水上×4本+御岳=ひんやり

湯原3.5
人によって好みがあると思いますが、私にとっては3.5は適量。3.0だと物足りなく、4.0だと緊張する。悪魔の階段は4.0が最高に面白い。
例年になく、真夏なのに放水が約2週ほど続いていたようです。夏もこの水位で漕げるなんてラッキー。
気温は高いけど、川岸に近づくと、信じがたい冷気があります。ダムの水は通年冷たいようで、水は冬の冷たさ。下は半ズボンでも、上は長袖ドライがベター。夏のウエアリングでは沈脱厳禁。

土曜日
7人で。うち3人が世界大会で渡米予定のため、パワー慣れしておきたいという理由で、水上ダウンリバーを選んだようです。
一本目は幸知小~月夜野、二本目は幸知小~銚子橋。スポット無し。「月夜野区間の小さな堰堤が昨年の世界大会開催地のプラットリング@ドイツみたいになってるかも。」という噂もあったが、行ってみると、「ふらっとりんく@じぇいぴー。」という程度の浅さで、みんなスルー。
唯一、スポットらしかったのが、水明荘プットイン直後の瀬。5月に湯原4.0で来た時は、FS艇なら避けなきゃヤバイ、クリーク艇でも突破できない、巨大な壁でしたが。でかいバックウオッシュの左岸側でサーフィン。暴れてて、見た目の迫力がすごいですが、柔らかくて、沈しても補足されずに、すぐ出ます。ナカムラさんはこの暴れスポットでスピンと右ブラントしてました。
f0164003_19533555.jpg

二本目は、にわか雨が水温で冷やされてブロッケン現象を起こしたので、視界20mの霧の中をダウンリバーしました。不気味だった。
(Ykzk,Nkmr,Htm,Isgi,Wtnb,Fjn)
4人でキャンプ。もこみち直伝の「追いオリーブ」オイルふりかけて、なべさんが野菜炒めを作ってくれた。ツーバーナーの向こうにいるのは、夜からやってきた湯けむりハンター・ながさわさん。
f0164003_18505728.jpg

f0164003_18581459.jpg


日曜日
5人で。岐阜のハセガワさんを迎えて。前日に丹波川を20人で漕いだ後に、御岳グラビティでBBQして、みなかみへ移動してきたそうで、アクティブですね。
一本目は幸知小~銚子橋、二本目は幸知小~水紀行館。一本目のしょっぱなでハセガワさん沈脱。泳いで、素早く左岸に上陸してました。ボートは紅葉峡出口で回収。二本目で迎えに行くことにして、三人だけで早足でゴールへ向かう。途中、ながさわさんがアキコデラックスにがっつり補足され沈脱。アキコ三段目は肥大化して、危険なアキコデラックスになってます。本来のアキコウェーブ(アキコ一段目)は復活の気配も無し。
ゴールに着くと、私たちよりも後発の伊藤のおやっさんグループが、ハセガワさんを左岸から右岸へロープで渡してくれたとの連絡を受ける。ありがたいことです。
二本目、救出に向かうと、笑顔で、でも寒そうに、ハセガワさんが待ってました。漕ぎ足りないとのことで、ながさわさんが車でハセガワさんを奥利根館まで回送してくれました。
ダイナマイト手前なら、右岸側に陸上からアプローチできることが分かりました。
f0164003_1959324.jpg

(Hsgw,Ngsw,Wtnb,Fjn)

月曜日 御岳
調布橋 -2.55  沢井~ミソギ
水が冷たくて気持ち良い。御岳は冬は寒いけど、夏はひんやり快適。
便所上のマイルドウェーブに30分ほど滞在。
f0164003_19395747.jpg

小さなウェーブのために、わざわざロープを張ってまでリエントリーする、涙ぐましい努力をする私たち関東カヤッカー。スポットに飢えてます。
f0164003_1943303.jpg

寒山寺ホール(便所下)が復活と聞きましたが、ちょうどそこに釣り糸が垂れてて、入れず。
ミソギ二段目で少し遊ぶ。二段目でサーフィンするよりも、一段目の右岸側でサーフィンするほうが、ずっと楽しそう。だけど、一段目に漕ぎあがれず、基本のフォワードが出来てないこと思い知らされて情けない。やっとこさ漕ぎあがっても、左岸側の捕まるホールにビビッてエントリーミスして、一回も入れず。あーあ。
ロープ投げの練習して、終了。

去年から今年にかけてラフティング業者が急増中の御岳。都心から電車で来やすいものね。私も都内在住で車を持ってなかった頃は、電車で御岳に来てました。
お互い、安全に、かつ、環境にローインパクトでやりたいものです。

リバーブギも。御岳じゃ浅くて岩だらけで、体をあちこちぶつけそうだ。
f0164003_2082517.jpg

by ya-ri-sa | 2012-08-13 18:09 | 川部 | Comments(4)  

Commented by はせがわ at 2012-08-28 00:20 x
ありがとうございました!
前日に散々脅され、でも行ったら行ったで貴重な経験できるよ〜て言われてましたが、岩の上で1時間まつなんて。。
貴重にも程があるかと…。岩の上で自分のチキンぷりと装備の甘さをかみしめてました。
いろいろ勉強にもなりました。リベンジしたいです!
Commented by ya-ri-sa at 2012-08-28 07:38
はせがわさん
再スタートしてからは全く問題なかったですね。はせがわさんなら次回は大丈夫ですよー。気負わず行きましょう。
岐阜からやってくる積極性が素晴らしい!
Commented by ナベ at 2012-08-28 14:46 x
自分は3.0mでは物足りず、3.5mで緊張でした。4.0mは未知の世界。
この胸を「キュー」と締め付ける緊張感がたまんね~。
漕いでる時はスゲーマジ顔なんだろな。
Commented by ya-ri-sa at 2012-08-28 18:12
ナベさん
4.0の悪魔の階段は、他の川では味わえないスピードと景色だよ。私も二回しか当てたことないけどね。
マジ顔もいいけど、今度は変顔で漕いでみて。
名前
URL
削除用パスワード

<< 早岐ウェーブ 吉野川 9回目のBOKE >>