<   2008年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

一宮海岸→FWポイント ×2な土日

一宮ですごーくイイ波に出会えた。先週と今週と2週連続で海がアツかった。

10/25 
1ラウンド 6:30~8:30 一宮海岸 サーフカヤック
矢木沢倶楽部の方々とご一緒させていただく。一宮海岸はフリーウェーブからも近いが、わたしはここで漕ぐのは初めて。
波消しのテトラポット右側と防波堤の間に、いい波が立ってる、サーファーもまだ入っていない。7艇のサーフカヤックが浮かぶ。(Hys,Med,Wd,Oot,Aniki,Doc)
すると、でかくてキレイに割れる波がバンバン入ってくるじゃないの!イヤッホー!叫んで、レギュラー方向へ滑り下りる。
大きなグリーンの壁がわたしのすぐ右横にあり、そこを走り抜ける。この瞬間がサイコー。
テトラポット裏がエディになっていて、らくらくリエントリー。
なんだここ?こんなに楽しくていいの?
このポイントに以前から入っているOotさんいわく、こんなに良いのは久しぶりとのこと。
いつものFWポイントや中里海岸でのビーチブレイクとは別の種類の波でした。
みんなカッコよかった。海外のサーフカヤックのDVDを見てるみたいだよ。それぞれライドスタイルが違ってるのも良いね。
わたしは波のでかさにへっぴり腰だったけど、2~3本はよかったんじゃないの。デヘヘ。ごちそうさま!

これがその時の写真。 ライダー:毒
波のデカさが分かるかな?海の写真を見慣れてないと分からないかな。このあと、もう少し盛り上がって高さが増して、掘れてくるわけですよ。すると艇が走り始めて・・・。うほー。想像しただけでたまらんす。
f0164003_2027364.jpg

そのあと、こうなる。背後の白波のデカさ、やばくねぇ?
「志村~。うしろ、うしろ~。」みたいな。ちと古いか。
f0164003_2101019.jpg


2ラウンド 10:30~12:30  FWポイント プレイボート
一宮はアツかったが、FWポイントはぐちゃぐちゃ。あらら・・・。
トロ5さんが久しぶりに海にやってきたというのに、ざんねん。
こんなぐちゃぐちゃコンディションで漕ぐのも久しぶりだ。4艇のプレイボートが壁にぶち当たりながらも漕ぎだす。一回だけ、運よくアウトに出たが、アウトに出たところで何も無し。波に殴られまくって4人ともパンチドランカー状態。そんななかでMasaさんがスピン2回転。海3回目にして、やるじゃーん。

夕方にトロ5さんとおでかけしてFWに戻る。通院好きさんがトロ5さんを飲みに連れていってくれた。


10/26
1ラウンド 7:00~9:00  一宮海岸 サーフカヤック
昨日が良かったので、今朝も清水さんと一宮海岸へ行くと、ドクさん、Medさん、Ootさんが先に漕いでる。昨日と同じ場所に今日もおいしそうな波がたってるじゃないの!
しかーし、今日はサーファーがたくさん入ってる。わたしは艇のコントロールがちゃんとできていないので、おそらくサーファーをよけきれないだろう。それから、サーファーと同時にテイクオフしてしまったりする可能性があるし、そのへんのかけ引きというか譲り合いもうまくできないかも。というわけで自信がないので、インサイドで遊ぶことにした。

インサイドからアウトを眺める。
清水さん、ドクさん、Ootさんが、たくさんのサーファーと同じ場所で波待ちをして、サーファーに気を使いつつも楽しく波乗りしてる光景を見て、いつの日かこんな光景が当たり前になる日が来たら素晴らしいな~、と夢想した。そんな日が来るまで、事故やトラブルが無いようにと祈る。
わたしと清水さんが帰った後に、テトラポットに張り付いたサーファーをOotさんやWdさんがレスキューする場面があったという。
サーフカヤッカーとサーファーが一緒にいる景色は、かなり印象に残るものになりました。

先週のいすみ河口にて、狂い咲きサンダーロードだったドクさんは、この土日はマジでカッコよかった!!カヤックに加速装置が付いてるみたいだ。この人はバイクに乗ってる頃もこういう感じだったんだろうか。フルスロットルでどこまでも走っていってほしい。
矢木沢倶楽部では波乗り王子と呼ばれているOotさんのチューブライディングもお見事。そのあとの沈脱&セルフレスキューもベテランでした。

2ラウンド 10:00~12:00   FWポイント サーフカヤック
FWポイントは昨日より波面がきれいになって、アウトに波が立っている。大きなウネリが定期的に来る。もしかして久しぶりのアウト祭りか?と思いきや、大きさは文句なしだが割れづらい。せっかく良い波が来ても、テイクオフのタイミングが悪いわたしは乗りきれず。そうこうしてるうちに波が消えてしまった。今日はここまででヘトヘト。


月曜の朝、一宮のポイントを見ると、なーんにも無い。小波すら立ってない。
あの波は土日だけのプレゼントだった。

by ya-ri-sa | 2008-10-26 20:19 | 海部 ・ フリーウェー部 | Comments(3)  

sigur ros @新木場STUDIO COAST

f0164003_20163837.jpg

トロ5さんの大好きなバンドsigur rosのライブへ。アイスランドから極東の島国へおいでませ。
ボーカル・ギターのヨンシーの、ギターをバイオリンンの弓で弾くという特徴的な奏法での音色はギターというより効果音的な感じ。
ドラム・ベース・キーボードは非常にシンプルな音。シンプルだがそれだけで必要充分なのだ。
予想していたとおり幻想的な印象だったが、トロ5さんいわく、以前のほうがもっと幻想的なステージだったという。彼らはやろうと思えばもっとわかりやすいロックもできるんだろう。でもやらないんだろう。個人的には5~6曲目のヨンシーがオルガンを弾いた曲がよかった。
1階アリーナは満杯。男性が多かった。あと外国人の方も。アメリカ人ぽくないからヨーロッパ系かな。
トロ5さんが入手したチケットが整理番号82番という良番だったので、早めに入場できて、ステージを一望できる人ごみのないバルコニー最前列に場所を取ることができました。トロ5さん、お誘いありがとうございました!

by ya-ri-sa | 2008-10-25 23:09 | ライ部 ・ クラ部 | Comments(2)  

いすみ河口→白子河口  Dr. 珍プレー大賞

先週、「東の空の太陽は沈みきったが、空はオレンジ色に染まっている。西の空に銀色の月が光りはじめた。夕焼けと月にはさまれて黄昏ライド。」と書いたが、まさにその時を通院好きさんが撮影してくれていた。
一日のうち20~30分だけ訪れる美しい時間。マジックアワー。

動画:黄昏ライド  こんな時に海に浮かんでいると幸せです。

動画はこちらへ
この動画を夜明け時だと思って見てみると、西が東に、東が西に、見えてきます。



さて、本日、千葉の東向きのポイントはジャンクで波がでかく、ほぼクローズ状態。
車から眺めると、南向きの鴨川はサイズがあって形も良い。ところが、北上していくと、東向きの部原などはサイズはかなりでかくて難易度が高そう。サーファーはぎっちりいるけど、これに乗れる人は少ないだろう。

そんなわけで東向きのFWポイントは避けて、本日の1ラウンドは、いすみ河口。
河口は普段はロール練習や静水クリニックをやるような場所だけど、他がハードコンディションの時はここが乗れるようになる。
サーフカヤック4艇、プレイボート3艇が集合。(Aniki,Msk,Knd,Kmr,Oon,Doc)
いすみ河口は初めて来たが、今日は激しかったー。
わたしは遅れて着いたが、先に漕いでるドクさんの目つきがヤバい。この目つきは久しぶりに見た。ここの波がキている証拠だ。
押忍。軽くキちゃってます!(昔の電気グルーヴのアルバムの広告コピーがこれだった。)

動く歩道のようなカレントに乗って、らくらくエントリー。つーか、強制エントリー。エントリーしたらでっけえ波が襲ってくる。逃げろー。乗り終わったら、すぐ戻れてリエントリー。川のスポットを小人数で回してる時みたいに、息がぜいぜい切れる。狭い河口なので広範囲に散らばらず、他の人のプレーを間近に見れるのも、川と似てる。
現在、全国的に渇水だし、関東ではスポットが少ない状態だけど、今日一番アツいスポットはここだったに違いない。

この夏にドクさんはサーフカヤックがすごくうまくなってる。今日も好プレーがいくつもあった。かっくいいー。
しかし、今日は好プレーとともに、珍プレーも多発!数々の奇行!もとい、奇漕!
「え?それに乗っちゃうの?」という巨大な波に乗って、ぐちゃんぐちゃんになったり。カートホイールのようにサーフカヤックが縦に回転したり。
ドクさんの珍プレーだけ集めた動画集が欲しい。爆笑できる。


2ラウンドは白子の河口。
見た目はぐちゃぐちゃだったけど、乗ってみたら楽しい~。2ラウンドしてよかった。

毎度のことながら、艇と体がバラバラ。ロールがあがらない。テイクオフがのろま。そして、漕ぎ方うんぬんの前に、波の選び方がわからん・・・。


動画:白子の河口。今年5月の朝焼けライド。撮影・もばこんさん。




FWに来たついでに茂原のシネコンで映画を観るのがイナカ暮らしのささやかな楽しみ。先月は「パコと魔法の絵本」。今日は「WANTED」。

by ya-ri-sa | 2008-10-19 23:27 | 海部 ・ フリーウェー部 | Comments(6)  

御岳

調布橋 -2.45
放水口~沢井。ひとりで。午前8時すぎから。

秋の海は水温が高いのでセミドライでまだいけるが、川ではドライスーツへ衣替えすることにした。
あ、しまった・・・。ひとりでは着れなかったってことを忘れてた。
わたしのPalmのドライスーツ・スティキーンのXSサイズは首まわりが小さくて、脱着は要介助である。誰かに着せてもらわないと。
朝の御岳は、釣り師やボルダリングの人が多い。でも、釣り師やクライマーに頼むのは恥ずかしい。それに、いきなり「着せてください」って意味不明やね。
通りすがりのカヤッカーはいないだろうか。
通りすがりのミウラカヤッカーを放水口駐車場で発見し、着せてもらう。ラテックスにはオイルを塗って手入れするようにとのこと。

調布橋 -2.45だけど、中州や岸の露出具合を見ると、もっと少ない感じ。この日はmin.-2.55まで減ったので、朝の時点で既に数字より少なかったのかも。
これからの季節はこんな感じか。
昨年の冬、アツかった御岳小橋下(ここがアツかったっていうのも、どうかと思うが。)が減ったら、遊べそう。試しに刺してみたが、今日の水量ではいまいち。減ったら、いけるか?それとも去年とは変わってしまっているのか?カート3エンドの世界に行きたいよ~。

体調が良くないので沢井であがる。おなかが苦しい。いや、おなかがきつい・・・。
XSサイズはウエストゴムもきつい。
最近、好きなだけ食べて飲んでたら、下腹部が出てきた。おめでた?
ちなみに、同じPalmでも、新発売の女性用のあずき色のドライスーツを着たことがあるけど、ウエストがベルクロになっててラクでした。

More

by ya-ri-sa | 2008-10-13 22:47 | 川部 | Comments(4)  

FWポイント  黄昏ライド

f0164003_2350753.jpg

10/11
午後3時半から漕ぎだし。サーフカヤック4艇とプレイボート1艇が浮かぶ。
北海道でご一緒したMskさんが初めて海にやってきた。私の倍の年齢なのにチャレンジ精神がすごいなー。
初めてなのに外に出ていくのが上手。サーフィンも安定。

わたしは波打ち際で沈脱。浅いところで沈するとロールできない。あせってしまうみたい。
水の入ったサーフカヤックは重くてひっくり返せなくて、しばし難儀する。


日没が早くなって、5時前に薄暗くなってきた。
東の空の太陽は沈みきったが、空はオレンジ色に染まっている。西の空に銀色の月が光りはじめた。
夕焼けと月にはさまれて黄昏ライド。


10/12
午前8時半~10時半
風もあるし、波も小さいし、バラバラだし、あまりよくない。エスケープの練習にいいかもしれないが、エスケープがうまくできない私は変な波にインサイドまで付き合わされる。

昼休みにビールを一杯。昼間ビールっていいね~。

午後3時半~4時半
今日も夕焼けがいい感じ。
波は午前中よりは良くなった。
ほんの数回だけ気持ち良いのあり。エッジを入れる感じはやはり分からない。

通院好きさんは、今日初めて海にやってきたロールに自信の無い方をケアしてあげてる。大人です。

夕飯は、カヌーポロチームが準備してくれたバーベキューをおいしくいただく。
先週、全日本のポロの大会があって優勝したんだって。すごいねー。今週はそのお疲れ会を兼ねて遊びにきらしい。

by ya-ri-sa | 2008-10-11 23:29 | 海部 ・ フリーウェー部 | Comments(0)  

第10回オーシャンフリースタイル

f0164003_21212282.jpg

10/4 FWポイント

天気は快晴、風も無い。すがすがしい秋晴れ。

午前8~10時、サーフカヤック。
波は大きすぎず、面がツルっとしていてきれい、比較的きれいに割れている。
アポロ007を入手してから、今日が一番楽しかった。グリーンフェイスに沿って走ること数回あり。これが気持ちいい!
カットバックとまではいかないが、進行方向の波がつぶれてしまった時に、逆方向に切り返す感じが分かったし。今までは走り始めるとまわりを見る余裕がなかったが、波が割れて行く方向を落ち着いて見ることもできたし。サーフカヤック、楽しか~。

明日参加する人々がFWポイントに続々と集まってきた。たくさんのプレイボートが海に浮かぶ。私もプレイボートに乗り変えよう。

午前10時半~12時、プレイボート。
ツルっとしていた面が少しバラバラになってきたが、時々良い波が来る。
最近、海ではサーフカヤックばかりだったので、久しぶりのプレイボートで、スピンができなくてあせる。
今日からマックナスティを始めてみる。2トライ目で早くも成功。自分の才能が怖い。

ひさびさに海でしっかり漕いだ。サーフカヤックとプレイボートそれぞれに楽しかった~。


FWの庭で前夜祭。午後3時から飲み始める。
関東各地、そして中部や関西からも参加してくれる人がいて、千葉の海に来てくれるなんて嬉しいわ~。
おしゃべりが楽しくて、いい感じに酔っぱらっても、まだ午後6時。もっと飲んで、今夜はとことん酔っぱらっちゃおう!と思ったら、職場から電話・・・・。チッ。
f0164003_21221173.jpg

f0164003_21224869.jpg

f0164003_21232198.jpg

いとうのおやっさんは若い頃はサーファーで、デカイ危険な波に乗ったこともあるらしい。さらに、サーフカヤックもリバーカヤックもやっている。海も川もがっちり遊んでいるのは憧れるなあ。
私がサーフカヤックでグリーンフェイスのすぐ真横を走ることが快感だと言ったら、そのグリーンフェイスにキスをしてごらんと教えてくれた。サーフィンでもチューブライディングした時に、グリーンフェイスに手をあててキスをしたことがあるって。
キスするくらい近づくと、エッジもしっかり入りそう。私はまだエッジを入れるということが体感できていないので、今度はキスするくらいフェイスに近寄ってみようかな。



10/5 中里海岸にて、第10回オーシャンフリースタイル選手権。
f0164003_21245211.jpg

サーフカヤックがたくさん見れて満足。人によってライディングスタイルがかなり違っていて、個性が出ていて面白い。普段はサーフカヤックを漕いでる人をあまり見れないし、お話する機会も無いので、すごく参考になった。もっともっと乗りたくなってきたぞ~。
観覧している人達からも、「かっこいい」とか、カットバックするのを見て「あの動きをやってみたい」などの声が聞こえた。長乗りしたサーフカヤックが岸までやってくると拍手と歓声があがる。
本来はサーフカヤックはじっくり波を選んで乗るものだから、7分以内などと時間制限でやるもでのはない。でも、あえて時間制限をつけて対戦形式でやるとゲーム性があってそれはそれで面白いんだね。たまにはそういうのもいい。
サーフカヤック部門では自分の順番がくるまでは、みんなでアウトで待ってるんだけど、良いセットが来ると、「キター!」とか「この波に乗りてぇ!でも、まだ順番じゃない!」とか、みんなうるさい、うるさい。
敗者復活戦で私とドクさんとコミさんという知り合い同士の3人で乗ったのが、個人的には思い出となるヒートかな。プレイボートでは昨日から始めたマックナスティが本番でも成功。自分の才能が怖い。
コミさんは私のギザギザに削れたパドルを見て、グラスファイバーのささくれは自分も他人も傷つけてしまうよ、と言って、紙やすりでならしてくれた。そういう気づかいが要るんだね。今度からはやろうっと。

誰でも参加できるフレンドリーな大会だけど、プレイボートもサーフカヤックも準決勝あたりからは、やはりレベルが高い。去年のマツオカさんVSコウヨウさんも見ごたえあったけど、今年のキミドリさんVSタナカさんもすごかった。とくに、二人が同じ波に乗って、ブラント・パンナム・エアスクリュー・マックナスティ・スピン・と複数のムーブをしながら、自分のいる岸に向かってくると、うおおー!と興奮する。この興奮は現場で味わってほしいな。
(横に走るサーフィンは1つの波に1人というのがルールだけど、岸に向かって直進するフリースタイルの場合は1つの波に複数人が同時に乗れるので、それを岸側から見比べられる楽しさや同じ波をわかち合う喜びがあります。)
K-1のキミドリさん夫婦優勝、Sピンさんのシットオン優勝、ドクさんの敗者復活からのサーフカヤック4位など、私までめでたい気分になれた。
f0164003_21273864.jpg

f0164003_21282242.jpg

シットオンではボコボコにやられていたつ・あさんが四位。遠目に見ていると、ひどくやられているように見えたけど、本人は超楽しいって言ってたらしい。
シットオンっていうと沖縄あたりでゆったり漕ぐイメージだと思う。でも、サーフゾーンでのシットオンは人をHIGHにする魔力があるような気がする今日この頃。


運営してくれたスタッフゥ~に感謝いたします。

今年は参加されなかった方も来年はおいでませ。



・写真は通院好きさんより提供していただきました。
・マックナスティできたってのは、ウソよん。
f0164003_1711072.jpg

この写真はOonさん撮影。すでに酔っていて撮られた記憶なし。

by ya-ri-sa | 2008-10-05 21:09 | 海部 ・ フリーウェー部 | Comments(11)