<   2008年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

美山川・由良川・保津川   京都 冬の陣  

emoticon-0159-music.gif知らない川を くだってみたい どこか遠くへ 漕ぎたいemoticon-0159-music.gif

「京都 夏の陣」に続き、2回目の京都へ。

12/26
夕方、仕事を終えてから、準備を始める。23時、千葉県を出発。ほとんど徹夜だなあ・・・。朝までに着けばいいんだ。いくぜー。
Uターンラッシュが始まっているのか、夜中でも東名は車が多く、90Km/hくらいのまま。
途中のSAで、ルーフキャリアのタイダウンをぐいぐい締め直すと、キャリアが外れた・・・。走行中に外れてたら・・・。おー、こわ。増し締めしたことのない自分が悪いんですけどね。キャリアのチェックをお忘れなく~。カヤックを中積みして、再出発。
東名→伊勢湾岸道→新名神→京都へ。新しくできたという新名神は、関東から行くには使えるヤツです。関ヶ原、彦根、など琵琶湖経由で京都にはいるよりもラクかも。竜王ー彦根間はこの夜は積雪で通行止めだったし。瀬多川へ行くのにも使えるでしょう。
1時間だけ仮眠をとる。朝8時、メルヘンチャペルに到着。前夜に電車で来ていた通院好きさんが迎えてくれ、少し眠りなさいと言ってくれた。

12/27
今日はチャペルの講習で美山川。ダウンリバーする区間は、源流部に近いので、水がきれいで、かなり冷たい。夏だったら、飛び込んで泳ぎたいくらいだ。川幅は狭く、落差は小さい。
もう少し水位が上がると、橋下ウェーブというサーフィン練習に適した小ウェーブが出るらしい。
f0164003_21353019.jpg

f0164003_21484835.jpg

この夏からカヤックを始めたというSmz君は、ダウンリバーはそつなくこなし、バウ刺しがとてもきれい。もう少しで静水カート完成だ。毎週漕いでるとはいえ、ほんの数か月でこの動き。恐るべし、メルヘン理論。
難しい川じゃないのに、エディラインでぐらっときたりする。こういうのがヘコむ・・・。
木曽さんのフォワード指導
f0164003_21365349.jpg

f0164003_21373821.jpg

(Krh,Krg,Smz,Oc, +oyaji)

夕飯はチャペル近くのトンカツ屋。店の外見はうまそうではないが、肉・揚げ油・ソース・ドレッシング・米、こだわりの店だった。とくに自家製ソースは、ソースだけ舐めてもおいしかった。


12/28
由良川DR (立岩~ヤナ)  和知ダム 19トン

「うちのツートップを呼んだで!!」
ニシジマさんとマツオカさんを、木曽さんが呼んでくれた。通院好きさんと私と、計4人で立岩へ向かう。駐車場で、へっぽこさんも一緒になる。
しばらく漕いでると、見覚えのあるカラーリングの男が谷を降りてきた。アッキーラだ。この人とどこで会っても、もう驚きません。来ると思った、おせーぞ。っていうくらい。今年はこの人とよく漕ぎました。長瀞DR→御岳DR、御岳DR→鳥沢ホール、などのダブルヘッダーに付き合ってくれるのはこの人くらいです。2009年もよろしく。
その後、チームPSKのTmtさんもやってきた。この方とは今年は5回もばったりと会った。(早岐×2、北山川、井田川、立岩)
ツートップのおふたりはスタイルが違っていて面白い。連続カートはかっちょいい。へっぽこさんは立岩に慣れてらっしゃる。通院好きさんも臆せず突入~。いいぞいいぞ。
わたしはループが返ったのが2回あったが、ビデオをまわしてなかったので、その真偽は不明。ああ、幻のループ・・・。巻き込んだ後の動きを知らないからなぁ・・・。ループの動きを知るためには、やっぱ静水か?

立岩ホールの動画(各人の許可を得てアップロード)
♪ BEAT CRUSADERS 「~TOXIC GOLILLA~」「CUM FEEL THE NOIZE」

すこししか映っていませんが、マツオカさんはすげー肩が下がってる。パドルが低い位置にある。フォワードの時はパドルがちゃんと立ってる。肩が上がったりワキが開いたりする私としては、真似したいポージング。
マツオカさんにはJFKA大会でしかお目にかかったことなかった。今回はホームの立岩でのびのびとプレイしていた。この方のフォワードストロークが好き。かっくいい。

立岩で2時間くらい過ごして、ヤナまでショートダウンリバー。へっぽこさんとアッキーラも一緒に6人で。ツートップは立岩だけことが多く、下るのは久しぶりだってさ。知らない川を下りたい~!という私の要望にお付き合いしてくれました。
落差は少ないけど、初めての川はうれしいものです。増水しても、フラットに増えるだけで、ジェットコースターにはならないそうな。
通院好きさんは電車で東京へ帰っていった。夏の陣、冬の陣と、ご同行いただきありがとうございます。次は春の陣か?
(Nsj,Mto,Ns,Nkm,Oc)

明日は一人でどうすっかなー。また立岩か?
チャペルに戻ると、関西で知らなきゃモグリのMym氏がいて、明日は金岐ウェーブで過ごすので一緒にいかがと誘ってくださった。


12/29
保津川DR (トロッコ亀岡駅~JR保津峡駅)   保津峡 -0.04(たぶん)
Mym氏と保津川・金岐ウェーブへ。
あ、そうそう。わたくし、スターンステーションできるようになりましたわ。こんなの朝メシ前。
f0164003_0544463.jpg

なんて、ウッソ~。Mym氏もピンクスターなのだ。熱加工して1ガロンくらい膨らましてあるらしい。ニュースターの素材は熱を加えるとボコボコにカッコ悪くなるとの噂だが、やったあとが全然分からない!均一にふっくらしてる。木曽さんがやったそうです。「あの人、これの達人やから。」だって。
f0164003_0555963.jpg

そして、徹底したフィッテイング。これもmade by 木曽
f0164003_0563769.jpg


f0164003_21421360.jpg

今日は水量が少なく、バックウオッシュがあまりないという。フロントサーフィンのみ。金岐の主のMym氏でもスピンは難しそう。ブラントはできる人なら可能だけど、残せないでしょう。
フロントサーフィンは楽しい~~。
はじめは長乗りできなかったけど、鉄人の教え「遠山の目付け」を思い出して200mくらいの先の木々を見るようにしたら、長乗りできるようになった。(「遠山の目付け」とは・・・・。剣道の言葉で、視線の中心は相手の目におくが、顔や剣先だけを見つめるのではなく、遠い山を眺めるように、相手の全体を広く見わたすこと。水面やバウ先を見てると頭が下がり、背中が丸まる。自分の位置をつかめず、切り返しが遅くなる。フリースタイル界のラストサムライ・鉄人らしい教えである。)
ケツの下を水がシュルシュル流れていく感じが気持ちよか~。うむ?この、ケツ下のシュルシュル感。こ、これは、小滝ウェーブのそれによく似てるではないか~。あー。小滝でサーフィンしたくなってきた。今年の夏も小滝が出たらいいなあ!
京都出身で大阪在住という女性がひとりでやってきた、水色のエージェント(ちがうかも)。普段は瀬田ウェーブが多いらしい。ひとりで漕ぐ女性に一方的に親近感を抱く。
通院好きさんから借りていたセブンツーのパドルが折れた。水中の岩にちょこんと当たっただけ。Mymさんがスペアのパドルを車まで取りに行ってくださった。感謝感謝です。
f0164003_11744.jpg

そのあと、保津峡までダウンリバー。
f0164003_214940100.jpg

夏に漕いだ時は、水が嫌なにおいして苦かったけど、冬なら気にならない。夏は講習に夢中だったので川相を覚えてなかったけど、今回下ってみると、ほどよい距離の中に高低差があり、瀬の数も多いし、けっこう楽しい。夏の日記で「講習以外じゃ漕ぐ気がしないぜ」なんて書いてゴメン。人間と同じで一回会ったくらいで判断しちゃだめでした。
両岸に岩が多いので、増水したらこれらが水を被って波が立つだろうから、増水時もくだってみたい。
電車に乗って保津峡駅から馬堀駅までひと駅もどる。
f0164003_21433393.jpg

f0164003_21435571.jpg


3日間ともダウンリバーできて嬉しかった。「知らない川をくだりたい。」カヤックを始めた初期衝動を思い出した。


おまけの動画 カヤックは出てきません。
おじゃま虫とじゃれ合った幸福な時間。

by ya-ri-sa | 2008-12-29 21:23 | 川部 | Comments(3)  

リップスライム@JCBホール

今夜はリップスライムのクリスマスライブでした。毎年恒例でやってるらしいです。開演時間が早いので遅刻確実。1階の立ち見では遅刻したら後ろのほうになってしまい、よく見えないだろうから、2階以上の指定席がいいだろう。そう思ってたけど、チケットは即完売で手に入らず、あきらめていた。
しかーし、昨日の夕方に、指定席を譲ってくれる人が現れた。遅刻確実だと云ったら、ライブ中に受付までチケットを渡しに出てきてくれるという。こうなりゃ、行くしかねー!
f0164003_1232030.jpg


More

by ya-ri-sa | 2008-12-25 23:10 | ライ部 ・ クラ部 | Comments(0)  

FWポイント

12/20
この日は漕がなかった。
夕方からFWのクリスマスパーティーに参加した。
クリパの様子→しみとし日記


12/21
風が強い。波がでかい。アウトにはオーバーヘッド以上の波がたってる。落差はあるが、ショルダーの張らない波で、プレイボート向き。
午後からプレイボート。6人で。

動画:12月21日のFWポイント動画はこちらへ 
♪「Morning in Rio 」Produced by Sergio Mendes
冒頭にパンナム。1分30秒にエアブラント。
高さがハンパねえ。完璧に宙を飛んでます。ええもん見してもろたわ~。
2日連続でパンナムを決めたナリ君は「気分スッキリ!」と言っていたが、見ていたほうも爽快な気分。

これだけ跳ねて高さがでる川のウェーブではめったにないでしょう。国内で完璧なエアがメイクできるウェーブは数えるほどでは。海ではやりたいほうだいですよー。(できる人なら…。)

目の前でエアが決まるのを見るのは、ハッと息をのむような体験です。目のカメラでシャッターをきって、頭のフィルムにその瞬間が焼きつく。
サーフカヤックがマニューバを描きながら、自分の目の前を横切っていく姿も感動します。
こういった感動を伝えたくて、撮影を試みるが、海上では撮影がやりにくい。

デジカメを手に持っているのが、最も目標をとらえやすいが、カメラを構えるまでに時間がかかったり、パドルを手放すので自分が沈しやすい。
デジカメをバウデッキやコーミングに固定する方法は、ダウンリバー撮影には臨場感あふれた映像が撮れるので適するが、海で他者を撮影するのには目標を捕らえづらく不向き。
PFDの胸のあたりに着けると、頭につけるよりもブレ・揺れは少ないがパドルの写りこみが多くなってしまう。
今回はカメラ付き水中メガネで撮影した。自分の目線で撮ることができるので目標物をとらえやすく、自分が波をかぶるのも恐れなくてよかったのが、長所。短所は、自分の頭・目線とともに動くので、揺れが大きく、撮影した動画を見ると酔ってしまう。(海ではこんなにキョロキョロしてるんだなぁ。)今回は初めてだったので、ご勘弁を。ここは撮りたいと思ったら、頭を動かさないようにしてみます。
川でも海でもヘルメット頭頂部に装着するタイプがいいんだろうけど、現在は個人輸入しないとないとか?

というわけで、ナマで見るのが一番いいので、見にきてくださいな。

by ya-ri-sa | 2008-12-21 18:13 | 海部 ・ フリーウェー部 | Comments(3)  

御岳  土曜・中C講習のちグラ忘年会 日曜・DRのちスラ

12/13
御岳に向かう途中、車の中でテレビをみてると、ぶらり途中下車の旅が始まった。今回は左沢線・仙山線の旅。旅人は谷村新司。なんと、左沢の空気神社からスタート。たしか大山自然公園行く途中に看板が出てくる神社。わらぼうしんさんと看板を見て、どんなところだろうね?と話していた。ま、ここは訪れなくてもよさそうだな・・・。次は寒河江で途中下車して、さくらんぼの木の雪おろしをして、さくらんぼの塩漬けみたいのを食べて、珍しい味ですねーとは言っていたがおいしいとは言ってなかった・・・。次は南寒河江で下車、、ここはスリッパ生産日本一の町だそうで、国内の3割を生産してるらしい・・・。
タンの瀬へ行ったついでの観光の参考に・・・・ぜんぜんならん・・・。

はじめての中C講習。春にBCから昇級してからC講習を受けたかったが、なかなか都合が合わず、やっと参加できた。
ダブルポンプのイメージが違ってた。前後にゆするのではなく、体重は自分の真下のままで体幹をねじるかんじ。力まかせにやるくせがついてるので、水の力を利用するように。
エディラインカートでは、手に力を入れて水面を押してるのを指摘され、自分では気付かなかったこと。バウが刺さると体が起き上がってしまうので、回転せずに、倒れてしまう。2エンド目につなげるにはパドルをスライスして、ヘソを上にむける。などなど。立岩ホールで役に立つといいな。
フォワードストロークで左パドルが寝てるのも気付いてなかった。いわれてみると、左パドルが効いてないことが分かった。
シャンプーの瀬で、大塚重工は多摩川リバーゲームのサーフィンクラス入賞しただけあって、何分でも乗ってられそうな安定感をみせていた。わたしはバタバタしたあげく7秒くらい・・・。小ウェーブで長乗りするという一昨年からの目標は今年も達成されませんでした~。
ちなみに彼がはいていた今年発売のMTIのソックス付きパンツはシルエットがきれい。普通ののズボンみたいでパドリングパンツに見えない。足長に見える美脚パンツです。サイズが合えば欲しい!でも、もともと短足のわたしがはいたら、裾を踏まないように裾のドローコードをぎゅっとしぼることになり、結局、モンペのシルエットだろうな・・・。
(Oot,Kym,Tmy,Oc,+c-Fjn)

夜はグラで忘年会。20人くらい集まった。具だくさんの鍋をいただきました。いくら丼がプチプチしてておいしかった。
f0164003_23101032.jpg

先週のグラビティの九十九里フリーウェーブツアーはカヤックもアフターもだいぶ楽しかったらしく、よかった。
大塚重工の10代の頃の犯罪は、盗んだバイクで走りだして教室の窓ガラスを割ったこと・・・ではなくて「キセル乗車が見つかったこと」。トロ5さんが「ちいせえ~。」と言えば、大塚重工は「どうせワタシは小さい男ですよっ。」と開き直り。体はスーパースターサイズなのにね。
f0164003_23102798.jpg

中央のオジサマは上機嫌で飲んでいたが、後半にスイッチが切れてしまった。目がすわっていた。奥様がちゃんと寝かしつけてあげていた。
グラ泊。


12/14
起きると、雨がザーザー。「どうせ濡れるとはいえ、冬の雨は萎えるよねー。」と言い合いながら、忘年会お泊まりメンバーでだらだら朝コーヒーを飲む。「どうすんべ?」「帰んべ」「午後から漕ぐべ」
ところが、ひとりが「漕いでくる」といったら、「じゃ、わたしもー」「ぼくもー」で、8人でダウンリバー。連れがいるとやる気がわくものです。

放水口~沢井
調布橋 -2.51

一週間経って、またバウステできなくなってたらやだなーと思ってたけど、できた。ホッ。

今年の冬も、カップスターと小橋下、この2スポットががアツそうです。
アツイという噂を聞いた遠方の人が間違えて来てしまわないか心配です。

トロ5さんはすごいうまくなっている。エディラインカート4~5エンド連発。静水効果か。来年の夏にはミソギでくるくるいきそう。期待してまーす。
Isi夫妻は始めて1年くらいでサーフィンがとても上手。ほぼ毎週のように御岳に通っているとはいえ、進歩の速さに驚きます。
従軍カメラマン・End氏は今日もザクティで任務遂行。
グラ歴は長いというSkmさん、この方も鉄人らしい。多摩川の河口から4日にわけて、山梨県にある源流部まで走り(!)、源流部で、一滴一滴しずくが落ちているところまで行き、そのしずくを集めてコーヒーを飲んだという。また、富士山の頂上まで駆け上がるマラソンにも数回出場してるらしい。昼間に御岳で漕ぐ時は、その朝に御岳山をトレイルランニングしてるらしい。

チーム八王子という上級者の方々は、三つ岩の強エディラインでバウ刺ししたり、ハッカケ岩のすぐ上の落ち込みでカートホイールしていた。真似できません。

いつの間にか雨はやんだ。雨のちくもり。
(Isi×2,Skm,Smm,End,c-Fjn,m-Gtu)

1時間ほど休憩。
ひとりでスラを鵜の瀬橋あたりでちょっとだけ。先週に教わったストリームイン・アウトを思い出しつつ、ラーメンのことを考えていた。
漕いだあとのラーメンはおいしい。ラーメンを食べたくて漕いでるのかもしれない。御岳で漕いでる時の後半の1時間はたいてい、どこのラーメン屋にいこうかを考えている。
秋に御岳駅のほうに家系ラーメンができたらしいけど、今週また新しいラーメン屋が御岳にできました。場所は、御岳からスーパーエコスに向かっていく途中に、小さい橋を渡るのだけどその橋のたもと。向かって右手。「瑠宇丹(るたん)」(たぶんそんな名前)という店です。
しかし今日は、小作の「骨豚亭」の12/13・14だけの限定ラーメン「バジルとんこつ」が食べれる日だ。悩ましい。悩みぬいたうえで、骨豚亭へ。骨豚亭は9月に紹介した。先週もここで、つけ麺を食べた。
バジルとんこつはチャーシューの下にあさりやエビがかくれていて、バジル風味でボンゴレスパゲッティを食べてるような感じだ。玉子はうっすら黄色い色がついていて、バジルとんこつのために味付けしたという。この店は自家製麺なのだけど、このスープには細麺を合わせてあった。
f0164003_2326852.jpg


筋肉が心地良い疲れをした週末でした。

by ya-ri-sa | 2008-12-14 22:00 | 川部 | Comments(7)  

御岳  スラ1  かわいい子猫

f0164003_024589.jpg
f0164003_0253556.jpg

猫の好きな方や御友人はいらっしゃいませんか。里親を探してるそうです。
生後1か月で、まだ小さくて、かわいいです。どちらも美形。
抱かせてもらいましたが、もう人に慣れてて、なでなでさせてくれました。
おしっこのしつけもできてるとか。飼ってくださる方の自宅まで届けるそうです。
興味のある方は みたけカヌー教室まで問い合わせください。


スラローム1回目。
座学で頭がパンパン。去年の12月に体験して十番勝負にも書いたけど、スラをやると普段なんとなく漕いでたのがよくわかる。
川下りが面白くなりそうな予感あり。春の雪どけダウンリバーが楽しみだー。


きょうはこの冬一番の冷え込みだったとか。中央道から、真っ白になった富士山がくっきり見えた。デカっ。すぐ近くにあるように見える。富士山て、デカイんだな。近すぎて、今まで富士山だと気付いてなくて、他の山だと思ってたのかも。
御岳に着くと、日陰の車には霜がおりてる。御岳は冬です。12月だもの。
しかし、南房総でぬるみきったわたしにとっては厳しい。2週間前行った宮崎の海の海水温なんて23℃!手を水につけてるほうがあったかいんだよ。大島プールもあったかいし。もう、わたしは川で沈できない体です。沈したら、(精神的)ショック死するかも。来週のグラ講習、耐えられるだろか。
きょうは1回も沈せずに済んだ。頭は乾いたまま。スラ、いいね~。
手はかじかんで痛かった。グローブ型よりポギーとかミトン型のほうが暖かいのかな?

ガソリンは100円台/Lへ。

by ya-ri-sa | 2008-12-07 23:22 | 川部 | Comments(0)  

大島(相模川)  バウステ記念日

先週、バウステができかけたので今週も大島へ。
1週間経って、できなくなってたりして、と思ってやったら、できなくなってる・・・。
また、水を3リットルくらい入れてやり直し。はじめに漕いでスピードが出す、前傾したら、パドルをちょんちょんくらいにして、ケツを浮かすと、立つ。
水をすべて抜くと、やはり艇が浮いてきちゃう。
先週、鉄人が「もっと前のほうに座ったほうがいい」と言って、バウ先のウレタンをノコギリで2センチほどスライスしてくれた。それよりも、さらに前に乗りたい気がして、鉄人に言うと、さらに2センチほどスライスしてくれた。
すると立った!
1回だけ1分超え。この時はチャンスギが言ってた、重心・コアを意識する感じが分かった。
その後も1分は超えなかったけど、何度も立てた。
でもバウステしてる時って、自己との対話みたいな感じで、なんか暗い・・・。そう思ってたら、杉子が、バウステから始まるムーブ・遊びをいくつか教えてくれた。わー。これは楽しいよ。
横刺しや、流水でも、できるようになりたいな。そしたらマッチョムーブとかエントリームーブする楽しみが増えるなあ。
リーンクリーン、カートは分からないままだなー。

今日はバウステ記念日だ。
バウステできるようになって嬉しいです。見守ってくれた方々、ありがとう。
シューティングスター時代から、根気よく指導してくれた鉄人に感謝いたします。

あ、おすぎもいたっけ・・・。

by ya-ri-sa | 2008-12-06 23:28 | 川部 | Comments(2)