丹波川  土曜ロウアー 日曜ミドル

雨が降ったので増水を期待して、丹波川クリーキングへ。副題はクリークボート試乗会です。
御岳から近いこともあって、多くの人が漕いでる川だそうですが、私は今回が初めてでした。
ここの水位計は陸上に出てしまってるらしく、いつ見ても、丹波山0.60だそうです。というわけで、行ってみないとわかりません。

土曜日 ロウアーセクション 道の駅たばやまスタート 
コウさん、ふっちーと。この区間を何度も下っている二人に言わせると、今日は水たっぷりとのこと。
f0164003_2094093.jpg

前半はコウさんのウェーブスポーツ・ディーゼル70を試乗させてもらいました。
f0164003_20101213.jpg

核心部。
f0164003_2011584.jpg

写真中央右が入口で、真横から見ると分かりやすいのですが、いざ漕いで向かうと、入口がとても狭く見えて、ほんとにここでいいの?と不安になってしまします。
落ちると目の前に岩があり、普段はこれを左岸側へ行くそうですが、今日は水が多めなので、右岸側へ向かうほうが素直です。

核心部の私。後半はジャクソン・ビランSサイズに乗り換えました。
f0164003_2010347.jpg

ヘフェチコを駆るふっちー。
f0164003_20105094.jpg

ここは核心部よりも下流にあるブーフポイント。右岸側から容易にかつぎ上がれるので、何度でもブーフ練習できます。
かつぎ上がって、ブラウンクロウbrown clawを試みる私。やりなれてないので手のひらが開いてしまって、失敗。
f0164003_2011785.jpg

以上の写真はコウさんにいただきました。

f0164003_20263192.jpg

f0164003_20264456.jpg

ディーゼル70はクリークボートというよりリバーランニング艇なのかな。サイズは70でも大きく感じず、ちょうどいい。プレイボートから乗り変えしやすいという評判通りで、なんの違和感もありません。とても操作しやすく、ランニングが楽しい。ドロップを落ちると、少し潜ってしまう。
ビランはまさに大船に乗った気分。すごい安定感。試乗したコウさんは「戦艦のようだ」と。ドロップでの着水も軽い感触で、ボートが自動的にやってくれた感じすらしました。強気な気分になれます。ただし、私にはオーバースペックかな。


日曜日 ミドルセクション
林夫妻、なべさん、ふっちーと。
プットインするためには、急勾配の坂をロープを使ってボートを降ろします。
f0164003_20215936.jpg

スタートから三段の瀬があり、緊張しました。ロウアーと似た雰囲気ではありますが、落差があります。

下れない核心部。落差はあるし、ストレートな流れだし、これは楽しそうとスカウティングしながらワクワクしましたが、瀬の最後に岩が入ってしまってピンニングしそうです。岩はど真ん中にあって、どうやっても避けれそうもありません。全員がポーテージ。
f0164003_2015214.jpg

ポーテージは簡単にできます。の、はずだったが、ここで事件が発生。
まず、私が歩いてたらボートを手放してしまい、ボートはスルスルとドライエントリー。無人のボートが流れて行きます。核心部が終わった所で岩にひっかかっていました。ふっちーと林さんがロープワークでボートを引き上げてくれました。幸い、水がボートに少量しか入ってなかったのですが、これで大量の水が入ってたら、岩から外せなかったかもしれません。痛恨の凡ミス。私のバカ、アホ!
ふー、事件解決、と思っていたら第二の事件。陸上でスプレーをはめようとしたナベさんが、スプレーが装着されない状態で、パドルを持たずに、スルスルとドライエントリーして脱。核心部の次の瀬を、生身で下ってきました。下流には先に下ってたメンバーがいたので、すぐレスキュー。
ふー、事件解決、と思っていたら第三の事件。最後にドライエントリーしようとした幸子さんのスプレーがはまりません。いつも使ってるスプレーなのに、なぜかはまらない。他のメンバーはすでに下流に下ってるので、手伝えません。しばらくがんばって、やっとはめられました。
丹波川、こえー。

「積めるか積めないかではない。積むか積まないかだ。」という名言が生まれました。
f0164003_20195275.jpg

以上の写真は林さんにいただきました。

前半はピラニア・バーンSサイズ、後半はリキッドロジック・ヘフェチコに試乗しました。バーンはボトム形状が独特で、はっきりとしたエッジがついてる。バウはクイックに反応し、ボリュームあるスターンが押し出してくれる。ヘフェチコはラウンドボトムの割には操作しやすくスピードもある。岩だらけの純粋なクリークに持っていきたい。

土日で計4艇を試乗しました。どれも乗り味が違って、面白かったです。フリースタイルボートよりも個性がはっきりしてた。さて、どれにしよう?

by ya-ri-sa | 2012-03-22 23:58 | 川部 | Comments(7)  

Commented by ふっちー at 2012-04-03 19:50 x
ボートは完全に満タンだった!(怒)
僕はバーンS凄く気に入りました。yarisaさんは何にするのかなー?
Commented by コウ at 2012-04-03 21:29 x
ブーフポイントのアレはbrown clawだったんだ…、てっきり「お代官さま~お戯れを~~」だとばかり思ってました(笑)。私も日曜のmiddleに行って、pyranha burnに乗ってみたかったです。早くフネ決めないと雪解け終わっちゃうよ・・・また是非ご一緒しましょう!!
Commented by ナベ at 2012-04-03 23:40 x
どうも事件の当事者です。
久々にいい経験をさせてもらいました。レスキューワークも見れたし色々勉強になります。
自分、まだカヤック2年目なので、カヤック用語、川の流れの読み方やラインの読み方等まだまだ不慣れなこと多数です。スローロープのしまい方、勉強になりました。また色々教えてくださいな。
Commented by へたっぴカヤッカー at 2012-04-04 12:32 x
色々経験してるなあ。何事も経験だよね。ところでHEROは考えないんですか?ディーゼルもビランもリサちゃんには大きいんじゃないかなー?
Commented by taibabatai at 2012-04-05 00:16 x
Magnumも乗ってみたら?
ボトムは前がフラット、後ろがラウンドのハイブリッド、いや逆だったかな?
ま、どっちでもいっかってぐらい、違いがわからないので、違いの解る人のお言葉を聞かせて欲しいなぁ。
Commented by ya-ri-sa at 2012-04-09 17:05
ふっちー
あら!満タンだったの?ごめんなさい!!水を抜くのがさぞかし大変だったでしょう。次の瀬ギリギリの場所でのボート救出ありがとうございました。
ボートは注文しましたよ。さて、なんでしょう~。

コウさん
丹波川を下り終わった後に、ミソギをやっつけに行ったコウさんのエネルギーに乾杯です。タフですね。翌日はテニスだから漕げるのは今日だけ、というのがモチベーションにもなりそうで良いですね。
ディーゼル試乗させていただき、感謝します!結局、ディーゼル以外のボートを注文しました。予算に制限なければディーゼルも欲しいところです。
Commented by ya-ri-sa at 2012-04-09 17:07
ナベさん
カヤック二年目とは思えぬ急躍進ぶりのナベさんはクリークでも安定してますね。ナベさんはクリークに向いてると思うなあ。あちこちの川を一緒に漕ぎに行きましょう!

へったっぴカヤッカーさん
そろそろ漕ぎたくて、ウズウズしてるんじゃないですか~。首もウズウズしてますかね。私も常に首回りは重いです。
ヒーローは見た目が好きになれなくて。

babaさん
babaさんが乗ってるのがマグナムなのかな。形いいよね。Riotはとにかくカッコイイ。見た目って大事。乗ってみたいです。
わたしは違いは分かりませんが、個人的な感想を書いてみました。今年も御一緒させてくださいね!
名前
URL
削除用パスワード

<< FWポイント  大漁 タンの瀬 >>