桂川 ・ 行動を制限する

「いつ見ても桜島だぞ」というツッコミもいただいています。速報性の無いこのブログ。またもや更新が空いてしまった。冬はあまり漕いでなかったので、そのうちリアルタイムに追いつけるはず。
サクサク書いてくぜ。
桂川、行動を制限する
下田→大島→川奈
御岳、丹波川
台湾
タンの瀬
御岳


・行動を制限する
ネガティブに聞こえる題名だが、べつにネガティブな話ではない。
自分と同世代の人たちは子育てに忙しく、漕げる日も少ない。その少ない漕げる日も、日帰りで行ける範囲に限られており、土日で一泊して遠方に行くのは難しそう。
ある知人カヤッカーは、かつては連泊で遠征していたが、子供ができてからは片道90分以上の場所には出かけないと決めて行動してる。それを退屈なことと思っておらず、むしろ、自宅の近所で遊べることをたくさん見つけて、楽しそうに過ごしている。
そうやって、ほとんどの人々が、年齢や環境の変化に合わせてライフスタイルが徐々に変化していくのが自然なのだろう。人生のフェーズが変わっていく。

独身だと人生のフェーズが変化しにくい。私は独身で制限も無くフラフラ行動できる。けれど、今後は自主的に行動を制限して、ライフスタイルを次の段階へと移行すべきじゃないだろうかと考えるようになった。
そう考えるようになったのは一昨年くらいからで、2015年12月のブログにも書いています。「今後は、家の近所で遊ぶ、遠出せずに楽しむという方向へシフトしていこうと思っています」と。
さて、それから私の行動が変わったかというと・・・・。ぜーんぜん、変わってない!! あいかわらず、国内・国外をフラフラしてる~! ぜんぜん実践できないダメな奴です。

目標を達成したい時は、ばくぜんとした目標ではなく、数値目標を決めるといいらしい。
例えば、結婚相談所では婚活中の人に数字で目標を立てさせるそうです。「28歳までに結婚する。30歳までに初産する。そのために27歳までに相手を決める。そのために一ヶ月に3人以上の人に出会う。」など。
ばくぜんと、「結婚した~い。子供ほし~い。」じゃダメらしいよ。ハァ・・・。だから、あたしはダメだったんだなー。

というわけで、「行動を制限する」という漠然とした目標だと、自分自身が言うことを聞かないので、もう少し具体的な目標を立てました。
その1. 自動車の走行距離を年間2万km以内におさめる。
その2. 日帰りで片道4時間以上の場所へ行かない。(前夜入りなら可。)
その3. 雪道走行を要する場所に行かない。寒冷地へ行かない。
よっしゃー! 数値目標も含めて、だいぶ具体的になったぞ。成長した気分だ。


・桂川 大月1.96~1.92 
12月頃、「1月から約一ヶ月間、取水停止により、下流区間が増水する」というニュースが、コウスポ(カヤック界の東スポこと、コウノウスポーツ)から発表された。しかし、「寒冷地へ行かない」という制限があるので、私は行かない方針にした。桂川は好きだけど、制限があるから仕方ない。自分よ、制限に従いなさい。
今年は一度も桂川を漕がないかもね~と1月を過ごしていましたが、大月市の天気予報を見てると、その週末は特別に高温になる予報。路面凍結の心配も無いので、喜んで出かけました。
写真はコウさんとまこっちゃんからいただきました。

1/28
16ロックスターに乗るのは11月以来、2ヶ月ぶりで、弱いエディラインでもグラついてしまう。ゴール近くなってから、艇の重心の位置を見つけましたよ。冬期でも、月に一回くらいはフリースタイルカヤックに乗らないといけませんな~。

早起きチームと10人で。夏は朝7時集合のこのチームですが、冬は8時なので、寝坊助の私でも参加できました。
f0164003_18055341.png

ところどころスポットを拾いながら
f0164003_18105146.jpg

鳥沢ホール上のウェーブ
f0164003_18105886.jpg

つららが垂れ下がる鳥沢ホール。日が当たらず寒い。
f0164003_18110168.jpg

かつては極寒の真冬に20人以上並んだ鳥沢ホールですが、形が崩れてしまいました。右岸のリップで走らないサーフィンと右スピンだけやりました。
f0164003_18110884.jpg

丸正ウェーブがイイ感じのウェーブホールになってるという噂でしたが、たしかに練習に良さそうなマイルドなスポット。エディは狭く、一段下に落ちたら担ぎ上がり。数回だけエントリー。
f0164003_18112242.png

丸正の下流に落とされて、岩にハマり動けなくなる私。それを救出する下僕たち(番長とアキラ氏)。
f0164003_18112868.png

核心部は、ここ何年も「左岸ベタを行けばアンパイ」と言われていましたが、今年は変わりました。横一直線の巻き巻きホールに。スピードの無いショートボートだと、つかまる可能性が大。
f0164003_18140656.png

中央に一カ所だけ、水が抜けてる場所(矢印)があるので、そこを通ります。陸上からスカウティングすれば見て分かりますが、いざ漕いで行ってみると、かなり近づかないとそこは見えません。見えた時にはもう避けられませんので、最初からルートを狙って行きましょう。

コウスポさんと秋山さんと
f0164003_18141318.png
私が初めて桂川をダウリンバーしたのはおそらく2007~8年ですので約10年前です。初DRの時に秋山さんも一緒でした。当時から頼りになるお姉さんで、「ドロップはブーフで越えるのよ」と教えてくれました。ブーフという単語を初めて聞きました。
10年経っても、同じ川で、お互いに健康で、一緒に漕げることを嬉しく思います。友は大切。


1/29
8人で。かの有名な「帰るよ~~写真」に入れて光栄です。
f0164003_18053099.jpg

鳥沢には、ロックスターXSに乗ったスダマリちゃん。XSは軽量女子の救世主ですな。
f0164003_18191996.jpg

鳥沢はイマイチだとか文句を付けながらも、意外と遊べてしまう。ホワイトウォーターがあるだけで、ありがたがる関東民の慎ましさよ。
f0164003_18192600.jpg

休憩時には、ゲーム感覚でローブ投げの練習
f0164003_18193393.jpg

Benchmade社のナイフ
f0164003_18194327.jpg

ゴール。おかげさまで楽しい週末でした。桂川いいね。
f0164003_18193764.jpg


まこっちゃん、かわゆい♡。 「弟にしたいおじさん No.1」
f0164003_18194898.jpg

Axiom / dagger
静水で試乗させてもらいましたが、速さと軽さに驚きました。ひと漕ぎでスーッと進みます。そして漕ぎ味が軽い。リバーランニングが楽しそう。優秀!
欲しくなってしまい、陸上で担いでみたら、重量は重い!! これを担いで岩場を歩くのは、非力な女性では辛い。
f0164003_18260422.jpg

Curve / prijon
バウからスターンまで長く入ったエッジ。立ち上がったサイドハル。慣れるには時間がかかりそうですが、慣れてしまえば強い相棒になりそう。持ち主のO塚さんは乗りこなしており、鋭角なターンでエディに入っていました。
f0164003_18261148.jpg

by ya-ri-sa | 2017-01-29 17:41 | 川部 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 下田→伊豆大島→川奈 コンコルド 桜島 年越しキャンプ >>