秋タン

私的な思い出ばかりで、有用な情報はありません。

今年は6~11月の6ヶ月間は毎月タンへ通おうと決めていました。6,7,8月は 夏タンに書いたとおり。

秋は9月だけ行きませんでした。なぜなら、行くつもりだった週末が雨で増水して、一段目水位になったから。
一段目ウェーブにはもはや興味ない。いまや私の興味は三段目ホールだけだ。← こんなこと言うようになるなんて、過去の自分からしたら信じられません!

2014年のJFKA大会で初めて三段目に入る以前は、「三段目? なにそれ? 一段目が無い渇水期に仕方なく三段目を漕ぐんでしょ。カルビやロースを食べるお金が無い人がホルモン食べるようなもんでしょ。」とタカをくくってってました。しかし、いざ三段ホールへ入ってみれば、「うっ!最初はクセがあって受け付けないと思ったけど、噛めば噛むほど味が出てくる。この臭みがたまらねえ。ホルモン、美味しい!!ホルモン、もっと食べたい!!」と、タン3がお気に入りになっていた。人の考えって変わるんですね。

もちろん、梅さんレッスン受講も欠かせません。今年も、私を含め、多くの人が受講していました。
今年から梅さんに習うという初級者も複数人いました。フォワードストロークやロールのやり方などから習った人が、会うたびに上達していき、強い流れもフェリーできるようになった姿を見ると、私も嬉しくなりました。


・10月
SD運動会に参加
f0164003_17044083.jpg

運動会のあとは芋煮。火の番人・シダくん。ワイルド。
f0164003_17210552.jpg

寒河江の居酒屋でのお通し。玉こんにゃくと、いかにんじん。玉こんにゃくは山形ではおなじみ。いかにんじんは福島の郷土料理で、昔は冬の味覚だったそうです。私は見た目で食わず嫌いしてましたが、初めて食べてみたら、あらオイシイ。作り方も簡単らしいので自分でも作ってみよう。

f0164003_17212151.jpg


今年で三回目のSD登山部。2014年は雁戸山、2015年は月山。今年は葉山です。
f0164003_17051397.jpg


名ばかり部長のユウイチさん、肩書きは副部長でも実質部長のナベさん、ヒラ部員のオオバちゃんと私の4人で。書記の新沼さんは欠席です。

f0164003_17050819.jpg

山で食べるおにぎりはおいしい。オオバ部員が登山にやる気を出しています。「あえて負荷をかけて登りたい」と、4リットルの水をザックに入れて登っていました。たくましい。
f0164003_17051962.jpg

おそろいの「先輩Tシャツ」
f0164003_17053255.jpg

「先輩」とは、毎年、夏~秋のタンの瀬にいるアオサギの個体のことです。しかし最近、姿が見えず、死亡説が・・・
f0164003_17222866.jpg

葉山は、かつては出羽三山として数えられたこともあった信仰の山で、頂上に神社があります。昨年の月山に続いてお参り。

f0164003_17052545.jpg
来年は羽黒山か湯殿山か、はたまた大朝日岳に挑戦するか。


・11月
10月までは関東と気温差を感じませんが、11月に入ると寒さが違います。とくに夕方以降の冷えこみが違います。冬のウェアリングしたほうがよいです。

寒くても、夕方になっても、みんな元気に漕ぎます。
f0164003_17275439.jpg

北海道の学生だったフクシくんが2016年春からタン常連メンバーに加わりました。「タンは通年漕げるから」という理由で山形県での就職を選んだそうです。
フクシ君は火にかけた鍋を素手でつかんで「熱い!」とヤケドして、近くいにいたナベさんを慌てさせたりしています。現在、カヌーランドでは、「フクシ君ほっとけない芸人」が増加中です。
フクシくんの「ほっとけない」ぶりにメロメロになった町民が、「俺、フクシくんのお母さんになりたい!」と叫んだのも今年の思い出のひとつです。
町民とフクシくんは年齢は離れていても、フリースタイルへの向上心は通じ合うものがあるらしく、切磋琢磨してて良い感じ。
f0164003_17283722.jpg
フクシくんは、初めてタンに来た2015年春と比べたらもちろん上達してるけど、特に、毎週末タンで漕ぐようになった今年の春からの半年間でグーンと伸びました。若い人はどんどん上手くなりますね。


わたなべさんとロードバイク。次回のチャリンコ季報に書きます。
f0164003_17175671.jpg


「道の駅 寒河江」に初めて入りましたが、食堂が意外とおいしかったです。郷土料理の「もってのほか」も付いてた。
f0164003_17211204.jpg



テルメ大江の、このブツブツ石畳を歩けますか? 私は痛くてダメです。子どもの頃はこういうの平気だったはずなのに。年とって体にガタがでてくると痛くなるんでしょうね。ちなみに、ロボ子は平気な顔してスタスタ歩いてました。あのロボットめ・・・。

f0164003_17292243.jpg




・12月
カヤックはナシで、スキー目的で新幹線で山形へ。冬に山形県へ行ったのは初めて。見慣れた寒河江の町がすっかり雪景色で、雪を見ることが少ない私は外国へ来たような気分でした。

な、なんと、わたくし、9年ぶりにスキーしました。その9年前にスキーした時も、8年ぶりのスキーでした。
今年は、最初の一本はリフトを降りることすら危険な状態でしたが、数本滑った後には危なげなく滑れるようになりました。さすが私、天性の運動神経だ。今までで一番うまく滑れたぞ。今後も8~9年おきに滑れば、100歳になる頃にはプロ級の腕前になりそうです。

冗談はさておき。
ハタチの頃の私は今よりも若かったけど、子どもの頃からインドア派でスポーツの経験が無いので、体の動かし方を知らなかった。現在はオバサンだけど、カヤックで知った、重心移動・身体の旋回・エッジ切り替え、などを新しいスポーツをする時に応用できるようになった。

この日が湯殿山スキー場のオープン日でした。SD SPORTSというと、みなさんスキー上級者のイメージ。でも、「滑り初め」なので、みんな本気ではなく、お遊び気分でしたので、万年初心者の私でもご一緒できました。

上級者向けの斜面についていった私は、転んで深雪に埋もれて、雪が口に入り、「息ができない!助けてー!」とアップアップ。あびこさんがすぐに助けにきてくれて、私の体を起こしてくれました。カヤック初心者の頃の、沈脱して「息ができない!だじげで~~!」とアップアップしてた頃を思い出しました。


にいぬまさんが履いてるのはただのゴム長靴ではありません。秀岳荘のテレマーク長靴です。にいぬまさんはテレマークスキーが達者な人ですので、これで板を履いて滑れていましたが、ほかの人がこれを履いたら「立ってることすら難しい!滑るのなんて怖い!にいぬまさんのスゴさが分かる~!」と転倒しまくってました。
f0164003_17205183.jpg

現在ではカヤックひとすじの町民ですが、噂によると、過去にはスノーボードに青春を捧げていたそうです。急斜面をスピードをつけて滑降するスノボ姿の町民は、カヤックしてる姿よりも五倍くらいカッコよかった。
f0164003_17205825.jpg

とても楽しかったです。チカちゃん、あびこさん、まちさん、にいぬまさん、まるきん、ナベさん、ユウイチさん、オオバちゃん、町民、フクシくん、ありがとう。
f0164003_17174220.jpg

宿泊は月山の志津温泉にある「仙台屋」さん。とても素敵な宿でした。また来たい。
f0164003_17174765.jpg

おしまい。

そうだ・・・。有用な情報がひとつありました。悲しい情報です・・・。それは「こ○や○」がまったく別の店に変わってしまったということです。
関東カヤッカーに人気の和食店「○ば○し」ですが、閉店。煮込み・おけちら・肉蕎麦、おいしかったですね。
閉店直後に改装が始まり、新形態として再び開店するとは聞いていましたが、今年春にラーメン&蕎麦店としてリニューアルオープンしていました。以前の人気メニューはありません。
名前を継いでるってことは親族が経営してるんだろうし、前の店のエッセンスみたいのが新しい店にも生きてるのではという期待をもって行きましたが、残念な結果でした。もうまったく別の店だと思ったほうがいいです。蕎麦やラーメンを食べたければ、ほかにも店あるし・・・。

f0164003_17211674.jpg



by ya-ri-sa | 2016-11-27 15:51 | 川部 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< チャリンコ季報 9~11月 日豊海岸 >>