白丸ダム スラ4

  ♪ もう いくつ ねると 給料日

連休で混みそうなので深夜に移動。中央道でタン帰りのわらぼうし車とニアミス。
放水口駐車場泊。朝になると、放流日のため釣り師の車で満車になった。

懸垂できますか?男性はできるものなの?一般女性はできない人のほうが多いかな。 私は1回もできません。ちなみに、腹筋も、足を押さえてもらわなければ、1回もできません。おなかはポ~ニョ、ポニョポニョ♪
写真は、ただブラさがっているのではなく、全力を出して、1~2cm上昇しているところですっ。
f0164003_115950100.jpg

腕の力ではなく、背筋を利用するらしい。パドリング時に、腕で引くのではなく、広背筋など大きな筋肉を使うように。

御岳は放流日なので、スラローマーのみなさんと白丸ダムへ。
f0164003_1234342.jpg

白丸ダムはスラ20艇ほど。女性ラフトチーム「River Face」(PB@jp23号参照)が合宿で来てました。普段は吉野川のラフトガイドをされてるパワフルなお姉様たち。懸垂できそう。その筋力を分けとくれ~。
f0164003_1275037.jpg

白丸ダムを漕ぎ上がっていくと、放水口がある。へー、知らなかった。放水口にできる3段のウェーブは増減したらサーフィンできるの?
f0164003_12104261.jpg

スラロームレッスン4回目。今回もオモロかった~。
・キャッチ、バウドロー、バウラダー、スライス、これらの確認。いままで、ごっちゃになっていたし、どれも中途半端な動きだった。
それぞれをメリハリつけて使い分けることができたら(できたらね…。)、川下りでクイックに動けそう。
・「リーンが上手くなるとフラットが上手くなる」 私はリーニングが超苦手だけど、フラットを保つのも難しいということが分かった。フラットを意識するのって難しい~。
一昨年に参加したスクォートギャザーでもジム・シュナイダー氏が「Keep flat!」と繰り返し言ってた。潜り始めた艇をフラットに保つのが難しくて出来なかったなあ。
カヤックはフラットの時が最も回転性が良い。当たり前のことかもしれませんが、スラ艇に乗るとよく分かります。傾きがあると引っかかって回らないし、フラットだとつるんと回る。先週のタンの瀬で、沈したくないあまり、艇を傾け過ぎていた。見ていた人にも、一点を中心軸としたスピンではなく、楕円形の大回りなスピンになってると指摘された。次回のタンではフラットを意識してみよう。フラットにすると艇がどう動くのかを体感してみよう。
ラフトチームの休憩中にラフトを拝借して、みんなで漕いで遊んだ。最後に、愛のあるイジメで落水させられた~

夕方に川沿いをお散歩。川面を眺めてるだけで癒されます。
ここは立て沈と呼ばれる瀬。御岳はどこを切り取っても絵になるなあ。
f0164003_1214126.jpg


漕いだ後のラーメンはうまい。
しかし、うまくないこともある。2週間前に大島の帰りに寄った、国道16号沿いの「夜鳴き軒」はスープをひと口飲んでハズレを確信。マズイというより、なんの味もしなかった。気をつけろ。
今日はお気に入りの、小作の「骨豚亭」へ。この連休だけの限定ラーメンがあるというので注文。モツが入った、その名も「ガット」。スープをひと口飲んで革新を確信。白濁スープは、モツの臭みはゼロ、でも豚の風味は生きていて、まろやか。あとから唐辛子の辛さがきて食欲増進。そして白モツ! モツのモチモチした食感が素晴らしかった。グニョグニョではなく、モチモチ。脂身は余分な脂は抜けて、コラーゲンでプルンとしてる。内臓系はあまり得意ではないが、そんな私でももっと食べたいと思うモツだった。ニラが合っていた。こんな風変りなのに、ラーメンとして成立してる。ラーメンで驚くことなんて、もうないと思っていた。
f0164003_1221758.jpg

ここの店主は、腰は低いが、余計な会話はしない。その代わり、ラーメンが雄弁に語りかけてくる。それがいいではないか。
店主の手を握り、グッジョブ!!と称賛したい気分だったが、次々に客が来たので、言うタイミングを逃した。人前で言うことに恥ずかしさを感じるあたりに若さが残っているのか。
革命的にうまいラーメンを食べてゴキゲンになったので、節約して、すべて下道で帰ってみることにした。連休最終日だけど、道はスイスイ。スイスイだったが5時間かかった。ホームゲレンデ片道5時間て・・・。もう二度とこんなことしねえぞ。

  ♪ はやく こいこい 給料日

by ya-ri-sa | 2009-03-22 11:36 | 川部 | Comments(2)  

Commented by gravity-jp at 2009-03-24 23:38
たしかに、フラットは難しいですね。
真ん中に乗って、真上に起きていると、フラットを保ちやすいです。
この感覚は、流れの中でも一緒。
お試しあれ!
Commented by ya-ri-sa at 2009-03-26 22:42
gravity-jp様
コメントありがとうございまーす。うれしいです。
姿勢ですね。 首や肩に力が入っちゃうのはあいかわらずです~
名前
URL
削除用パスワード

<< 上桂川・美山川   京都 春の陣 タンの瀬  シーズンⅡ‐1  毒鍋 >>