水上・中津川下流・清津峡下流・白砂川

群馬と新潟でダウンリバーしました。

・みなかみ 湯原3.80 紅葉峡~銚子橋  4人(Hrtk,Knk,Sk)
1本目はRockstarで下った。ボイルでグラッとさせられる。紅葉峡スタートにログが入ってるいるので避けないといけない。川相は例年と変わりない感じ。スポットは無かった。
今春にアキコウェーブ(動画)が復活したらしいが、すぐに無くなってしまったらしい。険悪なアキコデラックスは健在だった。
2本目は、ピラニアBURNで。短いロックスターでは不安定にさせられたボイルもBURNなら気にならない。スポットも無いので、スピードを上げてドンドン走った。爽快。
1本目と2本目で艇を変えるのは楽しかった。一つの川で二度おいしい。

ダウンリバーが達者な人ばかりだったので、誰も沈しないし、「おっとっと!」みたいのも無い。(私はボイルでフラついていたが。)
なんのドラマも無くゴールした時に、私の心に去来した感情、それは「つまらない・・・」 
もしかして、今まで私は他人が沈したりするのを見て、心の深いところ、いや、浅いところで面白がっていたのだろうか。そんな自分の浅層心理に気づくのでした。←嫌なヤツ
私の心は清流のように美しく清らかで純粋だと信じていたのに!裏切られた!

群馬県はぐんまちゃんに頼り過ぎ。
f0164003_1654527.jpg



・中津川下流 約6km 3人(Ngo,Sk)
中津川というと、他県にも同名の川がありますが、今回は新潟県の中津川です。区間はいくつかあるらしいですが、今回は下流のほうです。
複数回下っているNさん曰く、今回が一番多いとのことでした。初めての私にとっては多すぎず少なすぎず適量に思えました。水量があるので岩が露出しておらず、ルート取りも単純でした。あちこちにホールがあり、入ったらマズそうなやつは避けますが、ちょっとしたホールなら流速があるので正面突破できました。
もしかしたら、水量が少ない時のほうが、岩が露出してルート取りがシビアになったり、流速が無いままホールに入ると捕まったりして、難易度が上がるかもしれません。

全ての瀬を上陸スカウティングして慎重に下りました。
f0164003_1456261.jpg

晴天。前半は瀬が続くが、後半は景色を楽しむ感じ。
f0164003_14573878.jpg

手前から、ピラニアNANO、BURN、ダガーMamba
f0164003_14553773.jpg

昼にはゴールしたので、午後は清津峡へ移動してもう一本やることに。

・清津峡下流
清津峡といえば上級者向けの難易度の高い川です。私レベルが行く所では無いと思っているので、清津峡に行くと聞いて青ざめましたが、私が想像していた区間ではなくて下流の短い区間でした。

清津温泉でKさんと合流。Kさんは午前中に同区間を既に下っており、2本目とのこと。
ダウンリバーが達者な人ばかりなので、ボートスカウティングのみで、ほとんどエディも取らずに、本流をスピーディに下る。リバーランニングという言葉のとおりに駆け抜けた。爽快!
f0164003_1457550.jpg

道路沿いの区間だが、谷が深い場所もあった。
f0164003_1501763.jpg


午前は中津川で慎重にクリーキング、午後は清津峡でスピードランニング。対照的なダウンリバーができた一日だった。いいな新潟。


・白砂川 約3km 5人(Kmi,Hsn,Knk,Sk) 6月中旬
群馬県の北部、吾妻川の支流です。吾妻川と同様に水質のため魚が棲めないらしく、釣り人がほとんどいません。
この川はSさんが自分で調べて、(たぶん)ファーストディセントしたそうです。水位計が無いので、Sさんが二日前に現地へ水量を見に行ってくれました。その前週まで雨が続いてたので、Sさんが見た日は水量が多めだったそうですが、当日には減ってしまいました。Sさんは、水量が少なくてすみませんと恐縮していましたが、Sさん以外の4人は初めての川でしたので、少なめでも十分に楽しめました。

左が現行のMamba、右が以前のMamba。
f0164003_1542149.jpg

台湾の磺渓みたいに岩が黄色っぽい。川沿いに温泉もあるので泉質のせいかな。
f0164003_1514357.jpg

f0164003_152756.jpg

白いカヤックはホワイトウォーターでは目立たない・・・。
f0164003_1523659.jpg

ミニ悪魔の階段? 
f0164003_151963.jpg

ホールでスピンして遊ぶ。
f0164003_153531.jpg

f0164003_1532471.jpg


「野のや」の蕎麦は美味です。必ず食べましょう。人気店なので週末には早い時間に売り切れだそうです。予約したほうがいいかも。店の主人はカヤックに興味しんしん。
私はとろろ蕎麦と単品でまいたけ天ぷらを食べました。まいたけ天はマストメニュー。
f0164003_16452230.jpg

蕎麦屋の方達もそうですが、この川の地域の人々には閉鎖的ではないオープンマインドな印象を受けました。

Sさん編集動画。

by ya-ri-sa | 2014-05-28 14:54 | 川部 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 鳥沢ホール 沙流川・鵡川 ソロダウンリバー >>