カテゴリ:川部( 198 )

 

春タン 2016

2016年の春タンは、3回の週末に行きました。
3月第1週、4月第2週、4月第3週、自分のこと、の順に記載。
JCF大会の感想は次回のブログ書きます。

・3月第1週  長崎8.80
イイジマニアさんと同乗してタンへ向かう。高速道路から見える山々の雪の少なさを見て、今年の雪の少なさを実感する。2~3月に気温の高い日があったにも関わらず、タンの水位の上昇が鈍いので変だなと思っていましたが、本当に雪が少ないみたい。

日陰は雪は残ってます。
f0164003_14443471.jpg

カヌーランドに長期滞在してる選手たちがホットドッグをふるまってくれました。
f0164003_14392936.jpg

なごやかな雰囲気
f0164003_14394356.jpg

山形市で宴会
f0164003_1444862.jpg


長崎9.0m以下の少ない水量でも、一応ウェーブの形してます。カートホイールする人も。浅いのでバックスタブなどで角度を出すと、岩に当たるようです。
f0164003_14432224.jpg

ダントツにレベルが高いのは、やはり小森さん。直角です。水面とカヤックが直角だし、人間とカヤックも直角。これぐらいスターンを立ててみたいものです。
f0164003_14402395.jpg

上の写真は連写で撮りましたが、この前の瞬間が下の写真。バウが高く上がってる。スターンが立つためには、その前にバウを上がってないといけないのね。
f0164003_14404092.jpg

私はこんなにバウを上げられないよう・・・。直角ブラントは夢のまた夢か・・・

半ちゃん連写。半ちゃんも直角ですが、やっぱりその前にちゃんとバウが上がってる。腹筋と背筋でしっかり耐えてる。
f0164003_1441051.jpg

小森さんも半ちゃんも、フィニッシュで上半身が起きてる。

わたし。なにこれ。なんかの虫か。角度5度。上半身が寝ちゃってる。ダサい。死にたい。
f0164003_1445266.jpg

1月のカイツナで2時間くらいボトムホールに乗ったのを除けば、フリースタイルするのは11月の吉野川から3ヶ月ぶり。久しぶりなので「ケガをしない」を目標に、土曜日はおそるおそるタンに入ってみれば、心配してたよりは乗れていたので、「サボってても、私ってばボートに乗れてるわ。さすが私。ウフ。」とか思ってた。欲が出てきた日曜日は、ブラントやバックスタブやろうとしたけど、ぜーんぜんダメ。できない。

日曜のタン動画。(いとーさん編集)
少なめの水量でも上級者たちは高角度・バラエティ多数です。



・4月第2週  長崎9.8→9.6 宮宿12.1→11.9
5週間ぶりにタンへ。この5週間はフリースタイルをしてなくて、ダウンリバーやシーカヤックや自転車や旅行などしてました。水量が増えてビッグウェーブになるなら、5週間も間を空けずに行こうと思ってたけど、けっきょく3月は増えないままだった。溶ける雪がもう無いみたい。こんな年もあるのね。

2013年~2014年は、このくらいの水位だと、一直線の巻き巻きホールで、上級者でも楽しめないコンディションでした。ところが今年は、一応ウェーブの形してますので、少し良い方向へ変わり始めてるようです。今後が期待できそう。
2013年のタンブログを読み返すと、「噂では、今年のタンの瀬は形状がイマイチ、水位によっては巻き巻きでfunではないとのことでしたが、たしかに以前のほうが良いなあという感じ。」と、オブラートに包んだ書き方をしていますが、内心は「クソだな」と思ってました。サーセン。

5週間前よりも約1m多いので、上級者たちの技も大きくなってきて、見てるほうも楽しいです。この週末の動画は後半に貼り付けてあります。
ウェーブはうっすらと三角形になってる。
f0164003_14452665.jpg


ウェーブの形は悪くないのに、みなさんはバシバシ決めてるのに、私のプレイはぜんぜんイケてない。去年はいろんな人に「上手くなったね」と褒められたが、今年は「苦戦してるね」と言われてしまう。
16ロックスターに慣れてないから、とか、3ヶ月サボってさらに5週間サボってたから、とか、ダサい言い訳を口にしてしまう。情けないやっちゃ。自分の漕ぎについての考察は後半に書きます。

ウサヒのようにヒザを抱えてションボリな私の後ろ姿。
f0164003_14462266.jpg

気持ちがクサりかけていたので、気分転換すべくダウンリバーへ。
ウェーブを拾いながらのダウンリバーは楽しく、気分がリフレッシュされたし、ボートの真ん中に乗る感覚が呼び戻された。
町民が一緒に下ってくれました。町民、ありがとう!
f0164003_14454225.jpg



・4月第3週。 長崎9.1 宮宿11.64
大会当日の水位は、多くはないものの、バラエティが出やすい、まずまずの水位になりました。もっと減ってしまうのではと危惧されていたので、ホッとしました。

前日には全国からSQTやOC-1などの選手たちも集まってきて賑やかです。
f0164003_14471472.jpg

大会日が近づくと、選手たちは緊張してきますが、なぜか私までドキドキしてきます。
みんなが実力を出せますように!と、いつも不純な私も、この時ばかりは純粋に願うようになります。

女子を撮るT田さんを撮ることに今年も成功しました。
f0164003_14482923.jpg


男子K-1決勝動画

JCFの大会の観戦記は、後日アップする記事に書きます。

大会が終わった後に、夕方に漕いでみたけど、やっぱり何もできなかった。仕掛けることすらできずヘコむ。
タンは難しい。簡単にはヤラせてくれないけど、その代わりいろんなことを教えてくれる。
今年は低水位だから魅力を感じない、水位の良い時だけ行けばいいや、なーんて思って3回しか行かなかったけど、もう少し通えばよかったかなと反省。


・自分のこと
昨年の調子こいてた頃の私。ほんとコイツ、ムカつくわ~。(いとーさん編集)

バックスタブそのものはイマイチですが、その前の動きで、後ろ向きでトップ取れてるし、ボートを走らせることもできてる。今年はこういう動きが出来ませんでした。

昨年と今年の自分の動画を見比べると、ヘンテコなブラントや角度が出てないのは同じだけど、昨年のほうが「ボートに乗れてる感」や「人間とボートの一体感」があるんだよね。
昨年は後傾になることはほとんど無いけど、今年は後傾になってて、体とボートが離れちゃってる。トップに来た時にニュートラル姿勢なら、走り出してブラントを打ちに行けるけど、後傾なので打てずじまい。

今年 前半は4/9(宮宿12.1 長崎9.8)、1:28以降は4/10(宮宿11.9 長崎9.5)


昨年


去年はブラントたくさん打てたのになあ~、今年はどうして出来ないんだろう~?、と思って、自分がブラント仕掛けてる瞬間の動画ばかり見返していましたが、大会が終わり数日してからやっとダメな点に気づきました。それは、サーフィンが去年よりも出来ていないし、雑!!
昨年の春は、その前の年に梅さんレッスンで教わったサーフィンを忠実にやっていました。でも、今年はそれを忘れてしまい、サーフィンの姿勢も間違っていたし、ウェーブ内の移動も雑。よって、トップも取れない。トップ取れてないのにムリヤリ打とうとしても失敗。
今後は、あらためてサーフィンを丁寧にやろう。ホールでもウェーブでも。

去年のタンブログの自分編には、去年も冬期の3ヶ月はサボっていたけど、ボートに乗れてるしみんなに褒められたと書いてあるではありませんか。だから今回だって冬期に漕いでなかったのは言い訳にならない。
昨年はサボっていても前年に漕ぎまくった貯金があったというのも、たしかに条件の違いではあります。でも、「無職なら上達できて、仕事に就くと退化する」なんてのはイヤだ。

自分はもうトシだからこれ以上は上達しないのかも・・・下手になっていくだけかも・・・なんて思って、気分が腐ることもあります。そんな時に、自分よりも年上の人が、毎年少しずつでも上達してる姿を見ると、自分もまだ頑張ろうかなと思えます。
カヤックも人生もクサらずにいこう。そう思うのでした。

「フリースタイルは若い人じゃないと上達できないから」「下手くそだと恥ずかしいから」と言って、フリースタイルから遠ざかってしまう人がたまにいますが、もったいない気がします。クサらずに自分のスタイルでやっていきましょう~♪

by ya-ri-sa | 2016-04-16 14:18 | 川部 | Comments(0)  

水上

9R /Pyranha 、なまらカッコイイ。
f0164003_1494973.jpg


湯原2.97 スキー場~銚子橋  5人で。( テ、ホ、ネ、坂、私 )

今年一発目の水上へ行きました。川相はそんなに変化なし。何カ所かユンボが入ってました。
マダムキラーが落差が増したように思えたけど、水量が少なめだったからそう感じたのかも。
あしま園の前に形の良いウェーブホールがありました。burnでもスピンできたので、フリースタイル艇ならもっと長乗りできそう。深さは不明、そんなに深くないかも。砂利で形が変わりやすい場所なので、そのうち無くなっちゃうかも。

ダイナマイトのスカウティング
f0164003_1410838.jpg

確固たる信念も無く、なんとなく真ん中を通った
f0164003_14103879.jpg


4月中旬で桜が見ごろでした
f0164003_1411596.jpg

f0164003_14192167.jpg


ナメきった態度でゴール
f0164003_14112277.jpg


育風堂のカツ丼を食べて解散。ソーセージをみやげに買った。
f0164003_14182657.jpg


川の話はあっさりおしまい。

モノの話を3つ。9R、アストラルPFD、ピラニアのネジ、について。

ピラニア9R が日本にも入ってきました。まず、見た目がカッコイイですね。「見た目がカッコイイ」というのはカヤックにおいて超重要な要素です。
性能はもちろん良さそうですが、271cm・295L は私には大き過ぎます。
並んでるのはHero /Jackson
f0164003_1411433.jpg

バウ。ブーフ着水してすぐに走り出してくれそう。
f0164003_14115887.jpg

スターン。スパっと切り落としたようなスターンは近年の流行なのかな。
f0164003_14122164.jpg

流行といえば、Aniol & Gerd Serrasolses兄弟がブーフの時にやる、頭が水面に付くほどの極端なリーニングも流行りなのかな。「俺はここまで傾けちゃうぜっ!」みたいな。例:動画の1:46



Astral のPFDを購入しまして、良く出来ていて感心したので紹介します。
買ったのはフリースタイル向きの「YTV」と女性用「LAYLA」
f0164003_1413288.jpg


YTVは人気商品ですね。着てる人たちの好評を聞いていたら私も欲しくなり、昨年の夏頃に探したけれど希望の色やサイズは売り切れでした。今年は確実に入手したかったので、冬からオーダーを入れてました。
着心地が良く、締め付け感がありません。フリースタイルでは体を大胆に動かしたいですが、それをさまたげません。
(黄色線)圧迫感を感じない理由がフォーム形状です。腹部はフォームのボリュームありますが、胸の部分で薄くなっているおかげで上半身・肩回りが大きく動かせます。
(ピンク矢印)肩に反射テープが付いてますが、線が細くて悪目立ちしません。でも暗所ではしっかり光ります。
(青矢印)裏地に柄があってオシャレ。ヤンキーの学ラン的なオシャレ感・・・
(緑矢印)下部は直線的なラインになっててスプレースカートと干渉しにくい。メッシュと穴で水切れも良いように工夫されてる。
f0164003_14131962.jpg


実物を着てみるまではスッキリしたデザインなのでフォームが薄いのかと思っていましたが、実物はボリュームは意外とあるので流水で泳ぐことになっても心強いです。肩ベルトもしっかりしてるので、強く引っ張るようなレスキュー場面でも安心です。他社商品にも見た目がシンプルなPFDがありますが、フォームが薄かったり肩紐が細かったりと、競技会での使用ならいいけど、川下りではやや頼りなく思えます。
ポケットは中央ではなく、サイドに2つあり、小さいです。耳栓やホイッスルくらいで、カメラは入らないです。
f0164003_141774.jpg


下の写真は8年ほど前に購入した、YTVまたはSEAWOLFの前身モデルのようなシンプルなPFD。こちらも肩回りが大きく動かしやすいという長所はありました。しかし、肩紐は長さ調整が不可のため小柄な私だと紐がフィットしません。肩紐は使用につれて伸びてヨレヨレになってしまいました。
腹部のフォームが横方向と縦方向の2枚に分かれており、動きやすさには貢献していましたが、見た目にスマートと言えず、縦方向のフォームが垂れ下がってスプレーと摩擦して表地がボロボロに剥けてしまいました。
背面のフォーム形状ものっぺりとしていますが、現在のYTVは立体的なカットで後姿もスマートです。ウエストベルトを締める時に引っかかるような感じがありましたが、現在のYTVはスムーズに締まります。
このように商品を進化させているところに企業努力が感じられて誠に好感。何年間も同じデザインのままのメーカーだってあるのに。
f0164003_12133734.jpg



YTVについてだいぶ語りましたが、女性用LAYLAはもっとスゴかった!
私はアウトドア用品を買う際は女性用の商品があればそれを買うようにしています。女性でも体格の良い人なら男性用でも合うでしょうが、私は体が小さいのでやはり女性向けに工夫されてる商品のほうが合います。

女体に合わせたフィッティグが優秀です。LAYLAは腹側は3面、背側は2面、計5面のフォームから成っています。(背側の内部パネルも含めたら7面)
黄色の線で示したようにヒンジになってて、女性の丸みのある体に沿うように出来ています。
f0164003_14142480.jpg

他社の男性向けのPFDにみられる直線的にカットされた一面のフォームだと、女性が着るとウエストや肩からフォームが離れてしまいます。LAYLAなら肩やワキから離れずにピッタリと沿い、見た目だけでなく安全性がアップします。
ウエストベルトは3本(黄色矢印)
f0164003_14173324.jpg

着た時は自然すぎて気づきませんでしたが、おっぱいに当たる部分のフォームを触ってみると、柔らかく、さりげなくカップ形状になっています。おかげで圧迫感がありません。おっぱいフォームにカポック繊維という天然素材を採用してるようです。カポックは柔らかく軽く、水を吸わずに浮く繊維だそうです。
アストラルにはPFDのラインナップが10種以上あり、女性向け商品が少ないカヤック業界で、ここまで女性に特化して開発してるのが好感。
f0164003_14163588.jpg

目立ちませんが実はレスキューベルト用のスリットがちゃんと入ってます。下部はYTV同様に直線的でスプレースカートと干渉しづらく、メッシュと穴で水切れ良さそう。肩に反射テープあり。センターポケットはカメラが入る大きさで、ポケット内に小物用の仕切りあり。サイドエントリーなので巨乳でも着やすいです。
f0164003_1414103.jpg



・ピラニアのポジネジについて。
子持区間の記事でネジの増し締めについて書いたところ、何件かお声をいただいたので紹介します。(私自身は未確認の内容を含みます)

f0164003_14223190.jpg

#声1 ピラニアのネジはポジネジなので、専用ドライバーで締めたほうがよい。
上の写真をご覧ください。「+」ではなく「米」の字になってるのが分かると思います。これはポジネジという規格です。→ 参考になるサイト
プラスドライバーで締めるとネジ頭をナメることになってしまいます。トルクをかけずに弱い力で締めればプラスドライバーでもやれないことはないですけど、他人に推奨しづらいですな。

#声2 ゆるみやすいシートのネジを通常のプラスネジに変更する。その際にネジの長さを長いものにする。ゆるみ防止に座金をスプリングワッシャーに変更する。

#声3 Oリングが劣化する。劣化してたらホームセンターの水道コーナーで新品を購入して交換。

だそうです~。

by ya-ri-sa | 2016-04-12 13:55 | 川部 | Comments(0)  

丹波川 class5ブーフクリニック

f0164003_943182.jpg


本題に入る前に・・・この週末はいろいろ充実していました。カヤック以外のことは書かないようにしていますが、たまには。

金曜夜は野田MAPの舞台「逆鱗」を鑑賞。松たかこ、阿部サダヲ、井上真央、瑛太、と豪華な俳優陣の共演が観れました。
席が前のほうだったので役者たちの表情もよく見えました。満島真之介さんは映画「風俗行ったら人生変わったwww」ではキモくてオタクっぽい冴えない男でしたが(そういう役だった)、実物は美青年で驚きました。
ストーリーの前情報なしで行ったら、後半の展開が意外でした。見終わったあとに、人間魚雷・回天のこと調べちゃいました。
f0164003_96157.jpg


土曜日は長瀞でマウンテンバイク。
ひとさまの自転車。高そう。MONDRAKERモンドレーカーいうスペインのブランド。初めて見た。
f0164003_856966.jpg

長瀞の大沢屋の黒豆は美味しい。
f0164003_8534821.jpg


土曜の夜は青梅のOさん宅で、シェフ今井ちゃんによる出張イタリアン料理のフルコース。
f0164003_8563116.jpg

f0164003_8565144.jpg

f0164003_8582724.jpg

御岳カヤッカーでもある今井さんが、お宅の台所で料理を作ってくれます。後片付けも。
東京西部にお住まいのかたはホームパーティの際にお願いしてみてはいかがでしょうか。幼児やお年寄りがいて外食に出かけられない家族などにもとても良いと思いました。カフェ&ピッツア アクアヴィータ


日曜・丹波川ロアー区間へ。3月に入って暖かい日々が続いていましたが、この週末はとても寒かったです。奥多摩は夜には氷点下だったようで、山の上は白くなっていました。すごく寒いのに、花粉は大量散布という状況でした。奥多摩の花粉は凶暴ですね。

この日の class5ブログ     柿の種仙人ブログ

以前から参加してみたかったブーフクリニック。とても良かったです。もっと早く受講すれば良かった~。
教わったからすぐ出来るわけではないけど、柳本さんが言ってることは理解できました。普段のダウンリバーから意識していこうと思いました。

参加者はなんと8人も!人気のレッスンです。class5を始めてから6年、柳本さんの地道な努力が実を結んできたのでしょう。
8人のうち4人が女性。やる気のある女性が多いですな。
f0164003_952770.jpg

丹波山-0.60といつもの水位から水位計は変化ないものの、前日の雪でちょい増え。
前回くだった時の記憶は「ロアー区間は単調だなあ」でしたが、久しぶりに漕いでみると距離はあるし変化に富んでいて、良い区間だなあと記憶を上書き保存しました。
f0164003_95537.jpg


柳本さん。この静止画だけで、「ちゃんと漕げてる人」ってのが分かりますね~
f0164003_912827.jpg

わたし。漕げてない人・・・
f0164003_914125.jpg


すやまさん&ひらさんコンビに会えたのが嬉しかった
f0164003_8573619.jpg


ひらさんの RECON / WAVESPORTS. 持ってる人は珍しいのでは。丈夫そう。
f0164003_94015.jpg

リーコンと発音するのかな。「りこん」なんて縁起悪いと言ってる既婚者がいて、考えすぎじゃないかと独身の私は思いました。しかし、もし「ぼっち」という名前のカヤックがあったら私は乗りたくないので、気持ちが分からないでもないなと思い直しました。

後半のドロップでの私。ロアーも面白い。
f0164003_941698.jpg

写真はすやまさんからもらいました。

久しぶりに小作の骨豚亭でラーメン。別添えのジュレを途中で入れると味が変わるのが面白い。
f0164003_855413.jpg

数年前はハマってよく食べていたが、今たべると以前ほどウマイと思えない。私の味覚が衰えてきたのだろう。前ほどラーメン好きじゃなくなってきた。

by ya-ri-sa | 2016-03-14 16:31 | 川部 | Comments(0)  

利根川 子持区間

Pyranhaユーザーのみなさん~! 増し締めしてますか~? ゆるみのないようにお締めください。
f0164003_18325288.jpg

コーミングの裏など目立たない場所もお忘れなく。とくに大事なのがフットブレイスのネジ!
f0164003_18331480.jpg

フットブレイスのネジが緩んでいると、喫水にかかる場所ですからザブザブ水が入ってきますよ(経験アリ・・・)。足が当たって緩みやすい箇所なので、ココは毎回チェックです。

ところでピラニアのニューボートの9R、見た目がカッコイイすね。スペックみると、私には大きいんだなあ。日本にも今シーズン入ってくるのかな。
9Rに乗るGerd Serrasolses の動画


・利根川 子持区間 大正橋 約1.0m 約9km 
ずっと前から子持の名前は聞いていましたが、なかなか機会が無くて、やっと漕ぐことができました。

7人で。5人は子持リピーター、私と秋さんは初めて。3人が女性。関東は女性が多くてイイね。
f0164003_19545778.jpg


回送しながら、3つの瀬を道路からスカウティングしました。せっかく道路からスカウティングできるんだから毎回見たほうが良さそうです。
f0164003_1837372.jpg


ひとつめ・綾戸の瀬
左カーブしてる。三つ股に分かれており、本流は右岸側。
f0164003_20124382.jpg

この写真は瀬の下流側から見てるから全貌が見えてるけど、実際に瀬の入り口に行ってみると、カヤックの目線からは瀬が見えづらかったので、私は中州に上陸してスカウティングしました。

上の写真の下流側
f0164003_18432698.jpg


ふたつめ・キャンプ場の瀬
岩がたくさん出ていてエディを繋ぎながら下るのが面白そう。
私はエディを取りながら、瀬の最後にある赤丸で囲んだ岩裏のエディを取りました。ここは増えたら捕まるホールになるかも。
f0164003_18441194.jpg

f0164003_1844327.jpg

今日は流速が遅いからフェリーしながらエディを取る余裕があった。しかし、水量が増えたら小ホールが多数できるだろうし、流速が早い場合は無理にフェリーにすると沈して岩に体をぶつけそう。
左岸側はコンクリートブロックが入ってるので近づかないように。

みっつめ・水管橋の瀬
やや長い瀬。半分くらい来た所で広いエディがあるから、そこで一時停止しても可。
以前は流れが左岸のテトラポットへ向かっていたようだが、この日はそちらへの流れはなかった。
f0164003_18535884.jpg

f0164003_18541651.jpg


プットインするどうこさん。2年前の台湾でご一緒して以来でしたが、2年前よりずっと上達されていて驚きました。class5柳本さんの指導のおかげでしょうか。個人的にも積極的に漕いでるようですから経験を重ねたのもあるのでしょう。私もがんばろっと。
f0164003_185864.jpg


下ってる最中の写真ナシ。防水カメラを持たないと、水の上で写真を撮らなくなってしまった。

今回は水量少なめとのことでしたが、十分に楽しかったです。ダウンリバーの練習になる良い川でした。
やっぱりダウンリバーは良いなあ~。シーズン幕開けを感じさせる暖かい日でした。


解散した後、私は前橋市へ移動して、桃ノ木川沿いのサイクリングロードを20kmほどロードバイクで走りました。一日二種目だ。
赤城山を眺めながら。
f0164003_19112077.jpg

by ya-ri-sa | 2016-02-27 18:29 | 川部 | Comments(0)  

プールでカヌー運動会@仙台市

みなさん、お気に入りのブログを読むためのRSSリーダーはお使いですか? まだ使ってないならFeedlyをオススメします。
RSSリーダーを使ってないと、更新されたかどうかも分からないのにブックマークからいちいち見に行くことになり手間がかかります。
Feedlyは英語サイトですが、使い方はとても簡単です。[Add content] に、ブログ題名またはURLを入力するだけ。例えば、このブログの場合は extragirl.exblog.jp をコピペしてください。
[Collection]でフォルダ分けもできますので、Kayak、仕事関係、料理、etc...と名前を付けて分類できます。モバイル向けアプリもあるので、PCとスマホの両方で読めます。
↓このバナーをクリック!
follow us in feedly


仙台市カヌー協会さまのイベントに参加しました。真冬に温水プールで漕げるという魅力的なイベントでした。

前夜に仙台入りして、田中ペーさん紹介の店・国分町「くいもんや森」で地元カヤッカーと語らいました。

翌朝、仙台の某コンビニで待ち合わせ。ヌマちゃんが迎えに来てくれた。
「カヤッカーに好意的すぎるコンビニ」と噂には聞いていたが、本当に好意的だった。
f0164003_2122067.jpg

店内には地域の情報案内とともにカヌー体験の案内も掲示されてる。地域密着なコンビニだ。
f0164003_2151431.jpg


宮城県の運動公園、グランディ21。立派な施設。公園や運動施設は首都圏より地方のほうが恵まれてるよねー。
f0164003_2124186.jpg



カヤックを洗浄
f0164003_213296.jpg


競泳プールの隣にある、飛び込み用プールを使わせていただきます。
f0164003_2152544.jpg


女子中学生に優しい元やん。私には冷たいくせに。
f0164003_2134367.jpg


水の上で、カヤック乗り換え。バランス崩すとボチャーンと落水。
f0164003_214789.jpg


白熱するカヤックポロ。
f0164003_2142477.jpg


スーさんが持ってきてくれたスクォートにみなさん興味津々。
f0164003_2143578.jpg

すぐにカートホイールに挑戦する元やん、センスあるなあ。スクォートやればいいいのに。
f0164003_20594944.jpg


仙台市カヌー協会さま、お世話になりました!
f0164003_2114344.jpg

by ya-ri-sa | 2016-02-07 14:46 | 川部 | Comments(4)  

Kaituna river & Tarawera river

前記事で 「今後は、家の近所で遊ぶ、遠出せずに楽しむという方向へシフトしていこうと思っています」 と書きましたが、その舌の根も乾かぬうちに南半球で漕いできました。

カイツナ川を訪れるのは2008年1月のスピリットのツアー以来でしたので、丸8年ぶりでした。NZに再び行きたいと願っていましたが、なかなかタイミングが訪れませんでした。今回、町民とオオバちゃんからお誘いをいただいて、喜び勇んで参加しました。
f0164003_142845.jpg


川には3泊4日。私はその前後にはオークランド観光しました。

12/31 朝・オークランド空港で集合、ロトルア湖の宿へ。
1/1  カイツナ1本+ボトムホール少し
1/2  カイツナ2本+ボトムホール少し
1/3  カイツナ2本+タラウエラ1本   夜・オークランド空港で解散

Okere falls. 二段の滝です。
一段目・町民
f0164003_0484699.jpg

わたし
f0164003_049123.jpg

二段目・町民
f0164003_0492051.jpg

わたし
f0164003_0495142.jpg


Tutea falls. 約7m (私はこちらの名前がオケレフォールだと勘違いしてた)
オオバちゃんは初日はトポデュオで。
f0164003_0501466.jpg

わたし。初回は、着水したらすぐに艇が走り出して、その速さに体がついて行けずムチウチみたいになって首を痛めた。
f0164003_19939.jpg

OkereもTuteaも展望台から望めます
f0164003_0595099.jpg


後半の瀬。16Rockstarのボトムが見えていますが、これもTutea fallsと同様に、シュートを降りたらすぐに艇が走り出し、上半身が置いてかれて、のけ反ってしまっています。私が艇をホールドできていない証拠ですね。。。
f0164003_0512714.jpg


ボトムホールは短時間だけ。もう少し多い方が良いみたい。次々とラフトボートが下ってくるので、あまり入れませんでした。
f0164003_0515826.jpg


町民が借りた Tutea/ WAKA kayaks
f0164003_0522285.jpg

あれれ?サットン兄弟がadidas SICKLINEで乗ってた Tuna/ Bliss-stick にそっくりだぞ。と思ったら、Tuna は両社ともラインナップしていて、Tuteaは小さめサイズのようです。
Tutea は動きが素直で、サイズも日本人男性に合ってて、かなり良さげ。日本に入ってこないかなあ。

私はカヤックは持参せずに、手ブラ(手でブラジャー)でNZへ行きました。ダウンリバーが主目的で短期間ならレンタルで十分かと思います。16Rockstarは今回はたまたま借りられましたが、常にあるわけではないようです。
私が3日目に借りた JAVA/perception 。とても乗りやすかった。サイズも合ってる。川下りはフリースタイル艇よりもこちらのほうがやっぱり楽しいです。
f0164003_0523859.jpg


水量はゲートが3つとも200。少なめ。2008年もこのくらいでした。
f0164003_0525854.jpg


SICKLINEで2010年から三連覇という王者Sam Suttonもラフトガイドとして働いています。
f0164003_0532050.jpg


3日目は午前にカイツナ川を下り、午後から車で1時間ほどのタラウエラ川へ。
雨や曇りがちの3日間でしたが、最終日の午後になって晴れてくれました。
f0164003_0541947.jpg

私たち3人の他にBradley、Anna、カヤック初心者の2名の計7人で。
f0164003_055738.jpg

誰も撮ってなかったので、川の写真なし。川幅は狭く、落差は無くて、ほとんど1級の瀬。ゴール直前だけが落差あり、2~3級のやや長い瀬でした。
とっても雰囲気の良い川ですっかり癒やされました。森の中を川散歩できました。

Samの弟のJamie。シックラインでの最高位は2014年の3位。「今年こそチャンピオンになるよ」と意気込んでいました。日本から Sutton兄弟を応援しましょう~。
f0164003_046915.jpg

ジャクソンカヤック Regional teamに所属してるUSAの Anna Brunoは毎冬NZ滞在だそうです。フレンドリーで優しい。昨年の世界大会で女子スクォートで6位入賞しています。モトコやヒトミと一緒に漕いだよ~と話していました。
f0164003_0462640.jpg

そして3日間カヤックガイドをしてくれたBradley!! Nice guy!! カヤックのテクニックはもちろんスゴ腕。それだけでなく、私たちがなるべく多く漕げるように考えてくれたり、カイツナ以外の川も連れて行ってあげたいと言ってくれたり、カヤック以外の時間の過ごし方も提案してくれました。
f0164003_0474479.jpg

ブラッドリーが代表を務めるKaituna Kayaksは私が2008年に訪れた頃はケニー・マットンがオーナーでしたが、数年前にブラッドリーに譲ったようです。

さて、このブログの右上にある滝の画像はNZのHuka fallsです。2008年に私が撮影したものです。写真のような水色で、水量たっぷりの迫力の滝です。ブログは2008年の春から始めましたが、直前に訪れたNZで印象の強かったフカフォールをプロフィール画像に選びました。

ブラッドリーがサットン兄弟と一緒にフカを滝落ちした時の写真を見せてくれました。3人ともTuna/ WAKAに乗ってます。

f0164003_0554227.jpg

左岸から見た滝。大きさが伝わります。
f0164003_0561260.jpg


カイツナカヤックスは、サットン兄弟が働くロトルアラフティングとベースを共有しています。
f0164003_134199.jpg


出発する前はたった3日間のために飛行機代など大金を払ってNZまで行くのはもったいないような気がしていました。しかし、たった3日でもたくさん漕げたし、やはり来なければ、見れない物・得られない感覚、これらを経験することができました。
ほとんどの社会人が長期の休みは取れないと思いますが、今回のプランなら通常の年末年始休暇でも実行可能です。思い切って海外カヤックキングに出かけてみてはいかがでしょうか。
class5では、今冬は企画されませんでしたが、次の冬はNZツアーの企画をしてるようです。海外旅行や英語が心配という場合は、そのツアーに参加されては。今のうちにclass5柳本さんに参加検討してる旨をメールしておくと予定が合わせやすいでしょう。


以下はカヤックあんまり関係ないから読まなくてもいいよ。

プットインの場所のすぐ近くにあるオケレフォールズストア(OFS)はカフェ&オーガニック食材店で、ラフトガイドやカヤッカーに人気の店ですが、一般的にも有名な店だそうです。
f0164003_058547.jpg

OFSのチリドッグ、うんまー。
f0164003_145995.jpg

OFSの看板でお約束
f0164003_152162.jpg


宿泊はオオバちゃんが予約してくれました。小さなコテージ貸し切りです。粗末なバックパッカーズを覚悟していたのに、湖畔の素敵な宿で過ごすことができて、うれしい驚きでした。
f0164003_0582420.jpg

外食もしたけど、部屋のキッチンでの自炊が美味しかった!
f0164003_16074.jpg

盛り付けにもこだわりました
f0164003_154236.jpg

8年間、ずーっと食べたかった Green Mussel !! ガーリックバターと白ワイン蒸しで激ウマ。
f0164003_114273.jpg

三晩三人で、よく飲みました。
f0164003_103290.jpg

「ブログに変顔で載りたい!」と本人が希望したので・・・
f0164003_104950.jpg

朝食もちゃんと作って、湖畔でいただきます。セレブかよ。
f0164003_161865.jpg

楽しい三日三晩でした。友に感謝。
f0164003_111529.jpg

by ya-ri-sa | 2016-01-03 19:14 | 川部 | Comments(2)  

吉野川 14回目のBOKE

年に2回が目標の吉野川。毎年目標達成していたが、2015年はこの一回だけとなりました。
現地で御一緒してくれた皆様、ありがとうございました!
写真はK石隊長、いわささん、いとーさんからもらいました。

11月の三連休に、関東から5人組で行って参りました。
金曜夜に集合。ハイエースに5艇を積む。みんなの力を合わせる。私は見てるだけ。
f0164003_21414215.jpg

遠征最強のハイエースのおかげで、体がラクでした。車を出してくれたいとーさんに感謝です。


11/21 豊永0.36 下名1.56 池田ダム40t
K石隊長、まっちょさんと小歩危。
この日の K石隊長ブログ  

水が綺麗で嬉しい。吉野川の水・グリーンウォーターが大好きです。この水に触れたくれて、遠路はるばる来ちゃう。
f0164003_20411692.jpg


少なめの鉄橋ホールというと、つかまりがちで遊べないイメージだったが、この日は鉄橋ホールが意外と遊べて、かなり長居してしまった。このあとにも、遊べるスポットがいくつもあった。
われわれ関東組はスポット貧乏性なので、常日頃から、「このスポットが、この川で唯一の遊べる場所かも・・・」という強迫観念に駆られてるいる。そのため、最初の鉄橋ホールで体力を使ってしまい、ゴール近くの川口上ウェーブに到着した時には、遊ぶ元気は残っていなかった。体力の配分ミス。

鉄橋のまっちょさん
f0164003_20342234.jpg


5人のうち、私とセトッチはbokeリピーター、あやさんは昨年7月に大bokeのみ、いとーさんと大塚さんは初bokeです。初めての人が一緒だと、緊張感が伝わってくるのが良い。

いとーさんは、瀬の入口に来るたびに、緊張で顔が青ざめていた。
f0164003_2048418.jpg

スカウティングも念入りに。私もスカウティングはなるべくします。見てから下ったほうが面白いと思うから。
f0164003_20492580.jpg

全員が無難に下りました。ゴールして間もなく、薄暗くなりました。

恒例の「とんちゃん」 
このメンツですからネチネチダウンリバーになるよね。
f0164003_21203563.jpg

とんちゃんの次は「bar g(グラム)」へ
f0164003_2055548.jpg

ウイスキーグラスを傾ける渋い中年・いとーさん。明日こそ小歩危に勝つ。
f0164003_20564140.jpg

とんちゃん→グラムのコンボムーブをやりたいがために、T旅館が常宿です。


11/22 豊永0.31 下名1.53 池田ダム35t
まっちょさん、いわささん、やまもとさんと小歩危。
この日の なるへそブログ
昨日はビビリまくって顔が青ざめていたいとーさんが、二日目ともなると余裕なのか、瀬の入口でバウステとかしていました。昨日との態度の変化が笑えた。

大滝を行くまっちょさん
f0164003_21112137.jpg


昨日よりも少し減ったら、各スポットが遊びやすくなっていました。
ゴール近くの川口上ウェーブは楽しかった。ここで、体重60kg弱のやまもとさんに私の16Rockstarを試乗してもらったら、普段乗ってるJITSUよりも合っているようで動きが良さそうでした。後日に購入されたようです。
今回、16ロックに乗っていた全員が感じたのが、やっぱりボートがヤワいこと。ダウンリバーで岩に乗り上げたりすると、足に岩の形が伝わってくる。フリースタイルプレイで岩に当たると、あっさり削れる。あくまでフリースタイルに特化して造られたボートであり、水深の浅い川を下るのは用途として誤りってことですかねー。

まっちょさんが積むのを手伝ってくれてるというのに、いとーさんはヒゲ剃りしてるし、あやさんはヘラヘラしてる。私は見てるだけ。
f0164003_21394124.jpg


伊予三島の鳥料理屋
f0164003_21201251.jpg

宿に戻って、K石隊長の動画を見て盛り上がる。


11/23 豊永0.32
この日の K石隊長ブログ  なるへそブログ

A-honさん、隊長、いわささんと大歩危ショート(豊永~岩原)。
水位からしてあまり期待していなかった三段の瀬でしたが、意外と遊べて、長居してしまった。

三段ホールは盛況
f0164003_21344280.jpg

A-honさん
f0164003_21285033.jpg

大塚さん
f0164003_21292690.jpg

あやさん
f0164003_21304035.jpg

セトッチ
f0164003_21295270.jpg

↑セトッチはマックナスティの瞬間。写真だけで何をやろうとしてるか分かるのって、出来てる証拠だよね~。
↓いっぽう、私は何がしたいんでしょうね・・・
f0164003_21321510.jpg

かいもとさんの頭の向こうにブザマな私
f0164003_21363191.jpg

カートは2エンドまで。3エンド目指して来年からガンバリます。(今から頑張れよ・・・)
f0164003_21334084.jpg

野球場のうどん食べて帰りました。
f0164003_21372638.jpg

やっぱりbokeは良い。(←shadowブログ風)

by ya-ri-sa | 2015-11-23 20:01 | 川部 | Comments(0)  

秋のタン3

10月に3回、タンの瀬三段目へ行きました。タン3の形状は特に変化なし。
f0164003_1720496.jpg

春のタン1以外の季節はいつでも漕げる。毎日漕げる、これってスゴイこと。関東に毎日漕げるスポットなんてあるだろうか。今日は出てても、明日は消えてるとか、そんな感じが関東では普通だもんね。

日が暮れるまで漕ぎます。みんな元気だな~。
f0164003_17212344.jpg

約一年ぶりに三段目で漕いでみたら、自分がまっっったく成長してないことが分かって、落ち込む。この一年、漕いでたつもりだったけど、成長が無かったわ。久しぶりに同じ場所で漕いでみると分かるね。弱気・・・

梅さんレッスンを4コマほど受けました。
昨年の秋に、梅さんレッスンを受けて、カートホイールの導入部くらいのところでシーズン終了してしまいました。その続きを習おうと今年は夏季も行こうと思ってたのに、ズルズルと日にちが経って秋になってしまった。んで、今回レッスンを受けてみたら、やっぱり良いことをたくさん教えてくれました。梅さんレッスンの素晴らしさはブログに既に書いた通りでして、追加することはありません。
あーあ、今年はもっと早くから通えばよかった。昨年の復習をしてみたら忘れたことが多くて、復習をやってたら、今年もカートホイールの入り口でシーズン終了。とほほ。来年は夏季から通います。14Rockよりも16Rockのほうが静水カートをやらせてくれそうな気配です。来年からガンバリマス~~!(←今から頑張れよ・・・)


体育の日三連休にはSD SPORTSの運動会がありました。この大会は芋煮を食べるためにお腹を空かせるのが主目的の大会です。玉追いやらFTRやらレースやら。
f0164003_1721532.jpg

芋煮うまー。
f0164003_17233459.jpg

スーパー・ヤマザワで芋煮の食材セットを注文すると寸胴やカマドが無料貸し出しされるんですよ。芋煮会は山形では重要なイベントです。
f0164003_1713107.jpg

SD運動会の賞品は豪華。私は下から数えたほうが早い順位だったけど、高価な賞品がいただけました。最下位の人はヘルメットもらってました。安い参加費なのに、参加賞と賞品と芋煮が付いてきて、完全に黒字ですわ。みなさまにも参加をおすすめします。
f0164003_1723561.jpg

右のウエアが賞品、白いニットキャップが参加賞。他の物は、SD SPORTSのベースでのお買い物。IRのフリース、DAKINEのキャップとポーチ。タンに行ったら、SDベースに寄って、梅さんセレクトのグッズをお買い物するのも楽しいですよ。


10月に道の駅あさひまちがオープンしました。カヌーランドからは車で4分、歩きでも旧明鏡橋を渡っていけば1kmちょっとです。女性カヤッカー的に重要なのは綺麗なトイレがあるということです。雪解けの3月頃はカヌーランドはまだ開いていませんので、近くにトイレができたのは助かります。
建物をりんごの形にしたそうですが、上空から見れば分かりますが、地面の高さから見るとリンゴとはまっったく分かりません。
歩いて行って、りんご果肉入りのソフトクリームを食べました。
f0164003_1724351.jpg

旧明鏡橋
f0164003_1714457.jpg



左沢の「まるきん」で飲み。メシウマ。また行きたい。
f0164003_1725334.jpg

地酒の大江錦
f0164003_17163757.jpg

シダ君の眼鏡で遊ぶ。プロフィール写真にしようかな。
f0164003_17181028.jpg

壁の写真は、大江にある旧最上橋です。テルメ柏稜の有機EL照明のモチーフにもなってますね。
f0164003_17173069.jpg



「もってのほか」という食品をご存知ですか? 知らない人が多いのではないでしょうか。私は初耳でした。これは食用菊の名前なんです。山形県の秋の味覚だそうです。
桃ジイが、もってのほかと胡桃をくれたので、渡辺さんがカヌーランドで「もってのほかの胡桃和え」を作ってくれました。
f0164003_1785382.jpg

1.もってのほかの花弁をバラしたら、2.酢を入れたお湯でサッと茹でて、3.クルミを練って砂糖と水で餡を作り、4.和えます。
菊なんて、そんなに旨いもんじゃないよな~と思いつつ食べてみたら、意外な美味しさ!
山形ではマニアック食べ物ではないようで、旬のものとして一般的に食べられてるそうです。ヤマザワでも売っていました。
f0164003_17104353.jpg

山形には独自の食文化や美味しいものがありますね。最上川に来なければ、一生知らないままだったかもしれません。


SD登山部の活動報告。昨年10月も、渡辺さんとにいぬまさんと3人で雁戸山を登りましたが、今回はユウイチさんとオオバちゃんの二人も増員して、月山へ登りに行きました。
男性陣3人は実は山岳部出身。月山にはスキー目的で何度も来てるけど、無雪期に来たのは初めてor久しぶりとのことで、新鮮だったようです。
山頂に近づくと急勾配になり辛かったです。頂上の月山神社は風が冷たくて寒かった。
f0164003_17274074.jpg

頂上を降りた後は、比較的なだらかな尾根歩き
f0164003_17133682.jpg

楽しかった。登山部は毎年恒例になるか?
f0164003_17161156.jpg

登山部の構成ですが、部長はユウイチ(部長とは名ばかりで、貢献度が低い。膝の靭帯が無い)、副部長は渡辺(頼りがいある、実質の部長)、にいぬま(書記)、オオバ(ヒラ部員)、ヤリサ(ヒラ部員)、となっております。来たれ、新入部員。

にいぬまさん。ドローンという名の長い棒を掲げて、撮影係&しんがりを務めてくれました。
f0164003_1795368.jpg

にいぬまさん編集の動画を見るとわかりますが、この棒からの目線が高くて、けっこう良い構図。

by ya-ri-sa | 2015-10-30 16:55 | 川部 | Comments(4)  

長瀞

このブログの読者数が徐々に増えてます。読んでくれてる人、ありがとう。
初対面でも「ブログ読んでるよ」と言ってくださる人にたまに会いますので、きっとまだ会ったことの無い人もこれを読んでくれてるのでしょうね。

以前にも述べましたが、このブログは自分の思い出日記のつもりはなくて、読んだ人が漕ぎに行きたくなる気分になってくれたらいいなと思って書いてます。または、漕げない時のヒマつぶしの読み物になったらいいなと思ってます。ですので、読んだ人の参考になればと思って、カヤックに関連する情報をなるべく書くように心がけています。私はへたっぴだから技術的なことは書けないけど、こんな形で皆様のカヤックライフの一助になれたら嬉しいです。


・長瀞  親鼻1.35 中学校~クツナシ

16ロックの進水式に水量チョロチョロの長チョロへ行きました。
一人だったので歩き回送しようかなと思っていたら、田中マラ男さんが回送を手伝ってくれました。

作業用ズボン、安全靴、腰ベルトには巻き尺。働く男って感じでイイね。
f0164003_1861642.jpg

マラ男はこのブログ読んでるらしいから、この場でお礼を言っとこう。
おーい、マラ男~!回送ありがとうね~! 平日に仕事を抜け出して長瀞に来てたことは、みんなには秘密にしておくよ~。

いばさくに「あの人はマラ男って呼ばれてるんだよ」と、初めて教えてもらった時に、私は「えっ!? ま、ま、ま、ま、マラ男!? すごいニックネームだね!ヤバくない!?」と反応したら、いばさくに「顔がマラドーナに似てるからだよ。オマエ、変なこと想像しただろ~?変態だな~」とからかわれたことがあります。

16Rockstar進水。川岸に来ると水がくさい。処女航海は、もうちょっと清流が良かったな・・・。クサイなんて言われたら、長瀞ファンの人はいい気はしませんね。すみません。
f0164003_1812596.jpg


スピンホールで左スピン。この水位でもスピンはできます。

安全ウェーブで左右スピン。カートホイールできる人なら、この水位でも角度を抑えれば回せるかも。
私はフラットスピンだけを30回転くらいしました。岩に当てたつもりはそんなに無かったけど、スピンしただけでスターンのエッジがジャキジャキに削れてる・・・。14Rockも削れやすかったけど、16もヤワいみたい。軽さ優先で作ってるからでしょうか。

安全ウェーブではブループラネットカヤックスが講習をしていた。この日は平日ということもあって、生徒さんは一名。平日休みの人にとっては、一名から開催してくれるレッスンというのは助かりますよね。
最近、私は一人でマウンテンバイクのレッスンやツアーに参加しようとしましたが、平日には企画が無かったり、最小催行人数に達しないと開催されなかったりでした。一方で、カヤックは「平日に、一名様から」レッスンしてくれるスクールが多いので、スクール面では恵まれてるのかもと思いました。
ブループラネットカヤックスのスクール日誌を読んだら、初中級者のためになることが書いてありましたので、さかのぼって読んでみようかなと思います。


大増水で小滝の流れが変わってしまい、小滝ウェーブは絶望的という噂を聞いたが・・・。さて、どうかな。
写真中央あたりがウェーブが立つところ。ベスト水位より50cmも少ないのでこの写真では判定しがたい。
f0164003_18122680.jpg

しかし、下流側を見ると、変わってるような。岩の位置が違うような・・・?以前は流れが岩壁に当たっていたのに、今は本流側に寄っているし。
f0164003_18124036.jpg

f0164003_18211744.jpg

キャンプ場横ウェーブも潰れたという噂あり。小滝とキャンプ場横、この2つのウェーブが乗れなくなったのは、ウェーブ好き、いや、ウェーブ狂の私にとっては痛すぎる。復活してほしい・・・。

f0164003_18194534.jpg

16Rockはスライシーになってカートホイールがやりやすいという評判だったので、静水カートにトライしようかと思ったけど、水のくささにげんなりして、スピンホールと安全ウェーブ以外は何もせずにゴールしてしまった。スタート地点は浅いせいで苔や水草が匂ってるのかと思ったけど、水深のあるところでもニオイが気になり、ゴールまでずっとくさかった。
長瀞好きの人には申し訳ないですが、ほんとうにクサイです。私だって長瀞は好きなんですよぉぉ~。
増水時にスポットでフリースタイルしてる時は、そちらに意識がいってるので気にならないが、今回は川下りしてたらニオイで気持ち悪くなった。
ブログ冒頭で「読んだ人が漕ぎに行きたくなる気分になってくれたら」なんて述べてるくせに、クサイなんて言われたら気分が損なわれちゃいますね。ごめんなさい。一応、清流派なものでして・・・
タンの瀬も、水量が少ない時ほど、浅い場所ほど、くさい。
長瀞、タンの瀬、山梨桂川、この3か所の水質が、長良川や御岳と同レベルだったら、天国なんだけどな~。


先日、古い映画を見ていたら、長瀞が出てきて驚きました。以前から好評は聞いていたので見たいと思っていた「新幹線大爆破」という1975年の作品です。新幹線に爆弾が仕掛けられて、一定の速度以下になると爆破する仕掛けになっているので、止まることができずに走り続けます。この設定はキアヌ・リーブス主演の「スピード」の元ネタになったとか。

高倉健が主演。健さんもかっこいいが、脇役の役者陣も良い。
f0164003_1813095.jpg

40年前の映画とは思えない現代的なテンポの良さで、飽きずに鑑賞できました。
犯人グループが要求した現金の受け渡しをするために、現金の入ったトランクを持った警察側が、犯人の指示通りに移動させられるのですが、その過程でなんと「舟に乗って荒川を下れ」という指示が!!
長瀞ライン下りで現金輸送。なんじゃこりゃ~
f0164003_18131299.jpg

小滝の瀬かな。激流な感じを出そうとするなら、小滝が撮影地に適してそう。
f0164003_18133220.jpg

f0164003_18134457.jpg

ほかにも、昔の映画ならではのトンデモ展開があったりするのですが、そこはご愛嬌。エンタテイメントとして楽しめる映画でした。


週末は売り切れで早じまいしてることもある「うさぎや」の閉店時間が、19時から17時半に変更。つけ麺へのハードルがさらに上がった。
f0164003_1814015.jpg

by ya-ri-sa | 2015-10-20 17:45 | 川部 | Comments(4)  

北海道 '15秋 札内川・歴舟川(坂下)・豊似川・ヌビナイ川

北海道で漕がない人には関係ない情報だから読まなくてもいいよ。

春に北海道を6週間も満喫したら、またすぐに戻りたくなってしまいました。北海道は春と夏しか見たことないので、秋と冬も体験してみたいと思っていました。シルバーウィークに6日間の休みが取れたので、秋の十勝へと行ってまいりました。9月下旬ですので、まだ秋の始まりといった感じでしたが、本州よりも一足先に秋の気分が味わえました。

最初の2日間をACCと、中間の2日間をひまっこクラブと川下りして、最後の2日間はヨッシーと登山でした。

一日目は、当初は岩内仙境を下る予定でしたが、二日前から降り続いた雨で増水。陸上から下見をしても、超多くはないが、やや多め。
f0164003_17235023.jpg

小さな滝を降りた所が、巻いてるかも。
f0164003_17241180.jpg

協議の結果、今回はやめておくことに。
f0164003_17104440.jpg

すぐ近くの札内川へ変更になりました。

・札内川 砂防堰堤~上札内  約10km 上札内 247.7x
上流にダムがあるため、雨が降っても急激な増水はしないようです。普段はかなり浅く座礁してしまう箇所も多いようですが、今回は支流の流れ込みもあってか、やや多めで、数回の座礁で済みました。

スタート地点のドライエントリーが今日のクライマックス。
f0164003_16551347.jpg

1~2級の瀬があります。
f0164003_16553320.jpg

いつもカヤックのヤッシーさんは最近ピラニアのカヌーを入手したそうです。二日間でどんどん上達していきました。
OCは乗り物としてカッコイイ!
f0164003_17143823.jpg

だんだん川幅が狭くなり、岸の枝がワサワサ当たるようになってきた・・・と思ったら、支流に迷い込んでいました。上陸して中州を横切って本流へ戻る。
f0164003_17274618.jpg

難易度の高い川ではありませんが、蛇行が多くて先が見えない緊張感はありました。初めての川を下れて良かったです。

夜には30人近くの人が集まって大キャンプ。ACCはキャンプ上手だなあ。
f0164003_17161223.jpg

薪ストーブですが、オリジナルで天板をくり抜いて、お釜をセットできるようになっています。
f0164003_17244295.jpg

お釜で炊きたての米が食べれて嬉しいな。
f0164003_17112259.jpg

焼き牡蛎も。たくさんのごちそうが並びました。
f0164003_1711585.jpg



・歴舟川(坂下区間) 尾田102.58
私は昨年の春にホシさんと二人で下った区間。
減水傾向でしたが、それでもまだやや多め。この区間は渇水だとボートを降りて引きずらないといけないので、今回は透明度は無いものの、やや多めのおかげで快適に下れました。

f0164003_17412788.jpg

ちょいと緊張する瀬ではレスキュー体制を取ります。難しくはなくて、本流に乗っていけばいいのだけど、時々ホールが現れるので失速しないように、またはエディを取りつつ下る。
f0164003_16562973.jpg

C-1。カヤックの名前は忘れましたが、長さ3mくらいあって、かなり昔のモデルだそうです。
f0164003_16565789.jpg

ダッキーも。
f0164003_17271567.jpg

沈脱者には手厚いレスキュー
f0164003_1657239.jpg

カヤック数回目で、流水は初めてという人も。初めてとは思えないほど、しっかり漕いでいました。
f0164003_17132030.jpg

瀬に突っ込むカノさん。ACCキャンプに参加するため大阪から来ました。
f0164003_1736569.jpg

(写真はまついさんからもらいました)

ゴールして解散した後に、ひまっこクラブが歴舟下流に見つけたというウェーブを味見しに、クボ君と向かいました。ひまっこはダウンリバー中に見つけたそうですが、パーク&プレイできないかと川へ降りる場所をクボ君と探して発見しました。

ふるさと大橋の下流300mにある、双子ウェーブ。ウェーブが二つ並んでいて、左岸側は幅広で掘れてないウェーブ、右岸側は掘れていて左右対称なウェーブ。どっちも遊べて楽しい。左右で二人同時に入ることも可能。
歴舟川本町62.28で良い感じ。乗ってる1時間ちょっとの間にも減ってきて小さくなった。乗れるレンジは狭いのかも。
f0164003_16585148.jpg

くにちゃん&やまちゃんと合流して幸福町の御友人の別荘に泊めていただく。自作の露天風呂があって、星を眺めながら入りました。


・豊似川 6人(やま、くに、クボ、了太、ともこ)
昨年の春と夏に続いて3回目です。この川、好きです。水位は前回とほぼ同様で、多くはない。雨の影響は無く、水の透明度が高く、太陽がまぶしいくらいの晴天で、幸せでした。
この上の区間もあるそうですが、難易度はかなり上がるようです。

スタートの橋から見下ろした上流側
f0164003_1725759.jpg

橋の下流側
f0164003_17252898.jpg

やまちゃんのプリヨン/フライがすごく良い動きをしていました。やまちゃんが上手だからだろうけど。上手い人が乗ってるボートって欲しくなりますな。
f0164003_170366.jpg


写真はありませんが、狭い場所に流れが集まって落差ができている「のどちんこ」と呼ばれる難所があります。一番目と二番目に降りた二人はスマートに下れず、着水してから沈。三番目の人が沈脱して数十秒間は巻かれて、人間は出たが、ボートが捕まったままになりました。左岸の岩の上でレスキュー体制をとっていた3人が、ロープ付きカラビナをグラブループに付けることに成功してボートを引っ張りあげました。その3人はポーテージ。ポーテージするには右岸側を登らないといけないので、けっこう大変かも。


・ヌビナイ川  参考水位 尾田102.46
こちらも私の好きな川。3日前までの雨の影響は無くなっていて、高い透明度に感動しました。私は写真をほとんど撮ってないので、川の美しい写真は同日に下っていた別グループのブログを参照ください。(他力本願) → 北海道キャンプ場見聞録

くにちゃんはピラニア・アモ。このカヤックも良いけど廃番。
f0164003_1702467.jpg

今年の春にウィルダネスカヌークラブの皆さんと一緒に下った時に沈脱祭りの舞台となったホール。この日も巻いていました。私も警戒して行ったつもりでしたが、短いボートでスピードが出ず、サイドサーフィンで10秒くらい捕まりました。
f0164003_1705016.jpg

この写真はホール真横で撮ったものですが、この岩の壁が見えたらホールが近いと思って注意したほうがいいですね。ちなみに写真の赤い矢印の先に大きな蜂の巣があり。
f0164003_1745362.jpg

山葡萄が黄色く紅葉し始めています。
f0164003_1712211.jpg

富良野へ向かう前に、帯畜に寄ったらカヌー部の子たちにも会えました。


・カミホロカメットク~三峰山~富良野岳
つらかったー。登り始めて、まもなく私の腰にギックリに似たような痛みが出てきて、痛みをこらえながらの登山になりました。通常コースタイムは7-8時間だが10時間かかった。ヨッシーが励ましてくれたので頑張れました。

安政火口
f0164003_1751385.jpg

天気はサイコー。ほんとに雲ひとつ無かった。
f0164003_1761267.jpg

ばっちり紅葉
f0164003_1763838.jpg

f0164003_17343991.jpg

分身の術
f0164003_17415145.jpg

頂上
f0164003_18192198.jpg



・剣山(つるぎやま)
剣山というと四国の高峰が有名だが、こちらは帯広にある1200mほどの山。登り3時間、下り2時間ちょっと。私は有名な高山よりも、この山のように高すぎず、木に囲まれて林の中を歩いていけるような山が好きです。

あそこが頂上だ
f0164003_1731325.jpg

最後にはハシゴも登場
f0164003_1725525.jpg

山の上は紅葉してました
f0164003_17261013.jpg

頂上
f0164003_177135.jpg



今回はカーフェリーではなく飛行機で行って、車に乗せてもらって旅することができました。
以前の私は他人の世話になりたくないという考えが強く、甘え下手で、ツッパッていたと思う。それは裏返せば、自分も他人に迷惑をかけられたくないという考えの表れだったのかも。しかし、だんだん年を取ってきて、自分も他人を車で送迎したり、お世話したりする経験をするようになったら、それを迷惑かけられただなんて思うことはなく、それからは自分も他人に素直に甘えられるようなってきた気がします。

今回もたくさんの人にお世話になりました。長距離を車に乗せてくれた4人には特に感謝です。了太くん、クボくん、ともこちゃん、ヨッシー。ありがとうね~。

by ya-ri-sa | 2015-09-24 16:52 | 川部 | Comments(2)