タンの瀬 シーズンⅡ‐4   最上川のち寒河江川ときどきタン

タン→最上川→タン→大山自然公園→寒河江川→タン→小林
という週末でした。

金曜の夜、車中でPerfumeのCD・DVDを鑑賞しながら山形へ向かう。
トロ5さんとPerfumeの素晴らしさを語り合う。彼女たちは、もはや存在ではなく現象である! 今週発売のライブDVDでは、彼女たちのアクトは完璧。100点満点だ。100点×3人=300点満点だ。もはやライブではなく事変である! この事変に立ち会えた人がうらやましい。5月のコンサートのチケットは当然ながら入手できなかった。なんとしてもナマで見たい!!
ハッ。興奮しすぎました・・・

深夜のカヌーランドに到着すると、アッキーラ改めカヌーランド管理人の車だけが駐車していた。


4/25 
長崎 朝 9.17  夕 9.13
宮宿 朝 11.50 夕 11.56

朝9~10時まで1時間ほど。少なめ。
スピンではなく、フロントを向いたままリップを使って、トップに上がったり、ウェーブ内で移動してみたい。I嶋さんみたいに。
または、ドクさんのカービングそのものを楽しんでいる、あの感じもいいな。


今週末はグラビティの最上川・寒河江川ツアー。
2年前も参加していました。その時の写真。
f0164003_17145572.jpg

トロ5さん、大塚重工、さのっち、私、の4人が、2年前も参加していたメンバー。
タンの瀬に記念受験みたいに記念エントリーしたけど秒殺でした。ほんとに1秒~2秒くらい。

最上川DR  雪平~タンの瀬
水たっぷりのザブザブした川を下るのは、年末の木曽川以来。たっぷりの水っていいな。
広い川幅をフェリーグライドすると、狙ったところへ行けず落とされがち。ウェーブホイールもほとんど不発。木下ホールは右スピンがやっとこさ。一発エントリーのウェーブはたいてい入れない。横刺しからのバウステができなくなっていてガッカリ。

ゴールのタンの瀬で1時間くらい過ごす。
朝より、確実に増えているのに、長崎では減り傾向。そんなわけなかろう。宮宿では増え傾向。水位計の場所によって、タイムラグや支流からの流れ込みなどが異なるようなので、長崎と宮宿の両方を参照したほうがよさそうです。

タンは20人以上の賑わいでした。ほとんど関東から。25人位いるのにジャクソン・スターシリーズ以外の他社艇は5艇くらい。あとは全部スター。みんな同じで気持ち悪い。

わらぼうしさんがパドルを手放しハンドロールを試みるも沈脱。
コウさんは安定したスピン。今期初タンとは思えない落ち着き。この落ち着きは年のコウ? (スンマセン…)
ふりっぷさんも初タンとは思えません。
いとーさんは漕いでる時の顔から気持ちが伝わってきてポイント加算。フリースタイルは個性の表現ですから、表情は大事です。
キミタさんは基礎のレベルがちがうわ~

f0164003_22474111.jpg

大山公園コテージ泊。後藤さん特製の鍋をいただいて満腹になったあとは、今日のタンの上映会。
ビデオに映った事実を認めたくないのか、「本当の俺はこんなもんじゃな~い。」とか「いつもの艇じゃなかったから。」とか「病み上がりだから。」とか「俺、カヌーそんなに好きじゃないし。」などの言い訳が男性陣から聞こえてきて面白かった。

私は、今期初タンよりも乗り方が良くなってる。今期初の時は、リーンかけすぎだったし(今もだけど・・・)、艇がバタバタしてたし(今もだけど・・・)。でも、改善傾向。肩の力が抜けてきてる。憧れの脱力ライドへ前進したかしら。
力が抜けるのはいいが、ブレードまで抜けてることを指摘していただき、姿勢や重心の意識の仕方についてアドバイスをいただく。さすが後藤さん。わたしのことを分かっていてくれるわ~。後藤さんには4年前の稲田堤での初心者体験から現在に至るまで指導いただいています。
よく聞かれるので、申し上げますが、わたしは「グラビティ育ち・フリーウェーブご近所さん」です。
f0164003_1721864.jpg

東光と出羽桜を飲み比べ。グラビティのソムリエ・大塚重工いわく「東光は淡麗。出羽桜もさっぱりしてるが、東光と比べると甘く芳醇。」
また、グラビティのドラマー・大塚重工いわく、Perfumeの代表曲「ポリリズム」は変拍子になっており、題名どおりのpoly+rythmなのだという解説を聞く。この人、なんでもよう知ってるわ。


4/26 
寒河江川・ダム下コース。 西根 9.8x
f0164003_22481358.jpg

楽しみにしていたダム下コース。わーい。スタンディングウェーブ立ちまくり。あたしゃ、このドンブラコッコ感が好きなんだよ~。やっぱダウンリバーは楽しいな~。ひさびさにホワイトウォーターってかんじ。
みなさん、ウェーブホイールにトライ。私は2回きれいにできた。そのうち1回は目の前でアストロ・セトッチさんが決めてくれたから。あたしもやる~、ってやった。

ゴール近くのホールにしばし滞在。このホール、ほどよいです。しいていえば、鳥沢ホールの大月2.0以上で、バックウオッシュがもっとフカフカしてる感じ。これが御岳にあったら行列もんです。
冬はNZへ行った大塚重工
f0164003_22485399.jpg

ダブルプレイ・梅原さん カート直角です。
右も直角!
f0164003_23343194.jpg

左も直角!
f0164003_23353233.jpg

直角 or DIE !  東北男児は直角がお好き?

大波、長い瀬、遊べるスポット、瀞場は短め、危険が少ない。すべてが「ほどよい」川でした。行ってみなよ~って、他人にすすめやすい川。ガイド希望の方はダブルプレイさんへ。
後藤さん、ダブルプレイさん、ガイドありがとうございました。
ツアーご一緒した皆様、おつかれさまです。
(Inu,St,Oot,Smm,Sn,Kik +Gtu,Fjn fromGRAVITY +Umh,Abk,Tgs fromW-PLAY)

ツアー解散後、トロ5さんと、タンの瀬へ。

長崎 10.23  宮宿 12.54

10メートル前後ということで上級者の方々がいろいろやってました。
コモリ隊員のクリーンバックスタブ。 高さ・角度ともに大きい。
f0164003_2322643.jpg

彼のクリーンブラント好きだなー。
f0164003_2332640.jpg


カヌーランド管理人。 No Blunt No Life. または BLUNT or DIE !
f0164003_2324690.jpg

めっちゃ走ってるので、写真の画角からはみ出しちゃってます。他の人はこの画角におさまります。
枠にとらわれない、ってこういうことですか。

ヤギさんは、あとにも先にも見ることがないであろう動きをしました。あれなんだろ。バックパンナム?バックエアスクリュー?
むむさんは力の加減のメリハリが効いてる。
わたしは半分以上エントリーミス・・・

きょう一番の感動はわらぼうしさんのブラント。今年は高率にブラントを打っていて、昨年からの進化が著しい。リップを使ったデカイ左ブラントを打って、エディからどよめきがあがりました。この一年間、彼とあちこちの川へ遠征にでかけたことが思い出され、私はド感動。胸がいっぱいになって駆け寄り、「上達の理由は!?」と聞いたところ、「金がかかっている。」と夢の無い答えが返ってきました。ま、そうだけどさー。

和食料理屋「小林」で夕飯。メシうまい。ここで宴会したいとトロ5さんと意見一致。トロ5さんは店員さんに代行の料金まで聞いていた。
酔っぱらって、「代行お願いしや~す。カヌーランドまで!」ってやりたいな。

カヌーランド管理人は今夜も泊まっていくそうです・・・。合掌。


ザブザブした川を漕げて、冬からのダウンリバー欲は若干解消されたが、まだ気が済まない。
あ~ 川くだりてえ~

by ya-ri-sa | 2009-04-26 22:28 | 川部 | Comments(4)  

Commented by コウ at 2009-04-29 22:34 x
はいはいはい、年のコウですよ。。
何故か今回は…、皆さん異様に誉めて呉れるんですよ?!
気味が悪いです、なんか狙われてるかな??笑
今年初タンなのに、実は大胆にもブラントメイクを目標にしてました。
全然…そのケも見えませんでした、ハイ。。
行ったことないんで、寒河江川は下ってみたいです。
Commented by ya-ri-sa at 2009-05-01 19:04
コウさん
寒河江川おすすめです。春じゃなくてもいけるかと。

そのケも見えなかった時の気持ちわかります・・・。
Commented by gravity-jp at 2009-05-02 00:15
ツアーにご参加くださり、ありがとうございました。
多い寒河江川は危険なところも少なくて、いい川でした。
ちなみに、もっと水が減っても下れるのですが、ダウンリバーがテクニカル(コース取りがもっとシビア)になります。

それにしても、2年前に比べると格段に上達されましたね。
前回も「もう一回いいですか?」と何度もエントリーしていたのが印象に残っていますが。
Commented by ya-ri-sa at 2009-05-07 19:17
gravity-jp様
返事が遅くなりました。
ツアー企画ありがとうございました。
夜は鍋まで作っていただき恐縮です。
寒河江は少なめのほうがコースが難しいのですね。それはそれで面白そうです。
名前
URL
削除用パスワード

<< 季節はずれの動画を2つ 海の近くに引っ越しました >>