カテゴリ:自転車部( 6 )

 

チャリンコ季報 9~11月

一年間続けたチャリンコ季報ですが、今回で終わりにします。ただでさえブログ更新がノロマなのに、自転車のことを書いてるとさらに遅れるので。

・ロードバイク

● 10月に群馬県中之条町を漕ぎました。

四万温泉にある柏屋旅館さんは、サイクリストやマラソンランナー向けの宿泊プランや日帰り温泉プランを考えてらっしゃいます。スポーツした後には、温泉や食事をお楽しみくださいという企画です。
柏屋さんは2016年度の「プロが選ぶホテル・旅館100選 企画部門」 に入選したほどの企画力です。

中之条町とみなかみ町を繋ぐ県道53号線とその周辺が、アップダウンやみどころがあり、オススメのコースだそうです。このたび、テスト走行をさせていただきました。柏屋のスタッフSさんが車で伴走してくれました。
単純に県道沿いに走るのではなく、眺めが良くて、走って楽しい脇道を、Sさんが教えてくれました。自分だけで来たら、地図を見て主要道路ばかり走ってしまうので、このように地元の人に自転車向きの道を教えてもらえるのは、ありがたいです。

今回の相棒はY嶋さん。最近はカヤックよりもロードバイクにハマってるようで、全国あちこちを走ってるそうです。Y嶋さんとはグラビティで出会ってから、もう10年のお付き合いです。初めて吉野川に行った時も一緒でした。

大道峠の手前にある、「富沢家 」からスタート。かつて養蚕で栄えた豪農の住宅です。
f0164003_15222880.jpg

秋晴れで、爽やか。稲穂がゆれる田園や、りんご畑の前などを通過。
f0164003_15222205.jpg

四万湖 (奥四万湖よりも下流)
f0164003_15221803.jpg

観光名所の甌穴 (去年ここ下ったなあとか思い出しながら)
f0164003_15221466.jpg


「金井農園」でりんごの試食ができました。それぞれ味に個性があって違いました。私は酸味のある品種を購入しました。
f0164003_15220208.jpg

四万川 水量は少ない
f0164003_15215469.jpg

柏屋旅館に到着。温泉に入り、柏屋カフェでランチをいただきました。
f0164003_15192069.jpg

柏屋カフェ
f0164003_15105114.jpg

積善館の建物はずいぶん古くなっていましたが、改修を始めたようです。来年はきれいになってるかも。
f0164003_15234712.jpg


今回は30km弱でしたが、観光しながらだと、これで半日ほど経つのでちょうど良い距離です。健脚のライダーなら、柏屋旅館~中之条町役場~みなかみ町を往復90kmに挑戦してみては。

このプランに興味を持たれたサイクリストは柏屋旅館へお問い合わせください。柏屋旅館を利用する際に、おすすめのコースを教えてくれますよ。



● 11月には渡辺さんと寒河江のサイクリングロードを走りました。西川町~寒河江市~山形市を繋ぐ自転車道です。
今回はその一部を32kmほど。来年は山寺まで行ってみたい。

渡辺さんは20年以上前のクロモリを2台所有しています。人生で三度目の自転車マイブームだそうで、保管していた自転車をレストアして、また乗り始めました。

今回はパナソニック。パナソニックがロードバイクを作ってるとは私は知りませんでしたが、クロモリ時代は高品質で高評価のメーカーだったそうです。
f0164003_14410582.jpg
f0164003_14412502.jpg


もう一台はこちら。クラシックでカッコイイ。昔のビンディングペダルはまるで乗馬のあぶみみたいですね。現在のビンディングは足首をひねればすぐに外れますが、こちらはきつく締めたらすぐには外れないみたいです。私ならコケるな。
f0164003_14421266.jpg

渡辺さんは、古い物にこだわってるわけではなくて、現在でも問題なく使用できるから使ってるというスタンス。スキーでも、パウダー向けの最新の幅広の板も購入されているし、同時に、昔ながらの紐の付いた革靴で履くテレマークスキーも現役で使ってます。ゲレンデによって使い分けてるそうです。

「昔は良かった。今はどんどん悪くなっていく。」と言う年寄りが私は嫌いでして、今の時代が嫌なら早く退場すればいいのにと思ってます。(←ひどい) 
年齢が若くても、それが口癖になってる人いますね。退場してください。(←ひどい)

渡辺さんは、「昔は良い点もあったけど、悪い点もいっぱいあった。現在のほうが改善されてて良くなってることたくさんあるね。」とサラッと言う。

どうすれば渡辺さんみたいに年をとれるんだろう。常に好奇心旺盛で、最新のニュースにも詳しく、年上だからと威張らず、年下だからと馬鹿にせず、いつも静かに笑っている、さういふものに私はなりたい。


11月下旬でしたので寒さが心配でしたが、カラリと晴れて、自転車を漕ぐと、風が涼しくて、気持ちの良いサイクリング日和でした。
サイクリングロードからは、遠くの山がクッキリと見えました。360度を山に囲まれていて、山形が盆地であることを実感しました。

ナベさんの背後は山形市方面で、2014年に登った雁戸山も見える。
f0164003_14413639.jpg

私の背後には、つい先月に登った葉山。今日は頂上のほうは白くなってます。もう寒くて登れないな。
f0164003_14414210.jpg

2015年に登った月山は、周りの山と比べても、ひときわ真っ白です。
f0164003_14414763.jpg

前から名前は聞いてたけど、どこにあるか分からなかった慈恩寺へ。

f0164003_15101197.jpg
山形県で「カヤック・登山・自転車」と、私の好きな三種目を遊べて満足だなあ~。


● ロードバイクに関する本を紹介します。
私がこの本を知ったのは、このネット記事を読んだから。短い文章ですし、なかなか興味深い記事ですので、自転車に乗らない人も読んでみてください。ほかの趣味やスポーツにも共通することかも。


自転車メーカーのオーナーでもあり元レーサーの著者が、昨今の「レーサーでもないのに、レーサーみたいな装備と技法で乗らないといけないような風潮が、自転車の本来の楽しさや便利さを台無しにしてしまっている」と説きます。
「短いライドは素晴らしい」 「生半可にライドに慣れてくると、短いライドを軽蔑する傾向があるが、それは間違いだ」と。最近の風潮に対立するような主張ですね。

もちろん、いままでガッツリ漕いできて、やり尽くした人が、このように主張してるのが有意義でカッコイイのであって、短距離しか漕げないヘタレの私が言いわけに使ってはいけませんね・・・。
f0164003_18164306.jpg

購入して読んでみたら、過激な内容ではなく、ほとんどが初心者向けのHow toものでした。私くらいのレベルが読むのにはいいけど、ベテランにはつまらないかも。
著者は、自転車界を批判する目的ではなくて、多くの人に自転車に乗って欲しくて、裾野を広げたくて、書いたのでしょう。


・マウンテンバイク

前回の チャリンコ季報6~8月 でも書いたとおり、夏まではMTBに多く乗っていて、上達も感じ始めていて、今年はMTBいっぱい乗るぞ~とやる気まんまんだったのですが、7月下旬に転倒して首筋を痛めてからは、すっかり意気消沈してました。
一ヶ月くらい痛かったし、ケガは嫌ですね。幸い、痛めたのは筋肉だけで、後遺症はありません。
カヤックは水深があれば沈してもケガしないけど、自転車は転ぶと硬い地面でケガをする。MTBが怖くなってしまいました。
今回のように、調子に乗り始めていた時に痛い思いをしたというのは、もっと大きなケガする前に、戒めになって良かったと思うことに。

2ヶ月ほど怖くて乗れませんでしたが、やっぱり乗りたいという気持ちになったので、10月に富士見パノラマの初級コースでレッスンを受けました。

パノラマは初めて。来年も行こう。
f0164003_14440215.jpg

レンタルでダウンヒルバイクに初めて乗りましたが、下りがラクでした。絶対に登らないと決めてるならDHバイクもアリですね。
でも、とうぶんMTBを購入するつもりはありません。いま持ってるハードテイルで精進します。
転倒するまでは、オールマウンテンのフルサスでも買っちゃおうかな~と色気を出してましたが、フルサスだとさらにスピードが出せちゃう(出ちゃう)らしいので、スピードコントロールがまだ適切にできてない私が乗るのは危ないかな。


日本では入手困難な sweet のヘルメットを特殊ルートで入手。色きれい。
f0164003_15235754.jpg

f0164003_15102586.jpg


短足に合うXSサイズのニーパッドも入手。前に使ってた安物はズレて不快だったが、今回のはズレない。
f0164003_15240316.jpg

マウンテンバイクを長年やってる人たちに聞くと、骨折なんて当たり前と言う。骨折しても続けてる人もたくさんいる。
でも、ケガして辞めた人もたくさんいると思うんだよね。その人は辞めたから、姿が見えないだけであって。
「骨折なんて当たり前」は、生存者バイアスだと思う。


この冬には西伊豆ヤマブシに初めて行く予定。楽しみ~。
へたっぴですが、ケガしない程度に続けていきます!! 
f0164003_15051623.jpg


by ya-ri-sa | 2016-11-30 09:38 | 自転車部 | Comments(2)  

チャリンコ季報 6~8月

チャリンコ季報は次回の9~11月で終わりにします。ただでさえブログ更新がノロいのに、自転車のことを書いてるとさらに遅れるので。

・ロードバイク
昨年の12月にロードバイク購入して、「冬のロードバイク最高〜♪  でも、夏は暑そうでやりたくないなあ」と思っていました。やはり、夏はまーったくヤル気がおきずに、ぜんぜん乗りませんでした。秋冬になったら、またやりますわ〜。

走行距離  少ない
6月 80km
7月 50km
8月 0km

SD自転車部
f0164003_1746493.jpg


わたなべさんの自転車。クラシックなスタイルでカッコイイ!
f0164003_18174268.jpg



・MTB
夏は、直射日光を浴びるロードバイクより、山の日陰でマウンテンバイクでしょ!と、けっこうたくさん乗りました。
グラビティに通ったことある人にしか伝わらない表現だけど、私のマウンテンバイクはグラビティのクラス分けだと、今は「中A」なんだと思う。まだカヤックがフラフラ・グラグラしてるものの、少しコントロールできるようになってきて楽しい頃だよね~。うんうん。


○ふじてんスノーパークに初めて行きました。

冬に続いてDAIKIさんのスクール。姿勢が少しは良くなったかな。
f0164003_1811253.jpg
ジャンプ台で飛んでる人いる。すごーい。
f0164003_17501126.jpg
ぴょーんとジャンプする姿を見て、フリースタイルカヤックを初めて見た時と同じ感想をもった。「すごーい。すごいとは思うけど、憧れはしない。自分ができるようになるとは思わないし、やりたいとも思わない。」そんな感想ですみません。でも、今はフリースタイルを楽しんでいるから、第一印象というのは変わっていくものなのでしょう。

バームも綺麗
f0164003_17505510.jpg

コース維持するの大変だろうなあ。
f0164003_17511544.jpg

ひとさまの自転車。DEVINCI(ダヴィンチ・カナダ)
f0164003_17515718.jpg



○トレイルカッターさんには2ヶ月あいだに3回も行った。うちから片道4時間以上で遠い。
f0164003_18141124.jpg
f0164003_1895352.jpg

毎回とても綺麗なトレイル。「絹ような道」と表現してる人がいて、良い表現だと思いました。
f0164003_17523657.jpg

ひとさまの自転車。SINGULAR(シンギュラー・UK)
サス無し。シクロクロス向けのフレームなのかな。それをMTB向けにアレンジ。こんなスタイルも良いな。
f0164003_17545638.jpg



○長瀞のBLSSさん。いままで初級だったけど初めて中級ツアーに参加。上級のコースも少しだけ。

f0164003_1757172.jpg

長瀞でかき氷を食べるの初めて。
f0164003_17561830.jpg

ひとさまの自転車。COVE(カナダ)
f0164003_17575360.jpg


○蓼科のポールさんのツアーに初参加。アットホームな雰囲気が良い。
f0164003_1834994.jpg

ポールさんが焼いてくれるハンバーグ
f0164003_18170100.jpg

ご一緒したIwtさんの御厚意で、初めて漕がせてもらったフルサス。TURNER。ハードテイルよりラク。
f0164003_1844241.jpg

ハナビラタケ。初めて見ました。バター炒めが定番で、食感が良いらしい。
f0164003_1864667.jpg


ってな感じで、夏の前半までは、MTBがかなり楽しくなっていました。
今年はマウンテンバイクにいっぱい乗ろう~!と気合い十分で、回数多く乗っていたし、上達を感じ始めていました。
ところが・・・。7月下旬に転倒して、首を打って痛めました。それで私の夏は終わりました。痛みが取れるのに一ヶ月くらいかかりました。
8月には静水で沈して、顔を打つし・・・。2ヶ月続けてケガ。
さらに、車のクーラーが効かないため、暑い昼間は外出する気になれなかったし。
ケガするわ、車のクーラー効かないわ、この夏は引きこもりがちのパッとしない夏だった。
秋から楽しむぞ!

助手席に扇風機。あまり効かない。
f0164003_1812455.jpg

by ya-ri-sa | 2016-08-31 17:10 | 自転車部 | Comments(2)  

チャリンコ季報 3~5月

・ロードバイク
冬の季報に書きましたが2月の走行距離235kmでした。3月は300km以上乗るかも~と予想してたけど、春は仕事が増えて多忙になり、雪どけでカヤックに行ってたりして、チャリ時間は減ってしまいました。

*走行距離
3月 110kmくらい
4月 150kmくらい
5月 150kmくらい

げ、激減! しかも、「くらい」でちゃんと測ってないし。

距離が減った理由としては、多忙だったのもありますが、長距離こぐと腰痛になるという問題が出てきたからです。
30km以上こぐと、ものすごーく腰が痛くなり、動けなくなってしまうのです。しばらく休むと痛みは軽減して、また漕げる。
痛くなるのは、姿勢が悪いからでしょうか? 腹筋と背筋が弱くて体幹を支えられず、腰に負担がきてるのかな。
途中で腰が痛くなっちゃうかもと思うと、同行者に迷惑をかけてしまいそうで、他人を誘いづらくなってしまいました。
「人と一緒に長距離」をやりたかったけど、とうぶんは「ひとりで短距離」をやってますわ・・・。ざんねん。
夏のロードバイクは暑そうで、今からヤル気がおきません。


3月初旬には、一日三種目
で、房総の早い春。
f0164003_0221495.jpg

f0164003_022448.jpg


4月初旬には、N村師匠と、木更津駅~鹿能山~上総湊~木更津駅、約80km弱をやりました。初めての長距離でしたが、N村さんが私に合わせてゆっくり走ってくれて、途中で腰が痛くなりながらも、ゴールできました。

桜咲く坂道を登って山頂を目指す。
f0164003_0183854.jpg

山頂
f0164003_0191990.jpg

登頂して息絶えた私。
f0164003_04449100.jpg

マザー牧場の前を通過
f0164003_034763.jpg



・マウンテンバイク
3月と4月に長瀞へ。昨年の夏に初めて長瀞の山を走った時は、とても不安定に感じたが、冬のDAIKIさんのレッスンのおかげで、今回はわりと安定して走れた。ボトムブラケット(BB)に乗る感じが、すこーし分かってきた。カヤックで丹田とかコアを意識するのとかなり似てる。常に感じられるのがベストだけど、カヤック同様に意識が抜けがち。そういう時はフラつくんだよなー。

4月初旬は長瀞の桜並木はちょうど満開でした。
f0164003_0324453.jpg

blssツアー
f0164003_033186.jpg

ひとさまの自転車。KONAというカナダのブランド。
f0164003_042159.jpg

長瀞はカタクリの群生地なんですって
f0164003_0435640.jpg

メリハリを感じない姿勢
f0164003_0431212.jpg

夏は涼しい長野方面へ行こうと思ってる。楽しみ。

by ya-ri-sa | 2016-05-30 23:43 | 自転車部 | Comments(0)  

チャリンコ季報 12~2月

・ロードバイク
2015年に自転車フォースの覚醒して、12月中旬にはロードバイク購入し、急に走り出したワタクシ。

一般的にはロードバイクは冬はオフシーズンだそうです。しかし、房総半島は冬はそれほど寒くなく、雪も降らないし、地面も凍結しません。漕ぎ始めは寒くても、走れば体はポカポカして、暑いくらい。冬で空気は乾燥してるので、汗をかいてもベタつかず爽やかです。というわけで、わたし的にはロードバイクのベストシーズンは冬!に決まりました。
夏は暑苦しそうで、想像しただけで萎えます。

最初はフラットペダルでしたが、2月からビンディングペダルにしました。
f0164003_17402350.jpg

シューズカバーすれば寒い日でも足は冷たくなりません
f0164003_17404272.jpg


*走行距離
12月 144km
1月 192km
2月 235km

12月は実質2週間ですから、けっこう走りましたね。
1回あたり20~30kmを、3日に1回のペースで乗ってます。2日あいだが空くと、ああ~乗りてえ~ってなってきます。
長距離はまだ走ったことがありません。最長で35km。
冬は頻回に乗れましたが、春からは仕事量が増えるので乗る回数も減りそうな心配。短距離でいいから、マメに乗ろうっと。

年末年始にNZに行った時も、オークランドでレンタルサイクルして乗りました。
f0164003_1734810.jpg

自転車専用レーンあると安心
f0164003_17343787.jpg


N村さんを師匠と呼びつつ、まだ一度も一緒に走っていない。
女子中学生に囲まれてアンケート回答を求められるN村師匠。良い人そうに見えたのかな・・・
f0164003_17372623.jpg



・マウンテンバイク
冬は栃木県茂木町の「DAIKIFREERIDE MTB PARK」に初級者講習を受けに行きました。
家からは遠いのですが、行って良かったー!!やっぱりプロライダーに基礎を教わるのは大事ですね。疑問に思ってたことが解消しました。
カヤックと共通することも多くて、ますます楽しくなりそう。

まずは姿勢から。正面から見ると悪くないように見えるけど・・・
f0164003_17522956.jpg

しかし、横から見ると、腰が反ってしまっています。
f0164003_17524935.jpg

腹筋と背筋が無いゆえに体幹が支えられずに、腰は反り、おなかはポコっと出てしまうのです。
日常の姿勢でも、筋力の弱い女性は反り腰になりがち。

この写真を見て思ったのが、もしかして私はカヤックの時も反り腰になっているのでは!?ということです。
カヤックでは骨盤を立てて、ニュートラルな位置で座るのが基本姿勢。骨盤が前傾しても後傾しても、反り腰や猫背になってしまう。
今まで私は、カヤックでは男性は猫背になる人が多いような気がしてて、概して女性のほうが背中がピーンと伸びてて姿勢が良いよな~と思っていました。しかし、カヤックではおなかから下はスプレースカートに隠れてて見えてませんよね。ピーンと伸びてるように見えて、スカートの中では反り腰になっているのでは!?
カヤックを漕ぐ時に「姿勢を良く、背中をピンと伸ばして」と自分に言い聞かせてきたし、自分の漕いでる写真を見ても姿勢は悪くないほうだと思っていたけど、実は反り腰だったかも!
ニュートラルなら上半身を大きくねじることができるけれど、反り腰のままねじっていたら、そりゃあ腰を痛めるわな・・・。
今度からカヤックでも自転車でもニュートラルを心がけようと思うのでした。


ゴリラかよ。
f0164003_1855368.jpg

by ya-ri-sa | 2016-02-29 17:01 | 自転車部 | Comments(0)  

自転車フォースの覚醒

フォースの覚醒、6回見ましたが何か?


カヤッカーには、自転車・オートバイなど二輪の経験者がとても多いですよね。両方やってる人に言わせると、体の使い方など共通点も多いとか。
自転車こぐの漢字は「漕ぐ」でいいのかな。

私は旅先などで自転車に乗り、「歩くよりも広範囲に移動できる&車だと通り過ぎちゃう所にも気づける」という点で、良いアイテムだなあと思っていました。

2013年にMTBを購入しましたが、ちょこっと乗るくらいでした。

林道に入ってみたり。
f0164003_1835729.jpg

川下りの回送に使ったり。
f0164003_18352016.jpg

2014年と2015年には車にカヤックと自転車を積んで、長期の旅もしました。
f0164003_18363962.jpg

ろくに手入れもせず、油もささず、チェーンは真っ黒でした。
しかし、2015年の中盤から、自転車楽しい~という思いがジワジワ強くなり、手入れもするようになり、シングルトラックにも行くようになりました。

長野・トレイルカッターさんのツアーに参加したり。
f0164003_18381152.jpg

f0164003_1837148.jpg

長瀞・blssさんのツアーに参加したり。長瀞はカヤックも自転車も両方できる。カヤックで長瀞に来ても川だけ見てて、周辺のことは知らないままでした。blssさんの案内で長瀞再発見できました。
長瀞は豆が有名って知らなかった。
f0164003_18391156.jpg


2016年は、山梨・ふじてん、長野・富士見パノラマにも行ってみたいな~。


そして、2015年12月にロードバイクも購入しちゃいました。
f0164003_18394479.jpg

シーカヤックもたしなむN村師匠、ご指導お願いします。
f0164003_18421374.jpg

N村さんにタイヤチューブ交換と輪行袋の入れ方も教えてもらった。これで自転車ひとり旅も行けるぞ~。カヤックもソロ、自転車もソロ、人生もソロ・・・(号泣)
f0164003_18402075.jpg

f0164003_18404724.jpg

しまなみ海道に行ってみたいな~
f0164003_18411114.jpg

ランニングすると体重のせいで膝を痛めそうですが、自転車なら膝への負担も軽いので、ダイエット効果もあるのではと期待しています。
最近の私↓ 自転車の漕ぎすぎで、すっかりスレンダーになりました。
f0164003_18361086.jpg

ウソです。拾い画像の台湾美女です。
実際の私。ちんちくりん。2013年 台湾の湖・日月潭でクロスバイクで一周30km。
f0164003_1554250.jpg


私がカヤックを始めたきっかけは、沖縄・北海道・四万十川・アラスカなど旅先のアクティビティとしてカヌー・カヤックに乗り、自然の中に分け入っていくのに良いアイテムだと感じて、ジワジワと面白いな~もっとやりたいな~と思ったからです。グラビティに通うようになってからも、すぐに熱狂したわけではなく、徐々にハマっていったという感じでした。道具を揃えるのも遅かったし。
ほかの人にカヤックを始めたきっかけを聞いてみると、すぐにハマッた・すぐに道具も揃えたという話も聞きますが。私は熱しにくいタイプなのかな。
自転車も、旅先でチョコチョコ乗るうちに、移動手段として有効かつ楽しいと感じて、徐々にハマってきました。
カヤックも自転車も、旅先でその魅力を知り、ゆっくりハマっていき、普段もやるようになっていったわけです。

私はリバーカヤックとシーカヤックのあいだに壁を感じておらず、どちらも楽しんでいますが、同様に、自転車もMTBとロードバイクの両方とも楽しめそうです。

私は「旅」と「人力移動」が好き。カヤックと自転車にその要素があるので、私の好みなのでしょう。

それから、「自転車は家の近所でも楽しめる」というのも長所です。カヤックでホワイトウォーターを求めると、私の家からは遠いです。御岳や長瀞も高速道路で2-3時間。タンの瀬は7時間。家を出発してから漕ぎ出すまでの時間が長く、車の運転がツライです。時間もお金も体力も奪われます。その点、自転車は家を出た瞬間から楽しく、小さな旅が始まります。
今後は、家の近所で遊ぶ、遠出せずに楽しむという方向へシフトしていこうと思っています。アホみたいに全国あちこちへ行ってる私がそう言っても信じてもらえないかもしれないけど・・・。

カヤックブログなので、自転車のことはたま~に書きますね。

by ya-ri-sa | 2015-12-31 18:27 | 自転車部 | Comments(0)  

高遠でMTBデビュー! カヤッカーMTB部、発足!?

ブログは基本的にカヤックのことのみですが、たまには番外編。

カヤッカーにはオートバイや自転車など二輪経験者がとても多いですね。特にマウンテンバイク乗ってる人が。共通点が多いのかな?
趣味はカヤックだけという私ですが、新しいことに挑戦すべくマウンテンバイクをかじってみることにしました。
近所の空き地で慣らしたあとに、長野県の高遠のトレイルカッターさんのガイドでシングルトラックにデビューしました。この日のトレイルカッターのブログ

一緒に参加してくれる人を探してみると、カヤッカーのMTB経験者の多いことに驚きました。予定の合った5人をお誘いして、私を含めた計6人で参加しました。男性陣のうち3人はオフロードバイク出身者。

MTB乗りの人がいましたら、今度は一緒に参加しましょう。ぜひ名乗りを上げてください。

林家の新型エスティマにMTBを3台載せて、高遠へ。
f0164003_013221.jpg

「おはようございます ヤリサ様」と幹事である私を熱烈歓迎。ちなみにワシの服装は、海パンにfinetrackのシャツ。カヤックの時と同じ。
f0164003_2135614.jpg

カヤックのヘルメットからGoProを取り外し、ハンドルに付け替えるヒロキ。
f0164003_23591576.jpg

つっちー&うっちーカップルも来てくれた。
f0164003_23392069.jpg

ガイド名取さんのお手本。姿勢が良くてカッコイイ。
f0164003_001230.jpg

へっぴり腰のワシ。
f0164003_002176.jpg

昼休憩では、台湾帰りのにごっさんがタピオカミルクティーを作ってくれました。
f0164003_005150.jpg

午後は別コース。立派な松の下で。
f0164003_019559.jpg

f0164003_01184.jpg

6人+名取さんと、GoProで集合写真。
f0164003_23403562.jpg

誕生日でケーキごちそうになりました。
f0164003_212987.jpg


今回は3回ほどコケたけど怪我するほどではなかった。私はカヤックよりも自転車のほうが怪我が怖いんです・・・。慣れてないだけかな。

あ~。楽しかった。自転車って素敵なスポーツだなあ。
・・・と、以上は、「MTBデビュー・天国編」。実は、「地獄編」もあるのです。この一ヶ月前に地獄のシングルトラックデビューをしていたのです・・・。

以下の地獄編は読まなくてもいいよ。

場所は、岐阜県のボルダリング有名スポットK知渓谷を有する山。K知の集落に住むDさんにとっては裏山である。Dさんがもうすぐ岐阜市に引っ越しするので、以前からやってみたかった企画 「家の裏山をMTBで降りてくる」を実行するというのだ。そのコースを「円空、逆落としコース」と名づけたそうな。
山を尾根沿いに縦走した後に、円空の岩屋を拝み、裏山の急斜面を滑降してくるという。
えっと、私、初心者なんですけど・・・。「大丈夫。カヤックと違って、下れないと思ったら、自転車を降りて歩けばいいから。」とのこと。

Dさんの奥様が登山口まで車で送ってくれた。トレーラーにMTBを積載。
f0164003_2142199.jpg

いってきまーす。この頃は笑顔だった。
f0164003_215693.jpg

F岳に登頂。ここまでは御丁寧なことに階段が整備され、自転車で漕ぎ登ることもできず、押して登るのみ・・・。
f0164003_2154671.jpg

そして、この後から写真は無くなる。地獄コースが始まり、写真を撮る気分では無かった。
縦走する登山道は、登山者が来なくなったためにトラックが無くなっており、背よりも高い笹が生い茂ってる。無論、自転車には乗れない。
Dさんも裏山に出るまでは、道が分からないという。GPSを頼りに、道なき道を笹をかき分けて自転車を引きずりながら登る。尾根沿いに到達するもう一つの山頂の前後には大岩があり、それを避けるのが体ひとつでもシンドイのに、なぜか自転車を引きずっている・・・。
やっと、Dさんが知ってる道に出たときには、日没。ヘッドランプを付けて、暗闇の急斜面を下山しましたとさ。上級者の2人は急斜面にトライしてましたが、初心者の私は、逆落としにならないよう足を踏ん張りながら自転車を引きずるのが精一杯。
自転車に乗ってたのは全行程の1割未満。自転車という10kg超の荷物を持った登山でした。下山してくる頃には、私は不機嫌に。初心者だと言ったのに、下調べもしてない道に連れて来るなんてヒドイ。カヤックの川くだりに例えたら、初心者なのに渇水のクリークに連れて行かれて、「難所はポーテージしてカヤックを担いでいけばいいよ。」と言われて、本当に川岸をずっと担いで歩いて、ボートを持ったまま岩を登ったり降りたりしたようなものです。んで、水が流れてないから、上級者もずっと担いでいたと。
マウンテンバイク、ちっとも楽しくない~。嫌いになりそう。カヤックも初心者の人を体験させる時は、いきなり激しい場所に連れて行かずに、ゆるい場所で、まずは楽しいと思ってもらうことが大切だな~と思うのでした。
私が不機嫌な顔をしてプンプン怒っていたら、オフロードバイク経験者でもある同行の2人が、「これまで数々のオフロードへ行ってきたが、今回が最悪のコース。今回のことを思い出せば、どこに行っても楽しいと思えること間違いなし!」と、妙な慰めをしてくれました。
でも、たしかに、これ以降はどこへ行っても、「ここは良いコースだなあ♪」と思えるようになっている!ありがとう!

にごっさんに写真をもらったので追加。
わたし。この写真だとかっこよく見えるわ!
f0164003_17592196.jpg

一本橋を行く名取さん。
f0164003_1801738.jpg

ヒロキも挑戦
f0164003_181116.jpg

不思議な集合写真
f0164003_1814249.jpg

by ya-ri-sa | 2013-06-08 21:01 | 自転車部 | Comments(4)