四万川・水上・宝川

・四万川  四万川ダム 3.4トン
滝は迫力ありましたが、全体としては癒し系。全員が安全に完漕。
前半は頭上が木々に覆われて、新緑からの木漏れ日が心地よかった。堰堤をポーテージした後、後半の温泉街は空が開けて、瀬が快調に続く。のこぎりが大活躍。


・水上  湯原4.1 水明荘~銚子橋
四万川は昼にゴールしたので、水上へ移動。
ずっとやりたかった湯原4m。私の水上デビューは4年前の湯原4.1。とても楽しかった思い出があって、特に悪魔の階段のスタンディングウェーブの連続は刺激的でした。あのデビューで水上を一気に好きになった。それ以降なかなか4mにお目にかかれず。
しかし、今年は水位計の見方が変わったとの噂です。昨年までの水位計にプラス40-50センチとのウワサ。実際、やや多い感じがしました。四万川を漕いだ後ということ、スタートが15時ということ、紅葉峡で沈脱者が出るとレスキューに時間がかかることから、紅葉峡はパスして、水明荘からのスタートにしました。
プットインしてすぐのスリーウェーズの瀬では、いつも正面突破していくウェーブが巨大ウェーブホールとなって口を開けていました。こわー。あわてて避ける。その後は、水量多めのおかげでスピードあるダウンリバーが楽しい。ビックウォーター好きの私はヒャッハー。
最後のボイルエリアでは沈しまくり。体重増加で舟に水が乗ってくる。ショッキ。


・宝川
宝の川でした!
宝川の動画
動画の最初の一分半はハイクアップの様子。林道が崩落しているため、車が入れる所まで行ったら、その先はハイクアップ。それほど辛くなかったけど、ボートをズルズル引きずって、ボトムが擦り傷だらけになった。
核心部は四か所ほど。面白かった!

同日にツアーしていたclass5御一行様は車が入れる所からスタートしてますが、この下流区間(宝川温泉前後区間)のほうがレベル高いです。動画だと7分以降で、川相が変わるのが分かると思います。通れるラインは狭くなるし、落差もあります。私はスタート前の下見でこの区間は難しそうに見えていたし、ここまで来た時には疲れ始めていて、集中力を持続できない気がして、先に上がりました。class5のスタートの瀬が私のゴール地点。他のメンバーも、数十メートルほど先でゴールしており、滝には行っていません。あの滝は降りた後が難しそうで、エキスパートオンリーかと。前半だけで満足♪
クラス5ブログ と 柿の種仙人ブログ(動画あり) もご参照ください。

ゴール時の集合写真。みんなイイ顔。
f0164003_20251970.jpg

(Bb,Mur,Doc,Hur,Fjn)

by ya-ri-sa | 2012-05-20 23:46 | 川部 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 土曜・奈良俣湖 日曜・鷹ノ巣ウェーブ フリーウェーブ6周年パーティ >>