとう。また一緒に漕ぎましょう。

関越道をさらに北上して、新潟県の荒川の鷹ノ巣ウェーブへ。
関東9人で回す。
初めて来ました。私は半分がエントリーミス。入れれば、ブラントのできない私でも楽しい。高さも幅もあるし。

風呂は小国玉川の飯豊温泉。露天風呂からの眺めが良い。雰囲気の良いところなので、ここでキャンプ。
f0164003_11274135.jpg


5/6
昨年ダウンリバーしたのは小国玉川の玉川発電所より下流。それより上流区間は下れないかどうかスカウティング。
楽しそうな瀬。
f0164003_11293819.jpg

この瀬のあとにエグイ瀬があり、行けないこともないけど、ポーテージしたほうがよいか。
結局のところ、飯豊温泉前の1キロくらいが下れそうだけど、あとは取水されて水が減ってしまって、いまいち。

今日も鷹ノ巣ウェーブ。
昨日よりは、エッジで走る感覚が分かりかけたような。


水上も小国も、新緑が美しく、さわやかな晴天の連休でした。
それにしても関西は笑いのレベルが高かった。
楽しい時間をともに過ごしてれた方々に感謝します。


060.gif気の合う友達って たくさんいるのさ 今は気付かないだけ
  街ですれちがっただけで わかるようになるよ060.gif

by ya-ri-sa | 2009-05-06 22:33 | 川部 | Comments(0)  

季節はずれの動画を2つ

季節はずれの動画を2つ

・木曽川05番081231&090103
年末年始は木曽川で過ごしました。
05番でお会いしたくまちゃんさん(以下、敬称略)にアップロードの許可をいただきましたので公開します。
くまちゃんは全てが個性的!
漕ぎ方、ブラントのやり方、パドルの持ち方、艇はブリスティック・RAD、ギア類。
誰とも似てない。
Like no other !


私と比較してみると、上級者との違いがよくわかると思います。
まず、くまちゃんはウェーブを広く使っています。いっぽう、私は、奥に行くとフラッシュしがちなので、手前側にとどまっているだけ。移動範囲が狭く、走れていない。
また、くまちゃんはバウやスターンが食われることはないです。私は艇のホールドが弱いので、バウが下がっていて、しょっちゅう水がかぶっていて、バウ沈やスターン沈が多い。
などなど。


それにしても、1/3の日は強風だったなあ・・・
05番強風率100%を誇る、シングルパドルの「風を呼ぶ男」がいたからかなあ・・・

動画はこちら
♫TERIYAKI BOYZ 「I still love H.E.R. feat.KANYE WEST」


・早岐ウェーブ080831
早岐でお会いしたAkmさんにアップロードの許可をいただきましたので公開します。
早岐ウェーブでは九州のお上手な方々が集まっていて、ブラントをばしばし決めてます。
そんな中で、私が好きなのは福岡のブラント貴公子Akmさんのブラントです。
動画だと伝わりにくいけど、ナマで見るとフワっと感があって、スターンが風車のようにぐるーんと回ってくる感じ。
バシーン!ドカーン!という男っぽいパワーとスピードのあるブラントもいいけど、個人的に憧れるのはフワ~ンとした軽くスキップするようなブラントです。
それにしても、ブラントって人によってぜんぜん違って、個性があって面白いですね。みんなが同じじゃつまらん。

私については、これでも乗れていたほうの数少ないライド。これ以外は、秒殺とかスピン地獄とか、そんなのがほとんどでしたから・・・

動画はこちら
♫Sergio Mendes「Waters of March (Les Eaux de Mars) feat. Zap Mama」

by ya-ri-sa | 2009-05-05 22:18 | 川部 | Comments(2)