木曽川 木曽福島区間&万場区間

長野県木曽郡の木曽川本流を下りました。後述しますが、二日目の万場区間は最高に刺激的でした!

土曜日 木曽福島セクション(木曽病院~木曽の桟)
回送時に木曽病院前水門と木曽ダム放水を見て確認。病院前水門からの放流が少ないと低水位になってしまうし、木曽ダム放水が多すぎると危険になるので。今日は、病院前からの水門は適量、木曽ダムは放水なし。オッケー。
病院前の水門。出てるね。オッケー☆ウフフ☆バイバーイ☆(ψ≧ڡ≦ψ) (byローラ)
f0164003_21484536.jpg

フリースタイルボートで、ホールやウェーブを拾いながら下る。3-4ヶ所で遊べた。
木曽ダム放水口前
f0164003_21533847.jpg

放水口から本流までの短い区間でプチクリークできます。やらなくても可。私はホールにつかまりそうになってブレイスで耐えた。
f0164003_21541439.jpg

核心部。横一線のホール。スカウティングして抜けてるところを選ぶ。
f0164003_2231791.jpg

平和なダウンリバーでした、というか記憶が薄いです。なぜなら、翌日の万場セクションが鮮烈すぎて!


日曜日 万場セクション(ヘルズゲート~大桑村スポーツ公園) マップ
桃山 10.41 南木曽 1.16
通年、水が少ない区間のようです。ダウンリバーに適した水位になることは珍しく、それが休日に当たることなど、年に数回あるか無いかだそうです。幻の区間!

代表的な瀬は、ヘルズゲート、木曽サムライ、万場、M山発電所前。これらの瀬が派手なせいで感覚がおかしくなり、それ以外の瀬もドッパンドッパンしてるのにチャラ瀬に思えてきます。
覚えてるうちにラインのメモ。赤:ふっちー、青:かねだ、緑:ヤリサ、黄色:ホール。

ヘルズゲート。スタートから真っ白けっけです。こんな白いの久しぶり。最初からビビってましたが、ゴールしてから振り返ると序の口でした。
f0164003_2140255.jpg

赤:ホールを突っ切るライン。迫力ある楽しいラインだが、最後のホールのバックウォッシュが心配。青:右岸寄りの落差あるライン。緑:最後のホールの横をかすめていくライン。

木曽サムライ。中州の終わり、合流部の右岸側分流。落差でかい。
f0164003_21412198.jpg

一段落ちた後、長く伸びた岩盤の先端または右手から降りる。左手にはホール。
赤:右手にエスケープ。青&緑:ビビって、中州に上陸した後、左岸側分流から降りた。

マンバ。
万場橋から眺め
f0164003_2363783.jpg

岸からの眺め
f0164003_2365344.jpg

落差あり、一段落ちた後は、狭い幅に流れが集まってスピードが出る。スピードが緩んだ後も、ホールが待ってるので注意。
赤:左岸側から進入、一段落ちたらフェリーして本流へ。逆S字ライン。緑&青:一旦、右岸のエディに入る。ここで上陸して右岸から再度スカウティングしてもよい。

M山発電所前。道路からは見えない。本日の最大落差。小歩危を超えた瞬間。この写真は瀬の最後だが、ここまでが流れの早い長い瀬で、ボートスカウティングや、エディが取れないと厳しい。
f0164003_21471820.jpg

赤:ボートスカウティングしながら、右岸寄りのノーマルルート。青:最大落差を行くヒーロールート。気付いたらここにいたらしい。緑:左岸寄りを快調に下っていたが、先の見えない水平線にただならぬ予感がして、左岸に上陸。陸から眺めたら、ホールは怖いし、今から右岸側にフェリーする自信は無いので、ポーテージ。

刺激的でした!大歩危と小歩危を足して、瀞場を引いた。そんな感じ。私が今までダウンリバーして面白かったベスト5に入ります。人によって好みは違うと思いますが、私が求めるものが揃った川でした。豊富な水量、落差、流速、スタンディングウェーブ、コース選びの楽しさ。
また、道路沿いにあって区間選択しやすいこと、河原が続いてるためスカウティングやポーテージしやすいこと、釣り師がいないこと。
ただし、あちこちに捕捉力の高いホールが口を開けてます。素早くかわしていかないといけません。落差が大きく、怪我の可能性も高いです。沈脱すると、瀬が長く、流速あるため、なかなか上陸できません。
もし、下れる水量に当たったら、万全の準備、入念なスカウティング、折れない心を持って、木曽へ行きませう。

この日は、私のピラニアBURNの進水式でした。激しい川だったのに、なんと私はノー沈。
BURN、神舟!

ダウンリバーを終えた後は、赤沢渓谷と柿其渓谷の下見に行きました。こちらも増水して下れそうでした。
赤沢渓谷は浅い岩盤が続き、渓谷らしい様相です。距離は短いけど、面白そうなので、是非やってみたいです。五枚修羅の前後のコースで。
五枚修羅は水が少なければやれそうな気もしますが、今回の水量なら私は遠慮しておきます。沈したら怪我しそうだから。でも、他の人が下るところは見てみたいなあ。
五枚修羅。でかい。この日の水量はド迫力。
f0164003_224841.jpg

f0164003_2245751.jpg

f0164003_23443059.jpg




by ya-ri-sa | 2012-04-15 20:47 | 川部 | Comments(7)  

Commented by サシペレレ at 2012-04-19 00:54 x
こちらも超楽しそう!
次回が有るのか、いつかやらねば(^_^;)
Commented by Kだ at 2012-04-19 20:06 x
あぁ、泳いじゃったから
東京にいたって事にしてたのに(笑)
またヨロシクね!
Commented by ya-ri-sa at 2012-04-20 13:15
サシペレレさん
長野~飛騨~富山の囲まれたあたりは川だらけですね。良い所にお住まいですなあ。
今度は一緒に行きましょう。


Kださん
木曽のポテンシャルの高さに驚きました。また発掘しましょう。
Commented by katsu_RR at 2012-04-23 00:15 x
この付近は近所だし木曽スノーボーダーの自分はワリと下見してますが水量と合わせてのデータ取りもせずで下らずじまいでした。
イイ場所無数にあるよね、遠方からでも実際に下った皆さんに乾杯ですね。
Commented by ya-ri-sa at 2012-04-23 08:57
かっちゃん
あのへんに滑りに行ってるんですね。国道から見る木曽本流はたいてい渇水だと思うので、今回はラッキーでした。
関東からはそれほど遠くなく、日帰り圏内ですので、中部と関東の人が一緒に漕げるエリアですね。
GWも御嶽山周囲を漕ぐ予定なので一緒にいかが。
Commented by katsu_RR at 2012-04-23 18:01 x
木曽方面のスキー場は混雑しないから良いんですよ。
GW後半はタンの予定ですが、前半の三連休なら行きたいです。
Commented by ya-ri-sa at 2012-04-24 22:12
katsuさんにメッセージしました。
名前
URL
削除用パスワード

<< 御岳 電車回送 ヤンキーウェーブ >>